リトルウィッチアカデミア 第21話 感想 レビュー 考察 ワガンディア アニメ 画像 ネタバレあり 記事末尾追記前回はこちら
“先輩”に護り託され、深まる六つ目の言葉。一方、クロワは自分で作った

00131
00313
シャリオが死ぬ、アッコの未来が失われる、ギリギリの状況でこそ飛び出した本音!
 今回、“クロワは、変わらず先輩としてシャリオを思っている”と感じて
 すごく彼女が心配になりました

 アッコの未来を守る為、二度と飛べない覚悟飛び出したシャリオ!

ワガンディアに果てなし
 樹は「学ぶ事には果てがない」象徴か、言の葉で学んだ成長を、再び噛み締めたアッコ
 人間は、学んでは忘れ、けど染み付いてるから思い出す
 その繰り返し
 
 クロワからシャリオへ、シャリオからアッコ、その気持ちに「ありがとう」!

学生時代、アッコと同じく強行したシャリオを救ったのは

00084
 花粉を浴びたシャリオは、飛べなくなったのでしょうか?

先輩と後輩
 もしやクロワも、当時シャリオを危険だと止め、彼女を救って花粉を浴び、飛べなくなったのか?
 今まで、奇妙なルンバで移動してるのが印象的ですが
 その理由?

 シャリオはクロワの未来を奪ってしまい、結果、離別してしまったのか…?

ブルームーンのビジョンは、「サッカー暴動」で確定か

00000
 第11話より、暴動と炎上する町、クロワは取り返しのつかない事を…?

あらすじ
 言の葉リュオーンを、シャリオは伝説の木「ワガンディア」で得た、クロワに乗せられたアッコに
 アーシュラは、魔女生命に関わる“花粉”が出る寸前だと止めるが
 クロワは誤解だとアッコを連れていく

 アーシュラの制止を、自分はシャリオに会いたい振り切るアッコ

 アッコはクロワの狙い通り
 10年前のシャリオ同様、花粉に巻かれてしまった

 アーシュラは、もう飛べなくなる覚悟で助け、「ありがとう」を意味するリュオーンは得られた

 一方、クロワは自ら“グラントリスケル”を解放する魔道具を作り上げる

久々のフランク『ルーナノヴァの連絡先ィ?

DAbCJFVXsAAPEtP
 キャベンディッシュお家騒動は、叔母が家を守り、ダイアナは学園に戻る事となった
 ダイアナは、長年見守ってくれた使用人たちに
 自分の夢へと勧められる

※画像は公式ツイッターより
 
フランク『おいおい! 遂に氷の心のアンドリューにも、恋心が芽生えたか!?』

00000
00001
 彼女が、車に忘れた帽子を預かってるから、知らせようと思っただけなんだが

安藤観測船「しらせ」
 相変らず、フランクにアンドリューの恋心を指摘するフランクですが、フランクに返され実にフランク
 なお連絡先は、生憎と知らないらしい
 が

 奴は神出鬼没だからな

 いや、ごもっとも!
 今この瞬間、「言葉探し」で現れても不思議じゃない!

 魔女はインターネットでなく、“独自のネット”を用いている為、連絡先がわからんのだそうな

※いわゆるフラグ(ナイトフォール回など)

群集『ノーゴール! ノーゴール!!

00002
 先日、聖杯アマンダ回で注目され、ダイアナ回敗北となっていた国際大会
 敗戦に、イギリス名物フーリガンが発生し
 大騒ぎとなっていた

 特に今回は、相手国との因縁が深く、「判定ミス」への疑惑がマッハ!

 ノーゴール・ノーライフ!

あのサッカーの試合、こんな大騒ぎになっているのか?』

00005
00007
00008
00009
00011
00012
00013
 見ろよ? “ノーゴール・ウェイブ” 

普及するもの
 際し、隣国への不満を抱えた連中が便乗、更に「ノーゴール事件」専用のSNSまで現れ
 新鮮な情報が注がれ、ますます騒ぎを拡大していた
 と

 ERもゼロになるか、…この騒ぎで、街中がイラついてるせいか結構流行ってる

 更に「Emotion Refresh」アプリ
 ヒーリング効果があり、苛立ちを沈めるべく大流行に

 結果、街中がスマホに夢中になり、異様な光景にアンドリューは愕然とする

 ここ2話ほどの「留守中」、こんな事に!

