リトルウィッチアカデミア 第17話 感想 レビュー 考察 アマンダ・オニール・アンド・ホーリー・グレイル アニメ 画像 ネタバレあり 前回はこちら
紳士の決闘、ガンバの冒険! やりたい事と為すべき事、アンドリュー回は常に問う

00259
00407
 後始末を引き受けるアンドリュー! 政治家志望、“責任を取る側”なのが相変らず頼もしい
 対し今回、“実行役”として大立ち回りしてくれたアマンダ!
 アッコを軸に二人が動く回だった!

 未来の明るさは感じるも、現時点での“魔女の嫌われっぷり”も更に強調…!?

アマンダさんかっけー!
 そういや、ブルームーンの未来視に「暴動」らしき影もあったんでした。ガチの魔女裁判が近い?
 クロワは何のデータを取ったのか?

 決闘は美しく男性陣は頼もしく、ダイアナ実家の危機など「前振り」もたっぷりだった!

エヴァ副監督などで知られる、摩砂雪氏の絵コンテ回!

00305
 いやー、決闘シーンがマジ凄かった!

あらすじ
 またも輝くシャイニーロッド、次の言の葉は「古い歴史と伝統」と、学園史を手に アーシュラは言う
 暇してたアマンダは、“ブライトンベリーの聖杯伝説”に違いないといい
 アッコと、エイプルトン校へ潜入した

 アンドリューの学校で、即決魔女裁判に遭った二人だが、彼のとりなしで決闘に

 際し、クロワの仕掛けで“鎧”が動き出し
 激しい戦いになってしまう

 国防大臣ブラックウェル氏の恨みは買ったものの、二人は生徒たちと交流を深めたのだった

 次回、第18話

アマンダ『あーあ…、何か面白ェことねーかなー』

00004
 ポホヨラ実在の伝説では「世界樹の根っこの地」ともされる極寒の地の試練を越え
 アッコさんてば、最近はすっかり本の虫であるらしい
 あら、感心なのだわ!

 かわいい!
 
アマンダ『毎日、クッソ退屈だぜ! 規則に課題に罰当番!

00006
00007
00008
00009
00010
 ケッ! こんなつまんねー学校、すぐ辞めてやんぞーっ

アマンダ怒りの退学宣言
 いつやめるの? 今でしょ! ではなく「明日にでもやめてやんぞ!」と毎日息巻いてるアマンダ
 元より、ヤンキー気質な子ですものねえ
 で

 ってか、何してんだ? さっきからー…?

 言の葉調べ
 らしくなく、本を山と積むアッコさん

 さて挿絵も、今後の何かの前フリだったりするのでしょうか?

 二人とも、珍しく相棒コンビが不在な状況

アマンダ『言の葉かー、最近、そればっかだなー』

00011
 呆れ顔のアマンダ、自分と並ぶ自由人のアッコが本の虫だとか
 さぞや、不思議な光景なんじゃないでしょうか
 座り方に性格が出てる!

アッコ『言の葉を探していけば、きっとシャリオに会えるっ!』

00012
00014
00015
00016
00017
00018
 そしてシャイニィロッドは、あたしを言の葉に導いてくれるっ!

お仕事ですよアッコさん
 意気軒昂なアッコさん! 表情が対照的だと思ったら、またまた光った「ロッドの予兆」現象! 
 クラウソラスさん、最近ハリキってません!?
 で

 アーシュラ先生、シャイニィロッドが!

 学園史を元に
 何か資料を作ってるというアーシュラ

 早くも駆けつけたアッコに振り返り、いつもの美しい素顔が! ホント眼鏡の下の目が美人!

 今回、ロッテ達の出番がないのね!

『五つめの言の葉ねー、これは古い歴史や伝統に関係があるの』

00019
 何となくですが、アーシュラ先生の言い方が、妙にあっけらかんとして違和感…
 というか、「シャリオ口調」な気がしてちょっと笑えます
 先生、素が出てますよ!

