公式サイト 漫画版 異世界食堂 1巻 感想 レビュー 考察 画像 キャプチャ 内容 ネタバレあり 原作:犬塚惇平、作画:九月タカアキ アニメ全話視聴後
美味しい“隕石”めしあがれ! コミカライズ版は、お茶目で賑やか!!

Aaa_002
Aaa_004s-
IMG_6309
IMG_6258
IMG_6287
IMG_6255
モブ役に「常連客」がいつも楽しげ、ちょっと丸っこいキャラデザが可愛い漫画版!
 漫画版の良さは、リアクションがとにかく楽しそうな事で
 コマが狭く感じるほど!

 当惑のメンチカツに、プリン姫が解説、常連同士の和やかさ面白く美味しい!

うーん…、隕石?
 例えば、メンチカツに対する解説、揚げたてで、パチパチ油が爆ぜる様は「確かに」と!
 料理は美味しく、未知は楽しい、そんな言葉が聞こえるようで
 ドキドキ、わくわくのリアクションが楽しい!

 巻末は、アレッタさんがおにぎりを食べたり、店主が彼女の下着を買うオマケも。。。
 
店主『異世界食堂、ウチのもう一つの名だ

IMG_6308
 店主が、「客が何者なのか」「どんな場所から来るのか」気にしないコトを、まず強調している

あらすじ
 トレジャーハンターのサラは、とある日記から、彼女にとって「異世界」にある洋食屋に辿り着く
 一週間に一度、ドヨウの日だけ開く扉の先で
 彼女はメンチカツを堪能

 また、その日の深夜に迷い込んだ魔族の娘アレッタは、翌朝店主と遭遇

 店主とモーニングを共にして意気投合
 アレッタは店員となるが、翌週「エルフ」のファルダニアとトーフステーキに仰天

 ビーフシチュー目当てに、最後の客として訪れる、“六竜”赤の女王にも可愛がられる

 初出勤は楽しくも大変、おにぎりも美味しかったのだった

店主『ようこそ、ねこやへ!

IMG_6307
 エビフライやフェアリーが既に常連で、店はとにかく賑わってる!

メンチカツ:サラ・ゴールド
 初回は、原作と同じく「メンチカツ」から、パッと目を引くのが客の多さ!
 あとプリン姫が黒い!
 ブラック!

 また、エビフライと勇者ガガンポ、仲よさげなのが妙に笑えます

 エビが一方的に話しかけてる感じ!
 作画に苦労したアニメ版だと、メインキャラさえ殆ど動いてませんでした

 モブ「担当」の充実っぷりで、まず楽しくなっちゃいますね!

伝説のトレジャーハンター、ウィリアムの秘法を求めて!

IMG_6306
 当方アニメでは、事前に「あらすじ」を読んでいた為、曽祖父=ウィリアムとして見てました

妹さんが出てる!
 物語は、ここで一旦回想に入って、手のつけようのない姉と困り顔の妹に。
 日記の件で、妹に相談してから行ったんですね
 サラさん可愛い!

 また、アニメ版同様、「ウィリアム=曽祖父」はちゃんとボカしてあります

 爺ちゃんパワフル!
 この時、口では呆れてる妹さんが、妙に詳しくて。割と御爺ちゃんっ子だなって。

 そんな描写が微笑ましいですねー。

店主『今日の日替わりはメンチカツ、ウィリアムさんが一番好きだった料理ですよ』

IMG_6304
IMG_6305
 際し、プリン姫に相談する場面がまた笑える! フランク!!

メンチカツって?
 んー、「隕石?」と予想外の答えですが、言われてみると確かに!
 揚げたてで、まだ油がパチパチしたメンチカツ!
 表面ごろっと硬そう!

 プリン姫は魔術師なので、隕石とか詳しそうだし。。。

 面白いたとえだわ!
 アニメでは、クロ並みに鉄面皮だった姫が、妙に親しげなのも面白いですね

 でも、何せロースカツの弟子ですから…。

サラ『あ、硬…、くない!

IMG_6303
IMG_6301
IMG_6302
IMG_6300
 ナイフでつつくと岩のように硬く、入れるとパリッと快い!

