公式サイト キノの旅 -the Beautiful World- the Animated Series 第6話 6話 感想 雲の中で レビュー 考察 画像 あらすじ 内容 ネタバレあり 原作未読 17時追記 前回はこちら
教えられた事を護って、自分の無知を知らず。どうやったら私は死ねる?

00046
00286
00331
簡単さ生きればいい!。知ったつもりの連続で、少女が直面していった現実が重い!
 奴隷の辿る結末も、自分の憎悪も知らなかった少女
 幸せを知った結末が清々しい!
 
 無知を受け容れ、「教えて?」と訊ね、考える“フォト”日々の始まり!

聞ける相手が居るという事
 人を信じなさい、とか「残さず食べなさい」とか、一般的には正しいことが招くバッドエンド
 自滅した隊商たちも、彼なりの「常識」が絶対だと信じた事が
 毒草エンドを迎えた訳ですし

 常に正しい答えはないから、目を背けず、ケースバイケースで考え続けること? 大変…。

“奴隷”『私は今、将来を試されているのだと思います』

00337
 将来を思うのは「今が辛い」って事。今もそうなの? と聞くまでもない笑顔!

あらすじ
 宗教の国で、孤児となった少女は、教祖によって「奴隷」として隊商に売られた。
 教祖に裏切られて、なおも教義を信じようとする少女を
 隊の護衛は、説得しようとし諦める

 だが隊は無知が原因で全滅、少女も、教義と自分自身に裏切られる

 しかし少女は、護衛の男の遺言と、売り物だったモトラドのソウに助けられ
 新しい名前「フォト」と居場所を得るのだった

 次回、第7話「歴史のある国」

ちょっとー? 見えてる?』『いいや? ぜんぜん』

00000
 前回、共に英雄が興し、共に、今も建国の英雄を愛する二つの国
 共に、「真実ではない」ことも共通項だった国を過ぎ
 今度は雲の中

 蒼い! 白い! ホワイト・アルバム!!

キノ『ほんの少しの知識だ。ほんの少し知っていれば良かったんだ』

00001

 ほんの少しの知識だ。ほんの少し知っていれば良かったんだ

 僕も、何か知らない事があるかもしれない。
 そしてそれを知らないまま、同じような目に遭うかもしれない
 もちろん避けたいけれど、知らなければどうしようもない…

 ねえエルメス? 僕は知っているのかな?


00002
00003
 僕は知っているのかな? この先で必要な知識、または起こり得る何かを…?

雲の中で・b
 終わってから始まった「B」。今回の事件で、キノはこんな感想を抱いたのだ
 知ってれば、それだけで回避できる事って珍しくない
 で

 もうすぐ晴れるね? キノ

 ありふれた事なんです。
 だから、「次は自分かも」と思い、また一つキノは用心深くなってゆく。

 彼女の現在は、教訓で出来ているのでしょうね。

そこはさながらヒマラヤか、天険を行く旅人達

00004
 でも未開な場所ほど、自然の美しさがあるなあ…、と思ってしまう冒頭。
 毎度ながら、風景作画がいい仕事してます
 さすがラルケさん制作。 

 和む旅人達、「お偉いさん一家」を核としたキャラバンで…?

『まず、ぼっちゃんにお渡しして、分けてもらいなさいっ』

00005
00006
00008
00009
00011
 どれい! どれい! どんくさい♪

高原奴隷
 和やかなBGM、仲よさげな子供たちと、飛び込んでくる“奴隷”とかいう非日常!
 彼ら、奴隷は当たり前なのね!
 で

 おい奴隷! とっとと運べっ!!

 大量のフライパンなど
 どう見ても、少女には不釣合いな重さですが、まったく手を貸すはずもなく

 BGMや子供たちと、ギャップがすんごい!

『…ちゃんと働け』

00013
 若いのは責めるだけだが、年かさの男は、鎖のせいで荷物を落としたと気付き
 ぶっきらぼうに、鎖を解いてやり
 仕事するよう促す

 怠けたのじゃなく鎖のせい、だけど若い男は「知らない」。

若者『なーんで頭領は、前の国で、あんな使えないガキを手に入れたんですかねえ』

00014
00015
00016
00017
00018
00019
00020
00022
 あの国は、知っての通り宗教国家なんだが、素晴らしい「戒律」があってな?