『歴史に伝統?』

00020
00021
00022
00023
00024
00026
 アーシュラ先生! 頼んだ資料はいつになったら用意できるんですか!

キャベンディッシュ家
 しかしカリカリしたフィネランに叱られ中断、いわく、どうもダイアナの実家がたいへんらしい
 決して、へんたいではない
 で

 ブライトンベリーには“聖杯の伝説”があるとか…♪

 席をはずしたアーシュラ
 片手で謝り、ぱたぱたと外すのが微笑ましい

 彼女は「また後で」のつもりだったが、ここで得たりと笑ったのがアマンダである

 ホーリー・グレイル、すなわち聖杯!

『元々は、エイプルトンの伝統の儀式に使われてたんだとよ~?』

00027
 以前、校長のパパさん復活事件があった「ブライトンベリー」の街ですが
 どうも、アンドリューの通う学校エイプルトンも
 そこにあるらしい

 世間は案外、広いようで狭い

『(“エイプルトン”は、)1000年以上の歴史と伝統がある名門校ね?』

00028
00030
00031
00032
00034
00035
 ごめんね? 立ち聞きするつもりはなかったんだけど

歴史と伝統へ!
 しかしこの人が「偶然」立ち聞きするなんて、ありえなさそうなクロワ先生。ますます伝統!
 彼女は、言の葉の謎を解けばシャリオに近づける…
 かも、と

 これは行くっきゃねえな~♪

 このアマンダ
 今日、ずっと暇してたからノリノリである

 またクロワは、「言の葉」を知りながら、古代魔法は範疇の外だと白々しい事を……

 度胸のあるお人である

『気をつけて? エイプルトンは魔女嫌いで有名だから♪』

00037
 そしてサラッと危険なキーワードをブチ込むクロワ!
 いわく、「伝説の聖杯か…」
 と

 聖杯に興味か、“聖杯というデマ”を彼女がでっち上げたのか…?

『ふわぁ~、すげえな』『これが“伝統の名門校”って奴?』

00038
00040
00041
00042
00044
00045
00046
00047
00049
00050
00052
00053
00055
00056
 あたしが責任とって退学になりゃあいい/そういうジョーク、笑えない

男装の麗人
 割と本気な言葉を、本気にしない「良い子チャン」アッコに、ウゲッって顔するアマンダ(?)
 とまれ、変身魔法で男装の麗人へ!
 で

 何なんだよ~、この広さっ!

 無論アンドリューの姿も
 まあ言うても、“1600年”のルーナノヴァのが古いですが

 しかしこっちは、以降も順調に繁栄を続け「現代も広く支持を集める名門」な点が大きく違う!

 建物と敷地の広さが、予算の違いって感じですね

ブラックウェル『フン! “かの国”のサポーター共め…!』

00057
 一方、「国防大臣」だという偉いオッサンがぷりぷりしてますが
 舞台がイギリスなら、ドイツ相手にでしょうか?
 キックオフ、サッカーでの対決!

『サッカーでも政治でも、ぐうの音もでんほどかの国を叩き潰してやる事だ!』

00058
00059
00060
00062
00063
 ワシは常々、“我が首相は甘い”と考えておる! 何が話し合いだ!! 我が国に必要なのは…

「強い政治」だ!
 アンドリューの父「国務大臣」同様に、ブラックウェル国防大臣もまた、極めてマッチョ思考であり
 彼は理事長で、白っぽいのが息子であった
 と

 さぁっすが我が息子!

 この親子、息ピッタリ!
 首相は対話派、後に響くキーワードですね

 ともあれ「見ない顔だな?」と詰め寄られるアマンダ、理事長の息子だけに、相当に詳しいらしい

 対するアマンダ、度胸がすげえ!

『見ない顔だな? クラスは?』『さあ、忘れたなァ?』

00064
 彼はルイス・ブラックウェル、全校生徒に知られている、と自負する
 理事長の息子、なかなかイイ性格してます
 父親がアレじゃねー

 こんなの、アマンダにケンカしろって言ってるようなもの!

