公式サイト 干物妹! うまるちゃんR 2期 第11話 11話 感想 うまると星空 レビュー 考察 画像 あらすじ 内容 ネタバレあり 原作未読 19時追記 前回はこちら
お姉ちゃんの好きなもの! ヒカリにとっての「お兄ちゃん」の始まり!!

00413
00383
00236
00325
ヒカリときりえが、大切な人の為に応援しちゃうのが可愛い! そのきりえちゃんも
 兄ぼんばの思いを知り、夢をタイヘイに知って貰って
 着実に成長してるじゃないか!

 一方叶さん、文字通り十年一日の片思い、タイヘイ気付いたげて?!

スケーターうまる美しい!
 今も学生時代も、勉強は出来るし仕事も懸命なのに、料理が上達しない叶さん
 ああして、忙しい仕事の合間に練習してるのかと思うと
 健気というか

 きりえちゃんの策、彼女自身がスポーツ万能なのも、気付けなかった一因なんでしょうね。

見られたと誤解したから(?)とはいえ

00134
 とつとつと夢を相談したきりえちゃん、言えただけでも大きな成長でしたよ!

あらすじ
 高校二年の冬、きりえは、土間家に入り浸っていると兄の本場猛(ぼんば)に知られてしまうが
 結果的に、兄の思いを知る事になり
 ぼんばは無事死亡。

 雨の日、タイヘイと本屋で出会い、夢を打ち明け背中を押してもらう事件も。

 きりえは、ますますタイヘイと海老名をくっつけようとし
 スケートに誘うけど進展しない! 

 タイヘイが、自分との出会いを思い出してくれた事に、ヒカリは喜びのヒカリダイブをする。

 次回、第12話「みんなとうまる【最終回】」

ぼんば『ンだよ、あいつどこ行ったんだよ~…

00000
 休日、妹のきりえは居ないし、カネもないしでタイヘイの家へ行くぼんば
 ていうか、そうやって万年金欠してるのに
 カメラをくれた優しさよ!

 むかし懐かしい、「日本家屋の玄関」って雰囲気ありますね。本場家。

このシュークリーム、おいしーね♪

00001
00003
00006
00009
00010
00013
00014
 おい! 行儀悪いぞ!!

土間家の本場家
 当然、きりえも土間家にお邪魔していたが、手土産のプチシュークリーム
 家にあったのを無断で持ってきたらしい
 で

 外は寒いんだから、早く入れろよ~

 かち合う本場兄妹!
 本場兄も妹も、土間兄と妹が好き過ぎる問題であった

 食べ物で遊ぶのは良くない(キン肉マン感)。

ぼんば『きりえ!? あ、俺が昨日買ってきたシュークリーム!

00015
00016
00017
00019
00021
00022
00023
00025
 夜食べようと、楽しみにしてたのに~…

きりえがいったァ!
 すかさず、口に放り込んじゃうきりえちゃん可愛過ぎですね…
 家族あるある!
 で

 勝手に持ってきたのか…

 家にあるもの=食べて良いもの理論
 大家族は非情。

 やっぱり、名前書いとかないとダメなんですね(寮暮らしでもだけど)

うまる『…なんか、気まずくなっちゃってるね』

00027
00029
 遊びに行った先で、苦手な兄に出くわすとかいう気まずさと
 妹は好きだが、勝手に食われた事やら
 あとめっちゃ気まずい兄

 土間家が、集会所みたいになってるのが悪いんや!

ぼんば『…そっか、お前いつもこうやって遊びにきてたんだな~』

00032
00035
00038
00041
00043
00044
00045
 独りで遊んでるんじゃなくて、安心したよ? …良かったな、良い友達が出来て

氷解のとき
 しかしぼんばは、妹に居場所が出来ていた事を何より喜んだ。
 きりえちゃん、苦手意識氷解の時…!
 と

 うん…っ

 いい、笑顔です…。
 ぼんばって、いつも妹の事を気にかけてましたものね

 きりえちゃんにしても、何かと、ぼんばを思い出してることが増えましたし。

うまる『シュークリームありがとね、ぼんば~』

00049
 空気を読んで、食べてしまったことを謝るうまるだったが
 実はぼんば、元々きりえの為に買っていたという
 おいこいつ天使か。

 ある意味、一番普通に「妹に甘い兄」なんですよねボンバー。

ぼんば『おう、サンキューたぬきちっ♪

00050
00054
00057
00058
00059
00065
 師匠をタヌキと言ったかー!

