公式サイト めいびい 結婚指輪物語 6巻 感想 レビュー 考察 あらすじ 画像 ネタバレ これまでの感想はこちら。前巻はこちら
示されていく深淵王の謎。“花嫁修業編”、ヒメの妹とアンバル可愛い!

Aaa_002
Aaa_004s-
IMG_9415
IMG_9409
IMG_9383
巻頭カラーでベッドイン、開幕からvs深淵王! 決戦感ある始まりから完敗!!
 深淵王は、むしろサトウを哀れみ、懐かしむように振舞いますが
 初代指輪王の成れの果てなのか?

 物語は二週目に、ヒメの妹とアンバル、“戦う為に生きる”子たちが印象的!

愛が重い! 賢者の爺ちゃんに押しかけ嫁が
 エルフ国で戦った「深淵の騎士」、叶わぬ恋に終わったはずの王女が
 すっかり、ヤンデレと化してて大爆笑だった!
 爺さん愛されてる!

 反響が良いらしく、「花嫁修業編」突入。第1弾は、ヒメとイッチャイチャしまくってた!

スマートフォン用ページ内リンク

・3/3ページ目

※過去記事一覧ページ

小悪魔だけど繊細、ヒメの妹“モーリオン・ラヴリ・ノカナティカ”

IMG_9384
 後、アンバルがめっちゃ強くて可愛くて大爆笑。レベルMAXっぽい感じ。

あらすじ
 指輪を揃え、異世界に戻ったサトウは、深淵王に挑むも返り討ちに遭う
 長い時を経て、謎多き「黒い指輪」で力を増した彼を討つべく
 大賢者アラバスタは“花嫁修業”を提案

 すなわち、エルフの大書庫」、「帝国の神話遺物庫」「魔導の尖塔」へ!

 ヒメも、修行としてキスしまくって魔法を使う感覚を体得
 妹モーリオン・ラヴリ・ノカナティカも同行に

 エルフ国へ向かうが、サトウが、“深淵の呪い”を受けていたと判明し…?

カラーページでワンモア! “あの約束”を実行に移した二人

IMG_9414
IMG_9413
 ガチ泣きしたサフィール。元々、妹サフィルの為に無茶した子ですしね…。

終われない
 前巻ドワーフの廃都を訪れ、“黒い土の指輪”の騎士を倒した一行だったが
 実は彼ら、深淵騎士の全滅こそ、王復活のスイッチとなっており
 指輪も揃わぬ中、絶望的な状況に陥った

 賢者アラバスタは、もう忘れて生きろ、と元世界にサトウらを送ってしまう

 だがドワーフ姫は「こちら」にいた!
 ドワーフ達は、姫に代わる“指輪の形代”としてアンバルを製造、転移させていたのだ。

 指輪姫は5人揃った、サトウはもげろ!

戻った先は、ドワーフ族の廃都イダノカンだった

IMG_9412
 そしてアンバルは眼が光る子だった。

ロボットだから
 彼女は、健在だった頃を知っているのでしょうか。長い長い時をあちらで過ごし
 覚悟していたとはいえ、戻ってみれば都は滅びていた
 胸中はいかばかりなのか

 そういう感情はない アンバルはドワーフではないから(アンバル)

 とは言うも、その横顔は本当に寂しそうでした。
 そして輝いてました

 すごいや! 女の子の目って光るんだね! ダダッダー!!

真っ暗闇の廃都は、濃い血の匂いがたちこめていた

IMG_9411
IMG_9410
 戦い前のキスをしたヒメ、今巻では、そのシステムも明らかに。

蹂躙戦線
 時の流れは同じはずですが、あちらで過ごした僅かな期間、人類は総力戦!
 人類に逃げ場なし、深淵に属する怪物があちこちから現れており
 王自身も軍を率いて前進

 特に人類は、「もう人の世だ、神話の連中は退場しろ!」という帝国が奮戦

 双方、死者を弔うこともままならない総力戦ですが
 深淵王が出てきた戦線は完敗

 とにかく、一体だけレベルが違いすぎる!

指輪が揃ったサトウの力! 乾坤一擲、“深淵王封じ”炸裂!!

IMG_9409
 五つの指輪で、敵を千切っては投げ、千切っては投げ!

乾坤一擲
 完全に別マンガと化した戦い、指輪の力ってここまでスゴイ物なのか!
 高所から飛びおり、雑魚を蹴散らしたサトウ
 深淵王に真っ向勝負!

