公式サイト ただこい 多田くんは恋をしない 第9話 感想 今は、もう、ない…… レビュー 考察 画像 あらすじ 内容 ネタバレあり 14時感想追記 これまでの感想はこちら 前回はこちら
二学期テレサは恋をした。風邪引き多田くんと懸命テレサ、彼女の想い、決着編?

00513
00529
00456
大丈夫です、私の恋は終わりました。今はもうないです。そんなテレサ“側”決着回
 ラスト、アレクの意図せぬ「終わりましたか?」がストレートな答えになって
 ニャンコビッグが見守ったキスが切ない

 でも重なった写真も、“想いを重ねた”、終われない理由にも感じますし…?

男と女は、八秒目が合えば恋に落ちると聞くッ!
 次回「本物じゃないよな」、多田くん、たぶんキスに意識朦朧と気付いてたみたいなので
 次回で、キスの事を確かめ、テレサの正体を知る事になる気がします
 乳母レイチェル、ゆいそっくりで祖母か?

 私は大丈夫! 大丈夫ぶろうとするテレサ、写真の彼女も可愛かった!!
 
多田くんは恋をしない 第9話 感想

00450
 冒頭
 Aパート
 アイキャッチ
 Bパート
 Cパート
 予告
 感想追記
 これまでの感想
 関連感想「月刊少女野崎くん」

進化するかたじけない! で候! で、ござるッ!!

00448
 私は大丈夫です! “ちゃんとシャルルと結婚します”。大丈夫るテレサが健気

あらすじ
 二学期、多田くんに「何事もない」風に振舞おうとし、挙動不審に陥るテレサ
 9/21に向け、写真コンクールに出す作品を選んでいると
 多田くんが風邪を引いてしまった

 彼の実家を手伝い、看病し、テレサは想いを止められない思い知る

 多田くんがどうしようもなく好きだ
 でも自分は、祖国に帰ってシャルルと結婚し女王にならなければならない

 決意を固め、テレサは「れいん坊将軍展」に多田くんを誘うが…?

 次回、多田くんは恋をしない 第10話「本物、じゃないよな」

アレク『お話があります、テレサ様…』

00000
 前回、シャルル参加最後のイベント、コンクール写真撮影合宿が行われた
 最中、テレサは改めて多田くんに恋に落ち
 シャルルは切ない胸中で帰国

 彼を思うアレクは、意を決してテレサを呼び止めるのだが…?

『あなたは、ラルセンブルクに帰ってシャルル様と結婚する、そして女王になる…』

00001
00003
00004
00005
 その決意に、変わりはありませんか?

国を背負う者として
 アレクは責めない、ただ確認しただけだった。決意は変わらないかどうか。
 彼女は、テレサが恋に落ちる瞬間に居合わせていたのだ
 と

 多田光良を、好きになってしまったんですね…?

 アレクも決して鬼じゃないし、杓子定規とも違うんですよね
 もっとビシバシ来るのかと思いました

 以前と違い、テレサは即答できなくなってしまった

テレサ『あっ……』

00009
 泣いていたアレク、10年前、自分の浅慮で彼女を泣かせてしまったテレサは
 もう泣かせまい、強くなろうと思ったんです
 そう前回で言ってました

 だから今回、泣いた事が響いてくる!

“乳母”むかーし昔、東の果ての日本という国に…』

00010

 むかーし昔
 東の果ての日本という国に
 れいん坊将軍と言われる立派な将軍がいました

 将軍はいつもお城を抜け出すと、変装をして、街を見て周りました

 悪い侍が、街の人達を苦しめていると、仲間と力を合わせてやっつけました!
 そして、助けた人達に言いました
 心の雨は止んだか?

 いつも心は虹色に!


00011
00012
00013
00015
00016
00018
00019
 私もれいん坊将軍のような、強くて優しい、立派な女王様になりたいわっ

そこはクノイチですよ
 お察しの通り、ゆいそっくりの乳母さん、何と絵本版れいん坊将軍を読んでた!
 なるほど、テレサの“市民ごっこ”は元祖がコレか!
 で

 私は、テレサ様をお守りする立派なニンジャになりたいです!
 
 アイエエエエ! ニンジャ!? ニンジャナンデ!?
 アレクもそうだったの!?

 あの卓抜した身体能力、ヤシチ・ザ・カザグルマだったのか!

