公式サイト このはな綺譚 第1話 1話 感想 さくやこのはな レビュー 考察 画像 あらすじ 内容 ネタバレあり 原作未読
それは遊び心というんです。お客をもてなし、教えられ、子狐・柚の就労譚!!

00525
00360
00125
実利主義で、肩肘を張った仲居を心配し、からかった薬屋の爺ちゃんカッコ良かった!
 正解だと思うものが、思い込みじゃないとは限らない
 思えば、金平糖だって薬になる

 何事も行って、確かめてみなきゃ分からない昔話みたいな初回!

エロい昔話だった!
 舞台上、3度も風呂パート入れたサービス精神もいいね! 良い話ばかりが娯楽じゃない!
 学ぶべきは心にある、何事も学ぼうとし続ける
 柚の姿勢も素敵だった!

 スペードみたいな口と、意外にエロい身体しやがって! チキショウ!!

舞台の宿場町は、あの世とこの世の中間に

00573
 公式サイトの第1話あらすじによれば、あの世、この世の間にある宿場町なんだとか

異界温泉宿
 なので、柚を育ててくれた尼さんも、キャスト欄では「八百比丘尼(やおびくに)
 人魚の肉を食べ、800歳まで生きたという
 実在の伝説の人物です

 多くが人外、従業員が狐耳なのも、そうした異界感の一環らしい。

和製ファンタジー、来るお客様は色々。そして温泉

00053
 舞台的に、うららを思い出しますよねー。

あらすじ
 比丘尼、尼僧に育てられた狐娘の柚は、狐女達が経営する温泉宿・此花亭に奉公に出された
 未だ江戸時代を思わせる、特殊な宿場町にある此花亭には
 様々な変わった客が訪れる

 薬屋のお爺さんに、粗相してしまった柚、だが縁を生み仲居の皐と仲良くなる

 だがスパルタの皐相手に無理しすぎ
 見かねた仲居頭の桐は、櫻と引き合わせ、柚は少し周りを見る事を覚えるのだった

 次回、第2話「春の旅路」

『わー…、人がいっぱーい…』

00000
 本作は、元は「ゆるゆり」などの一迅社から、此花亭奇譚というタイトルで刊行
 しかし、漫画版で携わったGOSICK -ゴシック-のアニメ化に伴い
 休載、そのうち掲載誌が休刊となる
 
 幻冬社、月刊バーズへ移籍し「この花綺譚 」へ改題、シリーズ9年目にしてアニメ化へ

“比丘尼”『柚(ゆず)? ぼうっとしていると、はぐれますよ』

00001
00002
00005
00006
 ここはとある宿場町、おのぼり満点の雰囲気の少女は、尼さんに連れられ訪れた

柚と比丘尼
 ナチュラルに人と妖怪が混在する、和風ファンタジーな宿場町
 ケモノ耳の、柚子ちゃんが可愛いですね
 すごい困惑している…!

 なお「比丘尼(びくに)」とは、女僧のこと、つまり尼さん事です。

 要は、「和尚さーん!」って呼びかけてる感じ。

『おう! どけどけ! 怪我したくなけりゃ、道を開けなっ!!』

00007
00008
00009
00010
00011
00012
00013
00014
00016
 すごい勢いだ! …と思ったら、小さかった!! 鼠か!

桜クエスト
 尼僧に育てられ、町は初めてだという柚は、初体験の賑わいに興味津々
 やがて、町を離れ美しい桜並木へ
 と

 ほら、柚? 見えてきましたよ

 怒涛のネズミ!
 避けた柚に、「おうっ!」と返してるのが細かいね! 粋だね!!

 交通の不便さに、趣を感じる冒頭ですわ

ここが、今日から貴方がお勤めする宿…。此花亭です

00018
00019
 全景で見ると、改めて、途方もなく大きな木造建築物…!
 比丘尼様に育てられ、今日から住み込みで働くという柚。
 これほどの建物は初めてらしい

 輝く少女が可愛らしい!