信じるものは
 前の国は、「どんな時でも、人を信じなければならない」という戒律が定められていた
 それ自体は素晴らしい事だ
 が

 あいつは孤児だったそうだから、体のいい厄介払いだな…

 商隊と「宗教国」で取引を行った際
 国側の支払いが足りず、補填する「代価」として、あの子を押し付けてきたらしい

 酷い、二重に酷い。

若者『ひでえ国だな! お前さんの故郷は!!

00023

 お前、俺達をどう思う? お前を売った奴を、どう思う?
 さぞかし憎いだろう…?

 いいえ…。

 どんな時も、人を憎んではいけません
 それが、真理ですから。



00025
00026
00027
00028
00030
00031
00032
 お前! お前さあ? お前を売った奴の言う事を、まだ信じてるのか?

いいえ
 若者は、美しい建前で奴隷を育てた国に呆れ、、少女に「現実」を突きつけて嘲笑する
 お前の故郷は、ひでえ国だなあ?
 と

 私は今、将来を試されているのだと思います…

 だが少女は戒律を護る
 教祖は、きっと「広い世界を見てきなさい」とか、この方が彼女の将来の為だと思ったはずだと

 信じるとは、その行いが「善意によるもの」と捉える事だ。

捉え方次第で、人の幸福度はまったく違う

00034
 先の「舟の国」を思い出しますね、彼らは、より良い生活がある事を知りませんでした
 知らなければ、今が、「客観的に」ひどい有り様だろうと
 幸せだと感じられるはずです。

 彼女にしたって、意味があると思えれば、今の境遇もへっちゃらなのでしょうか…?

『どうしようもない、おバカさんだな…。お前は“売られた”んだよ』

00035
00036
00037
 いたぶられても、殺されても、文句も言えない状況に放り込まれたんだ。

物か人か
 男の言葉に合わせて、捌かれてゆくニワトリ、彼女も「ニワトリ」と同じなんですね
 彼らは、煮ろうが焼こうが好きに出来る
 でも

 それでも恨んだり、憎んだり、隙あれば殺してやると思えないのか?

 思い、行動する事が出来る「人間」だ
 お前は物じゃない

 お前には意思がある、反抗できる事を知るんだ…、と言いたげな男。

少女『いいえ』

00038
 いいえ、人を恨んだり、憎んだり、殺したいと思う事は「悪」です。
 そのような事は思いません。
 思ってはいけません


 恨むな憎むな、正しいはずの言葉が、彼女から心の自由を奪っていた。

『なあ、奴隷? よく聞け。人間の世界は、どうしようもなく腐っている』

00039
 なあ、奴隷? よく聞け。人間の世界は、どうしようもなく腐っている
 他人を簡単に裏切って、傷つけて、時に殺す。
 そんな人でなしだけが、生き残れる世界だ


 理想論を語る少女に、自分が学んだ「現実」を教え諭す大人ですが…?

