公式サイト 干物妹! うまるちゃんR 2期 第8話 8話 感想 うまるとヒカリ レビュー 考察 画像 あらすじ 内容 ネタバレあり 原作未読 21時追記 前回はこちら
妹から見た兄、兄から見た妹、皆から見た兄。「お兄ちゃんだったら良いな」長じて…?

00353
00382
00283
これ絶対、「本当にお兄ちゃん(になるのよ)」とか、叶が言ったの真に受けたパターンだ!
 皆がタイヘイを褒め、有頂天で帰っちゃううまる可愛い!
 干物変身を活かした可愛さ!

 ラブコメはハッピーエンドが良い、うまるの言葉で、きりえちゃんも応援開始!?

師匠の言葉を信じます!
 今まで、悪意ばかりぶつけてた自分を恥じ、黒歴史に潰されそうなきりえちゃん可愛い!
 海老名ちゃんの応援は、自分を変える為でもあるのね
 瞬殺で過ぎた夏が勿体無い!?

 内弁慶で自分勝手、泣きそうな声で睨むヒカリちゃん可愛すぎるな!
 
あんなお兄さんがいたらいいのに。皆でフラグを立てる親切さ!

00196
 本物の兄なら良いのに、そんな気持ちが、発端なんだろなって前振りだった!

あらすじ
 今回は・・・
 きりえちゃんが家におとまりしにきたり、
 きりえちゃんが恋の応援宣言をしたり、
 みんなで花火大会にいって楽しんだり、
 なぞの新キャラが突然目の前に登場して
 家に押しかけてきて、
 しかもなんかお兄ちゃんと知り合いみたいで
 うまるが焦ったり、
 するよ!

 次回、第9話「干物妹と思い出」

前回、うまるに「嫌われたくない」心情を吐露したきりえちゃん

00000
 不運続きの遊園地で、うまるとしっかり結び付く事が出来たり
 実は、アレックスも不幸を発端に今があったり
 叶の妹・ヒカリが登場したり

 タイヘイを兄と重ねていた、海老名ちゃんも自分の気持ちに気付き…?

『今日も師匠は可愛かったな~、師匠はきっと天国の住人なんだっ』

00001
00003
00005
00008
00009
00010
 ぉーう、お帰り? 早く締めろよパンイチ(パンツ一丁っ!)なんだから~

地獄の直滑降!
 いきなり蹴らないだけ、立派に成長したきりえちゃん。しかしぼんばの爆弾発言!
 明日、両親が出かけて二人きりだというのだ
 と

 明日は俺達だけだぞー? 出前とるかー?

 男女二人…、何も起こらないはずがなく…!
 これは散りますわ

 命が!

余談ですが、ヒカリちゃん登場でOP変わるかと思いました

00011
 いやホラ、最後のレギュラーキャラ参戦って事で、変わるかなって思った!
 でも、太田監督作品はあんまり変わらないですね
 ガヴリールとか。

 つまり、OPでも海老名ちゃん達が見たいなって思っただけなんですよ!

きりえ『ただでさえ地獄なのに、魔界になってしまいます!』

00012
00013
00014
00016
00018
 キン肉マン的に言えば、地獄⇒マグネットパワーの原泉、魔界⇒アシュラマン。

ででででっ
 というワケで、「今日は家に帰りたくないの…」と困ったきりえちゃんに
 なら、今夜めくるめく夜を過ごそうぜトゥナイト?
 と

 え゛ー!? いーんででででで!?

 奇行種がいる!
 きりえちゃん、泊まれると聞いて言語中枢が仕事しない!!

 おめでとう、地獄から天国へ!

タイヘイ『うん、大丈夫だよ?』

00019
00020
 もちろん、家主は一発オーケー、忘れがちだけどここはタイヘイの家で
 うまるは、あくまで転がり込んでいるだけに過ぎない
 実家どうなってんだ…。

 タイヘイは、本当オールウェイズ良い兄さんですよコイツはァ…!

