灼熱の卓球娘 第11話 感想 合宿 アニメ画像つき ネタバレ レビュー 前回はこちら
最終編は“弱点”克服! 卓球を通じ分かり合いたい! …だから試合したくなかったのかね?

00218
00060
 あがりさんに元レズ人が!? 第1話以前なら、負ける事を極端に恐れていた時期ってワケで…
 副音声付ライバル、クマミちゃん良いキャラしてるわ!
 未決着エンドっぽくて残念

 初期回は独りで悩んで潰れたあがりが、今度はで! 成長ってヤツだった!!

湯気で前が見えない!
 そりゃもう、くるりさんの防壁なみに厚い湯気だった!!
 なんでやねん!

 謎の「おっぱいタイム」に納得させられる合宿回! 次回、「私の!」って言いすぎィ!!

あがり『…はあッ!』

00001
 開幕かわいい!

あらすじ
 もず山との練習試合の戦訓、決定力不足、また「燕女学園」に引き抜かれたかつてのライバル
 月ノ輪 紅真深との再会が、あがりの心を激しく揺さぶり
 合宿での彼女を空回りさせる

 あがりが好きで、でも「もう戦いたくない」という友達、紅真深真意は分からない

 だが、ほくととハナビの助言
 決定力、スマッシュに長けたこよりと共に、あがりは更なる成長を目指す

 次回、第12話(最終話)

あがり『……夢か』

00000
00003
00004
00006
00007
00008
00009
 必ず“あの課題”を克服しないと…

夢見た真顔
 もず山との練習試合、あがりは「バックハンド」復活後は、ワンサイドでざくろを破った。
 が、散々防がれた事がトラウマに残る
 今は

 それが出来ないと全国には…、通用しない!

 合宿だ!
 ゴールデンウィークで合宿!!

 まだ第1話から、一ヶ月くらいしか過ぎてなかったとか、ちょいビックリだよ(多分)!!

 余念ない着替え作画…!

ムネムネ『みんなーっ! そろってるーーーっ?』

00011
 冒頭からたくさんの「すずめ」、からの部員たち! この多くがちょい前までランドセルだった
 まだ、新年度始まって一ヶ月目!
 びっくりだ!

 やっぱり夏に大会がある系」だと、時間経過が濃厚だわ!

『元気だなァ~、一年生は~』『まぁ…、向こうに着くまではね』
???『…こんなところにいやがって! 探したぞコンチキショー!』

00012
00013
00014
00016
00018
00019
00020
00021
00022
 語尾には、コンチキショーを付けて喋れコンチキショー!

副音声ヒロイン
 こりゃ、よっぽど「地獄の合宿」らしいな…、と“経験者”コンビを見ていると、二面性ある新キャラ!
 しかも私服!

 さがしたよ~、みんな~~♪

 いきなり新キャラ!
 この流れ、顧問の先生…!?

 かと思ったら、元・部員だったという話だコンチキショー!!

 あがりさん、ショック受ける事おおいな!

『ウヒョー! くまみんだァ!』『久しぶり、フリルパンツ』

00024
 パンツ扱いに動じないだと…!? ていうか「久しぶり」とか言ってたので
 ああ、元部員さんなのかと思った次第
 メチャ動揺してる!

『近くに用事があったから、寄ってみたんだ~♪』

00026
00027
00028
00032
 ムネムネ先輩は、相変らずパワフルおっぱいしてますね~♪

パワフルおっぱい!?
 毎度、ムネムネ先輩はオチ要員過ぎる! プレッシャーをかけまくる新キャラ・くまみこと
 月ノ輪紅真深…、ものっそいキラキラネームだった!
 が

 正確には…、雀ヶ原から出て行った、かしら!

 性格悪いのか…?
 と思いきや、「あがり以外」とは仲良さげ

 特にハナビは、腹芸なんて全く出来ませんし、「あがり以外」とは関係良好だったワケで…?

 と

『ひさしぶりだねェ~、あーちゃん♪』

00034
 動きが完全にホラーじゃねェか!
 何かが偏ってる子だ!

こより『(あーちゃん!?)』

00035
00037
00039
00040
00041
 さっそく一年に間違われるこより、名乗れたと安心しとる場合か!!

