リトルウィッチアカデミア 第22話 感想 レビュー 考察 シャリオとクロワ アニメ 画像 ネタバレあり 6/6 00時末尾追記前回はこちら
“己の願い”は己の手で。背を押されたアッコが知ったクロワ、アーシュラの正体!

00291
00348
自分で抱いた願いなら、自分で叶えなきゃ意味がない。背を押すアンドリューがイケメン!
 しかし第1話冒頭、“ショー”でアッコが魔力を吸われていたとは!
 幼ダイアナの不調も同じ理由か

 だからアッコは飛べない、だが“ダイアナの前例”から、魔力復活の可能性が?

※第1話冒頭にダイアナも居ます
 人の陰の感情を集めるクロワ、陽の感情はシャリオだなー、と思ったらこの伏線だったのね!
 改めて繋がれた絆も、へし折る為の助走だった!
 アッコさんシャリオ不信!

 シャリオが明かせなかった理由、思った以上に重くてビックリだ! 納得だよ!!

奪った夢、シャリオが得られなかった最後の言の葉

00371
 最後の言の葉は、「信じる心が、あなたの魔法」ではないか? と考察するヒトは多いはず

故意か偶然か
 問題は、これが言の葉なら、シャリオもとっくに修得していなければおかしいという事です
 ただ、「ショウを魔力集めの為に行っていた」と仮定すると
 この謎も解けるのかも

 シャリオ自身の夢でなく、「手段」にしてしまったのが発動しなかった理由なのかも

 自分の夢を自分で果たす、その発想が必ず関わると感じます。

アッコの「夢見る力」を魔力に換え、奪ったのはシャリオだった

00126
 飛べない事のみならず、全般に劣るのは、経験の浅さというより魔力が“中途半端”である為?

あらすじ
 最後の言の葉ファサンシール・シェアリーラ、意味は不明だが、胸の思いに応じる言葉だという
 しかしアッコは、話の途中でアンドリューに呼び出されて街へ行き
 隣国へのヘイト・デモを目撃

 皆を笑顔にしたい、夢を新たにしたアッコに、アンドリューは自ら叶える大切さを説いた

 しかし夕暮れ時、クロワがデモを扇動し、“人々の負の感情”を集め莫大な魔力を生成
 世界全体に波及させ、「魔法の復権」を図っていると知る

 同様にシャリオも、10年前に人々の夢みる心を魔力化、アッコも被害者だったと明らかとなった

 次回、第23話(全25話)

『もうこれ以上、クロワを見過ごすわけには行かない…』

00000
 アッコにとって六つ目、シャリオにとっては一つ目だった言の葉“リュオーン”
 残す言の葉は一つ、アッコの将来さえ手にかけたクロワに
 元シャリオ先生は決意する

 マイネーム・イズ・シャリオである、と。

手遅れになる前に…

00000
00002
 こんな日がくるなんて…、アッコにも総てを話さなければ

何せ全25話ですから
 仲が良かった頃の写真を手に、この頃は、思っても見なかった今を思うシャリオ
 元はといえば、彼女の夢は「他人を笑顔にする魔法」であり
 世界魔法とはクロワの夢だったが…?

 ていうか先生、飛べるんですかどうなんですか…?

ニュース『“疑惑のゴール”問題に新たな事実が浮上し、抗議活動はますますエスカレートしています』

00004
00005
00006
00007
00008
00010
00011
00012
 宥和政策を続けてきたツケだ…、“弱腰”と侮られた。もはやスポーツの問題ではない

“四度目の戦争”
 中世以来3度の戦争を重ねた“敵国”、疑惑のゴールに抗議を繰り返したアンドリューらの国に
 相手側も、いよいよ表立って反発を始めた
 が

 あの国全体が、我々をナメているのだ

 それが大臣たちの結論
 二人は先祖の、“戦争を避けた”手法を批判する

 外交上、譲歩してでも戦争を避ける、先祖の“愚策”が招いた結果なんやで…、と

 実際、イギリスの宥和政策はナチスを台頭させた、とも言われますが…?

そうでしょうか?

00013
 対し、先祖の重ねた平和への努力を、反故にしても良いものかというアンドリュー
 ツケではない、努力なのだと捉える安藤流平和術
 まさにアンドリュー 

 理性の子!

聖杯回の国防大臣ほぅ、また私に意見するつもりかね?

00015
00016
00017
00018
00019
00020
00021
00022
 この度は父上に免じて不問に付すが、これ以上問題を起こせば、ワシでも庇いきれん!

