2018年 5月~6月 予約中ガンプラはこちら、2018年 3月発売ガンプラ一覧はこちら。
“飛行するグフ”完成形、機雷敷設に特化した懐かしのMSVがガンプラ化!

20180316_gouf_flight_02
20180316_rg_zaku_mine_02
 マインレイヤー受注ページはこちら、グフフ受注はこちら

機動戦士ガンダム“一年戦争”
 元旦発表、「参考出品」勢からまた一つ、08で印象的なグフ・フライトがプレバンに登場
 また、かつてのMSVでも好キットとして知られた「機雷散布」機
 MG化もされたマインレイヤーがRG化

 このマインレイヤー、ビルドダイバーズ先行WEBアニメにも出ましたね!

 グフフラ、変更点が多いし印象的なMSですから一般だとばかり…
 本記事内の該当部はこちら

 共に一年戦争、初代ガンダムと同じ、宇宙世紀0079に生まれたMSとなります

最も量産されたザクⅡ「F型」の換装モデル。緒戦から大戦末期まで活躍した

20180316_rg_zaku_mine_02
20180316_rg_zaku_mine_03
20180316_rg_zaku_mine_04
20180316_rg_zaku_mine_05
20180316_rg_zaku_mine_06
20180316_rg_zaku_mine_07

■RG 1/144 MS-06F ザク・マインレイヤー
 販売価格:3,240円(税込)
 獲得ポイント:32P
 予約受付開始:2018年3月16日 13時
 お届け日:2018年5月発送予定

■商品詳細
―   機雷散布に特化したザクⅡ リアルグレードで登場   ―

『機動戦士ガンダムMSV』より、MS-06F ザク・マインレイヤーを
 1/144では類をみない細密表現と”"リアル″を追求したRGシリーズで商品化。
 RG独自の考証に基づき、機雷散布に特化した機体形状を新規造形を交えて徹底再現。
 MSV設定画をイメージしたカラーリングを、成型色で再現。

● ザク・マインレイヤーの機体形状を新規造形を交えて徹底再現!
    機雷散布に特化した、特徴的なパックパックやバックパックと頭部の接続部分を、
    RGならではの考証を交えて、新規造形で徹底再現。

    ・ 頭部
     頭部ダクトは新規パーツを交えてバックパックとの接続を再現。
     ブレードアンテナの備わった、隊長機用の頭部も選択可能。

    ・ 腰部
     腰部フロントアーマーの色分けもパーツ分割で再現。

    ・ バックパック
     機雷散布に特化した、ザク・マインレイヤー独自のバックパックを新規造形で徹底再現。
     機雷散布用ポッドはもちろん、通常より強化された通信機や、
     大容量プロペラントタンクといった特徴的な形状を再現。

     機雷の散布用レーンには、引き出しギミックを搭載。
     機雷も細部まで緻密に再現されており、散布時の状態と格納状態をそれぞれ再現可能。 

● 新規デザインのリアリスティックデカールが付属!
  各種コーションマーク等を収録した、新規デザインのリアリスティックデカールが付属。

● RG準拠の幅広い可動で大胆なアクションポーズが可能!
 付属武装 : ザク・バズーカ / ザク・マシンガン / ヒート・ホーク / 機雷ポッド


1000123858_1
1000123858_2
1000123858_3
1000123858_4
1000123858_5
1000123858_6
1000123858_7
1000123858_8
1000123858_9
1000123858_10
 プレミアムバンダイ受注ページはこちら http://p-bandai.jp/item/item-1000123858/

機動戦士ガンダムMSV
 初代ガンダム放送後の、「ジョニー・ライデン専用ザク」などと同じ初代MSV勢
 面白いのは、特殊な型番もなくF型扱いのまま
 バックパックのみ換装されている事

 本RG版でも、頭部と直結、ボリュームある宇宙機雷敷設用パックを再現

 成型色も兵器然としたシックな色となり、リアリスティックデカールも、新規が付属するとのこと。
 サンプルでは当時のボックスアートを再現

 足を強調した三連星機といい、挑戦的な箱絵でしたね。

大戦時、3機と軽巡で組んで宇宙機雷を散布し続けた換装MS

1000123858_10
 型番まで同じ「F型」の為、事典系でも、書籍によっては載ってない事もある。

MS-06F ザクマインレイヤー(機雷散布ポッド搭載機)
 デザイン上、バックパックと接続部以外は通常ザクと同様で、当時キットは新規金型
 その為、当時「最高のザク」としてアップデート素体にされた事で有名。
 MG化もされています。