ガーリッ修羅場ー
 と思ったら、「やむにやまれぬ事情で去ったけど、心は今もあがり大好きな元恋人ポジ」だコレ!
 一瞬で、目のハイライトが消えちゃったよ!?
 で

 ねぇ…、あーちゃん、この子……。

 修羅場5秒前!
 やだ、次回最終話なのに面白そうな子が!!

 あがりさんは気付いてないのに、一方的に片思いしてるタイプだ!!

 また偏愛だ!

『くまみーん♪』

00043
 久しぶりに、頭のお団子くまくまさせてェ~~~~~♪
 って、ハナビさん空気読んで!?

『おい! 気安く触ンじゃねーぞ! クソがコンチキショーーーーーーーー!!』

00044
00047
00049
00052
00053
00054
00055
00056
00057
00058
 ウヒョー! 久しぶりに聞いたァ!! くまみんの腹話術ーーーー!

日本一!
 毒舌は「クマの助さん」が担当、お嬢様系の腹話術使い! 自称“ぺたんこおっぱい”さん!
 セルフツッコミとは、また芸達者な…
 可愛い!

 すご! ほんとにクマさんが喋ってるみたいー!!

 立て続けに褒める一同
 ドヤ顔で、クマさん引っ張るくまさん可愛い!!

 最初は「褒めてる」側に目が行きましたが、コレ、くまみさんも表情ぐんぐん変わってるのね!

 ホント、次回最終話とか惜しい!

『て…、照れるじゃねーか、こんちきしょーっ!』

00059
 腹話術を忘れるとか、くまちゃん可愛いな! 今回の彼女で一番かわいいな!
 なんだ、コイツ良い奴じゃないか!

 が

あがり『で…、何しに来たの? まさか、腹話術みせに来ただけじゃないでしょう?』

00060
 ホントにそうだったらどうしよう!

『それだけだよ~? でも…、強いて言えば…、あーちゃんに会いたかったから…、かな…っ』

00061
00063
00064
00065
00066
00068
00071
00073
 ふ、ふへへっ、あがり成分充電タイムだぜェ…!

友情? それともライバル?
 美しい百合からの、オヤジ臭い声での本音…! やべえ、思った以上にアレな子だった!!
 思った以上に、愛が重かった!
 そら目が曇るわ

 私はてっきり…、“あの時の決着”を、つけにきてくれたのかと思ったのに…

 なるほど…
 何故、人は別れる時に「決着」をつけないのか?

 一瞬「ナディア」のネモ船長と、ガーゴイル様を連想しましたが、感想には個人差があります

 対し、くまみんの言葉は…

『言ったはずだよ…、あーちゃんとは“もう戦わない”って…』

00076
 なるほど、このこじれた関係が、あがりが妙に緊張していた理由か。
 そんで、「一方的に愛してる人」が
 勝負を断る

 それって、つまり…?

月ノ輪 紅真深『……ごめんね?』

00077
00079
00080
00081
00084
00093
00094
00095
00096
00097
 クマミィー! そろそろ帰るぜーーーーーーーーーー!

ごきげんよう♪
 圧倒的な一人上手と自己完結、色んな意味で、「自分の中で完結している」タイプのくまみ。
 素直なあがりじゃ、そら思い悩みますわな
 で

 施設、環境! へとへとになるまで卓球出来ちゃうから、楽しみだねェ~~

 くまみ子は退場
 悩むあがり、そして「合宿所」へ!!

 設備も整い、一日中卓球に打ち込めるとか成長期にピッタリ!

 で

『この合宿を組んでくださった、“引率”の日本一先生に感謝ーーーーーー!』

00098
00099
 いたのか顧問!? と思ったが、特に指導するでもなく「引率」や「管理」の面のみ!
 そも、出番すらほぼこれだけだった!
 日本一!

 声優さんも兼役で、一年コンビの佐々木 さつきと同じ人が演じている。

 cv奥野香耶さん、ED担当“Wake Up, Girls!”副リーダー。

キルカ『間もなく始まる夏の大会! 私達の目標は勿論、全国大会出場だよ~♪』

00100
00101
00102
00103
00104
00106
 まあ私としては…、全国制覇だけどねェ~!