ディアナの尻と言ったか!
 しかしやっぱり、きりえちゃんの導火線に点火、これでこそぼんばよ!
 だって、タヌキに似てなーい?って!
 で

 ていうか、お前も師匠って変だろ!

 何て熱い攻防なんだ…
 日頃、割と引っ込み思案なきりえの「似てないッ!」が熱い!!

 断言できる妹!

大体、何で兄貴に友達の心配されなきゃいけないの!』

00066
00067
 何の師匠なんだよ! とかいう、適切すぎるツッコミも手伝い
 きりえちゃん、逆ギレしまくって可愛い!
 ぼんばも可愛かろう!

 可愛い妹に、死ね!バカ兄貴!!とか言われる事案が発生…!

タイヘイ『(まずい! 何とかしないと…)』

00069
00073
00074
00076
00077
00080
00082
00083
00084
00086
 う゛おおお! かわいいー!!

兄妹だなあ
 結局、うまるが何気なく笑いかけただけで、二人が浄化されるハッピーエンド
 最後に勝つのは愛だね!
 で

 よーしっ! じゃあ四人でゲームでもしようか!!

 うまるはんは潤滑油やで…
 ぼんばときりえちゃん、基本的に趣味一緒なんですね

 何この兄妹かわいい。。。

アイキャッチも、ぼんばときりえ!

00088
 一緒のチームを組みたい兄と、拒否っていきたい
 結局、仲良くゲームしちゃう兄妹と
 見守るうまる

 本場家、というかきりえが、たまに見せる仲の良さホント好き。

うまる『大丈夫大丈夫、このくらいなら降らないって♪』

00089
00090
00091
00094
00095
00096
00097
00098
00101
00105
00106
 天気が崩れるのは、おそらく三時か四時の間…

主夫、イオンに行く
 イオンに買出しに行く兄さん、ファミ通を買ってきて欲しいと頼まれ
 日頃は寄らない、初めての三階に立ち寄る事に
 で

 ファミ通って、どこのコーナーにあるんだ?

 兄さんって無趣味だから…。
 買い物に際し、ばっちり計画立てて行くのがタイヘイ流

 主夫の鑑ですねえ

タイヘイ『(絵本コーナーは、さすがに違うよな?)』

00108
00109
 とか思ったら、きりえに遭遇するナイス偶然!
 飛び上がっちゃうきりえちゃん可愛い!
 絵本だから!

 普段、来ない場所なのが効いてる効いてる!

し、失礼します!

00111
00112
00118
00120
00121
 何か…、また話しかけちゃいけなかったかな?

逃げ出せない
 タイヘイは、「絵本作家のなりかた」を読んでいたとは、気付けなかったが
 前も、こんな事があったと考えてしまう 
 で 

 がっつり降ってるぞ、うまる…

 きりえちゃんは逃げ出した! しかしまわりこまれてしまった!
 これも何気に、うまる師匠のおかげか

 うまるさんは偶然の神、いわゆるゴッドですぜ…

タイヘイ『きりえちゃんも、傘もってきて…』

00125
00126
 えええええええ……!?
 ものっそい落ち込まれる事案
 やらかした!

 お兄ちゃん、無自覚にきりえちゃんを追い詰めてる!

きりえ『……私、将来なりたいものがありまして…

00128
00129
00130
00134
00136
00138
00140
00142
 現実を、突きつけられてしまって……。

きりえと夢
 ぽつぽつときりえが話し出したのは、目指す将来への、現実的な厳しさだった
 だがタイヘイは、言下に言ってのける!
 と

 きりえちゃん、すごいと思うっ!

