漫画 ろんぐらいだぁす! 第8巻 感想 レビュー 考察 ネタバレあり 画像 内容 アニメ版 全話視聴後 これまでの感想はこちら 前巻はこちら
日本“自転車の最高標高”乗鞍制覇! 弥生、葵、妹の恵美も感じる亜美の成長

Aaa_002
Aaa_004s-
IMG_5018
IMG_5017
IMG_5026
江ノ島を出発し、新潟を目指せ! 海から海へ、日本横断の新しい挑戦スタート!!
 弥生や妹の恵美、周りの視点で、亜美を見つめる珍しい巻
 特に、妹さんから見た成長が著しい!

 距離感も順調に壊れ、妹を連れまわす雛子直伝の大技も炸裂!

ロマンだ!
 葵が阻止した「日本横断」に、二人で挑戦。何だかロマンチック!
 太平洋に浸り、日本海に触れる為に旅立つとか
 何だかわくわくしますね

 大自然に感動、でも夜の街並みにも同様に感動するのが「わかる!」って感じだ!

乗鞍踏破! ご褒美は、夏には珍しいという大雲海であった

IMG_5033
 上でなく、眼下に広がる雲、「自分の足で登ってきた」達成感。そりゃ素晴らしいさ!

あらすじ
 大学二年の夏、雛子達に誘われ、地獄の長野・山岳合宿に赴いてしまった亜美だったが
 渋峠以来の急成長で、“自転車での日本最高地点”である
 乗鞍岳・畳平をも走破する

 旅行後、妹の恵美と出かけた亜美は、知らず、自転車の道に引き込んで…?

 乗鞍走破で、「フレッシュ」への思いが高まった亜美は
 葵に相談し“力試し”を立案

 亜美は負担の大きい先頭を引き受け、江ノ島から新潟へ自転車旅行を敢行

奇跡を呼ぶ女、倉田亜美。乗鞍では、出会いまくりでした

IMG_5045
IMG_5032
IMG_5009
 三本滝の手前で小熊に、乗鞍では特別天然記念物「雷鳥」に遭遇!

サンダーバード事件
 なお、乗鞍で雷鳥と遭遇したのは実話だそうで、ホント三宅先生すごい
 座り仕事の漫画家で、乗鞍を登ってるタフネス含めて
 ホントすごい

 なお実際は、カメラを探して、撮れない見れない二重苦だったそうな

 アカンやん!
 いや…、てかあの立派なカメラもって乗鞍を登っていた…?

 三宅先生マジすげえ!
 
今回も長野県、乗鞍「三本滝レストハウス」まで到達した亜美たち

IMG_5044
IMG_5043
 ただの絶壁じゃねェか! 雛子さんの胸じゃねェか!!

ナガノ・ケン
 前巻、雛子と紗希が先を争って、先に到達した坂の先のレストハウスですが
 雛子いわく、本番って台詞はウソじゃなかった!
 もう帰りたいレベル

 この先も斜度は変わらない、とか心が折れるわ…!

 でも以前、あづみので「降車」したのを思うと
 亜美ちゃん成長してます

 ポンタ君でも、坂で大苦戦しましたし。

登りで追いつかれた弥生、彼女から見た亜美の姿

IMG_5042
IMG_5041
IMG_5040
 曲がり角での、この冗談みたいな斜度!

登りの大原則
 いかに楽に登るかを、忠実に一点一点こなしていく亜美に、感心する弥生
 亜美自身は、いつも通り、苦しそうな様子なんですが
 弥生のモノローグで印象一変

 また、キツいところを一気にダンシングで、と体力配分もこなす亜美

 視点が変わると印象も変わる
 弥生さん、アニメだと鉄製ロード乗りってありましたが、今回も同じ車両?

 分析的な見方だし、弥生さんのモノローグがホント良かった!

第2休憩ポイントは、位ヶ原山荘。標高2350m!

IMG_5038
IMG_5037
 湧き水もあり、茹だった体に天国って奴だ!

