試し読み 機動戦士ガンダム MS戦記REBOOT 1巻 感想 レビュー 画像 内容 ネタバレあり 近藤 和久 これまでの感想はこちら。前巻はこちら
一年戦争初期、2月頃の“地球戦線”。連邦とジオン、広がりゆく戦火!!

Aaa_002
Aaa_004s-
IMG_1366s-
IMG_1362s-
IMG_1352s-
機動戦士ガンダム第1話は、戦線が膠着した9月頃。その前日譚を今、近藤節で描く!
 宇宙で圧勝、しかし地上で苦戦する公国軍と連邦のいたちごっこ!
 ガウ攻撃空母の恐ろしさ!

 宇宙の上の戦争が、眼前に下りてきた時代を描くのが面白い!

“主人公”の居ない物語
 作品傾向として、戦場や戦局そのものを描き、個人はまったく描かれないのが面白いところ
 昔は正直、この淡々とした作風が疑問に感じましたが
 ガンダムとして、他にない作風が楽しい!

 互いに知恵を尽くし、あがき、勝利を近づけようとする有り様! 陸戦艇かっけえ!!

機動戦士ガンダム MS戦記REBOOT 1巻 感想

 第1話「DIVE(前編)」
 第2話「DIVE(後編)」
 第3話「AIR COVER」
 第4話「GROUND POWER」
 第5話「KEEP OUT」
 第6話「GAW」
 第7話「DEFENSE」
 第8話「LOGISTICS」

メカニカルファイル
 ザクⅡF型
 グフ
 ドム
 ドップ
 サムソントレーラー
 連邦軍ホバートラック
 ジオン軍ジープ

近藤氏得意のハイディテールで描かれる戦場! 押し寄せるザクの猛威!!

00000
 かつてのMS戦記は、フレデリック・ブラウン少年が主人公でしたが、全くの別物に。

あらすじ
 U.C.0079年1月、ジオン公国は地球に宣戦布告、コロニー落としで勝利を狙った
 しかし失敗、戦時条約を結ぶ代価に同作戦は禁止されてしまい
 地球侵攻作戦に踏み切る

 だが制空権を持つ連邦に、地上で挑むのはあまりに苦しかった

 そこで公国軍は、ガウ攻撃空母を投入し行動半径を拡大
 一気に優勢を勝ち取っていく

 連邦は公国の補給線を叩くが、公国軍は“赤い彗星”を投入した

“一年戦争”2月、ジオン公国軍は地球降下を敢行した

00001
00003
00004
00005
 宇宙巡洋艦ムサイ、先端部「コムサイ」が分離し、降下ポッドとしてMSを運ぶ!

第1話「DIVE(前編)」
 無惨にも、次々と迎撃によって散っていきますが、降下成功したコムサイから
 見上げるような一つ目巨人、ザクが次々降り立ち
 連邦地上軍に砲火を浴びせます

 降りられなかった兵は気の毒、しかし“降ろしたくない”のも解る!

 連邦も、負けじと61式戦車で抵抗しますが
 上面装甲を叩かれまくる!

 一年戦争2ヶ月目は、こうして“降りてきた巨人達”で始まったんですね

大戦一月、人類史に残る蛮行“コロニー落とし”敢行!

00006
00008
00007
00009
00011
00012
 落ちるコロニーを背景にしたザク、そしてHLV(降下ポッド)を抱えたムサイ級

第2話「DIVE(後編)」
 何故ジオンが地球侵攻に踏み切ったか? 大戦初期、一月の宇宙戦で圧勝
 戦術レベルでは勝利、でも戦争の趨勢を決める大事な部分
 戦略レベルでは敗北した為です

 コロニー落とし失敗、“南極条約”で禁じ手となり、地上侵攻を強いられる事に

 ジオンは、コロニーという巨大質量を守る為に大損害を受け
 再発動は元より難しい。

 捕虜の扱いなど定めた南極条約、これを結ぶ利点の方が、大きかったんでしょうね

軍を降ろした公国軍、しかしあくまで“点”を確保したに過ぎなかった

IMG_1366s-
IMG_1365s-
IMG_1364s-
 ムサイが降下させたHLVには、兵器や人員、物資が満載!