『僕を、ルイス・ブラックウェルと知っての物言いか!』

00066
00068
00069
00072
00073
00074
00076
00078
 そォうですか~、そりゃどうも失礼致しましたッ!

ネズミが喋った!
 昭和のケンカだ! アマンダ必殺のクビ締め攻撃、この流れはひっさびさに見たな! 好きだ!
 ルイスも、正直リアクション面白いぞ!
 で

 使い魔対策で駆除したハズが!

 魔女嫌いの名門校
 よって、「魔女の使い魔」ネズミは駆除対象だと

 呆れるアマンダというか、アッコも「バレちゃう」って、お前が一番アウトだよ!!

 アッコさん、ホント考えが足りない!

『ネズミは魔女の使い魔、手先だ、人を惑わし堕落させる魔女から、神聖なる我が校を護る為に敷地内から駆除している!』

00079
 これは「実際の話」ですが、14世紀、ネズミを媒介して流行した“ペスト”を連想しますね
 世界人口を、まるっと1億人ほど減らしたという悪魔の病気!
 4億5000万人くらいしか居なかった時代に!

 ああ何かこれ、ネズミを駆除したのが原因で悪い事が起こるフラグだコレ!

※魔女狩りで猫を殺し過ぎ、ペスト大流行という俗説(実際は異なる)。

『何つー学校だよ~』『…どうした? ルイス』

00080
00081
00082
00084
00085
00086
 これは、野に放てばキツネに狩られる、ただのネズミだ…、僕が外に出しておく

何か問題が?
 親方! 廊下の曲がり角から事態を察知したイケメンが! “大臣の息子”で同格の立場
 さすがのルイスも、フン!と言うほかなく…
 が

 で、何で魔女がここにいるんだ?

 全部知ってた!
 その上で、ひと芝居打つ度胸

 相変らず「政治家志望」に違わぬ腹芸で、しかも優しいというパーフェクトイケメン

 アッコの声だ、と気付いての行動でしょうか

アッコ『何で揉め事起こすのさ! 言の葉探しができなくなっちゃうじゃん!』

00087
 そう思うなら、なぜ人語で注意したんだアッコよ! と全視聴者がツッコむ名場面
 アッコさん、まず自分の行動を!
 とまれアマンダも考えが

 そも、言の葉探しなんて口実に過ぎなかった、と

『最後にひと暴れして、ルーナノヴァをやめてやる為さ~』

00088
00089
00091
00092
00093
 そんな自分勝手な!って、自分勝手大王アッコが言ってる!!

言の葉探し
 鬱屈がたまり溜まっていたアマンダ、奔放な彼女には、ルーナノヴァは狭すぎたんでしょうね
 また、アンドリューには「シャリオ探しの為だ」
 と

 キミは未だにその魔女を崇拝してるのか?

 また呆れられた…
 際して、「世界魔法」とは口にせず

 アンドリューがどんな反応するか気になりましたが、彼には「シャリオ探し」と伝わる事に

 良かったのか悪かったのか

『誰にも、望まれてもいないのに!』

00096
 そして迫力の一言! “貴族の名門”という恩恵を受け育った者として
 ちゃんと、期待に応え望まれる人間になる
 アンドリューの“責任”

 拠って立つ者が違う二人、反発しあうのも仕方ない!

『“あたしがそうしたいから”だよ! アンドリューはそうじゃないの?』

00097
00100
00101
00102
00105
00106
00107
00108
00109
00111
 やりたい事だけが人生じゃない、僕にはすべき事が決まっているだけだ

高貴さは(義務を)強制し…
 対し望まれなくても、失敗しても転んでも「自分で決めた事」だから、“夢が叶わなかった”としても…
 とは、今は考えないアッコ
 と

 叶うよ! 叶うまで諦めないっ!!

 叶わないかも
 いや、叶わないに決まっている

 そう足を止めるのが「普通」なら、叶うと信じ、諦めないと決めるのがアッコの流儀

 バカみたいでも、若さって躊躇わない事さ!