位ヶ原山荘
 既に渋峠の2172mも越えている! 驚く亜美、ヤビツ761mの3倍ほどの標高なんですよね
 渋峠なら、とっくに“森林限界”で樹木が見えなくなってたので
 まだまだ低いのだろう、と

 ここではお汁粉も食べてましたが、疲れ、水を被った体にさぞ美味しかろう!

 そしてここでも、沙希さん無敵のアイアンストマック!

渋峠の高度を越えて、まだ余力を感じていた亜美

IMG_5036
 さっきの山荘で、もう頂上まで残り5キロだったという。

渋峠と今
 以前、渋峠で瀕死だった亜美が、長足に成長していると感じた葵
 ここにきて、毎週走って蓄えてきた分
 一気に成長した感じか

 亜美をずっと見守ってきただけに、「変わりたい」亜美に、心で呼びかける葵

 前回ケロッと山岳を楽しんだみたいに、変わってきてるのね

というわけで、夏休みを利用してやってきました!

IMG_5035
 夏の真っ只中に、スキーで賑わう乗鞍岳! なにこれすごい!!

大雪渓
 亜美たちは体力を振り絞ってるからか、寒くなさげですが、相当気温が低いのね!
 渋峠も、雪がとんでもなかったけど
 更にすごい!

 素直に驚く亜美の表情で、なんだか笑っちゃう!

亜美『ここが…、自転車乗りにとって特別な場所…

IMG_5033
IMG_5034
 このシリーズ、「天空へのヒルクライム」ってタイトルが詩的ですごく好き

乗鞍制覇!
 単純な体力不足や、高山病などの警告もありましたが、無事「乗鞍岳」制覇成功に
 雲が、足元に広がる不思議な光景
 ゲームや映画みたい!

 明らかに、今までよりぐっと余力を残して走破した亜美!

 ただ、「フレッシュ」は複数で走るのが大変なので
 まだ無理だ、との事。

 後この辺、自転車どころかバスがこれるほど舗装された、一大観光地なんですね

長野自転車旅行最終日、「亜美の成長」に感心した弥生ですが

IMG_5031
IMG_5030
 やはりボディラインについては圧倒…! 絶対的…!!

旅行最終日
 下りの厳しさは「渋峠」でやった為か、今回は省略されて温泉回に。
 長野旅行は、ひたすら弥生さんがナイスバディだった…!
 始まりから終わりまで!

 なお紗希さんは、前巻カバー下の「スカイライン」を抜けて岐阜に下ったそうな

 金沢まで行くとか、ホント魚介が大好きですね!

インターミッション、「しすたぁずらいど」の恵美ちゃん回!

IMG_5029
IMG_5028
IMG_5027
IMG_5026
 佐伯さん、まさかの2巻連続でお休み!

尊敬したけど!
 ボトルにドリンクじゃなくて水を入れ、「かけ水」して涼む事など、亜美が教える側に
 細かな休憩や、汗やかけ水で流れた日焼け止めなど
 亜美の指導力が冴える回!

 佐伯さんや、葵に対してとは違う、本当に自然体の亜美の指導

 そして非道!
 すごいなー、からの「ダメだこの姉!!」

 着実に二代目雛子だよ!

番外編収録コミック、6.5巻登場の「友達」が本編に

IMG_5025
IMG_5024
IMG_5023
 葉月、と呼ばれていた彼女が、弥生さんの妹さんと判明。旧暦ネームなのね。

自分の脚で
 幼い頃、遠足で来た「遠くの町」の江ノ島に、今、自分の脚で来られた感動を味わう恵美
 特に、小さい頃は体感距離がぜんぜん違いますものね
 恵美ちゃんもハマった!

 オマケに、友達も自転車やってたとか、「中学生チーム」結成まったなしね!

 この回はずっと恵美さん視点
 亜美が、いつもよりずっと「凄い人」なのも新鮮でした

 困った人だけど!

太平洋から日本海へ行こう! 亜美の力試し、“日本横断ライド”開始!!

IMG_5021
IMG_5020
 出発地は、もはやホームグランド感さえある江ノ島。

ここが出発点!
 さて、「亜美すげえ!」「さすあみ!」ですが、やっぱり人生日々勉強!
 以前は、雛子たちが合わせてくれていたと痛感し
 力試しを試みることに

 相棒、葵とのタッグは、本作の原点回帰って感じがしますね!