レイチェル、私、留学先は日本に決めたわっ』

00020
00021
00022
00025
00026
 大丈夫…、どんな時でも、どこにいても道に迷ったときは、北極星を見上げて下さい

れいん坊将軍の国に!
 留学は元々決まっていた事、ただし行く先はテレサが選ばせて貰ったらしい
 際し乳母は、今までにない事に出会うだろう
 と

 いつでも私達を導いてくれる、幸運の印よね…!

 違う環境に身を移すのは、良くも悪くも今まで通りに行かない事
 だから、念を押すように言ったのでしょうか

 迷った時に道標を見よ、と。

『……ラルセンブルクに居た頃が、遠い昔のようです…』

00027
 目覚めたテレサ、ベッドの調度は実家と合わせてあるらしい。豪華!
 傍らには、第2話の頃はスカスカだったコルクボードが
 写真で埋まっている

 日本にきて、それだけ積み重ねたんですね

テレサ『レイチェル…、“色んな事”に恋する事が含まれるなんて…、思ってた?』

00028
00029
00030
00031
00035
00036
00037
00038
 良し…、今日も一日がんばりますっ!

カッ!(効果音)
 しみじみ、乳母がどこまで見越していたのか。切なく想いを馳せるテレサですが
 そこで! 熱く血をたぎらせちゃうのがテレサなんですねッ!!
 と

 皆様…、ご機嫌ようッ!/ゴキゲンヨウ?

 多田くん登場に、恋する乙女は緊張する!
 だが負けない!

 この心境、専門用語で言う所の「くっ…、殺せ!」って感じだ!!

山下犬『アーア、あっと言う間に夏休み終わっちゃったッスねー』

00039
00040
00041
00042
00045
 シャルル(巻き舌)も昨日、帰っちゃったしなー

面壁九年! 堅牢堅固!!
 決意の意味はよくわからんが、とにかく凄い決意だ。と、ぱちくりする多田君
 他方、伊集院がシャルル帰国を何より残念がったことは
 と

 せっかく二人でダブルイケメンだったのにっ

 残念だ、シングルイケメンに戻っちまった!
 と寝言を言う伊集院

 アレクさん、「寝言を言うな」が口癖みたいになってますよ!

多田君『なんかさ…、大丈夫か?』

00050

 はい! ダイジョウブニキマッテルジャナイデスカ!!
 変じゃないですよ!

 イツモドオリです!

 山下犬「僕が近づいた時の猫みたいッスよ…?
 ピン先輩「つまり、山下犬にイラつく、という事か
 伊集院薫「それだそれ!

 山下犬「えー!? ショックっすー!?」


00053
00054
00056
00059
00062
00064
 単に、新学期で気合が入っているだけですよ(アレク)

必殺烈風!正拳突きィ!!
 多田君たちも、テレサのただならぬ様子には気付くのであったが
 ただ、その正体はさっぱり解らないのであった
 と

 さあ皆様行きましょう! 遅刻しますよー!!

 恋の全力空回り!
 意識すまい、そう思う事がスデに意識をしているって事なんだぜ!!

 頑張って「大丈夫」になろうとするテレサッ!

多田君『ン…? あのさ…』

00065
 という訳で、久々に教室に戻ってきた多田君たち
 ただでさえ、学校だと部活メインでしたから
 妙に久々ですね

 人が多くて、作画が大変だ!

『ついてるぞ、芋虫』『…?! アレク、とってー!?

00069
00074
00078
00080
00082
00083
00085
00087
00088
00090
00094
00095
00101
00102
00106
 じっとしてて…、取れた

かたじけない!
 伊集院がそうなのはお察しだが、生憎とアレクも虫は苦手だった為
 多田君がとる事に
 と

 かたじけない…!

 乙女の第一種接近遭遇…!
 よりによって、こんな時にときめき案件とは困ったものですね!!

 クラス中が注目してる?!

『で、候!』『そうろう?』『かたじけないの進化形です』

00108
 思わず進化するテレサ、事情を知るアレクは頭が痛いし
 多田君たちも、ますます怪しんでしまうというもの
 全くテレサは可愛い!

 視聴者的には可愛いんですが、確かにこりゃ挙動不審だ!

テレサ『かたじけない…、で、ござる!』

00114
00117
00120
00121
00125
00127
00128
00131
 あれも進化形~?/そうですよっ

進化する日々 進化する歌は
 ますます加速するテレサのおかしさ、ただ撮影中は集中してしまうので
 その隙に聞く委員長は優しい
 と

 アレク…、最近のテレサずっと変だけど、大丈夫?

 オープニングといい、“石の写真”が大好きなテレサ
 何か由来があるのか?

 今日は綺麗なドーナッツ石…?

