鈴木 央 漫画 七つの大罪 25巻 感想 レビュー 画像 考察 ネタバレあり。これまでの感想はこちら 前巻はこちら
“正義”の為なら容赦なし! 三千年前追体験、四大聖天使vs十戒戦!!

Aaa_002
Aaa_004s-
IMG_3531
IMG_3530
 邪悪な魔神族根絶の為なら、人質もとるし、非戦闘員も皆殺しにする“四大天使”登場!
 伏線張りつつ、天使勢が悪人くさく描かれすぎているので
 彼らにも事情があるパターンか?

 前世が女神族だったエリザベス他、王道を外さない展開だわ!

なら父が「神」?
 明言はされてませんが、女神族王の娘と、魔神族王の息子の大恋愛だったワケかー
 何というロミオ&ジュリエット

 メリオダスの父同様、「女神王」が諸悪の根源っぽいですね?

四大天使>>>十戒! しかし十戒には、禁断の暴走解放モードが…!!

IMG_3524
 四大天使が二人倒れ、エリザベスが「十戒」二人を奇跡的に正気に戻す流れか…?

あらすじ
 メリオダスとこぶしを交え、自分らの三千年前の決断は正しかったかと疑いを持った十戒二人
 元初代妖精王グロキシニア、元初代妖精王ドロールは
 二人に「当時」を追体験させる

 聖戦、魔神族の侵攻を受けたブリタニアは、種の壁を越えた“光の聖痕”を結成
 
 しかし、魔神と同様“別世界から来た種”女神族は
 戦争とは別の目的も持っていた

 激突する四大天使と十戒、一方“十戒ゴウセル”は、女神族の転送ゲート潜入し…?

 彼らを襲う、三千年前の悲劇とは?

彼らが“十戒”となった訳。二人は、元妖精王&巨人王の試練を受ける事となる

IMG_3537
IMG_3536
 元妖精王、グロキシニアとの再会に泣いたゲラード。その理由は後ほど明らかに

“初代王”の試し
 キングもディアンヌも、ビックリするほど瞬殺されましたが、彼らは元・メリオダス同格ですものね
 今回、彼らの試練でパワーアップする事になる二人ですが
 彼らの力を受け継ぐのでしょうか?

 一足飛びに、「通常モードのメリオダス」「十戒」に伍する実力になるチャンス?

 もう、修行してどうにかなるレベル差じゃないし!

初代王二人の試練とは、「彼らの選択が正しかったか否か」を確かめる事

IMG_3535
 天使天使と思ってたけど、やっぱり天使だったか…!

リアルタイム三千年前
 試練とは、彼らがレジスタンスとして戦ってた頃を、彼らの身体で追体験すること
 当時、同じ状況に追い込まれた二人が
 どんな決断を下すか?

 また敵に戻る感じじゃないですし、このままディアンヌ達と一体化する流れでしょうか?

 果たしてどんな過酷な状況に?
 当時の彼らの強さに、仰天しまくるキングらが微笑ましいですね

 そりゃ、十戒と五分に渡り合ってた時代やもんなー

『この魔神は!?』『十戒、敬神のカルマディオスだ!

IMG_3534
IMG_3533
IMG_3532
 モブで“先代十戒”が出てきて瞬殺されるレベル

カルマディオス
 倒しても「すぐ戻ってくる」というカルマディオス、当時の十戒、倒されても本拠地復活してたのか
 しかし当時も、妖精王やメリオダスと一般兵の差が…!
 で

 逃げられない状況で、十戒と直接戦い、「初代王の力」を体感する二人

 彼らでも、真メリオダスには到底敵わないとは言え
 十戒倒せる強さだったのね

 ロウって人間、後の「王族」かと思ったらバンの前世っぽい?

妹が、兄の心配をするのがそんなにおかしいですか?

IMG_3529
 この後の戦いで、片目を失ったんですかね

王妹ゲラード
 初代王の妹が、その身分を語ることなく、時を越え歴代妖精王に尽くしてきたとか泣けます
 以前、非情な決断で「敵」描写があったのも納得ですね
 見てきた修羅場が違う!

