公式サイト 武井宏之 漫画 ハイパーダッシュ!四駆郎 2巻 感想 レビュー 考察 画像 内容 ネタバレあり 前巻はこちら
タンクローvsボム! ヘビー級対決“神太陽<バーニングゴッドサン>”出陣!!

Aaa_002
Aaa_004s-
IMG_4721
IMG_4715
旧作からウン年、ストリート・レーサーに立ち返っていたタンクロー、“重さ”を活かした新車!
 バラストを内蔵、フロントが双胴船みたいでカッコイイ!
 そして幼女が出てきた!

 意外にあっさり決着ですが、ラスボス“オーバー・ザ・ホライゾン”も顔見せに

地平線を越えるマシン
 故に、コイツに勝ちたければ、もはや大気圏をも見据えねば…ってな、決め文句が痺れる!
 さすがミスターG、パッと見「アレ?」って形だったけど
 リア形状がホライゾンだわ!

 本名「皇 快男児」、皇さんの更なる新兵器は…? そして幼女が出てきた!

巻末、ザウルスマシンを網羅する超資料「ザウルス大全」が収録!

IMG_4712
 全ザウルスマシン+2を網羅、ホライゾンの滑らかさは、やはり別格。当時は「先行販売」された

あらすじ
 師、源駆郎と思しきミニ四駆テロリスト集団、ダークドミニオンに対抗する為、皇は新作を製作
 戻ってきた四駆郎を加え、ハイパーダッシュ軍団を誕生させ
 彼らと離れ離れになってしまう

 軍団は、ドミニオンのボム・クロウ、ナイトシークD2シールド激突

 タンクローと神太陽は無事勝利するが
 ボムを救う為、彼を信じて「神太陽」を残して先に進んでしまう

 先には進駆郎と戦うべき敵が待ち受け…?

※トップに戻る



パンクロー『おお…、タンクローが昔のキャラに戻りやがった

IMG_4731
IMG_4730
IMG_4729
 かつて「ミニ四駆の神童」と呼ばれたタンクロー、ハタチ越えたらただの人であるが…?

例の奴!
 以降、巻数に応じたメンバーが戦うらしく、第2戦は、敵の大柄な少年ボム・クロウが登場
 フィールドは、ワイルドな戦いを得意とする「太陽」らしく
 ヘドロたっぷりの地下迷宮!

 タンクロー、いきなり相手のコースを塞ぐとか、さすが元ライバルキャラ!

 さすがタンクロー汚い!
 必殺の、「ステッキを投げてコースを変える例の奴」!

 パンクローが、いちいちツッコミで笑わす!

ボム・クロウ『ならば、移動工場と呼ばれる俺の力を見せてやる

IMG_4728
 武井先生の旧作主人公と同じ、「クロウ」の名、コイツはたいした工事力だぜ…!

爆改!
 技の和名は「ブラッディPIT」、血塗れと“整備”場を意味するピット、ブラッド・ピットの洒落!
 タングステン製シャーシと、重さを補うドローン用モーター
 素材が相変らずデタラメだ!

 ナマリの代替にも注目される“重”素材、太陽の相手にゃ相応しいマシンだった!

 相変らず加工技術がおかしい

バーニング! 神童・韻・ザ・ストリート

IMG_4727
IMG_4726
 何で今お前がラップなんか! ラッピング走行か何かか!?(by進駆郎)

ラパタンクロー
 いきなりラップを始めた時は、「ああ武井先生だ」と思いましたが、ボム・クロウをキレさせる為
 今のタンクローは、両親の帰りが遅かったりして
 行き場のない子供と遊んでると

 元々、町角レースが好きだったタンクローは、今も「町」と一緒にあるんですね

 この変なハチマキ、正直どうかと思うけど
 イカしたラップだった!

 ダチが呼んでるインターフォン(呼びかける声)、小学校時代みてえな歌詞だった!

最終セクションは、激流コース“魔石像水門”へ!

IMG_4725
IMG_4724
IMG_4723
 徳田先生、今巻も天国から出張おつかれさまです。

バラスト・タンク
 ラストは究極のオフロード激流コース! 水中といえど、水流に逆らうほどの推力が出るのか…?
 忘れてましたが、当然のように防水されてるのが遅れて笑えます
 旧作でもそうだったしね!

 バラスト、重石の搭載によって、水中でも着底して走るヘビー級マシン!

 ただ後から思うとですね
 ボムだって、タングステンシャーシなら同じ事が出来たんじゃ…。

 水上こそ有利、と思ったが敗因だったか

ハイパーダッシュ0号! オーバー・ザ・ホライゾン!!

IMG_4722
IMG_4721
 オレはこのマシンで地平を越える。

オーバー・ザ・ホライゾン
 原型機の特徴だった、滑らかなフォルムを捨てた鋭角的デザイン、まさに新時代
 日ノ丸源駆郎が、「はじまりのマシンを越える」べく製作し
 皇のマシンをまとめた特性だとか

 もはや大気圏の先を見据えねば、オレの意思を止める事は出来んぞ! 皇快男児!!!

 奇しくも「ハイパー」軍団と似てしまったらしく
 意図しなかった結果から、皇に敬意を表し、“ハイパー”と名付けたそうな。

 部下5人の全員敗北で、出陣する予定とのこと

当時のままの姿で戻ってきた四駆郎、源駆郎、その正体は

IMG_4720
IMG_4719
IMG_4718
IMG_4717
 分かりやすく「中学生」アピールする優しさ!

