公式 鈴木 央 漫画 七つの大罪 28巻 感想 レビュー 画像 考察 内容 ネタバレあり。これまでの感想はこちら 前巻はこちら
最高神と魔神王、両陣営リーダーが描写! エレイン生存問題、解決へ!!

Aaa_002
Aaa_004s-
IMG_6806
IMG_6799
IMG_6798
自らの不死と、エリザベスの輪廻、3000年もの“呪い”を終わらせるのがメリオダスの目的か
 いつか旅を成し遂げ、老いて、二人穏やかに息を引き取る日が最終回?
 暫定ラスボス「最高神」「魔神王」も顔見せ! 

 底知れぬ“傲慢”エスカノールが、真・メリオダスに瞬殺される事案も発生…!?

エレイン生存へ
 また、十戒メラスを倒せばエレインが死んでしまう状況も、メラス無力化で生存成功へ
 逆にヘルブラムは死亡…、第13巻以前は読んでいないので
 この展開には、特に驚かされました

 あと3日でエリザベスが死ぬ状況、覚醒したメリオダスの力で解けるのか…?

ヘルブラム『物語は、いつもハッピーエンドとは限らない、か』

IMG_6820
 思わせぶりな巻頭、そういう事だったのね。

あらすじ
 エリザベスは三日後に死ぬ。メリオダスは、自分たちが三千年前にかけられた呪いを明かし
 現在、十戒である弟、ゼルドリスが預かっている「魔神王の力」を得て
 呪いを解き、生を全うしたいと語る。

 滅びた城塞都市コランド、一行は亡霊に手を焼き、ヘルブラムが犠牲となり突破

 十戒メラスキュラを無力化に成功
 エレインも生還し、闘級2万1050へと急成長を果たす

 だが、メリオダスが「魔神時代」に立ち返ってしまい、エスカノールさえも圧倒…!?

前世の記憶が蘇りつつあるエリザベスと、3人で女子会!

IMG_6819
IMG_6817
IMG_6818
※実は106回ほど看取ってるとは言えないメリオダスさん

英雄達の女子会
 とかく、まっすぐなディアンヌが素敵! 彼女の場合、記憶が戻った事でキングと結ばれました
 自分同様に、記憶を取り戻すことが幸福に繋がるはずだと
 熱く協力するディアンヌ

 しかし、記憶を取り戻すと3日で死ぬ、と後で知ってしまう事に

 恋人の死に悩むバンも同様
 この回の事が、後々二人を苦しめてしまうんですよね

 共に、発端は善意なのが哀しく感じます

三千年前の“聖戦”、メリオダスとエリザベスを襲ったのは

IMG_6816
IMG_6815
IMG_6814
 女神族を束ねる「最高神」は素顔不明。エリザベス似なのでしょうけれども

三千年前の真相
 当時、まだ健在だった最高神と魔神王、敵対しているはずの2柱に仲良く襲われ
 メリオダスと初代エリザベスは死亡
 聖戦終戦へ

 際し肉体を失った魔神王、先代ゴウセルは何をしたのでしょうか?

 おそらく最高神に「死亡」か?
 状況的に、最高神と魔神王、本当は協力関係にある可能性も…?

 魔神王、めっちゃ格好いいな!

二人が受けたのは、不死と輪廻の呪い

IMG_6813
 二代目エリザベスが完全にエイラ(クロノトリガー)。

神と魔神の呪い
 以降、メリオダスは不老不死となり、エリザベスは「必ず彼に恋し、目の前で死ぬ」運命に。
 現時点で、107人のエリザベスと出会っており
 106人の死を看取っている

 思うに、女神と魔神が、戦い続ける事こそが望まれているのか?

 女神も魔神族もメンタルは人と同じです
 最高神と魔神王も、実は良い人で、何かの目的の為にやむなくやった気がします。

 何故、このような面倒な呪いをかけたのか…?

