公式サイト SAKURA QUEST サクラクエスト 25話 第25話 桜の王国【最終回】感想 レビュー 考察 画像 ネタバレあり キャプチャ 22時追記 前回はこちら
町をちょっとだけ元気にした国王は、自分もたくさん元気になって去っていきました

00446
00490
00497
間野山の、由乃の冒険はこれからだ! 道を別れ、「ただいま」をいつか伝える最終回
 最後の最後で、「木と春」横断幕をもう一回贈る先王
 総決算の民主化エンドだった!

 変わり続ける事が肝、なら由乃も皆も、安住じゃ終われませんものね!

サクラクエスト
 改めて、前期EDに感じた「それぞれの道」ってイメージや、今期ED懐かしい思い出感
 二つのEDは、別れを見据えた、かけがえない時間を描いてたんだなって。
 改めて、みんなの「変化」が快かった!

 真面目過ぎて、最後コメディにすると思ったから、しっとりした終わりが逆に意外だった!

Thank you for watching SAKURA QUEST!

00470
 最後、次々見送りに出てくるシーンが、本当に最高だった!

人の夢は! 終わらねェ!!!
 元々、丑松が独断で、誤解孕んで始めた行いが、皆に共有されたのも素敵だ!
 祭りパートでの、「龍の唄2番」の歌詞も沁みましたね
 人は間違い嘆くものって。

 間違いも嘆きも肯定し、乗り越えようって唄、灯篭流しが美しかった!

それぞれの旅立ち! ラストは小麦(色)由乃です!!

00541
 あと、りりちゃんが最後まで可愛かった!

あらすじ
 2018年4月26日、丑松が「姉妹都市提携」を思い立ち、市長探しに飛び出す事件もあったが
 間野山オールスターで解決、“復活みずち祭り”第1回は盛況に終わり
 由乃たち五人、それぞれの道を歩むと決める

 国王退任式、丑松は、町の活性化は皆に共有された王国解体を宣言

 5月15日、5人は記念樹を植え、由乃は間野山に別れを告げ
 町人の多くが見送るなか旅立った

 どんな仕事も、「好き」を見出して変えていけば。5人と間野山の挑戦は終わらない(完)

国王由乃最後の聖戦! みずち祭りは大盛況!!

00000
 失敗続きだった本作、しかし、「あくまで間野山の為の祭り」に絞込み
 観光アピールを、敢えて削ったみずち祭りは
 素晴らしい盛況を迎えた

 が、丑松が走り去ってしまった。信じよ…、さらば(足元を)すくわれん!

真希座長『はぁ!? 会長が金沢へ!?

00001
00002
00003
00004
00006
00007
 私が市長に、SNSのメッセージを送ります、会長さんの目印を教えて下さい

ダッシュ丑松!
 あっと言う間に金沢は兼六園に辿り着いた丑松、何せ本作は富山県なので
 金沢は、意外に近かった!
 が

 そうです! 何か目立つものを身につけて下さいっ!!

 向こうの市長に会わねばならぬ!
 しかし丑松一人で、どうやって「サンダルさんの故郷の市長」を探すんだと思ったら…

 SNSって、本当に便利ね!

丑松『目立つもの…!

00010
 シャー! やると思ったけどマジでやりやがった!!
 ただの間野山の恥だからチキショウ!
 さすが!

早苗『思わぬところで話題になっている…!』

00011
00012
00013
00015
00017
00018
 完全に不審者だよねー

春ですね
 しかし、あのカッコで外人を探し回った丑松は、SNSで騒ぎになり、警察に保護されてしまう
 いやあ治安大国って素晴らしいですね!
 で

 チュパカブラ職質…

 生まれた単語が斬新過ぎる!
 兼六園は観光地なので、どっかで見たような制服姿も。

 制作元的に、ハルチカを思い出しますね

外人『Excuse me、チュパ…?』

00020
00021
00023
00025
00026
00027
00028
00029
00030
00031
 会えましたか、良かった!

実に理に適った帰結
 会えたどころか、向こうの市長も変人で、あっさり丑松と意気投合してしまう
 市長なのに、お一人様なのかよ!
 で

 これぞまさしく人生万事塞翁がチュパじゃ!

