公式サイト 干物妹! うまるちゃんR 2期 第10話 10話 感想 初めてのみんな レビュー 考察 画像 あらすじ 内容 ネタバレあり 原作未読 22時追記 前回はこちら
我知らず、遠い日の願いを叶えたうまる。願いが現実になっていた海老名ちゃん!

00297
00173
00403
あきたこまち海老名ちゃん可愛い! 前回から、萌米を推して郷土に還元!!
 同じく、相模湖のレトロ街は実在するそうで行ってみたいし
 願いが叶ったシルフィン良かったね!

 また来よう迎えに来るから。って叶わなかった願いを叶えてくれたのね

叶さん完全にタイヘイだこれー!
 うまるが、ヒカリに共感したり、家でフィーバーしたヒカリが怒られるのが微笑ましい!
 叶さん、あのノリでタイヘイに押したら勝てるのに!
 姉妹揃って内弁慶!

 入学式の海老名ちゃん視点、友達になりたい、叶ってた願いが微笑ましい!

現在、高校二年と判明。待ってクリスマス2回やったのに!?

00148
 最終話にかけて、高校卒業騒動かと思ったら気のせいだった!

あらすじ
 UMRはシルフィンに招かれ、初めての彼女の部屋で、同じ趣味を持つ事を知る。
 また、すっかり火曜日通いが定着したヒカリだが
 実は姉の残業日なのだった

 一人ぼっちは寂しいもんな…、うまるは少し心を許し、ヒカリはめっちゃ怒られた

 TSFさんは、UMRさんに、相模湖で十一年越しの願いを叶えて貰い
 海老名ちゃんは赤点寸前だった。

 海老名は、入学時の願いを思い出し、叶っていた事に微笑むのだった

 次回、第11話「うまると星空」

前回でのうまるは、想い出を作る大切さと妹対決!

00000
 タイヘイの為に、どちらが美味しいホットケーキを焼けるか勝負!
 結果、素直に謝ったヒカリが可愛かったり
 海老名ちゃん大沸騰!

 そして前回、お休みしていたゲーセンが営業再開し…?

UMRさん『(秘技、スイーツキャニオンっ!)』

00004
00005
00006
00008
00009
00013
00015
 すごーい!/相変わらず神業だー!!

カミワザ・ワンダ
 珍しくクレーンゲーム失敗…、と思いきや、落ちたお菓子で雪崩を起こした!
 ガンダム的に言えばアヴァランチな技!
 で

 私の部屋にいらっしゃらないでしょうかーっ!
 
 珍しく言いよどむシルフィン
 そういえば劇中、UMRさんがシルフィン家に行く描写ってあんまりなかったですね

 久々の店員さん達、相変わらずテンション高い!

UMR『いってみたいっ!』

00019
00020
 出会ってから早一年、家の庭や書庫には行ったが
 まだ、シルフィンの私室を訪ねたことはなかったらしい
 意外だった!

 UMRさん、相変わらず声がボーイッシュ!

『へー、ここがTSFさんの部屋かー、広いねー?』

00021
00022
00023
00024
00026
00027
00028
00030
 何だか、友達の部屋って思い出がよみがえって楽しいなぁ~

ス「ブ」ライト
 とんでもなく広い和室と、アニメグッズとデカい液晶のミスマッチ感!
 思い出の写真も大切そうに。
 で

 お菓子には、スブライトが合いますわよ♪UMRさんっ

 スプライト派だった!
 和室に、ドンとスプライトを持ってくる勇気!!

 でも、集英社ならコカ・コーラ社から許可とれるだろうに!

『(シルフィンさんも、宴をしていたんだー)』

00034
00037
 スブライトで駄菓子を食べながら、アニメを見るのが楽しみというシルフィン
 この子も、兄に影響されてますものね
 うまるの親近感!