三千年に及ぶメリオダスの旅、その目的は

IMG_6812
 呪いを解き、死ぬ事こそがメリオダスの望み。

メリオダスの目的
 全ては、自分とエリザベスに終わりをもたらす為、その為に「呪いを解く力」が必要
 十戒、同じ風貌の弟ゼルドリスに預けられた魔神王の魔力
 これを手にして呪いを解く

 今は戦いに集中する為、問題は一時棚上げに。

 しかし、メリオダスが、恋人の死を延々と看取って来たと知り
 バンは自分を恥じることに。

 ディアンヌも、記憶復元で3日で死ぬ事、それを知らず煽った自分を恥じることに…。

道中、ゴウセルの要請で村を救った七つの大罪

IMG_6811
 アニメ版では、「予兆」編で登場。ゴウセルが母そっくりと言った少年。

オーダン村
 ここは、アニメ版では修正された「鎧の巨人」騒動の村で、少年達とゴウセルが再会
 キング達の成長と共に、ゴウセルの心の成長も感じます
 ゴウセル大人気!

 お前みたいな聖騎士になりたい、というペリオ。

 改めて、ゴウセルの優しさを感じる気がしますね

滅びた城塞都市コランド、待ち受けていた十戒は

IMG_6810
IMG_6809
 やっぱり、エスカノールが出ると安心感が違うな!

大罪の成長
 以前は、エスカノールだけが突出して強かったですが、キングとディアンヌが大きく成長
 死霊使いの十戒、メラスキュラはメリオダスを隔離してしまい
 彼のパワーだけを抽出

 いわば、メリオダスと大罪の激突を、擬似的に演出

 しかしバン以外は圧倒…!
 力が分散したら、大罪たちで余裕で倒せてしまうし、集中させたら自壊する始末!!

 バンさんだけボッコボコだよ!

解放された死霊に乗っ取られ、ディアンヌ暴走! 結果…

IMG_6808
IMG_6807
 ヘルブラムと、今度こそ今生の別れに

さよなら親友
 実は、かつて城塞都市コランドを滅ぼしたのが、他ならぬヘルブラムだった
 人間に仲間達を狩られ、怒ったヘルブラムが暴走した時
 滅ぼしてしまった町だった
 と

 彼の魂を討ち、亡霊の大半が成仏、勝機を作り出すことに。

 因果応報というには…
 好きな人の相棒を殺す羽目になった、ディアンヌの負ったものも大きい。

 大罪総がかりでも、解けなかった恨み!

年齢不詳。マーリンが、幼い日にエリザベスを慕っていたと判明

IMG_6806
IMG_6805
 まだ12、13歳の頃、当時のエリザベスを「姉々」と呼んでたそうな。かわいい。

マーリン
 未だ、「ベリアルインの娘」という以外、謎が多いマーリンの新事実。
 完全に、妹扱いされてて笑える!
 ぐいぐいきてる!

 作中、実はメリオダスを慕っているらしい様子のあるマーリン

 つまり愛情。
 それは、「姉(?)」と「姉の好きな人」という関係から生じたものだったのでしょうか

 割り込めない関係だと、誰より解っているのでしょうね

恨み重なる十戒、信仰のメラスキュラと決戦!

IMG_6804
IMG_6803
IMG_6802
IMG_6801
IMG_6800
 以前は美人だったのに、バンのせいで顔がえらい事に。

信仰のメラスキュラ
 結果、「ドロール」「グロキシニア」、初代王たちに匹敵し始めたキング達にボコボコ!
 あまつさえ、追い詰めた事でエレインまで成長を果たし
 闘級2万1050に昇格!

 かつての十戒、ガランが2万7000だったと思えば、とんでもねえ数字!

 現在の、主力十戒の半分くらいですが
 充分戦力ですね

 メラスキュラも、エリザベスに無力化され捕縛、エレインは生き残ることに。

メラスキュラの作った檻から脱出する為、メリオダスはとんでもねえ事に

IMG_6798
 最強vs最強、解放メリオダスvsエスカノール!

傲慢vs憤怒
 脱出の為、魔神の力を解放したメリオダス、今までなら何とかなったものの
 先ごろ、復活の際に「感情」を食われていたことが仇になり
 完全に制御不能

 記憶も、3000年前、十戒最強として君臨した頃逆戻り!

