公式サイト ラブライブ!サンシャイン!! 第2期 第9話 9話 感想 Awaken the power レビュー 考察 画像 あらすじ 内容 ネタバレあり 17時追記 前回はこちら
AqoursとSaint Snow、函館の街のトリプルコラボ! 理亞を支える未知な力!

00529
00559
00649
理亞は、姉とのライブで実力を見せ、「独りでもやれる」と証明を図って失敗
 でもそうじゃなく、「皆とやれる自分」を知る事にこそ
 本当の独立があったのかも

 理亞の本当の“姉離れ”は、「新しい事」に貪欲になる事だった気がします

理亞とルビィの独立宣言!
 ルビィが、「私」って一人称へ踏み出したみたいに、新しい自分へ変わろうとする事 
 心配してくれてた人との出会い、姉以外と付き合える自信を持てた事
 彼女達の内外に、新しい力が目覚めてた!

 姉の事だけは一歩も引かないルビィ、よく知る花丸さえビックリしたのも快い!

μ'sでの2期9話も、“支えてくれる力”を知るエピソード!

img_17
 Snow halation回、負けじと力の入った華やかさだった!

姉の先へと走っていけ!
 Saint Snowの結論は、雪の結晶になぞらえ、解散し新しいグループを作る事でした
 まさかの11人ライブ、路面からのイルミネーションも相まって
 とんでもない華やかさでしたね!

 人付き合い下手も変われる、「実例」と接して困惑してた理亞ちゃんも可愛かった!

姉離れを試みる妹ルビィと、妹が心配でならないダイヤさん!

00136
 前回の泰然自若から一転、動揺しまくるダイヤさん最強に可愛かった!

あらすじ
 ラブライブ予選で失敗し、姉の最後の大会を台無しにしてしまった理亞
 彼女が、姉・聖良に「独りでもやれる」と見せたかった事を知り 
 ルビィは花丸、善子と協力する

 四人は、クリスマスのHakodate Christmas Illumination出演を企画

 悪戦苦闘、作曲から出演アピールまで全て自分達だけで成立させた二人に
 聖良とダイヤは感動

 合同ユニットSaint Aqours Snowは函館を魅了し、理亞は独り立ちを果たすのだった

 次回、第10話「シャイニーを探して」

『…緊張してる?』『ううん…』『…ルビィも不思議と落ち着いてる』

00000
 それも もちろんあるけど、それだけじゃない。 という理亞
 姉の傍だから? 落ち着くというルビィ
 それだけじゃないという理亞

 結末から描いていく今回、二人の両手はぎゅっと結ばれていた。

理亞『あなたがいたから、ここまでこれたっ

00001
00002
00005
 届けよう…、大切な人に。

そしてライブは始まる
 静かに燃える、シリアスな二人から始まった第9話。前回から舞台は北海道へ
 前期、TOKYOでAqoursが挫折したのと同様
 今期、HAKODATEでも挫折が
 と

 お姉ちゃんがいなくても大丈夫、二人を描くライブが始まる…?

『ライブ?』『ここでっ!?

00006
00007
 そうよ! そのまさかよ!! 函館国際ホテル困惑する花丸たち
 JR函館駅から徒歩7分、函館港を臨む函館観光の中心に立地
 まさにエレガントなシティホテル!

 朝市にも近くロケーション抜群、ビュッフェスタイルの朝食は評判であるという…!

ルビィ『理亞ちゃんと一緒にライブをやって、見せたいの』

00008
00009
00010
00011
00012
 もし出来たら、理亞ちゃん、元気になってくれるかなって…。

やりたいと足りない
 聖良とダイヤ、二人の姉に見せたい、そしたら理亞が元気になるかもというルビィ
 しかし、善子と言う現実は厳しかった
 と

 準備とかは?

 不足を次々指摘する善子
 ちなみに、函館では「やきとり」を買うと、このように豚串が出てくるのがセオリーとされる

 また九州は博多、福岡県でも“バラ”として売ってたりする。

『面白そうずら♪』『そーそー…、ぇえ!?

00013
 しかし、朝から「やきとり」を食べていた花丸、これを快諾!
 やっぱり寺の子は仏徒だった!
 善子は堕天使!

 そして「やきとり」のネギは、ちゃんと皮を剥き、美味しい部分を提供しているという…!

丸も、協力するずらっ! 善子ちゃんも勿論、行くずらね?』

00014
00016
00018
00021
00022
00023
 どうしてもというのなら!

お約束
 勿論、善子はウンターラカンターラと、お題目を言うのを聞き流された!
 まーた流された!
 で

 あーん待ってよー! ていうかヨハネー!!

 毎回ヨハネって律儀だね!
 律儀に、ハセガワストアの元祖やきとり弁当だと映すくらい律儀だね!!

 ほかほかをお食べ頂く為、作りおきはしないからね!

『理亞ー? ちょっと買い物に出かけるからお店を…?』

00024
00027
00028
 一方、聖良さんは妹に店番を頼もうとし、既に出かけていた事案が発生

茶房 菊泉
 相変らず和ルックの聖良さんが可愛い! そして堂々と映りこんだ店名!!
 北海道函館市元町14-5、これも実在の和風喫茶で
 大正時代の建物をそのまま利用

 前回、くじら汁に驚いてましたが、実際この店の自慢なのだとか。

 正月の家庭料理ながら通年提供
 もちろん、ぜんざいやパフェ、どころかオムライスだってあるそうだぜ!

 ハハッ、こやつメニューが豊富ではないか!

