アニメ Re:CREATORS レクリエイターズ 第4話 感想 レビュー 考察 そのときは彼によろしく 画像 ネタバレあり 前回はこちら
メテオラが贈る創造主への感謝、世界の危機、魔法少女と騎士のささやかな交流!

00065
00195
 ありがとうゲームクリエイターの人…! 彼が、誠意を持って“世界”を作ってくれた事に。
 深く感謝し、胸を張るメテオラさんに、ちょっとホロッときました
 死んだ創造主さんに聞かせてやりてえなぁ…

 また軍服の姫君も、“誠意を以って”世界崩壊を企んでいる推察…?

飯を食ふ日々
 結局、「先」がどうだろうと腹は減る…、ってそれぞれに飯を食うのがまた良かったです
 性格を感じられますもの

 アリスさんの節約癖に、「困窮してる世界出身」って感じさせるのも面白いです

世界改変を謳い、現実世界崩壊を目論む姫君。そこに見える合理性

00155
 軍服陣営でも、メテオラ同様に気付いてる者はいるはず?

改変後
 今回、納得したのが「現実世界を滅ぼす」という姫の目的、改変への疑問が解けました
 だって世界改変しても、再改変されたら終わりじゃないですか?
 現実ある限り、物語は危険だと思います

 創造主が滅べば、もう改変する者は居なくなりますから、納得の動機だと感じました

 第2話の推測通り、物語世界は独立してるなら、滅んでも関係ないですしね。

現実世界を滅ぼす、という軍服姫の“誠意”

00143
 彼女は「物語」に対し、誠意を持っているとメテオラは感じた

刹那の為に
 軍服姫の創造主が「自殺少女」なら、3話ラスト通り、死に追い込んだ現代は憎むべき敵でしょう
 また、自殺少女が颯太同様、漫画やアニメが大好きなら
 それが「誠意」の源かもしれません

 軍服姫の創造主がアニメ好きなら、彼女の為にも、「物語世界」を幸せにしたい

 以上が動機にあるなら
 物語世界救済と、現実滅亡は合致しますし

 私は、自殺少女と颯太が、「ネット上だけの知り合いだったんじゃ?」って感じてます

最後の最後でインパクトを与えた、ロボアニメ主人公参戦!

00246
 鉄人28号系の重量級ロボ使いっぽいですね! ゼプツェンっぽい!

あらすじ
 自分の創造主が事故死していたメテオラは、自身のゲーム「追憶のアヴァルケン」をプレイし
 創造主が、自分の世界を深く愛していた事を知り
 彼の「愛した人々」の為に立ち上がる

 実は、“物語世界の住人が実在する”事が、世界に負荷をかけていると考えていたのだ

 軍服の姫君の創造主を探し始めるメテオラ達
 一方、姫陣営のアリステリアも、「自世界の改変」を試みて失敗した

 姫は更なる世界干渉を促し、まみかはアリスと打ち解け、あと巨大ロボが出現した

 次回、第5話「?」

『そこもとは、この土地に詳しいか? …荻窪という町に用がある。よければ教導願いたい』

00002
 前回冒頭で、早々に退いた女騎士とまみか視点から今回はスタート
 弥勒寺は第三勢力化、颯太達は“セレジアの設定改変”に挑戦し
 物語は、共有されねばならないと結論

 創造世界とて、筆ひとつで変わるほど簡単ではない、と。

『アリステリア、アリステリア・フェブラリィ…、私の名だ』

00003
00005
00006
00008
00009
00010
 私の名だ、優しい声に「自分の名前が好きなのかな?」ってちょっと感じます

NEW GAME!
 或いはまみかを安心させようとする、アリステリアの人物像を感じさせたかったのかなみたいな…
 二人で“アリステリアの原作者”を捜索へ
 と

 同じく“創造主”に会いに行ったメテオラは、衝撃的な事実を聞かされ…?

 今回から私服に
 EDは、第3話と4話の幕間劇だったのね!