 対するエスカも最強
 現十戒の上位、6万を誇るエスタロッサを瞬殺したのは、今も記憶に新しい…!

 おまけに、感情的な問題もありますしねえ

まもなく正午、エスカノールは闘級11万4000に到達!

IMG_6797
IMG_6796
 段階的に「正午に近付く」も、まるで歯が立たない異常事態!?

傲慢の大罪
 異常な強さ、口調から女神族側の頂点が転生したモノじゃ…、とも疑っていますが
 今回、「これは負けるわ」と読者に感じさせる展開で
 メリオダスが圧倒

 ただ、エスカノールはマーリンを巡る関係で、鬱屈しています

 思う存分に暴れられる今
 これ以上のパワーで、メリオダスと互角にやりあう可能性も…?

 さてエスカノールの強さの源、“呪い”とは何なのか? 

まだまだ続く「現役時代の七つの大罪」

IMG_6795
 二人が、女神族と袂を分かつ決定打に?

トロル事件
 現在、あのヘンドリクセンらの源流である、ドルイド一族を率いる2大ロリ。
 その正体は、女神族を離反して人間の体に宿った
 元・女神族でした

 その彼女らの里を襲うトロルも、実は、女神族が率いるものと判明

 祭壇の王、サブタイの意味とは…?

収録

IMG_6821
 カバー下はエレイン(埋葬)。

 講談社コミックスマガジン「七つの大罪 巻」。
 鈴木央。週刊少年マガジン連載、講談社発行。2017年10月(前巻2017年7月)

収録
 第223話「とまどう恋人たち」
 第224話「それが僕らの生きる道」
 第225話「それぞれの葛藤」
 第226話「アラクレ」
 第227話「怨念たちは眠らない」
 第228話「女神と聖女」
 第229話「愛は乙女の力」
 第230話「メラスキュラの誤算」
 第231話「傲慢vs憤怒」
 番外編「祭壇の王7」
 読者投稿イラストコーナー

 巻末、カバー下などもオマケも充実。

※トップに戻る

七つの大罪 感想 鈴木央




 七つの大罪 14巻
 七つの大罪 15巻
 七つの大罪 16巻
 七つの大罪 17巻
 七つの大罪 18巻
 七つの大罪 19巻“太陽の主”。
 七つの大罪 20巻“伝承の者共”
 七つの大罪 21巻“その光は誰が為に”
 七つの大罪 22巻“暗黒のブリタニア”
 七つの大罪 23巻“<傲慢>VS「慈愛」”
 七つの大罪 24巻“残酷なる希望”
 七つの大罪 25巻“リアルタイムの3000年前”
 七つの大罪 26巻“二人のゴウセル”
 七つの大罪 27巻“七つの大罪の再会に”
 七つの大罪 28巻“旅の目的” エスカノール全開!
 七つの大罪 29巻“十戒壊滅”聖剣の力とは?
 七つの大罪 30巻“マーリンの正体”エリザベスvsメリオダス!
 七つの大罪 31巻“傲慢の正体”エクスカリバー発動!!
 七つの大罪 32巻“壊れる慈愛” 魔神族一覧表
 七つの大罪 33巻“エスタロッサの正体”聖戦終結の真実!
 七つの大罪 34巻“支配者の魔力”妖精王ハーレクイン新生!
 七つの大罪 35巻“いつか必ずお前を奪う”
 七つの大罪 36巻 “魔神王・覚醒”
 七つの大罪 37巻 “魔神王を倒したら”
 七つの大罪 38巻 “七つの大罪 七つ目の掟”
 七つの大罪 39巻 “太陽の極み”
 七つの大罪 40巻 “マーリンの目的”
 七つの大罪 外伝集1 罪実 “バンとエレイン、ディアンヌとキング・祭壇の王”
 七つの大罪 41巻【最終回】“そして11余年後へ”

※トップに戻る





 黙示録の四騎士 1巻 “パーシバルの旅立ち”

※トップに戻る

PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
アニメランキング