原作:附田祐斗、作画:佐伯俊 漫画 食戟のソーマ 25巻 感想 レビュー 考察 画像 ネタバレあり 内容 これまでの感想はこちら 前巻はこちら
連隊食戟、序盤3戦決着! “新生十傑”、早くも…。久我さんかっけー!!

Aaa_002
Aaa_004s-
IMG_4434
IMG_4426
IMG_4424
創真必殺“カップメン”大勝利! 教本通り、気温差も定番ネタですが、ここまで差がつくとは
 一色も初の本気、あらゆる技術を貪欲かつ柔軟に組み合わせるって
 まんま創真の父の技のよう

 敢えて極星メンバーの品! 裸エプロン先輩、その“枷”がない真の必殺技とは…!?

まさかの読みきりネタ
 対戦相手に、連載前の別設定時、創真と戦ったジュリオがリサイクル登場して爆笑しましたが
 店の星付けを行う、ミシュラン相当組織から審査員が派遣に
 アンさん可愛い!

 一色先輩、味の濃い鰻蒲焼に、ニンニクだのチーズだの合わせるとか! 食べてみたいわ…。

“十傑補充要員3名”、葉山アキラを含め早くも全滅に

IMG_4421
 誰かの変装かと期待した帽子先輩、まさかの新キャラ。そしてゼロコマ負け!

あらすじ
 連隊食戟開戦! 試合に際し、学園は“星付け”を行う国際機関WGOから審査員を招いていた
 対し、創真は「ゆきひら流 焦がし蕎麦」で勝利をもぎとり
 一色も本気を出す

 極星寮を侮辱された一色は、彼らの作った食材、アイデアを駆使した一皿を披露

 とても和食といえない味
 うなぎをテーマに、「ひつまぶし~極星寮風味~」を作った一色

 彼の本気に会場は凍りつき、また“元十傑3席”の女木島も快勝、反逆連合は全勝を決めた

 続く第2戦、十傑一位「司」が出ると踏んだ久我は、彼に勝負を申し込み…?

巻タイトル“落ちこぼれの生き方”。紡いだ男は、まさかの復活者!

IMG_4447
IMG_4446
 ジュリオ! ジュリオ・ロッシ・早乙女じゃないか!!

白津 樹利夫(17)
 連隊食戟、一色の対戦相手は、葉山が入傑した“新十傑戦”で後姿を見せてたジュリオ!
 読み切りでは、秘書子相当の立ち位置だった男ですが
 グッと良い男になってます!

 彼の罵声で、一色の実家が京都割烹の超一流店と発覚

 しかし嫌いだからじゃない
 ずっと一色を尊敬し、畑いじりなど「腐っていく」彼を見てられなかったと

 ジュリオ、敬意がある男ってのは私は好きだぞ!

 しかし、一色の地雷をブチ抜くことに

一色家の者が、馴れ合って良い輩じゃないッ!

IMG_4445
 ジュリオは極星寮を侮辱してしまい、一色をマジギレさせる事に

裸エプロンの本質
 実は、実家が室町時代から続く名家で、「西の一色」と言われるほどだった一色パイセン
 常日頃、何かと「新しい商売をやろう!」と言ってるのは
 その反発だったんですね

 千年王城・京都、その伝統への反発が、おそらく裸エプロン姿に詰まっている…!

 どうしてそうなった!
 いや、確かに「実家は割烹なんだろな」って前振りはしてたけど!!

 一色先輩の初登場時に!!

寧々先輩が忌み嫌うのは、コンプレックスの裏返し

IMG_4444
IMG_4443
 幼い日の寧々パイセン可愛過ぎ問題

天才・一色
 実は寧々の家とも並び称される名家、ただ前巻で語られた通り、彼女は学び高める事が大好き
 地道に努力し、達成感、褒められるのが好きな彼女
 対し、一色はド天才だった…

 何でもあっさり上達し、また、他人の評価に一切こだわらない

 そりゃ目の仇にするワケだよ!
 ヤな人だ!

 また、「天才」である事が、一色の料理スタイルにも繋がっているんでしょうね

 修得が早いから、そこから応用してしまう、的な。

審査員は“WGO”、ワールドグルメオーガニゼーション登場!

