ろんぐらいだぁす! 第8話 感想 広がる世界 アニメ画像付き ネタバレ これまでの感想はこちら 前回はこちら
意外や温泉回、待望の最終メンバーも顔見せ! サブタイ回収の葵ちゃんかっこいい!

00357
00435
 緊張の“100キロ完走”も、奇麗な景色と寄り道の連続、本命のイベントを見据えて問題なく完走!
 四月から日々挑戦、夏を越えての成長を感じる一幕でしたが
 本命160キロ、初の前後編とは手強そう!

 お察しの通り! 先にきて食べてた、紗希さんの自由奔放さも光ってた!

いざ長野!
 四台も積んで走ってる光景にまず笑いましたが、他にもズラズラ、賑やかで楽しそうです
 ゼッケンの高揚感、マラソンイベントを思い出しますね!

 最後のレギュラー、新人獲得に余念のない雛子先輩も悪い顔かわいい!

亜美『こんにちは、倉田亜美です♪』

00000
 この冒頭も、すっかり慣れてまいりました。

あらすじ
 秋、同じ一年の佐伯 美弥に話しかけられ、「サイクルイベント」への期待が高まる亜美!
 腕試しに、雛子提案の“荒川サイクリングロード”を軸に走り
 100キロ走破も達成した

 長野県、あづみのオータムライドへの前泊で、沙希とも合流し盛り上がるフォルトゥーナ

 一抹の不安と緊張もあったが
 これは「楽しむ為だ」と、4者4様に亜美を励まし、160km走破のイベントが始まる!

 次回、第9話「あづみのオータムライド! 前編」

『最近、通学やバイトはポン太くん、土日はロードバイクと、自転車に乗ってる時間がとっても増えました♪』

00001
00002
00003
00005
00006
00011
00012
00013
 あづみのオータムライドに出るという目的も出来て…

秋近し
 開幕亜美ちゃん! 道行く人も、厚着の人が増えていて「季節が過ぎたのね」と感じたのも束の間
 OPの、ちょっと垂れ目な子とすれ違いに
 で

 ますます、自転車が好きになりですっ♪

 こういう前髪好きです!
 本作も中盤過ぎ、最後のレギュラーですね!

 なんとなく幼い印象だったので、後輩なのかなー、とも思っていたんですが…?

 しっかし亜美ちゃん(cv東山さん)、ホント声が高いのう。

『…あっ』

00014
 さっそく大学で出会う二人、こういう教室ってなんだか懐かしいですね
 アニメだと、高校が舞台の作品が多いですし
 珍しい大学風景。

 逆にドラマだと、社会人が多い気がします

亜美『あ、お…、おはよう? 佐伯さん…?』

00016
00020
00021
00022
00023
00028
00033
 担当cvは楠田亜衣奈さん、ラブライブ! 東條希さん役で有名な方。

あ、あのっ!
 二人のぎこちない会話、完全にお見合いか何かみたいですね。葵ちゃんピンチやで!!
 どうも、自転車について話したいようですが…?
 が

 皆…、イベント?

 亜美が一方的に話す格好に
 なんとなく受けた印象通り、あまり喋らない子のようで。

 ちょうど、イベントに向け昂揚していた亜美ちゃん、その事を楽しげに話すのでした。

 なお、イベント会場には彼女らしい姿は見えなかったようです。

『なんか…、良いね?』

00035
 亜美が皆で走っている、とは思っていなかったみたいで、ちょっと興味を持った模様
 しかし、見つめる瞳が恋する乙女のようである
 葵ちゃんが危ない!

 声、GATEのデリラ、ラブライブの希と、パワフルな役が多い印象だったのでちょっと新鮮です。

葵『佐伯さん…? …ああ、あのおとなしそうな?』

00038
00043
00046
00047
 しかし先輩勢、秋ならもう忙しくなるんじゃないかい?

ターゲットインサイト
 さっそく佐伯さんの事を話す亜美ですが、雛子先輩、語尾を食う勢いとか落ち着いて!?
 この人、ホント「後輩」に飢えていらっしゃる!
 飢えた狼!

 脈はありそうだなっ!