メンチカツさ!
 アニメでは、食べた時の「食レポ」が話題を呼び、特に2話のサラは絶品でした!
 対し、漫画はとにかくリアクションが「わかる!」って感じ!
 すげえ楽しそう!

 店主が、スタイリッシュにメンチカツ揚げてるのも、漫画版ならでは!

 漫画版はお茶目!(断言)。
 感動するサラに、「ハマッたわね」と観察する姫も、常連客の風格ですねー。

 最後のひとカケラ、涙目にすごく共感する!

サラ『(しまった! 2皿でも足りないっ!?)』

IMG_6299
IMG_6298
IMG_6297
 楽しげなサラに、在りし日のウィリアムを連想する店主

だろ!/え!?
 あと、店主が幻視する場面や「ウィリアムさんのおごりです!」に、めっちゃ笑った!
 まるで、そこにウィリアムさんがいるみたいだ…
 からの「オゴリです!」

 サラが、パンで挟むと美味しいよ、と店主に聞いて後悔する姿も

 2皿でも足りない!
 ねこやでは、おっきなパンがついてくるので、挟んで食べてね!!

 普通も挟むのも、どっちも旨い!

サラ『おじいちゃん! また私のクッキー食べたでしょ!!』

IMG_6296
 怒る孫に一言、「そんな(クッキーの)隠し場所など一発よ!」

このクソ曽祖父!
 出番、僅か3ページくらいなんですが、ウィリアムさんのノリが最高だった!
 いいかサラ、旨いものを探し、見つけたら喰え!
 それがトレジャーハンターだ!

 この大人気ない姿、確かにねこやの常連だ!

 探し喰い、もっと旨いもんを探すんだと。
 人生、最後まで探求…!

 トレジャーハンターの心意気。

店主『やれやれ、やっぱこの歳で徹夜はキツいな…』

IMG_6295
 おつかれさん! …きまった…!!

お茶目か!
 夜、すっかりくたびれて帰っちゃうワンシーンですが、店主の一人上手がまた笑えます
 漫画版、とにかく店主がお茶目なんですよね
 動きキレッキレだし!

 また、アニメでは暇そうでしたが、漫画版一話は殺人的な混雑!

 アレッタを雇う流れ
 暇そうなアニメは、正直「優しい人だな」って強く感じました

 対し、こっちだとホント切実な感じ。

邪神の復活で、戦争を有利に進めていた魔族でしたが…

IMG_6294
IMG_6293
 漫画版では、「昨日の夜から、ここにいたのか?」と台詞が。WEB版は日曜日だと明言

ねこやと「異世界」
 アニメ版、初見では誤解した時間の流れも、落ち着いて読める漫画版だと解りやすいです
 いやま、原作だとさらに解りやすいんですが
 それはそれ。

 異世界解説も原作側に近く、あっちの事情が深く描かれ面白い!

 ただ、そこは一長一短
 アニメ版の感想で、「その辺の事情は短めでいい」って声も。

 本作は、あくまで「料理」が主役ですものね

アレッタさんが生まれる約50年前、70年前の邪神戦争とは

IMG_6292
 店主が照明をリモコン操作、刑事ごっこするお茶目な一幕も。

邪神戦争
 大昔、赤の女王ら六竜が滅ぼした「万色の混沌」を、今も神と崇める一族が魔族
 魔族は、“混沌の眷族”として、総合力で他種を圧倒しており
 数百年もの大戦争を繰り広げた

 だが、切り札に邪神復活を図り、股間剣やロースカツら4英雄に撃破される

 魔族は「加護」を失って弱体化
 多くは、アレッタのように、人間とさほど変わらない種になってしまったそうな

※復活が不完全だった為、四英雄でも撃破できた

店主『アンタも、朝飯食ってくかね?』

IMG_6291
IMG_6290
IMG_6289
 魔族は「帝国」以外では迫害、なので、最初はビビってたワケね。

料理は魔法!
 際し、店主がモーニングを作ってくれますが、1ページにパッとまとめるレイアウトで
 ホントに、「魔法みたい!」って伝わる演出でしたね!
 店主かっこいー!