理亞『………

00029
00030
00031
00034
00035
 二人も来るなんて、聞いてないっ!

善子⇒ヨハネ
 再びラッキーピエロ、前回、花丸がとんでもないサイズのハンバーガーを食べた上
 持ち帰りで函館山バーガーまで買った店である
 で

 私、元々みんなでワイワイとか好きじゃないしっ

 人付き合い苦手そうだもんね…
 何とか、ルビィには心を許した理亞ちゃんですが、まったく可愛い子じゃないか!

 アレですね、野良猫を見てるような可愛さだ!

花丸『それを言ったら丸もそうずら?

00038
 善子ちゃんに至っては、更に孤独ずら…!
 と、なかなか酷いことをいう寺の子!
 間違ってない!
 なお

善子『ヨハネ! …てか何さらっと酷い事言ってんのよ?』

00039
00042
00045
00049
 …ずら? …おら?

ハッ!
 キリッとした顔で説得する花丸、しかし、久々にツッコまれてしまう
 ずら? おら?
 が

 ハッ! これはオラの口癖というか…、丸の…、違うずら…

 墓穴をマッハで掘っていく花丸
 記録的墓穴である

 あーもう、最近、誰もツッコまなかったから…。

善子『花丸は、これが口癖なの』

00050
 花丸は、元々、この口調がコンプレックスで人付き合いが苦手で
 同じく、赤面症のルビィと意気投合し
 図書館の主となってました

 しかし、千歌達によって一本釣りされてしまったのが前期のお話。

理亞『…そうなの? 私も…、学校では…、結構そうだから…』

00052
00055
00057
00059
 善子ちゃんに至っては? 図書室どころか学校にも来ない♪

言わんでもえーわい!
 今年の春までそうだった、黒歴史とはいえ、それが共感を引き出すきっかけに
 丸に至っては、調子にのって!
 と

 てかヨハネ!/ごめんね善子ちゃん!/だからヨハネよー!

 畳み掛けていくスタイル!
 思えば一年トリオ、形は違えど、みんな人付き合い苦手だったんですね

 雨の音騒動でも、インドア派でしたし。

『わたしはまけない なにがあっても』

00060
00061
 しかし理亞の作る詩は、ちょっとイマイチで…、どのくらいかというと
 聞いた店員、お客さんたちも冷や汗をかくレベル。
 これはひどい。

 そして「ラキポテ」は、ポテトにチーズやホワイトソース(デミグラスソース)などが…!

だから言ったでしょ! 詩も曲も、殆ど姉様が作ってるって!!』

00062
00063
00067
00068
00070
00071
00072
00074
 しっかし、捻りも何もないわよね…/何! 文句あるのっ!!

お前が言うな!
 ただ、「負けない」「勝って勝利を謳いたい」など、イメージは伝わった
 元にして皆で作れば良いのだ!
 が

 あなた達、ラブライブの決勝があるんでしょ?

 とはごもっとも。
 早くも、すっかり馴染んでしまった理亞だけに辛そうに見えます

 こんな良い奴ら、迷惑かけたいはずがない。

ルビィちゃんは、どうしても理亞ちゃんの手伝いをしたいずらっ

00075
 だから、人づきあいの苦手なルビィに代わって花丸は言う。
 これは、ルビィ「が」やりたい事!
 気にしなくていい

 花丸の保護者っぷりに、善子もニヤリ。

ルビィ『理亞ちゃんや、お姉ちゃんと話してて気付いたのっ!

00076
00077
00078
00080
00082
00084
 私達だけでも出来るってところを、見せないといけないんじゃないかって!

小さな独立戦線
 しかしルビィ自身も立ち上がり、姉に、ダイヤに安心して卒業して貰う為に。
 私達に必要なコトなんだ
 で

 げっリリィだ!?

 続いて善子…じゃなく、呼び出し!?
 とまれ「決意」だ!

 前回ラストのように、これは“私達だけで出来る”、と見せるライブなのだ!

『どこにいるの、もう帰る準備しなくちゃダメよって』

00086
00087
00089
00091
 思考を読んだ!?

壁に耳アリ障子にリリー
 こいつ直接脳内を…?! 善子の台詞を、完全に予想してLINEしたリリー!
 さすが、日頃千歌の相手をしてるだけはある!
 で

 どうするの?/今は冬休みずらっ

 とは花丸の結論
 そして、見詰めるのは「この辺の生徒」なのだった!

 この制服、久々に見たな!

ここに残るぅ!?

00092
00094
 というワケで、冬休みなのだから、「理亞を励ます為に残る」という。
 彼女が塞ぎこみ、見てられないから励ましたい
 無力なままではいられない!

 だから丸は行くんだよ!

ヨハネ『ふさぎ込んじゃってて、どうしようもなくてさー!』

00095
00096
00097
00098
 同時刻、当の理亞は、かつてない程にハートフルな笑顔で
 通常の三倍で部屋を掃除中であった
 可愛い!

 友達招くのが楽しみなんですね、わかりますとも!!

曜『何かおもしろそー!

00100
00101
00103
00104
00109
 ごめんね? お姉ちゃん、2、3日で必ず戻るから…

解ってる二人
 困った事に、曜とダイヤが、なら自分達もと言い出す一幕もあったが
 結局、勢いで押し切ってしまうルビィたち
 で

 別に、私は構いませんけどっ

 と黒子をかくダイヤ
 すなわち、「照れている」という事、構いすぎた自分に照れたんでしょうか

 妹に、ここまで詰め寄られるとか照れるッ!