 高校時代のタイヘイ
 その武勇伝を聞き、何か助言がもらえないかと思ったきりえ

 でも迷惑だろう、と思ってしまうのがいじらしい。

タイヘイ『……ただ、目の前のルートの事ばかりだった』

00146
 しかしタイヘイは、自分は当時も今も、目の前の事に精一杯なだけで
 きりえのように、先を見ようとする姿勢は凄いよ?
 と

 意外にこれが難しい。 

きりえ『私…、絵本作家を目指していまして…、師匠の絵本を描いているんです』

00147
00148
00151
00154
00156
00157
 私、師匠に会うと幸せになって、勇気が出るんです…、だから!

私だけに
 褒められたきりえは、師匠がくれる勇気と幸せを、もっと広く知って欲しい
 だからやってみたいんだ
 と

 それは、きりえちゃんにしか出来ないね?

 ドキドキきりえちゃん可愛い!
 ひたむきな若者の夢に、先人は何を伝えるべきか

 きりえちゃん、そんな思いで描いてたのね

お兄ちゃーーん!

00158
00159
00162
00163
 たまには違うルートもいいな、って思って…。

しまった!
 幸いうまるが罪悪感で駆けつけ、タイヘイが持っていた傘はきりえに貸す事に
 タイヘイの、しみじみした台詞がカッコイイ…
 が

 あ、そうだ! ファニ通!!

 すっかり忘れてた!
 でも今回の件で、きりえちゃんの味方がまた一人増えたワケね!

 やるじゃないかうまるさん!

アイキャッチは、きりえとタイヘイ

00166
 海老名ちゃんの事情を知ったり、何かと知っていくタイヘイ
 二人並ぶと、緊張しちゃうきりえちゃん可愛い!
 案外珍しいツーショット

 きりえちゃん、話すの勇気いったろうなあ
 
きりえ『そこで今回、一気に二人の仲を進展させるプランを用意しました!』

00167
00168
00173
00175
00177
00178
00180
00182
00183
00185
00187
00188
00189
 釣り橋効果ッ! スケートの練習のドキドキと、恋のドキドキを勘違いしてしまう…!

恋愛プランナーきりえ
 冬も深まりスケートへ、タイヘイは、プロスケーターが一緒に練習していると不安に
 だが、それが策士・きりえちゃんの狙いだった!
 と

 海老名さんにスケートを教えているうちに、二人は…ッ!

 更に熱が入る恋愛指導!
 イオンの一件で、ますます「お兄さん良い人!」になったんですね!!

 自分が恋する流れにならない、鉄のうまるマニア!

『そして二人が進展している間、私はうまるさんと一緒に…!』

00191
00192
 おまけに、自分もラッキーとか、このツントゲガール策士!
 ちゃっかり、自分の欲望も満たさんとする姿勢
 実に完璧な策だ!

 欲望だだもれきりえちゃん可愛い!

『(しかし…、シルフィンさんはどうしたものだろう…)』

00193
00196
00198
00200
00204
00205
00209
00211
00213
00219
00221
00222
00223
00225
00228
 な、なぜ私と海老名さんが釣り橋効果を…?

完策・パーフェクトプランニング!
 しかし鉄の妙策には、「タイヘイが滑れない」という巨大なアリの一穴が開いていた!
 迂闊! 開始前から瓦解した妙策…!
 で

 ちょ、どういう転び方なんですか?!

 自分が滑れるきりえちゃん
 お兄さんへの敬意で、「滑れるだろう」と当たり前に受け取っちゃってたのね

 そしてシルフィン、完全に氷上の妖精じゃねーか!

『これは俺だけの問題じゃなく、周りの人にも危険が…!』

00229
 考えすぎなタイヘイ、ていうか一家の大黒柱なんだから
 周りの子も、あんまり無茶振りしないで!
 お父さんは心配性!

 こればっかりは、タイヘイさんに同情するよ!

『おおっ! 三回転スピンっ! すごい、シルフィンさん』

00230
00231
00232
00236
00237
 うまるさんの方が、奇麗なジャンプが出来るはずです!

※出来たらしい
 華麗なるシルフィン! いわく「ちょっと滑る地面だと思えば、ばっちり」だそうで
 北海道民にも通じる華麗なバランス!
 で

 うまるさん、勝負いたしましょうっ!