『じゃあ、俺はぼんばのところへ行こうかな? きりえちゃんいなくて寂しいだろうし』

00021
00022
00023
00024
00027
00028
 あの…、私の事

知らぬは当人ばかりなり
 実は、きりえとぼんばが兄妹だとタイヘイは知っており、それを聞いた二人は仰天。
 第1期最終回での出来事ですね
 で

 言って大丈夫です…、心配しそうですから…

 今は3年の夏
 実は、2年の夏で気付いていたと告白するタイヘイ、そりゃ二人が驚くわけですよ。

 きりえちゃん滞空時間長いし、本当ぼんばに優しくなった…。

『師匠…、お兄さんは優しいですね』

00031
 タイヘイの気遣いが、海老名ちゃんと良く似ていると感じ入るきりえ
 先日、絵本用ペンを買ってるところを見られ
 ごまかしてくれたこと

 人に知られたくない事を察し、黙っていてくれる優しさ。

きりえ『…何だか、他人の家の天井って不思議です』

00032
00033
00034
00035
00038
00040
00041
 ウチは…、かなりボロいです。

知らない天井だ…
 やがてうまる達はゲームし、一緒にお風呂に入り、一緒のフードを被った
 タイヘイたちも、ちょっと気の利いたつまみを用意し
 妹の話に花を咲かせる

 タイヘイも、むぎわら少女が、きりえだようやくぼんばに明かした

 そりゃぼんばも驚くよ!
 江ノ島ってば、本当色んな物語の舞台になりますね

 南鎌倉自転車部とかJust Because!とか

きりえ『家か…』

00042
00044
00045
 おにいちゃんっ! おんぶして、おんぶーっ!!

三丁目に夕陽(常時)
 心に余裕の出来たきりえは、幼い日、兄が大好きだった頃を笑顔で思い出せた
 少し前なら、出来なかった事でしょうに。
 で

 おうっ! いいぞっ!!

 というか。
 きりえ、昔は快活だったんですね。

 今も昔もエンジェルですが。

うまる『……きりえちゃん』

00046
00047
00049
00050
00052
 さかなに、のってるよ…。

レッツ・ジュウシルカ
 また、大好きな師匠の夢に出演していると知り、夜中にフィーバーしてしまい
 あまつさえ、“自分の絵本”が影響を…
 と

 おーぅ、きりえちゃん、おちつくぅ~

 仰天きりえちゃん可愛い!
 うまるさんてば、一体どんな夢を見ていたのでしょうか。てか声がいいな声が…。、

 うまるの声、完全に寝言だった…!

きりえ『では師匠、失礼しますっ

00053
00054
00056
00057
00058
 ぅひょーう♪

素晴らしい朝が来た
 という感じに至福の夜はすぎ、朝一番で、きりえは帰っていくのだった
 眩しい太陽、清々しい空気、走るきりえ!
 飛ぶきりえ!

 感極まってジャンプ、通行人を仰天させるきりえ!

 きりえちゃん立派(なアホ)になって!
 幸せか!

 充実感しか感じなかった!

ぼんば『小学校低学年くらいまではさ、オニイチャーン!なんて言ってさー!』

00059
00062
00064
00067
00068
 でもそんなきりえにもよー! たぬきちとか海老名ちゃんとか立派な友達が出来てよー!

さー!
 一方、大人のお泊り会は、酔い潰れたぼんばの愚痴を聞き放題大会に。
 閉口しながらも、付き合うタイヘイは良い奴だ…
 が

 タイヘイ? 俺を見捨てないでくれタイヘーイ!!

 ホント、酔う⇒振るの2段コンボするから
 酔っぱらいは…

 そんなこんなでお泊り会は、明暗だったという話。部屋は魔界化!

アイキャッチも、本場家(過去)!

00069
 改めて、ぼんばってきりえちゃん大好きだよね嫌われてるけど!
 好きだけど、接し方を間違えるよね嫌われてる!
 ダメだこのひと嫌われてる!