『…だからお願い、伝説の聖杯の事、何か知らない?』

00112
 そこでこう言って頼めてしまうのが、アッコさんの強みなんですよね
 いや、「そこがクズだ」と言う方もいらっしゃるでしょうが
 アンドリューは学校の生徒

 ここで「頼む」のは最短、潔くなくてもかっこ悪くても、目的に素直なアッコさん

『知っていたとしても、キミに言う義務はない』

00114
00116
00117
00118
00119
00121
00122
00123
00124
00125
00126
00127
00128
00131
00132
 トラブルメーカーに騒動のタネを与えるわけにはいかな…、い?

小さな捜査網
 対しアンドリューが冷たいのも当然、でも「アッコが飛び出す」まで予想できなかったのは不味い!
 アン君も、まだまだ修行が足りんのう!
 ガハハ!

 あれは…、何だろう?

 見つかれば駆除!
 そんな危険を、知ってか忘れてか!!

 アッコの行動力に、ネズミの隠密性と機動力、まさに鬼と金棒のマッチングであったが…

 さて、“クロワ先生の狙い”は?

『これは…、伝説の聖杯!? これでっ!』

00133
 いまだに「キューブ」がクロワの術と知らず、アッコは堂々安置されたそれを聖杯と認識
 アッコらしい安直さはともかくとして
 さて何が?

 聖杯に“キューブがとり憑いた”のか、ありもしない聖杯を偽造したのか?

ルイス『JUSTICE GOOD GAME! 幸運の女神は、僕の味方なのさ♪』

00135
00136
00137
00140
00141
 次は、僕に微笑んでくれよ~!

幸運の女神
 ルイスの語調にいちいち笑えますが、グッドゲーム!とは「いい試合だった!」みたいな意味
 ネトゲでは、略してGGとも
 で

 そう簡単には、振り向いてくれないぞ~♪

 幸運の女神の彫像
 これに触れ、願掛けしながらカードを楽しむ4人

 またジャスティスとは正義…、でなく、この場合「公正な」という意味なんでしょうか

 いやあ、公正な良いゲームだった!

アマンダ『なかなか、コスい事やってンな~?』

00142
00143
00147
00148
00150
00151
00152
00153
00155
 ブラフが見え透いてンだよ。イカサマはもっと上手くやンねーとな~?

怪異いかさま博覧亭
 ルイスのイカサマを見抜いたアマンダ、もっと上手くやれ、と続く辺り不良生徒の面目躍如!
 華麗なテクだが、それも「前振り」
 と

 おっ? やるか?

 正体見たりルーナの魔女!
 アマンダは、「ひと暴れ」すべくやってきたのだった!!

 最後にいけすかない貴族に一泡吹かせよう…、って辺り、実に不良っぽい!

 ヤンキー精神ここにあり!

『しまった…、レイライン・ルーター、アッコに貸したまんまだった…』

00157
 しかしアマンダ無双…、となるはずが、“魔力の源”を貸したまんま
 この不便さが、「使えない技術」とされている理由なんでしょうね
 確か電池もあったけど小容量でしょうし

『こいつは魔女だ! どおりで見ない顔のはず!!』

00159
00160
00162
00164
00166
00167
00168
00169
00170
00171
 ゥゲッ、バレてる! アマンダ…!

ファントム デッド オア アライブ
 かくて捕まったアマ…、って“クー・クラックス・クラン(黒人リンチ集団)”のパロディ! 殺される!?
 アッコも早々に、「生死問わず」の張り紙だらけに
 で

 エイプルトンに来た目的は? …まあ良い、ネズミを捕まえれば分かるだろう

 ネズミを捕まえる(物理)
 ルイス、小悪党ですがいちいち言動で笑わせに来る…

 ポスターを貼って回る際も、「曲がってるぞ!」と、気にしてる場合じゃない部分も

 この子、根は悪い子じゃないな…(確信)

アマンダ『(捕まるなよ…、アッコ…!)』

00172
 この期に、アッコの心配をするアマンダ
 ひどいことする気でしょう!
 エロ同人みたいに!

