弱ペダ 弱虫ペダル NEW GENERATION 3期 第20話 感想 レビュー 考察 鏑木、全開! 通算 第82話 アニメ 画像 ネタバレあり 前回はこちら
神様のメモ帳”最後の教え、最速で走る最高の快感! 鏑木、ファーストリザルト!!

00316
00113
鏑木は“最速”の快感を、大きな財産を得た! 最速勝負は銅橋が勝ったがそれも良し!
 銅橋正清、正しく清く、自分を信じた先で得た信頼と応援
 彼の苦節は報われたのね!

 一斉に叫んだ後輩、応援団、彼の貫いた“正しさ”なんか熱かった!

青八木、進化の果てに
 またも見送る側になった青八木、田所の「吸う」技を、彼なりに発展させた末の敗北は切ない…
 でも、たぶん鏑木が継承し来年で勝つ!

 そんな流れが見えた気がするから、それもまた良し!

Cパートは、オレンジビーナ“と”神様

00324
 いやー、しかし決着を引っ張らないのは良いね! 構成の砂山氏ホント好きだ!!

あらすじ
 インハイ栃木大会初日、ファーストリザルト! 銅橋に驚かされた青八木は「とっておき」を発動
 自身の純正、逃げに特化した「バンビスタイル」を早めに繰り出し
 追走を好む銅橋に、隙を作ってしまう

 対し銅橋を巧みに風除けに用い、鏑木が参戦、青八木は“神様”として発奮を促した

 鏑木は初のスプリントに快感を覚え
 銅橋もまた、「スプリンター」として異色すぎる鏑木に調子が狂う

 結果は僅差で銅橋が制したが、鏑木の胸に、“スプリントの快感”が残される

 次回、第3期 第21話 第83話「箱根学園、動く!」

田所さん! 来ましたよインターハイまで、そしてグリーンゼッケのラインまで!』

00002
 インハイ栃木大会初日、最初の“ゼッケン”争いは、最速を競うスプリントゼッケン!
 総北からは、当人の知らぬうちに青八木の薫陶を受けた男
 鏑木が青八木と参戦!

 しかし清く正しく銅橋が、ついに自制心をアブ、解放したでアブ!

『鏑木はよく働く男です、これが取れたら、めいっぱい褒めてやりますよ!』

00004
00005
00006
00008
 まだ覚醒してないけど、確実に、これからの総北を担うスプリンターです…! 少しバカですけどね

青八木、真骨頂!
 鏑木による全力支援を受け、体力を温存した“最善”の青八木が飛び出した! 完勝は確実!
 青八木は、既に「終わった後」を想像する
 と

 このファーストリザルトを獲る! それが俺の仕事ッ!!

 鏑木は良い後輩だ
 田所に、是非紹介しなければと

 きっと寸分違わず、こんな風に引っ掻き回すんでしょうね田所ッチは!

 常識的に、勝ったも同然の状況ですが…

銅橋『走れよ、もっと速く!

00009
 ハイ来た怪物! 青八木を風除けにか、後ろにピッタリ付いてる銅橋!!
 もうコレ、完全に人間じゃないよね!
 オーラが違う!

 青八木が小さく見えるという事は、銅橋が勝つと言う事だ!

『狭いんだよ…、このジャージって奴は…!』

00013
00014
00015
00016
00017
 走れよ! ホラ! 俺が! それごと踏み潰してやるよ!!

後ろの正面ド変態
 残り1キロ、 師匠・泉田に、レースに限って自分を解放するよう仕向けられた銅橋!! 
 その象徴が、ジャージってワケだ!
 が

 ブハァ! また壊しちまった! ジャージのジッパーはヤワなんだよ!!

 壊して何言ってんの!
 銅橋、体躯に似合わず「つまみ上げる」ジッパー!!

 後ろからなんか解らん事を言う奴が迫る恐怖、これは怖い! それが仕掛け!!

 迫力を利して、相手を追い込む変態がきた!