 ちなみにアニメではスクランブルエッグ、こちらではオムレツに!

 ふんわりとろとろ!
 とろとろ過ぎ、「今にも無くなるんじゃないか?」って、焦っちゃうアレッタさん!

 彼女にとっちゃ、魔法だものね!

中までふわふわ、柔らかくてとろとろで…

IMG_6288
IMG_6287
 幸せな食卓に、両親を思い出してしまうアレッタ

幸せの味
 アレッタの場合、それは亡くしてしまった両親との、幸せだった頃の記憶だと。
 孤独で、排斥され明日も知れない我が身で
 ふと思い出した幸せ

 こんな朝ごはん 久しぶりで…(アレッタ)

 味そのものじゃなく
 幸せが、そっくり「幸せだった頃」に直結するアレッタの涙

 こんなの、腹いっぱい食わせるしかないよね…!

店主『俺は、そちらのルールは知らないし、ここは異世界食堂だ』

IMG_6286
IMG_6285
IMG_6284
 もちろん、そんな泣きッツラじゃお断りだが、さっき見せてくれた笑顔で接客してくれるなら

ウチじゃ充分合格だ!
 やがて「雇用」のくだり、ここでアレッタが自分は魔族だと明かし、辞退しかける場面も。
 彼女が、自分は魔族だと苦しんでいる健気さと
 店主の男前さが光る!

 渡りに船だけど、「お店にご迷惑を」と、断ろうとしたアレッタ

 改めて良い子だアレッタ!
 また貨幣感覚も、かなり細かく解説される場面もありました。

 アレッタ、「魔族迫害」給金補正もあるし…。

漫画版の特徴、ラストで「次のお客」が登場に

IMG_6283
IMG_6282
IMG_6281
※プリン姫が白いのは作画の都合で、基本的に色黒な模様

無理難題!
 ラスト、ファルダニア登場ですが、彼女の問いに「食べ物じゃない!?」って大混乱!
 現代人なら、菜食や精進料理が浮かびますが
 文化の違いですね

 やっぱり、アレッタさんは可愛いな!

 初日でファルダニア!
 アレッタさん、いきなり前途多難なのが、やっぱり可愛い!!

 早くも常連、サラさんも可愛い!

ファルダニアが、妙につっかかってきた理由とは

IMG_6280
IMG_6279
IMG_6278
 彼女はエルフ、森の民として伝統的に菜食の為、隠し味程度でも受け付けない

料理研究家ファルダニア
 漫画版は、最初から料理研究について貪欲で、それゆえ外へのコンプレックスがあると描写に
 エルフといえば、森に住む“賢い”長命種である事から
 基本、人間を見下しがち

 その一方で、閉じた世界への疑問と、飛び出したい欲求もあって。

 おまけに「野蛮な料理」
 なのに、あまりに皆が楽しそうに食べてたので、いじわるしてしまったという描写に

 この130歳ってば、ホント(本作の人は大概)大人気ない!

『(これがステーキ? エルフだと思って、馬鹿にしてるんじゃないでしょうね)』

IMG_6277
IMG_6276
IMG_6275
 また「魔族」は特に蔑むべき対象の為、アレッタに厳しい目も。

豆腐ステーキ!
 しかし、でもだからこそ「美味しい」の一言に、常連が一丸で反応するのが楽しい!
 解るよそれ、めっちゃ解るよ!
 この店は旨い!

 熱々の豆腐ステーキ、昆布の旨味成分が、コクをしっかり加えた一品!

 昆布にポン酢に大根ソース
 全てが渾然一体で、力を合わせて「動物性」なしで美味しさを作る!

 もぐもぐ!って、ご飯も美味しそうだった!!

賢き長命種エルフ、「負けたまま」では終われない!

IMG_6274
 アレッタにちゃんと謝るのが可愛い。

エルフの意地!
 改めて、「負けていられない」ってファルダニアは、常連客でも一風変わった人だなーと
 その負けん気は、何より彼女がエルフだから
 ってのが面白い!

 だって寿命も文化も古い、他の種族を、ちょっと見下すのも仕方ない

 負けを認めて踏み出す!
 負けん気の強さって、青春でかっこいいと思うよ!!