 そこなの!?
 弥生曰く、ライフワークなんだとか

 こういう後輩勧誘に余念のないところ、ホント、「趣味の人」って感じで共感が持てます

 色々、もうちょい落ち着いた方がいいがな!

弥生『それはそうと、雛子ちゃんから、次のツーリングの提案があるのよね♪』

00049
 そんな雛子を、暇な年寄りっぽく扱いつつ、軽く話を流していく弥生先輩。
 扱いに慣れすぎである

 雛子の食いつきの良さって、アレだ独身と見ると顔色を変える叔母さんっぽいのか!

 お見合い紹介するのが、生きがいのお年寄りみたいな!

雛子『んん…、あづみのオータムライドに向けて、亜美に“100km”を経験してもらうコースを考えたんだっ』

00052
00054
00055
 何いってんだ、オータムライドは160km走るんだぞ~?

初体験(距離的に)
 100km、初の3桁にビビる亜美ちゃん、やっぱり桁が一つ上がると心も萎縮するもの
 なお、イベントは更に6割増し!
 で

 160km!? …もう、人の力でどうにかなる気がしないんですけど…

 人を越えろと?(漫画脳)
 これは、“360km”というフレッシュ挑戦は遠そうですねえ。

 ちなみに亜美の経験上は、“大垂水峠(東京と神奈川の間)”の、70kmが最長だそうな。

 なるほど、4割増しで頑張ればいいのな!

雛子『大丈夫だ、ほぼ平坦なコースだからな♪』

00059
 そこは雛子も考えていて、大垂水峠は、“峠”の名の通り山道コースであって
 対し、今回は距離こそ長いが平坦だ
 と

 ちなみに大垂水峠というのも、有名なコースなんだそうな。

葵『疲れたら、休めばいいんだし…』
弥生『今の亜美ちゃんなら、いけると思うわよ~?』

00065
00068
00071
 途中で、たくさん美味しいものも食べられるし~♪

体感チャレンジ!
 何より「競技」と違い、時間内に完走できればいいだけだし、途中での飲食も出来る!!
 速度を競う、レース作品との大きな違いですね
 弱虫ペダれ!

 私…、100キロ体感してみたいですっ!

 雛子先輩としても
 今回は、美味しい店を行き継げるよう工夫して組んだそうで。

 通称「荒サイ」と呼ばれる、荒川サイクリングロードを辿る事となり、意気込む亜美ちゃん!

 しかし、葵ちゃんの顔が愉快だなココ!

亜美『ふふーん♪ 楽しみだな~♪』

00075
 ヒマさえあれば自転車を磨いている気がする亜美ちゃん、今回は勿論ロードバイク!
 こっちは、名前を付けないんですかね

 その辺がある意味、ポン太くんとの差別化なんでしょうか

亜美『倉田亜美! がんばりまーーーーーーーーーーすっ!』

00076
00080
00083
00084
00089
 おねえちゃん…、ごはんできたって……。

食べれ!
 もはや最終話まで、このノリっぽい妹さん! お母さんもゲストかと思いきや2話連続出演に。
 ならせめて、キャラ名ちゃんと付けましょうよォ!
 で

 亜美…、最近、食べるようになったわねえ?

 連日、川沿い走ってるらしいし!
 弱虫ペダルでも、「食べろ!」ってやりとりが印象的です田所先輩!!

 疲れると、胃腸の働きも悪くなり悪循環に、そこで「走る前に」良く食べるのが鉄則とかどうとか

 女子的にはどうなのかな!

『大丈夫! その分、自転車で運動してるからーっ!!』

00090
 どうでもいいけど、食卓が二階って珍しいですね亜美ちゃん家!
 なお、日々運動すると基礎代謝があがって
 美容にも良いらしいよ!

 らしいよ!

雛子『…さって、そろそろ行くかっ!』

00091
00092
00094
00096
00098
00102
00103
00105
00110
00113
00114
00115
00117
00120
00124
00128
 亜美ちゃん、気合入ってる感じね?

準備はいいんかね!
 東京都、江戸川区「葛西臨海公園駅」より、荒川サイクリングロードへ! ただ整備されてるものの
 公式な起点、終点がある訳ではなく“通称”なんだそうな
 で 

 何しろ、初めての100kmですからね~っ!