小野田『あの、手嶋さん! 青八木さん達が出てしばらく経ちますけど、追いついてますかね、先頭に?』

00018
 状況を予測し、心配する小野田君、相当「遅れて」のスタートでしたものね
 鏑木が余計な問答をやった事もあって!
 普通はダメ!

 無論、手嶋は信じてますが…?

心配か? 小野田…、上手く行ってりゃそろそろだろうな、先頭は今大会のファーストリザルトラインに到達する頃だ』

00019
00021
00022
00024
00025
00027
00028
00030
00031
00032
 残り700! 逃げろ! 逃げろ!! ヴハァ!!

とっておきⅡ
 銅橋の変態性、「狩り」と称しギリギリまで抜かず、後ろにピッタリ付くのを得意とする!
 危険な行為だが、彼は“重い”のでしょうね
 で

 仕方ない…、これはライン前150mに取っておきたかったが!

 強烈な「当たり勝ち!」
 体格差を利した、暴力的スプリントアタック!!

 これに対抗できそうなのは、総北では古賀さんくらいでしょうか、やっぱり連れてきていれば!

 もちろん、青八木もただの人間じゃない!

青八木必殺純正! 筋力弾丸・バンビスタイル!

00033
00034
00035
00036
00037
00038
00039
 ブェ!? また変形しやがった!?

変化する青八木
 それ人間に対する言葉ですかね?! 田所得意の「吸う」スタイルを、彼なりに応用進化! 
 青八木純正、彼だけのオリジナル必殺技が炸裂した!
 声すっげえ熱い!

 何だあの脚、丸太か!?/さっきまで丸かったのに!

 従来の「吸い」を前段階に位置づけ
 今回、息を「吐く」事で、最大加速する新奥義へと発展させていたのだった!!

 やだ先輩、また人間やめてる!

コーナーの立ち上がりで、更に引き離した!?

00040
 おそらく、銅橋に対する利点がこれ、青八木は一見は貧弱なボーヤです
 その、鍛え抜いた“小さく軽い身体”を持つことは
 コーナーでこそ強い!

 銅橋は重く勢いが付く分、「曲がる」事は青八木が強い!

青八木『筋力弾丸バンビスタイル…!

00041
00042
00043
00044
00045
00046
00047
00048
00050
00051
 体幹の筋肉を解放、脚に集中! 長時間は持たないが、スプリント力は倍増する!

手嶋、思いつく
 息を吸い膨らませた胴体を解放、田所同様、目一杯に酸素をめぐらせた状態から転じた為
 酸素が足りないのか、短時間しか持たないらしい 
 が

 生き残る事が最強だとすれば、地上最強の動物は逃げ続ける草食動物!

 それがヒントとなった
 故に、「バンビのスタイル」だと

 手嶋が“鬼ごっこ”強化を提案、牽くのではなく、逃げるスタイルへ

 理屈は解らんが加速スゲエ!

後続に差を付け、ラインまで逃げ切る!

00054
 奇しくも「狩り」を標榜する銅橋と、対称的なスタイルに進化した青八木
 進化するたびに、人間っぽさを捨てる青八木!
 目がもう何か死にそう!

『見ていろ純太! いつも俺は、お前のくれたアイデアに助けられてきた!!』

00057
00058
00060
00061
00062
 箱学が毎日どれだけ練習してるか知ってるか…、メンバー選抜がどれだけ過酷か知ってるか!

後ろのド太郎
 才能では手嶋に勝る「逸材」であるも、ペース配分が下手な余り、凡人評価を受けてきた青八木
 手嶋は、自分を捨て“青八木を活かす”事を図ってきた…
 が

 悪ィ! 全力で逃げる獲物…、そういうの大好物なんだ!!

 気持ちで走る青八木!
 対し、ハングリー精神の塊である銅橋!!

 常に「追う者」が一番強いといいますが、それとは、また違う「追い詰める」男!!

 確かにこれはド変態だ!

