公式サイト 普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。7巻 感想 レビュー 考察 画像 内容 ネタバレあり これまでの感想はこちら。前巻はこちら
高校二年の夏休み! 野田ちゃん、思いつきが周囲も彼女も振り回す“文化祭”編!

00033
00032
00000
00001
アニメ最終回での、沙織さんお手製衣装! カラーページでは調整風景も描かれてますが
 ホント、若さの特権みたいなヘソ出しルックが可愛いです
 野田ちゃんの思いつきで母校ライブに用いますが
 山場のローカルアイドルサミットにも?

 制約様々な市営アイドル、最初で最後の“母校”ライブ! いい笑顔だった!

誕生、野田ちゃん生徒会長!
 奈々子友達筆頭、野田ちゃん就任劇も驚き。“意外に向いてる”のがきっと大事なのね
 主人公、奈々子自身「普通の女子校生だけどやってみた」から始まったし
 案外、やってみたら向いているものが見つかるかもしれない。
 文化祭編、そんなテーマも感じます

 ちょくちょく登場のろこどる・日立木さんも成長! 完全にアイドルだよアレ!?

普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。7巻 感想

 第69話「日立木さんはお腹がすく」
 第70話「たぶんハトコさんかなぁ…」
 第71話「はじめてのCD」
 第72話「文化祭に流川ガールズライブを!」
 第73話「奈々子自堕落夏休み」
 第74話「久々の水着仕事です」
 第75話「いつものイベントと熱量が違う…」
 第76話「沙織さん一押しッ!」
 第77話「さよならエミリー」
 第78話「次期生徒会長」
 第79話「文化祭!」
 第80話「奈々子、特別なステージ」
 第81話「どんな生徒会長になりたいですか?」
 あとがき
 アニメ版 感想
 これまでの感想
 トップに戻る

※公式サブタイトルありません。便宜名です

表紙はメイド姿揃いですが、カバー下が一番可愛いと思います!(迫真)

00030
 沙織さんいいよね!なお「見えてた」そうな。ジャンプしてちゃあなぁ…。

あらすじ
 高校二年の夏休み、奈々子たちが日帰りツアー営業を繰り返し知名度を上げていく中
 縁さんの親戚、留学先予定のエミリーが訪れ一騒動となるも
 彼女も理解を示し帰っていった

 やがて初CDも発売。しかし“生産分の全額”を貰っても、印税はほんのちょっと!

 やがて二学期、文化祭では「流三女子ガールズ」として歌うことになり
 最初で最後の母校ライブを実現する

 この時の奮闘などが評価され、野田ちゃんも生徒会長へと就任する事になった



第69話。夏休み日帰りツアー! 初日はおなじみの南相摩市

00002
00003
 上がノーマルモード、下は芸能事務所での(事務所契約時の)写真

第69話「日立木さんはお腹がすく」
 そら痩せろって言われますよ! 奈々子たちを東京のアイドルと誤解してる天然さん再び
 同じくローカルアイドルで、さしいれを貰いまくって可愛がられており
 すっかり丸々としてるのが悩みどころ

 で、ダイエットは精神論じゃないですよ!経験者・沙織さんがアツい!!

 いや若いうちはまだしも、年取ると代謝が落ちてきますものね
 ダイエットは更に身近な存在になるから…

 熱い助言と共に、ちゃっかり「経過を自撮りで教えて」と取り付けるのも有能。

第70話、自治体連携の合同産業イベント。つまり「いつも以上に人が集まる」催し物

00004
 ゆかりさんのハトコ、外人のエミリーさん登場回!