 色気のない私服なのが、またメテオラらしくて可愛いです。

 ゲーム会社って人員がスゴい…

今回で、一名を除いた“被造物”の方々が顔見せに

00057
 今のところ、「軍服」側に3名、弥勒寺が第三勢力、そしてセレジアとメテオラと…
 まー、ヒゲ眼鏡の人が明らかに“単純じゃない”ので
 素直に同道するか気になりますね

 アレは後ろから撃つタイプだ! …って感じがする!!

『マジでか』『はい、“追憶のアヴァルケン”のプロデューサーさん、ゲームプランナーの方ね…』

00011
00012
00014
00015
00016
00017
00018
00020
00021
00022
 お亡くなりになってて…、…事故だったそうです。バイクの単独事故で

皇浦 綾乃
 驚愕した理由は故人、ただバイク事故だそうなので、例の“自殺少女”とは全く無関係のようです
 死んでいた創造主、その及ぼした影響は…
 と

 あ~、あたしまた余計な事しちゃいましたかねー!?

 まりねさん可愛い!
 どうも彼女、「皇浦 綾乃」というらしい

 ネカフェに行くメテオラ、会員証作りには、大抵は証明書が求められるはずなので

 メテオラの名前とカスりもしてないし!

まりね『何故か裏目に出ちゃうんですよねー! 私~!』

00023
 よかれと思って! あるある、この人の可愛さは何なの!
 鉄血でアトラも演じたcv金元さんボイス!
 で

 当のメテオラは、ネットカフェで…、と
 
『心配をかけた、謝ります。…もう一つ、謝罪したい。私は、あなた達に黙っていた事がある』

00024
00025
00026
00027
00028
00029
 私は、決めあぐねていた。セレジア、実はあなたと同じ、創造主に対し、複雑な感情があった

わたしのかみさま
 一日ネットカフェに詰めたメテオラは、翌日、自分は「ある事」を決めあぐねていた事を明かす
 決め手は「創造主が、どんな人物だった」のか
 と

 自らの世界に真摯でない者が、もしそのような人間が世界を創造していたのなら

 どんな性格でもいい
 ただ、健やかに育ってくれれば…、もとい。

 自分の創造物に対し、真摯であったか? その一点にメテオラは拘っていたと

 前回、羨ましそうでしたものね

『私の世界は、殺戮と、かりそめの希望だけが彩る“書き割りの虚しい世界”に堕してしまう…』

00030
 単に、殺し合いを楽しむだけで、それを「盛り上げる要素」程度にしか希望が存在しない
 バトルゲームとして、「戦う」こと以外は全てがおざなりな
 そんな世界だったらどうしよう
 と

※書き割りとは、「演劇の舞台」に使う背景画の事

『もしそうであれば、…もしそうであれば、私はこの世界に辿り着いた異邦人、漂流者として』

00032
00033
00034
00035
00037
00038
 最後の時間まで、この世界が滅びるさまを観測しようと、そう考えていた

世界的辻褄あわせ
 実はメテオラは、“現代世界が滅ぶ”と勘付き、創造主がいい加減な気持ちで自分らを創ったなら
 その事を隠し、傍観しようと決めていた
 と

 な、何を言っているのか、よく分からないんですけど…

 まったくだよ颯太君!
 つまり、世界は「つじつま」を合わせている

 元は絵、ゲームのドット絵、それが「人間」として出てきたのは、“この世界”の作用なんだと

 世界が、頑張って“辻褄あわせ”した結果なのだと

松原さん『要するにだ、“この世界にいないはずの人間”が何かしてるだけで、いちいちこの世界は、辻褄をあわせなきゃいけない…、そういう事だろう?』

00040
 彼女達が「この世界に居て、不思議じゃない存在」になるよう世界は辻褄あわせしてる
 しかし、その「辻褄あわせ」の負担で世界は悲鳴を上げている
 颯太たちは、いないはずの人間と喋ってる

