公式サイト アオイホノオ 19巻 感想 レビュー 考察 画像 キャプチャ 内容 ネタバレあり これまでの感想はこちら。前巻はこちら
超時空要塞マクロス制作始動! あの男も、遂に持てる力(?)を発揮する…?!

jaa_002
jaa_004s-
IMG_0276
IMG_0280
IMG_0281
若き庵野氏達のダイコンフィルム、“ウルトラマン”を制作!? いつも本気な庵野氏が
 本気も本気で作るからには、「核」を出したいとブチまけた!
 同時制作「愛國戰隊大日本」も始動!

 政治右派も左派も笑い飛ばす大馬鹿作品! いいねえ、若い情熱って奴は!!

超時空要塞マクロス始動!
 あの、「食いっぱぐれない」山賀氏も遂に制作参加、初代マクロスのOP絵コンテ?!
 豪快な制作譚の一方、ホノオも試行錯誤しながら4話まで連載を続けるも
 三上さんにしこたま怒られてて笑った!

 プリキュアファンで知られる島本氏、当時もミンキーモモを熱く語ってたのか…!

アオイホノオ 19巻 感想

IMG_0284
 第108話「出渕祐はルンルンで帰っていったよ!」
 第109話「原稿料の使い道」
 第110話「魔法のプリンセス ミンキーモモ」
 第111話「“風の戦士ダン” 超近代・戦闘巨編登場!」
 第112話「これで俺は… おそらく一生食いっぱぐれない!」
 第113話「庵野の本気/愛國戰隊大日本!」
 これまでの感想

※正式なサブタイトルはありません

4話も描き技術も上がった、ホノオは、“原作の忠実な再現”に挑戦する

IMG_0272
 結果しこたま怒られた! パロディを入れた事が、大正解だったって事なんでしょうね

あらすじ 
 雁屋さんの骨から力の入った原作もあり、ホノオ初連載は、高い期待度で始まった
 未熟さに苦心、資料にサイクロン号(予定)を買うなど試行錯誤するホノオは
 第4話で方向転換を図ってしこたま怒られる

 一方、山賀は、“超弩級戦艦マクロス(仮)”のOP絵コンテを任される

 ダイコンフィルムも、東京SF大会で宣伝フィルム発表を決定
 庵野主体で「ウルトラマン」制作へ

 酒の勢いで、実写“愛國戰隊大日本”制作も滑り出し、暴走は次々と形になってゆく

後にガンダムでも活躍! サザビーやケンプファーのデザイナー、出渕氏と出会う

IMG_0301
IMG_0299
 ボルテスやってねーよ! 俺「ダイモス」だよ!!(出渕氏)

ホントかよ!
 現在、「美味しんぼ」で知られる雁屋氏原作、出渕氏メカデザの豪華作品で初連載!
 出渕氏を紹介され、舞い上がったホノオだったが…
 三上編集曰く

 こういう漫画が読みたかったといって ルンルンで帰っていったよ!

 ホントかよ三上さん!?
 出渕氏のメカデザも、“作画が大変で描けなかった”が、許してくれた(?)らしい

 ホントだったかはともかく、とにかく良かった!

誤魔化さないで描かないと! その日を待っているんだよ!!

IMG_0300
IMG_0298
 当時はビッグワンガムを作画資料に…、あー! ビッグワンガム懐かしい!!

その日を待っているんだよ
 前々巻、どう考えても漫画化できない!と嘆いた原作を、ホノオなりに再構成した1話
 自分じゃ無理だ、と思いながらもやり遂げたバイタリティ!
 まず「形に出来た」のが凄い!

 もちろん、いいんじゃないですか?という曖昧な評価ッ!!

 編集・三上さんだって解ってるんだよ…
 しかしホノオも、「この原作」が、編集部にプッシュされてると聞いて大いにビビる!

 人間、期待されるほうが潰れる! 耐えた島本先生すげえ!!

買う! 初めての原稿料で、ホノオは「サイクロン号」を買ったのだッ!!

IMG_0297
IMG_0296
IMG_0295
 仮面ライダーの最初のOPを必死で視聴した奴でないとこの良さはわかるまい…

ホノオ、初めての原稿料
 東京で潰されるも、めげずに作画資料を! 初原稿料でスズキのRG50を購入
 幼い頃、“一度きりしか見れないテレビ番組”のオープニングで
 食い入るように見たバイクを買う!

 でも残念、モデルチェンジしてた! そりゃねえよ!!

 この流れるような失敗談!
 後から、「中古屋で型落ちを買えば…」とか思うあたりまで若さに溢れてた!

