漫画 アカメが斬る! 15巻 感想 レビュー 最終巻 ネタバレあり 画像 これまでの感想はこちらアニメ版の最終話 感想はこちら
多くはアニメ版同様の決着に。生還した者もあれば、ハッスルしていた者も

Aaa_002
Aaa_004s-
IMG_2709
IMG_2706
 カバー下では、それぞれの現代版イラストがオマケに! 特にボルスさん似合いすぎィ!!
 アニメ版全話視聴、漫画版はこれが初の購入となりましたが
 基本は、同様の結末に

 大きく異なるのはタツミとマインですが、えーと…、幸せそうで何よりです!!

続編制作!
 また、アカメも自身を癒す手段を探し、東方(日本)を目指すという希望を抱かせる決着でしたが
 作画担当を変えた、新シリーズで続投する模様

 アニメ版が先行しただけに、より力強く描かれた最終巻でした!

タツミは決戦で死亡、しかし“帝具素材の竜”に取りこまれ、竜としてイチャイチャ生き残る事に

IMG_2716
IMG_2717
 どうもマインが重傷を負う以前に、子作りセッ○ス済みだったとの事。張り切ってた(アカメ談)。

あらすじ
 皇帝用の“最初の帝具”、護国機神シコウテイザーを投入した帝国軍だが、タツミの執拗な攻撃に
 我を失った少年皇帝は、味方を巻き添えにし帝国軍を瓦解させてしまい
 シコウテイザーも討ち取られる

 唯一残ったエスデスは、100万相当の革命軍を圧倒するも、アカメに敗れ自害

 革命は成功し
 やがて、アカメは必要な暗殺を終えると海外へ旅立つ

 新国家の暗部を残さぬ為、「ナイトレイド」は、自ら歴史の闇に消える事となった。

 アカメは「村雨」に侵された身体の療法を求め、東方への船へと乗り込む(終)

『でも一つ言っておくと、最高の彼女はマインだから』『いいや、クロメだね!』

IMG_2731
IMG_2730
IMG_2734
IMG_2732
 残り少ない寿命ながら、クロメも生存。ウェイブと添い遂げる

至高を斬る
 護国機神シコウテイザー! 本来なら、大火力を誇るテイザーが「数」の反乱軍を掃討すればよく
 巨体の隙を、帝国軍、そしてエスデスが護る万全の構えで備えれば
 攻略できるはずがなかった

 敗因は、意図的に幼く育てられた皇帝の精神力、そしてタツミの頑張りだったと

 彼が皇帝を挑発したおかげで
 テイザーが帝国軍ごと攻撃、軍の潰走で「戦争」にならなくなったワケですから

 皇帝がちゃんと育っていれば…、って辺りが皮肉ですね。

残った敵はエスデス一人。しかし天候操作により、「軍」をも圧倒!

IMG_2726
IMG_2725
IMG_2723
IMG_2724
 村雨をへし折るシーン、カッコ良かった! それが敗因となるのですが…

軍vs個人
 帝国軍の崩壊に伴い、エスデスは独りで百万の軍と対峙、彼らが作った隙をかいくぐる戦いで
 アカメは、最終戦も「暗殺者」として戦う事に
 が

 やがて倒れたエスデスの心残りが、タツミだったのがやっぱり切ない。

 竜と化したタツミと戦うも
 だが美しい、思いは変わらん、私が殺す!とエスデス様ブレなかった!!

 アカメも村雨と、レオーネも同様で、「帝具との一体化」が最終巻の大きな要素でしたね

 レオーネはやっぱり、アニメ版と同様でしたが…

『コイツには莫大な懸賞金がかかっている、恨みを持つ奴も大勢だ。文字通り、二つとも山分けといかないか?