アレク『大丈夫、いつものテレサに戻っただけですから』

00134
 アレクとしては、放置するに任せているようですが
 実際、“ラルセンブルク時代”に戻ろうとしてるんですよね
 多田くんに恋する前に

 覆水は盆に返りませんが、こぼれた水は、また汲めばいいですし…?

伊集院『まあ人間、そんな時もあるか…』

00143
00145
 そんな時ってどんなときだ?/わかんねえ!

多田くんは心配する
 あっけらかんという伊集院の心臓の強さよ…
 きっと心臓に毛がボウボウですわ
 強い

 しかし多田くんは、やっぱり気にしてしまうわけで

 そうでなくとも、世話焼き兄さん体質ですし…。

『あら? 雨ね…』『困りましたね、天気予報は晴れだったのに』

00148
00151
00154
00162
00170
 ゴキゲンヨウ! デハ!/傘、ないの?

未来予報はいつも晴れ
 その日、夏らしい唐突な雨が降ってしまい、多田君は傘を貸した
 自分は、伊集院と一緒に帰るからいい
 が

 光良、傘ァ!?/持ってないのか…?

 もちろん伊集院は持ってない
 多田君は本気で、伊集院が持ってると思っていたらしかった

 しかし伊集院、多田君をアテにしてたのだ

伊集院『朝、持ってたじゃん!?

00172
 今は、もう、ない…… /ない…。
 切ないBGMと共に、情感たっぷりにサブタイ回収する二人
 失われた傘

 傘、フォーエバー…!

伊集院『あははははははっははっ♪

00176
00177
 俺達ー! めっちゃ青春してるー!!

ビッグ・オー! ショウタイム!!
 ただ伊集院は、むしろ嬉々として走っていくから気持ちの良い男だ!
 雨の中、傘もささずに走るってさ!
 それ青春だよ!

 これが青春だ! すっげー青春してるぜ光良ー!!

 雨の中、傘をさすのは当たり前のことだ
 だが雨の中、傘をささずに踊る人がいてもいい。自由とはそういうものだ…的な

 雨に歌い走るのは、どこか青春って感じがする!

『ありがとうございました』『助かりましたー』

00180
 多田珈琲店では、先に帰った二人が傘を返していたが
 もちろん、そのままずぶ濡れの多田君たちに遭遇
 自分のせいだと思ってしまう

 いいんだ、どう見ても伊集院は楽しんでたから!

伊集院『俺も光良も、風邪、ひかないから♪

00182
00185
00187
00190
00195
00196
 あ、光良? 俺も何か貸してー?

ホント男って馬鹿ばっか!
 ちゃんとお帰りを言うニャンコビッグ可愛い! 意地悪ゆいちゃんに見送られ
 多田くんは「気にするな」と、自室に戻るのだったが…
 と

 ン…、っくしゅん!

 写真に思いつく光良 
 しかし、解りやすくフラグを立ててしまうのだった…、と

 久々のニャンコビッグとゆいちゃん可愛い!

いいか諸君! 今日はコンクールに応募する写真を選ぶッ!』

00202

 一度、事を先送りにすれば
 人生に於いて、常に先送りが癖になる…

 必ず今日、選ぶように!


00206
00208
00209
00211
 ねえ…、いつもと変わらなくない?

なくなくなーい?
 さすが! 自身も問題を先送りしてそうなピン先輩部長のお言葉ァ!!
 日向子もそうだけどな!
 で

 寝るなァ山下犬ー!

 良い事を言っても、自覚と「やれるか」はまた別の問題である…、と
 九月のコンクールへ写真選び!

 揺らぐ光良、てか「合宿」は8月11日だったんですね

『では…、まずテレサ君から発表してくれたまえ!』

00212

 一「ン…? お題は星なのだが
 はい、星型の石です!

 一「ンン…、そうきたか


00215
00216

 一「では次、アレク君
 ア「先日…、私の買った大好きなアイスに、奇跡が起きたので収めました!

 山「アレクさん…、それケッコー入ってるッスよ…?
 ア「!? 私だけかと思ったのに…

 薫「アレク~カワゥゥイ~♪


00223
00224
00225
00231
00233


 山「ウス! 頭が星型の「星ちゃん」です!
 一「…何がそこまで動物を怒らせる…?
 日向子「確かに…
 伊集院「うんうん


00235
00236
00238


 薫「はい! 俺は俺で勝負する!
 薫「“星と共に輝く俺”です! ィエーイ!

 山「どんだけ自分が好きなんスかー
 日向子「ブレてるけど…、いいの?
 薫「だって、15秒くらいじっとしてないといけないんだぜ? そんなの無理無理!

