公式サイト ラブライブ!サンシャイン!! 第2期 第10話 10話 感想 シャイニーを探して レビュー 考察 画像 あらすじ 内容 ネタバレあり 17時追記 前回はこちら
全力協力Saint Snow! 不確定な“Aqours”の未来、確定を祈る鞠莉の願い!!

00509
00510
00158
友情スパルタ理亞ちゃん頼もしい! しれっと厳しい聖良さんに彼女達の日常も感じます
 帰り際、一緒に遊ぶ時間が出来た二人が微笑ましく
 必殺技がんばルビィだった!

 互いを引き止めず、自分で決めた鞠莉達、一期から成長を感じます

Aqoursプラス
 鞠莉も、幼い頃と違い独りでも夜中にでも出歩ける、その象徴が車の免許だと感じました
 冒頭の騒ぎと対になって、どこまでも行けそうな万能感!
 E.T.みたいだった!
 
 ラブライブ関係なく一緒に集まって遊ぶAqours、友情回だった!

鞠莉の願い、いつか必ず、また一緒になれるように

img_12
 今回は、鞠莉たちの願いを「みんなで叶える物語」なのかも…?

Aqoursの願い
 μ'sでの2期10話もお正月回、A-RAISE、そして「みんなで叶える物語」に至る回。
 対し鞠莉の望みを知って、“また一緒に”と頭に置くAqours
 望みを叶えたいって気持ちの始まりか
 
 まだ“輝き”じゃないAqoursが、流れ星へと“みんなで願う物語”だった!

Aqoursの行方、全ては輝きを見つけてから

00238
 今はまだ、考えるより、全力で挑まないと周りに失礼だと先送りに

Aqoursの行方
 今はまだ、春の事を考えたら、別離とか廃校とか暗いイメージで動きが鈍るから。
 ラブライブを全力でやる為、先送りにするのが礼儀だという千歌
 今は楽しい、って大切だと思うけど…?

 輝きを見出し、笑って春を迎える事が出来るのか? 

ED担当は、もちろん鞠莉ィさん!

00570
 何つーか、めっちゃキラキラ動く鞠莉さん! 可愛い!!

あらすじ
 正月、Saint Snowの二人を招き、特訓を受けたAqoursは“気持ちを伝える”大切さを教わる
 残り三ヶ月、イタリア留学を決めた鞠莉は、果南たちとの衝突も覚悟したが
 果南とダイヤも内浦を離れる決意を固めていた

 幼い日に失敗した、“三人一緒に居たい”願いで流れ星を探す鞠莉

 果南の提案でAqoursの面々も誘い
 生憎の雨も、鞠莉の運転、千歌の応援で「願い」を流星群に届ける事が出来た

 いつか必ず、また一緒になれるように、と 

 次回、第11話「浦の星女学院」

前回のラブライブサンシャイン! 担当は善子!!

00000
 私たちの作るライブ、見てくれますか? ルビィと理亞、二人の暗黒儀式!!
 約束されし北の大地にて、儀式の為に二人は奔走
 自分たちの“自立”を見せる為に

 歩みを緩める姉、駆け出していく妹、函館に咲いた姉妹愛だったずら!
 
『お嬢さまぁー!? 鞠莉お嬢さまァぁーーーー!?

00001
00002
00003
00004
00005
00006
00008
00009
00010
00012
00014
 どうするんですの!? 大事になっていますわよ!

シャイニーを探して
 今は昔、使用人たちを半狂乱にさせながら、ダイヤ&果南と飛び出した鞠莉ィさん!
 幼い頃から、大切な事は譲らない性格だったんですね
 で

 いや! 流れ星にお願いできなかったら、きっとダメになっちゃう!!

 星座表をリュックに入れて
 鞠莉たち、子供たちだけで乗ったロープウェイ

 大冒険だったんですね

『もっと星が良く見える場所は…?』『あっち!

00015
 三人は伊豆の国パノラマパークロープウェイで葛城山の山頂へ!
 沼津から繋がる、452mもの高さにある場所
 空中公園の山頂展望台!

 幼い彼女達にとって、“世界で一番空が近い”場所へ!

『そんな…』『これで確かめなきゃ、まだわかんないよっ!

00016
00017
00019
00020
00022
00023
00024
 雨…/そんな!? これじゃ、お祈りできませんわ! これじゃ……

鞠莉の空
 しかし生憎の曇り空、山頂展望台まで登った所で、雨まで降り出してしまった
 せっかく、親の目を振り切ってきたのに…
 と

 きたのに…、せっかくきたのに…

 流れ星に願おう!
 この時も、鞠莉たちの“冒険”は失敗に終わってしまった

 思えば第一次Aqours、廃校問題、鞠莉さんは挫折の連続かもしれません

果南『泣かないで、ほらっ!』

00029
00030
 これで大丈夫っ! でも勇気付けたのが果南
 まったく解決策じゃない、けど八方塞がりな状況に
 精一杯に頭をひねったアイデア

 一年時、鞠莉の将来の為、“弱虫”の振りしてまでAqoursを解散させたみたいに

果南『…これでだいじょうぶっ!』

00031
00032
 ずっと一緒にいられますように…

宝物
 当時鞠莉が願い、今も願っているのは一つ、一緒にいられますようにと…。
 きっと、思い出す度に泣けてしまう宝物
 当時、確かに失敗した。

 でも大事なのは、果南もダイヤも「一緒にいたい」と願ってくれた事なんだと思います
 
そしてOP明けのしいたけこんちくしょうである

00033
00034
 犬って、上に何か乗っけても微動だにしない事ってあるよね…。
 ちなみにコレ、バンドで留めてるわけでもなく
 ホントに載ってるだけ!