少女『いいえ…、世界は、素晴らしいと思います』

00040
 人は、お互いを愛しあい、尊敬しあい、生きていけると思います
 いつの日か、皆がそれに気付いて、そんな人だけの…
 美しい世界がくると思います


 人は気付くはず、「でも自分達こそ先に気付いている」、と少女は言いたげで。

『…お前はそれを、本気で信じているんだな?』

00042

 はい…、私は人を恨んだり、憎んだり、殺したりは…、決して…、決してしません
 それよりも、自分が死ぬ事を選びます
 その時に私は…

 私を殺す人の前で、微笑みながら死んでいくでしょう。

 そうすれば…、私を殺した人も
 いつか解るのです…♪



00045
00046
00047
00048
00049
00050
 うわーぁ…、ダーメだこいつ。頭おかしいわー。

哀れみ
 男は、「現実」を知る大人として、経験則を伝え、子供を教え導こうとしますが
 返って来たのは笑顔だった
 と

 ちゃんと働けよ? 奴隷♪

 奥さん方の罵声で中断に。
 ただ男も、彼女を諭せる言葉がない事に、ちょうど気付いたところだったのかもしれません

 だって、現に不幸に陥っても、笑顔で居られるのですから。

あーら♪ 美味しそうじゃないかー♪

00001
 奴隷! これを洗ってきなッ!!
 身内への、朗らかな声と奴隷への罵声
 これが当たり前なのね

 こんな風に罵倒され、原因となった教祖の裏切りさえ、少女は受け容れているのです。

『あいつは、“運命に負けた人間”だな? 俺の死んだ爺さんがよく言っていた』

00002
00003
00004
00005
00007
00008
00009
00010
00014
00015
 人間は、自分の力で運命を変えられないってな。…運なんだよ!

運命
 男は、どんな人生を辿るかは運次第、自分達は運が良かったから幸せだ
 運がなければ、あの奴隷みたいになるんだよ
 と

 あの奴隷には、それがなかったんだよ

 男と少女の人生観 
 二人とも、他者に教えられた事を柱にしている事が、ちょっと面白いですね。

 説得を諦め、男は「彼女の不運」を嘆くのでした

『他には何か、教えてくれましたか?』

00020
 ああ、あるぞ? 食べ物の好き嫌いをするな!
 実にシンプルな教えだ!
 そして不幸だ!

 少女が、「草」に感じた違和感の正体、それは。

ああ…、そうだ、毒、だ。死んじゃう…

00021
00022
00023
00027
00033
00035
00038
00043
00044
00045
00049
00056
00059
 しかし鎖には「重石」の部分があり、咄嗟に駆け寄ることも出来なかったが…?

教えの結果
 彼女の見ている前で、隊商の皆は毒スープを含み、少女は絶望する
 奴隷だから、と隔離していた事が仇に
 と

 そうだ…、あたしも…、皆と一緒に…

 食べ物の好き嫌いはするな
 食べられる野草、正しい教えに従ったはずが、隊商たちは全滅してしまう事に

 人を信じる事と同様、正しさは時と場合による!

めいちゅー!

00060
 しかし彼女のお椀は、何と、おぼっちゃまが投げた石でぶちまけられ
 意外な一発で、彼女は助かることに。
 その理由も振るってた!

 救いの手が、キノじゃないのが本作らしい!

『スプーンを使わずに、まるで豚みたいに食おうとしていた!

00062
00064
00065
00066
 だから、石を投げてやったのさ! お父様? 僕は間違っていますか?

正しさ
 空腹の辛さを知らぬ御曹司は、彼女の貴重な一食を、「裁き」として叩き落したのだ
 褒められた少年は、良い子であろうとする
 と 

 残さず、食べますから♪

 毒だと気付いた時、取り落としたスプーン
 それが命を救う事に。

 また彼女が、「死ぬ寸前だった」恐怖に、激しく呼吸する場面も。

だめです! ぼっちゃま、もう食べないで下さい!!』

00071
 ここまでされ、なおも止めようとする少女ですが、他ならぬ御曹司がうるさがり
 誰か黙らせて、と石で昏倒させてしまい…。
 彼らの死は決定的に。

 再び目が覚めた時、今度は「彼女を売って欲しい」という、御曹司の声が!

御曹司『殺します!

00072
00075
00076
00077
00082
00090

 殺します!

 僕は、闘える立派な男になって、みんなを護りたいのです!
 いざという時に、人を殺すのを躊躇するような
 そんな弱虫でいたくありません

 ですから、あれを散々痛めつけた後で、手足を撃って、それから腹を切り開いて、殺します


00093
00095
00101
00105
00108
 
 良いだろう。
 まだ幼いと思っていたが、お前もそろそろ、一人前の男になる時が来たという事だな?

 ありがとうございます、敬愛なるお父様!

 頑張れよ、ぼっちゃま! 
 早く強くなって、俺達に楽させてくれよー?