 初挑戦は緊張モノ
 でも海沿い、川沿いは何歳になっても楽しいもの。

 特に「大きな橋の下」とか、普段あまり通りませんし、妙にテンションがあがってて微笑ましい

 大きなものは、問答無用で楽しい!

亜美『……ふふっ♪』

00130
00131
00132
00133
00134
00135
00137
 荒川といえばカッパである(漫画脳)。

荒サイ
 視聴者もすっかり聞き慣れたテーマ曲と共に、緑の多い道を、ぐんぐん通り抜けて行く亜美たち。
 特に、竹やぶ(?)が涼しそうで奇麗!

 荒川サイクルロード、その「役割」は、河川や公園の管理道路なんだそうで

 歩行者優先
 また、田畑など「生活道路」も含まれます。

 東京も中心から外れると緑が多いといいますが、ホントに、緑に満ち溢れていますね。

 荒川アンダー・ザ・ブリッジ!

葵『多少、上流からの向かい風だけど、このくらいなら辛くないだろう?』

00142
 自転車が団体さんで走るのは、「前の人」が風除けになるから、という話もありますけど
 今回、弥生さんより前を亜美が走ってるのを見ると
 なんだか成長を感じますね

 一方、葵が常に最後尾なのは、亜美のトラブルに気付けるようになのでしょうか。

雛子『次の休憩場所では、美味しいものが待ってるからな~』

00143
00144
00147
00148
00151
00157
 なんですかなんですか美味しいものってーーーーーー!

彼氏彼女の事情
 文字通り食いつく亜美ちゃん可愛い! 最初に立ち寄ったのは、またも「牧場」。
 埼玉県、榎本牧場…!
 さいたま!

 宣伝文句は、上尾にあなたの知らない北海道があります

 だそうな。
 埼玉、in北海道!!

 弥生さんいわく、ちょうどいい頃合にある、とかでロードを留める台座も整備!

 しかし、お前ら彼氏と彼女か! 

亜美『おぉ~、これも美味しい~~~♪』

00160
 ちなみに、もう60キロを走破。まだまだ余裕あるな亜美ちゃん!!
 お前らいつもジェラート食ってるな!

 後、ここ「フォルトゥーナ」っていうらしいよ!(食べログより)

葵『自転車に乗ってると、色んなところに来られるなっ』
亜美『うんっ♪』

00163
00165
00166
00169
00170
00172
00173
 まあ、それも「自転車乗り」の醍醐味の一つだからなっ

サブタイ回収!
 ドライブやサイクリング、「乗り物」「旅」を趣味にする事は、色んな場所にいけるという事
 自転車乗り、感慨深げな亜美ちゃんである
 際し 

 どんどん広がっていくな、亜美の世界っ!

 サブタイ回収!
 葵の声が、なんだか清々しくて格好良かった!

 更に「パン工房 シロクマ」へ、これも実在し、店主さんがブログで触れられています。

 EDでも“取材協力”として、クレジット。

雛子&弥生『どうだ?』『美味しいでしょ~♪』

00175
 実際に真っ白なパンを売られているそうで、田んぼを行くと、ぽつんと立っている
 ちょっと、変わった立地を持つお店らしいです
 白パンいいよね…

 たぶん、しろくまあんパン(白と黒のダブルあん)って奴でしょうか。

 月曜、火曜が定休日らしいです。

葵『さて、後は……、?』

00178
00183
00184
00185
00186
00188
00192
00193
 モブの人まで「自転車乗り」なのが、ちょっと面白いです

河を渡って木立を抜けて
 葵を留めた雛子先輩、続いては、2km程という登りの「松郷峠」も元気一杯に登坂!
 以前は、あっさりヘタってたのが懐かしい!
 で

 大丈夫か、亜美?

 葵ちゃんは心配性!
 しかし、どこのお店も「台座」がありますね

 これは「バイクラック」というそうで、この道が、それだけ愛されている証拠なのでしょうか

 木立ちの作画が美しい!

『…やったな亜美、遂に百キロ走破だ!』

00198
 さて急に止まった…、と思ったら、あらまああっさり百キロ走破!
 早よい!?

 早よいぞい亜美くん!