 千歌ちーマジみかん

千歌『……ふんっ!

00035
00037
00039
00040
00041
00042
00045
00046
00048
00049
00051
00055
 じゃーん! あけましておめでとうございますっ!!

お年玉を要求する!
 一転して、千歌のひどい動物虐待を見た! しいたけホント大人しいな!!
 ただし梨子ちゃん相手を除く!
 で

 お正月で・す・よ・NE!

 最近シリアス続いたからなぁ…
 という訳でもなく、いつものように冒頭からボケ倒していく千歌ちー

 書初め、からの家族総スルー劇場!

千歌『一応、学生の間は頂けるのが一般的と聞いたことがありますし…』

00058
 今年で高校三年ですが…、と強調しつつ、珍しく理詰めで攻める千歌
 いわゆる我田引水である
 そう三年!

 ボケつつ、大事なキーワードを忘れない子!

千歌の母『わかってるわよ?

00061
00063
00064
00065
00066
00067
00069
00070
 まだ貰う気だったの?/梨子ちゃん、もう要らないってご両親に言ったらしいわよ~?

違う、そうじゃない
 お年玉? たまにしか出てこない母(cv釘宮理恵)に、姉に翻弄される千歌!
 さすが梨子ちゃん、出来た子である!
 が

 他所は他所、ウチはウチでしょっ!

 まあ死活問題ですものね
 お年玉が入ったら、アレもしたいコレもしたいと思うもの

 しかし母さん、これが経産婦だと…!?

『いーい! 諦めたわけじゃないからね!!』

00072
00073
 傘に達磨にバランスボール! はぐらかされた千歌は
 マッカーサー元帥のように戻ってくると誓い
 しいたけにオン!

 この犬、まったく動じないな!

高海 美渡『何で強気なんだか…

00075
 お正月からラブライブ! 練習に飛び出していった末娘に呆れる家族
 諦めずに続ける、愛娘に母さんもニッコリ
 諦めないのが千歌の魔法だ!

 しかし3人とも、メインヒロイン級声優なのよねコレ!!

善子『昨日はリトルデーモンの集い! 正月生放送があったのっ』

00076
00077
00081
00082
00088
00090
00092
 あけましておめでとうございます♪/ぅわ本当に来た!?

ようこそ!
 正月からマメな善子はともかく、まさかのSaint Snow続投!!
 来たよ、北海道から!
 で

 では皆さん、明けましておめでとうございまーすっ!

 理亞も呆れる華やかさ!
 練習だというのに、着物で揃っていたAqoursだった…、と!!

 何という事、着物とポーズに性格出てる!

千歌『……ぅう寒い……』

00093
 でもまあ当然、練習スタートとなると着替えざるをえない
 現実は残酷である(寒い)。
 と

 だが案ずる事はないぞ、この着物は今後グッズ制作で活かされるのだ…!

理亞『アンタたち、やる気あんのっ!

00094
00096
00097
00098
00100
00104
 晴れ着で練習ができるかーい!/良い学校ですね…

坂の上の理亞
 ツッコミに忙しい理亞と、同じ坂の上の学校なのかと共感を覚える聖良
 理亞ちゃん、性格変わったねアンタ!
 が

 でも、無くなっちゃうんだけどね?

 あっけらかんと応える曜
 というかAqoursに関し、割と詳しい聖良たちでも知らなかったんですね

 その点、もっと推してれば願書も集まったのか…?

鞠莉『今年の春、統廃合になるの。だからここは三月でTHE END♪』

00106
 一番辛いであろう鞠莉が、一番明るく言ってのけるの図。
 こういうところ、損な性分ですね
 見た目に華やかですし

 ジ・エンド、ってそんなガンダム ジエンドみたいな…。

聖良『でも、ラブライブで頑張って生徒が集まれば…!』

00108
00109
00110
00111
00112
00113
00117
 ですよね…、私達もそう思って、ずっと頑張ってきたんですけど。

頑張れば
 もちろんSaint Snowも、μ'sの伝説のように「頑張れば」と言いかけるが
 千歌の返答で察したようだった
 と

 そうだったんですか…

 特に思うところある理亞
 TOKYOで、レベルの低いパフォーマンスをした千歌たちを罵倒してますものね

 千歌たちも最初から本気だった、と伝わった瞬間か。

でもね、学校の皆が言ってくれたんだっ!

