石田スイ 漫画 東京喰種:re 11巻 感想 レビュー 画像 考察 ネタバレあり これまでの感想はこちら 前巻はこちら
離合集散、最強戦力! CCG自滅へまっしぐら!! カネキも童貞卒業まっしぐらッ!

Aaa_002
Aaa_004s-
IMG_4138
IMG_4137
ラストの「あ、死んだ」感が全部持ってった11巻! 六月っちゃん、ハイセが好きだったのか…
 そりゃそうよね、彼は、非人道的な人生で得た安らぎだし
 絶対に手に入らないモノだし…

 ようやく暗闇に向き合えた亜門とアキラ、懐かしいカップルが次々来るよ!

原点回帰と離合集散
 CCGも、カネキとQsノウハウの量産型投入とか、完全にクライマックス展開入っちゃったし…!
 野放しにしたら、冗談抜きに喰種が滅ぶ
 となると決戦しか?

 アンタを“引き止められる”なら、ヤらせてもいい。董香ちゃん完全にフラグ…!

自分の人生がパーになったら。滝澤の死力が、二人を再会させることに

IMG_4141
 この後むちゃくちゃ…。

あらすじ
 暴走した瓜江は才子が、亜門は滝沢が止め、六月は“ハイセへの恋”のブレーキが完全に壊れた
 和修政を排除し、旧多改め「和修吉福」はCCGを掌握
 加納を技術者として引き入れる

 CCGは「量産型カネキ」、少年Qs部隊、オッガイ100名実戦投入

 東京中の喰種殲滅を始め
 回復した亜門、アキラは「黒山羊」と和解し、別行動を始める

 しかしカネキのところに、狂った六月が現れ…?

かつて父が捕らえた喰種、亜門の義父ドナートに追い詰められた瓜江は

IMG_4169
 回想。Qs班が“成長すべき”理由は、ハイセの暴走を止める事にあったと

俺たちの責務
 今や懐かしい初期Qs班、彼らは、“フレーム”と呼ばれる機構で暴走を押さえ込んだ“兵器”
 安全性を高めているが、万が一の時はSレート喰種扱いとなる
 その時は、お互いに躊躇するな

 死んでこそいなかったが、悲惨なことになっていた瓜江

 ホント、彼はどこまでも貧乏くじだ!

この期に、遂に出た才子の本気! 才子の才は、才能の才!!

IMG_4168
IMG_4167
 千手パンチじゃねーか! と思ったけど、ホントに真似てる可能性もあるのか!?

赫子の天才
 今や、空中分解寸前なQs班、班の子供にしてオカン、才子さんが輝いてた!
 特技は赫子の制御で、アニメの技なんかを研究して
 精密動作で再現してるらしい

 俺は強い! 俺を見ろ!!(瓜江)

 不幸のバーゲンセールの瓜
 困った人を好きになるし、困った人にほど好かれる!

 でもウリに、ようやくマトモな春がきそうだよ…

 ほぼ家族愛っぽいけどさ!

暴走する亜門に、カネキが何より怒ったことは

IMG_4166
IMG_4165
 喰種のカネキに常に「対話」してくれた亜門、その彼から対話を奪うなんて!と

元・喰種捜査官たち 
 前巻、生きていた亜門の暴走に立ち向かったのは、滝澤とクロの元・人間コンビ
 亜門が「失敗作」だったのは、適性が高すぎて制御できなかった
 彼が、自分は人間だとこだわった為

 ならこだわる部分、理性が飛んだらクソ強いわな!

 圧倒され、もう戻れない覚悟を決めた滝澤!

六月の自覚、“出来上がり”

IMG_4164
 自分はハイセが好きだ、“私は女だ”と認めた六月ちゃん。やだヤッてる…。

できあがり
 頑なに、自分の性を認めなかった六月、しかしハイセに化けたノーフェイス(=ウタ)さんの端末に
 これまで散々、変態相手に刺激されてきた性別が
 遂に爆発した模様

 自分の気持ち、それは恋でしょう

 普通は尊いんですが
 何とも、グロテスクな感情となる事に

 自己嫌悪する六月は、“自分は選ばれない”と分かっているのか、ハイセを殺そうとする事に

 カネキが、董香ちゃんを好きともバレてるし危ない!