 いちいち新語を生み出すソリューション
 間野山ポテンシャル高ェ…

 考えてみりゃ、あのサンダルさんのファンだから、市長も変人だったのだ… 

『国王、ドク知らない?』

00032
 しかし安堵も束の間、今度は、門前町商店街の「吊灯篭」が点灯しない
 前回、由乃たちが磨いていたシーンは
 前振りだったのね

 美濃さんが、とばっちりで「5D流しそうめん」管理を任され、由乃とドクはすっ飛んで行く事に

おねーえちゃんっ♪

00033
00035
00037
00039
00041
00044
00046
00047
 お…っ、国王のご家族か?

サプライズ!
 大車輪で吊灯篭を修理、美しい風景に、門前町もなかなか美しい風景に変わってくれた
 また、由乃の両親と妹ちゃん
 と

 ここでは、お姉ちゃんじゃなくて、国王なんだからっ♪

 第1話のおよそ10年前
 家族旅行で、「10万人目の来場客」として、由乃が国王になったのも同じ季節

 当時を知るご両親、サプライズで訪れたらしい

『家族の再会、正直、良いシーンです!』

00050
00052
00055
 安心して下さい、久米には口出しさせません!

正直登場です!
 また、TV生中継は断ったが、雨宮さんも夕方と夜のニュースに枠をとってくれ
 今回も、自ら撮影に乗り込んで来てくれた
 と

 正直、頑張りました!

 この人ホント熱いな!
 前回の久米さんが、冷笑的だったのと対照的です

 久米さんも厳しいだけで、根は良い人なのかと思いましたが…、根腐れでしたねえ

わっしょい! わっしょい! わっしょい!!

00057
00059
00060
00061
00062
00063
00064
00065
00066
00068
 緊張してるのかい? …そんな時は、掌に人という字を三回書いて、飲み込めばいい

値千金
 吊灯篭の照らす幻想風景、シャイニングドラゴンの存在感、そして全く違和感ない千登勢…!
 まるで最初からそのキャラデザだったみたいな…
 で

 凛々子も大丈夫さ、あたしの孫なんだから

 昔ステージで緊張してた
 凛々子に問われ、自分も緊張を乗り越えたというオリーブ千登勢が頼もしい!

 村娘凛々子、めちゃくちゃ可愛い…!

由乃『ええー!? 峠でガス欠ぅ!?

00070
00071
00073
00074
00075
00077
00078
00081
00082
00085
 じゃあ、たえさんも一緒にお願い! 車内でメイクやっちゃってください!!

だんあるよ!
 職質に続き、ガス欠の丑松! 市長が無邪気に喜んでるのが、幸いなのかどうなのか!
 しかも、祭りの交通規制で車が出せない
 で

 走るしかないよ!

 めちゃくちゃ忙しないな! 
 チュパカブラ王国の外、観光協会まで行けば「美濃さんの(ピンク色の)車」がある!!

 って、前回のビデオがここで活きるの?!

IT大臣から聞いた!

00086
 そこで颯爽登場間野山美中年! 困っていたしおり達の下へ
 今度は、お馴染み高見沢さんが推参
 あのデマンドバスだ!

 なんつーか、ビックリするほど総力戦だな最終話!

うえいと! うえいと! トラストミーじゃ!

00088
00091
00093
00095
00096
00098
 おーいおーい! って、向こうの市長が良い人すぎるwwwwwwwwwww

鳩山元首相か!
 サンダル市の底知れぬポテンシャル、こうして、会長が間に合う目処も立った頃
 会場に、真希の父も訪れている
 と

 良いじゃない? 今日くらい、好きに撮らせてあげれば

 小学校時代の話ね。
 真希の父さん、先生なのに真希ばっかり撮って怒られたらしい

 いまや、憎めない町人が多すぎである

『緊張してる? エリカちゃん』

00099
00100
00102
00109
00110
00111
 本当に…、この町で、太鼓叩く人になるの?