00119
 ラブライブで優勝し、学校の名前を残して欲しい。改めて“動機”へ!
 Saint Snow編で、一旦中断したテーマを
 再び強調する千歌

 全員が全員、もう迷っていないのが清々しくも切ない

聖良『最高の仲間じゃないですか! 素敵ですっ』

00120
00123
00124
00127
00132
00133
00134
00136
 じゃあ…、遠慮しないよ!

マジですか!
 事情を知り、容赦なく鍛えなおす事で協力しようという理亞、この迫力!
 この子、いい顔するようになったな! 
 で

 マジ!?/まじ!/マジずら?/マジずら!

 卓抜した身体能力を持つ理亞
 仲良しの一年ですが、フィジカルでは月とスッポンなんですよね

 理亞は、体力面では果南タイプだから!

鞠莉『こうして時って、進んでいくんだね…!

00138
 鞠莉は、廃校を受け容れた面々に、「時」を感じたのでしょうか。
 何を言っているのかと、首を傾げるダイヤたち
 果たして鞠莉の表情は…

 刻が未来に進むと 誰が決めたのか

聖良『…お正月ですからねー、皆さん

00141
00143
00144
00146
00149
00153
 随分、身体が鈍ってるって事よっ!

Wake Up, Girls!
 地区予選まで必死だったAqoursだが、冒頭の通り、すっかり気が緩んでしまったのだ
 この程度では、Saint Snow基準に値しない!
 と
 
 校門まで坂道ダッシュして、校舎を三周してきてくれますか?

 軽く言われた!
 今、すっげー軽く聖良さんに言われた!!!

 日頃、どんだけ修行してんの!?

理亞『さっき言ったよ? 遠慮しないって♪

00155
 まずは、冬眠のクマよろしく、眠ってしまった身体を起こすこと!
 その為には、身体を苛めるのが近道ってワケね!
 千歌道ってワケね!

 思い出すんだ、飢えた狼だったあの頃を!

聖良『はい、スタートです♪

00157
00158
00159
00161
00162
00163
00164
00165
00169
 こんな調子で、決勝なんて大丈夫なのかなー…/イケると思いますよ?

太鼓判を押す為に
 体力はないが見込みはある! 聖良は、Aqoursの意気込みを高く買っており
 それをステージで伝える事が勝機になるはずだ
 と

 今の皆さんの気持ちが伝わればきっと…、素晴らしいステージになると思います!

 ステージって、不思議と観客へ気持ちが伝わるもの
 清々しい言葉だと思う!

 そして果南さん、清々しいパワー!

ルビィ『鞠莉ちゃんは?』

00173
 しかし鞠莉が姿を消す、さてはサボったのかと思いきや
 いつものように、親から話があるという事で
 席を外していたのだった

 もしや統廃合回避? とか想ってしまう辺り、まだまだ未練酒…!

ダイヤさん『理事ィ!?

00176
00177
00179
00181
00182
00185
00188
00189
00191
 理事って…?/鞠莉ちゃん、浦の星の理事長さんでもあるのー/ぇえ゛!?

【速報】理事長続投
 統合後、沼津の校舎へ移る不安を抑える為、理事長は鞠莉が務めて欲しいというのだ
 無論、「生徒」としては卒業へ
 が 

 鞠莉ちゃんも学校に? Aqoursも続けられるっ?

 四月からも一緒だ!
 浮き立つ千歌、いやそれじゃ留年みたいだから!!

 てか、果南さん出席大丈夫?!

鞠莉『大丈夫、断ったから♪

00195
00196

 大丈夫、断ったから♪
 理事には、ならないよ?
 わたしね?

 この学校を卒業したら、パパが勧めるイタリアの大学に通うの

 だから、あと三ヶ月! ここに居られるのも!!



00197
00198
00199
00200
00201
00203
 鞠莉は、妙にさっぱりした口調で理事にはならないと断言

【速報】理事長辞退
 浦の星卒業後、イタリアの大学へ、文字通り「ここ」には後三ヶ月だと。
 廃校問題も、誰より最初に持ち込んで悩み
 学校を愛してきた鞠莉

 そのさっぱりした物言いは、Aqoursに不思議な沈黙をもたらす事に

 これからも一緒だ、そう思った千歌は一番の衝撃に…。

…ではっ!

00204
 こちらも意外や、すぐに帰宅となったSaint Snowだったが
 実は、姉と二人で遊園地に行く事になっているらしい
 姉妹には貴重な平穏なのね

※と、バラしたルビィは、理亞にめちゃくちゃ怒られた。

『これ、姉さまと二人で考えた練習メニューっ』

00211
00214
00216
00218
00222
00223
00225
00227
00230
 優勝するんでしょ? そのくらいやらなきゃ/ただの思い出作りじゃないんでしょ?

大魔神
 無論、練習メニューは厳しかったが、思い込んだら試練の道をという奴だ!
 ただの「私達の思い出♪」とかじゃないのだから
 と

 がんば…、ルビィっ!

 さっきの合同練習にしても
 一緒に走ったらしい、Saint Snow(と果南)は息も切らしていませんでした

 基礎体力は、演技中の集中力にも繋がりますものね

理亞『…なにそれ?