 その矛盾一つとっても、「世界」は頭を抱えているのだ、と

メテオラ『そう、しかも私達は見ての通り、“この世界には存在しない、物理法則を無視した能力をそのまま持ち越して”いる』

00041
00042
00043
00044
 どこかで弾性係数は限界を迎え、法則を司る調和機構は、決定的な破綻をきたす

世界は絶えず耐えている
 前回、セレジアが変化しなかったように、各世界は「簡単には変わらない」強固な代物なのだ
 だから耐えてるが、いずれ“リセット”を起こすだろう
 と

 私はそれを仮に、“大崩潰”と呼んでいる…

 異なる物理法則の世界
 それが幾つもぶつかり、干渉しあっている状態

 負担が過ぎれば、“基幹世界もろとも全て”、つまり現実・創作を問わずリセットされる

 それが“ダイホーカイ”だと

なるほど、そこで思い出されるのが第2話の台詞

00164
 ゲーム会社に行きたがったメテオラは、飛ぶ事も出来るが、「物理法則を乱したくない」
 颯太、自転車を貸してくれとせがみました
 が

 魔法を使うほど、余計な「辻褄あわせ」が崩壊を加速させるんですね

同じく思い出される、復元されなかった窓ガラス

00166
 今回、メテオラ曰く「能力を使えてる時点で、辻褄あわせが間に合ってない」と発言
 世界は、“普通の人間”として彼女らを招こうとした
 だから能力も削がれるハズと

 復元魔法が使えなかったのは、それが「辻褄あわせ」で消された結果なんでしょうか?

 それが間に合わず、大半の能力が使える状態

要はアレだ、地球をパソコンに喩えたら「CPUが負荷で加熱してる状態」みたいな

00045
 人間が疲れるように、世界だって、負担を抱え続けて参っている状態
  危ない、世界が過労死しちゃう!
 みたいな

※当方なりの見解

セレジア『薄々は感じてたけど…、やっぱりそういう事だったのね!』

00046
 何? セレジアなのに物分りがいいって? 彼女は「主人公」なんですから
 こういう時、事態を理解するのは能力の一つですよ!
 ハハ、きっとそうさ!

 誰かが真相を明かしたとき理解する、それは主人公に必要な能力ッ!

メテオラ『あくまでこれは私の仮説、むやみに貴女を動揺させたくなかった』

00049
00050
00051
00053
00054
00055
00056
00057
 それで! それでメテオラさんは、結局どうしようと決めたんですか?

私は試した
 無論、知らなければ「最後の時」までは安らかにすごせるし、“世界を救うキャラ”セレジアは憤慨
 と共に「話したから良し!」 と分かり合う
 で

 私は昨日一晩かけて追憶のアヴァルケンをプレイした…、クリアまで

 このままでは、“全世界”は滅ぶ
 そこでどうする?

 メテさんは心の決着の為、自らプレイしたのだという

 ちょこんと持つのが可愛い…!

松原氏『マジで?!』

00058
 一晩で解いたの!? と仰天する面々ですが、以前セレジアの「原作」もパラパラと…
 とにかく、理解が速いのがメテオラ
 伊達に賢者じゃない!

 賢者モードじゃない!

セレジア『私には無理! 自分が出てる作品を見るなんて、絶対ごめんよ!

00059
00060
00061
00063
 自分の与り知らぬところで、戯画化された私を見るのは、どうにも面映いものだったけど…

とても
 メテオラの感想はとてもシンプルで、きっと「創造主」が聞いたら、一番喜ぶだろう言葉
 本当に、多くの「情報」を感じ取った上で言う
 と

 ゲームはとても面白かった! …それだけで充分

 珍しく紅潮するメテオラ
 自分の世界は、「見えないところ」まで作りこまれていた

 端々、たとえばキャラの言動から、人となりなどを感じる事さえできたのでしょうか?