ドキドキする!
 元気でよろしい! ですが特に、3年生は「全国で一番」には最後の大会です
 燃えてる部長、沈むあがり!
 で

 全国かぁ…、くるりさんみたいな強い人が、たくさんいるんだよねっ!

 なにそれこわい。
 火と風、次は雷とか氷雪系最強とか?

 どう考えても全国大会、奇人変人ビックリショー間違いなしですが、あがりさんが沈んでいる…!

 とまれ、アニメ版は合宿前後編で終了の模様。

ムネムネ『あの…、なんか不穏な練習メニューが…』

00111
 ようやくツッコミが入った! 流された!!
 スルー力が高い部長!

『で…、明日からだけど、合同練習後に、ニ時間の“自由練習”をもうけますっ!』

00113
00115
00116
00117
00119
00122
00123
00124
00125
00126
00127
00128
 キルカとムネムネ、やってる事が完全に顧問である。

回れよ回れ!
 特に「レギュラー」は、もず山戦で弱点を思い知らされ、「自由練習」での集中強化が求められる
 あがりの悩みも、しゃっきりポンとお見通し!
 で

 タイクツしない、充実した合宿にしようね~~~~♪

 かくて始まった練習!
 フットワークは、「フォア」「ミドル」「バック」で受け続ける

 定型を一連の流れで繰り返し、どれが自分に一番合う打ち方か、洗い出すらしい

 ワックスかける! ワックスとる!!

『細かく、早く、動く! 基本にして、一番大事な練習だから、しっかり集中して~♪』

00129
 キルカのちょっと擦れた声で、ニコヤカに始まった「基本」練習!
 やはり基本は大事!

 舞台が「中学」、一層大切なんでしょうね

キルカ『まだまだ行くよ~~~~~~~~~っ!』

00130
00131
00132
00134
00135
00139
00142
00143
00145
00148
00150
00153
 一年のリアクション推移ひどくない!?

火曜日のたわわ
 なるほど「打つ姿勢のチェック」だから、思いっきりたわわに揺れるんですね! おっぱいチェック!
 倒れる時でも、直立不動のほくと可愛い!
 で

 合宿だから、一日集中して練習できるね……

 死んじゃう奴だね!
 また、見慣れない「システム練習」も

 これは例えば、ドライブで相手の返球を浮かせ、スマッシュを決める、みたいなパターンの練習。

 得点への組み立て、そのパターンを学ぶ練習らしい?

キルカ『さあみんなー! 今日はこの、スマッシュ練習でラストだー! 最後は気持ちよく決めて終わろうかー!』

00154
 最後は「叩き込む」スマッシュ! 確かに、気分に良く終われそうな良い組み立てだった!
 精一杯、盛り上げてる感じの部長が可愛い!
 濡れてる!

 透けてないけど、立体感ある作画!

あがり『…! すまっしゅれんしゅうっ!!』

00158
00159
00163
00165
00168
00169
00170
00171
00000
00173
00183
00184
00189
00190
 ムネムネは、スマッシュで揺れるおっぱいが絵になるねェ~♪

大乱闘スマッシュシスターズ
 特にスマッシュ2強コンビは絶賛! ムネムネ先輩、大変たわわで千切れ飛びそうですね!!
 が、あがりさんはボッコボコ!
 そう

 タイクツタイクツぅ~~♪

 真剣さが違う!
 以前、キルカは「一本勝負」であがりに譲りました

 しかしそれは、あがりの“技の少なさ”を知っていた、身内特有の敗北だったのだと。

 対し、今は熟知している。

『今となれば…、どうという事はない…、かな?』

00193
 ざくろが急にペースを乱したのも、フォアハンド一辺倒だったあがりが、急に転調したゆえ
 あがり自身も、力強く打ち込むのが大好きなんですが
 どーも、力不足らしい

 冒頭で気付いていた事、しかし、「他人」に指摘されたのは大きい!

『あがりちゃんのスマッシュが…、通用しない!?』

00194
00195
00196
00197
00198
00199
00200
00203
00204
00205
00206
00208
00209
 だめだ しょうめんからはゆげでみえない! ジャンプでたたくしかない!