坂道『手嶋さんは…、“獲る”と思いますか? 青八木さんが…』

00064
00066
00069
00070
00071
 あー、銅橋な? アイツ二年だぞ? お前と同級生だ

どこがや!
 仰天小野田君! 既に人類としておかしい!! だが勝負を決めるのは体格ではないのだ 
 ロードレースは、協力や駆け引きがある
 と

 青八木を信じてやろうぜ、あいつ言ってたろ? 二人じゃない

 チーム六人だ!
 もう、「手嶋とのコンビ」に留まらない

 相棒の勝利を信じる手嶋、青八木も「引っ張る側」になったと改めて熱くなる!

 ただ問題は、スペックがどうにもならん感じな事だわ!

『もっと逃げろよバンビちゃん!』『(長くは…、持たない!)』

00072
00073
00077
00079
00080
00081
00083
 ごちそうさまだよバンビちゃん!

巨漢の失策
 泉田の「必勝」指示を思い出し、大したことなかったと笑う銅橋! 田所先輩立場がねえ!! 
 ところがぎっちょん、どっこい付いてるケツの人!
 と

  何かスゲーヤバそうな雰囲気だったんで付いてきましたよ!

 確かにそうだった!
 今回、ずっと「銅橋の後ろ」が隠れていた!!

 つまりそこには鏑木が居たとか、一体どういう事なんだぜ!?

 なるほどわからん!

手嶋『こっちが用意した“カード”は二枚

00084
 だとしたら、それをとことんまで使い切るのが総北のやり方だ!
 遠く集団で、ドヤ顔戦場予想を決める手嶋!
 どんだけだよ純太!

 どんだけ才能溢れてるんだよイキリ!

『けど、なんども振り向いて確認した! けど姿はなかった、確実に!』

00086
00089
00090
00091
00093
00095
00097
 こいつ…、まさか、俺のジャージの死角に隠れて付いてきたのか!?

エアーマンがついてきた
 銅橋の儀式、一種の自己暗示めいた「ジャージ破壊」が、見事に仇となってしまう大失策!!
 青八木も、彼には指示を出してなかったと再確認
 故に

 こいつはバカだが…、空気を読む男だ!

 ひどいまとめを見た!
 けど確かに、そいつは間違いねえこって!!

 ン…、いやそうかな…? ともかく、空気を読める男だった!!

 青八木は空気を吐き、鏑木は読んだ!

もっかい牽きます! 発射します!!

00099
 鏑木はその一念で付いてきたのだ! どんだけ発射したいんだこの男!!
 オーダー、“青八木を発射する”を遵守する男!
 アブラギくん!

『補欠のお前なんか! このスプリンター青八木さんが一捻りだブタァ!!』

00103
00106
00109
00111
00112
 光が差した! …このスプリントはお前が獲れ!! 光はお前だ!

Xラウンダー鏑木
 ここで、既に「敗北」を受け入れた青八木は、最後の勝利を鏑木に託した!!
 光だ、そうその木漏れ日とかじゃなくて!
 が

 無理ッス! 俺、オールラウンダーッスから!!

 ところがぎっちょん!
 この土壇場で、また言いやがった…!!

 せっかくの勝利演出が台無しになる瞬間、鏑木君、空気よめねーじゃん!!

 空気は吸うものだった!

えー!? この場で…?! 前言撤回だ、空気を読まないこの男!』

00113
 残り300mの秒速コント! 「天才」「思い込み」「無自覚」…アレだ!!
 鏑木は、スラムダンクの主人公
 桜木っぽいんだ!

 オールラウンダーマン鏑木!

『獲れ!』『無理ッス!』『獲れ!』『無理…』

00114
00118
00120
00122
00124
00126
00127
00129
00132
00133
00134
00139
00140
00141
 受け取れ! 神さまからの最後のメモだ!! “全力でスプリントを獲れ”!

神様のメモ帳
 青八木は、強引に“風除け”して彼を温存、そして取り出したのは手嶋アドバイスの結実!
 いざという時、鏑木を制御する保険!
 と

 初めて見る…、こいつの純粋な…、スプリント!