 てっきり、コーラじゃないとダメ!とかケンカになるのかと。

UMR『知ってるー? ポテイトはチョコ系と交互に食べると美味しいんだ~』

00038
00039
00041
00042
00043
00045
00046
00048
00049
00052
00055
 チョコは「タケノコ」じゃないとダメですの?

ゆるゆり
 幸い、キノコ派とタケノコ派の戦争も起こらず、平和な宴が始まるかに思われたが
 無知なシルフィンが爆弾を投下!
 で

 でしたらUMRさんとやってみたいですわ! ポッケーゲーム!!

 無知は罪!
 日本文化、こうやってジャパン文化として海外発信されているんですね…

 やめてくださいしんでしまいます(恥ずかしさで)

『お互いの事をすっごく大事に思ってる二人がやるゲームなんだ!』

00057
 答えに詰まったうまるは、直接説明するのも恥ずかしかったのか
 かなり、遠回りな説明でますます事態を複雑に。
 うまる純情!

 無論シルフィンは、UMRさんが大事な人だと言い切ってしまうし!

UMRさん『私だってそうだけどー!

00061
00063
00065
00066
00069
00070
00071
00073
00074
 そうか…、広い部屋って良いけど、独りで宴するにはちょっと寂しいかも…

大事な人
 結局、ノリで「大事だよ!」と言い合うプレイになり、恥ずかしくなるうまる
 何この新婚みたいなノリ!
 で

 なんだろう…、すっごく恥ずかしい…!

 部屋に友達が来たのは初めて、浮かれていたと謝るシルフィン
 割と恥ずかしがり屋なんですよね…

 この部屋は、宴をやるには広すぎる…!

うまる『あっ…、そうだ! アニメ見ようよっ!!』

00077
00079
00080
00081
 ぉーい! ポッケーゲームしようぜっ!!
 よりによって、めちゃくちゃピンポイント!
 針で通すが如き一点突破!

 さては この子が歳納 京子!!

シルフィン『どんなゲームか気になりますの~♪

00082
00084
00087
00089
00091
00092
 えーと………、だから、出来ないでしょ? ポッケーゲーム……。

ポッケーゲーム
 即ち、一本のポッキーを二人で加えて、同時に食べ進むというリア充ゲーム
 或いは飲み屋の以下省略。
 と

 は、はい! 失礼しましたわ!!

 聞いたことがある…、同姓同士でやると、一種のチキンレースと化す事もあり
 例年死者が出ているという(精神的な意味で)。

 劇中アニメの声がエロかった…!

間違いなく、見切れてるのが主人公だコレ!

00093
 ゆるゆりといえば、本作の監督&制作所コンビの代表作でしたが
 百合コミック誌で連載中の「ゆるい百合」
 16巻は、来年1月発売!

 第3期は制作スタッフ一新、より原作寄りとなって2015年制作。もう2年前か…

おお、いらっしゃいヒカリちゃん!

00094
00095
00097
00098
00099
00100
00102
00104
00106
 今日はナンカレーにしてみたぞ~?

な、ナンだってー!
 すっかり、「パンの日に来る妹」として定着したヒカリと、コアラ状態のうまる
 触感、もっちもちだよ!
 で

 ねえ、叶はここに来てるの知ってるよね?ひゃい!

 この子、黙って来てる…
 ライスもいいですが、ふっくらもっちもちのナンいいよね…。

 明らかに、ナンだけでも美味い奴だコレ!

叶ー!

00109
 実は会社で、「この前、家に帰すのが遅い時間になって」ごめんな?
 ヒカリの姉、叶さんに謝ったところ
 不思議な顔を

 やっぱり、叶さんは可愛いなあ!