 頑張れ130歳!

割とジャンル問わず出す「ねこや」、その根っことは

IMG_6273
 俺が最期に見せるのは代々受け継いだ未来に託すねこや魂だ! 人間の魂だ!

ねこや二代目
 アニメでは、「海外から来たものはぜんぶ洋食だ」、と第一話冒頭で語られており
 思えば、視聴者に釘を刺していたんだなー 
 的なエピソード

 漫画では、飯屋はメシが旨けりゃそれでいい、とさらに男らしい!

 ねこやはお客も多様だから。
 料理は旨けりゃいい、お客は美味しく食べてくれれば誰でもいい

 まさに、ねこや魂って奴よね!

来たぞ店主! 一巻最後のお客様は、お馴染み赤の女王様…?

IMG_6272
IMG_6271
IMG_6270
 正体が竜である事を、読者に対し隠すというアプローチに

うまい!
 執事のバルログ、いちいち良い仕事してて笑えますが、お前「原典」だと大怪物だよね!?
 いきなり全裸、腹の音で店内を揺るがし
 一口食べれば号砲一発!

 まったく、赤の女王はホント豪快さんだなあ!

 ビクッとしてるアレッタさん!
 ビーフシチュー作画の、てりってり具合、すんげー美味しそうだった!

 竜は全裸(基本)。 

店主『ビーフシチューは、二つの旨味が凝縮されたスープだからな』

IMG_6269
IMG_6268
IMG_6267
 女王様は食事に忙しいので、店主が解説してくれます。。。

ビーフシチュー
 あまりに美味しそうに食べるので、「そんなに美味しいのかな?」と思うのも自然!
 そこで店主自ら、アレッタさんに解説するのが
 親子みたいでしたね

 肉の旨味が広がっていく!/美味しそう!!

 ホント息ピッタリ!
 一息ついた女王、炎の吐息で店を焼きかける惨事も。

 店主の細かい台詞が最高だった!

『本来なら、鍋いっぱいの金貨をくれてやりたいのだぞ!

IMG_6266
IMG_6265
 赤の女王…、それは世界最強の六竜の一柱…!

赤の女王
 ここで、見開きでドーン!って正体を現すのが、またカッコ良かったですねー!
 機嫌よく、アレッタをくしゃくしゃするのも素敵。
 常連の美人なお姉さん!

 かつて、異世界屈指の魔法強者、エルフを単独で壊滅させた大怪物…!

 アニメでも異様でしたが
 人間モードもいいが、「この姿で食べるのも格別」だそうで。

 クロもですが、人の姿は窮屈なんでしょうね

異世界食堂最初の一日も終わり、アレッタを待っていたのは…

IMG_6264
IMG_6263
IMG_6262
IMG_6261
 初日からファルダニア相手は過酷! 火が!!

おにぎり
 敢えてピシッと背筋を伸ばし、「でも楽しかった」ってのが、ホント可愛がりたくなる!
 まかないに加え、「おにぎり」を贈ってくれた店主。
 いざ!

 また他にも、石鹸も貰っており、こっちでの生活も改善したそーな。

 石鹸の歴史は古く、紀元前2200年前には製法が。
 しかし同時に「改良」も。

 現代の石鹸、泡立ちにビックリするアレッタさんも可愛かった!

お米のかたまりだ…!

IMG_6260
IMG_6258
IMG_6310
 マスターの作った料理なら大丈夫! と思ったら、梅干の洗礼だァ!!

すっぱい!
 元より、お米自体に馴染みが薄いアレッタ、中世西欧的には「おにぎり」の発想は斬新らしい
 まずは味噌汁、豆腐がほろほろ解ける温かいスープから
 こってりした焼き鮭へ!

 白飯をばくばく、中から焼き鮭、香ばしい海苔で〆る素晴らしさよ!

 海苔も大丈夫だよ魔族だし!
 とはいえ、さすがに梅干の洗礼は強烈だったらしい

 でも、だからご飯が進む初体験…!

最後のひとつは、外ぱりぱり、中ふっくらのアレだ!

IMG_6257
 大トリを飾ったのは、ファルダニアも好物の焼きお握り!