間野山の視線は愛
 太鼓を準備中の浩介達、前回、彼の夢を知ったエリカは本気なのか問うが
 もちろん、将来なんてまだ分からないという
 が

 でも…、“今”は本気でそう思ってる

 今思う事は。
 確かに、エリカちゃんが惚れるのもわかる男前っぷりですわ。

 エリカちゃん、いつものエプロンに法被が可愛い

『…あたしも先の事は分からない。でも、今は本気で思ってます』

00116
 教えない! つまり、今、本気で浩介が好きだと…。
 彼女、現実主義で都会志向な子だけど
 彼と家族には愛がある

 東京に行ける年齢になった時、エリカがどうするかは浩介次第か!

由乃『大丈夫! 金田一さんが誘導してくれるって!!』

00118
00119
00120
00121
00122
00126
00127
00128
00129
00130
 ディスイズハッピー! オゥエキサイティーング!! ハッハーッ!!

法被でハッピー!
 この市長ノリノリ…、道路自体も各所で封鎖されてたが、金田一中年が誘導を買って出た
 持つべき者は、公僕のフレンズなんだね!
 で

 道案内なら任せろ!

 バリバリ! ここから徒歩移動!!
 金田一は、あぜ道から獣道まで、間野山全ての道を知り尽くすロードマスター!!

 すげえや! 獣道って警察の仕事なの!? 

『熊は大丈夫ですかね…』『祭りの音に覚えて、近づきませんよ!』

00133
 また婚活では玉砕した金田一氏、思わぬところで好感を得るの図
 当時は、嫁欲しさにガッつく困った人でしたけど 
 彼の印象も変わりましたね

 シャイニングドラゴン騒動、あの影響ってホント大きい。

市長『YES! ワッショーイッ!!

00135
00136
00137
00139
00142
00143
00147
00148
00149
00150
00151
 ワッショイなう…?/大丈夫、お神輿担いでるみたいっ!!

嵐を呼ぶ市長
 しかし、神輿のすぐ隣を通る事になった時、ナウマン市長はそっちにフラフラ!
 親切で賢い野毛さんの助け船で…
 と

 ナウマン市長、ワッショイなう だそうです!

 何の暗号だコレ!
 声掛けを受け、見も知らぬ外人を入れてくれる青年会とか最高じゃねえかワレ!!

 こんなん一生の思い出になるぞアレ!

ドク『おう! 来た来たっ!! 今度は間に合ったな? ビフ』

00152
00154
00156
00159
00160
 おお、約束は守ったぞー!

ザ・ガレージバンド
 50年前、東京に出ようと誓った3人でしたが、丑松=ビフが来なかった為に実現せず。
 千登勢=オリーブは夢を封じ、地域の為に生きました
 が

 ふん、五十年かけてやっとだよ?

 オリーブの目が優しい…
 前回ラストで、また来ないんじゃって怯える姿、乙女みたいでしたものね

 五十年目の約束とは濃すぎる…!

『五十年前、ワシは決めたんじゃ…』

00162
 逃げずに、この町を目覚めさせてやるとな!
 あのとき来なかった、丑松の動機が「町の為」であり 
 東京行きは違うと思ったから

 あの「若者馬鹿者」の誓い、ブッ壊した祭りが蘇ったぜビフ!

真希『おみこしが到着しました、それでは開演します…、皆さん、よろしくお願いします!』

00163
00164
00166
00167
00170
00172
00173
00174
00176
00178
00179
00181
00182
00184
 お婆ちゃん…、この舞台でちゃんと歌えたら、私、お願いがある

龍の唄
 やがて凛々子の決意表明と共に、真希主演、間野山の皆が見守る中で劇が始まった
 龍は、人里に不安そうに辿り着く
 と

 共に知恵を分かち合い…、生きていけるだろうか

 やっと辿り着いたと嘆息
 龍は、何かの理由で人里を目指すも不安でいっぱいだったらしい

 どっちかと言えば、上京してきたようなアレだ。

『何だお前は?』『見かけん顔だな?』

00186
 しかし間野山村民は、疑い深さあふれる喧嘩腰な口調で接し 
 さっそく龍の娘をビビらせる
 と

 普段の真希ちゃんなら、逆に煽り返したであろうに…!

村長『どうした村の衆…?