 あははははははははははは


00113
00119
00120
00124
00129
 彼女が助けたいと思った少年こそ、彼女を殺そうとした。

雲の前で
 商人の跡継ぎとして、奴隷を買い、さっきのニワトリよろしく「解体する」という少年
 さっき、男が散々突きつけた現実そのままに
 と

 あああああああああああああぁぁぁぁぁぁぁぁ

 殺そうとされたら笑ってやる
 さっきは笑った少女ですが、実際に死が迫った時、搾り出したのは絶叫でした

 高い広い空、甲高く延々と響く絶叫!

頭領『何なんだ? 気味が悪い…、黙らせろ!』

00133
00140
00141
00142
00146
00149
00150
 まるで絶叫が合図だったみたいに、次々と絶命、地獄絵図に。

Eye opener
 どんな時も、人を信じなければならない、そう信じ、目を背けていた現実に直面
 他人を殺すくらいなら、殺された方がマシだと思った
 その事で、相手を救えるはずだから
 と 

 でも現実には、罪悪感がない殺人が、犬死になると知ってしまった

 話し合う余地のない人間
 命さえ差し出しても、絶対に解ってくれない人間がいると分かった

 御曹子も、怖い叔母さんも鮮やかに全滅に…。

『な…、何が起きた?』

00151
00152
00154
00156
00157
00161
 あの草には、この辺りのあの草には、毒が入っていたんです。私が気付くのが…、

惨劇の後で
 しかし、一番下座に座っていた、あのライフルおじさんだけは不思議と生き残っていた
 実は、「祖父の教え」に従わなかったからだ
 と

 俺は、野菜が好きでないから…、あまり食べなかったからなあ

 意外に子供っぽい人だった!
 毒草も、この地域でだけ毒があるという、地元の人間だけが解る問題だったらしい

 高山だからか、一般とは植生が違ったんですね

おじさん『いや…、違う』

00174
 おじさんは、少女が、スープを豪快に飲もうとしていた事を思い出し
 彼女が、飲まなかったんじゃない
 死ぬつもりだったと得心

 何と、ちゃんと苦悩をわかってくれた…!

皆が死んでもいいと、思ってしまったんです!』

00186
00187
00189
00190
00194
00195
00196
 私は、人殺しとして生きていたくないから、皆と一緒に死のうと思ったんです!

懺悔
 毒草だと気付いた時点で、「みんな死ねばいい」と頭をよぎり、叫ぶ事が出来なかった
 自分は、殺人犯だ
 と

 皆と一緒に、死なせてください!

 だから毒を飲もうとした
 なのに、御曹子に邪魔されてしまって、後はこんな事になってしまったと

 最初から、憎悪はあったんですね

ああ…、そうだったな…、わかった

00197
 最初、人を恨んだり、憎んだり、殺したりするくらいなら、自分が死ぬといった
 彼女の「教え」に従い、男はライフルを取り出すものの
 既に体の自由は利かなくなっていた

 少し食べたし出汁も飲んだ、瀕死の男は「代わりに持て」という

男『動くな…、どうだ? これで、撃ちやすく、なっただろう?』

00205
00209
00214
00219
00226
00232
00238
00239
00240
 どう…、して!?

いつか
 男は、撃ちやすくする為と口実をつけ、鎖を外してやり、銃の撃ち方を指示
 咄嗟に奪い、自害してしまう
 と 

 お前が、言った、通り、いつか、解る…、さ?

 最期の言葉。
 さっき、少女自身が言った言葉を引用し、微笑んで男は絶命

 本当に笑顔を浮かべて絶命してしまった。

男『お前が、言った、通り、いつか、解る…、さ』

00245

 はい…、私は人を恨んだり、憎んだり、殺したりは…、決して…、決してしません
 それよりも、自分が死ぬ事を選びます
 その時に私は…

 私を殺す人の前で、微笑みながら死んでいくでしょう。

 そうすれば…、私を殺した人も
 いつか解るのです…



00246
00249
00251
00256
00258
 いやー、お見事だ! 皆くたばっちまいやがったぜ! お前なかなかの策士だな?

いつか解る
 男は、毒だと知らせなかった少女を恨まず微笑み、自分が死ぬ事を選びます
 いつか、その意味が解るさ
 と

 反応がおっせェよ! こっちだよ!!