 けど、きりえちゃんも落ち着いて、変わりつつあるのが微笑ましい。

『いやいやー、夏の暑い日にクーラーの効いた部屋で読む漫画は最高だねェ~』

00070
 ゆらゆら荘が気になる…、元ネタ・ゆらぎ荘の幽奈さん
 2018年アニメ化と絶好調な模様
 えろい。

うまる『…きりえちゃん?』

00071
00072
00073
00074
00075
00076
00077
00078
00079
00080
00081
 ここで続くんかーい!

ちきしょう!
 夢中になって偽ニセコイを読んでたきりえは、もどかしい展開にだだっこに!
 でも、ラブコメってそうだよね
 と

 ラブコメはハッピーエンドになって欲しいから応援したくなるねー

 声が完全に千棘だった!
 さすが集英社、見事にセルフパロぶっこんでくるな!!

 小野寺押しだったからちきしょう!

きりえ『おう…、えん…?』

00082
00083
00085
00086
00087
00089
00090
00092
00093
00094
00095
00097
 い、今のイメージは私の暗黒面!?

最後のジェダイ
 自然に、「応援」と思ったうまるに対し、自分は“爆破してやる”と思ってしまった
 いや、少し前の自分ならそう思っただろう
 と

 は…、恥ずかしいぃぃーーーー!

 確かに恥ずかしい!
 少し前まで、恋愛話を聞くたびイライラし、前歯を全部へし折りたくなっていた。

 うまるちゃん? さんをつけろデコ介野郎!

『(私は、コミュニティに馴染めない自分を認めたくなくて…)』

00098
 少し前までの自分は、友達のいない自分を認めたくないあまり
 周りの人間を恨んでいたんだ…
 と

 少し前の自分を、客観視できるようになったきりえ。

回想『師匠…、倒さねばならない敵が出来ました』

00099
 一年の頃、あんなに優しい海老名ちゃんをライバル視し
 倒さなきゃ、なんていってた自分がいた
 恥ずかしい!

 僅か二年で黒歴史に!

きりえ『師匠! 私は恋の応援が出来ないんです!』

00100
00102
00104
00105
00107
00108
 きりえちゃん…、あんまり難しく考えることは無いんだ。大事なことはただ一つ

それで君は良いんだよ
 当然、きりえの脳内進行を理解できなかったうまるは、「絵本作家修行」だと誤解
 感性を高める、特訓なのだと考えた
 で

 きりえちゃんが信じたい事を信じればいいんだよ?

 何か光ってる…!
 ラブコメへの共感に大切なのは、信じたい事を信じること!

 ンッ~、名言だなこれは! 多分!!

きりえ『私の…、信じたいこと…!

00110
00112
00113
00114
00116
00119
00120
00123
00124
00125
00126
 海老名さんにお聞きします。土間タイヘイさんが好きですよね?

歴史的直球
 私の信じるものは師匠です…、きりえは、「ハッピーエンドが良い」といううまるに従い
 海老名の恋も、応援しようと決めたのだった!
 と

 あなたの恋を…、全力で応援させて頂きます!

 疾風怒濤の直球弾!
 すごいや、やっぱりこの子ぼんばの妹だと思った!!

 経緯こそ違えど、ノリがそっくりだ!

『は…、はい!

00128
 お任せください! ときりえも返答し
 ここに、海老名ときりえの異色タッグが実現してしまった…
 海老名ちゃん素直!

 見抜かれ驚いて、それどころじゃないからね!

アイキャッチは、応援団きりえ!

00129
 元より、少年っぽいところがあるきりえちゃん、こういうの似合うね!
 いや、海老名ちゃんみたいなのが着るのも
 ギャップが魅力だけども!

 こうしてみると、改めてぼんばの妹だよアンタって子は!