騒動を持続させるウェブサイト、感情に絡むアプリ

00014
00016
00017
 無論、両方を仕掛けたのはミス・カップメンであった

搾取される感情
 感情のエネルギー化、特に「怒り」に注目しているらしいクロワ、ネット上での普及はデカい
 対し、アンドリューは危機感を得ましたが…
 既に止められないレベル

 初登場時、妖精たちの怒りを吸い上げたように、今度は町全体が標的に…

『まさかダイアナを呼び戻しにいって、五つ目の言の葉まで手に入れてくるなんて』

00018
00019
00021
 アタシもびっくりしちゃった、って言われてみると確かにスゴいな…

六つ目
 次は「リュオーン」、シャリオは、この言の葉までを見つけたという意味深な言葉ですが
 聞けば、視聴者的にはますます意味深!
 短いけど!

 その言葉を身につけた者のみ、自分の道を究める事が出来るのよ

 シャリオもまた見つけた
 しかし、彼女は究める事なく挫折してしまったはず…?

 アッコも「先生も知ってるの?」と問うも

『いつも言ってるはずよ! 言の葉は自分で気付いて、心から発した時だけ魔力を放つのっ』

00023
 図星なアーシュラ、ムキになって言い返すのが微笑ましい
 この先生、ホント隙の多い事!
 さすがアッコの師!

 グレートアッコ! 

何だかシャリオに近付いた気がして待ちきれないっ』

00024
00025
00026
 リュオーン…、“大切な言葉”かぁ…♪

魔法遣いに大切なこと
 目を輝かすアッコと、沈み込むアーシュラ、当時のシャリオもきっとこうだったのでしょうね
 そして、その頃のシャリオとクロワの関係は…?
 ドアップの多さは…!

 久々に、ドアップが多い回だ!

アッコ『…どこにも載ってないなぁ…、りゅおーんっ!』

00027
00028
00029
 探すと見つからないのに、探してないと見つかったり…

探し物は何ですか?
 いきなり轟沈し、大切な言葉で唸り声を上げてしまうアッコさん、ダイアナの家に伝わったように
 仮に伝わっていれば、きっと最秘奥扱いなんでしょうねえ
 だってナインオールドだし

 探し物は何ですか? 見つけ難いものですか? まだまだ探す気ですか?

アッコ『言の葉って、ひねくれてンじゃなーい…?』

00030
 とか言ってたら、本校ひねくれものトップツーが来た!
 ひねくれ界のビッグボンバーズ!
 ハンナ&バーバラ!

ハンナ『アンタでも、図書室を利用する事なんかあるのね?』

00031
00032
00033
00034
00036
00037
00038
00039
 ありがとう/ダイアナを連れ戻してくれて/一応、お礼言っとかなきゃと思って

ありがとう
 素直じゃない二人は、皮肉塗れに、いつものポーズを決して崩さずそれでも言った
 アッコは、話は聞いたが「勝手にやった」
 だが

 でも、私達じゃ出来なかった、…ありがとう

 素直じゃない二人
 今まで、二人に「見てろ!」と思ったことは数知れず!

 でもそうじゃなかった、これまた、思わぬところで二人から感謝の言葉を得た

 アッコさん、当惑からの笑顔!

まあ? アッコが図書室でお勉強?

00042
 私がここいるの、そんなに変ですかあ?
 連続でツッコてしまってがっくりアッコ
 魔法学院の劣等生!

 そりゃ珍しいよ、きっとクロワのノースリーブくらい珍しいよ!

クロワ先生、りゅおーん、って知ってます?

00044
00045
00047
00048
00049
 聞いた事があるわ、シャリオは「ワガンディア」でそれを見つけたって

ワガンディア
 またも地雷原で踊るアッコ、アーシュラの苦い記憶は、そのままクロワにもクリティカルらしい
 彼女は、“伝説の樹”でシャリオは得たぞな
 と伝えてしまった

 あたしも登りたい…!