力なき正義
 しかしこの場は、「聖杯事件」での責任追及を、父ハンブリッジに免じ理事長に全部抑えてもらう
 そう父から、ブラックウェル卿に頼む場だったのだ
 と

 反抗は許さん。…私に尻拭いをさせているうちは、お前まだ子供だ

 聖杯事件での責任は取った
 しかし、父ブリッジ卿が出てきてようやくという話だった

 重ねて父は、跡継ぎとして偉大な政治家になる、という義務と責任を強調する

 こんなザマでは、話にならないぞ、と

『何も言い返せなかった…』

00024
00025
00026
 彼女に見られたら、また「いくじなし」とか言われそうだな?

肉食系使い魔
 結局、父がいなければ何も出来なかった、力を持たない己を悔いるアンドリュー
 彼女の帽子へ、自嘲する姿もまたイケメンである…!
 あとダイアナから“使い魔”が

 これで、ミス・カガリと連絡が取れそうだ…

 使い魔はフクロウ
 フクロウは、「森の物知り博士」「賢者」とも呼ばれ、ダイアナにピッタリですね!

 森の忍者とも言われる猛禽類ッ!

ロッテ『はーいっ!

00027
00029
00030
 あっ…、ダイアナ?

扉を開けたらキャベンディッシュ
 恐怖! 学内トップの優等生が、こんな部屋まで会いに来た事案!!
 使い魔を通じ、早くも伝言が届いたらしい
 さすがダイアナ素早い

 伊達に髪の毛が2色じゃない

『ダイアナがアッコに…? 何か企んでるんじゃない』

00031
 とか当人ド目の前で言ってのけるスーシィさんマジマンババラン
 余談ですが、今回の脚本はスーシィ回及び
 ロッテ家族回と同じうえの女史

 と、シリーズ構成の島田氏、珍しい連名脚本である

ロッテ『アッコなら、今、アーシュラ先生のところだよ?

00032
 返され、珍しくちょっと驚いた表情のダイアナ、貴重な表情がまた一枚
 第15話では、アーシュラがうっかりしてしまい
 彼女に探られる場面も

 いよいよ、“あれら”の場面の回収が…?

アッコ『本当にもう、平気そうだね…?』

00033
00034
00035
00036
00037
00038
 それは言わない約束でしょう? と、昭和コントを思わせるアーシュラである

グッドタイミング・アッコ
 先日の件を悔いるアッコに、まるで、お母っつぁんのように優しく諭すアーシュラシャリオ先生
 シャリオも、“自分と同じ失敗をした”彼女がなお可愛いのでしょう
 で

 ちょうど、アッコに話したい事があったの

 謝りに来たアッコだが
 これ幸いと、冒頭の決意を新たにするシャリオ

 遂に総てを話すときが来た…、こんな美しいボンクラ先生がいるだろうか!

 でも、“アーシュラ”も可愛くて好きですよ!

ファサンシール・シェアリーラ

00039
 あなたに七つ目の…、最後の言の葉を教えるわ
 いや、そっちなのかよ!(視聴者の声)
 正体じゃなくて!?(視聴者の声)

『意味は…、私も知らないの』

00040
00041
00042
00043
00044
00045
00046
00047
00048
00049
 だけど覚えておいて? 最後の言の葉は、あなたの胸の中にある

託され託し
 かつて辿り着けず、かつて恩師ウッドワードに託された唯一のヒントを、アッコに託すアーシュラ
 自分が見られなかった景色を、後輩に託すシャリオ
 と

 七番目の星が光ったとき…、最後の言の葉を唱えるのよ?

 七番目は“胸の思い”に応じる
 必要な心、教訓ではなく、自ら湧き出すものだと…? 

『話したいことは、他にもあるの』

00051
 あなたにいつ話すべきか、ずっと考えてた
 しかし言い直した!
 つまり…!

 この流れは…、知ってる…!

あっこいますかー~っ

00054
00055
00056
00057
00058
00059
00060
00061
00063
00064
 3時だって/結構ギリギリだね/せ、先生ー!?

いわゆる「24時間時計」
 しかし案の定、アンドリューの伝言に、アーシュラの告白は、嗚呼またの機会へと先送りに
 何たって、3時前だぜギリギリだ!
 で
 
 だ、ダイアナが私に!? 大丈夫かな~、答えられると良いんだけど~♪

 アーシュラvs質問ダイアナ
 優等生からの質問に、ドッキドキーのワックワク!!

 ホント可愛すぎるアーシュラ先生ですが、質問は正体…、ではなくクロワの件について

 事態は、洒落にならないレベルだと

『最近…、“魔導石”以上の過剰な魔力が集まっているのをご存知ですか?』

00065
 ハッとシリアスになるアーシュラ、切り替え上手な美人である
 さすが、いち早く“問題”に気付いたのはダイアナだった
 なにそれこわい

 相談理由は、表向き「クロワと昔からお友達らしいから」というが…?

