公式サイト 逆襲のシャア“初期稿”小説の漫画版 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン 6巻 感想 レビュー 考察 画像 内容 ネタバレあり これまでの感想はこちら
アムロの子を孕み、戦場に立つベルトーチカ。艦隊特攻、連邦出撃、全てが集う!

Aaa_002
Aaa_004s-
IMG_9999
IMG_9997
Hi-νガンダム走る! アクシズを狙撃すべく艦砲を抱えたまま、クェスの決戦MAを
 グラーブ・ガス(ギュネイ)を、無数のネオ・ジオン軍をあしらう桁違いな実力!
 ファンネル無しで、シャアとやりあう底力!

 しかし土壇場、アムロは“赤子”に救われた! シャアとの決定的な違いだね!!

アムロvsシャア!
 曰く、サイコフレームとイデオンの原理は同じ、改めて当時の富野氏を感じますね。
 僚艦が次々と盾になる中、ブライトのラー・カイラムも強行上陸するわ
 届かぬと承知で、連邦艦隊も飛び出すわ!

 今、“ヤバい事が起こっているんだ”って、世界中の戦慄を感じる巻だった!

ハサウェイ立つ! 中破したジェガンで「敵を見もせず」叩き落す鮮烈デビュー

IMG_0018
 後のマフティー、“ガンダム乗り”だと感じさせるデビューだ! 末恐ろしい!!

あらすじ
 小惑星基地アクシズを地球に落とし、人類全てを宇宙の民とすべく戦うシャア
 対しアムロら、ロンド・ベル隊は、Hi-νによる艦砲狙撃と
 核ミサイル、直接侵攻の3段構えで挑んだ

 しかし2段目まで凌がれ、残るは直接アクシズに乗り込むしかない!

 最中グラーブ・ガスは、アムロの子を宿したベルトーチカを撃ち
 発された不思議な力に凌がれ撃墜される

 その“光”は、地球圏全体に、何かしなければという慌しさを生み出し…?

アムロ『死に急ぐなッ! この戦い、お前達には関係がない!!』

IMG_0025
IMG_0024
 ディープストライカーのような、艦砲を抱えたまま敵陣を突破してゆくアムロ!

強攻突破
 モビルスーツの小回りを利して、敵陣深くへ飛び込み、直接艦砲を叩き込む。
 これを、兵器として実用すべく生まれたのが“ディープストライカー
 ありていに言って怪物でした
 
 しかしアムロは、同じ事を技量と通常サイズMSでやるんだから凄い!!

 ある「発想」を、誰でも出来るように作るのが技術者の仕事で
 技量を頼みにやるのが熟練者か

 敵に「関係ない」と叫ぶのも、ネオジオン兵が、状況に流されている事を感じさせます

グラーブ・ガス強襲! 大砲を抱えたままのアムロは

IMG_00223
IMG_0023
IMG_0022
IMG_0021
 アクシズを狙撃するつもりか、無茶を「本気だ」と思えるのも、ニュータイプならでは。

乱戦のアムロ・レイ
 どう考えても、片手間に戦えるはずないのに、それをやってしまうアムロの気力
 大出力なフィン・ファンネル同士、ビームを正確に「ぶつけあう」事で
 生じた干渉波が、敵ファンネルを薙ぎ払う!

 発想も出来る技量も、アムロならではの破天荒さだ!

 グラーブが呆然とする様
 エースを自負しても、なお想像もつかない事態があったと感じられるわ!

 しかし、母艦と大砲を有線で繋ぐ為、どうしても動きが制限

お腹の赤ちゃんが 行けって言ってるの!』

IMG_0020
IMG_0019

 死者=ケーラの呼びかけを受けたアストナージ

サイコフレームの戦場
 自由に動けず、苦戦を強いられ、チューブを度々切断されるアムロを支援する友軍 
 しかしロンド・ベル、たった一艦隊でネオジオン残党と向き合うには
 戦力がどうしたって足らない!

 お腹の子に行けと言われた、とベルトーチカも半壊したリ・ガズィで出陣

 元々、この時代に複葉機に乗ってたくらいの度胸とはいえ
 さすがに無茶をしすぎだぜママン!