 そして彼女を生かしたのは。
 隊商が持っていたモトラド、それもエルメスに劣らず口が悪いぞコレ!

 まさかの、モトラド回2連発だったのか!

『そうだよ、ここだよ?』

00262

 モトラド見るの、初めてか?
 どうして喋るの? なんて言いやがったら、遠慮なくブン殴るぞ?
 どこが口?とか聞いたら、蹴りを入れてやる…!

 えっと…、どうやって?


00270
00273
00275
 ハッ! 良い質問だ。お前、ボンクラなのは外見だけで、実はなかなか出来るな?

荷物の置き場
 気の利いたツッコミに、上機嫌なモトラドは彼女を褒め、これから自由だと謳います
 連中の死を、背負い込む必要は無い
 と

 あの男は自殺だ、毒草だって、気付かなかった連中のポカだ

 男も楽になりたがってた。
 それに最期に、あんな風に動けたなら、ホントは自殺だって出来たのかもしれません

 彼女に、せめて銃の撃ち方を“教えたかった”のかもしれません。

『あの連中が食べるのをやめたってか? ンな訳ねえよ』

00281
 第一、もし最初に叫べたとしても、連中は信じなかったでしょう
 どうせ、うるせえバーカ!と鞭打っただけと言われると…
 確かに!
 と

 あの草、一般には食用だから、信じるはずがないんですね(高原で育てると毒草に)。

『ま、どっちにしろ連中には運がなかったんだよ。そして、お前には運があった』

00285
 お見事! これからお前は自由さ!!

お見事!
 わざとなのか、男の祖父の言葉を引用し、「運命」で片づけるモトラド
 色んな意味で自由だ!
 と
 
 自由なんだよ? 聞こえた? …もしもーし?

 死ねばいいと願った少女
 お前の願いが、この状況を作り上げたんだ、見事な策士じゃないか!と

 生きる為になら他人だって殺せ、その自覚を促すかのよう。

『ねえ…、教えて? どうやったら私は死ねるの?』

00286
00289
00294
00295
 簡単さ! 生きればいい!! 生き物は生きれば、いつかは死ぬ

そうするか
 モトラドの暴論に、さっきまで、あれほど聖人であろうとした少女もぶっちゃける事に。
 だって、価値観なんてブッ壊れてしまったから
 で

 そっか…、じゃあ、そうするしかないのか。…そうするか

 死ぬ為に生きよう。
 罪を償いたい、その気持ちと「生きたい」気持ちを繋ぐ結論。

 今度は、“天寿を全うする”事が目標に。

モトラド『決まってんだろ、一緒にどっかいこうぜ!

00296
00298
 おっと…、その前にお前の名前は? 先に言うのがマナーだからな? 譲ってやる

それから
 ようやく、「何しても文句を言う奴がいない」環境を手にした少女を、モトラドはけしかける
 だが彼女は、“もう名前がない”という
 と

 そのうち、思いついたらつけてやる

 ようやく目が活きた少女
 モトラドは、金目のものを全部トラックに移し、一緒にどっかに行こうという

 それからどうする? それを考える事のはじまりだ!

『そうだよなあ…、生まれたばかりの人間には、名前をつけねえと…、な』

00299
 もう名前がない、その奇妙な答えは、元は名前があったという事
 ちゃんとした名か、奴隷だとか「この子」だとか…?
 でも、呼ぶ奴はもういない

 誰かの持ち物から、「自分」へ、ここからが本当の人生の始まりだ!

キノ『…全員、死んでる。たぶん。知らなかったんだ』

00300
00302
00303
00305
00308
00309
 あの人たちは、知らなかったんだ。…あまり、見たくない光景だなあ

雲の中で・a
 冒頭のキノの「直前」にあたる場面、彼らは知らなかった、その事を教訓としたキノ。
 そして、“奴隷の少女”がいた事も知らない
 と

 目を、つぶれば?