 繊細に作りこまれていた、と

『私は多くの複製されたアヴァルケンの中で、永劫の輪廻を繰り返す…』

00066
 絵や物語、創造物は生きていると言う人がいます。それを見た人が「感じる」限り
 創造物は、その人の感じ方一つで多様な解釈が生まれ
 その人の一部になる

 たとえ大昔に描かれた絵であっても、今も「生きた作品だ」って言われるんですよね

『滅びに向かう世界を救う為に、永遠に…、そして私は考えた』

00065
00067
00068
00069
00070
00071

 そして私は考えた。その“永劫”を知った今、私は私の世界と役割を受け容れられるか?
 その世界を作った者を受け容れられるか?
 胸を張って言う

 私は、受け容れられる

 私の創造主が私に
 いや、私の世界に託したものは、私が信じるに値う価値があった

 それがただの遊興であったとしても、込めたモノは変わらない

 彼は確かに私の世界を愛していた
 そしてその世界を、外側から楽しむ者たちも、同じく愛していた

 ならば私は、彼の愛したものを護りたい


00073
00074
00075
00079
00080
00081
00082
 私の結論として、世界の衝突を防ぎ、世界をかくあるところへ戻す!

メテオラの宣誓
 彼が自分の世界を愛してくれた、「世界を楽しんでくれる者たち」も愛していた、ならば護りたい
 名も知らぬ「創造者」は、最高の感謝を得た
 と

 私が“アヴァルケン”で、滅び行く世界を繋ぎとめようとしたように

 亡くなった創造主に聞かせたい
 でも同時に、「亡くなっていて良かった」と思う

 だって本当に純粋に、“作品”だけに向き合い、そこから汲み取る事が出来たのですから

 その点で、セレジアは不幸でもあるのかも

セレジア『良かった…、おかえり、メテオラ』

00083
 ここでおかえり、と告げるセレジアも良かったですね。袂を別ちかけたのですから
 アンタは、間違いなくこっち側だ
 みたいな

 メテオラが“作品”に手をかける姿、聖書への宣誓と似た仕草に感じられました 

『(腹の音)…んぐ、失礼。寝食を忘れてプレイに没頭していた』

00084
00086
00087
00088
00089
00090
00091
00092
00094
00095
00096
00097
00098
00099
00100
00102
00103
00104
00105
00106
00107
00108
00109
00110
00112
 少し早いけど、夕食を希望したい/ピザでいいか?

始まりの晩餐
 空腹メテオラも可愛いし、続く松原氏の台詞も、彼の現実感を描いていて微笑ましいですね
 ホント、地に足の着いたヒトって感じ!
 で

 たとえ明日、世界が消えてなくなっても、とりあえず腹は減るよな?

 もちもちモッツァレラの語感!
 セレジアが、ワサビに懲りたという演出も

 ワサビを避け、おそるおそる穴子をパクついた彼女、目を丸くしたのが解りやすい!

 メテオラさん喰いすぎィ!

メテオラ『彼女の行動に、最適解を求めるならこれしかない

00113
 軍服の姫君の目的は、「大崩潰」を起こし、彼女自身の世界ごと無理心中する事
 状況的に、それ以外ないとメテオラは断言する
 世界改変は「建前」だと?

 いや両方が目的で、繋がってると考えるべきでしょうか?

松原氏『納得いかねェな~…、“動機”の設定が矛盾してねェか? それ?』

00114
00115
00116
00118
 良くも悪くも、創作のキャラクターとはわかりやすく誇張されているもの

余にも奇妙な誠実
 松原は自分も死ぬだろ矛盾してね?と、まりねは、「なら性格がおかしい子?」と仮定しましたが
 メテオラは、彼女も創造物だからと否定します
 と

 彼女の物腰や態度、それに口調には、奇妙な誠実さがあった

 創造物は誇張される
 メテオラの、クール食いしん坊キャラとか!