00233
 ルビィちゃんの必殺技ずら~♪ とはずら丸の談
 理亞ちゃん、そこは知らなかったのね
 過去最高にがんばルビィ!

 理亞ちゃん、ガチで呆れててこんなん笑うわ!

善子『技だったの!?

00234
00236
00238
00239
00242
00243
00244
00245
00246
 そうね…、きっとそうなるのかもなーって、どこかでは思ってたけど…

オマツリノオワリ
 鞠莉の言葉は、“Aqours”と浦の星の終わりが近い、と否応なしに意識させた
 当たり前は、当たり前でなくなってしまうのだ
 と

 春になったら…、もう皆と学校帰ったり、バス亭で皆とバイバイしたりもなくなって…

 かけがえない“当たり前”の終わり
 校舎や制服さえ。

 私も高校三年、冒頭では冗談めかした言葉も、今思えば重い。

梨子『Aqoursは…、どうなるの?』

00250
 波打ち際初めて見た時のように、砂浜に名を書く千歌
 三年が卒業したら、Aqoursはどうなるのか?
 千歌は考えていない

 敢えて、考えないようにしているという。

『何かね、…決勝で結果が出るまでは、その先の事は考えちゃいけない気がするんだ』

00253
00256
00259
00263
00264
00265
 全身全霊、全ての思いを懸けて、ラブライブ決勝に出て優勝して…!

千歌の礼儀
 決勝が終わればすぐ卒業式、だが今は、全身全霊全てをラブライブに注ぐこと
 それが皆、そして卒業する3人への礼儀だと思うから
 と

 学校の皆と卒業する鞠莉ちゃん、果南ちゃん、ダイヤさんに対する礼儀だと思う

 全てを懸け“輝き”を見つける!
 それこそが、皆とダイヤさん達への礼儀だという千歌。ダイヤさん達への!

 黄昏の決意が美しい

千歌『…何!?

00271
00273
 今、波打ち際に書いた「Aqours」がすぐ波で消えるように
 春になったら、どうなるかは自明の理だから
 先を考えることは鬼門

 背を押してくれた人達、一緒に歩く仲間への礼儀の為!

曜『だいさんせーい!

00275
00278
00281
00284
00285
 以前は、千歌が梨子と仲良くする事に悩んでた曜、この子も前向きだ!

先を見据えて
 同じく、冒頭では「ずっと一緒に」の願いを込めた、流れ星の星見盤を手に。
 自ら、別々の進路へ踏み出す鞠莉
 感慨は深い

 メンバーが欠けたらどうするか、Aqoursは保留なんですね

 μ'sの例もありますが、Saint Snowも解散再結成したし…?

ここのトンネル、久しぶりですNE~♪

00287
 ダイヤと果南に呼び出された鞠莉、てっきり引き止められるとか
 或いは、独りで勝手に決めた事を怒られる…
 と思っていた

 だが「一年前ならそうしたかも」と、二人は首を振った

果南『話しとこうと思って?

00289
00291
00293
00294
00296
00297
00298
00299
00300
00301
 卒業したら…、三人、ばらばら。

星の願いは
 悪ぶってみせる鞠莉だったが、ダイヤは東京の大学へ推薦が決まり
 果南も、海外でダイビングのインストラクターの資格へ
 と

 ここには誰も残らず、簡単には会えない事になりますわね?

 鞠莉も嫌われる覚悟はあった
 しかし、もう内浦に戻っていても再会する事は出来ないのだ、と。

 ダイヤも果南も、自分の夢を追うのだ。

鞠莉『そう?

00304
00306
 三人とも、相談することなく自分で決めていた事に呆れる果南
 一年での解散騒動は、要は「それぞれ自分独りで決めた」事が
 長い喧嘩を引き起こしました

 鞠莉は、同様に悪者ぶろうとしたけど、とっくに見抜かれたんですね

果南『ハグ、しよ?

00307
00313
00315
00317
00320
00321
00326
00327
00328
00329
00330
00331
00332
00334
00337
 今考えると、親御さんのご苦労が解りますわ

ずっと一緒に
 もう口で相談する必要はなんてない、解りあった三人は幸せなハグをし
 鞠莉の部屋が、最上階な理由を思い出します
 と

 だって、二人と遊んじゃダメなんて言うんだもん♪

 遊ぶ為に抜け出した鞠莉
 一階でも二階でも…、遂に最上階に住むことになってしまった鞠莉

 親御さんも、それじゃますます頑なだよ!

まり『ぱぱもままも、かんどうしますっ!

00340
00343
00345
 勢い余った鞠莉は、遊ばせてくれないと親子の縁を切ると脅迫!
 また、当人は忘れて呆れるも
 入れ知恵はダイヤ!

 まーた、ダイヤさんがホクロで照れ隠ししてるー!

『…でも、楽しかった! everyday何か新しい事が起きていた。…一度しか言わないから』

00348
00350
00354
00355
00356

 でも、楽しかった! everyday何か新しい事が起きていた。
 一度しか言わないから良く聞いて?