第70話「たぶんハトコさんかなぁ…」
 大きなイベントへの運搬作業中、遂に奈々子たちのCDが商品化!
 って、当人そっちのけで完成しちゃってる連携の悪さ
 これもアマチュアっぽくて微笑ましい
 ありそう

 際し小日向 縁さんのハトコ、外国人のエミリーも登場

 奈々子が完全にモブ扱いされている…
 巻頭総扉絵も担当してますが、一枚絵だと、ゆかりさんとの見分けが難しいキャラです

 アクションがまったく違うので、劇中で見間違う事はないですけども

第71話。悪戦苦闘したCDが完成・販売! ぜひアピールしなければいけませんが…

00005
00006
00007
 どっこい、皆が頑張って売ってるコロッケ&サイダーの物販を優先してしまう奈々子

第71話「はじめてのCD」
 作中は夏休み! 近年の酷暑でコロッケなんて、食べるのも揚げるのもツラすぎる!
 曰く、おじさんの上司・課長さんが「ビールに合う」とねじ込んだそうで
 その当人が来てないのもダメ感が。
 現場は大変なのよ!?

 しかし奈々子、特産のサイダーと食べたら美味しかったので感動してしまい…

 奈々子、完全に食レポアイドルですよね!
 アニメでもあったしアレ好きです

 とまれ「ローカルアイドル」姿にがっかりしたエミリーにも、これで再評価される事に

 ラスト、手伝ってる菫さん(ゆかりさんのいとこで友達)がまたヒトがいい!

第72話。夏休み・登校日、例の「ゆるキャラ大運動会」がオンエアされて…

00008
00009
 文化祭に出てくれ! ⇒だがダメだ! の完成された流れッ!!

第72話「文化祭に流川ガールズライブを!」
 本作、その辺はシビアです。アルバイト程度の時給で拘束してるだけなのに酷ですが
 市のローカルアイドルを名乗って「私的な」活動をされると困る
 大人の事情よね

 いや市が、低コストでやってもらってる側なのになぁとはめっちゃ思いますが

 ただ、そこで沙織さんがうまく穴を突いてくれる格好で
 ライブ自体は開催決定!

 また際して、「沙織さんの私物衣装」でライブに…、アニメ版に出たアレだアレ!!

第73話。奈々子、のんべんだらりと夏休みを過ごし、母親にツッコまれるものの…

00010
00011
00012
 なお宿題はキッチリ済ませてるし家の手伝いもする…、ツッコミにくい子だよ!

第73話「奈々子自堕落夏休み」
 自堕落奈々子に始まり、方々で「奈々子さんすごいね」と盛り上がる夏休み回
 この回は、あちこちに場面転換するのが見所でして
 みらいちゃんが家ではおしゃべりな姿も。
 あるあるですよね!

 また、ゆかりさんの海外留学も課題ですが、彼女にも迷いが。

 エミリー登場で、海外に行くゆかりさんを描いていくのかな?
 と思いきや意外な方向ですね

 大家族なゆい先輩家も見所ですが、「眼鏡に詳しくなった」は笑うわ!

 つくづく、りのんさん良いキャラしてるわよね!

第74話。久々の市営プール・水着ライブ! 最初は渋った奈々子ですが…

00013
00014
 沙織さんも水着になるなら。と奈々子が言ったので、彼女も水着です!

第74話「水着仕事は嫌ですけれど」
 この回は、奈々子たちが最初に組んだライブを敢えて連想させる作りで
 出会った頃は、危なっかしかった二人の成長を実感する回
 沙織さんもしみじみ、「ろこどるなんだなぁ」と。
 懐かしい幼女がいる!

 またこの回、「給料に端数がある?」と思ったらCDの印税でした

 生産した分すべての印税でも、給料の端数かと誤解するほど安かったそうで
 事務作業の苦労のが大きかったとか。

 やっぱり“収入”と呼べるほどCDを販売する…、って難しい

 シビアだけど、「出た事自体が嬉しい」と盛り上がるのも奈々子らしい

第75話。りのんさんとバイト後、彼女が浮かれて出かけるのを見送ったゆい先輩は…

00015
 扉絵はローカルアイドル“グラスキュート”時代、りのんさんこれで一番歳上だったのねー

第75話「いつものイベントと熱量が違う…」
 魚心くん中の人一号にして、高校卒業後は声優育成校に通うゆいさん
 際し、元グラスキュートのりのんさん(22)と知り合い
 今やすっかり仲良しに

 そんなゆいが誘われたのは、ライブハウスでのイベント!