弥生『距離を意識しないと、意外と走れちゃうのよね~♪』

00199
00200
00201
00204
00211
00212
00216
00223
00224
 自分が自転車で100キロも走れるなんて…、想像できませんでしたっ

おめでとう!
 さっき、雛子が留めたのは「距離」を意識させない為、これに限らずよくあることですけど
 案外、意識すると“緊張”しちゃうんですよね
 で

 でも…、走れたな♪

 既に身についていた
 緊張をほぐし、無理なく走らせる事に徹してたワケね。

 峠で100キロ地点に達し、あとは埼玉のJR東武東上線、小川町駅から輪行で帰宅に。

 文字通り、思えば遠くへきたもんだ!

母『…着替え、余分に持った?』

00229
00234
00237
00240
 でも…、葵ちゃんも皆も一緒だから、頑張ってみたいんだっ!

頑張ってね!
 これなら160kmでも大丈夫そうだな♪ という言葉に応え、早くもレース前日まで時が飛んだ!!
 知らなかった、もうそんな時期だったのね!
 で

 楽しんでらっしゃいっ。

 心配げな母と妹
 しかし、亜美の前向きさに応援へと転じます

 引率者なしの泊り込み、それもスポーツ、しっかり自己管理できないと危ないヤツだ!

 後やっぱり、お父さん出てこないな!

高速道路、長野県は松本へ

00249
 自転車固定しすぎィ!
 すっげーな!

葵『弥生さん、運転上手ですね』
弥生『でも~…、ハンドル切る時、胸が邪魔なのよね~』

00251
00252
00254
 お? じゃあ変わろうか?

でかい(小さい)
 おっとりした口調によらず、ハンドル握ろうとも性格も変わらず、運転も上手いという弥生先輩
 さっすが、メカマニアさんである(偏見)
 対し

 あたしには、そんな弱点は無いからな~♪

 ハハッ雛子先輩
 ないのは、胸ですけどいいんですかい?

 いわゆるパイスラッシュ現象(カバンの紐などで胸が区切られ、強調される)である。

 まあ、苦しかろうですよな。

『車体(ボディ)の傷、見なかった?』『あの時は、運が悪かったといか…』

00256
 自信満々雛子ですが、おいおい、擦ったならちゃんと弁償しましょうぜ!
 親しき仲にも修理あり!

 コスるのは、チャイナとバニーで十分だ!

弥生『でも…、運転席から周り…、見えにくいのよね?』

00259
00261
00262
00265
 やだ…、この先輩かわいい(超迷惑)。

若者の車離れ(物理)
 妙に可愛い作画のドライブパート、そもそも、背が足りないという雛子さんであった。
 いや、勘じゃ無理でしょ!(無理でしょ!!)
 で

 弥生さんすいません…、そのまま、続投でお願いします……。

 免許取れたのが意外です
 というか、免許とる気があったのが意外です

 弥生さんの場合、父の会社を手伝ってるらしいので、必須なんでしょうけれど。

 舞台は長野県中部、安曇野市へ…!

亜美『はぁ~! あの人たちもみんな、“オータムライド”に出るんですねっ!』

00268
 積載っぷりに笑いましたが、そもそも、結構な数が同じく自動車できてるらしく
 こっちも、たっぷり詰んだ自動車が!
 ちょっとシュール!

雛子『今ごろ、“松本駅”は輪行組でいっぱいだと思うぞ~♪』

00270
00271
00272
00279
00280
00285
00291
00292
 おお…、長野大人気である。信州いいとこ一度は来いや!!

その頃の彼女
 ちなみに紗希さんは、相変らずの機動力を発揮、いつものジャージ姿で先行して模様。
 って、ただの食べ歩きマニアじゃないか!
 旨そう!

 受付…、手荷物チェック…、ゼッケンっ!

 そして山賊焼き!
 いいかい、「山賊焼き(長野版)」とは!!

 長野の郷土料理で、要はニンニクを利かせた、でっかい鳥もも肉のから揚げなのさ!!

 焼きっていうけど、パリッと揚った旨いアレなのさ!

