公式サイト 月刊少女野崎くん 10巻 感想 レビュー 考察 画像 内容 ネタバレあり これまでの感想はこちら。前巻はこちら
この気持ちは何だろう? 野崎くんの芽生え。…って鹿島、その返事ちょっと!?

00061
00063
00005
00006
00041
00039
自分の理想の女も、鹿島かもしれない。前巻で気付いた堀先輩。でも恋に抗うの!?
 変化球な関係だけど、そんな堀先輩の本心を的確に見抜いたり
 演技で褒められてると落ち込んだり

 褒められ輝く鹿島! 彼女なら、音痴さえも気に入る堀先輩深すぎる…!!

【号外】野崎君、恋の芽生え?
 でも、「この気持ち」を鹿島に聞き、千代ちゃんへの気持ちを誤認する野崎君!
 すれ違いながら、一歩ずつ近付いてるといえば甘酸っぱいんですが
 でも、千代ちゃんがパワフルすぎてそんな気がしない!
 恋の物欲至上過ぎる!

 総扉絵の千代ちゃん、リボンが違うけどこれも可愛いですね!

月刊少女野崎くん 10巻 感想

 第89話「テスト前だし放課後一緒に勉強しないか?」
 第90話「堀先輩が女として見てる」
 第91話「瀬尾兄、都先生と最悪の事態」
 第92話「次号から旅行です」
 第93話「千代、野崎くんリフト事件再び」
 第94話「修学旅行らしい事をしようぜ!」
 第95話「瀬尾不在」
 第96話「野崎くんに生まれた気持ち」
 第97話「漫画についてに決まってんだろ」
 第98話「カラオケに付き合って!」
 巻末&カバー下&回の合間にオマケ
 これまでの感想

※公式サブタイトルではありません。

歌って踊って漫画が描けるアイドルユニット、結成!

mv
 公式サイトではアイドル企画も始動。推しメン投票でもちろんグッズ進呈だそうな

あらすじ
 テスト勉強でもネタ探し、鹿島が可愛くてもネタ探し、ゆかり先生と瀬尾兄にも進展が。
 千代たちは修学旅行で京都に行き、例によって恋は空回りするものの
 野崎君に初めての感情が芽生えます

 この気持ちは何だろう? オチをつけていく野崎くん

 旅行後、掲載誌に漫画テクニックを求められた野崎くんは
 無事、弟の真由くんが修得します

 鹿島の音痴が堀先輩にバレるも、彼はそれさえ笑顔で応えるのでした

テスト前だし、一緒に勉強しよう。もちろんネタ出しにも付き合ってくれ!!

00001
00003
00011
 千代ちゃん、なんでそう物欲方向に走るん?

第89話「テスト前だし放課後一緒に勉強しないか?」
 例によって、漫画的行動を求められた千代ちゃんとみこりん、しかしモブ強い!
 モブの方がスペック高いじゃないですか!
 千代ちゃんも優秀

 何せノートにも集中力がなく、実に漫画的という逸材

 また野崎くん、漫画家らしく国語の読解も得意だというも
 全てが少女漫画方向に

 真由くんのイラストが(みこりんにも)大ウケで、この二人ホント相性いいな…。

もしかしたら理想の女も鹿島かもしれない。気付いた堀ちゃん先輩は

00006
00009
 どうして鹿島に幻滅する方向で考えるかな!

第90話「堀先輩が女として見てる」
 そんなに恋が嫌か! まあ、普段から鹿島を厳しく𠮟っている堀ちゃん先輩だけに
 彼女を、性的な対象として見るのは抵抗があるんでしょうか
 あ、でも「女」としては見てます

 姑が嫁を見るような、ダメ出しを探す目線ですけどさ!!

 意外や、まったくラブ方向に行かないどころか
 全力で逆走する堀先輩

 先輩、なんでそんな逆走マンなの?

なら女として意識させよう! 二人をプールに連れて行った結果

00003
00000
00004
00005
 いちいち「アレは演技」と見抜く鹿島、なにこの後輩かわいい。

なおオチ
 しかし見抜ける為、「自分に演技で優しくしてる」と解ってしまう鹿島
 野崎くんには、逆に本心から優しくしてるのも解るので
 自動で落ち込む鹿島くん…

 と思ったら、不意の一言で輝かんばかりに喜んだよ!

 この回、ホント鹿島くん可愛い!
 恋愛的な意味じゃないけど、「解ってる」「褒められたい」感が可愛すぎる

 なお、この件で堀ちゃんは心にダメージを負った模様

つまり先輩は、私を本心からかっこ可愛いと感じているという事だよ…!

00008
 おまけ4コマより。堀ちゃん本当、ラブコメにならねーな!