タイヘイ『僕の妹うまるは、美人で評判だ、…非の打ち所の無い美人女子高校生』

00131
00132
00133
00134
00137
00138
00140
00141
00142
00143
00144
 これが家に居るときのうまる…、干物の妹…、干物妹(ひもうと)だ。

チェンジ!
 高校三年生の夏、久々のナレーションで、妹の更生に切り出したタイヘイだったが
 まったく懲りない悪びれない!
 で

 このままではいけない…、せめてコイツを外に出さなくては!

 夏休みは日頃と違うことを!
 と言ったら、ジャンプじゃなくてジャンプSQに手を出してた!!

 対象年齢が20歳代へ、SQとは「最高の品質」の意!

タイヘイ『(まずは…、こいつの食いつきそうなイベントで外に出すんだ!)』

00147
 視聴者視点では、最近、成長著しいうまるさんなんですが
 タイヘイ、久々に脱ニート教育を再開
 花火大会を提案に

 しかし、こうもダメダメ全開って一周回って懐かしいな…。

『せっかく屋台で、色々買ってやろうと思ったのになー』

00148
00152
00154
00157
00158
00160
00162
00163
00164
 つまり、花火大会にお兄さんを誘う…、そこで良いムードを作るんですっ!

只今作戦会議中
 屋台と聞いて目の色を変えた妹に、「外に出ると別人だな…」と呆れるタイヘイ
 だが、誘おうとした海老名ちゃんの部屋では…!
 と

 む、むーどー!?

 海老名家作戦会議中
 思えば、今までなら珍しい組み合わせですが、気を許すとぐいぐいくるきりえちゃん!

 きちんと正座してるのが、父の教育を感じますね

海老名ちゃん『そ、そそそんなー!

00169
00170
00171
00172
00175
 恥ずかしいよー!

押せ!もっとだ!!
 途端に、花火中に手が触れ合う妄想をし、大いに照れてしまう海老名ちゃん
 発想が昭和ァ!
 で

 何を言っているんですか! 一度、海にも行っているでしょう!!

 一度なんだ…。
 一年の頃は、まだ仲良くなっていく途中でしたしねえ

 海老名ちゃん、腰周りがえろい。

海老名『あ、だれだろう?』

00176
00177
00178
00180
00184
00185
00187
00188
00190
00192
00196
00197
00198
00200
 ノーリアクション!?

衝撃回答
 土間兄妹に誘われ、機会到来となった海老名ちゃん達、当然シルフィンさんも誘うが
 タイヘイ、浴衣にノーリアクション!
 と

 お兄ちゃんは、まだまだだねェ~

 シルフィン以外は仰天!
 タイヘイ、母やうまるや叶さんやら、身近に美人が絶えないから基準値がおかしいのか…?

 いやあ、きりえちゃん似あうなあ…

待って! この屋台明らかにおかしいの!!

00204
 作者サンカクヘッド先生、ヘッズとなって縦横無尽に大活躍!
 おい、自分のフランクフルト食うなよ!
 太くて熱いのを!

 先生の仕事選ばなさは異常

タイヘイ『皆、何食べる? 今日は気にしないでいいからさっ』

00205
00207
00208
00210
00212
00214
00215
00218
00219
 うちわで匂いを煽る先生きたない、さすがサンカクヘッズ先生ジヒハナイ!

屋台ですわー!
 ゲーム好きなうまるとシルフィンは、射的や金魚すくいなどに精を出し
 魚好きのきりえちゃん、金魚に夢中
 海老名ちゃんとカキ氷!

 それぞれ楽しんでるけど、うまる達、金魚すくいは失敗だから!

 水ヨーヨーに謎の意欲を見せるシルフィンさん
 勢いが違うぜ…

 水ヨーヨー、懐かしいですねえ

特大スターマインですわー!

