公式サイト 機動戦士ガンダム サンダーボルト 12巻 感想 レビュー 内容 考察 太田垣康男 ネタバレあり これまでの感想はこちら。前巻はこちら
連邦vs南洋同盟、開戦! “カーラを殺せ”。ニュータイプ姉妹が見抜いた脅威とは?

00044
00042
00012
00013
00037
前巻より、サイコ・ザクに何かをさせようと動くカーラに、新キャラNT双子が勘付く!!
 フウの奇妙な延命、策を講じるカーラ、彼女をNTである双子が危険視…?
 謎深まる中、カバー通りのド派手な号砲だ!

 対し量産機3機がかり、ガンダム砲で反撃! 意地を見せるぜトラストチーム!!

ハートを燃やせ!
 死を覚悟しての開戦前夜、連邦、南洋ともにドタバタに騒ぐのが楽しくも切ない
 明日の我が身は、ビームが蒸発してるかもしれないと覚悟し
 一日一日を刻んでいく兵士達の“前夜”

 笑われたり蹴られたり! 昔は孤立してたイオが、すんげえイキイキしてて泣けるわ!!

ガンダム サンダーボルト 12巻 感想

00009
第12巻 激突!タール火山基地編
 第98話「連邦軍初となるNT能力の強化人間です」
 第99話「私達の願いをひとつだけ叶えて」
 第100話「誓いの刺青を忘れんじゃないよ!」
 第101話「礎になると決めても」
 第102話「ハートを燃やせ!!」
 第103話「左舷MSデッキ被弾」
 第104話「ガンダムが来る」
 第105話「俺を導け!」
 これまでの感想

※各話、個別サブタイトルはありません。台詞より引用しています。

死ぬ覚悟をし、生きる事を考える。それが戦場に行くという事

00019
 ダリルの語る軍人の論理、“島戦”は決戦か前哨戦か、おそらくは“最終戦”。

あらすじ
 連邦軍モニカ参謀は、連邦初の実戦レベル強化人間、シリェーナ姉妹を投入
 二人の探知能力で、難攻不落の南洋火山基地へ解析を進めるが
 解析終了を前に口火が切られた

 南洋同盟首魁、フウ僧正は侵攻を察知しており、戦いを時間稼ぎに位置付けた

 無事、サイコザク部隊を宇宙へ搬出できれば南洋同盟の勝ち
 そうと解らぬ連邦はフウ殺害を主目的に。

 ダリルは狙撃で猛威を振るうが、連邦トラスト部隊は、彼のビッグガン破壊に成功する

急ピッチで整備が進む連邦軍母艦スパルタン、コーネリアスはガンダムを凝視し…?

00000
00001
00002
 他方イオは、ケツに刺青を彫られていた。しかも左右間違えてるし!

第98話「連邦軍初となるNT能力の強化人間です」
 シリアスからにぎやかな艦内、部隊を次々失い、身体中が部隊刺青でいっぱいなビアンカ
 彼女に付きあい、ガンダム部隊「トラストチーム」も刺青をいれ
 機動部隊も全員でつき合う事に

 もう彼らは寄せ集めじゃない、死線を越え、挑む“仲間”だから

 ガンタンクの強面兵士さん、クリード大尉が思わず噴出したり
 彼がやるならと付き合うソニア中尉

 読者にとっても、彼らはもう決して「モブ」じゃない!

ソニア中尉やめときましょうよ…」と言ったのは、イオを恨む“元少女兵”

00003
00004
00005
 しかし彼らも、いざブリーフィングとなれば、一転して「兵士」となる

プロ
 彼らは「プロ」。サンダーボルト宙域編では、そうせざるをえなくて戦ってた人たちでした
 対し、彼らは曲がりなりにも「この道を選んだ」という
 プロ軍人集団

 さっきまで笑っていた彼らが、ビッと決めるこのギャップ

 戦争映画の雰囲気が、ビンビンきますね!
 ガンダムらしからぬ空気

 でもそれが、「サンダーボルト」って本作の味だとつくづく思う。

作戦上の問題、敵基地の見取り図が無かった事は“ニュータイプ”が解決する

00006
 強化人間シリェーナ姉妹、左が妹イース、右が主に喋る姉のリリー・シリェーナ

ニュータイプの使い方
 普通はNTはパイロットを担いますが、本作では、フウのような“対話”を焦点に置き
 超能力、透視とテレパスを使うニュータイプとして実戦投入
 基地の見取り図を解析します

 彼女たちは敵基地を透視、見取り図を作成し、部隊に「伝える」役割

 ミノフスキー粒子で、通信が困難となってしまった宇宙世紀で
 脳波で「遠隔操作」できるのがNTの強み

 今回、その“通信能力”を、部隊指揮に活用するワケね!