 見たくないものに目を瞑る
 それこそが、冒頭で「知ったかぶり」してた少女が陥ってた、不幸そのものなのでしょうか

 常に現実を見て、考え続ける事が大切なのね

『あいつほど数奇な運命を辿ってきた人間を、俺はまだ知らない』

00310
 最後も「知らない」から始まった…、ようやく、定住先を見つけたモトラドの言葉
 それは正しいし、キノの方がもっと数奇な運命であるから
 彼もまた「無知」なのでしょうか

 でも「まだ」をつけて、自分は無知だと、更新し続ける事もまた大切なのでしょうね

“ソウ”『かつて、毒草が生える山の上で、あいつは護衛の男にこう言った』

00311
00314
00316
00319
00321
00323
00324
00326
00327
00329
00331
00333
00335
00337
 “私は今、将来を試されているのだと思います”。…今もそう思っているのか俺は知らない

フォトとソウ
 彼女は、移住先で全て話し、「自分を知って貰い」受け容れられ、ちょっとした資産家となった
 今は写真家、「フォト」と呼ばれている
 と

 聞く事もない…。あいつは今、幸せそうに見えるからな?

 知らない事の連続が招いた事件
 でも知らなくても、聞かなくたって良い事もある、とソウは言いたげに幕を閉じる

 そんな、互いを「知っている」から生まれる関係のお話

独特の小型モトラド? “モトコンポ”とは

00281
 独特の形状は、折りたたみ、車のトランク(同社の「シティ」)に積む為であった。

モトコンポ
 ホンダが、1981年~85年に販売し、人気漫画「逮捕しちゃうぞ(1986~1992年)」等にも登場
 特に同作では表紙にも使われ、懐かしいという人も多いかも。
 その後ホンダは、同様に折りたたみ機能を持たせた
 電動アシスト自転車も開発

 モト=モーターバイク、「持ち運びできるモト」、という意味なんだそうな。

モトラドを持ちながら、トラックを乗り回すフォトさん

00316
 モトコンポというのは、車で運んで、移動先(旅先)で乗り回す為のバイク
 今回は、ちょっと出かけただけで、彼を持っていかなかったみたいですが
 トラック持ちの彼女とピッタリなのね

知らない。その一点が、致命傷になる事を忘れてはならない

00003
00005
 この草は冒頭の場面。最初から答えが出てたのね。

知らない
 終始、「知らない」という言葉を感じた今回、キノは自分はそうならないように戒める事に。
 たとえば現代、海外の、治安が悪い国は「泥棒は追うな」とか言いますよね
 何故なら追ったら撃たれるから。

 隊商も、食べられる野草を覚えたり、護衛を雇ったり

 充分に旅の玄人だったようですが、かえって油断してしまったのでしょうか

家族を守りたい! 強くなりたい!! ※それ自体だけは間違ってない

00066
 コメント欄で頂いた話によれば、隊商の酷さは、かなりマイルドになってたとの事

隊商と「宗教国」
 ソウが、鞭打つ云々言ってましたが、原作では実際に頻繁に鞭打ちをしたり
 食べるなと騒ぐ彼女に、石を投げるどころじゃなかったり
 かなり再構成されていた模様

 また、宗教国の「教え」も、どうも教祖や上層部による方便だったらしい

 国民を操る為の奇麗事

裏切られた時、普通は、他人のウソに気が付くものですが

00046
 憎んだりはしない、でも「哀れむ」ことはしていた気がします。

奴隷の少女
 最後の「聞く必要が無い」云々のソウの台詞や、毒だと知ったとき、死ねばいいと思った少女
 実は、自分が虐待されている事に充分気付きながらも
 嘘だと知りながらも

 それでも、自分は真実を知っている」と、優越感で保っていたのでしょうか

 殺すくらいなら殺されてやる
 ちゃんと、人間扱いしてくれる相手には言えた奴隷少女

 結末を思うと、少し物悲しいですね

『そっか…、じゃあ、そうするしかないのか。…そうするか』

00113
00119
00286
 自分の中に悪意があった事、殺人者になった事、「戒律」が役に立たなかった事…

フォトの人生
 結局、彼女が拠って立ってたものは、今回全部ぶっ壊されてしまったわけで。
 死ぬ為に生きればいい、と無茶な理屈で立ち上がるラストは
 何もかも本当にまっさらで。