叶『ああ…、私、何か貸してたかしら?』

00112
00115
00118
00119
00120
00121
00123
00125
00129
00131
00133
00136
00138
 お姉ちゃん…、火曜はいつも遅いです…、だから夕食はいつも独りで食べました…

事情が事情
 無論、ここぞと外うまるにモードチェンジして責めたが、事情を聞くと矛が鈍った
 独りで食べる寂しさは、うまるにも良く解る
 と

 じゃあ…、しょうがないね。

 こうして、ちょっとずつ距離が縮む二人
 微笑ましいですね

 叶さん、日ごろから残業してる描写多いから…。

ヒカリ『お兄ちゃん、また来ても良いですか…?』

00141
00143
00144
00146
00148
00149
00152
 いや…、無理に毎週来なくてもいいけどね?/来ます…ッ!

来ます(決意)
 ヒカリも、もう断られるかと覚悟したが、うまるが折れた事で受け入れOKに
 心配され「迎えが来ます」と言って帰ったが…
 と

 実は迎えなどなく、独り寂しく、誰もいない家に帰るヒカリ

 姉の残業も本当の事
 腹黒くもなく、めっちゃ健気だった社長令嬢ヒカリさん

 タイヘイの勤め先に住んでるのね

ヒカリ『……♪

00157
00159
00162
00166
00167
00168
00169
00173
00174
00175
00178
00179
 こら! 何してるのヒカリ!!

完全にタイヘイ
 独り、幸福を反芻していたヒカリ、姉・叶が帰って来て無事死亡
 良かった、姉にはバレなかった!
 で

 ウソ仰い! 私が残業する火曜に抜け出してるのはわかってるのよ!

 地球儀ローリング!
 なるほど、確かにうまるさんそっくりだコレ!!

 てか叶は実家(会社)住まいなのか、以前と住環境変わったのか!?

『反対するかと思ったよ~』『べ、別に!

00182
00183
 そろそろバレるかと思いきや、前より仲良くなったうまるであった!
 金剛姉妹も、関係は土間家そっくりなのね
 叶さんめっちゃ姉してる!

 完全にコアラだコレ!

『UMRさん、ここ美容室ではありませんでしたっけ?』

00184
00185
00186
00192
00194
00195
00197
00200
 お気に入りの店が、なくなってしまうのは寂しいですわ~…

想い出の日
 実はシルフィンの昭和レトロな趣味は、6歳の頃、無理に来日した記憶からだった
 当時、惚れこんだ記憶が今も残ってるのだ
 と

 古いゲームセンターに奇麗な湖と大きな白鳥…!

 これもまた“十年前”
 それが好きで再来日したのに、無くなってしまうんじゃ寂しいですよね

 意外なところに原点があった

UMR『いや、あるよ?

00202
00203
 もちろん、どこの風景か分からない、というシルフィンだったが
 うまるは、それはレトロゲーマーの聖地だ
 と一発で看破する

 昭和は既に消え往く景色、十年前の時点なら、既に絞られますものね。

『私、ちょっと怖いですわ。…あの場所が、思い出と違う景色になってたら…』

00204
00206
00209
00210
00211
00213
00214
00216
00218
00219
00220
00222
00225
00226
00227
00228
00233
 安心してTSFさん? 聖地ってのは、変わらないから「聖地」なんだよ!

消えない昭和はそこにある
 聖地は変わらないから聖地! 何て頼もしい言葉でしょうか!!
 すごいぞ!ラピュタは本当にあったんだ!
 と

 まったく同じですわー!?

 想い出は想い出だと「思う」もの。
 大人になり、まったく同じ景色に出会えるって大興奮以外の何物でもないね! 

 相模湖公園は、“観光名所”として活用されているという

これも昔のまんまですわー!

00235
00239
 お店のおばちゃんも同じですわー!には笑いましたが
 際し、シルフィンは“昔の自分”と再会する事に
 と

 昔訪れた場所で、自分と同じ事をする子供を見つける、不思議な感覚ですね

幼女『おにーちゃんっ!

00242
00243
00247
00249
00250
00251
00252
00253
00254
00255
00256
00257
 ボートは、カップルが主に利用してるみたい。

思い出の夕日
 回想、やはり十年前の来日は、シルフィンが兄を恋しがった為で
 当時「帰りたくない」とガン泣きしたのだった
 と

 お兄様に、また会えなくなっちゃいますわー!