 私は果南とダイヤに会って、色んな事を教わったよ

 世界が広いこと
 友達といると、時間が経つのも忘れるほど楽しいこと!
 ケンカの仕方に
 仲直りの仕方

 二人が外に連れ出してくれなかったら、私はまだ、一つも知らないままだった
 ずっとあの部屋から、出てこられなかった

 あの日から
 三人いれば、何でも出来るって!
 今の気持ちがあれば、大丈夫だって、そう思えた!

 センキュー!


00357
00358
00361
00364
00366
00367
00369
00374
00376
00377
00378
 え…? 雨、ですわ?/またぁ!? まったくダイヤは!

雨が降るタイミング
 小学生の頃、転校してきた鞠莉に、果南とダイヤから歩みより友達になった
 以来、たくさんの事を教わったんだ
 が

 もしかしたら、神さまが願いを叶えさせたくないのかもしれませんわね?

 ザ・誰が雨女か!
 冒頭を思い出し、お互いに、お互いが雨女だと囃す三年トリオ

 訴えるよ! 訴えて勝つよ!!

鞠莉『そんな、心の狭い神様は勘当デース!

00385
 流れ星の星座盤、鞠莉が“あの日の願い”を繰り返したいと悟った二人は
 再度の雨に、「神さまが拒否ってる」と結論
 そりゃ勘当だよ!

 とんでもねえ、鞠莉さんは神の子だよ!
 
果南『これで、終わりで良いの? …あたしはイヤだな』

00387
00393
00394
00395
00396
00398
 三人いれば何でも出来るって思ったんでしょ? ならやってみなきゃっ!

シャイニーを探して
 ひとしきり笑った三人、だが今度は、神さまのいじわる如きに負けていいはずがない
 出来ると思って、やって見なきゃ?
 と 

 探しに行こうよ、私達の“星”を!/私達だけの…、星!

 三人いれば何でも出来る
 まずは「出来る」と思い、行動する事が大事なのは、何度でも描かれてきたこと

 予選の時、千歌が諦めずに特訓し続けたように

千歌『おー! お年玉ァ!!

00400
00402
00404
00405
00407
00410
00411
00414
00415
00418
00419
00420
00422
00424
00426
00431
 おかーさんは?/東京~/そうそう、これ、母さんから千歌ちゃんにって?

ラブライブ全面協力!
 一方、その「星」の要はお年玉を貰い、貰おうとして旅館中を走り回った末
 感動を贈られていた…!
 と

 皆…、ありがとう

 いい話かなー…?
 結局、現金とお父さんの顔は出てこないソリューション!

 母さんってば、いたずら好きすぎィ!

千歌ー? ちょっと出かけない?』

00434
00436
 ここで果南が呼びにきたが、雨は夜更け過ぎに本降りへと変わっていた
 サイレントとは言い難い夜、困惑する千歌だったが
 果南先輩は、既に準備万端!

 行動力のある果南!
 
千歌『どーしたの!?

00437
00438
00440
00442
00443
00445
00447
00448
 とりあえず、夜のドライブ!

デスドライブ航法
 無論、いつものように引っ張り出されていたAqours、夜間行軍の多い面々!
 善子などは、今夜もネット配信するのにと愚痴る
 が

 くっくっく、ここから始まるのかデスドライブが!

 この善子ノリノリである
 もちろん、寺の子に突っ込まれるが、あながち間違ってないから怖い!

 遅れてきた千歌は、梨子たちの引きつった顔にご対面…!

千歌『お待たせ~♪ あれ?』

00450
 準備オーライ! さっきの荒っぽい運転は、鞠莉の運転だった!
 海外行きに備え、誕生日にとっていたという
 鞠莉さん行動力高ェ!

 絶対に同乗したくないタイプ!

鞠莉『もう、すっかり慣れてるから心配しないでねー』

00451
00454
00459
00460
00462
00465
00467
00469
00471
00472
00473
00474
00475
00476
00479
 それにしても、まさか鞠莉の運転する車の助手席に座る日が来るとはねー

ミステリードライブ
 かくて、エンストから始まった行き先不明のミステリードライブ、運転は怪しかったが
 果南には、ダイヤより安心とか言われる始末!
 で

 まあ、ダイヤが運転してるよりは安心かー

 お互い様の果南である。
 慎重すぎなダイヤ、大雑把なのは間違いない果南、どっちに転んでも地獄!

 とまれ今回、初めての“目的のない遊び”

ダイヤ『…九人がいい、って』

00480
00481
 いつも、ラブライブの為だ何だとやってきたけど、今回は三年達の“遊び”。
 でも鞠莉たちは、だからこそ千歌達を連れてきた
 九人で過ごしたい
 と

 三人は楽しい、九人いればもっと楽しい! 3倍増しのウォーズマン理論!!
 
千歌『あっ…、星! 鞠莉ちゃん!!

00486
00488
00489
00490
00492
00496
00504
00505
00506
00507
00509
00510
00511
00514
00515
00517
00518
00519
 雨…、ですわね/何をお祈りするつもりだった?/…これから離れ離れになるのに?