 本機3機とムサイ宇宙軽巡洋艦でチームを組み、散布作業に従事

 当然、この機雷ポッドが重いので戦闘能力は低下してしまったが
 原型機の、実に5倍もの航続距離を得る事に

 原型のF型は、いわゆる「ザク」と呼ばれたらコレ、という主力生産モデルである

“マインレイヤー”は、作業用に特化した珍しいタイプのMSである

20180316_rg_zaku_mine_04
 頭部とバックパックは直結され、通信機能も強化された

機雷敷設型
 通信強化は、機雷の起動、稼働状況確認の為、バックパックに機能が盛り込まれ
 全機、通信能力は指揮下MS並みに強化されていた。
 非常に多機能なバックパックと言える

 こうした「バックパックのみ換装して用途変更する」機能は、ゲルググにも継承された

 地上軍ではザクキャノンやグフ等、全面換装したのと対照的とも言える。

MSの行動半径を拡大する”ジオン地上軍の計画は、ここに一つの到達点を迎えた

20180316_gouf_flight_02
20180316_gouf_flight_03
20180316_gouf_flight_04
20180316_gouf_flight_06

■HGUC 1/144 グフ・フライトタイプ
 販売価格:2,268円(税込)
 獲得ポイント:22P
 予約受付開始:2018年3月16日 13時
 お届け日:2018年5月発送予定

■商品詳細
『機動戦士ガンダム 第08MS小隊』より、グフ・フライトタイプがHGUCシリーズで待望の商品化!
 熱核ジェットエンジンを搭載した脚部ユニットをはじめ、飛行用に改修された特徴的な機体形状を新規造形で再現!

● 全身各所を新規造形で、飛行用に改修された機体形状を徹底再現!
    脚部ユニットの他、頭部・肩部・胸部・バックパック等、飛行用に改修された特徴的な機体形状を、
    各所新規造形で徹底再現。

    【頭部・肩】
     一部新規パーツを使用し、頭部形状を再現。腕部分は、特徴的な肩部アーマーを新規造形で再現。

    【胸部】
     開発ベースとなったグフ・カスタムより改修されたコックピットハッチを新規パーツで再現。
    クリアパーツを採用し、リアルな質感を再現。

    【バックパック】
     大出力の推進力を確保するために大型化されたバックパックを新規造形で再現。
     左右のスタビライザーは可動ギミックも搭載

    【腰部スカート】
     腰部背面に有するスラスター形状や動力パイプ、安定翼を搭載する腰部スカートは、全体を新規パーツで再現。
     サイドアーマー下部のスタビライザーは可動する

    【脚部】
     熱格ジェットエンジンを搭載した脚部を新規造形で再現。
     脚部前面のインテークやジェットエンジン部、推進ノズルはパーツ分割による成型色で再現。

● ジャーマングレーの機体色を再現!
     脚部のエンジン部分や推進ノズル等、細部もパーツの色分けで再現。

● ガトリングガンシールド、ヒート・サーベル等、豊富な武装が付属!
     特徴的な武装である、3連装35mmガトリング砲や、ガトリングガンシールド、ヒート・サーベルが付属。

● HGUC版 グフ・カスタムをベースとした、広範な可動を実現!
     全身の可動機構で劇中さながらのガトリングガンシールド砲撃ポーズや、
     ヒート・ソードを構えた大胆なポージングが可能。

付属武装 : ガトリング・シールド / 3連装35mmガトリング砲 / ヒート・サーベル


1000124125_1
1000124125_2
1000124125_3
1000124125_4
1000124125_5
1000124125_6
1000124125_7
1000124125_8
1000124125_9
1000124125_10
 プレミアムバンダイ受注ページはこちら http://p-bandai.jp/item/item-1000124125/

機動戦士ガンダム第08MS小隊
 原典はマインレイヤーと同じMSVで、「飛ばそうとしてまともに飛べなかった」飛行型
 しかし08小隊で、短時間とはいえマトモに飛行するMSとして完成し
 アプサラスと共に散った

 見た目通り、グフカスタムことB3型グフが元だが外装ほぼ全換装!

 推進器で、極端にボトムヘビー化したデザインが魅力で
 Blu-ray特典映像でも活躍した

 当時もキット化されましたが、今度はプレバン送りの刑となってしまったか…!