 なお

アッコ『アマンダー! 無事ー! とうっ!!』

00173
00174
00175
00176
00177
00178
 これより魔女裁判を行う!

魔女裁判
 アッコまさかの完全無策! ここまで無策といっそスッキリするのう! あっさり捕まった!!
 ご丁寧に、個別に簀巻きにするルイス!
 で

 当然判決は有罪で、拷問決定だ!

 話が早すぎる!
 いや、確かにそういうもんだけど!!

 ここで各種拷問が行われ、「自白」に至るのが定番なので、ある意味マイルドかもしれません

 ルイス・マイルド!

『『裁判でもなんでもねーじゃねーか!』』

00179
 いやごもっとも! この学校、拷問器具が揃い過ぎじゃないの!?
 特に中央は、有名な「鉄の処女<アイアン・メイデン>」
 中が釘だらけという拷問器具

 対象を閉じ込めると、全方位から釘で刺されるという器具だが、空想上の代物という説も

 広く実在するも“再現品”ばかりで、公的記録も皆無であるそうな。

ルイス『何だコレは? 魔女にはだーいじなモノかぁ…。壊すしかないな?』

00180
00182
00183
00184
00185
00186
00188
00190
00191
00192
00193
00194
00197
 何をしている! …そういう事か!! ルイス、君の主義思想に文句を言うつもりはない!

紳士として 
 素敵な発音で破壊決定するルイス、咄嗟にイスごと飛んでくれたアマンダの頼もしさ!
 ムッチャクチャやりおる! 
 で

 だが今の君を、とても紳士とは呼べない!

 稼いだ時間が正解に
 駆けつけ、察したアンドリューが「解決方法」を提案してくれる

 ここは紳士の学校、紳士が白黒付ける方法と言えば、やっぱりアレしかありませんよね!

 オーイ山田君、手袋もってきて!

『我が校では、互いの主張が譲れない場合、騎士の像に見守られながら、正々堂々決着をつける事が許されている! 創立以来続く伝統だ!』

00198
 なお現代日本では、「決闘罪」で罪となってしまうのでデュエリストの皆は気をつけよう!
 明治22年、議会誕生以前に生まれた法律であり
 以降、改正されてない法律である

 ちなみに現代も、主に「暴走族の摘発」に積極的に用いられているらしい

ルイス『…コイツが落ちたら、合図だ』

00199
00200
00201
00203
00205
00206
00208
00209
00210
00211
00213
00215
00216
00217
00218
00221
00223
00225
00226
00228
00230
 あっぶねえ! 何しやがんだ、落ちたら合図だろ!/魔女ごときに、正攻法は無用ッ!!

デュエル!
 聖杯が反応した為、「言の葉の体験」と感じたアッコにより、アマンダが代わって戦う事に…
 いきなり奇襲をかけてくるルイス!
 が

 落ちろッ!

 避けるアマンダ
 さすが、ルイスも「教育」されているだけはある!

 重い剣を片腕で振り回し、見た目に似合わず、かなりの腕力と技量なのは明らか!

 対抗できてるアマンダどういう事!?

ルイス『どうした? お得意の魔法で使ってみたらどうだ!』

00231
00232
00233
00235
00236
00238
00239
00240
00242
00243
00244
00248
00250
00251
00254
00256
00259
00260
00261
00262
 魔女が魔法を使わないなら凡人以下だ!

夕焼けの決闘
 南米発祥のダンスの格闘技、カポエラまで取り入れた連続攻撃! ダンス好きなアマンダらしい!
 足技以降は、完全にアマンダのペースだった!
 で

 勝負あり…、だな?

 やだイケメン!
 髪を下ろすと、いつもとほぼ同じなのね

 どことなく男顔な気もしますが、単に、男装するだけの魔術だったんでしょうか

 やだ夕陽の決闘とか、男らしい…

くそ…、魔女なんかに! …渡すか ァ!!

00264
 しかし、見苦しくも聖杯を叩き割ったルイスの手によって
 クロワの魔法が発動に
 と

 やはり「物品に宿る」タイプの術だったのか?