『そのような事件が起こり始めたのは、クロワ先生がSSSをルーナノヴァに導入してからです…』

00066
00067
00068
00069
00070
00071
00072
00073
00075
00076
 ごめんなさい! ちょっと急用が…!! 話は、また今度!

もう戻れない
 明らかにアッコを追い、空中ルンバ先輩も出撃したではないか! これにはシャリオも大慌て
 しかし、やはり“ホウキ”を使えずに…
 と

 まさか…、ワガンディアの花粉を浴びて…!?

 リュオーンは傷を癒した
 しかし、空を飛べなくなる花粉はそのまま

 もうアーシュラは、皆のヒーロー・(グラン)シャリオ(ン)に戻れないのか…?

 それでも駆け出すからカッコイイ!

もーっ! 急に呼び出すんだもん、ビックリしたよーっ!』

00077
 視聴者も打って変わって、イケメンタイムが始まったことにビックリです
 この子、座る時はいつもこうなのね!
 イケメン!

『すぐに知らせようと思ったんだが、まさかメールも電話も使えないとは』

00078
00079
00080
00081
00082
00083
 そうなんだよねー、こっちからの連絡は魔法でイケるんだけど…

おかえりマイハット
 ギリギリで連絡するなんて、あたしはホウキで飛べないって知ってるでしょ! と偉そうに言い
 さっそくアンドリューを困惑させるアッコ
 で

 議会? へえ何かすごいね?

 アッコさん軽い!
 いわく、「議会に行く途中で都合が良かった」と

 返すアンドリューも、議会通いなんか、父のお供をしてるだけだと事もなげ

 英才教育が既に日常、それが安藤流
 
『ノー・ゴール! ノー・ゴール! ノー・ゴール!!』

00084
00085
00086
00087
00089
 サッカーの試合での遺恨がエスカレートして、両国のヘイト感情が急激に悪化している…

我思う故に
 既に、議会でも取り上げられている「ヘイト」行列、ネットが限定され新聞も読まないアッコは
 案の定、まったく知らなかったらしい
 で

 二つの国は中世から対立関係でね? 最近はかなり改善していたんだ

 素直に感嘆するアッコ
 対しアンドリューは、何か言いたげな視線

 彼も、この話を誰かとしたくて、乗ってきたことに「なら」と思ったんでしょうか

 身近は、“ヘイト賛成派”主流でしょうし

『…それがいとも簡単に、険悪な状態に戻ってしまった。残念だよ』

00090
 この言葉、残念さを、アンドリューは誰かと分かち合いたかった
 分かち合えると、思いたかったのでしょうか
 平和は尊いはずだと

 アッコほど平和なヒトはいないでしょうし、色んな意味で(ただし人情に篤くてケンカっぱやい)

…どんな理由があるにしたって、どうしてあんなに怒っていられるのか、あたしにはわかんないな。…それに、ちょっと怖い』

00091
00092
00093
00094
00095
00097
00098
00099
00099
00100
00101
00102
 あーあっ、こんな時こそ、シャリオがいればいいのにって思う…

笑うカドには福来る
 アッコは幼さともとれる“分からない”を、そしてシャリオなら、きっと人々を幸福に出来るはずだと
 朗らかに笑えば、きっと憎悪なんて吹き飛ぶ
 きっと

 それで世界は平和になるっ!

 そうかもしれない
 もちろん、幸せになっても「現状」は変わりません

 しかしたとえばこの問題にしても、互いに笑顔になれれば、“再検証”も冷静に行えるはず

 幸福は、きっと状況好転への潤滑油になりうるはずです。

アンドリュー『…非現実的な理想論だな?』

00103
 しかし現実には、ショウ一つで、事態が丸く収まるはずもない…
 安藤流冷静術で呆れるアンドリュー
 が

…あれ? …笑わないの? 前のアンドリューなら絶対鼻で笑ったよね?』

00105
00106
00107
00108
00110
00111
 笑わないよ、もし実現出来れば素晴らしい事だ、目の前で起こっている事よりずっとね?

感情エネルギー…?
 以前なら、「魔法にそんな力はない」と笑ったかもしれない、しかし今は違うのだ
 もし実現できれば、素晴らしいよ
 と

 少しは魔法の事、認めてくれるようになったんだ?

 アッコの魔法の奇跡
 彼もまた、間近で見てきた一人ですものね

 シャリオの魔法はすごいよ! 真似て、くるっと回るアッコがヒロインしてる!!