 だから、「一緒に滅ぼうぜ!」的な性格破綻キャラにしては、誠実すぎておかしいッスよと…

 まりねさんが親父キャラ過ぎる…ッ!

メテオラ『破壊の意思はハッキリしているが、動機がまるで掴めない』

00120
 まー、それは姫君の創造主が自殺に追い込まれたから、「現代」を恨んでいると解ります
 軍服の姫君は、自分の創造主「刹那」に対して誠実で
 ゆえに誠実さがある

 何より、「姫君の創造者」は、アニメや漫画が大好きだったんじゃないでしょうか

メテオラ『とはいえ、動機なしで破壊を目論むような、破滅主義者にも見えない』

00123
 また、彼女は「被造物に対し誠実」なので、世界改変もまたウソじゃないのでしょうね
 創造者に世界を変えさせ、各世界を平和にした後
 現代を、たぶん姫世界だけで滅ぼす

 そうすれば「再改変されない」ので、物語世界を守る事にもつながります

 改変後、再改変されたら水の泡ですから

メテオラ『軍服の姫君の真意はさておき、改めてあなた達にお願いしたい』

00125
00126
00127
00128
00129
 お前ら以外の被造物を、一人残らず探し出そうってワケだ

私は行動する
 かくて決意したメテオラは、セレジアの腕っ節と、また創造主の力が必要になると予想し
 協力を頼み、“被造物”を探す事を第一とする
 と

 今は後手に回らざるを得ない…

 存在が崩壊に近づけ
 また、「能力の行使」で崩壊を加速させる

 まずは彼らを探し出すことが、事態解決への第一歩ってワケね!

 颯太の言う主人公って…、メテオラ?

『重要なのは、この世界を正常に保つ為、矛盾をこれ以上大きくさせないこと』

00130
 そして衝突した世界を、もう一度切り離す事が肝要
 要は、この二つなんですね
 悪化を防ぐ事

 そして根治の為に“世界衝突状態”から、正常へ戻す事

『手がかりはある、私達全てをつなげているのは軍服の姫君。そして、彼女もまた被造物』

00133
00134
00135
00136
00137
00138
00139
 TRACES(形跡)は、creat:r…?

クリエイターを追え!
 手がかりは、颯太ですら知らない謎作品「軍服の姫君」の創造主にある、と結論するメテオラ
 探し出すのは容易ではない
 と

 彼女を創った者が…、この世界のどこかに居る

 彼女は現時点の「推測」
 認知度が召喚条件、という推測からも外れます

 彼女はどうやって現れたのか? 視聴者以上に情報が少ない颯太たちですが…?

 死んだ彼女が、“颯太と組んで生み出す予定だった作品”なのか…?

アリステリア『どういう事だ!』

00140
 一方、「姫君」陣営では、女騎士が自身の創造主を捕らえて「改変」を迫り
 前回の颯太たち同様、失敗していた
 と

 世界ってホント頑丈!

『全ての火事がこの男の仕業とするならば、世界を良きものに還すのも、この男なくしてありえない!』

00141
00142
00143
00145
00148
00153
 ウンターベルトの軍勢を駆逐し、もう一度五大都市を奪還せねばならないッ!

我が世一の無責任男
 自分の世界を、「娯楽」として地獄に形作った創造主を憎み、改変がままならなかった
 戻れぬことに焦るアリステリア・フェブラリィ
 と

 こんな場所で戯れている暇などない!

 弥勒寺と正反対ですね
 責任感が強く、創造主を「神」と位置付ける

 その責任感の強さ故に、“無責任に”残酷な世界を生んだ神に、恥じろと迫るアリステリア

 他人に、「正しい価値観」を迫るタイプ

『私はお前のような者に創造されたこと…、慙愧に耐えぬッ!』

00154
 やめて! 彼だって「物語を面白くする」為に必死なのよ! やめてあげて!?
 といいたいが、これは仕方ない…
 むしろマイルド!

 彼女は“救い”が用意されてる創造物だろうから…、マイルド!