 太平洋の水を汲み
 日本海に注ぐ、何の意味もないけどロマンチックな試み!

 ロマンって、心のビタミンだ!

しまなみの失敗を踏まえ、準備万全パーフェクト亜美! しかし!!

IMG_5019
IMG_5018
IMG_5017
IMG_5016
IMG_5015
 第5巻のしまなみ編では、余計な荷物が多く、リュックまで背負って背中が蒸れ蒸れよ!

「リード」を目指して
 同じく、5巻では佐伯さんを「リード」してましたが、今度は知らない道のリードに挑戦
 チームメイトとして、自分も先頭を担当しなきゃいけない
 ラクしてちゃダメなんだと

 これが意外に重責で、道のチェックや路面状態と、「知らない道」は大変!

 しかもナイトライド
 亜美ちゃん、一度に何でもやろうとしすぎだよ!

 でも、だから長足で成長するのね

チームで走るのは、個人で走るより大変だ”。先頭って大変だ!

IMG_5014
IMG_5013
IMG_5011
IMG_5012
 雛子は「ペースをあわせるのが大変」と言ったものの、それ以外も大変!

ないとらいだぁす!
 これまで、山道のナイトライドは幾度もやってましたが、古い町並みを走ることに
 真夜中特有の、しんとした空気と続く電灯の灯り
 夜って、ホント幻想的だ!

 思わず二人も足を止めましたが、夜の街並みもやっぱり素敵だと思う!

 いつもは賑わう場所だと思うと、ギャップも面白いですよね

収録

IMG_5025
IMG_5024
 遠足はバスだったけど、今度は自転車で。振り返る瞬間が可愛かった!

 REX COMICS「ろんぐらいだぁす! 8巻」。三宅大志
 月刊ComicREX連載、一迅社発行。
 2016年11月(前巻2016年6月)

収録
 第32.5話「天空へのヒルクライム2.5」
 第33話「同3」
 第34話「同4」
 第35話「同5」
 第36話「乗鞍…その後」
 第37話「しすたぁずらいど」
 第38話「COAST TO COAST1」
 第39話「同2」
 カバー下漫画あり

 表紙は、乗鞍・位ヶ原山荘でのワンシーン、濡れた2人に健康美!


 ろんぐらいだぁす! 第1話「小さな奇跡」
 ろんぐらいだぁす! 第2話「海沿いサイクリング」
 ろんぐらいだぁす! 第3話「新しい世界」
 ろんぐらいだぁす! 第4話「秘密のアルバイト」
 ろんぐらいだぁす! 特別編「わたしのサイクルアルバム」
 ろんぐらいだぁす! 第5話「変わる世界」
 ろんぐらいだぁす! 第6話「フォルトゥーナ」
 ろんぐらいだぁす! 第7話「チームの絆」
 ろんぐらいだぁす! 第8話「広がる世界」
 ろんぐらいだぁす! 第9話「あづみのオータムライド! 前編」
 ろんぐらいだぁす! 第10話「あづみのオータムライド! 後編(最終回)」
 ろんぐらいだぁす! 第11話「街が動き出す瞬間」
 ろんぐらいだぁす! 第12話「ろんぐらいだぁす!【最終回】」


 ろんぐらいだぁす! 0巻“学生服の4人” 
 ろんぐらいだぁす! 1巻“初めての相棒”
 ろんぐらいだぁす! 2巻“世界が変わる!” 
 ろんぐらいだぁす! 3巻“フォルトーナ結成”
 ろんぐらいだぁす! 4巻“楽しみ方は一つじゃない”
 ろんぐらいだぁす! 5巻“しまなみ海道ライド!” 
 ろんぐらいだぁす! 6巻“国道最高地点”挑戦!
 ろんぐらいだぁす! 6.5巻“サイクルガイド”収録!
 ろんぐらいだぁす! 7巻“日本で一番高い場所”
 ろんぐらいだぁす! 8巻“太平洋から日本海へ!”
 ろんぐらいだぁす! 9巻“自転車乗りの交流” 
 ろんぐらいだぁす! 10巻“直江津集合!”

PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
アニメランキング