 ただ、彼も“以前より認めた”上でこそ、アッコに伝える

アンドリュー『だが言わせて貰おう

00112


 人を感動させ、皆に幸福をもたらす
 それはシャリオではなく、自分でやらなくては意味がないのでは?

 違うかい?


00113
00114
00115
00116
00117
00121
00122
00123
00124
00125
00126
00127
00128
00129
00130
00131
00132
 ううん、その通りだね…、ううん。やってやるっ!

「かなえて貰う」じゃ意味がない
 みんなを幸福にしたい、アッコ自身から生じた「願い」なのだから、叶えるのも自分の手で?
 そういう事かい、 安藤流?
 で 

 見てろっ! アンドリューっ!!

 アッコさん歌舞伎か!
 やったね、まず気難し屋を一人笑わせたよっ!!

 アッコに気付かせ、背を押したアンドリュー、「今にみてろよ!」こそ夢への助走!!

 夢を知る人がいてくれる、ってのは嬉しいと私は思う!!

アッコ『あ…、あいつ…!』

00133
 そこに現れたのは、アッコにとって、もはや見慣れた「黒いキューブ」であった
 糸切れ凧のアッコは、間髪居れずに飛び出してしまい…
 と

『あっ、ごめんアンドリュー! あたしいかなくちゃっ!!』

00134
00135
00137
00141
00142
00144
00146
00147
 自分でやらなければ意味がない…、か

賢者の言葉に賢者も惑う
 今回は、急ぎの道中で追えなかったアンドリューの手には、結局アッコさんの帽子が残った
 手段と目的を取り違える、アッコさんらしい一幕である
 良い太ももである

 また、諭したアンドリュー当人も、“自分はどうなんだ”と省みた模様。

 己の言葉に責任を持つ、これもまたイケメンである

ロッテ『アッコ、アンドリューと上手くいってるかなぁ…

00148
 早くも夕方、「そういうロッテこそ、フランクとどうなんだい?」と総ツッコミである
 フランクな意味で
 で

スーシィ『…いってないみたい』

00149
00150
00151
00153
00154
00155
00156
00157
00158
 アッコ~/バカは学校に居る時だけにしたほうがいいよ~

そうもいかない!
 虫取りの要領で「黒いの」を捕まえたアッコ、ストライキで、ワイルドハント見たというロッテ達
 キューブが、デモ隊に集っている事も解り…?
 と

 コイツがいると、何か悪い事ばっか起こるんだよっ!

 ざっくりと!
 アッコ、ざっくりし過ぎ!!

 聖杯事件もグランシャリオンも、思い出はいつも、黒いキューブと一緒だったのである…!

 そして見守る、ミス・カップメン!

クロワ『ふふっ…♪

00160
00161
00162
00163
00164
00165
00166
00167
00168
00169
00170
 おい、見ろよ!/奴ら、何てことを!!/絶対に許せないっ!!

だが服は着ろ!
 クロワはキューブを通じ、街頭テレビを操作、“隣国に国旗を燃やされる”映像に人々は怒り
 不安になった人々は、エモーションリフレッシュに頼り…
 と

 どんどん酷くなってる…

 全てはクロワの手の上
 感情は高まり、ダイアナの言う“異常な魔力”は拡大の一途!

 だが街頭のオッサン、服は破くな!

スーシィ『あれ? アッコは

00173
 一方、「戻っていくキューブ」に目をつけたアッコは、単独追跡を開始し…
 遂に遂に、あの人に行きついてしまう事に
 なんてこった!

 彼女、別にアッコ目当てで出かけたんじゃなかった!!

アッコ『あれ…、クロワ先生…!?』

00174
00175
00177
00178
00179
00180
00182
00183
00184
00185
00187
00189
00190
00191
00193
 クロワ先生っ! 大変なんですクロワ先生!!

クロワ先生大変です!
 彼女を尊敬するアッコは、むしろ「助かった」とばかりにクロワを頼るが、驚いたのは彼女
 クロワは冷たく、“勘付かれたか?”と疑惑の目を
 が 

 なるほど、街にいたのは偶然のようね?

 言われて目が点
 クロワは、「クラウソラス」で止めにきたと思ったらしい

 また今回、“アンドリューとの会話”に際し、アッコが杖を持ってなかった事も強調

 今ごろ、ビッカビカかもしれんね!

見たんです! …あれは絶対、悪い事してる奴で…、いたー!?

00194
 しかし、アッコが通報しようとした「悪い奴」に、クロワはおつかれさま、と
 アッコさん…、どっこいこれが現実です…
 これが現実…!