地獄の天国
 他人に弱点が分かったという事は、試合中、対戦相手に気付かれ敗因になるって事ですわな
 そして、しれっといる日本一先生、違和感ゼロ!
 一年コンビ!
 
 明日もこんな感じなのかな~…。

 一年が仲良すぎィ!
 てか、ほくとさんタオルが間違ってる!

 下を隠さないほくと、隠す気がないハナビ、これは湯気さん仕事不可避!

 湯気らないとダメなパートだった!

こより『…何か、悩んでる事あるの? わ、私でよかったら…、相談に乗るよっ!』

00212
00214
00215
00217
00218
00221
 肩を温泉につける気がゼロのあがりさん。

決定力不足
 練習試合、あがりが痛感した「弱点」への相談、そして濃すぎて何も見えない湯気であった。
 以前は、お山の大将だったあがり
 が

 全国大会どころか…、地区予選だって、通用するか分からないわ…。

 今は己を疑う
 部内1位、都のベスト8という慢心はもうない

 また以前は、敗北の恐怖に独りで怯え、半ば潰れかけていたと思うと変わりました

 勝てない危惧は、勝つ為の悩みに。

ハナビ『さすがに、それ(地区敗退)は言いすぎだろーっ!』

00222
 まあ、あがり以上に、もっと焦らなきゃならんのはハナビだしな!
 彼女の場合、運動量が長所!

 しかし色々と!

あがり『地区予選では、必ず燕女学園とあたる…、しかも今年からは、くまみも加入してる』

00224
00228
00229
00233
 髪の包みがかわいい!

じしゅれん!
 つまり「地区予選編」ラスボスらしい燕女、なるほど、「燕の巣」「熊の掌」は共に中華の食材!
 これはなかなか、高級食材っぽい!
 強そう 

 ようやく、人並みになったってだけなのよね……。

 練習には「無力」
 無力だから、強くなろうと人一倍思える

 同時に「試合」には、絶対に負けないという自信が必要でしょうが、さてどうやって転ずるのか?

 先に寝るというあがり

あがり『ちゃんと…、肩まで浸かって百数えた?』

00239
00243
00244
00245
00246
00248
00251
00254
 桃パンツ、白パンツ、ハナビ。

クワトロ・バジーナ
 さっきから「お年より扱い」に余念ないほくと、いつものパンツ扱いに、また白パンツさんがキレた!
 あがり、サービスばかりで“肩”なんてつけてないよ!?
 で

 ハナビはハナビだよ、それ以上でもそれ以下でもない。

 おちゃめさん!
 ほくとさん、本当ハナビ大好きだな!

 ここ一番の濃厚な湯気、いや、もはやレーザーが炸裂する温泉パートだった!

 湯気の人、大忙しだな!

ハナビ『つまり! あがりは決定力のあるスマッシュを打てる様になりたいわけだ~♪』

00258
 一言にまとめたハナビ! いつもの、藁の束みたいな髪の毛を下していて雰囲気が…!
 そして、決して“口元”を見せないほくとさん
 流石のアングル

あがり『ぜんぜんなのよね、…スマッシュの決定力なんて、一朝一夕に上がるものじゃない…』

00259
00261
00262
00264
00266
00269
00270
00274
00277
 寝る時さえ隠し続ける、ナイスほくと!

くまみこ
 就寝後にも迷い、残る髪の描写が美しく起き上がったあがりさん、髪の描写が本当に美しかった
 合宿において、独り起き上がるのが定番であるなら
 また

 あがりちゃん…、気になっている事があったら…、あたしに話してっ。

 起き上がる相棒
 のみならず、ほくと達まで起き上がってきた

 ずっとずっと、何かを気にしてたことなど、まるっとバレバレなのがあがりさんなのだ!

 彼女の迷いってば、いつもバレバレ!

『…くまみは、燕女学園卓球部の部長に引き抜かれたの』

00281
 まるでプロみたいな話ですが、その「お嬢様中学」の理事長一族は、卓球場をいくつも経営
 一人娘である部長が、くまみを引き抜いたのだと
 見境なしに引き抜いている…

 もっとも、あくまで「」なので、本当にあくどい人なのかは不明。

ハナビ『…ま、あたし達も詳しくは知らないんだけどなー?』

00282
00284
00286
00288
00290
00291
 知らない事を妙に強調する辺り、うわさが一人歩きしてるんですかねー?