彼女たちは“見せる”。自分達と交信できる、NT素養者を選別する為に

00007
00008
00009
 フウに内通するコーネリアスは、「為政者の道具」と蔑視する

第99話「私達の願いをひとつだけ叶えて」
 彼女たちと対話できるNT素養者、南洋同盟でのクローディアみたいな「受信機」を走査
 意外というか、イオもその一人だったと発覚し
 彼の能力の裏付けに

 また彼女たちは、「怪物の母」カーラを殺して欲しいとイオに依頼

 不明ですが、カーラが「サイコザクに、何かさせようとしてる事」も絡むのか?
 彼女らが、サイコザクを怪物と呼ぶ理由とは?
 単純な戦力?

 死ぬはずだったフウが、サイコザク回収後に延命、その技術を抹消する為?

作戦タイムリミットは2時間、シリェーナ姉妹の弱点

00010
 妹であるイースは2時間おきに就寝、すると姉も能力が使えなくなる

シリェーナ姉妹
 レヴァン・フウの短命さに対し、姉妹は二人揃わないと機能しない弱点が。
 妹イースが、能力が電源・増幅器になっていないと
 姉リリーは能力を使えない

 リリーの透視、意思の送受信は、妹のバックアップで初めて使用可能

 制約は多いも、ミノフスキー粒子下でも「素養持ち」と対話でき
 本来なら不可能な作戦行動が可能

 イオも、実際に「対話」し、能力を信じることに

カーラ殺害は「作戦目的」ではない、ニュータイプ姉妹の独断である

00011
00012
00013
00014
 やだイオさん、めっちゃ尻に敷かれてる!

第100話「誓いの刺青を忘れんじゃないよ!」
 平時ゆえ余裕ある資材を、ありったけ食い尽くし、ようやく稼動状態となったスパルタン
 ペガサス級艦の巨体を、地上で賄うのがどれだけ大変か
 リアルに描くとごっつい!

 作戦目標はサイコザク破壊か接収、第2に指導者レヴァン・フウの拘束!

 問題は、フウ相手には奇襲が不可能な事で
 総力戦必至となります

 終わったら、セッションを組もうという気のいい男達、生き残れるのか…

“死の商人を潰したい”。今しか出来ない、レヴァン・フウの作戦が始まった

00015
00016
 危ぶまれたダリルですが、むしろ、今まで以上にくつろぐ事に。

第101話「礎になると決めても」
 彼らは確かに宗教にハマってる、けれど戦争を憎み、その具体策を手に入れたんです
 宇宙世紀において、戦争する組織ほぼ全てに兵器を提供し
 戦禍を拡大するアナハイム

 大戦直後、誰もが疲弊した今、コロニーレーザーで彼らを焼き払う

 それが出来れば、宇宙世紀の流れは多少はマシに出来るかも
 というのが本作の肝

 宇宙育ちには「知識」でしかなかった、本物の温泉にはしゃぐダリル達!

ダリルは今、本当の居場所を手に入れたのか? それとも…?

00017
 高性能なMSほど少年が乗るのは、連邦もジオンも南洋同盟も同じだという。

南洋同盟
 彼らの勝利条件は、1/5の戦力、堅固な地下要塞で迎撃して時間を稼ぎ
 ダリルを除く、32機のサイコ・ザクを宇宙に上げて
 サイド3を占拠する事

 しかしその為に、少年兵を使う彼らに、カーラは反感を感じます

 南洋同盟は、戦災孤児を助けているけど
 兵士にも育てている

 彼らに生きる糧を与えたくて、自分が救われたように「信仰」を伝える

『信じるモノの為に戦う、それが出来りゃ、もう立派な大人さ』

00018
00019
 物資を使い切らないと勿体無い、と防衛司令自らが料理を振舞う

大人も子供もそれしか知らず
 フウは長期的な視野の為にAE社を、人を殺そうとし、ダリル達を巻き込んでいる
 同様に、他に戦災孤児の心を救う術を知らないクローディア達は
 信仰を教え、教えられた子らは戦おうとし
 兵士となってしまう