第3話「AIR COVER」
 しかし攻撃しながら軍を降ろし、地上に基地を確保しても、連邦は空を抑えている!
 制空権は連邦側にあり、空から執拗な攻撃を繰り返されては
 ジオンも堪ったものじゃない!

 次々火達磨と化すMS、戦車、物資! 連邦の独壇場!!

 宇宙では、同じように戦える“戦闘機”でしたが
 やれる事が違いますものね

 となればジオンは、点と点を繋げ“領土”を広げ、近づけないようにするしかない!

公国軍の本格稼動を防げ! 連邦軍、地上艦隊進撃!!

IMG_1363s-
IMG_1362s-
 ビッグ・トレー級旗艦とする、連邦の陸戦艦隊!! 燃える!!!

第4話「GROUND POWER」
 ネトゲ、GNOでもお馴染みだったビック・トレー級の勇姿! ホバー式だから機動力高ェ!
 戦艦が撃っては離れ、ヒットアンドアウェイする大規模な戦い!
 後の世では見られない光景だ!

 守勢のジオンは、攻勢へ転ずるべく、本国で「ガウ攻撃空母」を生産

 これを、一旦バラして持って来て現地で結合する
 ノックダウン方式で投入

 後の世では、どちらも見られなくなった兵器!(ガウはジョニ帰で燃費が嘆かれている)。

更なる猛攻をかける連邦軍地上艦隊! ビッグ・トレー級攻勢!!

IMG_1361s-
IMG_1360s-
 双胴艦はヘビィ・フォーク級陸上戦艦、AOZ第2作ではティターンズが運用していた

第5話「KEEP OUT」
 しかしタイトル通り、“通行止め”。守りに徹した公国軍は見張りを強化
 結果、迎撃に遭ってしまった連邦地上艦隊は大損害
 攻勢が鈍る事に

 公国側にすれば、ガウを配備するまで、時間稼ぎに必死な状況

 後の世は、そもそも地上専用の大規模艦というのが
 ナンセンスになりましたね

 地球が主戦場にならない時代、国力低下、予算がMSに割かれれば当然なのか

戦場はモニター越し、空の上だと思ってた。“市民”は地獄にのたうつ事に

IMG_1359s-
IMG_1358s-
IMG_1357s-
 ガウ配備により、公国軍は大規模爆撃、MSの長距離輸送が可能となった

第6話「GAW」
 こうして見ると、ガウ登場が戦争、市民に与えた影響は想像を絶するものだったんですね
 連邦空軍も、空中要塞とも呼ぶべきものが現れようとは…
 とても手に負えません

 ガウは次々と都市を焼き払い、連邦の国力そのものを削ぎます

 初代ガンダムでの、ニューヤークのように荒廃した街は
 こうして作られたんですね

 本作では、ガウ自体の防空力が桁違いにアップ! リアルに考えれば当然か

都市爆撃への返答。連邦軍も、防衛戦力を強化する

IMG_1356s-
IMG_1355s-
 マ・クベも登場、本作では官僚的側面が強化された感じ。

第7話「DEFENSE」
 ガウとMSが連携する事で、いかなる都市も、ジオンの侵攻から逃れ難くなります
 となると、連邦側が何か対策を講じて阻止したと考えなければ
 本編へと繋がりません

 本作では、連邦得意の分野、ビーム砲台によって対抗!

 また、航空機に積める、対空対艦ミサイルを増強する事で
 ガウを撃墜する力を持たせます

 いたちごっこなのが、現実の戦争を思わせますね

ジオン軍のアキレス腱を狙い、連邦宇宙軍も奮戦を続けていた

IMG_1354s-
IMG_1353s-
IMG_1352s-
 今にして思うと「専用艦」ってとんでもない! 昔のアニメですものね。

第8話「LOGISTICS」
 作画効果でめちゃくちゃ格好良いシャア専用艦と、ドズル、ガルマらが登場
 地上戦が落ち着き、いよいよ“地球軍司令ガルマ・ザビ”着任へ
 ザビ家にすれば箔付けというか

 同じくシャアも、この頃は“輸送艦隊防衛”に従事していたと

 連邦は艦隊こそ失うも、雷撃艇(宇宙魚雷に特化した攻撃艇)で攻撃し
 攻勢中のジオン、守りに人手が周りません

 でも次巻、シャア登場により、補給部隊も劇的な改善へ…?