何故グフを飛ばしたか? 他に選択肢がなかったからである

1000124125_9
 結局、「MSを人型のまま飛ばす」計画は、バイアランまで待たねばならなかった。

MS-07H8 グフフライトタイプ
 元々、MSは「歩く」と関節に負担がかかる為、地上軍は対策を必要とした
 グフは、宇宙兼用だったザクを地上用に整理した“軽い”MSだし
 極端な話、まだザクとグフしかなかった

 そこで地上軍は、グフを飛行用MSの実験に用い、テストを繰り返す事となる

 跳ねる程度、整備性悪化、飛べたと思ったら空中爆散などH型は苦労続き
 型式通り、本8番目にして完成形となる

 肩がGP-01Fbに似てるが、H4「飛行試験型」に似てると言った方が正しい(はずだ)

地上戦に対し、様々な試行錯誤を行ったジオン軍

1000124125_10
 特にフライトタイプの試行錯誤は、聞くも涙、語るも涙といえよう

グフ飛行試験型シリーズ
 オチというか、結局「ホバー機能」を持つドム登場、ジオンの宇宙撤退が契機に
 短時間、関節に負担をかけず高速移動させる事はホバーが主流化し
 ドダイのようなSFS、飛行支援メカが一般化した

 またグフはザクと同じジオニック社、ドムはヅダと同じツィマッド社である

 つまりこれもジオニック社の陰謀と言えよう…、って少佐も言ってた!

当面の一般販売ガンプラ新商品一覧、プレバン除く

2018年3月新作
 10日 MG 1/100 ユニコーンガンダム2号機 バンシィ Ver.Ka、5,400円
 10日 HGBD 1/144 ガンダムAGEⅡマグナム、1,944円
 10日 HGBF 1/144 ミセスローエングリン子、2,700円
 17日 MG 1/100 ディープストライカー、21,600円
 17日 HGUC 1/144 ブルーディスティニー3号機“EXAM“、1,728円
 17日 LEDユニット(イエロー)、756円

2018年4月新作
 RG 1/144 トールギス EW、2,700円
 HGUC 1/144 陸戦型ガンダム、1,836円
 HG 1/144 ガンダムFSD、2,376円
 HGBD 1/144 ガンダムダブルオーダイバー、1080円(番組スタート限定販売)
 HGBD 1/144 グリモアレッドベレー、1,944円
 HGBD 1/144 ジムⅢビームマスター、1,944円
 HGBC 1/144 チェンジリングライフル、648円
 HGBC 1/144 ティトローターパック、864円
 HGPG プチッガイ ダイバーズブルー&プラカード、540円
 HGBC ダイバーギア、756円
 ハロプラ ハロ、540円(緑・黄・赤の3種発売)

2018年5月新作
 MG 1/100 ガンダムF91 Ver.2.0、4,320円
 HGAC 1/144 リーオー、1,080円
 HGBD 1/144 モモカプル、1,944円
 HGBD 1/144 オーガ刃・X、2,160円
 HDBD 1/144 セラヴィーガンダムシェヘラザード、2,376円
 HGBC 1/144 ダイバーエースユニット、756円
 HGPG プチッガイ きゃらっがい モモ、972円
 ハロプラ ハロ ピンクバリエーション(仮)、648円

2018年6月新作
 RE/100 1/100 ビギナ・ギナ、3,456円
 HGUC 1/144 ガルバルディβ、1,620円
 SDガンダム クロスシルエット RX-78-2 ガンダム、864円
 SDガンダム クロスシルエット RX-78-2 ガンダム & クロスシルエットフレーム セット、1,512円
 SDガンダム クロスシルエット クロスボーン・ガンダムX1、864円
 SDガンダム クロスシルエット ナイチンゲール、1,512円
 SDガンダム クロスシルエット クロスシルエットフレーム[ホワイト]、648円

2018年7月新作
 SDガンダム クロスシルエット ザクⅡ、864円
 SDガンダム クロスシルエット クロスシルエットフレーム[グレー]、648円

2018年8月新作
 SDガンダム クロスシルエット ゼータガンダム、1,080円


企画進行中
 MG 1/100 ジェガン

参考出品
 HG TR-6 ウーンドウォート(Zガンダム外伝 AOZ)
 HG ガンダムピクシー
 HG バイアラン
 SDガンダム クロスシルエット イフリート


PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
アニメランキング