一つ一つ 知っていくの 大切なこと♪

00021
00023
00024
00025
00027
00028
00029
00030
00031
00033
00035
00036
00038
00040
00042
00043
00045
00047
00049
00050
00051
00053
00054
00055
00057
00058
00059
00060
00061
00062
00063
00064
00066
00067
00068
00071
00073
00077
00078
00080
00082
00084
00085
00086
 起床から、開店風景までが慌しく、でも、どこからゆっくりと流れていくOP。

OP「ココロニツボミ」
 歌声といい、なんだか優しい気持ちになれるオープニングで、とても素晴らしいです
 ちょこまか、慌しいみんなが微笑ましい
 で

 まるで今日の 景色を予感していた ように 笑顔が揺れる ほら その心の中に

 二人で扉を開けるのが微笑ましい
 お客も色々で、かぐや姫?や、中には幽霊っぽい、現代人っぽい人まで。

 最後、ドヤドヤ揃う演出も賑やかだった!

で? この子かい?』

00000
00088
00089
 ウチで働かせたい子狐ってのは?

此花亭
 優しいOPから一転し、いきなりの圧迫面接へスライド! この急転直下感!!
 いきなり、タバコの煙を浴びせてくる辺り
 昔の人ですねえ

 なんだか、ジブリ映画みたいなアレだ。

『ふん、まあ良いだろう…、あんたとは長い付き合いだからね。…桐っ

00090
00091
00095
00097
00099
00101
00103
 ウチの仲居頭の「桐」だ…、色々教えて貰いな?

仲居頭:桐(きり)
 肉球なので、ロクに音が出ない辺りが笑わせますが、ともかく面接は合格
 比丘尼様は帰り、柚は独り残ることに
 と

 よ、よろしくお願いします!

 美人さんだ!
 察するに、基本みんな「化け狐」なのね。女将さんだけ別格だけど!!

 きっと、人間形態はさぞ美人に違いない。
 
柚『ああ…』

00104
 去り行く比丘尼を、姿が消えるまで見送る柚がすごい不安げですが
 昔は、こうして親などの知り合いを通じて職場を世話し
 住み込ませるのは多かったそうな

 たわけ(田分け)と言う様に、資産は長男が集中して継ぎ、後は各所に奉公に…、みたいな。

『はいはいっ! 感傷に浸ってる暇はないよー! 棗ーっ!! 皐ーっ!』

00106
00107
00108
00111
00113
00114
00115
00116
00117
00118
00119
 後は任せた、棗。

仲居たち
 ちゃんと待ってから、元気付けるように引っ張ってくれた桐さん、見かけよりパワフルだな!
 ご飯とか、いっぱい食べそうな人だ!
 で

奇麗な人…、ちょっと比丘尼様に似てる…

 桐は仲居頭
 なので、茶髪でボーイッシュな棗(なつめ)、無愛想ブルーな皐(さつき)が柚の担当に

 皐はとっとと去るも、柚さん、美人相手だとすぐ幸せになる模様

じゃあ、脱がすか!

00120
 なお柚さん、いきなり地獄のお洗いパーティーに突入してしまった模様
 接客業だし、ここまで数日かけて歩いてきたらしいので
 まあ、仕方ないよね!

※昔はわらじだった事もあり、宿では、足を洗う水が提供されてたそうな

桐『あら? 背は小さいのに、胸はあるのねー?』

00123
00124
00125
00128
00131
00132
00133
00136
 ばーか、と小さく吐いて立ち去る子も。

君の名は。
 いきなりサービスカット! 見かけによらず、スケベな体とか、前々期アニメ思い出すね!
 その「立ち去った子」は早くも再登場に
 で

 私、蓮よ? 仲良くしてね

 手早く着物を用意した蓮 
 桐さんの口振りから、こうした立ち回りが上手な子であるらしい

 柚さん曰く、「今度は可愛い子」だそうな

柚『わ、わたしの方こそ仲良くして頂ければ!

00137
00139
00141
00142
00144
00146
00147
 謙遜よ謙遜! 本気で言ってるとでも思ったの? おめでたい野狐ね!

蓮(れん)
 なお美しい蓮ちゃんは、中身が真っ黒なブラック系女子であった
 いや、このくらいなら可愛いもんだよね!
 で

 ふん…、トロそうな子ねっ

 次々連れ回される柚
 初日とはいえ、荷物みたいにぐいぐい引っ張られてますね

 さすが桐さん、仲居頭はパワー!

まだ何かあるんですか?!