 若さ! 若さって何だ! 振り向かないことさ!

しかしホノオは買った! 次回冒頭、“オープニング”をやるくらい乗り回した!!

IMG_0294
IMG_0293
 ふふふ、いいだろう!(ホノオ)

ワンダーマスミ、再び
 デザインが違う…、と思いながらも、当時楽しかったんだろうなって冒頭から
 いまだ、大学生を続けているホノオに「制作」が持ち上がった
 ワンダーマスミ続編の制作だ!

 無論、そんな時間はないのに、つい引き受ける助平心!!

 連載開始するも、案外キャンパスライフしてたホノオ。
 ホントに時間あるんでしょうか

 ホノオ氏は、SFや特撮分野で有望だと目を付けられてたそうな。

1982年、当時のホノオは「ギャバン」と「アレ」にハマッていた

IMG_0292
IMG_0291
 男3人でミンキーモモを凝視、解説! 笑顔で受け答えする津田さんすげえ!

魔法のプリンセス ミンキーモモ(1982年/1991年)
 現在も、「島キュア」という同人誌を出すほど、プリキュア愛で知られる島本氏ですが
 当時、非常に高いクオリティで作られた“ミンキーモモ”にドハマリ
 女児向けアニメを大真面目に語った

 曰く、ちょうど俺たちくらいの年齢になるんだ!(ホノオ)

 ミンキーモモは、“変身”で大人の姿になるタイプのアニメでしたが
 変身後が大学生くらい!

 この作画! 完全に俺達ホイホイだぜ!!と

ホノオ『そしてココ! このへんに注目して見て!』

IMG_0290
 この辺の色づかいやら動きやら まるで映画のような手の込みよう!(ホノオ)

女児向けオソルベシ!
 まず、絵自体が手塚先生の流れを汲み、デフォルメされた可愛らしい女児向け
 加えてクオリティが高く、オープニングに痺れるほど!
 更に「変身」で大人の姿に

 ヤマトや009の芦田豊雄さん、森雪の流れを汲むデザイン!

 ホノオ自身、「こんなめんどくさい作画、俺には出来ん」作品クオリティ!
 キャラデザも完璧と、完全に若者ホイホイだったと

 ただ、「幼女かわいい」とは公言できなかったらしい。わかる。

俺もアルバイトと同じ身分に! ホノオモユル、連載スタート!!

IMG_0288
IMG_0287
 親に内緒、自由な金銭が手に入る事を「バイト」に喩えたホノオ

超近代・戦闘巨編登場!
 当時の氏が、バイトに憧れてたのが伝わってきて微笑ましいです。すごくわかる。
 とまれ初連載が掲載、怯えていたホノオですが
 上手くいったと自画自賛!

 何より、下手な絵を編集さんがかっこよく見せてくれてると絶賛!!

 この前向きさすげえな!
 当時は、また別の思いがあったかもと邪推しますが…、前向きだ!!

 こんなに編集褒める漫画って珍しい! 褒め殺し?!

マントルピース? いったいどんなピースなのか…?』

IMG_0286
 しかし…、知らない言葉も結構あるぞ(ホノオ)

ヴァオレット・ホノオガーデン
 第2話の原作も受け取り、意気軒昂なホノオですが、なにぶん資料が足りない!
 当時は、wikiどころか本屋や図書館で図鑑やら漁るほかなく
 辞書が心強い味方に

 もっとも読者側も知らないので、おおらかな時代だったのかもしれません

 第1話で、早くも相棒を失ったダンは別のチームに…?

ええい! 資料なんか買いに行く時間はない!』

IMG_0285
IMG_0284
 これからは いつでも減らせる無駄な大ゴマを必ず入れておく事にしよう!

「島本漫画」誕生編
 当時、画力も足りない資料も足りない、ないない尽くしで奮闘した島本氏
 また勢いあまって、2ページも多く描いてしまい
 泣く泣くカットする事に

 この経験から、カットしやすい大ゴマを入れるようになったと!

 え…、マジなのネタなの!?
 吼えろペンでは、大ゴマが多すぎると批判される場面もあった島本氏

 え…、マジなのネタなの!?

東京、大忙しなスタジオの一角で、ボーッとし続ける男がいたッ!!

IMG_0282
IMG_0281
 これで俺は…、おそらく一生食いっぱぐれない!(山賀)

超弩級戦艦マクロス(仮題)
 何も出来なくても、スタッフを仕切る側になれば、アニメ業界で食っていける!
 そんな山賀氏、忙しい現場であまりにも暇そうにしてたので
 OP絵コンテの担当に

 なぜ任されたのか 永遠の謎である!(ナレーション)

 実際の心境、状況はともかく「本作ではこういう解釈です」的な…。
 初代マクロスはとにかく制作がドタバタ!