喰種化した滝澤が、常に「口」をいじっていた理由

IMG_4163
IMG_4162
IMG_4161
 幻覚か、或いは原型を留めぬほどボコボコにされた肉親を、知らずに加納に食わされたらしい…

自分の未来
 滝沢が狂っていたのは、もう自分は罪を犯し、戻れないって強い罪悪感だったんですね
 そうして、喰種である自分を受け容れてしまったから
 喰種「オウル」として完成した

 しかし、もう「自分」がパーになったなら、「誰か」の為に生きればいい

 結論がすごく切なくて
 これまで、散々色々あったのが吹き飛ぶ気がしました

 亜門を見ていると、そう思えたんだ、と

今回、変態性が最高潮に達した政。戦死…?

IMG_4160
 無茶苦茶斬られた(ただし死んだとは明言しない)

ヌーディストビーチ
 遂に変態が脳に達した政ですが、彼を邪魔だとするVによって闇討ち同然の目に遭い
 消息を絶ってしまった模様
 死んだ?

 いや、彼も喰種だし、ちょっと脳天をサクッいくくらいでは…?

 もし死んだなら、瓜江の災難が一つクリアに…?

亜門の恩師にしてアキラの父、真戸を殺した董香ちゃん

IMG_4159
IMG_4158
IMG_4157
 しかし、それを飲み込んでくれた亜門の優しさに、董香ちゃんも珍しく助言を

亜門と董香
 ようやく向き合うことが出来た二人、共通点は同じ、大事な人が姿を消した事
 亜門は、いまさらどうやってアキラに向き合ったらと悩むも
 答えは董香が持っていた

 どんな風になっていても、私は嬉しい

 董香はカネキを
 アキラは、亜門を失ったから

 同じ境遇として、亜門に助言する董香ちゃんが優しかった!

 回想のアキラさん、ドヤ顔がホント愛おしい

政以下、和修一族が消えたことで“最後のCCG局長”誕生に

IMG_4156
IMG_4155
IMG_4150
IMG_4139
 堂々と本家・和修性を継ぎ、“事後”のナレーションが

最後のCCG局長
 手始めに、ウタさんの赫子で作られた「偽カネキ=隻眼の王」を、CCGは処刑に
 また、残った“上層部の良心”宇井 郡もハイル蘇生を条件に出され
 倫理が狂ってしまう事に

 前巻、才子にクシャミ浴びせられたときは、温和な人だったのに!

 旧多は加納も引き入れ
 リゼベースのQs、量産型カネキとも呼べる「オッガイ」を実用化

 異常に鼻が利く“100人のカネキ部隊

 東京の喰種は、絶滅の危機に…。

カネキ『滝澤さん、あなたもカラッポだから

IMG_4154
 亜門を正気に戻し、もう役目は終えた、いつ死んでもいい、と

繋ぎとめる
 カネキも、実は自滅願望があると見抜いた「同類」の滝澤、飄々と狂った彼の本心
 彼を死なせまいと、生きる理由を促したカネキ
 カネキ、他人の事は分かる

 真戸に亜門を帰してやりたい、滝澤さん、ホントカッコ良かった

『久しぶる…、ぶりだな……』

IMG_4153
IMG_4152
 ホント、亜門さんの心はいつでも腕立て伏せだぜ…!

嘘はついてない
 勇気を出して向き合った亜門に、辛辣な言葉を並べたアキラ。踏み込めなかった亜門
 でもそれは、一度は死んでしまった亜門が
 また居なくなるんじゃないか、と

 生きてて良かった、そう亜門を受け容れ、また失ったら本当に立ち直れない

 愛した父を失い
 亜門を、そしてハイセを失って

 これまでずっと、失い尽くしだったアキラさん、素直になれないのは本当に辛い

 一時は息子同然だったカネキさん、本当に良く分かってる…。

亜門『一つ、気になっていたんだが

IMG_4151
 そしてようやく、穏やかに対面できた二人。次に出会うときは戦場でしょうか

何故戦う?
 作中、誰より優しく見えるカネキですが、「自分は思ったより優しくなかった」というのが面白い
 今こうして、喰種の為に戦って“みている”のは
 喰種に大切な人が多いから

 結局、自分がどう思うか、って主観で行動してると自覚するカネキ

 その返答が、迷っていた亜門に勇気を
 自分が大切だと思うから

 シンプルって素敵だと思う

アキラと董香、共に「父が仇討ちの中で死んでいった」二人

IMG_4149
IMG_4148
IMG_4147
IMG_4146
 董香の父は、母の仇討ちに身を投じて死んだ。今は「間違っている」と言ってやりたい、と。

私はあんたに同情してる
 董香は、仇討ちより自分達と一緒に居て欲しかった、そうさせられなかった自分が無力だと思った
 言われたアキラも、父が仇討ちせず、自分を選んでくれた可能性を思う
 もうどうしようもない事を