 一「……星だけに集中したら良かったと思うんだがな…
 薫「そしたら俺! 写んないじゃないッスか!
 一「はぁ…、スローシンクロにすればいいだろうが!


00242
00243
00244
00248
00249

 一「次、委員長
 日向子「はい、天の川です!

 一同「「「おお~!/いいッスねー!/うんうんさすが委員長!

 一「ようやくテーマに沿った直球が来たな!
 一「ン~、なかなかいい!
 日向子「どうもっ…

 一「ちなみに、自分のはこれだ!


00254
00255
00261


 一同「「「「おお~、さすが部長だ!
 テレサ「すごい!
 山下「ピン先輩、こんなにガチで撮れるなんて意外ッス!
 一「うむ

 アレク「誰でも一つ、とりえがあるとは言いますけど… 
 薫「アレクが褒めてるよー!?
 薫「ピン先輩、いいないいな!

 一「ウン…、では最後に多田!


00264
00266
00268
00272
00274
00281
 光良が…、死んだァ?!

積極的に死なせていくスタイル
 発表会は、大方の予想通り、どうにもピントの外れた内容ばかりだったが
 文句つけてた部長が、一番しっかりしてたのは流石!
 アレクが残念だったのは意外!

 そして遂に光良が…、薫のせいで爆笑しか起こらんかったわ!!

 何この絶妙な台詞!?
 全部フッ飛んで、しばらく笑っちゃったよ伊集院!

 アレクの失礼な褒め方も羨ましがるし、全てが楽しいぜ伊集院!

アイキャッチはカバンとコーヒー豆

00284
00285
 学校と珈琲店の象徴、「日常に帰ってきた」って感じがしますね
 合宿やら、探偵やら夏休みから
 久々の日常

 そして“コーヒー瓶”は、意外に役割りも。

ゆいお兄ちゃんが熱出して倒れた?!

00288
00290
00296
00297
00299
00305
00310
 いえ…、気づくのが遅くなってしまって…

責任論
 二人がかりで担ぎこんだ伊集院と山下、多田くん大好きコンビが光る!
 彼らが上に運ぶ間、やはりテレサが申し出るのだった
 と

 多田くんが、風邪を引いたのは私達の責任かもしれません!

 爺っちゃんさんがまた良いんですよね
 あくまで光良自身の責任、気に病まなくていいし、でも助かるよと

 マイナスはない、プラスだけを受け取ってくれる人さ!

日向子『じゃあ、私たちは…』

00315
 客になる! 対し図太すぎるピン先輩
 こういう時、無理でも「手伝おう」として邪魔するより
 客になって寄与する勇気!

 また客席、以前“初めて彼女を連れてきた常連客”が、しっかり続いてて嬉しい。

常連の老夫妻『子供の頃から見てきたけど、風邪を引くなんて珍しいから…』

00316
00318
00320
00322
00325
00328
00329
 ああ…、いつも頑張っててえらい子だ

ニャンコビッグ可愛い!
 常連さんの言葉に、前回で深められた、彼の“強くなろうとする”頑張りを感じるテレサ
 なお40度の高熱を出してた模様
 と

 食欲あるなら、大丈夫だ

 40度でも、前向きに前向きに捉える爺っちゃんさん
 いつも心は虹色に!

 食欲があるなら、料理の鉄人・伊集院マンの出番ってワケね!

ゆい『薫くん、じゃあ私が作るっ!

00336
00338
00339
 じっちゃんもこの前食べて、チョー元気になったんだよっ♪

衝撃のゆい料理
 自信満々のゆい、硬直する爺っちゃんさん、導き出される結論は…!
 逃げろ光良、そいつは罠だ!
 が

 ああピン先輩、コンクールの写真選ぶの途中ですみません、だって?

 気付かぬ伊集院、ゆいに作らせる事に
 もちろん、爺ちゃんは“止めない”ので、毒とかコゲとかじゃなくて…。

 珍しい爺っちゃんさんの怯え!

ピン先輩『ウム…、コンクールの締め切りまでにはまだ猶予がある』

00343


 ウム…、コンクールの締め切りまでにはまだ猶予がある
 人生、先に延ばせるものは急ぐことは無い!