 ろこどるは、「イベントの添えもの」がメインなので
 歌主体って熱力が違うね!

 キャパ=収容客数120のライブハウスで、合同ライブが開催に

 本作だと珍しい展開になってきましたが…

第76話。トップバッターは“見違えた”彼女! 賑やかな合同ライブ

00016
00017
00018
 沙織の助言ですっかり痩せた日立木さん、段違いという歌唱力もそのまま!

第76話「沙織さん一押しッ!」
 日立木さんが強烈でしたが、更に後輩ろこどる・豊四季そらも参加
 りのんが抜けた、現グラスキュートも登場し
 賑々しいイベントに

 ただ普段“添え物”である彼女達が、こうして主役になるってプレッシャーも

 そこで、つくづく「奈々子さん普通に見えるのに凄い」になるあたり
 奈々子たち、ある意味完成されてますね

 後輩勢らの登場で、「彼女達から見た奈々子」の強調が増えた気がします

第77話。花火大会を最後に、ゆかりさんのはとこ・エミリーは帰国

00019
 ゆかりさんと同じ顔ながら元気一杯! 独特な子だったわー

第77話「さよならエミリー」
 ゆかりさんが大好きな彼女は、アイドルになったなら大人気だろうと誤解して来日
 誤解は解け、ゆかりさんが「ななこと離れ難い」事
 留学へのハードルを明確に。

 解決策に奈々子ごと留学するよう言い残しましたが、その発想はなかった!

 学年が違うなど、確かに色々ナンセンスでもありますが
 新しい視点な事に意味があるのね

 留学か奈々子か、二択になってた縁さん。第三の道は開けるのでしょうか

 百合雑誌を持ってたのはちょっと笑った!

第78話。夏休み終了、高2の文化祭直前! 奈々子の果敢な挑戦は実を結ぶ

00020
00021
 なんとか着れた! ダイエット成功した奈々子

第78話「次期生徒会長・野田」
 やってみると意外に向いていたという話。本作自体のテーマでもあるんでしょうか
 奈々子の友達で、雑なタイプに思えた野田ちゃん
 生徒会やってみたら意外に向いてた

 特に行事での仕切りの良さが評価され、次期生徒会長が内定…!

 さつき共々、運動部に入っていない野田ちゃんですが
 ここで一気に前に出てきましたね!

 作者氏コメントによれば、アニメ化時には既に構想が。

 後ここの「昔の不正」って、巻頭の沙織さんなんでしょうね!

第79話。文化祭開催! 後輩・そらから見た奈々子たちの姿

00022
00031
00023
00024
 ろこどるの地元コネクション強ぇえーーーっ(そら)。

第79話「文化祭!」
 前回の「やってみたら案外」から、後輩・そらが「やってみたい」に触発される回!
 文化祭では、あれこれ忙しい奈々子たちのクラスは地味
 ありがちな「レポート展示」で参加

 でもよくよく見ると丁寧な内容で、そらは驚かされる事に

 ソフト部で、奈々子達の縁で仕入れたソースやきそばがヒットしたり
 みらいが脚本した劇が面白かったり!

 色々「やっている」のを見ると、「やってみたくなる」って分かる気がしますね

 野田がノリで提案した「流3女子ガールズ」も大反響、生徒会長内定よ!

第80話。奈々子にとって“特別なステージ”! 今巻ライブパートも大盛況!!

00025
00026
 いつもと逆に、「奈々子」と名乗っちゃダメなのに噛まなかったなにゃこさん!

第80話「流三女子ガールズ!」
 あくまで生徒が自発的にやったステージの体裁、沙織の私物衣装で臨んだライブ
 アニメ版で着たものの、ヘソ出し等、市のイメージガールには問題ありですが
 沙織は、今回の成功を元に押し込むらしい。
 ろこどるサミット衣装となるのか?

 とまれ縁と奈々子にとって、“最初で最後の学校ライブ”。特別なステージに

 作中、日常パートの代表だった場所だと思うと
 読者的にも感慨深いです

 ソフト部美里のやきそばも大成功、野田もいよいよ生徒会長へ外堀が埋まった!