 手を差し伸べた兄…!
 しかし、手漕ぎボートや足こぎスワンボートって、めっちゃ懐かしいですね

 確か九州は福岡、「大濠公園」も同様に残っているはず

UMRさん『(カップルの話したら、黙っちゃった…)』

00259
 ボートは兄との思い出、誤解するうまるさんが微笑ましい
 今回、ポッキーゲームだ何だと
 カップルみてーだな!

 Nice boat.…!

UMRさん、ボートに乗りましょう!

00261
00262
00263
00265
00266
00269
00271
00273
00275
 UMRさん、“私を迎えに来てくれて”、ありがとうございますわ!

言いえて妙ですわー!
 正直、貸しボートも「昭和の風景」の延長で、うまるも漕いだことはないという
 でもシルフィンは、UMRさんは何でも知ってるから
 と

 ん…? それをいうなら“連れてきてくれて”じゃない?

 惚れこむ訳よね…
 無自覚に、先のサンタの件同様“とっくに諦めた願い”を叶えるうまる

 何でもは知らないよ、知ってる事だけ!

回想『“また来よう、迎えにいくから♪”

00279
 それきり、果たされる事がなかった兄との約束を、ずっと覚えていた
 日本に来て、昭和の景色がどんどん消えるのを目の当たりにし
 この景色も消えていると思ったら…

 うまるさん、めっちゃヒーローしてる!

私、明日のテストで赤点だったら進級危ないかも…

00284
00287
00291
00293
00297
00298
00299
00300
00303
00304
 そういうことなら、私の出番ですわ…! 勉強会ですわー!!!

勉強(改)
 中間テスト、校舎から察せられる通り、割と名門校らしい荒矢田高校の学力よ!
 進級が危うい海老名ちゃん、シルフィンが立ち上がった! 
 と

 すごいねー…(私は来た事あるんだけど…)

 実家のすんごい書庫
 シルフィンは、これをうまるさんに見せたかったのですわね! ギラギラ!!

 てか「進級」って、サザエさん時空だったの!?

友達と勉強会なんてワクワクしますわ!

00306
 きりえちゃんはツッコむも、これも「学生」定番のイベントだからね!
 そりゃ、シルフィンやってみたかったワケよ
 ノリノリだよ!

 今期、きりえ編→シルフィン編、ってストーリーが移ってきた気がする!

きりえさん『海老名さん…、…普通に出来てるじゃないですか?

00309
00311
00321
00322
00324
00326
00327
00328
 海老名ちゃん、やっぱり本番に弱いんだね…?

本番(意味深)
 当初、学習目標・全科目!とか言い出した海老名ちゃんだが、学力は問題なし
 周りの緊張感に潰されてしまうのだ
 と 

 いつの間にか問題でな゛ぐ秋田さ帰りてえって考えて!

 心が折れてた!
 そして、作画が急激にダメな感じになってきた!!

 相模湖の再現度すっげかったからなー!

きりえ『私は、人を野菜か何かに想像し、頭から排除しています!』

00331
00329
 今明かされたきりえちゃん視点! この子、いつもそんなだったの!?
 この野菜だらけの世界で、キミだけが輝いてた!
 うまるさんすげえ!

 すごいや、まるで農家だ!

うまる『でも、“好きなもの”に喩えるのはリラックスできるかも?』

00332
00334
00335
00338
00341
00345
00346
00349
00350
00357
 それは余計に緊張するかも…/何を想像したのー!?

火事場のクソ力
 より根深い問題だと知った面々は、自分の勉強そっちのけで協力を決意
 海老名ちゃんを困惑させるが…
 と

 皆…、何で?友達だから!!! だよっ!

 これが噂の友情パワー…!
 シルフィンが、うっかり教科を間違えるまではお約束!!

 友達、に照れるきりえちゃん可愛い!