 アレク「さっきと真逆のこと言ってますよ」


00347
00351
00352
00353
00354
00355
00360
00364
00367
00370
 そういえば、テレサちゃんも好きだったわよね? 良かったらどうぞ

味の赤壁
 実際、先延ばしにしているであろう、はじめちゃんの言葉はともかく
 ゆいちゃん、それ胃腸粉々にブッ壊す料理だよね!?
 で

 登ったら、東京の町も一望できて、楽しかったわよ~

 れいん坊将軍展!
 添えられた、「いつも心は虹色に…」がまた渋すぎる…

 もう40周年、ガンダム並みに古いのね

テレサ『わぁぁ…、行きます! ありがとうございますっ』

00373
 立ち上がるゴルゴ、間違いなく心でテレサと唱和してる…
 常連客さんは、スターツリーで将軍展を見た帰りだそうで
 ゴルゴもファンだから直行するんでしょうね

 チャンスは見逃さない主義、フフフ、やはりコイツは堅気じゃねえな…!

ゆい『お兄ちゃん、おいしそうに食べてたよ~』

00377
00380
00383
 そうか…、食べたのかい、確かに風邪に効いたけど、本当に辛くてねえ…

誓いの味
 唐辛子は発汗作用があるので、確かに熱を下げるにはもってこいなのでしょう
 でも、胃腸弱ってる時に刺激物ってどうなのさ…
 で

 二度と食べる日がこないように、健康的に生きることを誓ったよ…

 おかゆを食べるのは、あくまで胃腸を刺激しない為ですが
 逆に考えるという事かな!

 来いよ胃腸! 胃液なんて捨ててかかってこい!! 
 
『ありがとうテレサさん、ここまで手伝ってもらえて、本当大助かりっ』

00386
00387
00389
00393
 あっ…、お皿は? もー、男子ったら気が利かないんだからっ

全てとってきてしまっても構わんのだろう?
 お店と光良が落ち着くまで、テレサも伊集院たちも手伝ってくれたが
 しかし、彼らが去って気付くことも
 と

 すいませんテレサさん、取ってきて貰っても良いですか?

 本日、多田くん接近回!
 芋虫といい、自然な偶然が二人の距離を近づけてしまう

 こいつは神、いわゆるゴッドの意思を感じるぜ! 

爺っちゃんさん『お疲れ様、本当に助かったよっ』

00395
 伊集院と山下をねぎらい、伊集院がいつも頼む大好物
 コーヒーゼリーを奢ってくれる爺っちゃんさん
 いわゆるフェイバリット!

 バニラの陰影、美味しそうな作画!

『ン…?』『開けましょうか? …伊集院、開けろ』

00401

 日向子「って、自分で開けなさいよ!?」

 一「僕に開けられると思ってるのか?
 一「確実に開けられる者に渡すのが礼儀だろう

 薫「んぎぎ…、ダメだよこれ、めっちゃカタい!


00405
00408
00409
00414
00415
 おお! さすがアレクさん!!

そういえばこっちにも!
 即座に別の瓶を出すちゃっかり祖父! 開かないビンを、易々と開けるパワー型ニンジャ!
 曰く、後から出した方は
 と

 光良にも開けられなかったのに、たいしたもんだっ

 めちゃくちゃ示唆的ですね
 アレク自身、「テレサとシャルルをくっつけるのが確実、礼儀」だと思ってる

 でもテレサの意思は、めちゃくちゃカタいんですよ!

ピン先輩『誰にでもとりえが…』

00418
アレクにはたくさんあります! 根に持ってたピン先輩と
 即座に、フォローする日向子の熱い攻防!
 夫婦喧嘩!

 破れ鍋に綴じ蓋!

“回想”『あなたは、やはり、多田光良を好きになってしまったんですね…?』

00422

 だとしても
 私は女王になります

 大丈夫ですアレク、心配かけてごめんなさい。


00426
00428
00432
00434
00436
 大丈夫だと思おうとしたテレサだが、前回、一緒に天の川を見た事を思い出してしまう

それでも、だとしても
 多田くんを好きな事を、否定しなかったテレサ、でも“それでも大丈夫”なのだと。
 今回の彼女は、好きでも諦めて見せようと頑張り
 大丈夫だと言い続けたのだと

 でも天の川、“おりひめと彦星”伝説がどこか重なって見えますが…?

 多分、さっきの瓶騒動はテレサの想い
 シャルルでも開けられなかった、テレサ自身の気持ちを動かしたのが多田くんだったと

 しかしテレサ、自ら想いに蓋をしようとしてますが…?

テレサ『……あっ』

00447
 寝苦しそうな多田くんの横顔、風邪で飛ぶ写真を見てしまうテレサ
 写真には、前回「彼が撮った写真」がたくさんあった
 流れ星の写真も!