弥生『さて…、もうすぐ到着よ♪』

00293
 てなワケで会場、さすが、バイクラックも大量に備え置いてあり
 なかなかの盛況っぷり。

 もっとも「アニメ」、作画の都合上、実際にはもっと人が居そう。

お姉さん『ただいまより、大会前日イベントの“自転車講習会”を行います~』

00294
00295
00299
00300
00308
00311
00315
00317
00319
00323
00324
 元ネタは安曇野センチュリーライド、という「春」で有名な大会らしい。

あづみのオータムライド
 何でも、大会中の食べ物が旨いと評判で、定員1500名ながらすぐ埋まってしまうほどらしい
 大会前日、さっそくゼッケンを受け取る亜美ちゃん
 テンション高い!

 あ…、あの…、よろしくお願いしますっ!

 初々しいですねえ
 大会名は、劇中季節の「秋」を強調した架空の名前に

 位置情報も重要なんだなー、というのが、GPSのノボリで改めて感じます。

 1500がすぐ埋まるって、すごい人気なのねえ

『お待たせ~♪ 部屋は和室にしてみたの♪ 5人で1部屋のほうが、お得だったから~♪』

00325
00329
00331
00333
00335
00336
00338
00341
00342
 さっすが弥生さん!

さすやよ!
 弥生さんのチョイスでホテルに移動しますが、大きな和室で皆で、ってまるで修学旅行ですねえ
 なんて思ってたら、実際に言い出して笑います
 同じね!

 だいじょーぶだ、夕食付きのプランだし、メシまでには必ず現れるって

 まだ合流しない紗希さん
 心配どころか、犬みたいに扱われていらっしゃる!

 あの人、すっかり腹ペコキャラになってて、オープニングに納得

 ぼくのかおをおたべよ!

雛子『飯の前に、ひとっ風呂浴びるか~っ』

00346
00347
00348
00351
00353
00355
00356
00357
00358
00360
00362
 持てる者…、もたざる者の格差だけは、やっぱり気になるがな…。

極楽極楽
 ある種、「旅行モノ」だけに、あってもおかしくないけど特になかった温泉回だった!
 紗希さんの遅れが悔やまれる…!
 で

 ふむ…、亜美はこっち側だな?

 どうでしょう?
 亜美ちゃん、場面によっては巨乳ですから(真顔)。

 水のCGがちょっと浮いてますが、「水の表現」はSILVER LINK社さんとか奇麗ですよね(真顔)

 葵ちゃん、実にデカくてよろしい!

雛子&弥生『大丈夫だ』『沙希ちゃんがご飯に遅れる事はないから♪』

00363
00368
00369
00372
00375
 やあっ! みんな、早く早くぅ♪ 美味しいわよ~♪

ほらね♪(食事)
 食欲キャラを突き詰めた結果、華麗に入浴シーンをスキップした紗希ちゃんさん先輩すげえ!
 マジ尊敬、リスペクトッス!
 で

 大丈夫大丈夫~、まだ序盤だから~~♪

 まだ食うのか(戦慄)
 せめて、もうちょっと奇麗に食べましょうよ!!

 そのまま就寝となりましたが、沙希さんだけ、ずっと変な寝言いっててこれまた酷い!

 cv日笠さん、こういうキャラ上手いわ

葵『…どうした、亜美?』

00377
 でかい。

亜美『ちょっと、緊張してきちゃって……』

00378
00381
00386
00389
00393
00397
00400
00402
00403
00405
00406
00407
00408
00409
00411
00412
00413
00417
00419
00420
00427
00429
00430
00431
00432
00433
00434
00435
 明日は、マイペースで無理せず行こうな?

楽しんだもん勝ちだ!
 その夜は、葵がこうなると見越して用意していたハーブティーで気持ちを落ち着け、ぐっすりの亜美
 口を揃え、「楽しもう」と始まった!
 さあ

 目標は…、楽しんで…、完走する事! …みんなでっ!!

 確かに160km
 されど、時間は余裕を持たせてあるそうな

 大会の趣旨自体が、より多くの完走、「楽しんでもらう」事にあるって事なのでしょうね

 初のイベント、山場が始まった! 山地だけに!!