千歌『良いんじゃないの? 一年生同士で色々話したいこともあるだろうし、ね?』

00110
 最後は、同じくSaint Snow、聖良と話し合って得るものが多かった人
 千歌が、センターらしく話を締めて
 3人の残留が決定

 一年トリオは、しばらく理亞ちゃんの家に泊まる事に。

『来て…、良かったね』『うん、すごくっ』

00111
00112
00113
00114
 なんか元気になるよね! 仲間がいっぱいいるって気持ちになるっ

スクールアイドル
 一時は、Saint Snowの挫折にアテられたAqoursですが、総じてプラスに
 ラブライブは、参加校が7200にも及ぶ巨大イベントですが
 その数字を肌で感じた

 遠く離れた北海道にも、こんなに仲間がいるんだ

 だから元気になれる!
 仲間がいるから元気になる、元気になるから仲間が出来る!!

 曜ちゃん、空の上でもヨーソロー!

ああ…、ルビィ……!

00115
00116
00120
00122
00125
00126
00127
00128
 何か、気に入らないことでもしたんじゃないの?

そんな事ッ!
 最愛の妹が、心配で心配で、飛行機の中だろうが愛が絶叫するダイヤ会長
 不安、絶叫、目を潤ませる会長最高です!
 で

 でもあの様子、明らかに何か隠してる感じだったけどー?

 ルビィと一緒に、スクールアイドルをする事が出来た
 ルビィが独り立ちしてくれた

 前回、それが嬉しいと言ったが、だが妹離れする気など全くないッ!!

鞠莉『Saint Snowの家に…、もしかして!

00131
00134
00136
00138
00140
 お姉ちゃん、実はルビィ…/Aqoursを堕天して/今日から!

今日から俺は!
 メンバーから離れSaint Snowの家へ、女女4人、何も起こらないはずがなく…!
 Can You Imagine!
 で

 Saint Aqours Snowになりますっ!

 安直! 安直ゥ!!
 太陽拳!

 知ってる! この流れμ'sの2期8話で見た!!

ブッブーですわー!

00141
00142
00144
00148
00151
 そうじゃないと思うよ? 多分アレは…、言ーわないっ♪

妹同盟
 同じく「妹」である為か、千歌だけは事態の推移に気づきつつあったが…
 多分、もうちょっとしたら解ると思うよ?
 と

 そーんなー!?

 ダイヤさんは本当に可愛いなぁ…。
 この一連の流れだけで、白米が一合いけるレベルの可愛さですわ

 弱ったり叫んだり、涙目だったりホントもう!

理亞『好きに使っていいけど、勝手にあちこち…

00153
00154
 一方、理亞の部屋に泊まることになった一年生トリオ
 さっき、あんなにニッコニコでベッドメイクしてたくせに
 ホーント素直じゃない!

 聖良さん、あんな妹初めて見たんでしょうねえ

花丸『奇麗ずら~♪

00156
00157
00160
00163
00164
00165
00167
00168
00169
00170
00173
00174
 スクールアイドルになろうって決めた、…雪の結晶を、Saint Snowのシンボルにしようって

Saint Snow
 雪の結晶を模したそれは、幼い日、二人でスクールアイドルになろうと決めた時
 思い出を象徴するオブジェだった
 と

 それなのに…、最後のラブライブだったのに…

 悔やみきれない失敗
 気負い過ぎて、姉の最後のライブを台無しにしてしまった理亞

 本当に“二人のユニット”なんですね

ルビィ『奇麗だね?

00177
 当たり前でしょ! 姉さまが見つけてきたんだからっ!!
 しかし理亞さん、素直にならずに口撃を開始!
 また始まった姉合戦!

 赤勝て 青勝て どっちも負けろ!

理亞『ほら? あなたの姉より上でしょ』

00179
00185
00186
00188
00189
 こんな強気なルビィちゃん…/初めて見た…

オラアネ
 おらが姉が世界一! と口論するルビィは、花丸さえ見たことない表情
 出会って数日、分かりあった妹たち!
 で

 それは…、お互い様かも

 ルビィの服も買って来るダイヤ
 どうも聖良さんも同様に、かつ「もっと良いのを買ってくる」という理亞

 ルビィの、普段眠っているパワーを引き出した猛者!

理亞『そうかも?

00191
 対し、ニコっと笑って見せた理亞ちゃん
 魅力的な子じゃないか!
 ホント

 こうして4人、改めて分かり合うのだった

聖良『みなさん…、本当に戻らなくて平気なんですか?』

00192
00193
00194
00195
00197
00198
00201
00203
00204
 こちらこそ、急に押しかけてしまって…、すみません

ヨハネ覚醒
 際し、すっと渦中の姉が現れたが、善子が意外な善子力を発揮
 問題ない事を、彼女へとアピールしてしまう
 と

 善子ちゃんが…/ちゃんと会話してる…?!

 そのリアクションもまた酷い!
 理亞にルビィが、ルビィに花丸が呼応して始まった今回、もう善子も他人事じゃない!

 彼女も、一肌(中二病の皮を)脱いでやろうというのだ

花丸『みんな、意外な一面があるずら~』

00205
 ただ日本語で話しただけで、ひどい言われようである
 この寺の子、善子に厳しい!
 ヨハネ!

 でもルビィ曰く、思えば「そうかも」と

ルビィ『隠された力が、たくさんあるかもしれないって♪』

00206
00208
00210
00211
 じゃ、決まりずらっ!