 またも「樹」
 思えば、本当に本作は樹尽くしですね

 森に始まり記念樹を経て…、根本は、かつての“世界樹”にあるのでしょうけど

ダメよ!

00051
 どうしてえ!? シャリオも登った木なんでしょう!?
 しかしアーシュラ、熱いノータイム・ダメ出し!
 クロワもウソはつかなかった

 だが、アーシュラが言わなかったのにも、意味があったのだ

『今はダメなの、もうじきワガンディアのつぼみが開いて、花粉が飛ぶ時期』

00053
00055
00057
 花粉には強烈な毒素があって、魔女が触れると、取り返しのつかない事になるのよ

もはやお約束
 だから敢えて言わなかったのに、クロワの「最短」ド畜生が、アッコに吹き込んでしまったのだ
 仰天するアーシュラ、今からクロワを殴りに行きそうな仰天だが
 アッコさんそれどころじゃない!

 ごく稀にだけど、何年も続いた事もあるらしいわ

 まだ開いてない…!
 まだ…!

 しかしもし蕾が開けば、致命的な毒…!期間は…、その気になれば何年も続く、という事…!

 無論…、無論フツーは一ヶ月程度…!

アッコ『お願い先生! 試しに行って、確認するだけでもいいからっ!』

00059
 先っちょだけ!先っちょだけだから! と言わんばかりのアッコ
 あの我慢弱いアッコが、待つことなど出来るだろうか?
 いや、ない!

 ない! と言いたいところだが…

アーシュラ『アッコ! あなたは“忍耐”を学んだはずよね?』

00061
00063
00064
00065
 遠回りをしてでも、今出来る努力を重ねる…、そういう魔女にならなければ…

足りぬ足りぬは
 忠告と呼ぶには重い、視聴者には、「シャリオ自身もやっちゃったのか」と思わせる重みだが
 未だ、アーシュラ=シャリオじゃないアッコさん
 ふて腐れてしまう

 いつもオドオドしてるし…、弱気なんだよね、だからパッとしないんだよっ

 足りない忍耐!
 足りない、ニンジャソウルが足りないよアッコ!!

 強いられた我慢が、アーシュラへの恨み節に、いけない…、これはいけない…!

アッコ『知ってるでしょ、あたしの引きの強さっ!

00067
 見事に、クロワにヒビを入れられる、アッコとアーシュラのアの字の絆
 しかし、アッコの言葉にも一理ある
 必ず何か「最悪」が起こる

 でも、その理屈なら、間違いなく花粉もバーン!しそうであるが…?

『やらずに後悔するより、やって後悔せよ! 時には勇気も必要じゃなーい!』

00069
00070
00073
00074
00075
 勇気と無謀を履き違えているようね?

reckless!
 しかし勇者アッコを窘めたのは、戻ってきた賢者ダイアナ。前回あれほどイチャイチャしたが
 いつも通り、クール&百科事典に教え諭す
 と

 花粉を浴びた者は、魔力を失い、永遠に空を飛べる能力をなくすと言われています

 アッコさん
 アンタ、昔浴びたことがあるんじゃ…

 というくらい飛べないアッコ、しかしダイアナは「可能性」はあるのだと

あなたは今も不思議なくらい飛べないようですけれど?

00076
 けれど努力次第では、いつか飛べるかもしれない…
 その可能性まで、無くしたくはないでしょう?
 アーシュラ先生の忠告は、聞くべきでは


 言い方は相変らずですが…

ロッテ『アッコの事、心配してくれてる感じだったよね? 今の』

00077
 デレたかとはスーシィ
 鋭い、さすが鋭い!

 ツンデレとは、99%のツンと1%のデレである

クロワ『…でもおかしいわね? 花粉が飛ぶ時期は、もう少し先のはずだけど』

00078
00079
00081
00083
 アーシュラ先生は少し慌て者のようだから、勘違いしているのかもしれないわね?

比較結果
 この信頼のなさ! もちろん親愛の表れでしょうが、距離が近く、人間性を良く知るアーシュラより 
 付き合いの深くない、超人クロワを信じるアッコ
 距離の近さが仇となる!