IMG_4441
 決して、FGOでもなければGTOでもない!

WGO
 本作オリジナルとして、ミシュランに相当する、「店の星付け」「格付け」を行う国際組織が登場
 一等執行官”アン” 、二等執行官”シャルム” 、二等執行官”イストワール”
 また美人が増えた!

 もちろん、“食事処ゆきひら”の名は知らず知ってたら大騒ぎですものねー

 世界的にファンが多い設定上
 もし知られたら、第1巻冒頭みたいな平和な風景にならないでしょう

 多分、上層部は知ってるんでしょうけどね!

寧々先輩の必殺料理、“九割そば 桜エビのかき揚げを添えて”!

IMG_4440
IMG_4438
※時そばとは、古典落語の名作である

時かけそば
 まるで、食べたのも忘れるほど夢中になる逸品! この作品の料理は、だいたいおかしい!
 ポイントは繊細な桜えびと、繊細な味の九割そばの調和
 繊細同士、ってバランスが難しい…

 これを実現したのは、低温で絞られ、“無色無臭”のごま油でした

 その名も「太白ごま油」
 ごま油と言えば、強烈な風味を連想します

 しかし、普通は高熱で失われる旨みを、低熱処理でフルに生かしていると

 旨みは強く無臭、それが「繊細な調和」の鍵だったのね
 
ポイントは、「桜えび」のかき揚である事

IMG_4439
 頭バッテン先生、詳しい…!

エビのかき揚
 また、昔は江戸で大量に取れた芝エビの使用が、大衆料理として発展してきたソバの見せ所
 というのも、江戸時代は「そばは16文」と幕府が値段を定め
 値段を統制していたのです

 これは、庶民の食べ物として、値段を抑制するという幕府の施策

 対し、店側は「なら、トッピングで値段を稼ごう」と試行錯誤
 安くて旨い芝エビになったとか

 ここで、繊細な桜えびの投入は、まさに「現代」って感じでしたね

 蕎麦もまた進化している…!

伝統に立脚した寧々そば、対する創真は“カップ焼きそば”に立脚!

IMG_4437
IMG_4435
 なんと、「蕎麦」を焼いてしまった!

ゆきひら流 焦がし蕎麦
 普通は小麦粉、だって「そば粉のそば」を使っても、香りが飛んで使う意味がなくなってしまう
 しかし、創真は敢えて“三番粉”を用いる事で
 焼きと風味を両立!

 三番粉とは、そばの実の“殻”に近い部分まで挽いたもの

 普通は一番が上質
 真ん中の、一番旨い所だけを使うぜいたく品

 ですが殻に近い部分、その香りの強さを利用して、「焼き」負けない風味を作ったと

 なんつーか、めっちゃ創真らしい発想!

いつも通り作った、それが寧々最大の敗因に

IMG_4434
IMG_4433
IMG_4432
 何でこう、一話キャラ的な人物が毎回こうも可愛いのか

強者たる所以
 また、何より「会場の寒さ」を創真は考慮、熱を加えるのは“香りを立たせる”効果を狙っていた
 対し寧々は、低温ゆえに香りが充分に立たずに
 本来の味を出せなかった

 その環境差が、両者の実力差を埋め、逆に創真が圧勝する結末に

 臨機応変に
 そして、「お客を見る」という事

 一色が手厳しいのは、たぶん、彼の実家も同じだからなんでしょうね

 寧々先輩、実力を出し切れぬまま無念の敗退に

続いて一色戦、ジュリオが出したのは「カピトーネ」であった!

IMG_4430
IMG_4429
IMG_4428
※映像はイメージです、アンさんは貧相ボディです(公式)

カピトーネ・イン・ウーミド
 貧乳を「そんなことないですよね」するアンさん、いいよね…。“ウナギのトマト煮こみ”的料理
 しかもカピトーネ、産卵を前にたっぷり栄養を溜め込んだ
 メスの大型ウナギのこと

 名作、ミスター味っ子でも、日本ウナギの「黄金ウナギ」出てきましたよね!