Beginning
 三年生にすれば、未熟に見えるかもしれない、そんな自分達に隠された力!
 それが今回のテーマずら!
 と

 歌のテーマずらっ♪

 寺の子可愛い!
 善子流に言えば隠された魔導力、こうして挑戦は始まった

 このメンバーだと、花丸がぐいぐい行くね!

曜『まさか、本当にグループを結成して…!?』

00214
 こうして、3人の北海道逗留編は長引き
 ますますダイヤを心配させる。
 しなびそう!

 このままじゃ、ダイヤさんの輝きが失せそう!

リリー『思いつきそうなのは、あの堕天使ね!

00215
00216
00217
00218
00221
00222
00223
 聞いたわけじゃないよ?

妹シンクロンマキシマム
 特に梨子は、きっと、善子が「新グループ結成しよう!」と言い出したに違いないと
 帰ったらキツく灸を据えそうな雰囲気であった
 が

 ただ、自分達だけで、何かやろうとしてるんじゃないかな…?

 いつも、姉にガミガミ言われてる千歌
 だからかもしれません

 みかん片手に、一年トリオに強く共感する千歌さん(みかん)。

『次、負けないんだって…』『これでこう! どう?』

00224
00225
00226
00229
00230
00235
00237
00239
00240
 出来た…/うん、すごくいい!

やったー!
 一方、こちらは姉が至近距離で見守る中、遂に歌詞が完成
 妹コンビが夜なべをして完成!
 と

 うるさーい!/それはまだ食べられないずらぁ…

 それはまだ…?
 おそらく、花丸は北海道民熱愛のジンギスカン鍋を食べているに違いない(確信)。

 理亞ちゃん、もう完全にマブダチじゃねえか!

『ルビィ、知らない人と話すの苦手…』

00243
00245
00247
00248
00251
00252
00255
 でもさ、自分達で全部やらなきゃっ!

Hakodate Christmas Illumination
 続く問題は、イベントで歌う為、選考会に自己アピールする場へ出る事だった
 無論、妹コンビは不安だった
 が

 全て、意味がなくなるずら?

 姉がいない不安
 しかし、ここは自分達でやらなきゃ「独り立ち」とはいえない!

 さっきは二人、今度は4人!

『『行こう…、私達だけで!』』

00257
00260
 単に、ダイヤ達の前で歌うだけかと思いきや「イベント」への参加
 でも今後も、イベント参加する事になっていくなら
 このスキルは必須に

 自分達だけで何でも出来る、その果敢なアピールが始まった! 

『“ルビィは泣き虫ですわね?”』

00262
00264
00268
00270
00273
00275
00276
00277
00279
00282
00285
00288
00289
00291
00292
00293
00294
00297
00299
 ほら、勇気をお出しなさい?

ブレイブ・ストーリー
 自分は、ずっと勇気を貰っていた。土壇場で幼い日を思い出したルビィは
 今に至るまで、貰ってばかりだと気付かされる
 と

 私達は、スクールアイドルをやっています!

 変化する一人称
 ささやかな変化、堂々としだした少女に笑顔がこぼれる審査員

 審査員の人たち良い人じゃないか!

『遠くに暮らす別々の二人がグループが手を取り合い、新たな歌を歌おうと思っています!』

00301
 コンセプトは、遠く離れたグループの協力、そして大切な人への歌!
 大人達も、幼子たちの目に見える成長に笑顔
 これも大きな後押しずら!

 土壇場での成長は、正直応援したくなるじゃんよ!

『何泣いてるずら…』

00306
00307
00308
 あんたの方が泣いてるわよっ/ずらぁ~

函館聖泉女子高等学院
 こうして選考会は、特に身内に感動の涙をスプラッシュさせて大成功
 しかし、さっきラッキーピエロ店内での二人
 理亞達の学校の生徒が…。

 しかし二人して、完全に保護者だ!
 
『でも…、本当に大丈夫かな…、あんなこと言っちゃって』

00310
00311
00312
00313
00315
00317
00319
00322
 しかたないでしょ? “絶対満員になる”って言わなきゃ合格できそうもなかったし!

ハードルアッパー
 というワケで、自らハードルを上げてしまった急増ドリームチームだったが…
 あと、理亞も善子のノリに完全に馴染んだらしい
 で

 くっくっく、フラグが完全に立ってるわね!

 また花丸が食ってる!
 前回から言ってた事、フラグとは「体重管理」の問題だった!!

 善子ちゃんは、太るぞと言い募るのだったが!

花丸『善子ちゃん…、既にフラグは、立っていたずらよ?』

00324
 おわかり頂けるだろうか? では静止画の説明をすると
 善子一人で、二人分のシーソーが傾いているのだ
 と

 まあ善子ったらいけない人!

理亞『むしろ…、見てて気付いたんだけど』

00325
00326
00329
00333
00337
00338
 なーんでー!?

理不尽!
 違う! 太っていたのは花丸じゃねえ! 善子の方だったってそんな理不尽な!!
 このインドア派、代謝能力が高いのか!?
 で

 そういう事なら、是非協力させてくれって♪

 とは鞠莉たちに協力を打診
 今回の件は、ようやく「本人」以外に事情が伝わることになったのだった…、と

 善子、これはさすがに不憫ずら…。

ダイヤ『函館に?』

00339
00340
 泣き濡れてカニと戯れていたダイヤに、「お出迎え」を頼む鞠莉と果南
 一年生、ルビィたちが不安そうにしているから
 迎えに行ってやれ
 と

 この三人、揃って鎖骨が…!