『正義感を振りかざすのは良いがね? キミの倫理観はどうにも直線的だぞ』

00155
00156
00157
 もう少し楽しんでみたらどうだ? この世界を…、なかなかお目にかかれるものでもない

飲んだくれ男
 対し、姫陣営ブリッツ・トーカーは、柔軟で皮肉屋で、「娘にも言われたことがない」と飄々とする
 ああ何となく、娘さんって故人な感じがする…
 で

 だから…、この世界の常識を揺さぶって頂きたい

 自世界を改変したい
 そう願う女騎士に、「常識を揺さぶれ」と迫る姫君

 姫君に言わせれば、“創造改変”の条件は、現実世界を揺さぶる事なのだと

 メテオラの予想する“大崩潰”の条件ですが…

軍服の姫君『…だってキミは、世界を救うのだろう?』

00158
 果たして軍服姫は、無知な女騎士を「騙し、大崩潰へと誘導している」のか?
 それとも、「本当に改変条件」なのか?
 或いは両方なのか?

 私は「両方」だと思います

アリステリア『…もちろん。私は世界を救う』

00159
 私は認知度アップも、常識を揺さぶる事も、「どっちも改変条件」な気がします
 メテオラ曰く、姫君は創造物に誠意があるそうですし
 死んだ主も「漫画好き」だと思うので

 自分の創造主の愛したものを、裏切らない気がするのです

軍服の姫君『さて、世界を揺さぶる幾つかの方法だが…』

00161
00162
00163
00164
00165
00166
00168
 我が民草の想いを、邪魔だてさせるわけには行かぬ!

導かれし者たち
 姫は「方法は幾つもある」とした上で、メテオラたちを“自世界を救おうとしない者たち”と定義
 アリステリアに、彼女らと戦う事を依頼する
 と

 それは助かる。…しるべの灯りをともし、導くのが余の役割

 この世界
 つまり、「現代」を知らない創作世界は多い

 姫君はそうした者らに、「自世界を救う道標」を示すのが、自分の役だと嘯くのですが…?

 今週、妙に姫君の作画がかわいい!

『この世界の神々に翻弄される者共は、創作の数だけいるのだからな』

00169
 そして陰から見つめるまみか、彼女は、もう頭から信じられません
 さて、姫君はこの動きに気付いているんでしょうか?
 気付いてない気がするなァ!

 姫君って、深謀遠慮そうで抜けてるタイプっぽい気がする! 

まみか『あの~…、この前の、サンシャインで助けて貰ったお礼、ちゃんと言ってなかったなって』

00170
00172
00173
00174
00175
00178
 あ、アリステロスさん!/ご、ごめんなさい! アリストリスさん!/え、エクスマキナさんは…

機械仕掛けの神
 先日も、セレブリティさんと星空めておの名前を間違えたり、他人の名前を覚えるのが苦手なのか
 エクスマキナさん、ツッコミが悲しそう…!
 が

 わざとやっているの?

 いい加減にね!
 彼女達、拠点は廃工場なのでしょうか

 さらってきた創造主・高良田概さんはどうなったのか、二人はしばらく憩うことに

 あ、やっぱりスタイルが良いのね…

まみか『おなか、減ってませんか? こんなの買ってきたんですけど』

00179
00180
00181
00182
00183
00184
00185
00187
00189
00190
00191
00192
00193
00194
00195
00196
00197
00198
 でも、見かけたらちょっと嬉しくなって…、つい買ってきちゃった♪

二人の世界
 まみかの買ってきたカレーに、改めて、「自分達は創造物なのだな」というアルトアイゼンさん
 まみちゃんは、“嬉しくなる”んですね…
 と

 捨てるのか? 要らぬなら私が貰うぞ。…良く出来た袋だっ

 ビニル袋は捨てる
 ぎゅっと潰す、現代的感覚のまみか

 対しアルヴァアロンさんは、「何かに使える」と、すごく嬉しそうに畳んでしまいます。

 戦争続きで、物がない世界なんでしょうね

まみか『何だか、おばあちゃんみたい♪』

00199
 その感覚は、同じく「物がない時代」を生きてきた、“日本のお婆ちゃん”みたいで
 まみかは親しみ、アルビオンさんは困惑した模様
 でも、決して怒らないのね…