 クローディアは責任を取り、囮となり、基地で玉砕する覚悟を固めています

 ダリルは、「死ぬ覚悟で赴き、生きようと戦う」兵士の心で
 クロにも生きるよう促しますが…

 この辺の、戦争から離れられない考え方に、カーラは嫌悪があるのでしょうか

連邦vs南洋同盟、開戦! フウは基地を脱出、ザクと共に本命の宇宙へ

00020
00021
00022
 共に大音量を鳴らし、激突を確信するイオとダリル

第102話「ハートを燃やせ!!」
 ダリルは唯一、稼動状態にあるサイコザクと共に基地防衛、残る機体は本命の宇宙へ
 際し、地上でも長時間まともに戦えるようにチューンナップに手間取り
 装甲がないまま戦線へ

 同様のチューンに、装甲を組み付けた2号機突貫で準備!

 ダリルは、島戦終盤で乗り換えて最終決戦となるのか
 別の誰かが乗り込むのか

 フウはどうなるのか、このままゴタゴタで、カーラにより殺されそうな雰囲気も。

イオとダリル、二人を見届けるよう、フウはクローディアとコーネリアスに命令

00023
00024
00025
 作戦前に緊張するイオ、しかし今回は、ビアンカのキスで緊張がほぐれる事に

第103話「左舷MSデッキ被弾」
 前はコーネリアスが元気付けてましたが、今は、共に戦う仲間がそこにいる!
 特にビアンカは、キスして緊張を解すとか
 全くお熱いじゃねェか!

 多分、同じパイロット同士、イオが抱えてるものに気付く事が出来る

 あのイオが、戦闘前にクタッとスティックを下ろすだなんて…
 しかし危うい雰囲気も

 何せ参加部隊がことごとく壊滅してきたビアンカ、果たして生還できるのか…?

基地到達! 揚陸艇を分離し、連邦軍巨大艦スパルタンが迫る!!

00026
 が、まさかの遠距離ビーム砲撃を受け、艦は大きく傾ぐことに

開幕の号砲
 いざグフとの空中戦かと思いきや、口火を切ったのは南洋同盟の狙撃!
 最初、基地にビーム砲でもあったのかと思いましたが
 表紙のアレか!

 同盟はジオンのビッグ・ガンも回収、組み上げていたんですね!

 元・残骸攫い部隊である南洋の本領!
 何より、本作「ガンダム サンダーボルト」を象徴する兵器だから!

 決戦に際し、これほど的確な号砲はなかった!

雲に潜むスパルタン、地上では、イオも「アレだ」と確信していた

00027
00029
00030
 ガンキャノン・アクアは、陸戦用に改修してしまった為、サブレッグを使って移動する事に

第104話「ガンダムが来る」
 サンダーボルト宙域の毒蛇、ビッグ・ガンの猛威に、イオは矢継ぎ早に指示を!
 さすが、激戦区生還者にして経験者ってだけあって
 頼りになる事この上ない!

 しかし遮るものなき海で、揚陸艇は破壊、海路を余儀なくされる事に

 地上において、万能な移動能力を与えられたアトラスガンダム
 決戦でも遺憾なく発揮!

 肩を並べるガンキャ、キット化して下さいよマジで!

予定と違う展開に、臨機応変に対応する連邦軍。砲撃機の見せ場だぜ!!

00031
00032
 異常な狙撃を受けた連邦軍も、「ダリルが南洋同盟にいる」と看破する事に

第105話「俺を導け!」
 作戦を乱された連邦軍、距離を取って戦えるガンタンク、スナイパーが奮戦
 狙いを付けるより、とにかく撃ちまくって道を拓く砲撃機の華!
 南洋同盟も楽観できません

 彼らにすれば、温泉の件のように、島も「居場所」だったんです

 それを犠牲にしてでも勝つ!
 美しかった姿、思い出を記憶に残しましょうと覚悟する南洋同盟

 対し連邦参謀モニカも、“サイコ・ザク使い”の存在に、決戦だと確信へ

問題は、あのデカブツキャノンをどうするかだ! トラストチーム奮戦!!

00033
00034
00036
00037
 デカブツならこっちにもあるじゃねぇか! 威力だって負けてねぇぞ!!

天球の一撃
 ガンダムに継戦能力を与える為、武器を運ぶトラストチーム、量産機の根性の見せ所!
 アトラス用、巨大レールガンを3機がかりで構えるも
 ダリルからは丸見え!
 
 あわやと思われた時、シャチみたいにガンダムが飛び出してきた!

