ステラのまほう 第10話 感想 精密機械 アニメ画像付き ネタバレ 前回はこちら
約束した“十倍”、出来たかな? 後は裕美音ェがいれば完璧だった! 部長さん可愛いです!!

00057 - コピー
 いたずら者の前部長に振り回され、「美人」になったり、誤解して何でもやっちゃったりな珠ちゃん!
 以前と同様、部活だからクオリティはこだわらなくて良いという部長に
 泣かすくらいに言い切ってた!

 自信が無い? とんでもない! だって部員が慕い、集う人! 椎奈部長やっぱり可愛い!

Iri§先生、完全にレギュラー
 髪をおろせばたちまち「美人」、注目が気持ち良い、って珠ちゃんもなかなか…。
 昔の写真、慌てる部長も動きが可愛い!

 神出鬼没、けど思惟の前に出て来ない元部長。約束を感じさせる回だった!

『風邪引かないように気をつけてね? 忙しいのに、電話くれてありがとう♪』

00002
 パパさん、徹底して姿を見せないな!

あらすじ
 七月、夏服で登校中、ようやく“照さん”が元部長だと知った珠輝は、自分の未熟さを打ち明ける
 また珠輝は、部長から借りたノーパソを落としてしまい
 壊したと慌てた

 照は珠輝のリボンを奪い、また返し、そして彼女を「部長」である思惟に託す。

 部長を引きついた時の約束
 思惟は、悩みながらも珠輝と解りあい、「部を十倍賑やかにする」約束へ近付いた事を感じる

 次回、第11話「お困りですかお嬢さん」

珠ちゃん『それじゃあ切るね? うん、パパ愛してるっ♪』

00006
00011
00012
00013
00016
 きんぴらをたくさん入れてくれたママさん、どんだけ好きなのキンピラ!?

靴音高く
 珠ちゃんに愛してる♪ とか言われて始まる一日、パパさん一体どれだけナイスミドルなのか!!
 この服、コスプレかと思ったら「夏服」だったのね
 で

 今日の運勢は最高って出てたし、お日様も気持ち良いっ♪

 華麗な失敗フラグ!
 珠ちゃんの一日は、フラグ立てから始まる!!

 で、何があったかといえば

『おっはよ~♪ たまたまちゃん♪』
『? おはよーっ』

00018
 お分かりいただけるだろうか?

珠輝『え!? えーっ!? 何故ここにっ!?』

00019
00023
00024
00026
00028
00033
00035
00036
00037
00038
00040
 私は何故、自然にハイタッチ……!?

そうよ、やっちゃえ!!
 しれっと、夏服姿の“大学生”、彼女こそ、死んだ魚の目日照不足シャトルラン部の初代部長!
 耳元で怒鳴るな!

 みんなの夏服が涼しそうだったから、久々に制服☆照さんになりました~♪

 自由に生き過ぎ!?
 いわゆる、ストライクフリーダムって奴だ!

 ようやくこの人が初代で先代の部長だ」、と認識した珠ちゃん、長かったですねえ。

 ていうか、だからOPで…。

見つけよう make my day 不器用でありがとう私 大好きだけがずれて 世界があるのさ♪

00014
 妙にコスプレっぽいと思ったら夏服で、大学一年だから、既にコスプレであったというワケね
 たった数ヶ月ズレるだけで、制服姿はコスプレになる

 人生は一瞬。

『この前、SNS部が出したゲームも遊んだよ? タマタマくん♪』

00043
00044
00045
00047
 しかし、駅前でゆる百合るとかすげえ度胸だ…!

陰に日向に猫耳に
 珠ちゃん達は知りませんが、先日の即売回、「社会人のコスプレ」で買っていってくれた部長
 しかし、珠ちゃんは見る見る自虐に自虐を重ねてしまい…

 でも…、私の担当部、進みが遅くて……。

 基本ネガティブ
 何より、「出来てない」自責が厳しい

 そこに現れてしまったというか、現れてくれたというか、そんな照ちゃんさん。

 で

『じゃあ、髪型を変えてリフレッシュするとかどーう?』

00051
 なんて素早い! これが、元部長という存在力!!
 卒業生ってやっぱ強キャラだ!