本作でのザクは、もっともポピュラーなザクⅡF型

IMG_1351s-
 独特なバランス、頭部ディテールが近藤氏って感じ。

MS-06F ザクⅡ
 ジオン公国が、国力を補う為、“様々な戦況で使える汎用兵器”を欲したと記述。
 先行したザクⅠを、生産性・整備性・拡張性などを見直して再設計
 両軍の兵器開発に大きな影響を与えた

 特にF型は、南極条約を経て完成した、“最もポピュラーなザク”となる

 同条約によって、核兵器の使用が禁止されたことから
 対応した遮蔽措置などが不要となった

 また地上では、過度な気密の見直しや、関節強化の必要など、J型が生まれた。

本来、ジオン軍はコロニー落としで決着をつける予定だった

IMG_1350s-
 グフは格闘戦を想定している為か、ケーブルが減らされ防御力が上がっている

MS-07B グフ
 不本意な地上戦を強いられた公国軍は、地上戦用に、ザクの現地改修は必須となった。
 また、新たに「純粋な陸戦兵器」として見直したのがグフである
 と、解説されている

 また戦争長期化は、連邦MS出現も視野に入ってきます

 地上戦期グフが、対MS戦を想定して設計されたのは
 戦争長期化の為とも言えるかも。

 白兵戦重視の量産機、U.C.0088期、ZZでの「ガルスJ」に繋がったとされます。

地上戦では「歩かねば」ならない。そこで、公国軍は機動力向上を求めた

IMG_1349s-
 近藤版ドムは、なんというか、高頭身になってスマートな印象に

MS-09 ドム
 歩く歩く、旧日本軍のようなMS用兵は、関節を消耗させる上パイロットへも負荷
 ならば、スィーッとホバーしちゃうゴキゲンなドムの登場は
 どれだけ歓迎された事でしょうか

 後年のMSも、滑る様に移動するのが当たり前になりましたものね

 ガウが登場したとはいえ、MS単独で広範囲移動できれば
 それに越した事はないワケで。

 一方グフは、「空を飛ばそう!」と試験を繰り返し、幾度か事故も引き起こした模様。

収録

IMG_1348s-
 ジオンの輸送トラック、サムソントレーラーは、分離しホバー推進でも使える

 角川コミックスエース「機動戦士ガンダム MS戦記REBOOT 1巻」。
 KADOKAWA発行 著者:近藤和久 月刊ガンダムエース連載。
 2018年6月

収録
 第1話「DIVE(前編)」
 第2話「DIVE(後編)」
 第3話「AIR COVER」
 第4話「GROUND POWER」
 第5話「KEEP OUT」
 第6話「GAW」
 第7話「DEFENSE」
 第8話「LOGISTICS」

メカニカルファイル
 ザクⅡF型
 グフ
 ドム
 ドップ
 サムソントレーラー
 連邦軍ホバートラック
 ジオン軍ジープ

※トップに戻る


 機動戦士ガンダム 名も無き戦場 1巻
 機動戦士ガンダム 名も無き戦場 最終巻(2巻)
 機動戦士ガンダム ANAHEIM RECORD 1巻
 機動戦士ガンダム ANAHEIM RECORD 2巻
 機動戦士ガンダム ANAHEIM RECORD 3巻“ガンダムUC 前日譚”
 機動戦士ガンダム ANAHEIM RECORD 4巻【最終回】“アナハイム史上最強MS”

機動戦士ガンダム MS戦記REBOOT 感想






 機動戦士ガンダム MS戦記REBOOT 1巻“U.C.0079”ジオン公国地球侵攻作戦
 機動戦士ガンダム MS戦記REBOOT 2巻“連邦反攻の兆し”
 機動戦士ガンダム MS戦記REBOOT 3巻【最終回】“ガンダム立つ”

機動戦士ガンダム 新ジオンの再興 感想





 機動戦士ガンダム ジオンの再興 “ZZ対ジ・OⅡ”
 機動戦士ガンダム 新ジオンの再興 “5th測量作戦”

※近藤和久作品・過去記事

※トップに戻る