 ホントに火が着いた!
 すごいな鏑木、彼もまた自己暗示みたいなモンか!!

 今までは「牽き」に徹してのスプリント、だが、真の全力スプリントが解放される…!
 
 なんつー長い1キロだ!!

『今まで俺は、何度もスプリントを制してきた…、強いといわれたスプリンターをねじ伏せてきた』

00145
 この事態に、混乱したのが場数の多い銅橋、経験者だからわかる
 誰が強いか、誰が飛び出そうとしているか
 だからこそ強い

 しかし、だからこそ混乱したと

『なのにこのオレンジは、今まで“スプリンターだ”って事さえ、気付かなかった!』

00147
00148
00154
00155
00156
00157
 解りました神さま、獲りましょう! あなたに教わった全てを駆使して!!

スーパーイキリ人
 荒北流にいえば「嗅覚」、しかし無自覚でやる気がなかった鏑木は、マークしていなかった
 故に、急にやる気を出したので困惑したのだ
 と

 矢が的を狙って放たれる前の、時が止まったような張り詰めた一瞬の…!

 一瞬の緊張感!
 混乱しつつ、詩的な銅橋!!

 ゴールという的を狙う「矢」、弓道特有の緊張感に喩える銅橋!

 泉田の「槍」もいいが、好きな表現だぞコレ!

始まるぜ! 最終スプリント!!

00159
 先に飛び出したのは、やはり経験豊富な銅橋!
 前回は、対応できなかった総北勢
 ですが勿論 

『行けェ! 鏑木!!』

00162
00163
00165
00166
00169
00170
00171
00172
00173
00175
00177
00178
00179
00182
00183
00185
00186
 コイツ!? 一瞬、俺の後ろで休んでから、また加速しやがった!

二段加速ッ!
 まるでスーパーマリ○がヨッ○ーを足場にするような加速! 鏑木二段加速…、ってアリなの!?
 予測不可能な挙動に、困惑する銅橋
 だが

 こいつはえたいの知れないスプリンターだが…、バカだ!

 また言われた!
 困惑したが、「もう終わり」だと

 敵が前、銅橋が後ろ、この状況こそ銅橋必勝スタイル!

 必勝とは勝利、でも本当にそうなのかな!?

モブ『箱学、ピッタリ後ろについたままだ!

00189
 誰しも考える状況ですが、相手が敵である以上、一瞬でも減速されてたら
 正直、怖くて難しいんじゃないでしょうか
 わかりませんけど

 しかし銅橋は、仮にされても“弾き返せる”パワーキャラ! マリカーのクッパ!!

『見せてやるよ! 俺の怪物スプリント! 俺は負けねえ! 俺は箱学だァ!!』

00191
00192
00194
00195
00197
 入れ…、入れ…!

冴えない加速の仕上げ方
 誇りを叫んでの突撃! 最終加速に入った銅橋、対し“加速が冴えない”鏑木は呟いていた
 銅橋は、これを“故障<メカ・トラブル>”と誤解
 で

 メカトラの無いお前と、勝負してみたかったぜェ…!

 既に認めている…!
 イキリ君、どんだけ天才なのか!!

 しかし勿論メカトラなワケがない、では“バカ”鏑木特有の問題とは…?

 体格差、マジすげえな!

鏑木『入れッ!

00198
00199
00201
00203
00204
00205
 え? ゴール前何考えてるかって? 歯車です!

クロックワーク・イキリクン
 脳内イメージ、なんとなく共感できますが、“噛み合った”時にパワーが出る感覚がある
 彼は、それを「歯車」と表現
 で

 入ったッ!

 ゴール前、最善が出るよう“考える”のだ、と

ホォォォラァァァァァァァァァ!

00206
00207
00209
00210
00211
00212
00213
00214
00215
00216
00219
00220
00221
00223
00224
00225
00226
00227
00228
00229
 いける!/きやがった!/スプリント!!