00223
00224
00227
00228
00230
00231
00233
00235
 僕の妹は干物妹だが…

進化する日々
 結局、恋愛沙汰は進まなかったが、花火中、うまるが気を抜いてしまう場面も。 
 タイヘイ兄さん、大いに慌てた…
 が

 少しずつ変わったり、変わらなかったりしている様だ…

 皆の傍で気を抜けた
 その点では、確かに変わっているのかもしれません

 これはこれで、めっちゃ幸せそうだ…。

『学校に行く時間だぞ? もう夏休みは終わったんだからなー』

00238
 そしてあっさり過ぎ去る夏、水着回とかやらない勇気!!
 ホント、今期は時間の流れが早いな!
 川の流れのように!

海老名『二人もいっぺんに表彰されるのって、十年前にいっぺんされたきりなんだって~』

00241
00243
00244
00245
00247
00248
00249
00251
00254
00255
00256
00258
 ん…? 十年前? それもしかしたらお兄ちゃんかも。毎年学年一位だったって言ってたよ

十年前
 二学期、休み前に貰った成績優秀の表彰状が、一旦学校に飾られうまるの下へ
 改めて兄さんバケモンである
 で

 私、うまるさんのお兄さん好きですわー♪

 おかずたっぷりな海老名ちゃん
 ご飯が日の丸なシルフィン、スタンダードなうまると弁当も性格が出てますね

 海老名ちゃんだけ、オカズの量が違いすぎィ!

タイヘイ『…!』

00260
 パンが安い…! 今日はシチューにするか!!
 優秀兄さんの今昔
 今も優秀!

 いや、進むべき道を間違ってる感もあるけど!

シルフィン『だって、ふとっぱらですわー♪

00262
00263
00264
00265
00270
00271
 それに、何だか優しくて安心しますわー♪

安心毛布
 もちろん、シルフィンの好意は、あくまで子供っぽいものだったけれど
 きりえも「安心しますね」
 と

 い、いやお兄さんに欲しいなあって思うって事です!

 海老名ちゃんが死んだ!
 大概メンタル弱すぎィ! でもタイヘイが、“他人が苦手”なきりえに特別な相手なのも事実

 正直きりえちゃん、タイヘイ良物件だよね…

うまる『私、校長室に寄ってくるからっ』

00273
 海老名ちゃんのただならぬ様子、進行している事態に少しだけ気付きつつ
 今日は、独りで帰ることになったうまるさん
 で。

 校長室に行くと、「兄さんは凄かったよ」と昔話を聞く事に。

教頭『懐かしいですね、すごく良い生徒でしたね?』

00275
00278
00279
00280
00283
00286
00288
00290
00291
00293
 お兄ちゃん♪ ちょうど買い物の帰りなんだ? そうだ、後ろから驚かしちゃおっ!

最高 私のお兄ちゃん
 友達みんなや先生が、兄を褒めてくれる事に、満足すぎて干物モードで帰るうまる
 際し、兄の後姿を発見し…
 と

 お兄ちゃん、びっくりするよこれは~♪

 いたずらっ子かわいい!
 嬉しさの余り、干物化しちゃったり、兄好きあふれる最高の可愛さだった!!

 完全にフラグだコレ!

おにいちゃ~♪

00297
00300
00302
00303
00304
00307
00309
00310
00311
 お、おにいちゃん…!

Youはshock!
 しかし、先制を奪ったのはヒカリ、彼女にすれば満を持しての来訪だったらしいが
 兄さん忘れてた…、気付かない…!
 と

 あ、あの、誰かと間違えて無いかな?!

 どっこいこれが現実…!
 一目で解って貰える、確信が音を立てて砕け散る瞬間…! 残酷…、圧倒的残酷…!!

 妹二人に挟まれるタイヘイ…!

外は嫌なので、お家はいりたいです…

00315
00318
00320
00321
00323
00327
00329
 気にせず、普段どおりだらだらすれば良いです…っ

妹二人
 うまるのフレンズかと誤解し、軽快に部屋に上げてしまったお兄ちゃんだったが
 どっこい、うまるはストレスがマッハ!
 と

 んがぁー!? うまるの事を知られてるー!