 色々理屈つけて、死のうとした彼女

 今度は逆に、「生きたい」って気持ちありき、理屈跡付けで清々しく感じました

彼女を諭した、「現実主義者」のおっちゃんは

00246
 ソウの台詞によれば、「護衛」だったそうで、彼も商人に金で雇われた男らしい
 商人と比べまともで、でも彼らに逆らうほどでもない
 外部の人間だったんでしょうね

「奴隷」に対する、無情な商人たちの価値観

00075
 ただ、歴史の授業で学ぶ「奴隷」の話を思い出せば、これでもマイルドというか
 たとえば奴隷船なんて、文字通りみっちりと船に詰め込んで
 荷物扱いで運んだのですから

 運ばれた先でも、リンチにされ吊るされた死体が、「奇妙な果実」と呼ばれたり

 奴隷の歴史は、本当に洒落にならない…。

全てを明かして、居場所を得た少女

00333
 旅立った先の国で、彼女が全てを告白し、その上で受け容れられたというのも
 商人達の酷さが、それだけ「知られていた」から
 という事でしょうか。

 知らない、って言葉が飛び交った結末に、ちゃんと知って貰って受け容れられたフォト

 その流れが、本当に快いと感じました
 
2017年11月10日 キノの旅 -the Beautiful World- the Animated Series 第6話「雲の中で」

00281
 前回がcv石田彰さんで、今回はcv緒方恵美さんとかいう、エヴァ感あふれる超実力派キャスティング

スタッフ
 脚本:菅原雪絵
 絵コンテ:田口智久
 演出:野亦則行
 総作画監督:アミサキリョウコ
 作画監督:桑原直子/中城悦男/もりやまゆうじ/稲田真樹
 アニメ制作:Lerche
 原作:時雨沢恵一/イラスト:黒星紅白/ライトノベル/電撃文庫
 制作協力:なし

あらすじ
 高い山々が連なる中、旅の一団が野営をしていた。裕福そうな一行は、暖かな恰好で笑い合い、夕餉の支度をする。そんな中、黙々と働く一人の少女がいた。ボロをまとったその少女は、皆から罵倒され、馬鹿にされても、誰も恨まず憎まず、ただ真面目に働くが……。

次回、歴史のある国。聞いただけで面倒くさそう!

00337
00150
 かつて販売されていた、ホンダの「モトコンポ」型のモトラド

あー、知ってる知ってる!
 冒頭、奴隷ってのは「物」なんだぜ! って諭す場面で、ニワトリをガンガン解体するおばちゃん
 その言葉の通り、フォトまで解体されそうになる流れとか
 知らない、知っていく流れが強烈!

 奴隷も死も恐れない、誰も憎まない、その三つがまとめて襲ってきたんですもの!

 アイキャッチ時点で、てっきり、お団子頭の人に拾われると思ったので 
 成長後の姿だったのも意外でした

 オチでキノもフォトも、互いを「知らない」のも、今回らしい締めで奇麗だった!

 次回、第7話「歴史のある国」


 キノの旅 -the Beautiful World- the Animated Series 第1話「人を殺すことができる国」
 キノの旅 -the Beautiful World- the Animated Series 第2話「コロシアム」
 キノの旅 -the Beautiful World- the Animated Series 第3話「迷惑な国」
 キノの旅 -the Beautiful World- the Animated Series 第4話「船の国」
 キノの旅 -the Beautiful World- the Animated Series 第5話「嘘つき達の国」
 キノの旅 -the Beautiful World- the Animated Series 第6話「雲の中で」
 キノの旅 -the Beautiful World- the Animated Series 第7話「歴史のある国」
 キノの旅 -the Beautiful World- the Animated Series 第8話「電波の国」
 キノの旅 -the Beautiful World- the Animated Series 第9話「いろいろな国」
 キノの旅 -the Beautiful World- the Animated Series 第10話「優しい国」
 キノの旅 -the Beautiful World- the Animated Series 第11話「大人の国」
 キノの旅 -the Beautiful World- the Animated Series 第12話「羊たちの草原【最終回】」


PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
アニメランキング