アニメ サクラクエスト 第5話 感想 レビュー 考察 ユグドラシルの芽生え 画像 ネタバレあり 前回はこちら
彫刻”着工! 予算を募り、仕事と観光客を得始めた間山。奇麗に着地した!!

00167
00350
 完成図の荒唐無稽さに仰天しましたが、今度こそ、由乃が感動した部分を伝える事に成功
 同じく、感動し出資し、実地で見たいと思える人が少しでも集まり続ければ
 彫刻も増え、加速してゆくのでしょうね

 彫刻で作る「間山を支えるもの」、まさにユグドラシルだった!

人、集まるかなぁ…?
 あの形になるかはともかく、彫刻でいっぱいの待合室、って確かに観光名所になりそう
 変なアイデアが、「ありそう」な形に落ち着くのが面白いです

 一志の技術への憧れだけでなく、自分の道を探す辰男さんもカッコ良かった!

飛び込み営業! 着実に“社会人”のスキルを見につけていく由乃

00257
 ちゃんと運転免許持ってたり、可愛いし、能力面には問題ない由乃

はたらく国王さま!
 また今回、「売りたいもの」の知識が足りなかったと知り、取材に奔走した由乃
 第3話、間山の良いところを考え付かなかった頃から
 大きな成長に

 いわば彼女は、“間山”を売り込むセールスマン。社会人としての一歩って感じだった!

正直、ドヤ顔で「桜池ファミリア」とか言い出した時はどうなる事かと!

00156
 今週の由乃、かつてないドヤ顔だった!

あらすじ
 もう一度チャンスを! 間山彫刻に無知だと責められた由乃は、メンバーと共に「学習」に奔走
 自分達が、何を売りたいのかをちゃんと学び直した結果
 彫刻で、巨大建造物を作ろうと提案

 どこにそんなカネがあるー!

 思いっ切り怒られましたが
 歩くサンダルさんの協力、また由乃の励ましで早苗が復活

 彼女の提案で、資金調達を改善、駅を欄間で飾る現実的計画から出発となったのでした

 次回、第6話「田園のマスカレード」

会長『間山彫刻の新しい形を、ワシも考えたので見てくれィ!』

00000
 間山彫刻の「欄間」の、精緻な作りこみに感動した由乃は、これをアピールしようと奮起
 同じく感動した、ドクの先端技術と組み合わせられないかと
 早苗と共に奮闘します

 しかし煮詰まった末に生まれたのは、面白彫刻とハイテクの組み合わせで…

まずはこれ! 業界初! カツオブシの彫刻した“食べられる木彫り”じゃあ!』 

00001
00002
00003
00004
 私、これ以上はやめておく。やっぱり、“いい加減な気持ち”で関わっちゃいけないんだ…

それは魚彫なんじゃ
 会長、それ「量産が効かない」「単価が高い」って、問題点をクリアしてないッスよ!?
 とまれ由乃が悩んだのは、二人の言葉でした
 と

 その程度で、間山彫刻の何を伝えられる? 笑わせるな

 間山彫刻を売ろう!
 あたって、由乃たちは勉強しました

 しかし職人・一志に一喝、一蹴されてしまい、早苗は「いい加減だった」と降板

 では何が「いい加減」だったのでしょうか?

由乃『もう一度、チャンスをくださいっ!

00005
 「間山彫刻とは何か?」を調べ忘れていました、つまり彫刻自体に
ついて全くの無知
 だから、材質を問われて答えられなかったし
 怒られたのでしょう

 要は、「売りたいものが何なのか」知らず、売りどころが分からないと

真希『それはいいけど、自習と言われても

00006
00008
00010
00011
00013
 早苗ちゃん家にあったものより立派だ…、これはいつ彫られたものなんですか?

学ぼう間山!
 前回、「どうやって売れば?」を考えて、間山彫刻とは何なのか、が完全に抜け落ちていた由乃
 そのいい加減さを反省し、独自に調査を開始します
 と

 リフォームしたのが銀婚式の歳だったから、もう20年になるかしら?