幻想と現実
 厚い雲、雨が降っているのに、星が見えたという千歌に従い「星」を追う鞠莉
 雲の上へ行ければ、雨なんて関係ないのに!
 が

 いつか必ず、また一緒になれるようにって!

 現実は標高800m
 空の上まで行ける気がしても、現実は西伊豆スカイライン

 鞠莉は、“また一緒に”と願いたかった

鞠莉『…でも、無理なのかな?

00523
 これから離れ離れになる「から」、だから再会できるよう祈る
 いつか必ず、また一緒になれるように
 と

 現実を受け容れ、また「いつか必ず」と希望を持つ為に

千歌『なれるよっ! 絶対一緒になれるって信じてる!!』

00528
00533
00535
00536

 この雨だって、全部流れ落ちたら、必ず星が見えるよ
 だから、晴れるまで!
 もっと!

 もっと遊ぼう!


00539
00540
00541
00542
00543
 晴れなかったら、神さまも勘当デース!

明けない空は
 昔と同じように諦めようとした鞠莉、でも今度は、もう追ってくる家族はいない
 止むまで、待っている事が出来るから
 と

 あはははははははははっ♪

 トラウマがある3年生
 でも千歌は、その思い出がないから「晴れるまで遊ぼう」と提案できる

 遊ぶのは楽しい、遊んで待てばいいってワケだ!

…はあああああああ!

00544
 結果、ホントに晴れてしまうのは、μ'sでの2期1話を連想させ
 まるで、スクールアイドルなら晴れを呼べる!
 みたいな印象に!

 天候操作など、スクールアイドルの基本!(※μ'sはめちゃくちゃ雪に悩みました)。

『すごい…、本当に晴れた!』

00548
00552
00553
00555
00558
00559
00560
00561
00562
 あぅ…、堕天使?/な・が・れ・ぼ・し、ずらっ!/あ、また!

願い叶え給え
 山の天気は変わりやすいですが、本当に晴れて、今度こそ流星に出会った鞠莉
 彼女の願いは叶うのでしょうか
 と

 見つかりますように…、私達だけの輝きが、見つかりますように

 千歌も「輝き」を願う
 輝きが見つかれば、Aqoursの将来も定まる決めてかかってますが…?

 もたれて眠るメンバーが美しかった…!

次回、“浦の星女学院”。統廃合前、最後のひと時…?

00574
00575
 次回、ルビィのカッコからして、「最後の学園祭」でもやるのかしら?

浦の星女学院
 今回、統廃合問題を改めて提示、廃校を受け容れ前に進むAqours
 でも咄嗟に、「もしかして?」って思ってしまったように
 まだ未練もあって。

 予告、「学園祭しよう!」と3人が言い出して、その承認を貰ったってコント?

 ルビィちゃんのセンスが古い!
 でも彼女が、人前でコント55号をするというなら、それは立派な成長だ!!

 ていうか、○×だからクイズですかね?


00000
 次回、呼びかける曜ちゃんが可愛い。さて何を? というか夜間外出多いな!

ラブライブの先は
 上の台詞は、千歌でなく、μ's第2期11話での希のもの。やはり重なるテーマ。
 千歌は、考えないようにしようって言いましたが
 考えを変える前振り?

 2期11話、μ'sの時も素敵な回でしたが、Aqoursの場合は…?

第1期では、悪い顔をして黒幕ブラックだった頃もある鞠莉さん

00289
00293
00294
 自分を引きとめるつもりなの? と悪い顔をした鞠莉ですが…。

ハグライブ!
 一期の頃は、統廃合を知り、果南とダイヤを焚きつけAqours復活を図った鞠莉
 でも果南とダイヤ、実は鞠莉に黙っていたことがあって
 第1期9話にようやく和解へ

 あの頃みたいに、悪ぶった感じの鞠莉ちょっと懐かしい

 大喧嘩したのが懐かしいですね
 けど今回は、果南とダイヤも、最初から分かってた感じなのが微笑ましかったです

 鞠莉がそんな顔しても、もう解ってるよみたいな

仲直りする際に、大喧嘩した二人ですが

00330
 一年生の頃、鞠莉は「果南がプレッシャーに負けて歌えなくなった」と思い気遣った

自分で考え/誰かの為に
 果南は、鞠莉がそう捉える事を見越して、Aqoursを解散させる為に一芝居を打った
 Aqoursを続けたら、鞠莉は留学できなくなってしまい
 未来が閉ざされるから

 果南の為に、鞠莉の為に、互いを気遣って仲違いした二人

 お互い、相手の真意に気付けなかったのが問題でした

そんな当時、「果南の知らなかった事」がまた愛でした

00330
00329
 和解の時も雨、鞠莉のエピソードて雨に絡むんですよね

たった一言
 鞠莉自身は、自分の将来とか留学とか、そんなの全部どうでもいいと思ってた
 あの果南が歌えなくなった、その事がショックで心配だった
 と

 私が…、果南を思う気持ちを、甘く見ないで!