 トマトとか強烈な味ですが
 負けないほどの、濃厚な脂を溜め込んでいるのだとか

 加えて、水分量が非常に少ないトマトで、濃厚にしたソースが味を洗練したとかなにそれ…

 その名もサンマルツァーノ、というトマトだそうな

対し一色先輩は、極星寮の力を(勝手に)結集して対抗…!

IMG_4426
IMG_4427
 このキメ顔、殴りたい!

ひつまぶし~極星寮風味~
 普通は、刻んだ鰻の蒲焼を御飯で食べて、食べ進んだら出汁をかけて食べるというもの
 一色流は、ご飯がリゾットになっており
 更にコクがアップ!

 蒲焼も、関西風に蒸さずに焼いたから脂たっぷり! 香ばしい!!

 リゾットは山椒でピリッと!
 全体に、燻製ニンニクがパリパリと香ばしい!!

 トロリ濃厚なリゾットで、香ばしく脂が強い蒲焼、どっちも強烈だからニンニクにも負けない!

 燻製ニンニクチップ、それだけで旨いよ!

一色『僕は和食を作ったつもりは無いよ? 作ったのは「僕の料理」だ』

IMG_4425
IMG_4423
 別にアニメだコレー!

超攻撃的和食
 いわく、和食にフランス料理のソースを合わせたり、熟成した魚にフルーツをあわせたり
 低温や真空調理など、新しい料理法もバンバン取り入れるし
 それだけにもこだわらない

 どんなものでも、新しいものが出来るなら使うのが、一色先輩の本質

 創真親子と意気投合したように
 何でもありが、一色先輩の持ち味なんですね

 発想が色々おかしい!

ひつまぶし、最後の締めの“出汁”には肝吸いを使用

IMG_4424
IMG_4422
 料理酒に、榊の試作日本酒を使用。慌てまくって可愛い!

ひつまぶし
 以前、極星寮で創真歓迎会をやった際、「コメから作ったジュース」を榊が出してましたが
 更なる試作品を製造、デキが良いとは言えない酒となるも
 その弱点を長所に変える!

 焼き魚に近い、皮パリパリ脂たっぷりのうなぎ、コクあるリゾットを肝吸いで!

 しかも、ニンニクチップと山椒!
 アクセント!

 どう考えても、頭がおかしい調理! 本作らしい一皿だった!!

 一色先輩の本気は、やっぱりスゴかった!

創真陣営残り8名、十傑陣営残り5名!

IMG_4420
 ここで、久我ピーが震えてるのがカッコいいんだよ…!

絶対敗北の一戦 
 残る一人、葉山と一緒に繰り上がった十傑二軍も瞬殺され、続く3戦は「一席」登場必至に
 立ち上がったのが、一席・司と闘いたいといっていた
 久我先輩、男の決戦!

 勝てる気がしない、しかし絶対に勝って見せる! って決意!!

 震えてるクセに余裕綽々
 このシーン、今までで一番カッコ良かった!!

 久我先輩、敗戦確定か…。

収録

IMG_4419
IMG_4431
 215話扉絵いいよね…。後おまけで解凍されてて笑う

 週刊少年ジャンプコミックス「食戟のソーマ 25巻“落ちこぼれの生き方”」。
 原作:附田祐斗、作画:佐伯俊。集英社
 2017年7月(前巻2017年5月)。

収録
 第209話「落ちこぼれの生き方」
 第210話「東西の腐れ縁」
 第211話「絶対的裁定者」
 第212話「温故vs知新」
 第213話「可能性の器」
 第214話「強者たる所以」
 第215話「肉厚は正義」
 第216話「極星寮を背負って」
 第217話「1st BOUTを経て」 
 オマケ漫画

 カバー下、空きスペースにはオマケ完備。

アニメ「食戟のソーマ」感想 2015年7月~12月 連続2クール 公式ツイッター

 1品目「果てなき荒野」
 2品目「神の舌」
 3品目「その料理人は笑わない」
 4品目「極星のマリア」
 5品目「氷の女王と春の嵐」
 6品目「肉の侵略者」
 7品目「静かなる丼、雄弁な丼」
 8品目「発想と創造の協奏曲」
 9品目「山を彩る衣」
 10品目「至上のルセット」
 11品目「東から来た魔術師」
 12品目「ひと皿の記憶」
 13品目「夜明け前の卵たち」
 14品目「メタモルフォーゼ」
 15品目「「修羅」と呼ばれた男」
 16品目「万里を駆ける料理人」
 17品目「官能の唐揚げ」
 18品目「青春の唐揚げ」
 19品目「選ばれし者」
 20品目「龍は臥し、天へ昇る」
 21品目「未知なる既知」
 22品目「日常を越えるもの」
 23品目「華開く個の競演」
 24品目「戦士たちの宴(完)」