00187
00188
00189
00191
00192
00193
00196
00200
 AMAZING…、と、曽祖父ゆかりのほこらで呟くサンダルさん

龍のほこら
 アメイジング、驚いたという意味、「(驚くほど)素晴らしい」と嘆息するサンダル
 月の光、淡い桜がAMAZING…!
 と

 私はあなた達を恨んでなどいません、本当は一緒に手を取り合いたかった…

 クライマックスへと移る劇
 しかしサンダルさん、自分だって立役者なのにねえ…。

 飾らないところ、最後までサンダルさん。

龍の娘『…解りあいたかった』

00201
00204
00205
00206
00207


 眠れ とわに 哀れをとどめ
 さみしき子よ 口惜し(い)想い
 ゆるしをこう かの時を

 人と人は けして 交わらず
 さりとて生きて 認めあいて 幸を分かつ この歌と

(間奏)

 眠れとわに 安息の地へ
 愁(うれ)いの日々 和(なご)すように
 賑やかに もてなそう

 人と人は 間違い 嘆くもの
 されば乗り越え 手を取り合う 和を結ぶ この歌と

 眠れ 眠れ 静かに おやすみ


00209
00212
00214
00216
00217
00218
00219
00221
00222
00223
00224
00225
00226
00227
00228
00230
00232
00234
00238
00239
00240
00242
 龍の唄の本来の歌詞、漢字は第11話にて。あれからもう14話か…。

龍の唄
 古文書からして足したのでしょうか、2番の歌詞では、間違い嘆いて当たり前だと許し
 また、この祭りが弔いもてなすものだと歌われた
 と

 眠れ 眠れ 静かに おやすみ

 灯篭を流し旅立つ神輿
 懐かしい顔、浮かぶ笑顔、一人噛み締めるような国王、流れる湖面が美しい

 いい最終回だった…。

アイキャッチ、このBGMも今回で最後です

00243
 耳、目に馴染んだアイキャッチも最後、龍の歌も映像も素晴らしかったです
 歌詞も、龍の故事が誤解と間違いを含んだと共に
 由乃も「間違い」から始まったと感じます

 いつもいつも間違いつまずいた本作、はじまりはいつもミステイク…!

『おつかれさまでした! かんぱーい!!

00244
00246
00247
00248
00249
00250
00251
 テレビ中継に、「俺映ってる!」「俺見切れてる!?」の語感の良さ!!

オリーブ
 千登勢は拒否りましたが、視聴者誰もが思った、「お前も歌えば?」と促すビフ
 ザ・ガレージバンド再結成よ!
 と

 俺は一足飛びに夏がいい、燃え上がる一夏の灼熱の恋!

 そして金田一に春が…!
 そして、良い男だと、視聴者も長い付き合いでようやく知った野毛さん

 なんか変な方向で酔ってるー!

しおり『真夏のお見合いツアーをやりましょう!

00255
 そこで思う存分、燃え尽きて下さい♪ ひでえ!
 しーちゃん最後までひでえ!
 魔王や!

 間野山の間王がいる!

『ウシマツー!』『なうまん!』『『いえー!』』

00258
00259
00262
00265
00266
00267
 姉妹都市は可能ですか? 私はお姉さん派です(サンダル)

楽しかった!
 まるで百年の親友のような市長、サンダルさんが、妙にきっちり正座してるのも彼らしい
 多少間違った形でも、こちら(日本)を理解しようとしてくれる彼!
 で

 来年はもっと盛大な祭りにして、俺も神輿を担ぎまくってやるからなっ♪

 この一年楽しかったという元王子
 第一話で「あっ…」と思わせた、くたびれたバスの運転手

 日々に磨耗した彼が、熱く語ったシーンは今も好きだ!

凛々子『はじめて飲んだ…、ちょっと良い気分』

00269
 事後いつものメンバーだけで桜酒に繰り出すザ・国王ご一統
 気持ちよく酔った中、珍しい赤ら顔の凛々子
 今回が、初のお酒だったとか

 放送前PVでは、凛々子はお酒を飲まない人と語られ、作中で描かれてきています
 
『この桜の下で打ち上げやったんだよね~』『あれから一年かー』

00270
00271
00279
00281
00283
00288
00289
00292
00294
 色々、バカな事もやっちゃったけど…/バカで無茶で、楽しかった!