 結婚25年目の節目ですね
 さっそく、会長の家に押しかけて「欄間」をパシャリ

 学んでくりゅ! と飛び出した由乃、「自習」に戸惑う真希、雑なツッコミが妙に可愛い

 この行動力が素晴らしい!

会長『よけーな事は言わんでええ! …ああゲンちゃん? お前ン家の欄間を見たいんじゃが。ああ、国王直々の視察じゃッ!』

00014
 朗らかに「銀婚式」とかいっちゃう奥さんと、照れてる会長が微笑ましい
 この奥さん、ホント旦那さんが好きなのね
 私はそう感じる!

 さて由乃、会長のツテで「欄間」写真を取りまくり行脚ですが…?

真希『今日は各自で自習だってさ? ご飯作るけど食べる?』

00015
00016
00017
00018
 逃げて間山まで来て、また逃げるんだ

図星に考えて
 欄間が見られる家はねぇがー! と由乃が奔走する中、「東京から逃げてきた」と図星を刺され
 すっかり、気落ちしてしまった早苗もお出かけに
 と

 いい、独りにしといて

 自分は要らない人間だった
 えっちゃんも、「一志さん」もクソ真面目すぎるのよ多分

 二人とも他人に必要とされてるのに、進んで孤独に向かおうとする、考えが煮詰まるタイプ

 早苗ちゃん、ふとももが眩しい!

しおり『借りる本間違えたよ~、難しすぎ~

00020
 一方、「彫刻の歴史」に突破口を求めたしおりちゃん、早くもダウン!
 彼女達は、“間山彫刻”を売りたいのです
 そこで「差別化」も大切

 他所とは違います! だから来て下さい!! みたいな?

世界の木彫り』『…それはちょっと怖すぎない?』

00023
00024
00025
00026
00027
00030
00031
00033
00035
00036
 それがいい/…何かちょっと高校の頃みたい♪

困った参ったでも楽しい
 二人とも可愛すぎる! 確かに、高校生が「テスト」に困ってる時のノリですね。懐かしいわ!!
 しかし、まさかの“喫茶店の絵”が突破口に?
 と

 ん? ………ん?

 前回も大写しに
 でも、ただの日常描写かと思ったら…?

 その木彫り、怖すぎない? と珍しくジト目なしおり、「そこがいい」と返す凛々子

 最後すっと視点の移る凛々子といい、ホント可愛い

辰男『一志さんも早ぅ支度せんと…』

00039
00037
00040
00041
 こんな時くらい

二人の弔い
 また、喪服に着替えた辰男は出かけようと促しますが、結局一志さんは、一緒に行かなかった
 或いは「この後」早々に帰ってしまった模様。
 と

 これが俺の弔い方だ…

 不器用な人
 確かに、独善的な怒りだったかもしれません

 しかし彼も「間山彫刻」に本当に必死で、面白彫刻みたいに紹介されそうになり、怒った

 あの時の彼は、すごく追い詰められてるように感じました

どうぢゃ? 少しは何かに役に立ちそうか?

00042
00043
00044
00046
00049
 はいっ! やっぱり実物をたくさん見ると、写真じゃ分からない迫力がありますっ!

ポンコツ高性能
 百聞は一見にしかず! またこの場面で、「由乃は免許持ってるんだ!」って思った人は多いはず
 この子は、決して“使えない子”じゃない
 でも

 第3話でTVインタに、前回「何の木か?」に答えられなかった性格が、問題なのか?

 貴社に入りたい
 間山を、また彫刻を宣伝したい

 なのに「その魅力」を、知らないまま、入社や宣伝をしようとしてしまったのが問題?