 食戟のソーマ 弐ノ皿 第1話「その箱に詰めるもの」
 食戟のソーマ 弐ノ皿 第2話「交錯する光と影」
 食戟のソーマ 弐ノ皿 第3話「『玉』の世代」
 食戟のソーマ 弐ノ皿 第4話「追跡者」
 食戟のソーマ 弐ノ皿 第5話「一口目の秘密」
 食戟のソーマ 弐ノ皿 第6話「朝はまた来る」
 食戟のソーマ 弐ノ皿 第7話「喰らいあう獣」
 食戟のソーマ 弐ノ皿 第8話「旬を巡る戦い」
 食戟のソーマ 弐ノ皿 第9話「秋を告げる刀」
 食戟のソーマ 弐ノ皿 第10話「新たなる『玉』」
 食戟のソーマ 弐ノ皿 第11話「スタジエール」
 食戟のソーマ 弐ノ皿 第12話「魔術師再び」
 食戟のソーマ 弐ノ皿 第13話 最終回「威風堂々」

食戟のソーマL’etoile -エトワール- 感想 原作:伊藤美智子、作画:昭時大紀

 食戟のソーマL’etoile -エトワール- 1巻
 食戟のソーマL’etoile -エトワール- 2巻 “伝統のレストラン”
 食戟のソーマL’etoile -エトワール- 3巻“フランスの菜園から”
 食戟のソーマL’etoile -エトワール- 4巻“出張料理人”
 食戟のソーマL’etoile -エトワール- 5巻“わけあり”の天使
 食戟のソーマL’etoile -エトワール- 6巻“小次郎の異変”
 食戟のソーマL’etoile -エトワール- 7巻“家出”
 食戟のソーマL’etoile -エトワール- 8巻【最終回】“星”


 食戟のソーマ 2巻
 食戟のソーマ 3巻
 食戟のソーマ 4巻
 食戟のソーマ 5巻
 食戟のソーマ 6巻
 食戟のソーマ 7巻
 食戟のソーマ 8巻
 食戟のソーマ 9巻
 食戟のソーマ 10巻
 食戟のソーマ 11巻
 食戟のソーマ 12巻
 食戟のソーマ 13巻
 食戟のソーマ 14巻 
 食戟のソーマ 15巻
 食戟のソーマ 16巻“囚われの女王”
 食戟のソーマ 17巻“見せしめ
 食戟のソーマ 18巻“反撃開始!!”
 食戟のソーマ 19巻“頂を目指す者”
 食戟のソーマ 20巻“凍っていた想い”
 食戟のソーマ 21巻“遠月列車は行く”
 食戟のソーマ 22巻“好敵手との再戦” 
 食戟のソーマ 23巻“荒野を拓く者”
 食戟のソーマ 24巻“ようこそ決戦の地へ”
 食戟のソーマ 25巻“落ちこぼれの生き方”
 食戟のソーマ 26巻“2nd BOUT”
 食戟のソーマ 27巻“3nd BOUT” ※十傑プロフィール掲載
 食戟のソーマ 28巻“一年坊主” ※4周年人気投票
 食戟のソーマ 29巻“終局戦”
 食戟のソーマ 30巻“二人の食戟”、連隊食戟最終戦・決着!
 食戟のソーマ 31巻 新生“遠月学園”
 食戟のソーマ 32巻“朝陽の実力”
 食戟のソーマ 33巻“真夜中の真価” 
 食戟のソーマ 34巻“交差する刃”
 食戟のソーマ 35巻“神の舌”の絶望
 食戟のソーマ 36巻【最終回】“食戟のソーマ”

※トップに戻る

PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
アニメランキング