規格外の男
 両者一線! 伯仲のスプリントに銅橋が思うのは、自分が“他人に合わせられない”デカい男な事
 体格も、また“は入り直す”ような発想も
 が

 狭ェ! 狭ェんだ、世の中の基準って奴は!!

 彼は彼なりに正しくありたい
 並べ、動くな、逆らうな、どれも「正しい」事です

 でも多分、部活の件のように、“彼なりの正しさ”に合わなかったのでしょうね

 だから、「合わせよう」と彼なりに努力した

『そんな時、泉田さんははみ出せ…、出て来いって言ってくれた…』

00232
 だから嬉しかった、前回みたいに、せっかくの身体と度胸を活かせなくなった彼に
 もっと、広く「はみ出せ」と促してくれた
 洗脳っぽくもあったが!

 でも誰しも「自分」で居たい、自分らしくあれと元気付けられ、本当に嬉しかったのね

そんなら、全身全霊で獲らなきゃウソだろ!

00233
00234
00235
00237
00238
00241
00242
 思うまま走っていい、恩人に応える事もまた“正しい”!

スプリントの快感
 対する鏑木が感じていたのは、最高に「噛み合う」感覚、元より“ナンバーワン”嗜好の彼です
 誰より速く、目の前の敵を抜くシンプルさ!
 と

 頭の先からつま先まで、全部繋がって進んでる、一つに!

 シンプルに!
 一つに、ただ一心にゴールを狙う競技!!

 バカで負けず嫌いな鏑木に、このシンプルさ、向いてないと思う鏑木はバカだな!!

 意思と身体が、全部一致するとか快感すぎるッショ!

身体中の血が沸くッ!

00249
 勝つ、勝つ、勝つ! ただただ勝利を願う鏑木のスプリント!
 駆け引きして、チームの皆と協調し考えて勝利するより
 よっぽどアブラギ君向きだよ!

 また銅橋に、「凶暴そうな見た目とは違うな?」という観客の声が

口は態度はでかいけど…、あいつの勝ち方は力の真っ向勝負!

00251
00252
00253
00254
00256
00257
00259
00260
00262
00263
00264
00266
00274
00276
00278
00279
00281
00282
00284
00285
 いつだってフェアプレイなんだ! だから…、ファンも多いのさ!!

飛び交う声
 一年時代の銅橋は、「強さと努力」のスタイルを、年功序列型の先輩陣に忌避されましたが
 後輩には、彼を“年功序列”で嫌う理由はないんですよね
 で

 何で一瞬…、青八木さんの顔が浮かんだんだ?!

 銅橋の「正しさ」は報われた
 対する一年・鏑木は、めっちゃ味方が少ない!

 でも彼には「神さま」が付いていて…、内心では、既に気付いてるんでしょうね

 やだもー、本能の方が賢い!

観客『決まった、ファーストリザルト!

00287
 緊迫の結果は…、おいコラどっちも勝ってるじゃねーか!?
 同着!? なにこれ同着なの?!
 いや違うよね!?

 パターン的に、決着ついてるケースだよね?!

『ヴァカ! おめーじゃねーだろ!』『マヌケめ! 気付かなかったのか!』

00288
00290
00291
00294
00296
00298
00300
00301
00302
00303
00306
00308
00311
00314
00315
00316
00318
00319
 鏑木…、よくやった…!

伏すもの掲げる者
 どちらも譲らぬ罵倒合戦! しかし傍から見ると、もうコレ完全に仲良しこよしって感じですが
 写真判定は、銅橋の勝利を示す事に
 と

 箱根学園…、銅橋正清選手!

 正直、これはアリだ!
 銅橋は、ずっと苦労続きだったんだから!!

 対する鏑木は、ようやく「快感」を知った“入り口”の段階、むしろやりすぎたってレベルだ!

 来年、リベンジマッチまったなし!