 伝説に曰く、指輪王ならば、深淵王を倒せる!

 実際とんでもない威力で
 他のものでは、かすり傷すら付かない深淵王もバッサリだった!

 どいつもこいつも! どいつもこいつも!!

なお、この戦いに戦闘のプロ・アンバルさんは

IMG_9408
IMG_9407
IMG_9406
 手厳しいな! さすが戦闘のプロだぜ、容赦はしない!!

一撃、届かず
 指輪が揃えば倒せる、としか伝わっていなかったが、倒す事は叶わず。
 ならば、倒せるまでごしゃいでやれば良さそうですが
 サトウ側の体力が尽きてしまいます

 指輪そのものさえ、「在りえぬ」と驚愕して沈黙するほど

 今のサトウでは一撃が精一杯。
 でも指輪とは、“世界の理の具現(形となったもの)”で、倒せないはずがなかったのです

 結論:深淵キング思ったより強かった

伝説とは何だったのか? 絶対絶命、一行を救ったのは

IMG_9405
IMG_9404
 おじーちゃん、嫁連れて戻ってきた!

大賢者アラバスタ
 前巻、常識的にはともかく、読者的に死んだと思えなかった大賢者ですが
 エルフ国で襲ってきた、あの「深淵の騎士」
 スマラグディに助けられていた

 彼女は50年前、アラバスタと悲恋に終わった、「元」指輪姫

 第2巻で再会した際
 アラバスタは、「他人事」として想いを伝えて別れました

 しかし実は、ずっと後をつけていた…!

もう二度と会うまいと決めた。アラバスタの意思を尊重する為に

IMG_9403
 ちょ、闇属性残ってない!? 指輪ー! ちょっと指輪ー!!

愛は時を越え 夢は遥か彼方へ
 王族という事は、ひきこもりネフリティスの血族なんでしょうが、凄まじい行動力!
 ずっと見守っておったのだよ…
 ずっとな!

 今巻、正直一番笑った! 爺さんまさかのハッピーヤンデレ!!

 そういやマルスも「済ませた」し、カップルがまた増えた!!

でもまさか、身近に「土の姫」が眠っていたとは。興味深いぜ大賢者!

IMG_9402
IMG_9401
IMG_9400
 なおキモいとか言われた模様。

恥ずかしい視線、禁止!
 賢者として、しげしげ見詰めるのも無理からぬ事、というか自然な事ですが
 アンバルは一刀両断し、嫁がすごい目で挟み込む事案
 頑張って!

 それはさておき、今生の別れと思ったら、また出会えたのです。

 サトウと「姫乃」と爺さん。
 三人の喜びは、きっと読者が思うよりずっと大きいと思った!

 前巻、すっげー渋かったもの!

深淵王『指輪の力…、懐かしきもの』

IMG_9399
 指輪を継ぐ者よ、お前もまた故知らぬ傀儡か…(深淵の王)

どちらとも取れる
 面白いのは、深淵の王の態度が「かつて、指輪王と戦った時を思い出した」とも
 彼自身、かつて指輪王その人だったようにも
 両方ありえる言動

 哀れむような口調からすれば、先代指輪王その人っぽくありますよね

 おまえが、何も知らずに王となって深淵を討っても
 こうなるだけだぞ…的な

 果たして、事態の真相とは…?

第1巻で訪れた「光の国」、ウルトラもとい“ノカナティカ”に戻った一行

IMG_9398
IMG_9397
IMG_9396
 幼女の応援は、勇者のパワーだからね!

“光の国”ノカナティカ
 今思えば、この国だけ「四大元素」に含まれない、特殊な位置付けの始まりの国
 王城の作画が丁寧ですよねー、そして激しく後悔するサトウ
 今回、指一本も動かせなくなってました

 初めて味わった感覚に、あんな無謀はもうナシだと自戒するサトウ

 ただ、それだけ全身全霊、出し惜しみなしで打ち込んで
 ようやく半身を消し飛ばしただけ

 下手に学ぶと、むしろ苦戦の要因になりそうな気も。

前巻で一線を越えかけた二人に、既に壁などないのだ!

IMG_9395
IMG_9394
 さあ、好きな女を選べ!(グラナート)

おあがりよ!
 もう肝が据わったのか、もう「そういう事をする仲」だと再確認した二人
 五人揃って、積極的に、大胆になったヒメ
 グラナートは最初から大胆!