 やっぱりこうなったか感!
 省略絵で、シュパシュパ滑ってるシルフィンさんすっげえ!!

 きりえの妄想プロうまる美人!

タイヘイ『ん…? お、お…?

00238
00242
00244
00245
00246
00247
00248
00252
00253
00254
00255
00257
00264
 海老名ちゃん危ない!

デッドゾーンへようこそ!
 棚から牡丹餅、うまるが手を離した事で、上手くタイヘイと海老名ちゃんも見つめあったが
 そのまま、命の危険と向きあう事に
 で

 いや…、あの、海老名さん? 全く進展してないですよ?

 終わり良ければ全て良過ぎ!?
 海老名ちゃん、ホントめっちゃ無欲で応援したくなりますわ

 そしてきりえちゃん、運動神経マジ高ェ。

叶課長『……出来たわ、ヒカリっ!

00265
00266
00268
00269
00270
00274
00275
00276
00277
 クリームシチューだぁ!/今日は寒いから、温かくしよう?

違います!
 緊迫感あふれる叶からスタート、おい…、料理出来てるじゃねーか!!
 と思ったら、残酷な場面切り替えだったと判明
 で

 お姉ちゃんのシチューより美味しいですっ!

 とろり蕩ける兄シチュー
 お兄さんの事、たぶん市販のルウでも別物の出来に違いない

 野菜たっぷりなのに、喜んで食うレベル!

ヒカリ『お姉ちゃんのは、黒かったです!

00281
00282
00284
00285
 お姉ちゃん、どこか行くの?

ポニテいいよね
 再びサイド金剛家、オーラを伴う黒焦げでも、勇気を出してイッた叶さん!
 レシピ通りでも、不思議と失敗する人はいるものです
 で

 何か買って来るわ、それ食べちゃダメよ?

 緊張した様子に窺える圧倒的料理ベタ!
 前期クリスマス回でも、叶さん、独身貴族っぷりが強調されてましたものね

 いや、料理に凝る独身貴族もいますけどさ!

タイヘイ『叶が料理か…、一度だけ見たことあるけど』

00296
00299
00300
00301
 料理をヒカリの家で/お兄ちゃんパンお代わり!

被った!
 瞬間、勇気を出したヒカリだったが、見事に言葉が重なって無事轟沈
 やると思った!
 で

 ん? 今、何か言った?/いえ、別に何も

 ロールパンはトースターで焼くと旨いからね
 さっくさくふわふわだからね

 仕方ないね。

うまる『ふわー、お腹いっぱい…』

00304
 口論といい、なんか、うまるとヒカリがめっちゃ仲良くなってて
 これはこれで心和む風景
 かわいい。

 前回の一件で、うまるさんも変わった感じ。

タイヘイ『もう、すっかり暗くなったなー…』

00305
00308
00311
00313
00316
00323
 うまるダーイブ!

冬の日は釣瓶自由落下
 帰り道、今日はタイヘイお兄ちゃんに送ってもらえば…、と妄想したヒカリだったが
 嗅ぎ付けたうまるさん飛翔! 飛翔の神!
 で

 ほら、星が出てるから奇麗じゃーん♪

 嫉妬する妹の直感!
 やっぱり、タイヘイと付き合う事になる人って大変そうですよね…

 帰りが遅い! と怒る叶さん超かわいい。

うまる『どれがアルタイルで、どれがデネブだっけ?』

00324
00325
00327
00329
00333
00335
00337
 忘れたのか、もう2回くらい教えただろ?

あれがデネブアルタイルベガ
 五月、扇風機を引っ張り出して、二人で星を眺めた頃を思い出すタイヘイだが
 ここでようやく、誤解してたことに思い至った
 と

 あ、そうか…。俺が星を教えたのは…

 遂に至ったヒカリとの話
 気付いてもらえて、嬉しそうなヒカリちゃん可愛い

 うまるさん、面白くなさそうだこと!