 今巻もう一つのクライマックスは、野田ちゃん編だったのね!

第81話。外面は整え、文章も用意して貰った! が、野田ちゃん「カンペ」を失くして…

00027
00028
 誕生、フルアーマー野田ちゃん! なお身内には不評だった模様

第81話「野田ちゃん生徒会」
 文章の上手いみらいに原稿を考えて貰い、上手く“演じる”だけだと思いきや。
 かえって、野田自身がどんな生徒会をやりたいか?に繋がり
 生徒会を「やる」意欲が高まる事へ

 今“自分”は楽しい! でもそれも、誰かが支えてると支える側に入って解った

 野田ちゃんの気付きが素敵です
 奈々子達も、表に立ちつつも舞台裏での苦労ばかりしていますし。

 作中、野田ちゃんを避けがちだったみらいがぐいぐいくるのも凄い良かった!

 さて夏休みに文化祭、そして後は“ろこどるサミット”へ…?

収録

00029



 あとがきは3人娘! 「ななこだけに七巻」と言えるほど続いたのは大きい(迫真)

 4コマKINGSぱれっとコミックス「普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。7巻」。小杉光太郎。
 月刊まんが4コマぱれっと連載、一迅社発行。
 2019年1月(前巻2017年11月)

普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。7巻 感想
 第69話「日立木さんはお腹がすく」
 第70話「たぶんハトコさんかなぁ…」
 第71話「はじめてのCD」
 第72話「文化祭に流川ガールズライブを!」
 第73話「奈々子自堕落夏休み」
 第74話「久々の水着仕事です」
 第75話「いつものイベントと熱量が違う…」
 第76話「沙織さん一押しッ!」
 第77話「さよならエミリー」
 第78話「次期生徒会長」
 第79話「文化祭!」
 第80話「奈々子、特別なステージ」
 第81話「どんな生徒会長になりたいですか?」
 あとがき
 アニメ版 感想
 これまでの感想

※公式サブタイトルありません。便宜名です

 あとがき、カバー下あり。

※過去記事一覧ページへ

※トップに戻る


 普通の女子校生が【ろこどる】やってみた 第1話「【ろこどる】はじめてみた。」
 普通の女子校生が【ろこどる】やってみた 第2話「遊びに行ってみた。」
 普通の女子校生が【ろこどる】やってみた 第3話「着てみた。脱いでみた。」
 普通の女子校生が【ろこどる】やってみた 第4話「マネージャーとかついてみた。」
 普通の女子校生が【ろこどる】やってみた 第5話「ビッグな目標立ててみた。」
 普通の女子校生が【ろこどる】やってみた 第6話「ゆるキャラ集めてみた。」
 普通の女子校生が【ろこどる】やってみた 第7話「いろいろ増えてみた。」
 普通の女子校生が【ろこどる】やってみた 第8話「勇気を出して、呼んでみた。」
 普通の女子校生が【ろこどる】やってみた 第9話「ワガママ言ってみた。」
 普通の女子校生が【ろこどる】やってみた 第10話「4人の力でやってみた。」
 普通の女子校生が【ろこどる】やってみた 第11話「ロコドル集めてみた。」
 普通の女子校生が【ろこどる】やってみた 最終話「【ろこどる】やってみた。」
 最終話劇中歌パート

 普通の女子校生が【ろこどる】やってみた OVA「みんなでお祝いしてみた。」
 普通の女子校生が【ろこどる】やってみた ファンブック
 普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。放映終了、感想リンクまとめ


 普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。1巻
 普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。2巻
 普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。3巻
 普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。4巻“流川ガールズ一周年”
 普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。5巻“魚心くん一周年”
 普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。6巻“ゆるキャラ運動”再び! AWA2ガールズ邂逅!!
 普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。7巻“生徒会長”!
 普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。8巻“ろこどるサミット再び”
 普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。9巻“奈々子の決断”

※トップに戻る


PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
アニメランキング