海老名『今日から初めての学校…、どきどきするなぁ

00359
00360
 そこで思い出したのは、入学初日、誰も知り合いが居ない疎外感。 
 兄を探す為、東京の高校を目指したまでは良かったが
 高校生あるある…!

 別の中学でも、「私は×中だよ」と、積極的に話題に使う子もいるんですが…

クラスメイト『あの本場さんって、入学式で暴れてたよね?

00363
00367
00371
00376
00382
00383
00384
00393
 私の名前は橘・シルフィンフォード! このクラスで一番になるプレイヤーですわー!!

海老名ちゃん視点
 当時きりえは、兄・ぼんばをたたき出した事を誤解され、不良として認識されており
 シルフィンは今以上にシルフィンだった 
 と

 勝負ですわエビモリさん!/海老名です…

 人間強度が高すぎる!
 こうして見ると、シルフィンもめっちゃ変わったんですね

 変わってるって意味では今以上だけど!

海老名『(東京だと勝負って当たり前なのかな…?)』

00395
 当時、クラスメイトが避けたきりえ、シルフィンに対しても
 海老名は、一切の悪意を持つことなく
 好感を感じていた

 シルフィンも、当時「勝負して勝つと友達になれる」と、誤解してたんですよね。

シルフィン『決まりましたか?

00403
00408
00411
00413
00414
00415
00418
00420
00425
 超…、お嬢様だべなあ!?

「超」が付いた!?
 無論、勝負しようにも、どうにか「あきたこまち大食い勝負」しか浮かばず
 困っていた海老名ちゃん
 が

 いつか…、この子達とも仲良くなれるべかなぁ…

 真打うまるさん登場!
 シルフィンの興味が、「入学試験トップ」に移って事件は終息

 出会いからしてドタバタすぎるべ!

『海老名ちゃん、大丈夫? ぼーっとしてたみたいだから?』

00440
00445
00446
00447
00448
00449
00452
 なんでもない…、なんでもないから…

時は流れて 
 入学初日、「いつか」と思っていた子達と、今は仲良くなっている
 不思議な感覚に笑い出す海老名
 と

 うまるちゃん、きりえちゃん、シルフィンさん、…勉強しよ?

 ささやくような声が可愛い
 人には、それぞれが持っている視点があって、異なる形に世界が見えている

 うまる達4人、同じ入学式に色んな感想を持ってたのね

では、テスト開始!

00454
00455
00458
00460
00461
00462
00463
00466
00468
 私、もっと、ずっと…、皆と一緒に居たいんだ…!

海老名とみんな
 こうして、集中力が高まった海老名ちゃんは無事試験を突破
 日常はまだまだ続くのだ… 
 と

 皆、クレープでも食べにいかない?

 海老名ちゃんの発想は尊い
 きりえは応援したくなる、シルフィンはツッコミたいというか何というか

 それぞれの視点を感じるエピソードでした

予告・叶さん『いつも、妹のヒカリが大変お世話に…

00472

 叶「いつも、妹のヒカリが大変お世話に…
 うまる「いえ、お気になさらず…
 叶「私達はまだ、今回もまだちゃんと会ってすらいないけどね?
 うまる「こ、今度お茶でも…
 叶「え、ええ…

 うまるさん「気まずい…!」



00473

■#11「うまると星空」
 今回は・・・

 きりえちゃんとボンバーが喧嘩したり、
 きりえちゃんが将来の夢に向かって
 がんばったり、
 きりえちゃんが海老名ちゃんの恋路を
 応援する為に作戦を実行したり、
 ヒカリちゃんとお兄ちゃんの昔の出来事が
 語られたり、

 するよ!



00477
00479
 予告が揃って同じポーズな件。

うまると星空
 予告では、ぼんばときりえが暗い顔したり、タイヘイがえらい悩んだりしてますが
 恋路云々って、スキーにでも行くのでしょうか?
 骨折?