 テレサは、見て見ぬ振りしようとした“あの日の自分”、感じた好意を思い出したのか

『ニャンコビッグさん、今は重たそうなので…』

00448
00449
00450
00451
00452
00453
00454
00455
00456
00457
00459
00460
00469
00470
00474
00477
00479
00483
00488
00498
00500
00503
00506
00507
00510
00511
00513
 ……やっぱり私、止められない…!

見守っていたニャンコビッグ
 そしてッ! 男と女は、八秒目が合えば恋に落ちると聞くッ! を実践したテレサは
 描写はぼかされるも、どうもキスまで行ってしまったのかもしれません
 多田くんが気付いているか?

 少なくとも今は、ただニャンコビッグだけが見ている

 多田くんは寝苦しそうにしていました
 濡れタオルを代えるのも、寝顔が変わる瞬間を、まじまじと見てしまうのも自然な事

 見つめてしまったら、恋に落ちてしまうのです…!

テレサ『やっぱり私…、止められない…!』

00515


 やっぱり私…、止められない…!
 ごめんなさい…!

 ニャンコビッグさん…


00521
00524
00529
 この恋に落ちてはいけない、分かった上で「止められない」と泣いてしまうテレサ

多田くんは目を開けない
 その独白は、今はただ、ニャンコビッグさんだけが聞き届け
 内心cv大塚明夫が慰めたのですが…
 やはりどうにもならない

 かといって、“良し! 多田くんに告白しよう!!”とはやはりならなかった

 冒頭、アレクを再び泣かせてしまったテレサ
 今は「強くならないと」と?

 彼女を泣かすような、弱い自分から変わろうとするテレサは…?

アレク『黙らないと、黙らせますよ』

00531
00541
 お前…、静かになる時ってないのか?

フルオープン伊集院
 他方、素直にアレクに好意を向けまくる伊集院は、今日も厳しくあたられます
 が、「懲りないね?」と言われても懲りない!
 そう!

 俺は俺ッスから!

 ある意味、最強なのが伊集院薫なんだよ!
 テレサもアレクも出来ない事

 俺は俺、自分自身やアレクが好きな事、好きな事を隠さない男よ…!

アレク『テレサ?』

00546

 アレク「テレサ、終わりましたか?
 テレサ「はい


00547
 アレクの何気ない言葉に、真剣に応えるテレサ

今は、もう、ない……
 多分、サブタイトル本命の回収がここで、「私の恋は終わりました」と。
 テレサは、自分の恋を終わらせたんだと思います
 今はもうありませんと

 大丈夫です、シャルルと添い遂げ、女王になりますと頑張るテレサ

 これは王族の義務、個人の気持ちがどうこうって話じゃありません
 テレサはやはり諦めたのか?

 第1話で言ったように、“飛行機嫌いの光良”が、飛行機で彼女を追うのか…?

テレサテレサ『おはようございますっ!』

00556
 翌日、テレサは力みが取れ、「大丈夫になった」と視聴者に強調。
 対する光良も、彼女に対して自然体で
 キスの件をアピール

 光良側は、一切まったく平常運転でテレサに接する

多田くん『おはよう! 店も手伝って貰ったみたいで、色々とありがとうな』

00558
00559
00564
 多田くん、お願いがあります!

次回、れいん坊将軍展へ!
 多田くんは気付いてたのか、気付いてないのか、視聴者の判断を保留させつつ
 テレサが誘い、「思い出を作ろう」とシフトしたっぽく幕引き
 諦め、思い出だけを作ろう的な?

 ただ次回サブタイ、“本物じゃないよなが答えな気がします

 意識が朦朧とし、夢を見たと多田くんは思っているのか?
 次回、それを確かめるのか?

 いよいよ彼も、テレサの正体を知る時…?

予告『どうしたの? アレク?』

00565

 テ「どうしたの? アレク?
 ア「この大福…
 テ「美味しそうっ♪

 ア「食品サンプルでした♪
 テ「よく出来てるのね~♪
 ア「騙されました~

 アレク「次回、本物、じゃないよな
 テレサ「アレクでも騙されるのね~
 アレク「お楽しみに…っ


00566
00570
00573
00578
 次回予告は、アレクも騙されたという話、ちょっと意味深?

本物、じゃないよな
 次回、れいん坊将軍展で、第1話の皇居へレッツゴー! 思い出の場所へ!!
 あの時と同じように、今度は幸せそうに駅から出てくるテレサ
 そして何か決意を語る…?

 他方、ニャンコビッグの恋は叶ったのか? ココアとミソペーストもだ!!