00148
 怒涛の勢いで引っ張っていく桐さん、引っ張られてきたのは、此花亭の上層
 いわく、この宿は「神さまのお社」の次に高い場所
 高台に建てられているという
 だから

桐『…だからこれは、私達の特権』

00151
00154
00158
00159
00160
00162
00163
00164
00165
00166
00167
00168
00172
00173
00177
 ずっと二人で暮らしてたんだね…?

泣き所
 生まれて初めて見る、高台から見下ろした賑やかな町、景色に感動する
 そこに、ふと閃いた桐は「皐」に任すことに
 と

 こいチビ公! …仕事だっ!!

 無愛想でプライドが高い皐!
 しかし、「部下を引き連れ、務めを果たしている姉」に、対抗意識があるらしい

 それを知る桐に、あっさり操縦されたとさ!

皐『…ふん』

00180
 さっそく柚に雑巾がけさせる皐。当然ながら、昔ながらの板張りなので
 濡れ雑巾で拭くと、キレイに色が変わってしまうのが
 なんだか懐かしいですね

 ていうか、こんなに広い木の床を拭く、というのが懐かしい!

いらっしゃいませ!』『女将は元気かね?』

00182
00183
00184
00185
00188
00190
00191
00195
00196
 阿呆! お客様が通る前に、ちゃんと立ってろっ

僕がニュータイプだ
 ぼちぼち、お客様も訪れ、「食事は早めに」と注文や、また露天風呂を尋ねられる場面も
 慣れない柚は、早くも軽く叱られてしまう
 と
 
 いいな? お客様が通ったら、脇に寄るんだぞっ!

 来る前に気付く!
 仕事は手早く、お客の足音には敏感に!!

 仲居さんって大変なのねえ

『ん…、ん……』

00197
 しかしこういう下っていく(上っていく)構造って、何だか良いですね
 高台に沿った高低差があるらしい
 滑りそう。

 学校の渡り廊下を思い出しますが、ぜんぶ木造、って昔の人は凄いですよねー。

棗『おーっ! キレイになってんじゃーん♪ …でも、あんまり磨くと滑るぞ?』

00199
00201
00202
00205
00207
00209
00211
00213
00216
00220
00221
00222
00225
 ち…、縮んでるー!?

DIVE!!
 急な団体客だと、愚痴る棗が通りがかったが、いきなり彼女の忠告通りに!
 柚ちゃん、ナイスダイブ!
 と

 お…、お怪我はございませんか…?

 お嬢ちゃんこそ…
 と、返してくれる獣のおっちゃんマジ良い人

 お湯で、すっかり毛皮が縮んでる!

申し訳ございません!

00229
 後ほど、改めてお部屋までお詫びに…、と頭を下げてくれる皐先輩
 しかし獣のおっちゃん、「そっちの子の方が痛かったろうから」
 と、まあ人の練れている事!
 いいケモノ!

※そんなこと言って、この後むちゃくちゃ、とか思ってはならない。

柚『あの、お客様には私ひとりでお詫びに行って来ます!

00231
00233
00236
 そういう問題じゃない! 仲居一人の問題は、全員の責任

連帯責任
 自分のせいで、皐にまで謝らせてしまった事を恥じる柚、対し皐はこの通り…!
 柚ちゃん、早くも落とされてやがる…!
 と

 私は、自分の責任で動いているだけだっ

 優しい育ての親に似た
 でも性格的には、まるで似てない厳しく正しい先輩!

 やっだ、皐先輩かっこいい…

桐『個人主義のあんたに、そんな仲間意識があるとは知らなかったわ?』

00238
 すかさずツッコミを入れる、更に上を行く存在、仲居頭の桐さん。
 柚を引き合わせ、皐の事も育てたいのね
 この女狐、策士である

皐『お客様からすれば、仲居一人の失敗も、全員の失敗ととられる』

00240
00241
 いずれは辞める仕事だが、それまで責任を果たすっ

それまで
 商売人に限らず、実戦的な行儀作法を学ばせる為に、奉公に出すのは今もある事。
 どうも皐さん、生まれの良い人であるらしい
 が、個人主義。

 それじゃリーダーには向かないから、自覚を学ばせたいんでしょうかね

 いずれ、彼女が実家に戻る事で騒動になりそう。

『お詫びになんていりませんよ~』

00244
 そしてホントにお詫びにいった二人、お酒を持っていったのだが
 この旦那さん、「何もなかったのだから」と固辞
 口調といい穏やかな人だ…

 どころか、お嬢ちゃんこそ怪我がなかったかい? と

柚『はい! お尻に青タンが出来たくらいで…』

00247
00248
00250
00251
00253
00254
00255
00256
00262
 では! その湿布薬も含めて、一揃い頂きます! 私共の、お詫びの気持ちです…!