アマンダ『おいおい…、これが言の葉の魔法って奴なのかよ!

00265
00266
00267
00268
00269
00272
00274
00275
00277
00279
00282
00283
00284
00286
00287
00288
00291
00292
00293
00295
00297
00298
00300
00301
00305
00306
00309
00311
00312
00314
00315
00316
00318
00320
00321
00322
00324
00328
00329
00330
00331
00335
00337
00338
00340
 違う…、こんなの言の葉じゃない!

助けてくれ!
 キューブがとり憑いた鎧は、肉体としてルイスを取り込み、桁違いのパワーで大暴れに!
 この猛攻、むしろ橋がよく持ったな!
 で

 あちゃー…、あ、ね、狙い通り!

 アッコの機転!
 落ちた、もう一個の像から生徒を救う場面も

 剣が落っこちた場所で、変に笑いを誘うまでがワンセット!

 リビングアーマーさんかっけー!

アッコ『アンドリュー、これをアマンダに!』

00342
 この事態で、きっちり見せ場が回ってきたアンドリュー選手!
 流行はフットボールなのに
 ベースボールも!

 ホント、彼は何でもこなしますね!

アマンダ『サンキュー! これさえあればッ!!』

00343
00344
00346
00347
00348
00350
00351
00354
00355
00356
00357
00358
00359
00362
00366
00368
00370
00372
00374
00375
00377
00378
00379
 あんなのが、言の葉なワケないよー、あれは大昔、聖杯に封印された悪魔とかそんなんだよ

聖杯の風評被害
 アマンダさん、剣と杖を合体させる魔法剣とか、一体どういう経緯で学んだの!?
 完全に別のアニメだった!
 が

 それより…、これってマズいんじゃ……

 完全に大惨事
 また意外に、「ありがとう」というルイスも

 さっき鎧に乗っ取られた時、本気で怖かったんでしょうね。

 キューブの狙いも、果たして何だったのでしょうか

ブラックウェル『どういう事だ、これは!』

00380
 この事態に、案外ショックを受けていたのはルイスも同様
 彼を溺愛する父が怒鳴り込んでくるも…
 と

アンドリュー『それは違います、…確かに彼女は無断で我が校に入ってきました』

00381
00382
00383
00384
00385
00386
00387
00388
00390
00392
00393
 チュウ、チュウ!って、もっともらしく頷くなアッコさん!

決闘の末
 ここで生徒は一様に、決闘でアマンダが勝利した事や、ルイスによる突発的な事態に際して
 彼女らが、必死に戦ったことも理解してくれた
 と

 魔女に洗脳でもされたのか!

 憤るブラックウェル卿
 正直、ここまで生徒らが味方なのは意外でした

 発端は発端は不法侵入、何より「変な事態は魔女のせい!」と決め付けるパターンかと

 思った以上に、魔女への偏見は弱いのかも

ルイス『違うんだよ父さん…気がついたらわけの分からない事になって…』

00394
00396
00397
00399
00400
00401
00402
00403
00404
00405
00406
00407
00409
 死ぬ所だった。彼女に救われたんだ…、僕が、悪かった!

大人と子供と
 今回、周囲の惨状に後悔し、深く感謝してくれたルイス、彼の謝罪とアンドリューの声援で
 アッコ達は、全てを任せて帰還する事に
 と 

 目的は果たしたはずだろう? …行け!

 深くは聞かない
 ただ、黙って引き受ける男アンドリュー

 アンドリューの紳士さが光る台詞だった! 「行け!」以上の言葉は、もういらない! 

 見守る生徒たちも、何だかんだで紳士なんですね

お前といると、退屈しねえな~♪

00411
00412
00414
00415
00416
 アマンダがいないとつまんないし、だからやめちゃダメだよ? まだまだ一緒に冒険しようよ~

こんな風にィ♪
 アン君もイケメンでしたが、「暴れてスッキリした」「退屈しない」と、今週のアマンダもホントイケメン
 ちきしょう、二人でイチャイチャしやがって!
 で

 ケース622、実験完了

 クロワの実験
 それは、「鎧」のデータを取る事にあった…?