 今回、由乃自身に大きな転機を与えた気がします

『ひでちゃん、ごはんよーっ!』『はぁーいっ!』

00051
 一方、一人さ迷う早苗は、「彼女が欲しいもの」を垣間見て切なそう
 東京で「必要とされてなかった」、と逃げてしまった早苗
 言い換えれば、彼女は居場所が欲しい

 多分「会社」も「寮」も、早苗を必要としてますが、さて早苗の思いは……

『…早苗さん?』

00052
00055
00056
00058
00059
00060
00065
00068
 お通夜の帰りです。師匠の頃からのお得意さんが、急にお亡くなりになって

見ました/見られました
 次々と「家に帰る人々」、自分は居場所がないと悩む早苗、対比に感じて切ないですが…
 偶然、法事帰りの辰男さんが登場に
 と

 見たんですか!/え? ダメでした?

 とはブログの件
 ええ、それは見てはいけないのです…

 全世界に公開していても、「知人」には知られたくない、そんな人はいるのです!

 特に早苗は、キャラめっちゃ作ってるしなァッ!!!

私、始めて間山に来たのは、この駅からだったんですよね』

00069
 また、同じ「移住組」だった二人は、共通項に花が咲きます
 これから、この町で暮らすんだ!
 そう思った出発点

 駅ってのは、なかなかに思い出の塊ですよねー

『ブログには書いてなかったけど、私、独りでよくココに来て、こんな風にベンチに座って、ぼーっとしてたんです』

00073
00071
00074
00075
00077
00079
00080
 駅に来て、ここから伸びた線路が、東京とか色んな街につながってると思うと…

シンデレラの駅
 それが早苗の元気の源、“田舎”に夢を見てきたものの、仕事も人間関係も上手く行かなかった
 けど、ここにいると「他人」を感じられた
 と

 変ですよね、スマホやパソコンで、いつでも世界の誰かと繋がれるのに

 駅はアナクロです
 しかし、不思議と「繋がり」を感じる

 辰男も確かにそうだと、駅って良いなと共感する二人

 ただまあ、問題もあるがな!

『シンデレラみたい♪』『すね毛の生えた、シンデレラやな?』

00081
 ただ、本数の少なさと終列車の早さ、由乃も一話で愕然としてた!
 これは難点で、「職人の会合」で町に出たときは
 列車が少なくて往生したそうな

 慌ててコケて、靴が脱げたまま駆けた! 辰男さん良い人だわ

『おかえりー♪ 早苗ちゃんも食べるー? 山菜のかきあげピザトーストっ!』

00083
00085
00086
00087
00088
00089
00090
00092
00093
 こんな時間に、太らせる気かっ!

いつもの
 なにそれ美味しそう!? 由乃はいつも通り接しますが、「いつも通り」の早苗が見れたことに
 密かに、ホッとしてたのが何かいいですね
 が

 お風呂、真希さんが入ってるから次入っていいよー♪

 なお風呂パートなし!
 いや、問題はそこじゃなくてね!!

 早苗の落胆を知る由乃は、「いつも通りの早苗」にホッとしますが、当の早苗は…?

 ブログの中断、“現実逃避をやめた”って事なんでしょうか
 
そして「調査」は本格化! 辰男たちの工房だけでなく、様々な場所へ!!

00094
00096
00097
00098
00100
00101
00102
00104
00105
00108
00109
00110
00112
00113
00114
00115
00116
00119
00120
 ちょうど、ブログを閉じる早苗と、対になるような構図からスタート!

レッツスタディ!
 前回は、「チュパカブラ彫刻」の縁から、辰男&一志の工房だけに終始した由乃たちだったが
 博物館(?)、お寺、原料となる“木材”の加工場
 と

 器用な真希は自分でも挑戦し、好奇心の強い凛々子展覧会へ!

 古い時代からの七福神の彫像
 工具、のみの話など…

 前回で、「商業的な面」から学んだ一同は、これじゃ先がないとがっかりしました

 ですが今回、実際に見た彫刻は素晴らしかった!