ぱりぱり!
 外も中もお米なのに、まるで別の素材みたい! 味噌汁にも良く合うし!!
 たぶん、表面に味噌を塗って焼いたもの
 香ばしい!

 内と外の対比、両方いっぺんに咀嚼する楽しさ!

 むちむちと噛み締め
 飲み込めば、喉を香ばしい味噌がくすぐっていく快感!

 ねこやの幸福に、こっちでは給仕以外を探そうと決意するアレッタさんなのでした…、と

ねこやの謎、「アレッタさん下着は?」

IMG_6256
IMG_6255
 正解、店主がコンビニで買ってきました。

働き者か!
 初日は、土曜深夜にこっちに来てしまい、休店日の日曜を使って研修に
 ねこやは、オフィス街にある洋食屋さんなので
 土日は客がいないのです。

 てなワケで、服まで用意してくれた店主、堂々たる買いっぷり!

 こういうのは、恥ずかしがったら負けなんだな…!
 妙に細かい台詞が楽しかったです

※この後、コンビニの二人はゴールインしました。

漫画版1巻は、「アレッタ就職」で再構成!

00084
 原作WEB小説公式サイトはこちら

WEB原作より
 メンチカツ(原作1話目)
 モーニング(20話目)
 ステーキ(トーフステーキ/4話目)
 ビーフシチュー(5話目)
 おにぎり(?) 

 原作1話を起点に、その夜アレッタ来店、翌週の初出勤を描く格好で再構成され
 その日、一番の「問題客」としてエルフのファルダニアと遭遇
 ねこやの閉店を司る赤の女王と出会う事に

 濃い一日だった…。

次巻は、アニメで当番回がこなかった人が!

IMG_6311
 漫画版タツゴロウ登場! このモミアゲがすごい2017!!

次巻ご来店のお客様
 テリヤキ(2話目)
 ??フライ(3話目)
 ふわふわの雲(8話目)
 ???カレー(50話目+16話目?)
 他

収録

IMG_6254
 アレッタさん、めっちゃフニフニされてる!

 ヤングガンガンコミックス「漫画版 異世界食堂 1巻」。原作:犬塚惇平、作画:九月タカアキ
 ヤングガンガン連載(月2回刊行)。スクウェア・エニックス出版刊行
 2017年6月発売(前巻発売)

収録
 第1話「メンチカツ」
 第2話「モーニング」
 第3話「トーフステーキ」
 第4話「ビーフシチュー」
 第5話「おにぎり」
 おまけ漫画
 カバー下あり

 表紙で「扉を開ける」のが、本作らしいですね。店員服の女王様!


 異世界食堂 第1話「ビーフシチュー/モーニング」
 異世界食堂 第2話「メンチカツ/エビフライ」
 異世界食堂 第3話「ミートソース/チョコレートパフェ」
 異世界食堂 第4話「オムライス/豆腐ステーキ」
 異世界食堂 第5話「カツ丼/プリンアラモード」
 異世界食堂 第6話「サンドウィッチ/じゃがバター」
 異世界食堂 第7話「カレーライス/チキンカレー」
 異世界食堂 第8話「ハンバーグ/クッキーアソート」
 異世界食堂 第9話「シーフードフライ/クリームソーダ」
 異世界食堂 第10話「クレープ/納豆スパ」
 異世界食堂 第11話「カルパッチョ/カレーパン」
 異世界食堂 第12話「とん汁/コロッケ【最終回】」
 原作WEB小説公式サイト http://ncode.syosetu.com/n1701bm/

漫画版 異世界食堂 感想










 漫画版 異世界食堂 1巻“ようこそ洋食のねこやへ” おにぎりも美味しいよっ!!
 漫画版 異世界食堂 2巻“実況”チキンカレー! 時の流れに前を向け!!
 漫画版 異世界食堂 3巻“わいわい”激論サンドイッチ!
 漫画版 異世界食堂 4巻【最終回】“異世界食堂の始まり”

※トップに戻る





 EAR'S GIFT -みみかき先生- 1巻“扉を開けて”

※トップに戻る


PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
アニメランキング