ダイヤ『まったく…、仕方ありませんわね♪

00342
00344
00346
00347
00350
00352
00353
00354
00355
00356
 さて今日は、クリスマスフェスティバル出場者の…、えっと?

Saint Aqours Snowです!
 予感ド直球だった合併チームは、どこでも現れるラブライブおねーさんの番組に出演
 告知で「ライブを行います!」のシンプル告知!
 で

 よろしくず、じゃなくて、よろしくお願いず…、お願いしますずら♪

 花丸、大々的にずら丸化する事案が発生
 拭えないずら!

 善子同様、Aqours内だと隠さず済んだ為、すっかり「ずら」が悪化したようで。

『あの二人は』『クラスメイト…』

00360
 そこに現れたのが、函館聖泉女子高等学院の二人。
 実は、理亞は「話した事が無い」として
 苦手意識があったのだ

 内弁慶、もしくはケンカを売るのは得意だけど、普通の関係はヘタなのね…。

ルビィ『Saint Snowのライブです! 理亞ちゃん出ます!!

00362
00365
00367
00368
00372
00374
00377
00380
00382
00387
00389
00391
00398
00404
 今更だけど、ラブライブ予選は…、ごめんなさい……。

函館聖泉女子高等学院
 だが彼女達も、理亞に嫌われていると思いこみ、近づけなかっただけで
 ずっと遠巻きに見守っていたのだ
 と

 Saint Snowは、私達の、学校の誇りだよっ

 初登場時から上昇志向だった理亞
 その為、スクールアイドルながら「学校」が抜け落ちていた感じもありました

 でも頑張る面々が応援されるって、どこも同じですね

ルビィ『何でだろう…、嬉しいのに涙が出てくるの。お姉ちゃんに早く会いたいよ…』

00405
 姉が卒業しルビィ達が帰った後、理亞はどうするんだろうと思っていたら
 今回冒頭、母校傍で有名人の理亞が騒いだ結果
 見事に友達を引き寄せる結果に

 前回でSaint Snow落選、でも「理亞がまた歌う」と知り、見守ってたのね。

『聖良さん?』『あら、どうしてここに?』

00410
00412
00413
00416
00417
00418
00421
00423
00425
00427
00429
00430
00431
00432
 クリスマス/プレゼントです!

函館山の招待状
 ルビィを迎えに来たダイヤ、同じく呼ばれた聖良は函館山ロープウェイで合流
 二人に教わった「自分達の力」を!
 と

 自分達の力でどこまで出来るか!/見て欲しい!

 姉さんコンビ感無量の瞬間
 そして前回、ルビィが理亞を誘った言葉そのままの招待状だ!

 姉で師匠、独り立ちを見せる為のライブ!

あのー…

00435
 そして当然、駆けつけていたAqoursフルメンバー!
 今回の件は、ラブライブと直接関係しない為か
 鞠莉が飛行機代を持ってくれたらしい

 げえっ!旅費!!

曜『鞠莉ちゃんが飛行機代出してくれるから、皆でtogetherだって!』

00438
00439
00442
00443
00445
00447
 さすが太っ腹♪

ルー語
 こうしてAqours全員が見守る中、卒業、独立の為にライブへ招待に
 そして善子が二次被害!
 で

 太いのは善子ちゃんずら~♪

 あんなに食った丸に言われた!
 てか実際、ラッキーピエロのハンバーガー美味しそうだからね!!

 スペシャル生ベーコンエッグバーガー美味しそうだね!

『『私達の作るライブ、見てくれますか?』』

00450
00451
00454
00455
00456
00458
00459
00460
00462
00464
00466
00468
00471
 もちろん!/よろこんで…!

さあ!
 特に、落ち込んでいた妹が、リアルタイムで元気になる姿を見ていた聖良は
 ダイヤより半歩早く妹を抱きしめた
 で

 それじゃ、私達も次のサプライズの準備に取り掛かりますか♪

 そして企んでた!
 何より、妹の自立をリアルタイムで見守ってた聖良さん嬉しかったでしょうね

 実は、それが自分に向けられたものだと分かったんですから

『きっとすごいライブになるよ、この景色に負けないくらい!』

00472
 大都会・函館、百万ドルの夜景に挑戦状を叩きつけるAqours!
 そして、常に重なるテロップ!
 隠すな!

 光の美しさですねえ

『『今の私達の精一杯の輝きを/見て下さい!』』

00474
00477

■Awaken the power 歌詞
 始まる時は 終わりの事など 考えてないから ずっと
 続く気がして 前だけ見詰めて 走り続けてきたから
 どこへ
 どこへ
 次はどこへ行こう

 Come on! Awaken the power!yeah!
 Are you ready? Let's go!

 言葉で幾つも知ってるはずでも
 こんなとき 出てこないんだね
 想いの強さで 胸が いっぱいで
 声になる前に 泣きそうだよ

 頑張るって決めたら
 絶対 負けないんだ
 一緒に 頑張ってきた
 絶対 負けないんだ
 出来ない なんて
 やんなきゃわからないね 
 自分の中
 目覚めるのは
 新しい力

 世界はきっと
 知らないパワーで
 輝いてる だから いつまでも夢の途中
 世界はきっと
 知らないパワーで
 輝いてる 何を選ぶか 自分次第さ
 Awaken the power!