『それではっ! ここに改めて「いかきぼ計画」のミーティングを再開したいと思いますっ!』

00121
00122
00123
00124
00126
00128
 早苗ちゃんは、まだ何か調子悪いって事だからお休み? それよりっ!

発表会!
 前回は、「仏師が集まって彫り始めた」としか知りませんでしたが、そも何故「欄間」を彫るように?
 仏師達も、需要に合わせ変化してきたのだ
 と

 その時代に合わせて、彫る物を変えて、生き残ってきたの

 仏だけじゃ食えない
 だから看板を、そして欄間を彫るようになった

 伝統といっても、「産業」として息づき、生きる為に変化を続けてきたんですね

 しかし現代は、“伝統”としてガチッと固定されちゃったと

由乃『だったら今は、日本家屋が減って“欄間の時代”が終わろうとしてるだけ?』

00129
 前回、早苗が感じ、「一志」「商会長」にダブル否定された路線は間違いじゃなかった
 ただ「次」が来ただけなんだよ!
 と

 でも、辰男や観光会長のように「次が見つからない」と焦ってる人もいる

真希『簡単に言うけど、その“次になにが来るか”ってのが一番の問題じゃない?』

00133
00134
00135
00136
00138
00139
00140
00141
00143
00146
00149
00154
00155
 そこで私のアイデア、彫刻で出来た大きな建物を作るっ!!

大きい事はいいことだ!
 欄間に続く「次の対象を提案する」、由乃の着眼は間違ってないが、提案は間違っていたッ!
 何と、彫刻で王宮を作ろうというのだ
 で

 名付けて、桜池ファミリアっ!

 少しずつ建造し
 その過程を、全世界へ公開する

 つまり、「製作」そのものを観光資源に、“サグラダファミリア”を真似ようというのだ!

 何てパーフェクト&オリジンな計画でしょうか!

由乃の提案、禁断の桜池ファミリア計画!

00150
 サグラダ・ファミリアとは、スペインで1882年に着工され、今なおも建築が続く
 未完成、完成してゆく光景そのものが注目を集め続ける
 世界的観光地

 これを真似、少しずつ作れば予算も人員も抑え、観光資源にもなるハズですよニャガニャガ!

由乃『まさに、一石三鳥ッ!

00156
 無論、「考えた結果がそれ?」と真希も、視聴者も呆れて頭を抱えますが
 きっと“自分も参加したい”という人が集まってきて
 技術継承になる!

 観光名所になれば、町全体が潤い、トリプルスリー達成に違いない、と

どこにそんなカネがあるー!

00157
00158
00159
00160
00161
00162
00163
 桜だふぁみりあは、ビバルディ~っちゅう、偉大な建築家の設計だったからこその成功じゃ!

ガルバルディ(α)
 しかしシルバーマンもビックリの計画は、「予算」「観光パワー不足」によって、大却下される事に
 あの成功は、“ガウディの設計”あってこそだ
 と

 お前が、安いビバルディ連れて来いッ!

 こんなの誰が見に来る!
 やりたいなら、「設計士」を連れて来いやツァー!!

 他所で成功していても、それを成功なさしめた、幾つもの条件全くのパワー不足

 足りてるのは、由乃の可愛さくらいだよ!

通販番組『それだけではないんです、この高枝伐りばさみ!』

00166
 ひとまず由乃がかつてないドヤ顔で提案した結果は残念ながら保留に
 ああ、素晴らしいドヤ顔でしたが…!
 早苗も停滞中

 デカ盛り! 一食で沢山取ったほうが、効率がいいと思ってるそうな早苗ちゃんらしい

早苗『ダメだ! これじゃ前と同じ!! せめて自分の仕事だけでも!』

00167
00172
00174
00175
00178
00180
00182
00183
00184
00185
00187
00189
 急に押しかけてすいません、早苗さんにコレ、見てもらおう思うて…

ストローの数ゥ!
 奮起した早苗に持ち込まれたのは、辰男なりの「新商品」、彫刻作りの靴でした
 なるほど、これなら彫刻の技術が…
 で

 この前のシンデレラの話から思いついたんです♪

 意外に繋がった!
 本作、そういうところにビックリですね!!