 最近、イオさん仲間の為に頑張りすぎでない!?
 まるでヒーローだった!

 いやまあ、偶然乱入しちまっただけだけど、それもヒーローの条件だよね!

仰天したダリルは砲撃を許し、虎の子のビッグ・ガンを失ってしまう

00038
00039
 しかし前巻で見せた、チートなザクが牙を剥く! 今度こそ殺す気でな!!

天球vs仏徒
 悠々とイオを待つダリルに対し、当のイオはと言えばテンパって大混戦!
 何せ、自力航行できないキャノンを抱えたまま
 敵防衛網の只中!

 本来なら、揚陸艇でバーッといくはずが、人生ってなァ厳しいね!

 次巻、いよいよサイコザクvsアトラス!
 決戦間近

 この戦いは前哨戦か、それとも「最終決戦」となってしまうのか?

収録

00040
 思うにフウはカーラがなんとかし、島の戦いで決着する気がします。

 ビッグスペリオールコミックSP「機動戦士ガンダム サンダーボルト 12巻」。太田垣康男。
 週刊ビッグコミックスペリオール連載、小学館発行。
 2018年7月(前巻2018年3月)。

第12巻 激突!タール火山基地編
 第98話「連邦軍初となるNT能力の強化人間です」
 第99話「私達の願いをひとつだけ叶えて」
 第100話「誓いの刺青を忘れんじゃないよ!」
 第101話「礎になると決めても」
 第102話「ハートを燃やせ!!」
 第103話「左舷MSデッキ被弾」
 第104話「ガンダムが来る」
 第105話「俺を導け!」
 これまでの感想
 トップに戻る

※各話、個別サブタイトルはありません。台詞より引用しています。

※過去記事ページ

※トップに戻る

 
OVA版 機動戦士ガンダム サンダーボルト 感想

 機動戦士ガンダム サンダーボルト 第1話“雷鳴舞う宇宙”
 機動戦士ガンダム サンダーボルト 第2話“切り取れ”
 機動戦士ガンダム サンダーボルト 第3話“消耗品のきょうだい達”
 機動戦士ガンダム サンダーボルト 第4話“雷鳴が運んだ偶然”(完)。

OVA版 アニメ 機動戦士ガンダム サンダーボルト 第2シーズン 第2期 感想 2017年

 機動戦士ガンダム サンダーボルト 第5話“ア・バオア・クーより地上へ”
 機動戦士ガンダム サンダーボルト 第6話“氷海に仏徒は住まう”
 機動戦士ガンダム サンダーボルト 第7話“今日も素敵な一日の始まり”
 機動戦士ガンダム サンダーボルト 第8話“八艘飛びと開眼法要”【最終回】

漫画 機動戦士ガンダム サンダーボルト外伝 感想







 機動戦士ガンダム サンダーボルト外伝 1巻
 機動戦士ガンダム サンダーボルト外伝 2巻“彼らにだって事情がある”
 機動戦士ガンダム サンダーボルト外伝 3巻“砂漠の掟”
 機動戦士ガンダム サンダーボルト外伝 4巻“男と女”

太田垣康男 機動戦士ガンダム サンダーボルト 感想


















 機動戦士ガンダム サンダーボルト 1巻
 機動戦士ガンダム サンダーボルト 2巻
 機動戦士ガンダム サンダーボルト 3巻※ここまでOVA化
 機動戦士ガンダム サンダーボルト 4巻
 機動戦士ガンダム サンダーボルト 5巻
 機動戦士ガンダム サンダーボルト 6巻
 機動戦士ガンダム サンダーボルト 7巻※ここまで第2期OVA化
 機動戦士ガンダム サンダーボルト 8巻“水上都市”
 機動戦士ガンダム サンダーボルト 9巻“すまねえダリル”
 機動戦士ガンダム サンダーボルト 10巻“決戦前夜” 裏切り者たちは集う
 機動戦士ガンダム サンダーボルト 11巻“僧正の目的”サイコザクMk-Ⅱ始動!
 機動戦士ガンダム サンダーボルト 12巻“開戦”! 号砲鳴らせサイコ・ザク!!
 機動戦士ガンダム サンダーボルト 13巻“イオvsダリル”画風変更へ
 機動戦士ガンダム サンダーボルト 14巻“地上編・終結”
 機動戦士ガンダム サンダーボルト 15巻“宇宙”フウ延命の真実

※トップに戻る