 うまるの両面を知る学友!
 どうやら、アレックスを通じて調べさせていたのは、こっちの方だったらしい

 完全にうまるを敵視、ヒカリちゃん可愛い!

『お兄ちゃんは、ヒカリのお兄ちゃんですっ』

00331
 ヒカリのお兄ちゃん…、ですっ 今にも泣きそうに強弁するヒカリ
 うまるも、頑張り過ぎてて憎めなかったらしい。
 うまるさん当惑…

 この子、やっぱりどこかであった事がある、と考えるうまるですが…?
 
タイヘイ『パン、温めなおしたけど食べる?』

00334
00335
00336
00340
00343
00346
00347
 うまるのパンがー!? この子が食べちゃったの、一瞬で!

よだれ、出てます?
 当惑する中、さっきのパンを運んできたタイヘイ。しかし席を外した隙に一瞬で!
 こいつ、直接口内に…!?
 で

 こんな小さい子が、三つも食べれるわけないだろう…?

 小さい子はズルいな!
 でも、コーヒーカップくらいあるのに一口で食べちゃったよ!!

 立派な早食い王になれる素質!

タイヘイ『…ん? ヒカリ…、ちゃん?』

00348
00353
00354
00355
00357
00358
00360
00364
 いやいやいや! うまるのお兄ちゃんだからっ!!

満足臨界点
 ようやく叶の妹だと思いだし、久しぶりだと挨拶、うまるにも紹介するタイヘイ
 今日のところは、これで満足したらしく帰ってしまった
 なお

 また、来ます…また来るの!?

 そりゃもう入り浸りよ!
 食いしん坊なのに、お兄ちゃんの料理を食べず済ますはずがないし!!

 パンだけじゃなくシチューもイケるクチなんだね!

タイヘイ『叶にも、よろしくねっ

00367
00368
00370
00372
00380
00382
00385
00387
00388
 何でお兄ちゃんって呼ばれてるの?/さあ? 昔も呼んでたなぁ…

フラグ埋設系ヒロイン
 天の光は全て星、最高の笑顔で帰るヒカリで、正統な妹を巡る決戦が火ぶたを切る
 いわゆる正妹戦争である
 と

 遊んだことないよ! 怪しいよあの子ー!!

 十年眠り続けた妹フラグ!
 そして、うっかりヒカリが置いていってしまった表彰状…!!

 再訪フラグも万全、実にフラッグファイターだ!

予告ヒカリ『久々に、お兄ちゃんと会ってお話できました。嬉しいです…』

00393
00394

 久々に、お兄ちゃんと会ってお話できました。嬉しいです…

 いやいやいや!
 だからうまるのお兄ちゃんだってば!
 どうしてもというなら、うまるをお姉ちゃんと呼ぶがいいよ!

 いやです

 即答!?


00400

あらすじ
 今回は・・・
 シルフィンさんとレトロなデパートで遊んだり、
 うまるがカメラにハマったり、
 海老名ちゃんとお兄ちゃんが一緒に料理したり
 ヒカリちゃんと料理対決をしたり、
 ハムスターからの干物妹像をみれたり、
 するよ!


00402
 すっかりいやいやいや! が口癖と化したうまるさん可愛い!

第9話「干物妹と思い出」
 予告でも、ひたすらヒカリ押しですが、他のメンバーともしっかり絡んでいく様子
 海老名ちゃん、お兄ちゃんと料理って攻めてる…!
 そして料理対決!

 二人揃っての仰天顔が可愛い!

たぬきちとか海老名ちゃんとか、きりえに友達が出来て嬉しいぼんば

00069
 いつも、余計な事してはきりえちゃんに怒られているぼんばですし
 それが、悪い事だと気付けてない
 善意でやってる

 善意に怒りで返されて、なおも愛し続けるぼんば、ホントきりえが好きなのね!

今までの自分なら、恋の応援なんて絶対無理だった!

00087
00097
 自分のやってきた事が、恥ずかしくなって小さくなったきりえちゃん可愛い!
 今期、うまるも成長してるけどきりえちゃん凄い!
 若いうちに気付いた!