 ベルト以外ほぼ木製だと、履き心地に多少難はありそうですが、これなら確かに…

 買う人がいるかもって感じだ!

辰男『一志さん、怒らないかな…』

00190
 怒ってもかまへん!
 しかし、ここで辰男の本心も炸裂する事に
 彼も考えていた

 前回は、一志の凄さばかり口にしていた辰男さんですが…

『一志さんがいま彫ってる欄間、アレ、去年亡くなったウチの師匠が受けた仕事なんです…』

00193
00195
00196
00197
 けど、この前の通夜、今度は注文主が亡くなってしまってキャンセルや…

覚悟と仕事
 前回、「覚悟」を語った一志は、今まさに“稼げない仕事”を完遂している最中だった
 それでも為す、心中する覚悟があると
 でも

 意地張ってるだけや…、彫刻師は仕事なんや…、稼げんかったら意味あらへん

 とは辰男の談
 でも、彼も「続ける」

 それでも彼も彫刻に拘り、一志を尊敬するのは、彫刻が好きなんだなと感じます

 食える道が見つかれば良いのですが…

そして安心のサンダルさんである

00198
 今週はオカリナ、この人ってば、何でもやりますねえ
 チュパ回では、絵を描いていたことも 
 で

真希『どんなに良いものでも、作者が無名じゃ意味がない。有名かどうか、中身は二の次、世間なんてそんなもん』

00200
00201
00203
00207
00209
00210
00212
00213
00214
00216
 サンダルさん…、本名アレクサンドル・シーナ・デイビス・チェリビダッケ

何人!?
 居たよ有名人が! さっき凛々子が目を留めた絵を描いたのが、実は「サンダルさん」だった
 彼は、知る人ぞ知る放浪アーティストだったのだ!
 と

 何でそんな人が間山に?

 何ででしょうねえ
 また、今後も「どこかへ出て行く」可能性も示唆

 彼自身彫刻家でもあり、軽業師であり、在学時代“最後の作品が謎”という一節も

 ともかく、頼めそうなアーティストが!

これは頼まない手はないよ、将来、世界的アーティストになっちゃうかもっ!』

00217
 つまり今は世界的じゃない! オマケに逮捕されちゃったよ逮捕!!
 ああ、放浪者には厳しい社会じゃのう
 のうサンダルマン!

 でも彼なら、「いずれ広く有名になるかも」って話さ!

『サンダルさん、なにやらかして警察に?』『実は、指名手配中の世界的スパイ!

00220
00221
00224
00226
00227
00228
00229
 チュパカブラ王国の機密文章を巡る、激しき攻防!/そんな文章はない!!

HO-HO-HO!
 結局、由乃が警察まで追いかけてる間、まるで女子高生みたいに笑いあう3人
 すっかり打ち解けましたね
 でも

 今はそっとしておくのが一番だと思う、私もそういう時あるしね

 戻ってこない早苗
 真希の言葉に、彼女も今後こうなりそうな雰囲気も

 とまれ人見知り間山代表、凛々子がジョーク飛ばしてるんですから、変化を感じます

 これだけで、前に進んでる感がある!

一方、早苗は「工房」をそっと見学し…

00231
00234
00235
00236
00237
 独特の工作台、あそこにライトが付くのね

彫刻師二人
 伝統を今に生かそうとする辰男、頑なに守ろうとする一志、ただ一志の頑なさのポイントは
 亡き師匠、お客の為に完成させようとする気概
 完成後は気も変わるかも

 今はとにかく、「これ」を完成させることしか見えない、集中力を要する作業と性格!