 なおサトウ、むしろドン引きして戦略的撤退

 これだから思春期は!
 あからさまなエロは、若い心には危険なんですよ!!

 喩えるなら、丸見えよりパンチラのが尊い!

深淵王には勝てなかった。それじゃ、「これから」の話をしよう

IMG_9393
IMG_9392
IMG_9391
 まずヒメの妹、モーリオン・ラヴリ・ノカナティカさま追加ァ! 表紙の子!!

「花嫁修業編」開幕!
 そも、騎士や深淵王がつけていた「黒い指輪」は、昔はなかったと判明
 敵は進化している、こちらも姫君を戦力化する事で
 指輪の強化を図る事に

 すなわちエルフの大書庫」、「帝国の神話遺物庫」「魔導の尖塔」へ!

 知識・武器・魔法!
 三つの地を巡り、こちらの戦力を最大化して叩きつける!!

 その前段階、ヒメ達に“魔法訓練”を施すことに

うんとこしょ どっこいしょ 魔法の杖は抜けません

IMG_9390
 しかしヒメ、思わずギャグになるほど「魔法」が使えない!

母の遺産で三千里
 光の指輪は、「指輪王」の基点となる為、10年前に深淵軍が総力で攻撃
 際し、ヒメの両親は命を落とし、彼女は“異世界”に逃れたが
 母の杖を継承する事に

 ところが、現代社会になじませる為、爺ちゃんは魔法を教えなかった

 その為、ヒメは目立った戦闘能力がなかったが
 今回、改めて鍛え直すことに

 妹さんは、その教師役ってワケね!

ヒメの妹モーリオンは、10年に渡り「賢者」として育てられた

IMG_9386
IMG_9385
 サトウ、どこ見てんの!(もはや安心感)

余すことなく
 ヒメは、両親から指輪と使命を受け継ぎ、今「杖」まで受け継ごうとしてるし
 モーリオンが、唯一尊敬する「大賢者アラバスタ」にも
 付きっきりで育てられた

 対し彼女は、魔法教育一筋で、自由の無い日々を送っていたらしい

 そりゃ姉さんには複雑ですよね
 姉の使命も重いですが、彼氏まで付いて見守られてきたワケだし

 素質ある者は活かさねば、と育てられたのか?

存在意義。アンバルもまた、「戦う為」と自負している

IMG_9388
IMG_9387
 胸の宝玉からはビームが出るぞ!

これがラピュタの光だ!
 他方、グラナートとアンバルの模擬戦、「最強」を自負していたグラナートも
 深淵王には、まったく敵いませんでしたし
 アンバルにもボコボコに

 元々、強さ自慢だったグラナート、これはショックすぎる!

 グラナートにも岐路が。
 アンバル、無表情パンチや冗談、「戦う為に作られた」という明確な意義

 冗談にジト目、可愛いしこっちも危うい…!

姉妹は「魔力」が似てるので。妹さんによる、魔法講座!

IMG_9384
IMG_9389
 本世界では、魔力とは「見えない腕」。触られたヒメがエロい。

レゴブロック
 この世界では、万物は「地水火風」の四魔素の組み合わせ、ブロックのようなもの
 魔法は、この魔素を魔力で操ることによって
 万物を自在に操れる
 
 ただしサトウの指輪は、魔素そのものを生み出す特殊な存在

 世界を構成する魔素
 そのものを生み出し、段違いの出力を得る事が出来るワケね!

 しかし、操る「魔力」は別途用意せねばならない

魔力操作の感覚が解らないヒメ、でも実は日頃からヤッてた!

IMG_9383
IMG_9382
IMG_9381
 キスの回数は12回だ! 言い切るサトウ、この子ときどきおかしい!!

キスは修行
 指輪は魔素を生み出す、しかし、動かす「魔力」は使い手に依存する為
 戦闘前、ヒメとキスする事によって魔力を譲り受け
 大魔法を行使できたと判明

 今回、深淵王をブッた切って力尽きたのは、「魔力切れ」だったのね

 体内の魔力を譲り渡すこと
 今まで、無意識にやっていた事を、意識的に行う訓練なのだ!

 決して、ただイチャついてたワケじゃないので!

事実、ネフリティスはキス一発で「風使い」として成長!

IMG_9380
IMG_9379
 そしてヒメも、その夜ふたりきりで励んで、体得に成功する。

二人の共同特訓(意味深)
 絵面が完全にセック○じゃないですか! 不味いですよ先輩!!
 当初は、これは訓練だからと真面目に挑むも
 やがて「もっとして?」
 と

 もう致さなかったサトウはおかしいね! ちんちんの病気だね!!

