浅野りん 漫画 恋とごはんと虹色日和 感想 レビュー 画像 ネタバレあり これまでの感想はこちら
めっちゃニヤニヤする“歳の差カップル”料理漫画ッ! めっちゃニヤニヤするッ!!

Aaa_002
Aaa_004s-
IMG_2563
IMG_2558
 日頃、少年漫画を中心に活躍されている、浅野先生の「大人の恋愛」料理コミックを作者買い
 不器用なキャリアウーマンと、素直で、巨体で誤解されやすい年下の彼
 迷いやすい彼女と、真っ直ぐな彼がホント素敵!

 あとがきで、理想の年上/年下」とあり、なるほどと思いました。いや悪い意味じゃなくて

現在「であいもん」連載中
 とにかく二人とも素直で、トラブルもトラブルにならず、良い仲間に囲まれてホント楽しそう
 巨漢で、一口でロールキャベツ食べちゃうシーンが特に好き

 特にラストにかけて、バトンタッチで涙腺にきて、家族とのニアミスで笑い転げた! 楽しかった!

主人公、陽向明日美は32歳キャリアウーマン『私は今日 ピリ辛の出会いをした』

IMG_2565
IMG_2559
 一口で食べちゃうシーンに、ホント「かわいいなぁ」って思う

出会いは婚活
 本作、中心は料理なので、恋愛トラブルに関してはさほど大きな事はありません
 彼氏の雨宮くんが、ホントに真面目で素直で
 悪友二人がフォローしてくれて

 ドラマとかだとぶつかりあい、すれ違うのが主題になるし、そういうのと比べてホッとします

 逆に言えば、「こんな理想的な…」「高校生かッ!」ってなもんですけど
 料理がメインだからね!

 少し“めんどくさい”明日美さん、ホントかわいい

『そう思って、赤い服を手放した。本当は、すごく好きな服だったのに』

IMG_2561
IMG_2562
 自分が好きでも、周りがダメだという…、切ない。

赤い服
 陽向明日美32歳、とにかくテキパキしてて、周りを寄せ付けないところがあって…
 でも本当は、すごく臆病な彼女が救われていく姿が
 ホントにホッとします

 32歳で、雨宮君は25歳、7歳差

 年齢をネタにされますし
 恋してるから、好きだから「彼はこんなに良いヒトだ、だからもっと良いヒトが」と思っちゃう

 ふと、「好きだから」なんだなー、って感じて余計に切ない。

父『バカ! 20歳の誕生日から筑前煮なんだ!』

IMG_2557
 ご家族がホント素敵でねえ…。

20歳の筑前煮
 小さな頃、娘が「酒とさかな」に憧れる姿を見て、しっかり覚えていたお父さん。
 基本、こっちも無口で気難しそうなんですけど
 寄り添うお母さんも素敵な人で

 熟年離婚がどうたら、芸能人離婚やら、メディアが殺伐とする昨今

 ご家族も本当に素敵
 最近、肉じゃがや筑前煮は「家庭的」で、得意だというのは「あざとい」ってネタを時おり見ます

 でも沢山作るから美味しい、年齢によって味付けを変えていく…、とか

 本当に、「家庭の料理」なんだなって改めて思いました

そして、この弟さんである

IMG_2554
IMG_2556
 遅ェよ!

悪友達
 後半で登場した弟さんとか、序盤から笑ってフォローしてくれるシェアハウスの面々とか
 男性陣も、ノリが良い連中ばっかで楽しかった!
 こういう連中好きだね!

 一緒に居たら、楽しくなる連中だよね!

かぼちさんのかぼちゃサラダ

IMG_2555
 とってもクールな花木地さん!

執念のかぼちゃ
 日頃、社内でクールな先輩、かぼちさんの別の面を見る回もニヤニヤしましたねー。
 クールで合理的、だけど実は家庭菜園をやってて
 って「別の面」を知る回

 明日美さんが、「こうありたいなあ」って関係を見る回で、これまた「いいなあ」って思った!

 家庭菜園の為に、完全装備しちゃう明日美さんも可愛い!

突撃! 彼氏のおかあさん!!

IMG_2553
 ちょっとウルッときた!

バトンタッチ
 これまで、チラチラと見えてた「雨宮くんのお母さん」と、遭遇戦に突入!
 雑な人ってイメージでしたが、それも必要に迫られての事で
 幸せに食ってくれる子供たちに救われてて

 さあこれからは、あんたに任せるよ!ってバトンタッチが素敵だった!

 お母さん側の独白とか
 素直に、「2倍うまい!」って受け取ってくれた雨宮くんとか

 ホントなんか、いいなあって思った!

最終回は、明日美の家族に雨宮君が会いに行って…、「緊張しい」の本領発揮!

IMG_2552
IMG_2551
 次々と家族とニアミス!

いい子だねー
 久々に緊張でダメになっちゃう雨宮君とか、彼を守ろうと決意してた明日美さんとか!
 しかし知らず知らずに、「彼女の家族」と出会って行く雨宮君
 ニヤニヤした!

 特にラスボス、気難しそうなお父さんの語りは、胸にきました

 二人らしさも炸裂して、いい最終回だった!

収録

IMG_2550
 巻末あとがき、浅野先生のあとがき漫画ホント好き

 思い出食堂コミックス「恋とごはんと虹色日和」。
 浅野りん、初出「みんなの食卓5~12」、少年画報社発行。2017年2月発売

収録
 第1話「タンドリーチキン」
 第2話「じゃがいもと玉ねぎのお味噌汁」
 第3話「ロールキャベツ」
 第4話「筑前煮」
 第5話「牛丼」
 第6話「かぼちゃサラダ」
 第7話「あんかけチャーハン」
 第8話「ばくだんむすび(最終回)」

 なお先生は既婚者です。

※過去記事一覧ページ

※トップに戻る

浅野りん先生作品 感想










 京洛れぎおん 1巻
 京洛れぎおん 2巻
 京洛れぎおん 3巻
 京洛れぎおん4巻(記事なし).
 京洛れぎおん 5巻【最終回】
 恋とごはんと虹色日和
 懐かしファミコン物語 思い出ピコピコ アンソロジーコミック2
 マンガ酒 -漫画家とお酒の幸せな関係- アンソロジー

漫画 であいもん 感想 浅野りん













 であいもん 1巻“和と一果”
 であいもん 2巻“親と子供と運動会”
 であいもん 3巻“母” 羊羹千本飲ましますッ!
 であいもん 4巻“一果、雪の記憶”
 であいもん 5巻“和の一歩” 安心できてる場所やから
 であいもん 6巻“和の原点” 佳乃子との馴れ初め
 であいもん 7巻“ちゃんと和菓子も好きだから”
 であいもん 8巻“父の眼”一果の答え
 であいもん 9巻“和「企画」初挑戦!!”
 であいもん 10巻“一果新春”あの日の真実

※過去記事一覧ページ

※トップに戻る



PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
アニメランキング