 眠る力が動き始める
 じっとしてないで 行くよ
 どこへ どこへ どこへ行こうか
 My power
 You power
 心の奥底で
 My power
 You power
 新しい世界探してる
 Wake up
 Wake up
 New World

※2017年12月20日(水)発売


00480
00481
00482
00484
00486
00491
00492
00497
00500
00503
00505
00508
00512
00513
00521
00525
00526
00527
00529
00531
00532
00000
00534
00536
00540
00542
00544
00548
00549
00550
00553
00555
00557
00559
00561
00563
00568
00569
00572
00575
00576
00577
00578
00579
00580
00582
00583
00584
00585
00586
00588
00591
00592
00595
00596
00597
00599
00601
00603
00604
00606
00608
00610
00611
00613
00616
00621
00624
00630
00633
00637
00638
 始まるときは終わりの事など 考えてないからずっと… 続く気がして 前だけ見詰めて

Awaken the power
 歌詞冒頭から、始まりだけを見詰め、終わったら「次」を探す終わり無い挑戦の歌!!
 目覚める力、全11人のパワフルライブ!
 で

 世界はきっと 知らないPOWERで輝いてる だからいつまでも 夢の途中

 道一杯の客、Saint Snowと路面含めたイルミネーション
 服まで電飾はちょっと笑った!

 何を選ぶかは自分次第、合間でケンカするルビィと理亞も微笑ましかった!

理亞『姉さま、私、Saint Snowはやっぱり続けない』

00639
00640
 帰り道、理亞は、雪の結晶になぞらえて解散を改めて宣言
 雪の結晶が、どれ一つとして同じ形にならないように
 Saint Snowは二人の結晶

 次は、新しい結晶を自分で作り出すんだ、と。

理亞『見ててっ!

00642
00644
00646
00647
00648
00649
00650

 姉さま、私、Saint Snowはやっぱり続けない
 だってこれは姉さまとの思い出だから
 世界に一つしかない雪の結晶だから

 だから、新しいグループで
 違う雪の結晶を見つけて
 姉さまにも皆にも喜んでもらえる、スクールアイドルグループを作る!

 見ててっ!


00651
00654
 理亞は、昔から恥ずかしがり屋で、誰ともなかなか話せなかったんですよ

巣立ち
 ちょうど、母鳥から巣立っていくように、姉の先を走ってゆく理亞
 聖良とダイヤ、姉同士が感じ入る結末に
 と

 祝福しましょう、二人の新しい羽ばたきに

 形は違えどルビィと同類
 同じ姉として、似たような妹を持って心配していた聖良さんとダイヤさん

 でもルビィ同様に、今度こそ独り立ちが出来たのですね

Awaken the power、目覚めた力で走り出した理亞

00656
 独りでもやれる、そう見せようとして挫折し、姉も巻き込んでしまった理亞
 やめてしまおう、自分は無力だと落ち込んだ彼女も
 知らない力があると気付けた

 無力かどうかは、独りで決めちゃいけないって事なのかもしれませんね

次回、最後の3年生回? 廃校阻止を果たせなかった鞠莉は…?

00657
00659
00660
00661
 鞠莉が濡れてますが、この寒空の下で突っ込んだんでしょうか?

第10話「シャイニーを探して」
 最近、あまり聞きませんが、鞠莉の口癖「シャイニー」とは何なのか?な回?
 そういや「輝き」というのは、千歌が言い出したテーマなので
 鞠莉の口癖としちゃおかしい気も。

 μ'sでの2期10話も、「μ'sを一言で表すには?」というキャッチフレーズ回

 元々、Aqoursという名前も3年生が考えたものですし
 これまた符合しますね

 また鞠莉は、そもそも廃校阻止に戻ってきた、って事もポイントでしょうか?

クリスマスが終わったなら、三年はもう三ヶ月しかないって事

00217
 そうクリスマスが終わったら、大晦日と正月だよ!

みかんの季節
 今回も、千歌たちは練習に励んでいましたが、三年陣はいよいよ卒業間近。
 てか第2期2話冒頭で、「年内に100人集める」という話でしたが
 年内=終業式までだったのね

 廃校は決まっていますが、生徒は沼津へ移籍が決まっています

 残ったメンバーでも、Aqours継続は可能ですが
 千歌達はどうするのでしょうか

 Saint Snow同様か、それともやはり…?

自分達だけでもやっていける! ルビィ達の成長

00235
00260
00261
 曲の完成にはしゃぐふたり、めっちゃ可愛かった!

自立の時
 今回、作詞作曲からイベント申し込み、自己アピールまでこなしたルビィ達
 思えば2期2話で、一年生たちも作詞作曲に参加した事が
 ここでも活きた気がします

 立派にやっていけると証明した以上、これからも頑張って欲しいところ

 後この場面、審査の人が優しそうでビックリしました
 元スクールアイドルなのかな?

 みたいな慈愛の眼だった!

二年と三年、上級生不在で浮き彫りとなった一年生たち

00211
 μ'sの時も、2期5話で一年生単独行動回となってましたね。

小さな独立戦線
 Aqoursは、そもメンバーに姉妹がいる分、「やれると見せたい!」とルビィが原動力に
 ルビィが発起して、花丸が中心となって物事を動かし
 意外や善子が常識力を発揮

 花丸が一番仲良し、ってのもありますが、ホント今回引っ張ってくれた!

 寺の子尊い!

いざとなったら、意外な常識力を見せた善子

00201
 一番中二病なのに、一番現実的な視点から、物事を見ていた善子。
 渋ってた彼女が、ここぞで動いてくれたのは
 本当ズルい格好良さ!