 想いは徹すれば叶う、ニャンコビッグは叶えたのか?
 どうなんだ答えろガトー!

 次回、射的してるテレサが可愛い!

多田くんは恋をしよう! いよいよ、カードは出揃ってきた!!

00507
 多田くんは意識朦朧と、夢だと思ったのか? それを証明する物証は…?

多田くんが恋をしない
 彼の場合、「父と約束した通りに家族を守ろう」「写真家になろう」とやる事が多すぎる!
 そこで、周りが驚くくらい恋をしない青年になっちゃったんでしょうが
 でもいい加減ゆいも大きくなった

 また彼は、“テレサはシャルルのもの”だと、思い決めてる節が

 これに関しては、今回テレサからキスしてきたと解れば
 誤解が解けて恋できます

 そこで次回、テレサの正体を知り、身分差を思い知るパターン?

後悔しちゃいけない。後悔した事に意味を感じたい多田くん

00005
00018
 多田くんは、父と死別した際、約束を破った父に素直になれなかった

フル・フロンタル的な
 だから、後悔を活かす為にも、素直に相手に向き合きあおうとするんじゃないでしょうか
 正体を明かしたテレサに、一旦は尻込みをしてしまって
 素直に向き合えないまま離別して

 それじゃダメだと思い直し、苦手な飛行気に飛び乗りラルセンブルクへ?

 前回、テレサは失敗した過去に戻りたいと言いました
 でもやり直しなんて出来ない

 出来るのは、間違いを認めて糧にすること。それが大人の特権なのだと。

もしかして、そこでこそ彼らの恋が活きてくる…?

00184
 正体を隠して恋してるといえば、まんまこの二人なんですよね。
 そして多分、ピン先輩の方は承知した上で
 見てみぬフリをしてる

 今後、テレサの正体発覚に連動し、HINAの正体バレも起きる気がします

何よりテレサに衝撃を与えたのは、アレクの涙だった

00009
 前回ラスト、「これはまた言われるな…」とは思いましたが、泣いていたのが意外でした

飛行場の涙
 飛行場特有の風で散った涙、怒ったというより、幼い頃のように気遣ったんでしょうか
 テレサは王族として、多田光良と結婚する訳には行きませんから
 この恋は、常識的には実りません

 もちろんアレク自身、シャルルが好きだし、何より彼が不憫です

 シャルルは、婚約者の立場をゴリ押ししたっていいのに
 それをしませんでした

 その彼が割を食っているのは、哀しいと感じる部分もあるでしょうし

テレサ自身、アレクがシャルルを好きなのはよく知っています

00037
 自分の“我侭”が、周り全部を不幸にしてしまうと思えば
 やっぱり、テレサの性格だとこうなってしまうのかなーと
 いつも心は虹色に!

 この恋、テレサは身を引き、多田くんは彼女を追うとは思うのですけれども…?

近付くまいとするのに、近付いてしまう距離

00095
 ラストシーンでは、感情が昂ぶるままにキスしてしまった(?)テレサ
 それ以前も、毛虫を取ってくれたり
 傘を貸してくれたり

 距離を取ろうとする時に限って、ときめかせていく多田くんであった。

写真を見て「ん」と呟いたのは、この写真に決めたのか?

00195
00454
 或いは、「よく見たら、流れ星が写りこんでる」と気付いて
 この写真を、コンクールに出そうって決めたんでしょうか?
 何となくそんな気分が。

 上の写真も良い写真だけど、テーマは「星」ですし。

乳母レイチェルさん初登場、れいん坊将軍の絵本まで持っていて…?

00010
00336
00205
00206
 多田「光良」、れいん坊将軍の本名(たとえば徳川光吉とか)から来てるんじゃなかろうか

山村ポアロンよしこ
 以前、シャルルもガン見してた写真の女性こそ、乳母さんなのはほぼ確定か。
 ゆいとそっくりなところから、祖母でもあるようですが
 祖父とは、今も会ってるんでしょうか

 それこそ天の川、織姫と彦星みたいに

 ゆいが好きな小説も、ラルセンブルグが舞台なのが奇妙に符合してますし
 案外、祖父か祖母かどっちかの著作だったりして。

 店にあったので、たまたま手にとって、ハマッてしまったみたいな。

写真選びパートなど、示唆的に感じる台詞が多かった気がします

00249
 例えば、「自分が写った写真が撮りたいから失敗した」伊集院ですが
 こうやって、別のアプローチをすれば良かったんです
 テレサの恋も同じじゃないか?
 と

 結婚しなければダメ、とか“発想を変えよう!”的なオチが待ってるのかもしれませんね

「終わりましたか?」「はい」。結論を出してしまったように見えるテレサも

00547
 ピン先輩の言うように、先送りにせずに結論を出そうと動いてますが
 先輩が言いなおしたように、まだ猶予がある話なのに
 急いで決着しなくても良い的な

 テレサ、留学切り上げて帰ります! とか言いだしそう

2018年5月31日 多田くんは恋をしない 第8話「今は、もう、ない……」

00037
 今回の「制作協力」は、下請けじゃなく、作画を一部外注してパワーアップした感じ? 