Cパート『ふぉっふぉっふぉっ! 儂じゃよ! いつも頑張っておるのう鏑木くん!』

00324
00325
00326
00327
 …やめよう

神様の腹話術
 青八木、「オレンジビーナの神様」を演じてみようと試み、無事正気に戻った模様
 良かった…、青八木が正気で良かった…!
 今泉ならやってた…!

 多分…!

2017年5月22日 弱虫ペダル NEW GENERATION 第20話「鏑木、全開!」

00051
00062
 挑発に乗らなければ、もう少し勝負できたのでしょうか? 

スタッフ
 脚本 久尾 歩
 コンテ 越智一裕
 演出 池田智美
 作監 竹本佳子

あらすじ
 ファーストリザルトのスプリントラインが近づく!銅橋が背後に迫る中、青八木は強力な逃げの加速を生む「筋力弾丸バンビスタイル」で力を振り絞る。しかし解き放たれた銅橋に追いつかれ、ここまでかと思った矢先、銅橋を風よけにして鏑木が追いついてきた!青八木から「全力でスプリントを獲れ!」と想いを託された鏑木は、銅橋との一騎打ちでスプリントラインに飛び込む―!

次回、弱虫ペダル NEW GENERATION RIDE.21箱根学園、動く!

00084
 ファーストリザルトを銅橋が獲りいよいよ箱根学園が動き出した。後続を引き離そうとする箱根学園に総北も必死に付いていく。そして箱根学園のある作戦が襲い掛かり...。

[STAFF]
 脚本 広田光毅
 コンテ あきとし
 演出 ながはまのりひこ
 作監 岡崎洋美、米本奈苗、斎藤大輔、田角麻奈美

提供MADは、バンビと肉食獣

00329
00330
 やだ…、ドゥーバシ君すっごく肉食系…!(物理)

バンビスタイル!
 田所直系、そこから踏み出した青八木カッコ良かった! …だけに届かなくて残念
 いや、ストーリー展開的に分かってた!
 分かってたけど!

 昨年は総北が勝ったところですしねー、まあしゃーない!

 鏑木vs銅橋の時点で
 モチベーション、経験的にも銅橋勝利が正しい気がしますし

 してみると手嶋さんに続き、今のパートは、「主人公・鏑木」なんだなって感じました。

 次回、第3期 第21話 第83話「箱根学園、動く!」

弱虫ペダル 感想 アニメシリーズ第一期、2013年作品

 RIDE_1「アキバにタダでいけるから」
 RIDE_2「部員をふやすため」
 RIDE_3「僕は友達いないから」
 RIDE_4「鳴子章吉」
 RIDE_5「総北高校自転車競技部」
 RIDE_6「ウエルカムレース」
 RIDE_7「追いつきたい!」
 RIDE_08「スプリントクライム」
 RIDE_09「全力vs全力」
 RIDE_10「ピークスパイダー」
 RIDE_11「肉弾列車!」
 RIDE_12「合宿初日!」

 RIDE_13「今泉と鳴子の1000km」
 RIDE_14「朝霧の再会」
 RIDE_15「策略」
 RIDE_16「一点突破
 RIDE_17「最後尾の小野田」
 RIDE_18「全力の勝負」
 RIDE_19「新たなるスタート」
 RIDE_20「真波山岳」
 RIDE_21「石道の蛇」
 RIDE_22「インターハイ開幕」
 RIDE_23「トップスプリンター!!」
 RIDE_24「震える泉田」
 RIDE_25「負け」
 RIDE_26「空が見える」

 RIDE_27「山神東堂」
 RIDE_28「100人の関所」
 RIDE_29「山頂」
 RIDE_30「荒北と今泉」
 RIDE_31「強者三人」
 RIDE_32「希望の夜」
 RIDE_33「ヒメなのだ」
 RIDE_34「新開隼人」
 RIDE_35「勝利する男」
 RIDE_36「最強最速」
 RIDE_37「王者交代」
 最終回「総北の魂」