 この時、兄と片目を失って、喪服のつもりで黒い服を身に着けてきたんでしょうか

 歴代の妹が天使説

“四大天使”は、魔神族との決着に「人質作戦」を用いる

IMG_3540
 デリエリの姉が死んだのは、この時の件か

非戦闘員たち
 以前、女神族の協定違反」に十戒デリエリが激怒、今回は、彼女の姉と非戦闘員が皆殺しに。
 この時の件を、彼女は怒ってたんですかね?
 魔神族も非戦闘員いるんだ…

 魔神族、普通に「そういう名前の種族」って感じになってきてますね

四大天使3人vs十戒5、6人? 序盤は「天使」優勢に動くも…

IMG_3528
IMG_3527
IMG_3526
IMG_3525
 現代で王弟デンゼルに宿り、十戒デリエリに怯え瞬殺された女神ネロバスタ。彼女も片思いか

十戒暴走形態
 過去編は長引かせまいし、四大天使が瞬殺されそう…! この後デリエリらはエリザベスが治癒?
 この世界は、元々人間たちなんかが住んでいて
 芳醇な魔力があった

 そこで魔神族が侵攻し、更に、「現地人の味方」を名乗って女神族が介入した?

 両者の戦争に、現地人が巻き込まれてる感じですね
 あくまで、私の印象ですが

 リュドシエルらは、魔神族を殲滅し、女神族を呼び込むゲートを進めてるみたいですが…?

 現代でも、女神族再侵攻がおきそうな雰囲気?

収録

IMG_3538
 完全にライジングインパクト(鈴木先生出世作)

 講談社コミックスマガジン「七つの大罪 25巻」。
 鈴木央。週刊少年マガジン連載、講談社発行。2017年3月(前巻2016年12月)

収録
 第198話「巨人と妖精」
 第199話「光なき者たち」
 第200話「聖戦の記憶」
 第201話「共闘する者たち」
 第202話「聖戦の役者たち」
 第203話「リュドシエルの計画」
 第204話「光あれ」
 第205話「<十戒>vs<四大天使>」
 第206話「野獣 吼える」
 巻末、カバー下などもオマケも充実。

 リュドシエルに惚れてるっぽい女神ネロバスタ、雰囲気がとてもエロかったですね(真顔)

※トップに戻る

七つの大罪 感想 鈴木央




 七つの大罪 14巻
 七つの大罪 15巻
 七つの大罪 16巻
 七つの大罪 17巻
 七つの大罪 18巻
 七つの大罪 19巻“太陽の主”。
 七つの大罪 20巻“伝承の者共”
 七つの大罪 21巻“その光は誰が為に”
 七つの大罪 22巻“暗黒のブリタニア”
 七つの大罪 23巻“<傲慢>VS「慈愛」”
 七つの大罪 24巻“残酷なる希望”
 七つの大罪 25巻“リアルタイムの3000年前”
 七つの大罪 26巻“二人のゴウセル”
 七つの大罪 27巻“七つの大罪の再会に”
 七つの大罪 28巻“旅の目的” エスカノール全開!
 七つの大罪 29巻“十戒壊滅”聖剣の力とは?
 七つの大罪 30巻“マーリンの正体”エリザベスvsメリオダス!
 七つの大罪 31巻“傲慢の正体”エクスカリバー発動!!
 七つの大罪 32巻“壊れる慈愛” 魔神族一覧表
 七つの大罪 33巻“エスタロッサの正体”聖戦終結の真実!
 七つの大罪 34巻“支配者の魔力”妖精王ハーレクイン新生!
 七つの大罪 35巻“いつか必ずお前を奪う”
 七つの大罪 36巻 “魔神王・覚醒”
 七つの大罪 37巻 “魔神王を倒したら”
 七つの大罪 38巻 “七つの大罪 七つ目の掟”
 七つの大罪 39巻 “太陽の極み”
 七つの大罪 40巻 “マーリンの目的”
 七つの大罪 外伝集1 罪実 “バンとエレイン、ディアンヌとキング・祭壇の王”
 七つの大罪 41巻【最終回】“そして11余年後へ”

※トップに戻る





 黙示録の四騎士 1巻 “パーシバルの旅立ち”

※トップに戻る

PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
アニメランキング