スタッフ
 脚本:中村能子
 絵コンテ:福田道生
 演出:越田知明
 作画監督:寿門堂
 アニメ制作:動画工房
 原作:動画工房社オリジナルアニメ
 制作協力:寿門堂

あらすじ
 帰国するシャルルを、アレクと共に空港で見送ったテレサ。そこで改めてアレクに覚悟を問われて、言葉を続けることができなかった。その夜、テレサは日本への留学を決めたとき、乳母のレイチェルに言われた言葉を思い出す。あのときは考えもしなかったことに今は思い悩んでいた。しかし、何事もなかったように振る舞おうと心に決めて、翌日の新学期から努力するのだが……。

次回、“本物、じゃないよな”。多田くんは熱で幻を見たと思ってる?

00016
00299
 まさか山村ポワロンよしこって、乳母=レイチェル=ゆい祖母(?)がモデル…?

多田くんは恋をすべし!
 次回サブタイ、今回の台詞の数々が、あまりに示唆的だったテレサ決着回!
 今回、ずっと「大丈夫だ」と言い続けてたのは
 立場を理解してる事

 大丈夫だ、大丈夫になろう! 恋は終わりましたと決着付けるテレサが健気

 シャルルはテレサが好きだし良い男です
 でも良い奴だから、彼からはアプローチ出来ないんですよね

 だって、自分と“義務感で結婚するテレサ”が、不憫だと思っている。そんな気がします

 次回、多田くんは恋をしない 第10話「本物、じゃないよな」

多田くんは恋をしない 第9話 感想

 冒頭
 Aパート
 アイキャッチ
 Bパート
 Cパート
 予告
 感想追記
 これまでの感想
 トップに戻る


 月刊少女野崎くん コミックアンソロジー(原作者+多作家参加)
 月刊少女野崎くん 1巻 
 月刊少女野崎くん 2巻
 月刊少女野崎くん 3巻
 月刊少女野崎くん 4巻
 月刊少女野崎くん 5巻
 月刊少女野崎くん 6巻
 月刊少女野崎くん 7巻
 月刊少女野崎くん 8巻
 月刊少女野崎くん 9巻“千代ちゃんの弟”!

 
月刊少女野崎くん 2014年夏アニメ

 創刊号「その恋は、少女漫画化されてゆく。」
 第二号「新ヒロインをよろしくね♪」
 第三号「バイオレンス VS プリンス」
 第四号「男には、戦わねばならない、時がある。」
 第五号『恋を「思い」「描く」男子。』
 第六号「魔法をかけて、あ・げ・る」
 第七号「漫画家脳野崎君」
 第八号「学園の王子様(女子)の悩み」
 第九号「ドキドキ、たりてる?」
 第十号「強まるのは、手綱と絆。」
 第十一号「米しよ?」
 最終号「この気持ちが恋じゃないなら、きっと世界に恋はない。」

オリジナルアニメ 多田くんは恋をしない 感想 2018年4月 公式ツイッター

 多田くんは恋をしない 第1話「ほっとけないだろ」OPED
 多田くんは恋をしない 第2話「まぁ、間違っちゃいない」
 多田くんは恋をしない 第3話「それ、好きだなあ」
 多田くんは恋をしない 第4話「見なかったことにしよう…」
 多田くんは恋をしない 第5話「大丈夫だ。いないから」
 多田くんは恋をしない 第6話「雨男、じゃないぞ」
 多田くんは恋をしない 第7話「泣かれるよりはいいだろ」
 多田くんは恋をしない 第8話「雨女だったっけ?」
 多田くんは恋をしない 第9話「今は、もう、ない……」
 多田くんは恋をしない 第10話「本物、じゃないよな」
 多田くんは恋をしない 第11話「特には何も」
 多田くんは恋をしない 第12話「……突然、ごめん」
 多田くんは恋をしない 第13話「俺も、一生、忘れない【最終回】」

PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
アニメランキング