 珠ちゃん可愛い!

珠輝『あれっ!? いつの間に!?』

00053
00056
 あたし? これから学校に忍び込んで、うろうろひゅんひゅんするねっ♪

ひゅんひゅん!?
 謎の言語センスでイメチェンさせると、リボンを取ってくくって、さっさと行ってしまう元部長
 が、別に珠ちゃんも好きでくくっているワケでなく

 あのあのっ! あたし、髪くくらないと、はねっ毛が…!

 あの独特の触角
 のみならず、髪全体がハネやすい、と

 だからくくっていた、リボンを返して欲しいという珠ちゃんですが……

『は…、恥ずかしいですっ!』

00057
 おいなんだ爆発的にかわいいぞ!?
 キラめいてる!

 綺羅星!

『照さんみたいに、あたしもカチューシャした方が良いのかな…、ネコミミじゃなく…、フツーの……』

00057 - コピー
00058
00059
00063
00064
00066
00068
00073
00074
00075
 今日は、ネコミミカチューシャじゃないよ?

本物ぉ!?
 と、手荒い「リフレッシュ」を受けた珠ちゃん、元より「公式かわいい」彼女のオーラが解放され
 一躍、学校中の噂の少女に
 恥ずかしい!

 恥ずかしいけれど…、何故かすっごい気持ちイイー…!?

 人は見られて美しくなる
 珠ちゃん、高校一年にして快感への目覚めに…!

 そんな珠ちゃんのロング姿に、あやめ先輩も、照ちゃんさん部長を連想してしまったようで

 照さん、彼女の前にも出てこないのよね

珠ちゃん『食堂に、先輩たちいるかな…? あっ』

00076
 余談ですが、ジュース飲んでる子が妙にかわいい。
 感想には個人差があります

珠輝『はーちゃんだっ♪』

00078
00081
00082
00084
00087
00088
 裏では努力家なはーちゃん良いよね…。

舞台裏
 惑いなく珠輝だと理解、なんだか見てて楽しいですが、例によって「口撃」の手は緩めない!
 前回、絵にかまけてテストをおろそかにした件ですね
 が

 本田珠輝も! 今ごろ絵を描いているとしたら…、勉強してる場合じゃないわっ!

 しとけよ!
 でも、英語だけでも真面目にしておけばって昔の人は言ってたよ!!

 口では辛辣ながら、ライバルと認めている水葉

 ホントはーちゃんは良い子である。

『“ノベルエンジン”の方は、村上(椎奈)先輩に教わるとして…、絵をどうするかよね』

00090
 ノベルエンジンとは、要は、ゲームとしての「機能」を処理してくれるプログラムのセット
 セーブしたり、文字を自動で先に進めてくれたりなど
 そういう部分ね

 フリーウェアでも出てるそうで。

珠輝『あたし…、大丈夫かな。はーちゃん絵が上手いから、はーちゃんが描いたって…』
??『あんたの! 叔父様を描く情熱はその程度?』

00092
00094
00097
00099
00101
00102
00103
00105
00106
 一人前になりたいなら、あたしをとろかすくらい、アツいのを描いてみなさいっ!

「一年」同士!
 って木陰からアテレコした照先輩てめえ! しかも、“SNS部のファンの一年生です”だと!?
 一年は一年でも、大学一年だからなコンコンチキ!
 で

 プライドが足りないと思うんで、活を入れてるところなのっ!!

 早くも意気投合!
 はーちゃん、コミュ力が偏ってる!!

 対し元部長らしく、「その為にはUI、実際にプレイヤーが“操作する”部分」を練りこむ必要がある

 と、もっともな助言を…!

『でも…、その為には“彼女が見ている世界”と、電波をシンクロさせなきゃあ…!』

00107
 いややっぱダメかもこの人!?
 あやめと同調しろと!?