 あの妙な迫力が今も印象的です
 果南は、自分が「歌えない弱虫」の振りすれば鞠莉は呆れ、留学に行くと思ってた

 でも呆れるどころか、めちゃくちゃ心配してたんだよって。

ちゃんと話して、相談して欲しい。そう願った当時の二人

00315
00321
 あの頃は、互いの気持ちが解らず、邪推したのが問題なんだと思います

信じられる
 互いを信頼し、「ダイヤが」「果南が」「鞠莉が」、自分で決めた事なら信じられる
 きっと、ダイヤが決めたことなら間違いはないみたいに 
 互いの決断を信じられる

 今回の、さばしばした態度に、互いへの信頼が見える気がしました

たとえば鞠莉の場合

00299
 一年の頃、「鞠莉は留学して、可能性を広げるべきだ」と果南が尽力してくれた
 留学を選んだのは、そう信じてくれた果南に応えたい
 そんな気持ちがあった気がします

 今度こそ本腰入れて取り組んでみたい、みたいな。

余談ですが、一期のダイヤさんは嫁に出しまくりでしたね!と

00307
 和解した果南と鞠莉が、改めてスクールアイドルを目指すと決めた時
 千歌へ、「あの子達、ああ見て繊細だから」と頼み込んでました
 と完全に「嫁に出す」立場

 そこで千歌に、ルビィに巻き込まれて、自分もAqoursに参加したシーンが今も好きです。

だから、やっぱり「ダイヤさん」が好き

00300
 今回、千歌と梨子も、改めて「ダイヤさん」と呼んでいましたけれど
 根っから姉気質で、周りを見守ってる感じなんですよね
 自分の事は後回しで

 ダイヤさんが、自分たちを見ててくれるから安心できる、先日の千歌の言葉を思い出します。

幼さが、離れ離れを恐れることなら

00029
 幼い頃の鞠莉たちが、離れ離れになるのを恐れたエピソードに始まり
 成長した彼女達は、離れ離れになる事を恐れない
 離れても繋がっているから

 離れても平気、だって繋がりを信じられる、そんな成長を描いた回だった気がします

実際、子供の頃の友達って、離れ離れになったらそれっきりかも

00022
00023
 離れ離れになったら、もう友達じゃなくなってしまう、そんな恐れ。

幼ともだち
 そういえば、今期ちょうどJust Because!で全く同じテーマを扱ってますね
 転校や進学、私達、ずっと友達だよ!と連絡しあっても
 ほどなくして音信不通

 幼稚園や小学校、割と誰もが覚えがある事じゃないかなって私は思います

 翻って、今の友達、出来た縁を大切にしましょうねって。
 そんなテーマなのかなって。

※余談ですが、育児&食事漫画「甘々と稲妻」も、最新9巻で、親視点から扱ってます。

ずっと一緒にいようから、いつか必ず、また一緒になろう!へ

00552
 中学高校大学と、先に進む連れ、自分の夢に向いた進路へ絞られます
 幼い頃は知らなかったから、ずっと一緒にいたいと願った
 けれど人はいつか別れるもの

 だから鞠莉は願う、「いつか必ず、また一緒になろう」ってね!

鞠莉はもう一人で自在に泳げるのだ

00460
00504
00510
 出発時に、いきなりエンストした車! 梨子ちゃん可愛い!!

鞠莉と車
 冒頭、使用人(?)を半狂乱にさせて、家から大脱走マーチした鞠莉さんですが
 その彼女が、自分で車を操って自在に走る姿も
 成長を感じた!

 車があればどこまでもいける! それこそ雲の上だろうと…!!

 車や自転車で!
 初めて、乗り物を手に入れたときの万能感みたいなの思いだした!

 いや鞠莉さん親の金だけどね! でもさ!!

すっごい、映画E.T.だったけど何か解る!!

00511
 車を手にした万能感、夜の道路の非日常感
 仲間とわいわい騒ぐ楽しさ!
 と

 ファンタジックだったけど、何か「解る!」って気がする演出だった!!

ずっと一緒にいこう! 願った鞠莉ィの大冒険!!

00002
 冒頭回想から、「本気をぶつけあって、手に入れよう未来を!」ってOPへ
 幼い鞠莉は、一緒に居られる未来が欲しくて無茶した
 本気で頑張った!

 今回も、OPと内容がめっちゃシンクロしてた!

実際、そんな無茶した共通体験があったから

00017
00030
 星に願いは届けられなかったけど、「一緒に居たい」気持ちが明確に
 はっきりした、共通の思い出になって残って
 今の3人に、確かに続いてる
 そう感じます

 後、冒頭は伊豆の国パノラマパークだそうですよ! 美しかったですね!!

鞠莉『こうして時って、進んでいくんだね…!

00136
00138
 廃校を受け入れたみんなの姿に、「時は進む」と言った鞠莉

君は刻の涙を見る
 思えば、鞠莉も既に留学を選んで、「進路ばらばらでも恐れない」と決めた後
 失うこと、ばらばらになってしまう事を恐れない
 時が進むってそういう事

 そう感じました。

Saint Snowとも一段落、理亞ちゃん可愛かった!