 ワガンディアに連れて行ってあげる…、あなたが望むなら

 クロワ、言質を忘れない畜生の鑑。
 蕾はアーシュラの誤解

 あなたは信じる? 信じない?

学生時代、タイプは違えど良き先輩後輩だった二人

00084
00085
00086
00087
00088
00089
00090
00091
00092
 アルコル? どうしたの? …クロワがアッコを!?

もう二度と戻らない
 まだ「杖」を手にする前でしょうか、以前の学生写真では、根暗そうだった“クロワ”ですが
 今回の写真だと、知性あふれる美人さんって感じですね
 いわゆる知性チーム

 しかしシャリオが、アッコ同様「クラウソラス」に選ばれ運命が変わった…?

クロワ『ねえアッコ、あなたはなぜ言の葉を集めるの?』

00094
 余談ですが親しい人をついポンコツ扱いし、憧れの人(実は腹黒)にひっかかるって
 どことなく、少女漫画っぽいですね
 感想には個人差があります

※この後無茶苦茶つぼみが開いた

『グラントリスケル、“世界改変魔法”を手にした時、あなたは何を望むのかしら?』

00096
00098
00099
00100
 言の葉を集めてるのも、ホントはシャリオに会うのが一番の目的で…

ありがとう2
 ホウキを使わぬクロワ、レイラインもルンバで移動しつつ、調査済みの世間話に花を咲かせます
 果たして、内心はどう受け止めたのでしょうか?
 世界魔法さえどうでもいい

 とにかく一番は、「ありがとう」って伝えたい!

 孤独に研究し続けるクロワ
 対しシャリオは、既に「挫折してしまった」女

 その彼女が、こうしたファンを得た事に、果たしてどんな思いを…?

 ありがとう、なるほど…

大丈夫、きっともうすぐ会えるわ♪ きっとね…』

00101
 挫折し、落ちぶれたシャリオを知り、アッコがどう思うか
 それ以上に、ファンをガッカリさせたシャリオ
 彼女がどう苦しむか

 シャリオの苦しみにこそ、興味があるのでしょうね

クロワ『やはり、つぼみが開くには、まだ時間があるようねっ』

00102
00103
00104
00109
00111
00112
00113
 でも変ね…、どうしてアーシュラ先生は、確かめもせずあなたを引き止めたのかしら?

悪意は善意の顔で
 天にも届く巨大樹! クロワは“ふもとの蕾”をアッコに確認させて「騙し」、彼女をやる気に
 また、アーシュラはアッコを邪魔している
 と促して…?

 私、アーシュラ、って生徒の事を全く覚えていないの

 何て狡猾!
 自身、アッコを騙すクロワ

 しかもアーシュラこそ騙している、と先手を打つ事で、信頼に亀裂を!

 アッコ、必死に言い繕うも… 

気をつけて、彼女は何かを隠しているのかもしれない

00114
 何より狡猾なのは、隠している事も、「アーシュラ」なんて居なかったことも
 多くが本当で、それゆえに疑いを深くさせる
 こうかはばつぐんだ!

 アーシュラが何か隠してる、それくらいはアッコも気付いてたでしょうし

『言の葉を知るためには、魔法や道具を使わず、自分の力で登らなくてはならないわ。それでも、登るつもり?』

00115
00117
00118
00119
 はい! あたし、絶対に登ってみせます!

言の葉の試練
 アッコのひたむきさと、シャリオ、自分への憧れを逆手にとって彼女を操るクロワ
 となると、「つぼみ」の本当の状態も…
 この高さを自力で!

 自身が切望する世界魔法を、どうでもいいというアッコ、クロワは…!

遠景で見ると、更に良くわかるワガンディアの凄さ

00121
 ただのジャックと豆の木だコレ!? これを自力で!
 本作、かつては他の星まで“世界樹”が伸びて
 魔力を供給していたという話

 その名残なのか?
 
『アッコ…、そこにいるの…? クロワ!?

00120
00122
00124
00125
00132
00131
00133
00136
00137
 懐かしいわよねえ…、覚えてるシャリオ? この森に初めて来た日の事?