 クールビューティーカップメン、クロワ先生の正体が遂に…!

『これは、人々の感情をエネルギーに変える為に、私が開発したの』

00195
00197
00198
00199
00200
00201
 先生が…、みんなを?/それは違うわ

黒い精神エネルギー
 キューブの正体は、“人の感情をエネルギー化する”という、クロワ先生の大発明
 おそらく、「言の葉」技術の応用か?
 で

 ノワール・フューエル・スピリット…

 ノワールとは仏語で「黒」
 ガンダム的には、ストライクノワールとかで有名ですね

 人々の怒りは、彼ら自身のもの、クロワは後押しして膨らませ吸収しているだけ

 また、「ストライキ騒動」では、吸われた妖精は沈静化しましたが…?

クロワ『人間の強い感情は、強力な魔法エネルギーに変換できるの

00207
00209

 人間の強い感情は、強力な魔法エネルギーに変換できるの
 それを使って、私は世界中の人々の心から、怒り、憎しみ、悲しみ、嫉妬、恐れ、不安…

 そんな感情たちを、完璧に吸い取ってしまうつもりなの!


00210
00211
00212
00213
 感情を…、吸い取る!?

大祓の儀
 人々の負の感情を魔力化し、枯渇してしまった、“魔法エネルギー”を代替する力とする
 クロワなりの、「魔法の黄昏」に対するアプローチなのだ
 と

 素晴らしいと思わない?

 それも素材は「負」の感情
 群集心理を操作し、抽出しやすい感情だからでしょうか?

 ただ完璧に吸い取る」なら、人々から“負の感情”が抜け切るのでは…?

 それもまた、クロワの狙いなのでしょうか?

『群集心理が一番操作しやすい、このアプリで、感情を集めれば…、予想以上の成果だわ!』

00214
 言の葉の文様に似た、クロワの魔法陣ですが、その「葉」の数は六つ
 即ち、怒り、憎しみ、悲しみ、嫉妬、恐れ、不安
 六つの「黒い精神」という事か

 彼女の杖が黒いのも、同様に“言の葉”をアレンジした結果なのでしょうね

これだけあれば、私の世界改変計画も成就する!

00216
00217
00218
 誰もが、魔法の力を見直すわっ!

世界改変計画
 即ち、今の時点で集まった“魔力”を元に、黒い杖で、同様の現象を世界全体に波及させる
 そうして、擬似エネルギーを世界規模で発生させる事で
 魔法復活につなげる、と

 詳細不明の“世界魔法”に頼らず、望みを実現する魔法を、自ら作った

 ジーニアス…、圧倒的ジーニアス…!

『クロワ先生、おかしいよ…、そんな事やめてよ…』

00219
 しかし、人々の怒りで満ちた街に、不安を覚えない者がいるだろうか?
 クロワは、“これ”を世界規模で起こそうってんだから
 良いコトなのだろうか…?

 直感的に言えば、「おかしいですよクロワさん!」ではなかろうか?

『何故? あなたは世界から魔法がなくなっても、構わないというの?』

00221
 魔法はなくならない! なくさせないよ!!

二人の10年
 だがアッコには「答え」なんてない、ここまで通じて、随所で魔法衰退は感じてきた
 誰もが諦めた難題なのだ
 故に

 思いだけでは世界は変わらない、行動しなければ

 クロワは行動した
 杖に選ばれず、「世界魔法」はシャリオに託した

 シャリオが挫折して10年、研究を続け策謀をめぐらし、自作自演とカップメンの果ての答え

 アッコも、その10年ずっと夢を追ってきたのですが…

だけど…、こんなの間違ってる!

00222
 魔法は、皆を喜ばせる為に使うものだよ!
 魔法が人の為のものなら、人の不幸を煽って魔法を復活させることは
 目的と手段が、逆転してはいないだろうか?
 多分そんな感じ

 無論、「既に起きている負の感情」を利用すれば、リスクがない気もしますが…

『シャリオと、同じような事を言うのね…』

00224
00225
00226
 だから彼女は失敗した。夢ばかり追いかけて、現実を見ない落第魔女には、理解不能よね?

落第魔女の英雄譚
 クロワは、彼女なりに「授業」を試み、アッコを説得できないかと思ったようですが
 シャリオ同様の理由で、アッコは納得しなかった
 と

 今のクロワが、シャリオに冷たく当たる理由の一つでしょうか?

 理解して貰えなかった、と

『時間の無駄だったわ? 個人授業は御仕舞い』

00227
00228
00229
00235
00237
00239
00241
00242
00244
00245
00247
00250
00252
00253
00254
00255
00256
00258
00259
00260
00261
00264
00265
00267
 やだアッコさん、ちゃんと受身とってる! 経験なの本能なの!?