弱虫ペダル 第2期 感想 分割放送作品

 GRAND ROAD ROAD.1「フェイズ49」
 GRAND ROAD ROAD.2「エースたち
 GRAND ROAD ROAD.3「翔」
 GRAND ROAD ROAD.4「覚悟」
 GRAND ROAD ROAD.5「薬局までの3km」
 GRAND ROAD ROAD.6「モってる男」
 GRAND ROAD ROAD.7「迫る、集団」
 GRAND ROAD ROAD.8「アラキタ」
 GRAND ROAD ROAD.9「呉の闘犬」
 GRAND ROAD ROAD.10「その先の領域」
 GRAND ROAD ROAD.11「サバイバル」
 GRAND ROAD ROAD.12「泉田の誇り」

 GRAND ROAD ROAD.13「激走、山中湖」
 GRAND ROAD ROAD.14「最後の作戦」
 GRAND ROAD ROAD.15「鳴子!真骨頂!」
 GRAND ROAD ROAD.16「エース今泉!」
 GRAND ROAD ROAD.17「箱根学園ゼッケン6番」
 GRAND ROAD ROAD.18「一歩一歩」
 GRAND ROAD ROAD.19「坂道の役割」
 GRAND ROAD ROAD.20「今泉vs御堂筋」
 GRAND ROAD ROAD.21「91番」
 GRAND ROAD ROAD.22「真波と坂道」
 GRAND ROAD ROAD.23「約束の道」
 GRAND ROAD 最終話「WINNER」

弱虫ペダル NEW GENERATION 第3期 感想 2017年1月開始

 弱虫ペダル NEW GENERATION 第3期 第1話 63話「最後の峰ヶ山」
 弱虫ペダル NEW GENERATION 第3期 第2話 64話「巻島が残したもの」
 弱虫ペダル NEW GENERATION 第3期 第3話 65話「手嶋、魂の走り」
 弱虫ペダル NEW GENERATION 第3期 第4話 66話「峰ヶ山で一番速い男」
 弱虫ペダル NEW GENERATION 第3期 第5話 67話「自転車異種格闘技場!!」
 弱虫ペダル NEW GENERATION 第3期 第6話 68話「鳴子VS御堂筋」
 弱虫ペダル NEW GENERATION 第3期 第7話 69話「最後の走行会」
 弱虫ペダル NEW GENERATION 第3期 第8話 70話「ゴールライン」
 弱虫ペダル NEW GENERATION 第3期 第9話 71話「新生総北、始動!」
 弱虫ペダル NEW GENERATION 第3期 第10話 72話「杉元兄弟の絆」
 弱虫ペダル NEW GENERATION 第3期 第11話 73話「決着」
 弱虫ペダル NEW GENERATION 第3期 第12話 74話「トラブル!」
 弱虫ペダル NEW GENERATION 第3期 第13話 75話「1000㎞再び」
 弱虫ペダル NEW GENERATION 第3期 第14話 76話「凡人と天才」
 弱虫ペダル NEW GENERATION 第3期 第15話 77話「古賀のゴール」
 弱虫ペダル NEW GENERATION 第3期 第16話 78話「2度目のインターハイ」
 弱虫ペダル NEW GENERATION 第3期 第17話 79話「スタート!!!」
 弱虫ペダル NEW GENERATION 第3期 第18話 80話「ふくらむ青八木」
 弱虫ペダル NEW GENERATION 第3期 第19話 81話「怪道銅橋」
 弱虫ペダル NEW GENERATION 第3期 第20話 82話「鏑木、全開!」
 弱虫ペダル NEW GENERATION 第3期 第21話 83話「箱根学園、動く!」
 弱虫ペダル NEW GENERATION 第3期 第22話 84話「ゼッケン1のプレッシャー」
 弱虫ペダル NEW GENERATION 第3期 第23話 85話「坂道、追撃」
 弱虫ペダル NEW GENERATION 第3期 第24話 86話「雑草の走り」
 弱虫ペダル NEW GENERATION 第3期 第25話 87話「空を仰ぐ【最終回】」

PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
アニメランキング