 アキラは、母を父を殺した喰種憎い

 けど董香は「私の父はバカだ」と
 今は父を否定できる、「死んだ母への復讐より、私と一緒に居てよ」と言えば良かったんだと

 ぶっちゃけた董香に、少し考え込む事に

アキラ『誰を憎めば良かったんだろう

IMG_4145
IMG_4144
 誰を憎めばいいんだろう

誰を憎めば
 また、同じく真戸に両親を殺されながらも、アキラを憎まないという喰種のヒナミ
 むしろ今、アキラの力になろうとするヒナミに
 心を動かされる事に

 アキラさん、行動原理だった「喰種を叩く」ことが出来ない状態に…

 心が折れてしまった、自分は虚飾に縋っていたと

カネキ=ハイセさん、アキラを支えようとして痛烈ボディブロゥ!

IMG_4142
IMG_4143
IMG_4141
 アキラの答えは、これから答えを探すこと

アキラと亜門
 両親の為に喰種と戦い、父を失い亜門を失いハイセを失い、“喰種を倒す”こと自体に疑問が
 対し亜門は、からっぽになった自分に向き合い
 どう生きたいか探し出せ、と

 自分が支え続ける、亜門さん男前でしたわ…。

 彼自身も“人喰い”の体
 それでも二人は、独自に行動を始める事にと

 ようやくキスだよ! ヒューヒュー!!

董香『アンタ童貞?

IMG_4138
IMG_4137
IMG_4136
IMG_4135
 滝澤同様、カネキが消えそうだと感じ、居場所になれるならヤらせても良いよ、と

すげえよミカは!
 以前、「ハイセ」だった頃、董香の事を忘れてたくせに、彼女会いたさに何度か訪れたらしい
 際して、董香を見る目が“好きな人を見る目”だ
 と

 そう気付いて、私は嬉しかったんだよ、という董香

 完全に愛の告白
 遠回り、あまりに遠回りなのが董香ちゃんだった…

※この後むちゃくちゃ六月が来た

収録

IMG_4134
 巻末オマケは死者回、亜門さんとアキラ、本当に幸せそうに戻って良かった…

 ヤングジャンプ・コミックス「東京喰種:re 11巻」。石田スイ
 週刊ヤングジャンプ連載、集英社発行。
 2017年6月(前巻2017年3月)

収録
 第111話:集合
 第112話:栖救
 第113話:わたしは
 第114話:いとし
 第115話:問い子
 第116話:いつかの夢
 第117話:親指たてる
 第118話:良い話
 第119話:クルス
 第120話:う・つ・わ
 第121話:ひとり吊るされる
 第122話:何時にする?

 董香ちゃんでかい。

アニメ版 東京喰種 感想 第一期

 第1話「悲劇」
 第2話「孵化」
 第3話「白鳩」
 第4話「晩餐」
 第5話「残痕」
 第6話「驟雨」
 第7話「幽囚」
 第8話「円環」
 第9話「鳥篭」
 第10話「青桐」
 第11話「衝天」
 最終話「喰種」


 √A 第1話「新洸」
 √A 第2話「舞花」
 √A 第3話「吊人」
 √A 第4話「深層」
 √A 第5話「裂目」
 √A 第6話「千路」
 √A 第7話「透過」
 √A 第8話「旧九」
 √A 第9話「街望」
 √A 第10話「終雨」
 √A 第11話「溢花」
 √A 最終話「研  」

漫画 東京喰種:re 感想 ※旧作未読 アニメ 1期 2期視聴 公式ツイッター

 東京喰種:re 1巻
 東京喰種:re 2巻
 東京喰種:re 3巻
 東京喰種:re 4巻
 東京喰種:re 5巻
 東京喰種:re 6巻
 東京喰種:re 7巻
 東京喰種:re 8巻“殺しただろう? 隻眼の王は”
 東京喰種:re 9巻“俺は かつての仲間を救いにきた”
 東京喰種:re 10巻“黒山羊の蹄”
 東京喰種:re 11巻“アキラの選ぶ道。…アンタ童貞?”
 東京喰種:re 12巻“いいえ、もう童貞ではありません”
 東京喰種:re 13巻“むしろ竜です。さよならカネキ”
 東京喰種:re 14巻“ありがとうカネキ” 和解の成立
 東京喰種:re 15巻“再会”おはよう僕の竜
 東京喰種:re 16巻【最終回】人と喰種と東京喰種

PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
アニメランキング