 さて、早苗は何を思ったのでしょうか

由乃『サンダルさん、描いてくれたよ~っ!』

00239
00240
00241
00242
00243
00245
00247
00248
00249
 逮捕じゃなくて、ただのヒッチハイクだったみたい! ついでに交番でお茶も飲みたかったんだって

王宮新生
 あまりの理由に仰天ですが、描きあがった絵も、対するリアクションも仰天だった!
 スゴイのは分かった、確かにすごい!
 が

 イケるよ、絶対!

 どうやって「作る」の!?
 強度的に…、そも、これどうなってるの!?

 個人的にさっぱり分かりませんが、とにかく「これなら人が呼べるかも」と、計画始動!

 人が集まる描写が、絵にも組み込まれていますね

『商工会の会員名簿、まずはここからスポンサーを探そうっ』

00253
 ともかく「作るもの」は決まり、人が呼べそうとなれば、後は予算を募る事
 今回は、観光協会から予算を得るのではなく
 独自に集める事に

 予算集めから、こりゃ大仕事である

真希『私、テレアポのバイトやったことある』

00257
00258
00260
00262
00263
00264
00265
 意外と頑張るよな~、最初は逃げようとしてたくせに/そういえばそうだった!

ファイト!
 無論、ダイレクトメールや電話代はかかるが、「飛び込み営業」の由乃としおりを軸に再始動
 前向きすぎる由乃は、バカと言われるものの
 と

 すっかりくたびれてた元王子に、言われたくないですっ!

 この場合は褒め言葉
 悪い事は忘れ、現実感のない計画を「現実」に

 あれは無理、これは伝統が、動けなくなっている間山に必要な「バカ」の行動力!

 実際、皮肉ばかりの彼も…、

『ま、そんなバカな国王を見習って、くたびれた元王子も頑張るかぁ!

00267
 この人も、「観光協会じゃ食ってけない」とか、辞めた口なんでしょうか
 実際、賑わいが増していけば人手が必要になります
 その時、彼は…?

 いやバス運転手も観光地には必須ですけどね!

『よく頑張るよね~?』『今朝、高見沢さんにも言われた~』

00268
00269
00270
00275
00276
00278
00279
00283
 なにそれ、可愛い!? …あ、そうか。彫刻だって同じなんだ

元も行為も同じでも
 かくて一日頑張った国王、寮に戻り、「同じ木」から色んなものが作られるんだなと気付き
 ふと、着想を得ます
 と

 前に、早苗ちゃん言ってたよね? 自分の代わりなんて幾らでも居るって

 同じ事だと
 木から、彫刻を作る

 その原料も、行為も同じだけど、「完成品」は人によって違う

 由乃は言う、“代わりなんて幾らで居る”

だって私の国王の仕事も、本当は椿由乃、って女優さんがやるはずだったんだよ?』

00286
 自分にしか出来ない仕事なんてない、由乃自身、「代わり」で回ってきた仕事だ
 でも誰でも出来るから、「誰でも一緒」かは違う
 それはイコールじゃない

『どんな仕事だって、代わりはいても、結果はその人しか出せないことがある』

00288
00292
00293
00295
 だから早苗ちゃんの、東京の仕事でもそうだったんだよきっと!

連鎖する結果たち
 早苗は褒められた事がない、きっと、自分の仕事は無意味なものだったと考える
 確かに、「結果」への評価は人それぞれだ
 が

 色んな人の、その人らしさが影響しあって、また別の何かが生まれてくっていうか

 アニメ自体もそうかもですね
 同じ題材でも、作る人により大きく違う

 その評価は人それぞれ、しかし、その「結果」はまた誰かに影響を与えていく

 極端な話、失敗でさえ“教訓”として影響を残すし

あ゛ー! なんかうまく言えないけど!!

00298
00299
00301
00302
00304
00306
 でもきっと世界って、そういうのの集まりで出来てるんじゃないかって思う!