ルンバの時間だ!
 第1話冒頭、また前回でもシャリオを襲ったのと同タイプの、巨大黒トカゲを生み出すクロワ
 はちみつ授業は終了、ここからは肉体講義の時間だ!
 アッコさん逃げる逃げる!

 キューブは、さながら「杖」が形を変えるように、今度は巨大な黒蜘蛛に!!

 アッコも作画班も奮闘したのだが
 奮闘虚しく、そして素晴らしく、とっ捕まってしまう事に

 師弟緊縛プレイ…!

しばらく、大人しくしていなさい…

00268
 さすがにクロワも命はとらない、相当殺る気のプレイでしたが。
 アッコさん、圧倒的フィジカルでした
 見事なふともも

 なおBGMは止まっておらず…

クロワ『ン…?』

00269
00270
00271
00272
00273
00276
00278
00279
00280
00281
00282
00283
00284
00285
00287
00288
00289
00291
00292
00294
00295
00297
00298
00300
00301
 シャリオ…? …アーシュラ、先生……?

予言成就
 しかし扉を蹴破り一点突破! 前回同様に飲まれるも、今回は一方的に飛び出したシャリオ!
 アッコさん、遂にアーシュラ=シャリオを目撃す
 で

 やっと気がついた? 直ぐに会えると言ったでしょう?

 過去最高に美しい登場!
 そして、しっかり回収する以前の台詞

 月光のシャリオ、美しい!

『憧れの人はずっと傍にいて、あなたを騙していたという訳よ?

00304
 対し、冷たく言い換えるクロワ、「騙していた」とは物は言いようである…
 と思った視聴者だが、続く言葉に驚かされることに
 秘密はもう一つあったのだ

 と

『今まで、隠していてごめんなさい…、あなたにはもっとちゃんと伝えたかった…、クロワ、もうやめて!こんなやり方、間違ってる!!

00305
00306

 私を止めるつもり? あなたが? 私を止める? よくそんな事を言えるわねえ
 あんな事をしでかした、あなたが!
 その子に教えてあげれば?

 シャリオが表舞台から姿を消す事になったあの日、あなたが月に、何をしたか?


00307
00308
00309
00310
00312
00313
00314
00315

 ドリーム・フューエル・スピリット、人々の夢見る力を、強力な魔力に変える魔法。
 あれを使ったあなたに、私を止める資格があるの?

 あの力は! 


00316
00317
00318
00320

 夢見る力を…、魔力に変える…!?

 そう、そういう事だったのね
 何故あなたが、この子を気にかけていたのか、本当の理由が解ったわ。

 アッコ、昔シャリオのショーを見たんでしょ?


00322
00323
00324
00325
00326
00329
 ドリーム・フューエル・スピリットは、その場のいる人々の、夢見る力を集めて魔力にするわ

アッコが飛べない理由
 月に刻まれた星マークは、シャリオが刻んだ傷痕なのか? 彼女はその莫大な魔力を賄う為に
 夢見る力を、魔力化する術を用いた
 と

 そして、夢を吸われた人は…、魔力を失ってしまう

 アッコが飛べない理由
 そしておそらく、「幼いダイアナが不調に陥った」理由

 当時意図した事なのか、いつものアッコ同様に、我知らずにやらかしてしまったのか?

 シャリオは、何を反論しようとしたのか?

そうでしょうシャリオ? あなたから教えてあげれば良いわ』

00334
 シャリオのショーは、皆を楽しませる為でなく、それを「手段」とした魔力集め
 アッコは、その犠牲者だったから気にかけていたんだろう?
 そう確信して問い詰めるクロワ

 無論、シャリオの「動機」は皆を楽しませることなはずですが…?

『あなたが…、昔シャリオのショーに来ていたと知って、まさかと思った…』

00337
00339
00340
00341
00342
00343
00344
00345
00346
00348
00352
00353
00355
00357
00358
00362
00363
00364
00365
00367
00368
00371
 私はあなたの魔力を吸い取ってしまった…、あなたが空を飛べないのも…、全て、私のせい…

アーシュラだと言って
 シャリオ自身が、「おそらく私がアッコの魔力を吸った」と認め、アッコは愕然とする
 アーシュラ先生、と呼びかけ続けるが答えない…
 と

 忘れないで、信じる心が、あなたの魔法よ

 これまでの思い出
 その全てが、彼女の“贖罪”だったのか?

 アッコの原動力、“信じる心”に込められた、シャリオの本心とは何なのか?

 吸われたはずのダイアナは…?