※盛り上がったところで杖を取りに行き、強制終了となった

ヒメの魔法特訓も一段落、まず「エルフの大書庫」へ向かう事に

IMG_9378
IMG_9377
 それこそ我が子のようだった王、王妃を思い出す大賢者。切ない。

風のロムカ、再び
 以前は、国交断絶状態だったエルフ国ですが、サトウ達の頑張りで回復
 若い頃に追い出された、大賢者様も見た事がない
 全ての記録が眠る書庫へ!

 何でも当時の戦いの記録も、唯一残されている場所とか

 深淵王の記録は曖昧
 しかし、ここを訊ねる事で一気に真相に近づけそうですね

 サトウの無駄な勢い、好きだよ私!

深淵王の怪物と交戦、サトウが負った“深淵の呪い”が判明に

IMG_9376
IMG_9375
IMG_9373
 ネフに懐かれたり、ビーム最強だったりアンバルさん可愛すぎる!

深淵の呪い
 先の戦い、サトウが受けたのは「魔物になる」など、特殊現象を引き起こす呪い
 再び、深淵王=元指輪王説を補強する呪いが登場しましたが
 ヒメの魔力で抑える事が可能

 ただし、一度抑えるだけで、魔力切れ倒れかける事に

 いつもサトウが味わう「魔力切れ」
 驚くヒメだが、同じくグラナートも、自分が「非力」である現実に立ち向かう事に

 変わる事が必要だ! 花嫁修業編スタートね!!

毎巻のお楽しみ、アーヌルス博物誌は「深淵」と「魔法」

IMG_9371
IMG_9372
 最古の魔法陣は今も解読されていない、何故なら字が汚いからである(迫真)。 

そこかよ!
 拡大を続ける闇の領域ですが、そこで暮らす人々などの解説が面白い。
 彼らが、一種の精神安定剤として行っているという祭り
 深淵信仰が色々カオス

 というか眼帯をつけ、包帯をつけ…、ってそれ中二病ルックですやん!

 変なネタを冷静にブッこむのがホント好き
 また異世界ワープ魔法が、本来なら体が動かなくなるほど消耗するという話も。

 若い魔法使いに、詠唱に凝るのは良くないとか色々おかしい!

収録

IMG_9370
 目指すは「エルフの都」「帝国」「賢者の都」か。ネフ姫が姫してる!

 ビッグガンガンコミックス「結婚指輪物語 6巻」。
 めいびい(2人組作家)。月刊ビッグガンガン連載、スクウェア・エニックス発行。
 2018年2月(前巻2017年6月)

 第29~34話「光のノカナティカ再び」編収録
 あとがき

 カバー下とページ間のおまけと、巻末「アーヌルス博物誌」収録。

※トップに戻る





 かつて神だった獣たちへ 第1話「かつて神だった獣たちへ」
 かつて神だった獣たちへ 第2話「竜の娘」
 かつて神だった獣たちへ 第3話「ミノタウロスの要塞」
 かつて神だった獣たちへ 第4話「巨獣の猛進」
 かつて神だった獣たちへ 第5話「ガーゴイルの断罪」
 かつて神だった獣たちへ 第6話「獣の王」
 かつて神だった獣たちへ 第7話「追憶の引金」
 かつて神だった獣たちへ 第8話「眠りの歌姫」
 かつて神だった獣たちへ 第9話「冥府の番犬」
 かつて神だった獣たちへ 第10話「二つの誓い」
 かつて神だった獣たちへ 第11話「騒乱の嚆矢」
 かつて神だった獣たちへ 第12話「追う者たち【最終回】」























 結婚指輪物語 1巻
 結婚指輪物語 2巻
 結婚指輪物語 3巻“火のニーダキッタ”
 結婚指輪物語 4巻“水のマーサ”
 結婚指輪物語 5巻“土のイダノカン”
 結婚指輪物語 6巻“光のノカナティカ再び” 深淵王、決戦!
 結婚指輪物語 7巻“ロムカの大書庫” 指輪王の真実
 結婚指輪物語 8巻“帝国” 皆がお嫁さんだから
 結婚指輪物語 9巻“皇帝”と神話遺物庫
 結婚指輪物語 10巻“その時がついに来た”

※過去記事一覧ページ

※トップに戻る

PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
アニメランキング