また幼女だった
 曰く、二期ラストの縄文決戦において、源駆郎が幼女と出会ってアラホラサッサという…
 なるほど、こうも完全にミステリー現象が起きていたんじゃ
 時を越えても不思議はない、と

 てっきり、謎のミニ四駆研究機関に捕えられ、コールドスリープしてたのかと

 地獄ラリー!
 当時、「ヒットラーの遺産」の映画とか花盛りでしたものねえ

 今思うと、本作もその一環だったか

ボム・クロウ『Mr.G…、確かにオレは確かめました

IMG_4715
IMG_4714
IMG_4713
 今思った、ボムの台詞もまた、韻を踏んでた! これは笑った!

ホライゾンの遺伝子
 宣言通り、敗れたボムは死を選ぼうとするも、タンクローがかつての源駆郎と同じ言葉を
 彼は、ボムを救う為に「神太陽」を鍵穴に残してしまい
 先を急ぐ事に

 こうやって、進む事にマシンを置いていく展開になりそうですね

 元々、「ミニ四駆を兵器化する集団」として登場した彼ら
 やはり単なる建前か

 次の敵、これでもかって計算キャラしてて笑う

巻末付録、永久保存版「ザウルス大全」収録!

IMG_4710
IMG_4709
 全ザウルスマシンに加え、「第二回ミニ四駆デザインコンクール」優秀、最優秀車両が収録

ダッシュマシン達
 先生自身、旧作の資料を集めるにあたり、「決定版」が存在しなかったため
 集めた資料を、大全として収録してくれたそうな
 ありがたいことです

 また、ザウルスマシンではないですが、前述デザインのマックスエンペラー!

 そしてサプライジング
 いずれも、徳田先生を源流に持つデザインとして収録

 源駆郎と、皇さんの関係を思い出しますね

中でも、特に印象深いマシンといえば

IMG_4711
 人によるでしょうが、“フロント・ミッドシップ・マシン”は印象的でした

FMマシンの系譜
 しかも、こちらも源流は源駆郎、ライバルながらお人よしだったりタンクローと離れたり。
 チームマシンの末尾が、全部集めると「グレート」だと書いてあって
 いまさらながら驚きました

 モーター部と一体化したようなフロントガラスが、前に突き出してるのが印象的

 バックが低く抑えられ
 通常シャーシには、乗せられないのも特徴的ですね

 源駆郎の幻影が、「俺はレーサーだから、エンジンの音は背中に聞きたい」と言ったのも強烈でした

収録

IMG_4708



 コンデンサー的回路だ! 巻末は、旧作原稿と武井先生の原稿を混ぜたコラボ漫画収録!
 
 コロコロアニキコミックス「ハイパーダッシュ!四駆郎 2巻」、武井宏之(原作:徳田ザウルス)。
 コロコロアニキ連載、小学館。
 2017年7月(前巻2016年8月)

収録
 第4話「ハイパーダッシュ軍団誕生!!」
 第5話「バーニング!神童、韻・ざ・ストリート」
 第6話「さらに甦るホライゾン伝説」
 付録「ハイパーダッシュ!コレクション2「バーニングゴッドサン」
 付録「ザウルス大全」
 付録「拝啓 徳田ザウルス先生Part2」

※トップに戻る

ハイパーダッシュ!四駆郎 感想







 ダンボール戦機外伝 全1巻(HIRO)
 ユンボル-JUMBOR- 6巻
 ユンボル-JUMBOR- 7巻
 ユンボル-JUMBOR- 8巻
 機巧童子ULTIMO 6巻
 機巧童子ULTIMO 12巻(完)
 ハイパーダッシュ!四駆郎 1巻
 ハイパーダッシュ!四駆郎 2巻“ザウルス大全”収録 タンクロー激戦!
 ハイパーダッシュ!四駆郎 3巻“誇りの流星” 本作と旧作のミッシングリンク
 ハイパーダッシュ!四駆郎 4巻“D・ボール”明かされた正体

猫ヶ原。武井宏之 コミックス感想

 猫ヶ原 1巻
 猫ヶ原 2巻“タチハダカルモノ”
 猫ヶ原 3巻“神殺し”ノラ千代 誕生篇
 猫ヶ原 4巻“流浪キティ”ノラ千代 再出発
 猫ヶ原 5巻【最終回】ここはいつかの猫ヶ原

SHAMAN KING外伝 感想 作画:ジェット草村









 SHAMAN KING レッドクリムゾン 1巻"メイデン、死の真相"
 SHAMAN KING レッドクリムゾン 2巻"四聖童子ULTIMO"
 SHAMAN KING レッドクリムゾン 3巻"メイデンと黽、蓮の約束"
 SHAMAN KING レッドクリムゾン 4巻【最終回】"F.O.Mに願う"

 SHAMAN KING マルコス 1巻“マルコを追って”

SHAMAN KING zero 感想




 SHAMAN KING zero 1巻“5人の戦士の過去”








 シャーマンキング -ZERO- 2巻
 シャーマンキングFLOWERS 5巻
 シャーマンキングFLOWERS 6巻(完結/掲載誌休刊)
 SHAMAN KING TSS 1巻“三代目イタコのアンナ”
 SHAMAN KING TSS 2巻“花、ワケありの帰還”
 SHAMAN KING TSS 3巻“始まりのルシフェル”
 SHAMAN KING TSS 4巻“デスゼロ最終回”

・武井宏之先生・過去記事一覧
  …マンキンからダッシュ四駆郎まで
・シャーマンキング過去記事一覧
  …過去編Zero、子供編FLOURS、続編SS

※トップに戻る

PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
アニメランキング