 また、“サイコフレームによる周辺意識の接続”が、既に起こり始めてて…?

皆で罵り合っている。状況を敏感に感じ取ったハサウェイは

IMG_0018
IMG_0016
 ライフルがある。そう手に取った次の瞬間、あらぬ方向の敵機を叩き落したハサウェイ

後のマフティーである
 彼も、サイコフレームに刺激されたのか、今“皆が罵り合っている”と感じ取り
 そんな惨状に、クェスを置いておけないとハサウェイも立ち
 父は、息子の出撃に気付けなかった

 いや気付けるはずもないんです、でも今思うとこれが始まり。

 息子の心に、ブライトがいつだって気付かないのが辛い。

アムロ『…狂ったか!

IMG_0015
 ニュータイプは感性なんです、敏感なのに、こんな場所にいちゃいけなかった!

クェス狂乱
 以前、アムロに失望を感じたクェスですが、実父を落とし血に染まった彼女に
 アムロでさえ、優しさ一辺倒ではいられなくなった事が
 ますますクェスを怯えさせる事に

 ネオジオン決戦MA、α・アジールを、ファンネル・バリアで凌ぐアムロ

 クェスが撃ってアムロが凌いだ
 単なる攻防も、クェスには、「MSが容易く殺せる砲撃」で何故死なないかと怯えてしまう

 情報が頭に入り過ぎて、理解が追いつかなくなっちまってる!

目標、核ノズル! 気がそれた瞬間、アムロは砲撃を放つが…

IMG_0014
IMG_0013
IMG_0012
 この砲撃に対し、ネオ・ジオンも戦闘艦が盾となり、身代わりとなって防ぐ事に

テール・ノズル健在
 直後、再びエネルギー・チューブが切断され、遂に再接続も叶わなくなったらしい
 敵ながら天晴れ、身を呈したネオジオン艦「ムサック」の犠牲で
 MS狙撃作戦は失敗に

 また、ネオジオンはロンド・ベル戦艦が前に出てきた」と誤解

 MSからの砲撃とは思うめえ!
 シャアも状況が進んだと感じ、総帥機ナイチンゲールが戦線に投入…!!

 瞬間、「これから汚染する、美しい地球」を見てしまうのが哀しい

脇を見るな! 味方艦が次々盾となる中、旗艦ラー・カイラムは前進…!!

IMG_0011
IMG_0010
IMG_0009
IMG_0008
 これだけの犠牲を出しながら、核ミサイルは、シャアのファンネルで防がれてしまう

ロンド・ベル、前へ
 アムロも、フィン・ファンネルを使い果たし、盾さえ失いライフル一丁で戦線へ
 ブライト第2の策、預かってきた核ミサイルによる直接攻撃も
 ナイチンゲールによって阻止

 総員、陸戦用意! アクシズまで辿り着けるか…!?(ブライト)

 アクシズを止める為、時間との戦いでミサイルを当てるには前進するしかなく
 ロンド・ベル隊、捨て身の突撃も失敗に

 3段構えの策が1つ、また1つと折れていく様がキリキリする!

少しでも戦力がいるはずだ。半壊したリ・ガズィで戦場に飛び込むも

IMG_0007
IMG_0006
IMG_0005
IMG_0002
 グラーブ(ギュネイ)にすれば、「ガンダムもどき」って本当イラつくんでしょうね

ダメダヨ
 自分はNT、乗るのはサイコマシン、負けるはずがない状況で立ちはだかった機体
 前回、今回と「アムロが乗ってない」リ・ガズィに憂さ晴らしするも
 謎の現象を前に戦死に

 あれは… 何の力だろう? あたたかいな…(グラーブ・ガス)

 ベルトーチカの赤子、サイコ・フレームを介し周囲の見てるものを垣間見たのか?
 おだやかな笑顔のまま戦死するグラーブ

 一足先に、親を思う子の心を、“人の心の光”を見たのでしょうか…。

ベルトーチカ・チルドレン、その光は多くの人を動かす事に

IMG_0004
IMG_0003
 自分達にも、少しは出来る事があるはずだと。

人の心
 静観を決め込んでいた各連邦艦隊、もう彼らに出来ることは無いも同然です
 しかし、それこそビームライフル一発でも撃って少しでも砕けば
 被害を少なく出来るはずだと