一年目の打ち上げ
 第2話、五人が集まるきっかけとなった饅頭騒動、たった5人の敗戦打ち上げから
 たった一年、されど一年…
 と

 バカと無茶と親孝行は、出来る内にやっとけって名言もあるしね!

 楽しかったというしおり 
 なら、またやればいい、と「チュパカブラ王国二代目国王」の名言を打ち上げる由乃

 圧倒的アンタの事!

しおり『でも…、これでもうお終いなんだね…』

00297
 始まりの桜の下で、五人だけの打ち上げをする国王勢
 楽しかったら、またやればいい
 けど終わりは終わり

 ここから、それぞれに未来を切り開く時間が来た、と。

『国王と大臣の任期が終わっても、私達の未来はこれから!』

00300
00305
00308
00310
00313
00316
 早苗は商店街、あの秋山さん家を借りて、地域コンサルをやるという

約束の正体
 真希はまた民話ベースの劇、詳しい凛々子は、知ってるものを教えるといい
 なら、専属の作家になればと言われる
 が

 世界を見る、だからまた、戻ってくる

 引き篭もっていた凛々子は旅立ちへ
 UMA好きという変わった趣味は、丑松が意図せず呼びこんだ、クリプティッドから世界へ!

 チュパカブラ、「建国祭」が凛々子に旅立ちを与えた!

『写真、いっぱい送ってね?』

00317
 凛々子の告白に、覿面に不安そうになったしおりだったが
 これは、帰ってくる為の旅立ちなんだといわれ
 応援する事に

 千登勢も、息子の事件から守り通した孫の旅立ちに、こんな思いを抱いたのでしょうか

由乃『私も決めたんだ、これから先のこと…、未来のこと』

00322
00323
00326
00327
00329
00334
00335
 すごく居心地が良かった…、でもその居心地の良さに甘えるのは、何か違う気がして

国王の旅立ち
 由乃の決断も旅立ち、この居心地に安住するのは、何か違うと思うから。
 それでも、間野山は“第二の故郷だ”
 と

 五人の前途を祝して…、かんぱーいっ!

 成功にしがみついちゃならない
 それは、チュパカブラ王国の、成功体験を忘れられなかった丑松の反省でもあります

 変わること、変わり続けてこそナンボ!

由乃『ん…?』

00336
 てっきり最後は「変えた証」として、丑松だけじゃなくて町の皆で
 五人にドヤドヤと、差し入れしに来るかと思いましたが
 今回は誰も訪れず

※2話ラストは、丑松だけが差し入れに来た。

『あっという間の一年じゃったな…、どうやら決心は固いようじゃの?

00337
00341
00342
00343
00344
00346
00348
00349
00351
00352
 お前さんは出て行ったほうがいい、…せっかくの他所モンが、他所モンじゃなくなっちまうワイ

建国王の決断
 これまた、第1話の対となるように、由乃の旅立ちをスッパリと見送る丑松
 また、次なる国王は…
 と

 儂もようやく、決心が固まった所じゃ

 謎めいた答え
 にしても、「せっかくの他所モン」というのも、また意表を突く答えですね

 憎まれ口ですが、言われてみるとその通り!

アンジェリカ『そろそろ始まるわよ?』

00354
 やがて由乃の国王退任式中継へと舞台は移りますが
 サンダルさん、ここでも喫茶に居るとか
 どんだけ気に入ったんだ…

 また「チュパカブラ饅頭CM」動画、再生数4000以下ぽっちなのが妙にリアル

『初めてこの町に来た頃の私は、私は何も気付いていませんでした』

00355
00356
00359
00360
00361
00362
00363
00364
00365
00368
00369
00370

 初めてこの町に来た頃の私は、私は何も気付いていませんでした
 間野山の事を、どこにでもある普通の田舎
 何もない普通の町だと思っていました

 でも、この一年、間野山で暮らし、働き、たくさんの人と出会う毎日の中に

 そんな普通の風景の中に
 気がつけば私は、間野山にしかない色んなものを感じるようになっていたんです

 この町にしかない歴史、この町にしかない文化、この町にしかない風景

 それは、間野山がこれまで長い時間をかけて作り上げてきた
 他のどこにもない唯一無二のものだと思います

 そして間野山は、これからも歴史や文化を大切にしながら、変わり続けていく

 ほんの一時でも。
 よそ者で、馬鹿者の私が、そこに関われた事を光栄に思います
 私の国王としての任期は、今日でお終いです

 皆さん本当に、本当にどうもありがとうございました!