水葉『気が合いそうね、私達っ!』

00109
00110
00114
00116
00120
00121
 不満げな珠ちゃんかわいい!

同類二人
 元々、「あやめの描く世界」に惚れて、SNS部を作った照ちゃん部長、そりゃ波長が合うよね!
 が、さっさと帰ってしまう。

 会わなくても分かるよ? しーなんが“私との約束”、護ってくれてるって…♪

 それでいいのだ
 会わなくても、心は通じているのだと

 まっすぐに育ってる後輩は、「後輩」の薫陶の印! 先輩として嬉しいことじゃないか!

 リボン返せよ!

『あの…、本田さん? 少しいいですか? 昔のファイルを取り出したくて』

00123
 そして登場となった「後輩」、椎奈部長が、珠輝のパソコンをちょっと借りていく。
 このPC、そういや借り物だったんですっけ

 第1話の時点だと、お古のめちゃくちゃ懐かしいPCだった珠ちゃん。

珠輝『頑張ってるもんっ! さっきも、関先輩に助言もらったしっ!』

00126
00127
00128
00129
00131
00132
00133
00134
00135
00137
00138
00141
00142
 あー、あの眼鏡? 確かに「クリエイターじゃない」意見も大事よねー?

スライムがあらわれた!
 相変らず、「関あやめ」には手厳しく、“Iri§先生”には溢れる敬意でハートマークな飯野水葉!
 この関先輩、ノリノリである
 で

 今日、お会いできるってずっとドキドキしてて…!

 つい日本史の教科書の偉人を
 全て、Iri§先生に書き換えてしまったという飯野水葉

 愛は重く、それゆえバレない! 恋は盲目ってこういうのを言うんですね!

 来る時は、事前に電話する事になった模様

珠輝『む~~~!』
思惟部長『本田さんも、おかし食べます? 餅菓子ですが』

00143
 部長と、珠ちゃんの温度差が深刻。
 気配りかわいい!

 こういうの、自然にやれるのが「気配り思惟部長」なんでしょうね。

珠輝『あのっ! このPC、私、使ってて大丈夫ですかっ!』

00145
00146
00147
00150
00154
00156
00162
00165
00169
00171
00173
 あれ? さっき部長さんが開いたフォルダ、開きっぱなしだ。

即売回のアレ
 やる気に溢れた珠輝に微笑んだり、恥ずかしい写真に、慌てて閉じに走っちゃう部長可愛い!
 あの時のウサ耳、写真に残ってたのね
 で

 先生は普段、どうやってお話を考えてらっしゃるんですか?

 Iri§先生ノリノリ!
 思う存分、中二病発言に浸るIri§先生

 ちょっとやらかしちゃったりもするけど、それもまた「中二発言」にはつきものと言えよう。

 きっとそう(確信)。

珠輝『関先輩、困ってるし…』
思惟『ノリノリに見えますが』

00175
 こっちもこっちで温度差が深刻というか、あやへの理解度、思惟先輩さすが幼馴染。
 珠ちゃん、ベタベタしすぎで良くないと言う
 どんだけかといえば

 少し変じゃないですか、恋人じゃないんだしっ!

 裕美音ェ、出番だぞ裕美音ェ!!

水葉『このメガネ…、なるほどっ!』

00179
00181
00185
00189
00190
00193
00194
00195
00198
 あのメガネに、お灸を据えているんですねっ!!

何故バレない!?
 愛が重すぎて、Iri§先輩の正体に気付かないはーちゃん! ただ「ダメなところ」を見せると
 一気に、彼女の夢が壊れるかもですが…
 で
 
 あー! 間違えたー!! これはIri§先生が、メガネ氏にお灸を据えている画像ー!!

 何この雑コラ!
 絵がヘタ、そんなあやをフォローする思惟!

 こんな格好で、自分の写真を投じるとか思惟部長も大概だな!

 はーちゃん、最後まで気付かない!?