00157
00155
00230
 聖良さん、さらっと校舎3周とか言ったけど、自分も日頃やってんだろな的な。

Saint Snow
 とにかく、理亞ちゃんのツッコミ連発が微笑ましい回だったし
 浦の星廃校、Aqoursの本気度を知って
 ばつが悪そうにしてたり。

 締めのがんばルビィ(理亞初体験)まで、仲間っていいなって思えた!!

 CGわざわざ作った為、また最終回も一緒にやるんじゃないかって思う!

2017年12月9日 ラブライブ!サンシャイン!! 2期 第10話「シャイニーを探して」

00236
00238
00239
00244
 Aqoursの行方は…? この場面のリリーさん美しい

スタッフ
 脚本:花田十輝(シリーズ構成)
 絵コンテ:誌村宏明
 演出:居村健治、志賀翔子
 作画監督:井元一彰、酒井香澄、志賀道憲、山内尚樹、山中正博
 ライブ作画監督:なし
 総作画監督:佐野恵一、平山円、藤井智之、室田雄平
 アニメ制作:サンライズ
 原作:メディアミックス作品/オリジナルストーリー
 制作協力:なし

あらすじ
 ?

次回、μ'sも“自分たちで決めた”第2期11話へ!

00218
00222
00225
00227
00230
00233
00564
00566
00567
00568
00570
 今回のエンディングは、もちろん三年トリオ!

みんなで叶える物語
 幼い日も、今も「鞠莉の願い」を知ったからには、ダイヤ達も叶えようとしたろうし
 またAqoursm、「また一緒に」って願いを知った事で
 頭の片隅に置くはず

 鞠莉の願いは、みんなに知られ、みんなが叶えようって思うものに

 ラストに奇跡を起こしたけれど!
 でもああやって、願いを口に出して共有する事が、大切なんだろうなって感じました

 次のサブタイ、今回強調されたとおり廃校問題に…?

 次回、第11話「浦の星女学院」

ラブライブ! 2期 2014年4月 春アニメ

 2期 ♯1「もう一度ラブライブ!」
 2期 ♯2「優勝をめざして!」
 2期 ♯3「ユメノトビラ」
 2期 ♯4「宇宙No.1アイドル」
 2期 ♯5「新しいわたし」
 2期 ♯6「ハッピーハロウィーン」
 2期 ♯7「なんとかしなきゃ!」.
 2期 ♯8「私の望み」
 2期 ♯9「心のメロディ」
 2期 ♯10「μ's」
 2期 ♯11「私たちが決めたこと」
 2期 ♯12「ラストライブ」
 2期 最終話「叶え! みんなの夢――」


 ラブライブ!サンシャイン!! 第1話「輝きたい!」
 ラブライブ!サンシャイン!! 第2話「転校生をつかまえろ!」
 ラブライブ!サンシャイン!! 第3話「ファーストステップ」
 ラブライブ!サンシャイン!! 第4話「ふたりのキモチ」
 ラブライブ!サンシャイン!! 第5話「ヨハネ堕天」
 ラブライブ!サンシャイン!! 第6話「PVを作ろう」
 ラブライブ!サンシャイン!! 第7話「TOKYO」
 ラブライブ!サンシャイン!! 第8話「くやしくないの?」
 ラブライブ!サンシャイン!! 第9話「未熟DREAMER」
 ラブライブ!サンシャイン!! 第10話「シャイ煮はじめました」
 ラブライブ!サンシャイン!! 第11話「友情ヨーソロー」
 ラブライブ!サンシャイン!! 第12話「はばたきのとき」
 ラブライブ!サンシャイン!! 第13話 最終話「サンシャイン!!」


 ラブライブ!サンシャイン!! 2期 第1話「ネクストステップ」、2年生トリオ、高海 千歌。
 ラブライブ!サンシャイン!! 2期 第2話「雨の音」、Aqours、国木田 花丸。
 ラブライブ!サンシャイン!! 2期 第3話「虹」、MY舞☆TONIGHT、君のこころは輝いてるかい?
 ラブライブ!サンシャイン!! 2期 第4話「ダイヤさんと呼ばないで」、黒澤ダイヤ、渡辺曜。
 ラブライブ!サンシャイン!! 2期 第5話「犬を拾う。」、Saint Snow、桜内 梨子&津島 善子
 ラブライブ!サンシャイン!! 2期 第6話「Aqours WAVE」、MIRACLE WAVE
 ラブライブ!サンシャイン!! 2期 第7話「残された時間」、空も心も晴れるから、Aqours、松浦 果南
 ラブライブ!サンシャイン!! 2期 第8話「HAKODATE」、DROPOUT!? 一年生、黒澤ダイヤ&ルビィ
 ラブライブ!サンシャイン!! 2期 第9話「Awaken the power」
 ラブライブ!サンシャイン!! 2期 第10話「シャイニーを探して」、三年生、小原鞠莉
 ラブライブ!サンシャイン!! 2期 第11話「浦の星女学院」、内浦総力、高海千歌
 ラブライブ!サンシャイン!! 2期 第12話「光の海」 WATER BLUE NEW WORLD
 ラブライブ!サンシャイン!! 2期 第13話「私達の輝き【最終回】」


PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
アニメランキング