00372
00373
00374
00375
00376
00378
00379
00381
00382
00386
 間野山には、昔から大切にしているものがあった。それが“龍の唄”に託された想いじゃった

王たちの宣言
 由乃の感謝の演説は、マンドラゴラ騒動のような、由乃の礼で締めくくられ
 丑松は、もう王国は必要ないと宣言
 と

 ここに! 国王の退任と、チュパカブラ王国の解散を宣言する!

 よそ者若者馬鹿者が教えた想い
 異文化を受け入れ、一人一人が常に変化し学び、文化を継承し、時に更新していく

 王国という、「音頭とり」はもう不要なのだ、と

『この一年、本当にご苦労じゃった…、ありがとう国王』

00387
 視聴者側も、一人ひとりに、「あ!」或いは「どこで見たっけ」と感じる見慣れた面々
 最後は、第一話の逆回しとなって幕を閉じる
 すなわち「王冠」の返却

 あの時は困惑し、内心半笑いだった儀式が、今は本当に尊く感じる

『皆どうかもう一度、元国王に盛大な拍手を!

00389
00390
00392
00393
00395
00396
00398
00401
00402
00403
00404
00405
00406
00408
00412
 元はと言えば、丑松が独りで、「この町を目覚めさせる」と50年騒いできた

民主化エンド
 そして確かに成功し、しかし強引な手法で商店街と対立、やがて寂れて忘れられた
 それでも、続けようと走り続けてきた「王国」も…
 と

 よしのーっ! 何してんのーっ!!

 丑松が背負う必要は無い
 本作では、彼の気持ちが伝わり、由乃たちに広く振りまいて貰ったのかもしれません

 つまり主役はビフ(極論)

『これでよし…、っと』

00413
 退寮の日「五人の勇者達」は、王宮跡地に記念樹を植える
 あれから早くも半月が経ったらしい
 最後まで「樹」

 桜にまつわる本作だけに、残すものは記念樹か

しおり『私、これからもっともっと桜を植えて…』

00414
00418
00420
00421
 何百年かかっても、この先間野山は、桜と一緒にあり続けるんだよ!

桜の探求
 また、唯一「観光協会」所属のまま、一番別れを恐れていたしおりは
 町を桜で一杯にするんだ
 と

 いつか、この五人でそんな景色を見れたら…!

 見慣れた風景は美しい並木へ…!
 ソメイヨシノなら、2年程度で花、30年もすれば立派な大木に育つとされます…!

 あ、根が頑丈で、家の基礎を浮かしたりするから注意な!

『寂しくなるけど、後の事は任せて!』『間野山観光協会は、永遠に不滅だからね?』

00422
 さて別れの日、今まで、婚活ツアー勢やクリプティッドなど 
 様々な人を見送った駅から
 国王も旅立ちへ

 しかし、現れたのはいつもの4人とサンダルさん以外、観光協会の二人だけで…?

またねー!

00423
00424
00426
00428
00434
00436
00439
00443
00444
00445
00446
00449
00451
00452
00453
00456
00459
00460
00461
00463
00466
00467
00468
00470
00471
00473
00474
00476
00477
00478
00479
00482
00486
00487
00490
00493
00496
00497
00503
00505
00508
00509
 ここはお前の町じゃー! いつでも帰ってこーい!!

第二の故郷より
 もちろん、沿道で待機していたドクとオリーブ、エリカたちが次々と現れ
 また、最後に現れたのはやっぱり…
 と

 木と春が、離れすぎでーーーーす!

 はじまりはいつもミステイク
 誤解から始まったそれを、再び持ち出してきた先王はずるいな!!

 サンキュービフ、Thank you for Chupacabra!