北斗七星
 ここは亀裂が入った場所、学生時代、ぼろぼろで辿り着いた二人は揃って誓いをした
 クロワは、グラントリスケルを手にする事
 その根源は「自分」

 魔法界、最高の魔女になる!

 自分が高みを目指す誓い

シャリオ『私も誓う!』

00138
 皆を楽しませたい! 悲しみや憎しみじゃなくて
 世界中の人達にも、もっと笑顔を!


 対しシャリオは「皆」の為に
 
クロワ『そんな…!?』

00139
00140
00141
00142
00143
00144
00146
00148
00150
00151
00152
00155
00156
00159
 七つの星の杖が、久方ぶりに持ち主を選んだようだ

自明の始まり
 当時、この森に居たウッドワードも現れ、クロワの夢は“シャリオが探す”ように命じられてしまう
 これをきっかけに、“師匠”として移り住んだのでしょうか?
 とまれ

 シャリオを選んだ…、私ではなく!?

 自分かみんなか
 視聴者には、自明すぎる差異

 こうして大きな亀裂が…

二人のタイプの違い、クロワは心を惑わせたのか?

00160
 先生陣曰くクロワは「努力し磨き抜いた」人、シャリオはセンスに優れた
 クロワは、才能の差で選ばれたんじゃないかと
 邪推した気がします

 努力じゃ辿り着けないと、見せ付けられた気がしたんじゃないでしょうか

『恐れているのね、クロワ…、あなたは、アッコがグラントリスケルを手に入れるのが怖いのよ!』

00162
00169
00170
00172
00173
00174
00176
00177
00180
 杖は選ぶ相手を間違った、昔と同じようにね? …ま、良いわ。私はあんな杖いらないんですもの

チャリオット・オブ・ファイア
 クロワは、自分はもう「杖」など要らないと嘯き、アッコに拘る理由は別にあると明かします
 世界魔法の何たるか、それさえ知らない子供なんて…
 でも

 あの子が、あなたの最後の夢だからよ

 シャリオを苦しめる
 その、絶好の道具だからだよ、と

 むしろ杖に、再び否定される事を恐れ、トラウマなのも明らかですしね

 杖の方が間違っている、と言い募るクロワ

一方、シャリオを絶望させる手段だ、と言いきられたアッコは…

00182
 巨大すぎるワガンディアを登山、もとい「登樹」の真っ最中
 余談ですが、中の人が同じ“双星の陰陽師”でも
 何度か巨大樹を登る羽目に

 巨大な樹はロマンでありファンタジー、英語で言えばファイナルファンタジー!

諦めない…、絶対、登って見せる!

00183
00186
00187
00188
00189
00190
00196
00197
00198
00199
00203
00205
00206
00208
00212
00213
00214
00217
00220
 戻りなさいアッコ! さあ、掴まって!

花粉、散布寸前
 ぼろぼろで現れたアーシュラ、その意味が、アッコに通じたのかはわかりません
 しかし、彼女も意固地になって「登る」
 と

 クロワ先生が、ウソついてるって事? あたしも見た! 蕾のままだよ!!

 クロワの魔の手を破り
 妨害を撥ね退け、アッコを救おうとするアーシュラ

 しかしアッコは、忠告ばかりの彼女より、頷き背を押し、肯定してくれるクロワを信じることに

 今のアッコは「皆」でなく、シャリオの為にと

言の葉の為なんかじゃない、あたしはシャリオに会いたい、だから先生の言う通り、言の葉を集めてきたんだよ!』

00221
00223
 当時のシャリオは「みんなの為」に、しかし今回、アッコの個人的な願いを利用し
 半ば、騙すような格好でここまで連れてきてしまった
 食い違いが表出

 シャリオも、落ちぶれた自分を見せ、ガッカリさせたいはずがないでしょうし

アッコ! …アーシュラ先生は、私が説得するわ。早く先へ

00226
 絶好のタイミングで駆けつけた「正義の味方」クロワ、アッコが望むままに
 彼女の背を押すクロワと、日頃から隠し事をし
 何かと止めようとするアーシュラ

 どちらを信じるかは明白

クロワ『そうはいかない、行かせない。…もう諦めなさい!