お詫びと薬
 しかし皐は、心配して出してくれた薬を、「なら、お詫びとして買います」と言いだし
 我知らず、“薬屋さん”を不機嫌に
 と

 御薬は身体を壊した人の為のもので、ただ、お詫びで買えば良いというものでは…

 柚は気付いたが
 薬屋さんの、薬への気持ちを、カネに代えるような事は言ってはならない…!

 皐は、その点「人の気持ちが分からない」子なのね

薬屋さん『それより、お願いしたいことがあるんですがね?』

00263
 期せず、未熟な部分を曝け出した皐だが、薬屋さんは怒らなかった
 彼は、こんぺいとうを「薬だ」と言って差し出すと
 不可思議な事を言い出す

 皐も、こんぺいとうだと解らぬワケがなく、バカにされたのかと憤るが…?
 
『この薬の、材料である星が足りないんです。星を、落として貰えませんかね?』

00266
00267
00269
00271
00274
00276
 わかりました! 星を落としてご覧にいれますっ!!

星へ挑む
 皐が憤るより先に、バカ正直に請け負った柚は、星へ向かって石を投げる!
 何をやっとんだ、この子は!?
 で

 良いから、お前は黙ってろっ!

 すっかり地が出た皐
 お客の前なのに、いつもの調子で羽交い絞めにしてしまうのだが…

 と、最後に投げた一投が!

『あっ…、見事、星を落としてご覧にいれましたっ!』

00279
00280
00282
00284
00285
00289
00290
 はっはっは! 屁理屈ではありませんよ。それは“遊び心”というんです

薬屋さん
 幸運にも、流れ星が重なり「星を落とした」柚、お客様は、自分は“楽しませてもらった”といい
 柚の、とっさに利かせた遊び心を褒める
 と

 心のほぐれる、お薬ですよ?

 お礼だと改めてコンペイトウを。
 また皐には、肩の力が入り過ぎているよと忠告し、その「薬です」と渡すのであった

 これが大人の遊び心、粋じゃないかね…!

皐『(私が間違ったのか…? いや、たまたま変わった客だっただけだ!)』

00295
 と、内心で切り捨てる皐、実際「変わったお客」だったのは確かですが
 何でも、「お金で解決します!」というのは
 かえって拗らせるのも真理

 その点、柚と学びあう仲なんだなー、とも感じますねー。

『(だが…、チビ公の機転で助かったのも事実…)』

00296
00300
00301
00302
00303
00305
00307
00308
00309
00311
 コンペイトウを口にし、気を取り直す皐さん

恥ずかしくて
 対し、生まれて初めての温泉に、初めて尽くしで、スペードみたいな口になってる柚だが
 皐の入浴に、途端に恥ずかしがる姿も
 と
 
 と、歳の近い方と一緒にお風呂に入ったことがなかったので…

 こっちまで恥ずかしくなる!
 覿面に赤くなる皐さん、なんだかんだで共感性の強い子である。

 また、さっきは柚のおかげで助かった、と

柚『皐ちゃんが言ってくれたんですっ

00313
00314
00317
00319
00321
00323
00325
00326
00329
00331
00333
00335
00336
00341
 仲居は皆で一つだって。会ったばかりの私の事を、仲間だと認めてくれましたっ!

連帯責任
 皐の連帯責任宣言は、桐とのやりとり通り、「自分まで低く見られたくない」から
 しかし、柚は“仲間と認めてくれた”
 と 

 阿呆か! 温泉で溺れる気か、お前ーっ!!