こうして 町をちょっとだけ元気にした国王は、自分もたくさん元気になって去っていきました

00511
 そして明かされる秘密、実はサンダルさんは、ずっと本作の「絵本」を描いていて
 実は、サクラクエストとはそのタイトルだったのです
 と

 公式のあらすじ文、予告は、その「本文」だったのかもしれません

サンダルさん『でも、町のみなさんの冒険も、まだ始まったばかり』

00514
00515
00517
00519
00520
00524
 そして国王の新しい冒険もまた、これから始まるのです。

ヨシノクエスト
 描き終えたサンダルさん、様子からして、彼も旅立ちを決めた様子でした
 そして当の由乃は、国内線でグッダグダに…
 と

 死ぬかと思った…

 彼女の選択は東京へ「戻る」コトじゃない
 帰郷でも、はたまた間野山での安住でもなかった由乃の選択は、まだ見ぬクエスト!

 あー、地方のこういう飛行機、めっちゃ乗り心地わるいよねー!

はじめまして!

00530
00531
00532
00534
 モモンガプロモーションから来ました、木春由乃です!

ネクストくえすと!
 まるで視聴者に呼びかけるようなアングル、待っていたのはもちろん横断幕
 国王は、芸能事務所に戻って「派遣国王」というか
 ローカルアイドル業になった
 らしい。

 地方を飛びまわり、次々失敗しまくる、成功の女神として!

 由乃、旅がらすエンドってワケだ!

Thank you for watching SAKURA QUEST!

00536
00538
00539
00541
00542
00545
00546
00547
 最後は、いつもの予告のテーマで、五人のこれからが!

SAKURA QUEST!
 観光協会で働く間王しおり、萌ちゃんまで来てくれ、わだかまりなくハイタッチする真希!
 仰天する周囲と、秋山さんから「ベレン」のエッグタルトを貰い
 野毛さんたちに見守られる早苗

 旅立ちを決めて、一昔前の旅行ファッションが可愛すぎる凛々子!

 由乃はすっかり小麦色!
 おめでとう、木春由乃は小麦由乃に進化した!!

 きっと次シリーズは全編水着回だッ!

コミカライズ・古日向先生、ラストは大作の集合絵!

DKLWmSOVYAAIHc3
DKLLInQVwAE_QfL
 右端、ちゃっかり建国祭バンド「プトレマイオス」のメンバーも

間野山大集合!
 メインの5人を軸にしながら、今回も特に思った事ですが、色んなメンバーがずらりと
 ラストで、しおりが応対してたのも「婚活ツアー」の二人だし
 色んなキャラが出て再登場もした

 これだけ詰め込むと、本当に賑やかな物語だった再確認できますね!

 凛々子外伝のまっくすめろん先生は由乃
 コメディタッチな王冠も、もう大切な思い出になった感じで素敵ですね

 いい最終回だった!

ラストに改めて噛み締める、2つのエンディング

00001
00002
 前期テーマはこちら、後期はこちらノンテロップが公式配信中

歩いていけたら
 歌詞もなんですが、特に前期は「別れてしまった五人が、離れても同じ曲を聞いている」印象で
 ああ、やっぱり別れてしまう結末だったんだな
 って改めて感じました

 後期は、他人には遠回りに見えても自分の道を、日常そんなED

 その映像で、皆ちょっと子供っぽいんですよね
 由乃とか木の枝持ってるし

 楽しそうで、でもどこか寂しげで、「終わりがある日常」を描いたからなのかなって感じました

にしても終盤、だんなかったですね

00536
 ほら手前の二人! 婚活ツアーの!!

だんないよ~
 意味は、「問題ないよ~」と励ますようなもので、しおりの口癖だったんですが
 終盤、まったく言わなくなったのが逆に印象的でしたね
 思うところあったのか

 だって、特に解決の当てがないのに、その場しのぎで言ってた事が多い気がします

 終わってみると「だから封印したのかな」って思いました

2017年8月14日 サクラクエスト 第25話「桜の王国【最終回】」

00242
00248
 監督自らが絵コンテを切り、シリーズ構成脚本で最終回! 