 むしろ「おばあちゃん」と呼ばれるのに憧れる、辛い社会って意味合いもあるのかも

『しまったー! お皿一枚しか買ってこなかったー!』『そこもとが先に食べろ。私は後で良い』

00200
00202
00203
00205
00206
00208
00210
00212
 えー? 一緒に食べるから美味しいんだよ? アリスちゃん♪

不思議の国のアリス
 同じく食事を譲る姿も、食べる順番を譲った以上に、「食べる事自体」を譲ってきた感じがします
 対し、平和まっただ中なまみかは…
 と

 バカもの! 私は子供ではないぞ!

 命名:アリスちゃん
 やだこの女騎士、かわいい…

 色んな意味で拒み、今にも「くっ殺せ!」とか、言いそうなアリスちゃんさん

 しかしマミちゃん、ぐいぐい来る!

まみか『はい、あーん♪』

00214
 結局、折衷案として「自分の手を添えて食べる」アリスちゃんさん
 この人、ホント頑固というか
 人が良いというか

 何だか、不思議なコンビが誕生しましたね

『うん、すっごく美味しい! やっぱり一緒に食べるからだよ♪』

00215
00216
00218
00219
00220
00222
00223
00225
00227
00229
 いつか皆で、こうやって楽しくカレーを食べられるようになるといいね♪

「皆」
 まみかの言葉に、彼女が、“セレジア”達とも分かり合おうと言っている事を理解するアリス
 しかし彼女は、頑として主義を譲らなかった
 と

 世界の救済こそ我が悲願、塞げる者ならば容赦せん

 暴力で平和を掴む
 その意味、覚悟をセレジアに教えられたまみか

 これまでの自分を省みてでしょうか、それ以上は、「自分の正しさ」を言い募らないまみか

 彼女も、やはり成長していますね

『松原さん? 僕です、スタジオアバンの中乃鐘です…』

00232
 一方、松原さんのところには、「アニメ制作」の人からお電話
 お仕事は脚本、シリーズ構成(ストーリー面での監督)担当
 いわゆるシナリオライターさん

 しどろもどろですが…

『お前の作品のキャラか? 誰が出たんだ? お前ンとこに出たのは、どの作品のどのキャラだ?』

00233
00235
00237
00238
00242
00243
00245
00246
00247
 わかるわー、その感じ! 俺もその厄介ごとに巻き込まれてんだ、現在進行形で

既に大惨事
 やだ松原さん頼れる、エロ作家と思って悪かった! そして食ってる! めっちゃ普通に食ってる!
 彼は、オリジナルアニメ「無限神機モノマギア」の主人公
 と

 僕の家で…、弁当食ってます

 あとロボも来ました
 鉄人28号、ひいてはゼプツェン系!

 愛機「ギガスマキナ」と共に現れた為、中乃鐘さんの地元へ行き、球場に待避させたとの事

 あーる時は正義の味方! あーる時は悪魔の手先っ!!

2017年4月29日 Re:CREATORS レクリエイターズ 第4話「そのときは彼によろしく」

00248
 If so, I want to protect what he loved、“もしそうなら、私は彼が愛したものを守りたい”

スタッフ
 脚本:広江礼威、中本宗応、あおきえい
 絵コンテ&演出:渡部周
 作画監督:丸岡功治、古矢好二
 制作協力:ウィルパレット社

あらすじ
 世界の法則から逸脱した能力を持つ「物語世界の住人」=被造物が現実に干渉し続けることで、現実世界の滅ぶ「大崩潰」が起きると仮説を立てるメテオラ。自身が登場するゲームを通じて、創造主が作品だけでなくゲームを遊ぶ人々も愛していると感じた彼女は、創造主が愛した人々を守るため「大崩潰」を阻止することを決意する。一方、軍服の姫君の側に付いた“緋色のアリステリア”の主人公であるアリステリア・フェブラリィは、自身の創造主を捕まえるのだが──

亡くなっていた創造主、メテオラの誓い! 次回、巨大ロボが嵐を呼ぶ?