今週は制作協力2社、「原画」に外人、第二原画が全て外人と、外部委託(?)多し

00014
 ろんぐらいだぁす! 第8話「広がる世界」

スタッフ
 脚本:高橋ナツコ
 絵コンテ:内藤明吾、相浦和也
 演出:加藤 顕
 総作画監督:普津澤時ヱ門、実原 登
 作画監督:細山正樹、青木真理子、高田三郎、輿石 暁、YU HYUN JIN
 制作協力:オフィスていくおふ、st.シルバー
 取材協力:榎本牧場、パン工房シロクマ

 自転車監修アニメーター:北島信幸
 自転車作画監督:伊集院いづろ(st.シルバー)

予告『旅館では、美味しいものをたくさん食べて幸せでした~♪ でも、ここからが本番! チーム・フォルトゥーナ、頑張って完走しますっ!』

00457
 やだ2週連続で妹ちゃんかわいい!

オータムライド!
 後述の通り、今期は全10話で放送を終了し、2月にイベント&配信などで11話と12話が放送
 クライマックスは初イベント、あづみのオータムライドに!
 景色にも期待です!

 同じく女子チームや家族連れ、「楽しむ」為なんだ、と強調するのが素敵ですね

 特にラスト辺りの作画が良くて
 キャラデザインに近い、「この絵でやりたかったのかなー」みたいな

 今週も2社も「制作協力」が入り、制作進行がなんと3人! 制作現場は忙しかったようですね。

 次回、第9話「あづみのオータムライド! 前編」

00448
TVアニメ「ろんぐらいだぁす!」今後の放送・配信について
 TVアニメ「ろんぐらいだぁす!」の放送・配信ですが年内の放送・配信は2016年12月24日(土)の第10話まで毎週放送・配信をいたします。
 第11話“「ナイトライド編」”、第12話“「しまなみ海道編」”につきましては2017年に下記の通り予定しております。

【イベント上映会】
 2017年2月4日(土)に東京地区、尾道地区にて実施予定

【放送情報】
 AT-X:2017年2月5日(日)13:00~18:00 全12話一挙放送を実施予定
 TOKYO MX、サンテレビ、KBS京都、BS11:放送日未定

【配信情報】
 2017年2月5日(日)以降、順次配信実施予定

 詳細は後日、公式サイト・公式ツイッターにて告知させていただきます
 スタッフ一同、完走を目指し最後まで努力して参りますので
 今後とも「ろんぐらいだぁす!」を宜しくお願いいたします。




 ろんぐらいだぁす! 第1話「小さな奇跡」
 ろんぐらいだぁす! 第2話「海沿いサイクリング」
 ろんぐらいだぁす! 第3話「新しい世界」
 ろんぐらいだぁす! 第4話「秘密のアルバイト」
 ろんぐらいだぁす! 特別編「わたしのサイクルアルバム」
 ろんぐらいだぁす! 第5話「変わる世界」
 ろんぐらいだぁす! 第6話「フォルトゥーナ」
 ろんぐらいだぁす! 第7話「チームの絆」
 ろんぐらいだぁす! 第8話「広がる世界」
 ろんぐらいだぁす! 第9話「あづみのオータムライド! 前編」
 ろんぐらいだぁす! 第10話「あづみのオータムライド! 後編(最終回)」
 ろんぐらいだぁす! 第11話「街が動き出す瞬間」
 ろんぐらいだぁす! 第12話「ろんぐらいだぁす!【最終回】」


 ろんぐらいだぁす! 0巻“学生服の4人” 
 ろんぐらいだぁす! 1巻“初めての相棒”
 ろんぐらいだぁす! 2巻“世界が変わる!” 
 ろんぐらいだぁす! 3巻“フォルトーナ結成”
 ろんぐらいだぁす! 4巻“楽しみ方は一つじゃない”
 ろんぐらいだぁす! 5巻“しまなみ海道ライド!” 
 ろんぐらいだぁす! 6巻“国道最高地点”挑戦!
 ろんぐらいだぁす! 6.5巻“サイクルガイド”収録!
 ろんぐらいだぁす! 7巻“日本で一番高い場所”
 ろんぐらいだぁす! 8巻“太平洋から日本海へ!”
 ろんぐらいだぁす! 9巻“自転車乗りの交流” 
 ろんぐらいだぁす! 10巻“直江津集合!”

PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
アニメランキング