答え探し
 何となく感覚的に出てきた「答え」は、他人に伝える事が、とても難しいことです
 由乃も、全部は言葉になってないのでしょう
 が

 ありがとう

 早苗は、「代わりがいる」のがショックだった
 でも由乃は代わりから始まった

 二人とも、必要とされたい」って思ってるし、共通項がちらほらあるんだな、とも思いました

 出資者からの電話、由乃は社会人としても成長中ですが…?

早苗『なかなか良い案じゃない?』

00309
 アグレッシブでバカげた着想、すごく由乃らしい
 でも、実現するにはちょっと厳しいわね?


 かくて戻ってきた早苗ちゃん、いきなり辛口評価である

『でもIT大臣の私が、いくつか現実的なプランを持ってきたんだけど…、見る?』

00310
00312
00313
00314
00316
00320
00321
00323
00324
00325
00326
00330
00331
 群集という意味の「クラウド」と、資金調達ファンディングをあわせた造語

ランドマーク改造
 しかし地元企業への依頼に加え、クラウドファンディングによる資金調達、また建築場所も変更
 町の顔である、駅を舞台にしようと提案する
 と

 物語の生まれる場所、その物語を、彫刻で彩るのよっ!

 早苗ちゃんの趣味過ぎる!
 しかし、交通面の改善は大きな改良ですよね

 王国は駅から遠くバスも少ない、「行き易い場所」じゃないと、最初から来てくれない

 まー、駅自体ド田舎だけどね!

システィーナ礼拝堂みたいに、駅の待合室の中を、欄間彫刻で一杯にしていくの!』

00334
 また、「駅を改造するなんて無理」というツッコミに、前提自体が大きく変わった
 絵の再現でなく、待合室に欄間を設置するという
 現実的プランに変更

 これを出発点に、「いずれ」駅自体を改造する日がくればと

早苗『最初にはめ込む一枚に、ちょうど心当たりがある…』

00336
00337
00339
00340
00341
00343
00346
00347
00348
 逃げてきたその先で、やっと私の覚悟を見つけたんです!

100年先の為に
 一志が死蔵するつもりだった「欄間」を譲って欲しい、自分達の計画は、広く間山彫刻を知らせ
 今後も欄間を作りつつ、収入を得る道だった
 と

 私の…、いえ私達の覚悟に付きあって下さい!

 この先100年残す為に
 収入、広く知られ、後継者も増えるかもしれない

 特に由乃は率先し、150年から200年の、貴重なケヤキを使ったものとも看破

 一丸となって、一志の説得にあたり…?

『これで完成じゃ!』『いえ、これは始まりです!!

00350
00351
00352
00353
00354
00356
00357
00362
00364
00366
00369
00370
00372
00374
00376
00377
 悪くない…/…初めて褒められたかも/最大の賛辞や!

桜池ファミリア
 一志も、今度は「間山彫刻」が広く知られる機会を得られたと、「最大の賛辞」を不器用に返し
 今、100年先の完成を目指す計画が始動した 
 また

 そこはそれ…、子供や孫が、喜んでくれれば良いんだよね?

 定住まったなし!
 由乃、「一年計画」って忘れてるぞ多分!!

 まずは欄間という事で、大きな衝突もなく、また「埋め尽くす」のも簡単な話じゃありません

 待合室だけで、一志さんの生涯をかける事になるのでしょうね 

2017年5月4日 サクラクエスト 第5話「ユグドラシルの芽生え」

00112
00114
 どうなる事かと思った「絵」から、現実的な着地へ! 

スタッフ
 脚本:横谷昌宏
 コンテ:室井ふみえ
 演出:太田知章
 作画監督:横山沙弓
 総作画監督:関口可奈味

あらすじ
 悲しんでいるわけにはいかないと、国王たちは彫刻の歴史を勉強しました。勉強した結果、国王は彫刻を使った巨大建造物を作るのはどうかと思いつきました。たくさんのお金を集めるために、とある画家に建造物の絵を描いてもらうようにお願いしました。国王は落ち込んでいたIT大臣を励まして、再び仲間になってもらいました。元気になったIT大臣が、国王の思いつきを良い感じに修正することになりました。駅を彫刻で立派な建造物にすることになって、怒っていた人たちも協力してくれることになりました。駅は町の玄関です。電車に飛びのっても、そんなに簡単に靴は脱げません。

次回、間山にもご当地ヒーローがいた!