00231
00236
00237
00238
00241
00243
00245
00246
00247
00248
00250
00251
00252
00254
 シャリオ! 起きなさいシャリオ! シャリオ!!

土壇場
 クロワは第1話冒頭に似た、巨大合体を披露するも、アーシュラは予想外の力でこれを打破!
 しかし、杖もなしに無理をして昏倒してしまった
 際し

 クロワ!

 同じ事があったのだ
 シャリオも、「まだ猶予がある」と誤解して登った

 そしてつぼみが開き、落下、際して彼女を救ったのもまたおそらく…

 クロワは二度、シャリオを救ったのか?

土壇場で、シャリオを救おうと必死になったクロワ

00259
 たぶん当時も今も、表向きは、シャリオを憎悪し凝り固まっているクロワですが
 根っこは、仲が良かった昔と変わらない
 大切な後輩なのだと

 クロワにとって、何より優先すべきは何か、が見えた気がしました

回想では、シャリオがどうやって救われたのかは描かれず

00255
 おそらく、シャリオを救おうとして花粉を浴び、飛べなくなったんじゃないでしょうか
 だとしたら、珍妙なルンバ飛行もここに繋がる伏線だった
 そういう事なのか?

 当時はまだ学生、この後、シャリオが「諦めた理由」にも繋がるのか…?

クロワ『まもなく花粉が飛び始める。もう間に合わないわ、諦めなさい』

00260
00261
00263
00264
00266
00269
00271
00272
00275
00276
 アッコは…、私が守る

先輩として
 クロワは完全に「先輩」の声音でシャリオに忠告、しかし彼女は振り切って上へ
 さっき、捨て身で巨大獣を仕留めた様に
 予想を上回るシャリオ

 バカな…! もういい!!

 かつては皆の為に
 今は、ただ目の前のアッコの為に

 根っこは変わらないシャリオ、攻撃を止めさせるクロワ

 すれ違ってる…

負けるもんか…、シャリオに会うんだ、シャリオみたいな魔女になるんだ!』

00277
00278
00279
00283
00284
00286
00290
00292
00293
00294
00295
00297
00299
00300
00302
00303
00308
00310
00313
00314
 アッコ! お願い…、この子の未来を…、奪わないで!

ごめんなさい
 気づいた時は遅し、アッコは花粉に囲まれ愚かさを思い知るも、足を踏み外したのが功を奏し
 決死のアーシュラによって生還
 と

 ごめんなさい、あたし、先生にひどい事いって、でも先生はあたしの事…

 クロワに唆され
 また、ギリギリの状況に追い込まれ

 悪口を謝るアッコと、無私に「良かった」と微笑むアーシュラ

 アーシュラ先生、本当に美しい

“シャリオ”『ごめんなさい、ごめんなさい!

00315
00316
00318
00322
00323
 あたしじゃない! クロワが、クロワが貰うはずなのに…、ごめんなさい!

託された夢
 際し、シャリオが真っ先に思い出したのは、「クロワの夢」を奪ってしまった当時の事
 最初は、憎悪の目を向けたクロワ
 でも

 それはあなたが授かったの、グラントリスケルをあなたが手に入れるの

 泣いてくれた後輩
 シャリオに、自分の夢を託すと決めた

 この後「魔法祭」に、クロワは「シャリオのサポート」をやろう、って気持ちを切り替えたんですね

 だから回想で、あんなに仲良さそうだったのか

アーシュラ『謝るのは私の方、あなたに、私の願いを押し付けていただけかもしれない…』

00325
00330
00332
 違うの! 押し付けられてなんかないの! 言の葉を集めたのは、自分の意思だもん!

得たもの学んだもの
 シャリオはクロワに託された、だから「言の葉」にこだわり、アッコが見えてなかったと謝罪します
 でもアッコも、いつもノリノリで探し“学んで”きた
 が

 なのにあたしは、ちっとも成長してない!