 反動で、劇場版が伝説級作画になったとされる等、逸話が多いですものねえ

若き庵野『ウルトラマンを作るなら…、本気出してやりたいです』

IMG_0280
IMG_0279
IMG_0278
 核…

庵野秀明「ウルトラマン」
 ガイナックス社の前身「ダイコン」が、先の大反響を受けて、またまた制作する事になった
 今度は東京SF大会、またパロディで受けを狙うが
 同じ事では掴みが弱いもの

 そこで庵野は、初代ガンダムの“水素爆弾”に感銘を受けたと提案

 ロボットアニメがそこまで行くなら
 ウルトラマンもまた行くべき、当時最強の破壊兵器を登場させるという

 場がどよめく提案、賛否両論、これが庵野氏なんですね

もう一つはパロディだ!! ウルトラマンはシリアスに作ろう!

IMG_0276
IMG_0277
IMG_0275
 そしてやりやがったのがコレだよ!

愛國戰隊大日本
 パロが大受けし、以降もナディアなどパロを盛り込んでいくダイコンらしい作品!
 今度は、政治的右派も左派も、どっちも笑い飛ばすネタにしよう!
 湧くぜ涌くぜアイデアの泉だァ!

 右からも左からも、怒られるような奴を作ろうじゃないか!

 ヤバいところが面白い!
 プロは怒られる、素人だから出来る、酒の席のノリって嫌いになれねーな!!

 大人のタブー満載だから面白い!!!

他方ホノオは、今日も心の雁屋先生に怒られていた。そこで…!

IMG_0274
IMG_0273
IMG_0272
 ホノオくん…、君はストーリー漫画家になる気なのかい!?

ホノオ、しこたま怒られる
 第4話まで終えたホノオ、今まで、年100ページも描けていなかったのに
 今は、早くも120ページ以上描いている。
 驚異的だ

 しかし原作をパロディにしている、これで良いのだろうか?

 ダイコンと逆に、「パロディじゃ駄目」と悩んだホノオは
 第5話を原作そのまま漫画化

 結果、しこたま怒られる…、ってもう完全にポジション決まっちゃった?!

収録

IMG_0271
 ホノオが原作をそのまま漫画化したら怒られた頃、赤井さんはこのザマさ!

 少年サンデーコミックススペシャル「アオイホノオ 19巻」。
 島本和彦。ゲッサン連載、小学館発行。2018年5月(前巻2017年11月)。

収録
 第108話「出渕祐はルンルンで帰っていったよ!」
 第109話「原稿料の使い道」
 第110話「魔法のプリンセス ミンキーモモ」
 第111話「“風の戦士ダン” 超近代・戦闘巨編登場!」
 第112話「これで俺は… おそらく一生食いっぱぐれない!」
 第113話「庵野の本気/愛國戰隊大日本!」
 カバー下はいつも通り、今巻シーンの詰め合わせ。

※正式なサブタイトルはありません

※トップに戻る

ヒーローカンパニー 感想
島本和彦&斉藤大哲&ビッグバンプロジェクト





 ヒーローカンパニー 1巻
 ヒーローカンパニー 3巻
 ヒーローカンパニー 4巻
 ヒーローカンパニー 5巻
 ヒーローカンパニー 6巻
 ヒーローカンパニー 7巻
 ヒーローカンパニー 8巻
 ヒーローカンパニー 9巻“この巨大な悪は何だ!?”
 ヒーローカンパニー 10巻“それがヒーローだ!”

漫画 アオイホノオ 感想 島本和彦


















 アオイホノオ 10巻
 アオイホノオ 11巻
 アオイホノオ 12巻
 アオイホノオ 13巻
 アオイホノオ 14巻
 アオイホノオ 15巻
 アオイホノオ 16巻“サインくれよ”
 アオイホノオ 17巻“雁屋哲×出渕裕、焔 燃!”
 アオイホノオ 18巻“出渕さん”ごめんなさい!
 アオイホノオ 19巻“これで一生食いっぱぐれない!!”
 アオイホノオ 20巻 “スピルバーグに勝つ”
 アオイホノオ 21巻“超時空敗北感ホノオ”
 アオイホノオ 22巻“尾東さんと冬休み”
 アオイホノオ 23巻“上杉和也を死なせた男”
 アオイホノオ 24巻【第一部・完】“大学編”完結!!

※過去記事一覧ページ

※トップに戻る

PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
アニメランキング