水葉『もうこんな時間になっちゃった! ごめんなさいIri§先生!』

00200
00201
00204
00205
00208
00213
00214
00218
00219
00221
 毎度、cv小澤さんのIri§イケボに笑う。

痴情の星よ
 元より、先輩勢大好きっ子な珠ちゃん、はーちゃんの分かりやすい挑発に乗ってしまい
 Iri§先生が被害者に!

 いま来たわけだけど…、痴情のもつれ? 昼ドラには遅い時間だけど。

 二時間SPですからね
 正反対に、落ち着いた先輩勢であった。

 抱きついた上に、ハスハスと匂いを吸い、トドメに悪い顔とか見事な三段コンボだった!

 はーちゃん、恐ろしい子!

『あー…、やっと帰ってくれたか……』

00222
 しかし毎回、こうやって作業止められてると先輩も大変そうである
 まあ、「ゲーム版に落とし込む」作業ですが

 ていうかアレ“前編”のはずで、後編がない作品なのに大丈夫?

思惟『前にも言いましたが、質の面で張り合うのは、あまり宜しくないというか…、本田さんには、本田さんらしさがあって』

00223
00224
00227
 個性は誰しもあります!

先輩の助言/後輩の熱情
 最近、頑張り気味の珠ちゃんに、持論の「部活だから楽しくで良い」と繰り返す部長
 が、珠ちゃんも反論する

 その上で、良い絵が描きたいんです!

 強くなったな珠ちゃん!
 言葉に甘えず、「個性+研鑽」を目指したいという

 ただ、「部長さんは誰の絵でも良いんですか? …変ですか!」は言い過ぎだった!

 言いすぎなあまり

部長『ふぇっ…』

00229
 ほら部長が泣いちゃったー!
 なんたる美少女…!

『はぁ!? あ、あの……、私…、今日は帰ります!』

00231
00232
00234
00235
00238
00239
00242
00243
00245
00246
00249
00250
00253
00254
00256
00257
00259
00260
00261
00265
00266
00267
 一応、スリープか確かめるくらいは出来た!

彼女はいつもそこにいる
 八つ当たりしたと自責の帰り道、借り物のノートパソコンを落とし、電源が入らなくなってしまう
 精密機械、サブタイはこれか!
 が

 ありゃあ~?やっちゃったね~~、たまたまちゃん♪

 折りよく現れた照さん
 謝るしかないね、「頑張れ」と助言を残してくれる

 たぶん、リボンを返す為に、帰るのを待っていたんでしょうが、なんとも不思議な去り際。

 先輩は不思議で出来ている。

『“部長”、しっかりね?』

00270
 敢えて口利きはしない、姿も見せない、彼女が現れたら「頼ってしまう」からでしょうか
 照さんは、イラストなど様々な仕事を一つでこなしてくれた
 スーパー先輩でした

 彼女を失い、均等に仕事を振り分けて、「ステラのまほう」に至ったのが修羅場回。

 敢えて関わらない、良い先輩だなーって思います

思惟『誰かに、ずっと尾けられている気がする…、本田さんとも上手く話せなかったし、今日はついてない…』

00272
00273
00280
00281
00286
00290
00293
 思惟の母、キャラ名がないのにcv新井さんで存在感がスゴい!!

性別の中心で愛を叫んだ獣
 なんとか勇気を出した珠輝、そのまま家まで押しかけてしまいますが、思惟の母の器がでかい!
 在宅プログラマで、娘と逆におおらか!
 で

 あ、別に私は女の子同士でもオッケーだけどね?

 完全に「姉」。
 思惟、昔は“あやと結婚する”とか言ってた!

 あやちゃんは筋金入りのボクっ子だったんですねー、今は、内弁慶な関係ですが

 しかし

珠輝『お母さんのご希望とあれば、私、なんでもします…! 私、どうしても部長さんに許して欲しいことが!』

00295
00296
00297
00299
00300
00301
00303
00307
00308
00311
00312
00314
 なんでもはしなくていいです!?