『ヒカリは、小さい頃、家にずっといました…』

00341
 メロンパン好きは、この頃に根付いてしまった悪い癖のようで
 日頃、土間家が「パンの日」にタイミングが合うのも
 妙に面白いですね

 もしかしたら、アレックスを実家から引っ張り出したのは、妹に重なって見えたのかもですね

叶『パンばっかり食べてたら、身体に良くないでしょっ』

00342
00344
00347
00348
00352
00358
00360
 これ、お姉ちゃんが買ったんですか?/あ、当たり前でしょ!

姉が贈って妹は思う
 タイヘイそっくり! 妹に厳しく、そしてめちゃくちゃ甘い高校生時代の叶は
 当時、ゲーセンで貰ったぬいぐるみを妹に贈った
 と

 これは、お姉ちゃんの好きなものなんでしょうか…?

 お姉ちゃんは不思議です
 姉のセンスだと誤解し、ぷにぷにやってみせるヒカリちゃんである

 高校時代の叶さん、ふとももが眩しい!

『叶にも妹がいたんだね? ウチの妹にそっくりだな♪』

00367
00369
00371
00372
00375
00378
00379
00380
 初めまして、ヒカリちゃん♪

十年前からツンデレで
 やがて、品薄な料理のレシピ本を欲しがったタイヘイを叶が家に誘い
 ヒカリとも初対面する事に
 と

 い、いいのよ! ぬいぐるみのお礼っ!!

 叶さん素直じゃねェ!
 十年前からこの調子と思うと、やっぱり成就して欲しい気がする人なんだよ!

 家に誘いたくて、「持ってる!」とか言っちゃったパターン?

『お姉ちゃんの好きなもの!』

00383
 幼心でも一発で気付く恋! きりえちゃん同様、姉の恋を応援しようと決意
 海老名&きりえ組と、ヒカリが出会うのが楽しみですね!
 何か解りあいそうだけど!

 発想がシンプル! 

あのっ! お姉ちゃんの料理、食べてってください!!

00385
00388
00389
00392
00395
00398
00400
00401
00405
00407
00409
 じゃあ、料理が出来るまで、星の名前を教えてあげるよ

君の知らない物語
 しかし、もちろん料理が作れるワケなく、ヒカリの“応援”はブラックシチュー誕生篇へ
 際し、タイヘイが教えたのが星の名前だったのだ
 と

 不思議なおねえちゃんが連れてきた、不思議な人…

 タイヘイとヒカリの出会いと誤解
 そしてタイヘイが見た、一度きりの叶の料理

 当時、勉強面では鬼と呼ばれても、やっぱりタイヘイはタイヘイだったんですね

ヒカリの…、おにいちゃんっ!

00413
00414
00416
00418
00423
00426
00427
00429
00433
00436
00437
00438
 いえ…、嬉しいです。思い出してくれてありがとう…、お兄ちゃん…!

ばいろんばけもの
 尋常じゃないヒカリに、一旦は譲ったうまるさん、しかしうまるダイブは専売特許!
 ヒカリダイブもまた専売特許!
 と

 なんか…、お母さんって、こんな感じなのかな…?

 前回のダイブは伏線かよ!
 タイへイさん、女子高生二人に引っ張りつかれる事案が発生

 イメージに華がない!

『大丈夫? ここまでで?』『はい、迎えがきますので』

00443
00444
00446
00447
 …またね?

じわり 
 やっぱり独りで帰るヒカリも、「またね?(また来い)」のうまるさん
 妹連合が本当に可愛い一幕だった…
 と

 はいっ♪

 他の子たちが、割と最初からうまるにベタ惚れなのと対照で
 じんわり仲良くなるのが微笑ましい

 やっぱり、ヒカリちゃんの笑顔は素晴らしいね!

次回、早かったもので、もう三ヶ月!

00456

 うまる「もう最終回だね、みんな♪
 きりえ「こうしてみると、早いものです
 シルフィン「まるで、たった三ヶ月ほどしか経ってない気分ですわ♪
 海老名「なんかリアルだね…

 うまる「最後は皆でぇー!
 みんな「「「「またねー!(ですわー!!)」」」」


00449

 今回は・・・

 お兄ちゃんと一緒にお好み焼きを焼いたり、
 海老名ちゃんがお兄ちゃんに
 クリスマスプレゼントをあげたり、
 お正月をみんなで満喫したり、
 叶さんがヒカリちゃんの為に
 お兄ちゃんを家に誘おうと頑張ったり、
 うまるがへそくりを引っ張り出してきたり、

 するよ!