 きりえとボンバーの喧嘩だそうで、だいぶ仲良くなったけど難しいよね…

 タイヘイは、以前「うまるに星空を教えた」と言ってましたが
 ヒカリとうまるを間違えたんですかね?

 二人の幼い頃の部屋が似てたし。

おかしい…! 2回年末年始があったのにまだ2年生だと…!?

00001
00479
 上は第1期8話での年末年始回、下は今期のクリスマス回。

解っちゃいたけど!
 第1期1話で女子高生で、その後2回も歳を越したら3年生になっている…!
 そう思っていた頃が、今回までの私でした…!
 ハハッ!

 いや作中、高校3年にしてはノンビリしてるとは思ってたんですよ!!

 でも、まさかサザエさん時空だったとは、ちょっと驚く回だった! 

2017年12月10日 干物妹! うまるちゃんR 第10話「初めてのみんな」

00041
 制作協力「寿門堂」さん。もはやお約束。

スタッフ
 脚本:野貴光
 コンテ:三原武憲
 演出:守田芸成
 作画監督:金璐浩 上野沙弥佳、松本和志 桜井このみ、飯塚葉子 多田和春、曾我篤史
 アニメ制作:動画工房
 原作:サンカクヘッド/漫画/集英社
 制作協力:寿門堂

あらすじ
 今回は・・・

 シルフィンさんの家でまったり遊んだり、
 みんなで勉強会をしたり、
 シルフィンさんとレトロゲームの聖地に行ったり、
 ヒカリちゃんが家に遊びにきたり、
 海老名ちゃんの秋田の友達との思い出がでたり、

 するよ!

次回、タイヘイとヒカリの過去が語られる…?

00077
00079
00080
00081
00089
00093
00183
 完全に鬼畜こけしゆりゆららららゆるゆり大事件だコレー!?

ゆるゆり!
 シルフィンといい海老名ちゃんとといい、願いが叶ったことが微笑ましい
 後、叶さんの怒涛の怒りっぷり!
 いい姉さん!

 以前、クリスマスのときは独り暮らしっぽかったですが…?

 ヒカリが通っていると知らない叶さん
 そろそろバレて、最終回に向けて話が進むかと思ったけど気のせいだった!!

 次回でヒカリの事情バレ、今期も、うまるの友達バレとかは起きずに終わる…?

 次回、第11話「うまると星空」


 干物妹!うまるちゃん 第3話 簡易感想
 干物妹!うまるちゃん 第4話 簡易感想
 干物妹!うまるちゃん 第5話 簡易感想
 干物妹!うまるちゃん 第6話「うまるの誕生日」
 干物妹!うまるちゃん 第7話「うまるのお兄ちゃん」
 干物妹!うまるちゃん 第8話「うまるとクリスマスと正月」
 干物妹!うまるちゃん 第9話「うまるとバレンタイン」
 干物妹!うまるちゃん 第10話「うまると今と昔々」
 干物妹!うまるちゃん 第11話「うまるの日々」
 干物妹!うまるちゃん 第12話「うまるとみんな(最終回)」


 干物妹! うまるちゃんR 第1話「干物妹の帰還」
 干物妹! うまるちゃんR 第2話「うまるとアレックス」
 干物妹! うまるちゃんR 第3話「うまると友達」
 干物妹! うまるちゃんR 第4話「みんなとパーティー」
 干物妹! うまるちゃんR 第5話「お兄ちゃんの出張」
 干物妹! うまるちゃんR 第6話「うまると夢」
 干物妹! うまるちゃんR 第7話「うまると遊園地」
 干物妹! うまるちゃんR 第8話「うまるとヒカリ」
 干物妹! うまるちゃんR 第9話「干物妹と思い出」
 干物妹! うまるちゃんR 第10話「初めてのみんな」
 干物妹! うまるちゃんR 第11話「うまると星空」
 干物妹! うまるちゃんR 第12話「みんなとうまる【最終回】」


PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
アニメランキング