 アッコとアマンダなら、戦っても生還できるだろうから、みたいな…?

 どこから、彼女の仕込みだったんでしょ

2017年4月30日 リトルウィッチアカデミア 第17話「アマンダ・オニール・アンド・ホーリー・グレイル」

00354
 ほうきレース回以来、久々の摩砂雪さん絵コンテ回! あー、面白かった!!

スタッフ
 脚本:佐藤裕/大塚雅彦
 絵コンテ:摩砂雪
 演出:金子祥之
 作画監督:石毛理恵/杉本ミッシェル/五十嵐海

あらすじ
 シャイニーロッドの導きにより、アッコは次の言の葉の手がかりを得る。今回の言の葉は古い知識や伝統に関係があるらしい。偶然それを聞いたアマンダはクラブで聞いた情報をアッコに吹き込んだ。それはブライトンベリーに伝わる聖杯伝説。1000年以上の歴史を持つエイプルトン校に隠されているという聖杯は、古くから伝わる伝統の儀式に使われているらしい。言の葉に関係があるとあおるアマンダと訝しむアッコだが、真偽を確かめるためエイプルトン校へ潜入する!

次回、「伝統」の言の葉とは、つまりダイアナに由来するもの…?

00355
































00358
 アマンダさんのヒーロー感すごすぎカッコよすぎ! ロボすげー!!

「魔女裁判」への前振り?
 冒頭、退屈だっていってたアマンダが、すっごい楽しそうに締めててキレイに面白かった!
 さて聖杯伝説、そも彼女が「クラブで聞いた」と仕入れてきましたが
 そこからクロワの仕込み…?

 また今回、コミカルな魔女裁判に笑いましたが、ブルームーンの映像にも暴動めいたものが

 色々、「ここでの事件」が効いてきそうな感じが…
 しっかし作画班大変!

 摩砂雪氏の絵コンテが、レース回に続き楽しい!って思ったし、作画班が頑張った!!

 次回、第18話


 リトルウィッチアカデミア 第1話「新たなるはじまり」
 リトルウィッチアカデミア 第2話「パピリオディア」
 リトルウィッチアカデミア 第3話「Don't stop me now」
 リトルウィッチアカデミア 第4話「ナイトフォール」
 リトルウィッチアカデミア 第5話「ルーナノヴァと白い龍」
 リトルウィッチアカデミア 第6話「ポラリスの泉」
 リトルウィッチアカデミア 第7話「オレンジサブマリナ―」
 リトルウィッチアカデミア 第8話「眠れる夢のスーシィ 」
 リトルウィッチアカデミア 第9話「ブライトンベリーアンデッド紀行」
 リトルウィッチアカデミア 第10話「蜂騒ぎ」
 リトルウィッチアカデミア 第11話「ブルームーン」
 リトルウィッチアカデミア 第12話「What you will」
 リトルウィッチアカデミア 第13話「サムハインの魔法」
 リトルウィッチアカデミア 第14話「ニューエイジマジック」
 リトルウィッチアカデミア 第15話「チャリオット・オブ・ファイア」
 リトルウィッチアカデミア 第16話「ポホヨラの試練」
 リトルウィッチアカデミア 第17話「アマンダ・オニール・アンド・ホーリー・グレイル」
 リトルウィッチアカデミア 第18話「空中大戦争スタンシップ」
 リトルウィッチアカデミア 第19話「キャベンディッシュ」
 リトルウィッチアカデミア 第20話「知性と感性」
 リトルウィッチアカデミア 第21話「ワガンディア」
 リトルウィッチアカデミア 第22話「シャリオとクロワ」
 リトルウィッチアカデミア 第23話「Yesterday」
 リトルウィッチアカデミア 第24話「アルクトゥルスへの道」
 リトルウィッチアカデミア 第25話「言の葉の樹【最終回】」

PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
アニメランキング