IMG_2721
IMG_2719
 大臣はいわゆる「凌遅刑」に

帝国の最期
 帝具に乗ったときは暴走してましたが、最期は毅然としていた皇帝、やっぱり物悲しかったです
 育て方が少し違えば、名君になっただろうなあ
 みたいな。

 大臣はレオーネに致命傷を与えるも、彼女によって革命軍の只中に落とされる事に

 恨みはらさでおくべきか
 そのまま、可能な限り延命しつつ、革命軍一人ひとりに全身を切られて死亡

 彼一人に整然と列を作り、ザックザックと……

アニメ版では生死不明だった「羅刹四鬼」最後の一人、ちゃっかり生き残った上に退職金までゲットする

img_17
IMG_2718
 アニメ版では、第19話で瓦礫に(ギャグっぽく)潰されて退場に

スズカ
 大臣直属部隊として終盤に登場、ドSのエスデスに対し、ドMというバッチコイな女
 最終巻では、最後にひょっこりと姿をあらわし
 ジョジョ4部みたいなノリで生還

 アカメの村雨に斬られ、呪いが回るのを防ぐ為、エスデスが自ら切り落とした右手

 エスデス当人は、自身を氷結し跡形もなく砕いて自害。
 が、彼女の一部が残る事に

 錬金術のおかげで腐らないのだとか。

アカメ『私は生き残った ならば生き続ける 生き続けねば 私には斬ることしか出来ないが… それで開ける道もある』

IMG_2720
IMG_2715
IMG_2712
IMG_2714
 帝国の外を見てみたい、平和になったら皆で行こう…(タツミ)
 
そして「ヒノワが征く!」へ
 クロメは原作版ではアカメと和解するも、長年の投薬により、やがて息を引き取ったらしい
 ウェイブは彼女に添い遂げ、また死んだランの帝具を併用した為
 生存するも、身体にダメージが残った

 レオーネは大臣を放り捨てた後、アニメ版同様に「戦勝」を楽しんだのち死亡

 ナジェンダは、養子を取るも生涯独身を貫き
 新国家にその身を捧げた

 アカメは、「殺し屋を革命軍が使った」事実を隠す意味もあり、日本をモチーフとした国へ渡海。

 2017年6月より、strelka氏が作画を担当する続編に登場予定

収録

IMG_2710

 忘れられてたおかげで、最高のポジをゲットしたとかいうラバック!

 ガンガンコミックスJOKER「アカメが斬る! 15巻 最終巻」。
 原作:タカヒロ、作画:田代哲也、月刊ガンガンJOKER連載、スクウェア・エニックス発行
 2017年2月発売

収録
 第73話「至高を斬る(前編)」
 第74話「至高を斬る(後編)」
 第75話「エスデスを斬る(前編)」
 第76話「エスデスを斬る(中編)」
 第77話「エスデスを斬る(後編)」
 第78話「アカメが斬る(最終話)」

 巻末オマケ、原作者&作画担当コメント、カバー下おまけあり。
 最終巻は、並みの単行本の倍近い厚さ!

 おつかれさまでした!

※トップに戻る

アカメが斬る! アニメ版感想(旧ブログ)

 第1話「闇を斬る」
 第2話「権力を斬る」
 第3話「蟠を斬る」
 第4話「帝具使いを斬る」
 第5話「夢物語を斬る」
 第6話「絶対正義を斬る」
 第7話「三匹を斬る -前編-」
 第8話「三匹を斬る -後編-」

 第9話「戦闘狂を斬る」
 第10話「誘惑を斬る」
 第11話「マッドサイエンティストを斬る」
 第12話「新入りを斬る」
 第13話「邪魔者を斬る」
 第14話「巨大危険種を斬る」
 第15話「教団を斬る」※主題歌を変更。
 第16話「人形を斬る」

 第17話「呪縛を斬る」
 第18話「鬼を斬る」
 第19話「因縁を斬る」
 第20話「修羅を斬る」
 第21話「絶望を斬る」
 第22話「妹を斬る」
 第23話「皇帝を斬る」
 最終話「アカメが斬る!」

 アカメが斬る! オープニング主題歌1「Skyreach」歌詞










 アカメが斬る! 15巻【最終回】
 ヒノワが征く! 1巻“アカメ漂着”ヒノワ出発!
 ヒノワが征く! 2巻“篭城戦”大将vs足軽!!
 ヒノワが征く! 3巻“ヨミヒメの出自”キョウコツ決着
 ヒノワが征く! 4巻“十辰星”花婿決定!!
 ヒノワが征く! 5巻“夢の終わり”ズオウ出陣!!

※過去感想記事の一覧へ

※トップに戻る


PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
アニメランキング