00384
00387
00389
00390
 その名はチュパカブラ! おっぱいがないし映像が古いので、昔のものですね
 これを元に、「ご当地ヒーロー」作戦でしょうか?
 超人ネイガー的な

 となると、真希&凛々子の出番ですが…?

凛々子回といえば、今回「絵」に目をやるシーンが可愛かった!

00033
 ここ最近、しおりちゃんが完全に保護者状態、この場面がめっちゃ可愛かった!
 しかしだ、「保護者」を強調した本当の意味は
 独り立ちの前振り!

 次回、真希さん相手に人見知りパワー全開になるぜ! たぶん!!

次回予告『こんにちは、アルク・サンダルです。趣味は、庭いじりです』

00198
00217
00220
00213
 アレクサンドル・シーナ・デイビス・チェリビダッケ、歩くサンダル! お、おにぎりが食べたいんだな

ユグドラシルの芽生え
 世界樹、世界を支える伝説の樹になぞらえ、間山という町を支える「木」の芽生えに
 サブタイの意味に、なるほどって感じだった!
 マスカレードは「仮面舞踏会」

 正直、サンダルさんの絵の実現は色々無理だと思うけど、共同出資で欄間を作る計画に着地

 これなら地元も金を出すし
 皆で出し合えば、な…、なんとかなるんじゃないでしょうか!

 前回の彫刻になかった、間山彫刻の素晴らしさ、「まず第一歩」ってエピソードだった!

 次回、第6話「田園のマスカレード」

アニメ サクラクエスト 感想 2017年4月 公式ツイッター

 サクラクエスト 第1話「魔の山へ」
 サクラクエスト 第2話「集いし五人の勇者たち」
 サクラクエスト 第3話「マンドレイクの叫び」
 サクラクエスト 第4話「孤高のアルケミスト」
 サクラクエスト 第5話「ユグドラシルの芽生え」
 サクラクエスト 第6話「田園のマスカレード」
 サクラクエスト 第7話「煉獄の館」
 サクラクエスト 第8話「妖精のレシピ」
 サクラクエスト 第9話「淑女の天秤」
 サクラクエスト 第10話「ドラゴンの逆鱗」
 サクラクエスト 第11話「忘却のレクイエム」
 サクラクエスト 第12話「夜明けのギルド」
 サクラクエスト 第13話「マリオネットの饗宴」
 サクラクエスト 第14話「国王の断罪」 ※主題歌変更
 サクラクエスト 第15話「国王の帰還」
 サクラクエスト 第16話「湖上のアルルカン」
 サクラクエスト 第17話「スフィンクスの戯れ」
 サクラクエスト 第18話「ミネルヴァの盃」
 サクラクエスト 第19話「霧のフォークロア」
 サクラクエスト 第20話「聖夜のフェニックス」
 サクラクエスト 第21話「氷の町のピクシー」
 サクラクエスト 第22話「新月のルミナリエ」
 サクラクエスト 第23話「雪解けのクリスタル」
 サクラクエスト 第24話「悠久のオベリスク」
 サクラクエスト 第25話「桜の王国【最終回】」

サクラクエスト外伝 織部凛々子の業務日報 感想

 サクラクエスト外伝 織部凛々子の業務日報 1巻“織部凛々子の華麗な日常”

 公式ノンクレジットOP前期配信
 公式ノンクレジットED前期配信
 公式 第2クールOPテーマ「Lupinus」配信
 公式 第2クールEDテーマ「Baby’s breath」配信
 PAオリジナル SHIROBAKO 感想
 PAオリジナル クロムクロ 感想

PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
アニメランキング