 キノの旅9話風に言えば、惑わされてはいけません! って奴だった!!

でも現実、客観的な視点を持ってくれる人って、絶対必要なワケで

00070
 某ダイの大冒険風に言えば、皆カッカしてる中で、クールじゃなきゃいけない奴!

善子さん縦横無尽
 元々、「何が中二病だバカバカしい!」って、辞めようとしてた善子ですし
 天然気味な二人より、現実的な視点を持ってる子なんだな
 って改めて感じました

 こういう、変にアンバランスなのって魅力だと思います

Aqoursとして活動する事で、のびのびしてた花丸達

00045
00049
 久々にずらを隠そうとした花丸。ここの理亞ちゃん可愛い。

丸とルビィのずら隠し
 善子が、のびのび中二病してる事もですし、花丸の「ずら」も本来コンプレックス
 Aqoursは、そんなの気にせず受け止めてくれる場所で
 特別なんだと感じます

 物語初期のエピソードも、初対面との会話で再び掘り下げられる

 こういう流れって、何か良いですね。

理亞『私、元々みんなでワイワイとか好きじゃないしっ

00030
00034
 人見知りは人見知り、ただし、攻撃的になってしまうタイプの人見知り!

冬の人見知り祭り
 理亞にすれば、そんなコンプレックスだらけの一年トリオもイマドキに見えてしまう
 ギャップも微笑ましくて、すごく可愛いと感じました
 ほぼ初対面だもんね!

 同じく、理亞が周りにも誤解を持つ事、彼女自身だって変われること

 色んな可能性も、一緒に詰まった場面だった気がします。

ミスリードでしたが、真顔過ぎて「敵」かと思いました!

00091
 理亞が誤解してただけで、ずっと彼女を応援してた二人との出会い
 状況的に、新メンバーに志願したいのかな?
 とも最初は思いました

 そこにルビィ達が現れて、話かけられず困ってた的な。

意外といえば、ヨハネとリリー本当好き。大好き。

00086
 遂に、善子の言う事を先回りして予想、怒るようになったリリーさん。
 一年生の脱退も、善子が煽ってんじゃないのか!
 とか半ば本気で考えたりも

 こいつ直接脳内を…! 今期の梨子ちゃんホント元気だわ!!

頑張りなさい、いつもエールを送られてたと気付いたルビィ

00144
00288
 頑張る(頑張った)とは、自分を慰める言葉でなく、他者へ送る声援のはずだ!

頑張りなさい!
 ふと、いつも姉が、背中を押してくれていたことに気付いたルビィ
 なら独り立ちとは、自分の足で踏み出す事
 一歩踏み出す勇気の事

 気付く事で踏み出せた、そんな黒澤姉妹が素敵だと思いました

 そんな妹に気付かず、過保護祭りダイヤさんホント好き

そして、妹に頼られてデッレデレのこの姉である

00344
 ルビィが寂しがり、迎えに来て欲しいと言ってると吹き込まれ
 ウッキウキで乗り出したダイヤさん!
 黒子が大活躍ですわ!

※照れ隠しをいう時、黒子をかくクセがある。

逆に、密かに「妹が立ち直っていく姿」を見ていた聖良は

00455
00477
 立ち直るどころか、友達と笑顔で騒ぐという感動の成長劇!

覗き見系お姉様
 理亞の失敗で落選したけど、恨んでないのが本音なら、それ以上に辛いのが妹の引退
 それが立ち直って、しかも友達が出来て良かったと思ってたら
 自分(聖良)の為に企画してた!

 本気でびっくりしてたみたいだし、なら本当に嬉しかっただろうなって。

 距離をとって、自立を見守っていた聖良さん
 これもまた「姉」だった!

 思えば、ダイヤさんも初期はあんな感じでしたが、幸せ絶頂だから仕方ないね!

そもダイヤさんとか、最初は圧力かける側でしたし

00292
00402
00406
 第1期でのルビィ、花丸加入回。今思えば別人である。

黒澤姉妹の今昔
 昔は、揃ってμ'sのファンで、一緒にスクールアイドルを目指していたはずが
 鞠莉の事故、また現在のラブライブのレベルの高さを知って
 表向きは否定的に

 それでもスクールアイドル部を目指した妹の、自立が本当に嬉しかった

 ダイヤの圧力に、それでも自分で「やりたい」と選んだ
 それが嬉しかったのだと

 そんな前回でのしっとりした感じとはまた、激しいギャップでしたねー。

Saint Snow姉妹との出会いで、大きく成長した一年トリオ

00559
 CGまで用意する張り切りようで、賑やか極まった11人ライブ!
 いよいよ、Aqoursも「三年生引退」を見据える時期か
 廃校も避けえず…?

 独り立ちとは、独りで立つ事じゃなく、むしろより広い人間関係へ飛び込む事!

 閉じていた理亞の世界が広がり、ルビィが踏み出す良い成長回だった!

2017年12月2日 ラブライブ!サンシャイン!! 2期 第9話「Awaken the power」

00070
00140
 酒井和男監督が絵コンテを切ったパワー回!

スタッフ
 脚本:花田十輝(シリーズ構成)
 絵コンテ:酒井和男
 演出:久城りおん 外山草 三宅和男
 作画監督:市原圭子 江上夏樹 尾尻進矢 塩川貴史 重原克也 水野辰哉 宮崎輝 山内尚樹
 ライブ作画監督:市原圭子 後藤望 鈴木勘太 永富浩司
 総作画監督:佐野恵一、平山円、藤井智之、室田雄平
 アニメ制作:サンライズ
 原作:メディアミックス作品/オリジナルストーリー
 制作協力:なし

あらすじ
 ?