 言の葉に限らず
 人生は、成長の連続です

 でも人間は、学んだ教訓をすぐ忘れるから「痛い目」が必要なのでしょう

 それが、今回の事件だったのでしょう

アッコ『だから、本当に言いたかったのは、“ありがとう”…』

00338
00342
00345
00349
00351
00353
00354
00355
 そうか…、それが「リュオーン」の意味…

リュオーン
 実はワガンディアの頂上は、誰も見たことがない、“学ぶ事”と同じように果てがない
 果てがない場所で、果てないものを
 と

 アッコ…、あなたは立派に成長しているわ…

 短い言葉リュオーン
 それは、ごく身近な「ありがとう」。

 ありがとう、それを知る者だけが、自分の道を究めることが出来るでしょう、と

 感謝を忘れぬ人だけが、と

クロワ『シャイニィロッドも、七つの言の葉も、私には必要ない』

00356
00357
 私は、私の考えた最も力のある方法で、グラントリスケルの封印を…、解く

一方クロワは
 先人から託されるロッドも、言葉という教訓も、人間的な絆も成長も関係ないという事
 物事は、ただ必要な条件さえ揃えば突破できる
 精神論は感傷論

 クロワ、いつでも膨大なエネルギーを集められる彼女が、作り上げたもの!

 まさに「全ては私の為にある」である!

原画マン「生活習慣病」さんのハンバラツイート絵が最高な件

DAhSD9xWsAA1Wsw
 ハンナとバーバラ好きです、後1話で一緒にいた子も

泣きそう!
 これは本編でみたかった奴や! 本作らしく、その辺はざっくりしてました
 前回の内容を、引っ張らないというか
 一話完結的というか

 でもこの件は、正直千切れるくらい引っ張って良かったと思うんだ!

 あと「生活」はツイート名で
 最近、会社で「もしかして」と聞かれることが増えて笑えるそうな

 そりゃあね!

同じく、本作他トリガー系アニメでアニメーターな斉藤 健吾氏

DA3IcGZUwAAiRQe
 本編だと絶対ありえねー絵や! 好感度あげすぎやん!!

アコアナいいよね…
 アッコが後ろからはあるとして、そこでダイアナがこの表情! これが見れる関係は遠い…!
 まさに天国、プロジェクトエデン級に天国!
 ダイアナかわいい!

 アッコ側も、まだまだ苦手意識感がある感じでしたね、今回も。

今回、原画で外注参加された株式会社creators in packさんより

DA3JYaoUwAAEX9N
 Tinさんのツイート絵、どちらも違った可愛さなのに、アーシュラシャリオそろい踏みとかもう…。

しれっとクロワ
 まだアッコが気付いてないので、不思議そうな顔してるのが微笑ましいですね
 元気一杯なシャリオ時代、今のおどおどしたアーシュラ
 校長先生、どんな気遣いを…?

 シャリオとクロワも、こんな場面もあったのでしょうか

今週の公式絵は、物思いに耽るアーシュラ先生

DA_GQUOUIAA4qfz
 イラストは田村瑛美さん担当、ユーフォのあすかっぽいですね

思い出の樹
 今回、樹があった森で杖を得たそうなので、あそこも禁断の森だったのでしょうね
 劇中では、明言されてませんでしたが
 雰囲気的にも

 意外や、杖を得た直後は和解、その後に一体何があったのか…?

見えてきたクロワの本音、後3話だ!

00140
 シャリオは、何かの理由で7つ目を得られず挫折、地味な女教師アーシュラに
 彼女の夢、みんなを笑顔にする魔女も諦めてしまいました
 そっちは「世界魔法」は不要なのに

 シャリオの夢に「世界魔法は要らない」はず、ここは大事だと思います

対し、世界魔法を手に入れる、という夢を貫くクロワ

00137
 多分、魔力を失う、という致命的なハンデを受けても、クロワは諦めなかった
 ロッドがなくても、魔力がなくても世界魔法を実現する
 この10年、無理をやり抜いた

 クロワは、どんなに障害があってもブレない、その点でアッコにも近いと思います

シャリオは諦め、クロワは諦めない。その先は?

00017
 アッコは横からしゃしゃり出てきたようなもので、クロワにすれば横入り
 彼女が、歯牙にもかけてないのも仕方ないのかな
 って今回強く思いました

 言の葉に似た魔法陣、クロワは幼い頃からの夢を実現してしまうのか?