『嘘だもん…、嘘だ…、…嘘だ!

00373
00375
00378
00379
00381
 これでもう、彼女が言の葉を追う事は無いわね?

夢を与え、奪った
 沈黙を肯定と受け取ったアッコは、嘘だと叫び続け、この場から逃げ出してしまった
 幼い日、ショーの光景は“魔力集め”だったのか…?
 ともあれ 

 あなたはまた届かなかったのよ、七つ目の、言の葉に

 言い出せなかった理由は、思いのほか重かった…

今回の公式イラストは、佐竹氏によるクロワ先生!

DBjEf9AV0AAOTj5
 冒頭、アーシュラが大切に眺めていた写真を、ビリビリにやぶるブラッククロワ先生
 ただ、前回「シャリオの生死の際で見せた」のが本音で
 今も大切に思っている気がします

 夢を放棄したシャリオ、おそらく魔力を失って、なお突き進むクロワ。対称的ですね

アッコから、魔女としての未来を奪っていた

00367
 やはり思い出すのは、前回、彼女の未来を守る為に花粉に身を投じた姿でしょうか
 この事からも、まだ「魔力が戻る望みがある」事が窺えます
 ダイアナの例もありますし

 ただでさえ、自分が傷つけてしまったアッコにこれ以上…、と必死だったのでしょうか。

「シャリオに奪われた魔力」の回復は、ダイアナの実例が

00373
00371
 第1話冒頭に姿があり、第20話、幼少期に「魔女として絶望的」なスランプがあったと判明

信じる心があなたの魔法
 最後のシャリオカードと共に、アッコに「回復の望み」を伝え、関係修復へと促す…。
 思えば、そこへ導く為の伏線なのかもしれませんね
 自分だってそうだった、と

 あの時のダイアナは、それでも成し遂げない何があったのではないか?

 というのがアンドリューの推測、つまり「願い」なのさ!

シャリオならと思ったアッコが諭された、自分の願いは自分で叶えるという事

00207
 一度はシャリオに託した「世界魔法」の夢を、その資格を持たないまま再現を図る
 思えばクロワも、アンドリューが諭した境地を走っているのかもしれません
 ただ、手段を選べない事が彼女を追い詰めている

 そんな気がします。

シャリオの“ドリームフューエル”に近い魔法を、独力で生み出したクロワ

00184
 クロワの魔法は、彼女オリジナルと今回明言、対しシャリオの魔法は「杖」由来?
 だとしたら、シャリオが杖を得て生み出した魔法を
 彼女なりに応用したのでしょうか

 黒い杖同様「彼女なりのアプローチ」だと思うと、尊敬の念さえ感じます

妖精たちの暴動は、感情を吸い取る事で鎮圧に成功

00164
 しかし、夢を魔力化されても夢見るアッコ、止まない暴動といい人間は…?
 もしこれが、「人間の感情エネルギーは膨大すぎる」という伏線なら
 今後、間違いなく暴走しそうですね

 クロワが煽った末、彼女でも制御できない大暴走に…?

シャリオは月で何をしたのか?

00315
 この世界の魔力は星々由来で、大昔は、世界樹を異星に繋げて魔力を得ていたらしい

ドリームスピリット魔法
 第1話で、シャリオは「クロワ」の妨害を切り抜けて、魔力集めをしていたように見えました
 想像ですが、シャリオは「月破壊」という大問題を抱えて
 魔力集めをしていた?

 また、月までいくというエピソードは、ナイトフォールを連想しますが…?

 何か関係あるのでしょうか?

私は、シャリオが「故意に」他人の夢を吸い取ったと感じます

00276
 何か事情があってやむなく行い、本意じゃなかったゆえに「言の葉」が揃わず
 最後は失敗し、犠牲にした人たちへの申し訳なさと後遺症(?)で
 表舞台から退いた…

 みたいな?

繋がってくる、“第1期オープニングテーマ”の歌詞

00130

「Shiny Ray」(第1話 - 第13話)作詞・作曲 - uz / 編曲 - 吉田穣 / 歌 - YURiKA

駈け出した日々に行(ゆ)き着いたこの場所
触れた扉開いて
星空の彼方(かなた) 夢の足跡
拾い集め歌うよ

夢が駆けてく場所
今も心に秘めて
夜を包み込む
魔法掛けて踊りだす

焼きついたように色づいた風景は
転んだくらいじゃ融(と)けないから 世界は続くよ
儚(はかな)いままの今を抱きしめて
変わらないまま時間と
光見つめて歩いてく

頬を撫でたのは懐かしくそよぐ風
見慣れた風景 すぐに思い出せるよ
夜空に抱かれて浮かぶ幾千(いくせん)の粒に
焦がれた想いは今も届いてるかな?