スタッフ
 脚本:横谷昌宏
 コンテ:増井壮一
 演出:太田知章、平牧大輔、高橋正典
 作画監督:鍋田香代子、辻智子、市原圭子、阿部美佐緒、福井麻記、高橋瑞紀、岩崎亮、小橋陽介、梅下麻奈未、秋山有希、川面恒介、Lee Min-bae、柴田ユウジ、池津寿恵、佐藤好
 総作画監督:関口可奈味
 アニメ制作:P.A.WORKS
 原作:同社オリジナルアニメ

あらすじ
 職質を経て前国王は金沢でナウマン市長と合流できましたが、戻ってくる途中にガス欠でエンストしてしまいました。前国王を迎えに行こうとしますが、祭りのため交通規制があり、車が停めてある観光協会まで人ごみをかき分け、とりもち大臣は走ります。そこへ高見沢がデマンドバスで駆けつけ、ナイスなドライビングテクニックで送り届けます。無事に「龍の娘」の舞台が始まり、UMA大臣も「龍の唄」を精一杯歌います。この国の人々の気持ちが一つになり、祭りは大成功しました。翌朝、国王と前国王は王宮でこれからのことと、お互いの決意を固めます。ついに退任式となり、国王はこの一年間の想いを立派に演説します。前国王も、これからのこの国のことを真剣に考えた末、答えを出したのです。五人の勇者は、それぞれの未来を語り合い、一本の桜をこの国の記念樹として植えました。こうしてこの町をちょっとだけ元気にした国王は、自分もたくさん元気になったのでした。

ありがとう間野山、ありがとう勇気をくれて、また会える日までに!

00297
00335
00337
00265
00266
00267
00279




























































































































00547
 思えば二つのEDが、本当に本作ラストそのまんまだった!

変わり続けること
 まるで、現代日本の縮図のような、「これより良くなると思えない」縮こまっていた間野山
 それだけに、沢山の優れたパフォーマンスを秘めながらも
 失敗続きの繰り返し!

 間野山、他人に知らせたいものを、良く知らないまま始めた由乃たち

 前半で失敗し続けて町を知り縁を作り
 原点を、「町」そのものを知り、地道に活を入れた、明るくてノリノリな最終回!

 前半後半、通して一つ、素晴らしいシリーズだった!

 次回、第25話「桜の王国【最終回】」

アニメ サクラクエスト 感想 2017年4月 公式ツイッター

 サクラクエスト メイン五人の趣味・性格・酒の好みなど紹介PV
 サクラクエスト 第1話「魔の山へ」
 サクラクエスト 第2話「集いし五人の勇者たち」
 サクラクエスト 第3話「マンドレイクの叫び」
 サクラクエスト 第4話「孤高のアルケミスト」
 サクラクエスト 第5話「ユグドラシルの芽生え」
 サクラクエスト 第6話「田園のマスカレード」
 サクラクエスト 第7話「煉獄の館」
 サクラクエスト 第8話「妖精のレシピ」
 サクラクエスト 第9話「淑女の天秤」
 サクラクエスト 第10話「ドラゴンの逆鱗」
 サクラクエスト 第11話「忘却のレクイエム」
 サクラクエスト 第12話「夜明けのギルド」
 サクラクエスト 第13話「マリオネットの饗宴」
 サクラクエスト 第14話「国王の断罪」 ※主題歌変更
 サクラクエスト 第15話「国王の帰還」
 サクラクエスト 第16話「湖上のアルルカン」
 サクラクエスト 第17話「スフィンクスの戯れ」
 サクラクエスト 第18話「ミネルヴァの盃」
 サクラクエスト 第19話「霧のフォークロア」
 サクラクエスト 第20話「聖夜のフェニックス」
 サクラクエスト 第21話「氷の町のピクシー」
 サクラクエスト 第22話「新月のルミナリエ」
 サクラクエスト 第23話「雪解けのクリスタル」
 サクラクエスト 第24話「悠久のオベリスク」
 サクラクエスト 第25話「桜の王国【最終回】」

サクラクエスト外伝 織部凛々子の業務日報 感想

 サクラクエスト外伝 織部凛々子の業務日報 1巻“織部凛々子の華麗な日常”

 公式ノンクレジットOP前期配信
 公式ノンクレジットED前期配信
 公式 第2クールOPテーマ「Lupinus」配信
 公式 第2クールEDテーマ「Baby’s breath」配信
 PAオリジナル SHIROBAKO 感想
 PAオリジナル クロムクロ 感想

PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
アニメランキング