 全て“皐月自身の為”
 そんな皐を、プラスの解釈で受け容れた柚に、彼女も少し心を開く事に

 さっきの「薬」を押し付けて…

これでも食べて、大人しく寝てろ! …柚』

00343
 お前、ではなく「柚」と呼んでくれた皐に、にっこりの柚さん。
 確かにこんぺいとうで気が解れた!
 と

 江戸時代、砂糖が長らく海外産で貴重な事もあり、金平糖は大変なお菓子だったとか。

薬屋さん『さあて! 今日は、山向こうまで行って見ましょうかっ』

00345
00347
00349
00351
00352
00354
00355
00357
00360
 あなたが落とした、星を拾いに行かなくてはね?

度外視
 翌日、さっそく旅立つ事になった薬屋、その言葉に、あれはトンチですと慌てる柚ですが
 薬屋さん、にっこり笑って一言
 と

 分かりませんよ? …行ってみなくては、わかりません

 何事も確かめなくては。
 どんなに、信じられないような事であっても、「もしかしたら」と確かめること

 きっとそれも、人生を楽しむコツなのだと思います。

『い、…いってらっしゃいませ!

00362
 皐が「そんなの無意味だ」と思った、星落としが正解だったみたいに
 長い人生、自分の常識が、まるで通じない事は実に多い
 だから、「行ってみなくちゃ分からない」
 やってみなきゃ分からない

 風の向くまま、足の向くまま、大変だけど楽しそうな人生だ…。

『比丘尼さま、私は此花亭で、この四人の仲間達と一緒にがんばって行きます!』

00365
00366
00369
00371
00373
00374
 ああ、その子、紹介し忘れてたねー?

今日も素敵な一日の始まり
 こうして毎日、誰かの旅を見送る日々に、「なんて素敵なことなんだろう」と思う柚
 なお実際は、後一名いた模様
 と

 訂正…、五人でした

 オチ要員だったか…
 てっきり、後で入ってくるタイプのキャラなのかと。

 黒髪の子は、意外に元気そうであった

アイキャッチは、桜の花と柚

00376
 毎回更新型か、固定型か不明ですが、柚さん美しい
 桜は、「始まり」の象徴ですねえ
 別れの象徴でもあるが!

何をちんたらやっているんだ!

00377
00001
00002
00381
00382
00383
00389
00391
 言われたことだけを、やっていてどうする!?

マッスルボディ! 
 あれから…、皐なりの優しさは、愛の鞭の形でビッタンビッタンと、柚を乱打!
 柚も、「自分の仕事をこなしつつ指導する凄い人」だ!
 と

 私も、足手まといにならないように頑張らないとっ!

 うーんこの相乗効果?
 皐は、最初は「真似」をやっていろ、その内“何故そうなのか”解ってくる…と

 意外に、ちゃんと指導してる…。

桐『んー…』

00393
 これを見ていたセイバーさん、もといマルタさん、もとい桐さん
 敢えて、皐と柚を別行動させます!
 と

 皐は自分と、柚は…。

桐『柚の相手は…、櫻(さくら)よ?』

00394
00396
00397
00399
00401
 此花亭一、クソマジメな皐に対し、最もフリーダムなのが櫻であった

さ行二段活用
 皐を尊敬し、彼女に付き合ってボロヨレになってた柚だが、櫻相手では勝手が違った
 今度は、何をすれば良いのか判らんのである
 と

 櫻ちゃん! 次は、何しましょうか?

 すごく小さい!
 けれど、先輩なので指導を頼る柚ちゃん

 しかしまあ働かないな!

“皐”『“意味が分からなくても、真似しとけー!”』

00403
00405
00408
00411
00413
00415
00416
00417
00422
00425
00426
00432
00434
00435
00436
 仕事を放り出した櫻、でも「意味なんて後から分かる」という皐の忠告で…

無言劇
 櫻に付き合った柚は、池の鯉にエサをやり、そして草笛で遊ぶ櫻を目撃
 でも、草笛だったら自分も知っている
 と

 むしろ、櫻が知らない葉笛を鳴らし、彼女の興味を引く

 この女狐できる…!
 最初は失敗、櫻がちゃんと鳴らせたら、嬉しげに褒める柚ちゃん!!

 初めて、目を合わせ、そらす櫻ちゃん可愛すぎるな…!

櫻ちゃん!?

00439
 しかし櫻監督、デレたと思ったら、柚選手を置き去りにしてダッシュ!
 早い早い、これが獣道を知り尽くした女!
 ケモノはいてもノケモノはいない!