シャリオへの態度は

00084
 シャリオは夢を諦め、クロワは夢を諦めず研鑽を続けているんですよね
 また多分、シャリオはクロワに負い目がある
 クロワも内心は心配してる
 と

 根っこの部分で、シャリオの良き先輩のまま、変わっていないのでしょうね。

総じてクロワは、シャリオへの負い目がある気がする

00323
 シャリオは、自分、クロワの夢に付き合ったせいで自分の夢を諦めた
 だから、絶対に世界魔法を得なければならない
 彼女の為にも
 
 みたいな、そういう強迫観念なんじゃないか、って感じます。

2017年5月28日 リトルウィッチアカデミア 第21話「ワガンディア」

00053
 スタジオリングス寿門堂、二社にも協力を頼み制作大詰め!

スタッフ
 脚本:島田満
 絵コンテ:小倉陳利
 演出:柴田匠
 作画監督:笹川弥幸/小野田貴之/張丁/徳田拓也/柴田健児/菊池正芳/関真弓/金璐浩
 制作協力:スタジオリングス、寿門堂

あらすじ
 シャリオが伝説の木「ワガンディア」に登り六つ目の言の葉「リュオーン」を手に入れたことを聞いたアッコは、すぐにでもワガンディアに行くと意気込む。しかし、今登るのは危険だとアーシュラに止められる。一刻も早くシャリオに追いつきたいと焦るアッコはアーシュラの制止も聞かずクロワの誘いで開花が迫るワガンディアへと向かってしまう。

全24話大詰め! アーシュラ先生、傷は癒えたが飛べるのか…?

00247
00248
00259




























00031
 今回、幾度も繰り返された「ありがとう」。終わってみると、なるほどだった!

「ありがとう」それぞれ
 彼女も、シャリオを庇って花粉を受け、以降「独自魔法」路線となったのでしょうか?
 第1話はたぶん卒業後、際してシャリオを襲っているなど
 未だ、彼女の変遷は謎が

 またアッコ、「言の葉を学んでるのに変わってない」とは、散々ツッコまれるところ

 だからこそ今回だったんだろうな
 と、感じました

 果てのない樹ワガンディアは、そういう「学び」の象徴なんだろうなー、みたいな

 次回、第22話


 リトルウィッチアカデミア 第1話「新たなるはじまり」
 リトルウィッチアカデミア 第2話「パピリオディア」
 リトルウィッチアカデミア 第3話「Don't stop me now」
 リトルウィッチアカデミア 第4話「ナイトフォール」
 リトルウィッチアカデミア 第5話「ルーナノヴァと白い龍」
 リトルウィッチアカデミア 第6話「ポラリスの泉」
 リトルウィッチアカデミア 第7話「オレンジサブマリナ―」
 リトルウィッチアカデミア 第8話「眠れる夢のスーシィ 」
 リトルウィッチアカデミア 第9話「ブライトンベリーアンデッド紀行」
 リトルウィッチアカデミア 第10話「蜂騒ぎ」
 リトルウィッチアカデミア 第11話「ブルームーン」
 リトルウィッチアカデミア 第12話「What you will」
 リトルウィッチアカデミア 第13話「サムハインの魔法」
 リトルウィッチアカデミア 第14話「ニューエイジマジック」
 リトルウィッチアカデミア 第15話「チャリオット・オブ・ファイア」
 リトルウィッチアカデミア 第16話「ポホヨラの試練」
 リトルウィッチアカデミア 第17話「アマンダ・オニール・アンド・ホーリー・グレイル」
 リトルウィッチアカデミア 第18話「空中大戦争スタンシップ」
 リトルウィッチアカデミア 第19話「キャベンディッシュ」
 リトルウィッチアカデミア 第20話「知性と感性」
 リトルウィッチアカデミア 第21話「ワガンディア」
 リトルウィッチアカデミア 第22話「シャリオとクロワ」
 リトルウィッチアカデミア 第23話「Yesterday」
 リトルウィッチアカデミア 第24話「アルクトゥルスへの道」
 リトルウィッチアカデミア 第25話「言の葉の樹【最終回】」

PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
アニメランキング