 届くか怪しい部隊さえ、推進剤が切れたら、友軍を押してでも進めと進発

 地上では、インドでクェスの友達だった面々が宗教の話をし
 彼らも「新しいもの」を生み出そうと必死。

 ラー・カイラムも、アクシズ強攻着艦、誰もが「出来る事をしよう」と最終局面へ

アムロvsシャア! ファンネルすらなく、消耗しきったアムロは直撃を許すも

IMG_0001
IMG_9999
IMG_9998
 総帥として出撃できなかったシャアと、死線を突破してきたアムロの苦境

パァパ!
 もうライフル一丁のアムロは、手数を補うべく、ダミー・バルーンをありったけ射出
 これを一度に誘爆させ、即席の弾幕を作ってファンネルを防ぐも
 大型ファンネルが一基健在

 直撃を許すも、謎のバリアによって一命を取り留める事に

 MSに詳しいシャアだからこそ仰天!
 さっき、グラーブ(ギュネイ)の攻撃を凌いだのと同様の現象

 今度はν自体のフレームが発光を見せることに

ガンダムUCの福井氏曰く、サイコフレームとイデオンの原理は似たようなもの

IMG_9997
 2016年のトークショーの事で、富野氏も認めたという

サイコ・フレーム
 イデオン、その力の源は、構成素材イデオナイトが吸い込んだ「人々の意思」だ。
 イデは、開発した文明の人々の肉体から意思を切り離し
 全て取り込んでしまっている

 またガンダムUCでも、死者が語りかけてくる場面が多々あった

 人の意思を吸い、また“束ねる力”がサイコフレームにあり
 バリアなんて一端に過ぎない

 サイコフレームは、人の意思をメカに伝える仲介、そんなシャアの認識を超えていた!

もうアクシズは地球の引力に引かれている! 次巻、最終回!!

IMG_9996
IMG_9995
IMG_9994
 アムロは「落下軌道を変える為」の、核搭載艦を発見、これを爆破してしまう

激震するアクシズ
 これで多少、アクシズのコースが変わったかとアムロは全力を尽くすも
 代わりに、ビームライフルも前腕ガトリングさえ撃ちつくし
 文字通りの満身創痍に

 サーベル以外ほぼ武装を失ったν、ナイチンゲール、次巻最終回!!

 母艦、ブライトのラー・カイラムもアクシズに着底
 ホワイトベースのようだ!

 もはや、“アクシズ落としを阻止する”術は…、ボロボロとなったHi-νが美しい!

収録

IMG_9993
 巻末は「作戦目的」を分かりやすく解説、あーんハサウェイが死んだ!

 角川コミックス・エース「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン 6巻」。
 原作:富野由悠季、漫画:さびしうろあき×柳瀬敬之
 月刊ガンダムエース連載、KADOKAWA発行。
 2018年2月(前巻2017年3月)

収録
 第21話「律動1」
 第22話「律動2」
 第23話「律動3」
 第24話「母と子」
 第25話「パァーパ!」

 巻頭はHi-νと、主砲メガバズのピンナップが付属。
 巻末オマケ漫画あり。

※トップに戻る

機動戦士ガンダムF90









 機動戦士ガンダムF90 “U.C.0120”
 機動戦士ガンダム シルエットフォーミュラ91 “U.C.0123”
 機動戦士ガンダムF90FF 1巻“U.C.0122”三つの物語
 機動戦士ガンダムF90FF 2巻“89vs90”NEXTの鍵”!!
 機動戦士ガンダムF90FF 3巻“外殻戦闘機”ハルファイター!!
 機動戦士ガンダムF90FF 4巻“U.C.0115”ファテスト・フォーミュラ結成

※トップに戻る


 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン 1巻
 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン 2巻
 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン 3巻
 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン 4巻
 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン 5巻“みんなの命をくれ!”
 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン 6巻“パァパ”
 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン 7巻“最終回”

機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ 感想




 機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ 1巻“いかにしてマフティーとなったか”

※トップに戻る


PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
アニメランキング