次回、鞠莉の口癖より。彼女を軸に“三年卒業”が更に深まる…?

00116
00120
00127
00134
00136
00138
00141
00144
00646
00647

■Awaken the power 歌詞
 始まる時は 終わりの事など 考えてないから ずっと
 続く気がして 前だけ見詰めて 走り続けてきたから
 どこへ
 どこへ
 次はどこへ行こう

 Come on! Awaken the power!yeah!
 Are you ready? Let's go!

 言葉で幾つも知ってるはずでも
 こんなとき 出てこないんだね
 想いの強さで 胸が いっぱいで
 声になる前に 泣きそうだよ

 頑張るって決めたら
 絶対 負けないんだ
 一緒に 頑張ってきた
 絶対 負けないんだ
 出来ない なんて
 やんなきゃわからないね 
 自分の中
 目覚めるのは
 新しい力

 世界はきっと
 知らないパワーで
 輝いてる だから いつまでも夢の途中
 世界はきっと
 知らないパワーで
 輝いてる 何を選ぶか 自分次第さ
 Awaken the power!

 眠る力が動き始める
 じっとしてないで 行くよ
 どこへ どこへ どこへ行こうか
 My power
 You power
 心の奥底で
 My power
 You power
 新しい世界探してる
 Wake up
 Wake up
 New World

※2017年12月20日(水)発売


00649
 飛行機でパニックを起こさないで下さい! ルビィはそこにいません!!

Saint Aqours Snow結成!
 ラスト、もう引退となる姉の先を走っていった理亞、いい独り立ちだと感じました
 元々、あまり喋らない子でしたが
 単に口下手だったとは

 前回で印象一転、彼女もまた新しい居場所を得る決着回へ

 聖良さん自身、望んだ事とはいえ
 少し寂しさも感じますね

 同じく妹の成長を見届けたダイヤさん、次回は彼女達三年組の物語か。
 
 次回、第10話「シャイニーを探して」

ラブライブ! 2期 2014年4月 春アニメ

 2期 ♯1「もう一度ラブライブ!」
 2期 ♯2「優勝をめざして!」
 2期 ♯3「ユメノトビラ」
 2期 ♯4「宇宙No.1アイドル」
 2期 ♯5「新しいわたし」
 2期 ♯6「ハッピーハロウィーン」
 2期 ♯7「なんとかしなきゃ!」.
 2期 ♯8「私の望み」
 2期 ♯9「心のメロディ」
 2期 ♯10「μ's」
 2期 ♯11「私たちが決めたこと」
 2期 ♯12「ラストライブ」
 2期 最終話「叶え! みんなの夢――」


 ラブライブ!サンシャイン!! 第1話「輝きたい!」
 ラブライブ!サンシャイン!! 第2話「転校生をつかまえろ!」
 ラブライブ!サンシャイン!! 第3話「ファーストステップ」
 ラブライブ!サンシャイン!! 第4話「ふたりのキモチ」
 ラブライブ!サンシャイン!! 第5話「ヨハネ堕天」
 ラブライブ!サンシャイン!! 第6話「PVを作ろう」
 ラブライブ!サンシャイン!! 第7話「TOKYO」
 ラブライブ!サンシャイン!! 第8話「くやしくないの?」
 ラブライブ!サンシャイン!! 第9話「未熟DREAMER」
 ラブライブ!サンシャイン!! 第10話「シャイ煮はじめました」
 ラブライブ!サンシャイン!! 第11話「友情ヨーソロー」
 ラブライブ!サンシャイン!! 第12話「はばたきのとき」
 ラブライブ!サンシャイン!! 第13話 最終話「サンシャイン!!」


 ラブライブ!サンシャイン!! 2期 第1話「ネクストステップ」、2年生トリオ、高海 千歌。
 ラブライブ!サンシャイン!! 2期 第2話「雨の音」、Aqours、国木田 花丸。
 ラブライブ!サンシャイン!! 2期 第3話「虹」、MY舞☆TONIGHT、君のこころは輝いてるかい?
 ラブライブ!サンシャイン!! 2期 第4話「ダイヤさんと呼ばないで」、黒澤ダイヤ、渡辺曜。
 ラブライブ!サンシャイン!! 2期 第5話「犬を拾う。」、Saint Snow、桜内 梨子&津島 善子
 ラブライブ!サンシャイン!! 2期 第6話「Aqours WAVE」、MIRACLE WAVE
 ラブライブ!サンシャイン!! 2期 第7話「残された時間」、空も心も晴れるから、Aqours、松浦 果南
 ラブライブ!サンシャイン!! 2期 第8話「HAKODATE」、DROPOUT!? 一年生、黒澤ダイヤ&ルビィ
 ラブライブ!サンシャイン!! 2期 第9話「Awaken the power」
 ラブライブ!サンシャイン!! 2期 第10話「シャイニーを探して」、三年生、小原鞠莉
 ラブライブ!サンシャイン!! 2期 第11話「浦の星女学院」、内浦総力、高海千歌
 ラブライブ!サンシャイン!! 2期 第12話「光の海」 WATER BLUE NEW WORLD
 ラブライブ!サンシャイン!! 2期 第13話「私達の輝き【最終回】」


PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
アニメランキング