 際し、今度は「付いてきなさい」と、振り返るのも可愛い!

櫻『…

00440
00443
00444
00446
00448
00450
00451
00452
00453
00457
00459
00460
00461
00463
00464
00466
00470
00472
00475
00481
00483
00484
 仕事を覚えることに精一杯で、こんなにたくさん、素敵な事があるのを知らなかった…!

サクラクエスト
 導かれたのは桜の群生地、お饅頭まで分けてもらい、柚は心地よさの余り寝てしまう
 けれど、だからこそ余計驚いた
 と 

 すごい…、すごいです! 櫻ちゃんといると、時間がゆっくり流れます!

 櫻は「楽しいこと」を見つける達人!
 皐のスパルタで、時間がいくらあっても足りない時と違い、一つ一つが楽しく長く感じると

 櫻ちゃん、思ったよりちゃんと喋るのね!

『櫻ちゃんありがとう、大事にしますねっ!』

00489
 桜の首飾りをどうせ拾って作ったものだと、贈ってくれる櫻
 時間に追われすぎる日常とはまた違う
 新しい、楽しい出会い

 これもまた、就職あるあるなのかもですねえ。

『櫻ちゃんといると、見えてた景色が変わるっていうか…』

00493
00496
00498
00499
00503
00504
00508
00512
 それが仕事に生かせれば、良いけどな?

温泉報告会
 事後、どうだったかと聞いてきた桐に、「自分の周りしか見えてなかった」と気付かされた
 櫻との出会いを、プラスに伝える柚
 で

 そうそう、アンタら寝る部屋同じにしたからね? じゃ、よろしく~

 また爆弾発言してるー!
 あと、「周りがよく見える」って経験、周りを見て真似ろ、って言葉にも繋がるのね

 真似ようにも、見えてなかったと気付かせたのか

櫻『…変な子ね』

00516
 同じく櫻、実は桐と同室だった彼女は、こっちにはよく喋る。
 柚が、「自分といて楽しい」と言ったことに
 おかしな子だと評する

 いえいえ、櫻ちゃんほどではありませんが…?

『桐ちゃんは? …櫻といて、楽しい?』

00519
00522
00525
00526
00527
 楽しいっていうより、…落ち着くね~、櫻の前じゃ、肩肘張らなくて良いから♪

桐ちゃんさんの幸せ
 作中、壁際で悪巧みばかりしている桐ちゃんも、櫻ちゃんの前では気を抜けるから
 安易に、「楽しい」と言わないのはズルいね!
 で

 おっと、こりゃ上質の枕と間違えた~♪

 オヤジだね!
 酒と、タバコと女と膝枕!!

 桐ちゃんってば、仲居連中のオヤジさんだね!

皐『…今から寝るのに、どうしてそんなに元気なんだ』

00528
00530
00535
00537
 枕投げとか…/しないぞ

柚ルーム
 一方、お友達と初めてのお泊りだ、とテンションがあがって眠れない
 子供か! だった!!
 で 

 する気だったのか…

 枕投げする皐さん
 まあ、桐が乗せたらあっさり参加しそうであるが。

 断られ、あからさまに脱力する柚!

『つまらなかったら、棗たちの部屋にでもいってこい』

00540
00544
00548
00551
00554
 おやすみなさい…、と、いって、眠れるのは、なんだか、うれしい…

心の形
 自分とじゃつまらなかろう、と自負する皐であったが、終始テンションが高いまま柚はぐっすり。
 そのまま、柚は旅立った理由を回想する
 と 

 学ぶとは、机の上で、知識を増やす事ではありません

 人の心に学んできなさい。
 やたら「学ぼう」と、その根底は尊敬する人の教えなんですね

 初回が薬屋さんだったの、大正解じゃねえか!

皐『おやすみ…』

00555
 柚のことがわからん…、と呆れた皐だが、「おやすみが言える」嬉しさ
 寝言で、育ての親を呼んだ事といい
 寂しいのかと察したようで

 彼女の「おやすみ」は、少しでも、寂しさを和らげてやろうって成長なのかと感じます

あの日 背伸びした影法師 ひらり 追い越しているんだ♪

00557
00559
00560
00561
00563
00565
00567
00569
00573
 女将が緒方恵美さんだァ! てか比丘尼様、八百比丘尼だー!