堀先輩は疲れてる
 なおオチ、調子にのった鹿島があることないこと吹聴した上
 野崎に変な意味で漫画のネタにされるわと
 先輩散々。

 サブタイ含めて、不憫だけどそこが良かった。

 でも堀先輩、鹿島君が本当好きですね…。

都先生に恋し、“彼女が野崎くんと付き合ってる”と誤解してる瀬尾兄

00016
 誤解は解けたけど、人間関係が急激に寂しすぎる

第91話「瀬尾兄、都先生と最悪の事態」
 都先生の家に、厄介な人=前野さんが来ていて厄介なことになった都先生回
 結果的に、瀬尾兄側「から」の誤解は解けたものの
 新しい誤解が誕生

 都先生、自分が漫画家だと彼が知ったと誤解へ

 流れ弾で、“職業”を誤解されてしまった剣さんも酷い
 ゲイバーの人じゃないよ!?

 本作、みんな思い込み強いからですが、今回は特に酷かった!

修学旅行! 班リーダーに就任した千代ちゃんですが

00013
00015
00018
 いきなりリコールされかける無駄な行動力の高さ!

第92話「次号から旅行です」
 修学旅行編は、瀬尾含む、千代ちゃんの友達トリオが大活躍!
 千代ちゃん、野崎くんの行動を絞り込み
 一緒に行動しようと企みます

 一緒に行こうとは言えないのに、別方向のアクティブさがある千代ちゃん!

 また野崎くん、京都旅行とか少女漫画ネタの宝庫ですが
 だからって男子を巻き込まないで!

 デートスポット行きを提案し、全却下される野崎君。なにこの空気ィ…。

旅行初日! 千代ちゃん、野崎くんリフト事件再び!!

00021
00025
00032
 いますぐ 君にあーいたーい 君にあって たーしかめて みたいー♪

第93話「千代、野崎くんリフト事件再び」
 旅行って非日常ですよね。年がら年中、家でさえ制服姿が多い野崎君だけに
 ここは、私服を激写しまくろうとして大失敗する千代ちゃん
 敗因は声の大きさ。

 そも高校の制服こそ、一生で今しか見れないレアという理論…!

 また、大凶が出てしまった千代ちゃんが「結ぶ」為に
 リフトされるシーンが素敵でしたね

 続く表情が、まったくもって素敵さゼロですが。

旅館だ! 旅館らしく、恋が生まれそうな隠れ方をするんだ!!

00029
00027
00024
 なお鹿島くん。お前、本当スペック高ぇな…。

第94話「修学旅行らしい事をしようぜ!」
 旅行のお約束、先生の抜き打ち検査! …の真似をしてネタ集めする野崎くん
 懐かしいアレ、「お前らまだ起きてるのかー!」を繰り返し
 野崎くん本当フリーダムだなぁ…

 温泉といえばマミコ達を湯上り仕様にし、新キャラとか呆れられる始末

 元キャラの記号を残しつつ変えるって、難しいのね…。
 布団騒動も勃発。

 例によって、野崎くんが使った布団に執念を見せる千代ちゃん、立派な変態であった

修学旅行だ瀬尾が居ない! 旅行の影響は、意外なところに波及

00043
00035
00037
 若くん、瀬尾がいないことでモテゲージが上限突破する不思議現象を発動

第95話「瀬尾不在」
 日頃、瀬尾に悩まされているバスケ部、ここぞとばかりに平和を堪能
 堪能しすぎて、部長が「瀬尾帰ってきて!」と訴えるレベル
 人生には厳しさが必要か

 同じく若、瀬尾に鍛えられた“何でも世話する後輩”属性をフル発動

 殿!
 こやつモテモテですぞ!?
 普段、瀬尾に向けられたパワーを、外部に放出するだけでこんな大惨事に!

 危ないからと、助言した結果、ホモ疑惑を起こすのも不憫。若の人生ハードすぎる!

野崎くんと千代ちゃん、二人だけで取り残されるの図

00034
00041
00039
 結論:鹿島に聞いたのが間違い

第96話「野崎くんに生まれた気持ち」
 他の生徒とはぐれるも、「これはネタ出しに使える!」と恋しよごっこを始める二人
 その発想もどうかと、と思う間もなく二人揃ってマミコ側
 変な方向で熱い展開だ!

 また、千代ちゃんが迷子になり、野崎くんが本気で心配する場面も

 公式あらすじでも書いてありますし 
 ボケではなく、本心から「千代ちゃんへの特別な気持ち」が芽生えたのでしょうか

 恋心を母性と間違えるって、恋愛力低すぎでしょ野崎くん!

おまけ漫画。瀬尾が帰ってきたバスケ部は

00051
 瀬尾さんマジ嬉しそうで可愛い。

私と子供を作れという意味ではない
 瀬尾が帰ってきて、一番喜んだのが部長だったとかおかしいですよ!
 瀬尾自身も、「若がキラキラしてる」と旅先で聞いて
 どうなってるか楽しみだったらしい

 残念、彼がきらめくのは瀬尾自身がいないときだけだ!