00003














00060
 とても面白かった、珍しく紅潮したメテオラの楽しさと嬉しさ、ホント良かった…。

鹿屋瑠偉、登場!
 彼のcvは雨宮天さん、アルドノアのアセイラム役で、このすばの駄女神アックアさま!
 だからさ、一人称が僕の女の子なのかなーと思ったんですが
 フツーにボーイでした

 とまれ、軍服姫の動機が一気に見えてきて、あれこれ繋がって面白い!!

 予想が楽しいし
 それに、「創造主」に誓うメテオラが可愛かった!

 あんな風に被造物に、それも「とても面白かった」と賛美される、創造冥利に尽きるよきっと!

 次回、第5話「?」

Re:CREATORS レクリエイターズ 感想 2017年4月全22話 特番3回 公式ツイッター

 Re:CREATORS レクリエイターズ 第1話「素晴らしき航海」
 Re:CREATORS レクリエイターズ 第2話「ダイナマイトとクールガイ」
 Re:CREATORS レクリエイターズ 第3話「平凡にして非凡なる日常」
 Re:CREATORS レクリエイターズ 第4話「そのときは彼によろしく」
 Re:CREATORS レクリエイターズ 第5話「どこよりも冷たいこの水の底」
 Re:CREATORS レクリエイターズ 第6話「いのち短し恋せよ乙女」
 Re:CREATORS レクリエイターズ 第7話「世界の小さな終末」
 Re:CREATORS レクリエイターズ 第8話「わたしにできるすべてのこと」
 Re:CREATORS レクリエイターズ 第9話「花咲く乙女よ穴を掘れ」
 Re:CREATORS レクリエイターズ 第10話「動くな、死ね、甦れ!」
 Re:CREATORS レクリエイターズ 第11話「軒下のモンスター」
 Re:CREATORS レクリエイターズ 第12話「エンドロールには早すぎる」
 Re:CREATORS レクリエイターズ 第13話「いつものより道もどり道」
 Re:CREATORS レクリエイターズ 第14話「ぼくらが旅に出る理由」
 Re:CREATORS レクリエイターズ 第15話「さまよいの果て波は寄せる」
 Re:CREATORS レクリエイターズ 第2回特番「サマー特番 被造女子たちと過ごすひと時」
 Re:CREATORS レクリエイターズ 第16話「すばらしい日々」
 Re:CREATORS レクリエイターズ 第3回特番「続・サマー特番 夏だ!浴衣だ!!女子会だ!!!」
 Re:CREATORS レクリエイターズ 第17話「世界の屋根を撃つ雨のリズム」
 Re:CREATORS レクリエイターズ 第18話「すべて不完全な僕たちは」
 Re:CREATORS レクリエイターズ 第19話「やさしさに包まれたなら」
 Re:CREATORS レクリエイターズ 第20話「残響が消えるその前に」
 Re:CREATORS レクリエイターズ 第21話「世界は二人のために」
 Re:CREATORS レクリエイターズ 第22話「Re:CREATORS」【最終回】

 原案テキスト「レクリエイターズネイキッド」
 女オタクなスピンオフ漫画「Re:CREATORS わんもあ!」
 真鍳ちゃんスピンオフ漫画「築城院さんハシャギ過ぎ」
 同監督&制作スタジオ ALDNOAH ZERO -アルドノア・ゼロ- 感想
 ufotable Cafe 営業時間など http://www.ufotable.com/cafe/read/


PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
アニメランキング