春ウララ、君ト咲キ誇ル
 ED,エンディングテーマは声優陣で謳いあげるキャラソン、なんとも華やかですねえ
 キャスト欄に、ついつい笑ってしまうし絵も奇麗!
 で

 いつか降り積もる思い出に 色褪せない眩しさで 精一杯咲き誇れ

 思い出と今の自分の歌
 なら最後の歌詞は、想い出にも、決して負けない今を築きましょう!って賛歌か!!

 散る桜は美しい、けど咲き誇る桜もまた美しい!

現存する木造四階建築、金具屋さんが制作協力

00084
 有名な木造四階建て、北信州渋温泉街の宿・金具屋さん協力に
 なお、その建造も宮大工さん(お寺などを作る大工さん)のもので
 神さま絡みの本作にピッタリですね

 現在も営業中ながら、国の登録有形文化財になっている事で有名です。すごい。
 
アニメ制作は、「がっこうぐらし!」などのLerche

00499
 この会社さん、昔もセイバーさんをアニメ化したことがあるしね!

Lerche(ラルケ)制作
 とても作画が奇麗ですが、前期では、「ようこそ実力至上主義の教室へ」の制作元
 また、「クズの本懐」と同じ黒澤さんがキャラデザインを務められ
 同じ方だ、と気になりました

 また、OVAで「カーニバル・ファンタズムも制作

 Fateなど、タイプムーン作品のごちゃまぜコメディですね!
 あれも面白かった!

 今期も、本作と「キノの旅」の2作同時制作に。

2017年10月4日 この花綺譚 第1話「さくやこのはな」

00274
 主要スタッフが制作! 「こういう話をやりたい」って回だったワケだ!

スタッフ
 脚本 : 吉岡たかを(シリーズ構成)
 絵コンテ&演出 : 岡本英樹(監督)
 作画監督 : 黒澤桂子(キャラクターデザイン)
 アニメ制作:Lerche/ラルケ
 原作:天乃 咲哉/漫画/月刊バーズ・幻冬舎コミックス刊

あらすじ
 あの世とこの世の間にある宿場町に建つ「此花亭」。
 ここは神様に仕える狐っ娘たちが働く温泉宿。
 期待と緊張で胸をふくらませ「此花亭」へ奉公にやってきた柚。
 個性的な先輩たちに迎えられ、仲居修行が始まりました。
 ある日、ちょっと頑張り過ぎてしまった柚は、お客様である薬屋さんを転ばせてしまい、
 先輩仲居である皐とともに謝罪へと向かうのですが…。

次回、春の旅路。どこかへお出かけ…?

00131































































00095
00080
00376
 緒方のアニキ、もとい女将さん、人間形態が美人かババアか気になります!!

おいおい
 異界の旅館だったんかい! あまつさえ、神さまに仕えてたのかい!?とビックリ。
 放送後、あらすじを読むと軽くビックリしますが
 そういう事なんでしょね

 ストーリー上、大切なのは心の交流、成長、温泉サービスカットなのだと…!

 単なる和製ファンタジーかと思いましたが
 この辺の設定に関しては、おいおい作中でも出てくる感じなんでしょうね。たぶん。

 次回、第2話「春の旅路」


 このはな綺譚 第1話「さくやこのはな」、柚、※春ウララ、君ト咲キ誇ル
 このはな綺譚 第2話「春の旅路」、皐
 このはな綺譚 第3話「恋待ち焦がれ」、蓮
 このはな綺譚 第4話「夢の浮き橋」、櫻、※夏咲き恋花火
 このはな綺譚 第5話「梅雨送りし」、お菊&瓜乃介
 このはな綺譚 第6話「此花亭怪談」、桐。※オープニング小変更
 このはな綺譚 第7話「夏祭りの夜」、棗。※茜空、君舞フ紅葉ノ散歩道
 このはな綺譚 第8話「かりそめの訪客」、椿。
 このはな綺譚 第9話「泡沫の…」、蓮&棗
 このはな綺譚 第10話「姉上襲来」、皐&柊 ※雪華煌めく家路にて
 このはな綺譚 第11話「神様の休日」、桐&櫻
 このはな綺譚 第12話「大晦日の奇跡【最終回】」、若椿&柚 ※四時・草の縁


PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
アニメランキング