編集部回。「漫画テクニックを、読者向けに公開しよう」とか言われた野崎くん

00047
00045
 そしてテクを体得したのは真由くんであった。いや、お前じゃなくて!

第97話「漫画についてに決まってんだろ」
 漫画賞をプロ漫画家が選考する。漫画誌ではお約束のワンページですが
 実は、あらかた編集が選考した上だったと語られたり
 都先生に教えを乞うたり

 野崎くん、朴念仁でも恋愛漫画を描けるのは、勘のよさも手伝ってるのね

 おまけ「漫画家の恋愛体験を語ってもらう」企画も語られるも
 別の意味で大惨事

 漫画家による酒アンソロジーが、「私は酒が苦手」一色だったのを思い出しますね

鹿島って歌も超美声なんじゃないのか? 堀ちゃん先輩は考える、もっと考える

00048
00052
 野崎くんが歌えば、悲恋ソングだろうが大盛り上がりする千代ちゃん可愛い!

第98話「カラオケに付き合って!」
 鹿島くん、音痴である事を堀先輩に隠したい…、隠したいのに鉢合わせ!
 あの手、この手で誤魔化すテクニックもたいしたものというか
 みこりんも巧みでしたね!

 しかし堀先輩、なんとクソ音痴も笑顔で聴き続ける超反応!

 ムキになる鹿島くん
 ニコヤカ~、に対応する堀先輩の対比が謎の面白さ!!

 先輩、もしや耳がおかしいのかと思いました!

堀先輩『確かにカラオケ回はギャップ回だったな! あんな鹿島初めて見たぜ』

00054
00056
00059
 実は歌声関係なく、照れてる鹿島が可愛かっただけとの事。

おまけ漫画も笑った!
 違ったおかしいのは耳じゃなくて、ただの愛だこれ!
 今回、修学旅行回で何でもやって見せたように
 照れがない鹿島

 鹿島のあんな顔が見れるなら…、ってだけじゃなかった!!

 最初、「鹿島の顔だけ好き」
 保護者気質を発揮し、それがいつしか、欠点さえもがあばたもえくぼ

 怒る事は怒るけど、しみじみ好きなのがかわいい

収録

00058


 真由くん可愛がりまくりなみこりん。てか鹿島くん妹さんいるのね。顔そっくりとか?

 ガンガンオンラインコミックス「月刊少女野崎くん 10巻」。
 著者:椿いづみ。ガンガンオンライン連載、スクウェア・エニックス発行。
 2018年7月(前巻2017年8月)

収録
 第89話「テスト前だし放課後一緒に勉強しないか?」
 第90話「堀先輩が女として見てる」
 第91話「瀬尾兄、都先生と最悪の事態」
 第92話「次号から旅行です」
 第93話「千代、野崎くんリフト事件再び」
 第94話「修学旅行らしい事をしようぜ!」
 第95話「瀬尾不在」
 第96話「野崎くんに生まれた気持ち」
 第97話「漫画についてに決まってんだろ」
 第98話「カラオケに付き合って!」
 巻末&カバー下&回の合間にオマケ
 これまでの感想

※公式サブタイトルではありません。

※トップに戻る

※過去記事一覧ページ

月刊少女野崎くん 2014年夏アニメ















 創刊号「その恋は、少女漫画化されてゆく。」
 第二号「新ヒロインをよろしくね♪」
 第三号「バイオレンス VS プリンス」
 第四号「男には、戦わねばならない、時がある。」
 第五号『恋を「思い」「描く」男子。』
 第六号「魔法をかけて、あ・げ・る」
 第七号「漫画家脳野崎君」
 第八号「学園の王子様(女子)の悩み」
 第九号「ドキドキ、たりてる?」
 第十号「強まるのは、手綱と絆。」
 第十一号「米しよ?」
 最終号「この気持ちが恋じゃないなら、きっと世界に恋はない。」


 















 月刊少女野崎くん アンソロジー(原作者+他作家)
 月刊少女野崎くん 1巻 
 月刊少女野崎くん 2巻
 月刊少女野崎くん 3巻
 月刊少女野崎くん 4巻
 月刊少女野崎くん 5巻
 月刊少女野崎くん 6巻
 月刊少女野崎くん 7巻
 月刊少女野崎くん 8巻
 月刊少女野崎くん 9巻“千代ちゃんの弟”!
 月刊少女野崎くん 10巻“修学旅行”! 鹿島の答え
 月刊少女野崎くん 11巻“妹が破廉恥ですわ!”
 月刊少女野崎くん 12巻“「好き」が今なら大安売り”
 月刊少女野崎くん 13巻“みこりんバレ”

※過去記事一覧ページ

※トップに戻る

PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
アニメランキング