勝負絶ち
 とまれくまみは急に転校、あがりは「壮行試合」を申し込むも断られ、それが引っかかっていたと
 どころか、一ヶ月前の時点で…?

 出て行く一ヶ月ほど前から、私とは勝負をしなくなっていたの。

 経緯だけ聞くと
 なんだか、「勝負したくない」から転校した様な?

 あがりさんへの執着は本物、「試合したくない気持ち」も本物、くまみの本心とは?

 だとしたら…?

『ひょっとして、私と試合する気になったのかなって…、思って』

00292
00293
00295
00296
00298
00299
00300
00302
00303
00305
00309
00311
00313
00314
00316
00318
 私達は卓球人よ! 卓球で心を通わせるのが道理じゃないのっ!!

通わせたい!
 ずっと引っかかっていたくまみへの想い、しかし、いずれにせよ地区大会で戦うかもだし
 今は、迷わず集中しよう、と結論に
 同時に

 あたしは、くまみとちゃんと勝負したかったんだから!

 こよりも協力を約束
 スマッシュが得意、その彼女から何を得る?

 こうして迷いは棚上げとなり、「決定力不足」問題へと、一本化されるあがり。

 克服と共に、アニメ版は完結か。

あがり『…いくわよ、こよりっ!』

00320
00323
00324
00325
00331
00335
00339
00341
00342
00345
 一年の子、やっぱり可愛いな!

克服へ!
 翌日、迷いと焦りのダブルパンチだったあがりは、「迷い」が棚上げされた事で奮起し
 同時に、2年カルテット自体も奮起!
 好連鎖!

 今日は、タイクツせずに済みそうかなぁ~…♪

 合わせる二人
 足から描く、演出がまたカッコ良かった!

 二人の出会いから始まった本作は、障害を経て、更に燃え上がってラストへと向かう!

 しかし一年、ジャージで暑くないのかい!?

灼熱の卓球娘 第11話「合宿」、スタッフ

00198
 作画協力として、中国大手の子会社「絵梦(えもん)」が参加

スタッフ
 脚本:倉田英之
 演出&絵コンテ:かおり
 作画監督:藤優子、ぎふとアニメーション、多田靖子、森賢、畠山佳苗
 宮脇さくや、斎田博之

 作画協力:絵梦、YUTAKA∞
 Special Thanks:クリエイティブプロデュース、沼田誠也

予告『私、卓球が大好き!』『これが、私よ!』『これが、私だよ!』『皆、本当に卓球が好きだねェ~♪』

00356
 珍しいジャージあがりさん

次回、最終回!
 最後で新キャラって、どうなるかと思いましたが、合宿に挑むあがりの大きな要素だったのね
 くまみちゃん、その真意は想像、及び原作を読むしかって奴だ!
 多分!

 褒められまくってキャラ崩壊するくまみちゃん、最強に可愛かった!!

 彼女の中では
 あがりは、第一話時点でのメンタルのまま

 一方で当の本人は、より強い向上心、仲間と語り合える変化を得たのが伝わる回だった!

 次回、第12話で最終話!

灼熱の卓球娘 感想 2016年10月~12月

 灼熱の卓球娘 第1話「・・・ドキドキするっ!」
 灼熱の卓球娘 第2話「譲れない場所」
 灼熱の卓球娘 第3話「好きっ!!」
 灼熱の卓球娘 第4話「タイクツな卓球」
 灼熱の卓球娘 第5話「あなたとドキドキしたいから」
 灼熱の卓球娘 第6話「ともだち」
 灼熱の卓球娘 第7話「全国校の実力」
 灼熱の卓球娘 第8話「ダブルス」
 灼熱の卓球娘 第9話「私には届かない」
 灼熱の卓球娘 第10話「わたしの卓球」
 灼熱の卓球娘 第11話「合宿」
 灼熱の卓球娘 第12話「?」

PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
アニメランキング