00451
 予告のシルフィン、それ以上いけない!

最終回!
 ヒカリ参戦と、各々の成長が見えた今クールも早いもので最終回
 予告では、再びホットプレート様が大活躍なのか
 お好み焼きが!

 お好み焼きを! 一心不乱のお好み焼きを!!

 早いもので、一期から通算三度目のクリスマスからの
 お正月が待っている!

 きりえちゃん、予告時点でどうしたの!?

ぼんばときりえの歴史的和解、本当に良かった…

00054
 きりえちゃんは怒ってたけど、タイヘイとは違う年上の姿
 ぼんばになでられるうまるを見てると
 幸せを感じます

 直後の「似てなァい!?」「似てない!」も、いい掛け合いだった!

2017年12月17日 干物妹! うまるちゃんR 第11話「うまると星空」

00324
00325
 今回、星空の場面とかでの動きが印象的でした

スタッフ
 脚本:子安秀明
 コンテ&演出:原口浩
 作画監督:小倉寛之 保村成、渡辺舞
 アニメ制作:動画工房
 原作:サンカクヘッド/漫画/集英社
 制作協力:なし

あらすじ
 今回は・・・
 きりえちゃんとボンバーが喧嘩したり、
 きりえちゃんが将来の夢に向かって
 がんばったり、
 きりえちゃんが海老名ちゃんの恋路を
 応援する為に作戦を実行したり、
 ヒカリちゃんとお兄ちゃんの昔の出来事が
 語られたり、

 するよ!

次回最終回! またも年越しを迎えるうまるたちは…?

00282
00284
00305
00389
00392
00395
00400
00088
00166
 学生時代の叶さんホントかわいい。

祝・本場家和解
 一朝一夕では変わらないとはいえ、こうして、面と向かって話せて良かった…
 ぼんば、いっつも妹の心配ばっかしてましたものね
 ある意味タイヘイ以上

 タイヘイの場合、うまるは外面良いからって事もあるんでしょうが

 花咲く海老名ちゃんの恋も
 あっさり満足して、忘れてしまう辺りが微笑ましいというか

 あれ大事故寸前ですよね?!

 次回、第12話「みんなとうまる【最終回】」


 干物妹!うまるちゃん 第3話 簡易感想
 干物妹!うまるちゃん 第4話 簡易感想
 干物妹!うまるちゃん 第5話 簡易感想
 干物妹!うまるちゃん 第6話「うまるの誕生日」
 干物妹!うまるちゃん 第7話「うまるのお兄ちゃん」
 干物妹!うまるちゃん 第8話「うまるとクリスマスと正月」
 干物妹!うまるちゃん 第9話「うまるとバレンタイン」
 干物妹!うまるちゃん 第10話「うまると今と昔々」
 干物妹!うまるちゃん 第11話「うまるの日々」
 干物妹!うまるちゃん 第12話「うまるとみんな(最終回)」


 干物妹! うまるちゃんR 第1話「干物妹の帰還」
 干物妹! うまるちゃんR 第2話「うまるとアレックス」
 干物妹! うまるちゃんR 第3話「うまると友達」
 干物妹! うまるちゃんR 第4話「みんなとパーティー」
 干物妹! うまるちゃんR 第5話「お兄ちゃんの出張」
 干物妹! うまるちゃんR 第6話「うまると夢」
 干物妹! うまるちゃんR 第7話「うまると遊園地」
 干物妹! うまるちゃんR 第8話「うまるとヒカリ」
 干物妹! うまるちゃんR 第9話「干物妹と思い出」
 干物妹! うまるちゃんR 第10話「初めてのみんな」
 干物妹! うまるちゃんR 第11話「うまると星空」
 干物妹! うまるちゃんR 第12話「みんなとうまる【最終回】」


PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
アニメランキング