祈りがすぐに壊されないように
いつもここで歌うから

ただ追いかけてたあの日が幻でも
俯(うつむ)いたままじゃ飛べないから 空に叫ぶの!
花咲いたこの心抱きしめて
譲れないから未来と
新たな道を踏みしめて

彼方(かなた)に願う声
涙を刻んだ空に響け

焼きついたように色づいた風景は
転んだくらいじゃ融(と)けないから 世界は続くよ
儚(はかな)いままの今を抱きしめて
変わらないまま時間と
光見つめて歩いてく

歩いてく…


00371
00127
 シャリオは光、他人の夢見る力を集めていた、あれ? OPで飛び散ったのは「夢見る力」?

Shiny Ray
 第1期オープニング、「夢の足跡を拾い集める」って、シャリオの残した言の葉って夢?
 同2番で、「追いかけた日(夢)」が幻だったと知るのも
 符合している気がします

 続く歌詞で、新たな道を踏みしめる、何だか「次回」を示唆してるようですね

2017年6月4日 リトルウィッチアカデミア 第22話「シャリオとクロワ」

00032
 てっきりダイアナは、不調をシャリオに癒されたのかと思ったら逆だった…

スタッフ
 脚本:うえのきみこ&島田満
 絵ンテ:小林寛
 演出:佐竹秀幸
 作画監督:石毛理恵/長谷川哲也

あらすじ
 最後の言の葉の呪文を伝え、アッコに全てを話す決意をしたアーシュラ。しかし、タイミング悪くその機会を逸してしまう。そんな中、アンドリューに会うために街へ出たアッコだが街ではサッカーの“疑惑のゴール”問題に端を発し、隣国同士のヘイト感情が高まり始めていた。不穏な空気が広がる中、アッコは以前から目撃していた怪しげなものを見つけ、その後を追うが…

ハッキリした形となったアッコの夢、その矢先、“夢”に打ち砕かれる事に

00064
00065




















00142
 夢見る力を魔力に換えた、しかしアッコは、未だ人一倍「夢」に溢れていますが…?

ショウほど素敵な商売はない
 夢を魔力にする魔法、クロワはあげつらいましたが、「あの力は!」と反論しようとしたシャリオ
 果たして、彼女は何を言いかけたのでしょうか?
 本意ではなかった?

 また、月のマークはナインオールドかと思いきや、シャリオのつけた傷跡なのか?

 彼女が「その為に」やったなら故意
 それとも意図せずに集めてしまい、月でやらかしたというなら…?

 魔力が「星々」由来なら、最も近い天体の月は、魔力供給源であるとも考えられますが…?

 次回、第23話


 リトルウィッチアカデミア 第1話「新たなるはじまり」
 リトルウィッチアカデミア 第2話「パピリオディア」
 リトルウィッチアカデミア 第3話「Don't stop me now」
 リトルウィッチアカデミア 第4話「ナイトフォール」
 リトルウィッチアカデミア 第5話「ルーナノヴァと白い龍」
 リトルウィッチアカデミア 第6話「ポラリスの泉」
 リトルウィッチアカデミア 第7話「オレンジサブマリナ―」
 リトルウィッチアカデミア 第8話「眠れる夢のスーシィ 」
 リトルウィッチアカデミア 第9話「ブライトンベリーアンデッド紀行」
 リトルウィッチアカデミア 第10話「蜂騒ぎ」
 リトルウィッチアカデミア 第11話「ブルームーン」
 リトルウィッチアカデミア 第12話「What you will」
 リトルウィッチアカデミア 第13話「サムハインの魔法」
 リトルウィッチアカデミア 第14話「ニューエイジマジック」
 リトルウィッチアカデミア 第15話「チャリオット・オブ・ファイア」
 リトルウィッチアカデミア 第16話「ポホヨラの試練」
 リトルウィッチアカデミア 第17話「アマンダ・オニール・アンド・ホーリー・グレイル」
 リトルウィッチアカデミア 第18話「空中大戦争スタンシップ」
 リトルウィッチアカデミア 第19話「キャベンディッシュ」
 リトルウィッチアカデミア 第20話「知性と感性」
 リトルウィッチアカデミア 第21話「ワガンディア」
 リトルウィッチアカデミア 第22話「シャリオとクロワ」
 リトルウィッチアカデミア 第23話「Yesterday」
 リトルウィッチアカデミア 第24話「アルクトゥルスへの道」
 リトルウィッチアカデミア 第25話「言の葉の樹【最終回】」

PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
アニメランキング