 恥じて変わろうとするきりえちゃん、続いてきた成長の節目を感じた!

今まで出来なかった事をやろう、きりえなりの成長宣言!

00119
 ハッピーエンドに繋げよう、応援できない人間だと気付き
 うまるを信じ、やりたいと願う流れは
 心の成長を感じた!

 絵本といい、2期のきりえちゃんは本当に意欲的。

二人いっぺんの表彰なんて十年前以来

00245
 間違いなく叶姉さん、タイヘイより一学年下なので同時受賞可能で
 話の流れから、出てくるかと思いきや出てきませんでしたね
 解せぬ 

 ヒカリが今まで出てこなかった理由、何故タイヘイを兄と呼ぶのかが、とりあえず気になります

2017年11月27日 干物妹! うまるちゃんR 第8話「うまるとヒカリ」

00020
 今年ガヴリールや、NEWGAME!!2期でも、共に9話を制作した寿門堂制作回。

スタッフ
 脚本:鴻野貴光
 コンテ&演出:荒井省吾
 作画監督:海保仁美 金璐浩
 アニメ制作:動画工房
 原作:サンカクヘッド/漫画/集英社
 制作協力:寿門堂

あらすじ
 今回は・・・
 きりえちゃんが家におとまりしにきたり、
 きりえちゃんが恋の応援宣言をしたり、
 みんなで花火大会にいって楽しんだり、
 なぞの新キャラが突然目の前に登場して
 家に押しかけてきて、
 しかもなんかお兄ちゃんと知り合いみたいで
 うまるが焦ったり、
 するよ!

叶さんが原因な気がする正妹戦争勃発! 成長したうまるは受け取りきれるのか…?

00112
00123
00157
00175
00069
00129
 お任せください海老名さん! きりえちゃん、たっのもしい!!

なお一夏過ぎた模様
 今期、ひたすら成長を続けていくきりえちゃん、遂に他人を応援できるように…。
 ラブコメの応援だと思った? テメーの兄へのリアルラブだ!
 浴衣可愛い!

 お祭りでタイヘイへの好感度も上がり、浮かれるうまる!

 流れで見てると、ヒカリ、好感度が上がりすぎちゃった子なんだな…
 という感じがビンビンきますね

 次回、第9話「干物妹と思い出」


 干物妹!うまるちゃん 第3話 簡易感想
 干物妹!うまるちゃん 第4話 簡易感想
 干物妹!うまるちゃん 第5話 簡易感想
 干物妹!うまるちゃん 第6話「うまるの誕生日」
 干物妹!うまるちゃん 第7話「うまるのお兄ちゃん」
 干物妹!うまるちゃん 第8話「うまるとクリスマスと正月」
 干物妹!うまるちゃん 第9話「うまるとバレンタイン」
 干物妹!うまるちゃん 第10話「うまると今と昔々」
 干物妹!うまるちゃん 第11話「うまるの日々」
 干物妹!うまるちゃん 第12話「うまるとみんな(最終回)」


 干物妹! うまるちゃんR 第1話「干物妹の帰還」
 干物妹! うまるちゃんR 第2話「うまるとアレックス」
 干物妹! うまるちゃんR 第3話「うまると友達」
 干物妹! うまるちゃんR 第4話「みんなとパーティー」
 干物妹! うまるちゃんR 第5話「お兄ちゃんの出張」
 干物妹! うまるちゃんR 第6話「うまると夢」
 干物妹! うまるちゃんR 第7話「うまると遊園地」
 干物妹! うまるちゃんR 第8話「うまるとヒカリ」
 干物妹! うまるちゃんR 第9話「干物妹と思い出」
 干物妹! うまるちゃんR 第10話「初めてのみんな」
 干物妹! うまるちゃんR 第11話「うまると星空」
 干物妹! うまるちゃんR 第12話「みんなとうまる【最終回】」


PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
アニメランキング