百合なんてもういいですから。
 真に受けて「女の子同士で!」を覚悟完了とか、珠ちゃん、真面目を通り越して今週おかしい!
 しかし、口ベタ同士が二人揃っても…

 おーっすっ! この顔見ると、下の弟が泣くからさ~~~。

 来たよ救いの手が!
 謝るに、謝れなかった珠ちゃん

 そこに乱入したのは、メイク落としを貸して欲しいというあやめ、弟が泣くってどないよ!?

 部長さん、意外に女子力高いのね!!

思惟『昔のこと言うと、化粧落とし中断するわよっ』

00315
 ホントこの部長、あやめに対して内弁慶だこと!!
 あしゅら男爵だコレ!

 お許し下さいドクター思惟!

あやめ『自分でやるっ! 洗面所、借りるっ!!』

00317
00319
00320
00322
00325
00326
00328
00330
00332
00336
00338
00341
00343
00344
00345
00347
00348
00352
00353
00354
00355
 バッテリー…、切れてただけでしたね。

一生懸命で素敵な人だなって
 幸い、あやめが席を外した隙に謝ることが出来た珠輝、パソコンもバッテリーが切れてただけ
 腰が抜けた珠輝、心配する思惟ですが…

 大げさですよ…、部長さんみたいなお姉さん、欲しかったなっ。

 自虐癖の部長
 でも、気配りが出来て一生懸命で

 元より、部長の真剣さに惹かれて入った珠ちゃん、見事な愛の告白だった…

 可愛いですよ(本当に)

『こんにちはーーーーーー!』

00357
 そしてはーちゃん空気読め!!

飯野水葉『…本田珠輝、何をしているのよここでッ!』

00359
00361
00366
00367
00370
00371
00372
00375
00376
00379
00383
 なんでメイク戻してるのよ!?

サティスファクション
 さっきも話してましたが、「スクリプト」を学ぶ為、いつの間にか部長さんに師事してたはーちゃん!
 呼応し、Iri§先生もリングに戻ってきた!
 で 

 予備を貸すわ! 私を満足させるくらいの出来にしてみせなさいっ!

 嗚呼、家主不在で話が進む!
 翻弄されまくり!

 いやまあ家主じゃないけど、家主も出てきたし!

 曰く

『リリース前は、無理せず落ち着いて乗り切るもの…! ドリンクも食材も、万全だから、思いっきり修羅場りなさいッ!』

00385
 ダメだ! こっちもこっちで修羅場のプロだった!
 俺は修羅場のプロだぜ!

 寝袋も付けるぜ!

『いやいや!? 当然のように泊り込もうとしてるけど、ここ、私の部屋!?』

00388
00390
00393
00394
00396
00397
00398
00400
00401
00402
00405
00407
00408
00409
00410
00411
00412
 これからも、SNS部を盛り上げていってねっ! 今までの十倍くらい!!

約束♪
 今回は切磋琢磨も悪くない、と折れた部長さんは、独り「部長任命」の時を思い出す
 全体を良く見ている、気配り上手だから
 と

 十倍って…、このくらいかな。

 自虐癖のある思惟
 対し、あやめはフォローに回ってくれています

 あやめが不足を埋めるように、照先輩は、良いところを引っ張り出してくれた人なんですね

 さっき、先輩が言ってた「約束」は果たされていた、と。

予告『ねえさん!?』『おらー!』『わかったじゃん、なんで絵を描いているか♪』

00419
00423
 次回、はーちゃんの天敵が…!

十倍くらい
 何も考えず振り回しているようで、周りを見て、思惟と珠輝のフォローに回った照先輩
 ケンカしたけど、自分の絵を磨きたい、って珠ちゃんの意識も正しいし
 立派な成長を感じた!

 思惟部長の、気配りスケジュール、部活だから楽しもう論も確かに正しい

 マイナス気味な思惟部長
 でも、彼女を頼って次々押しかけてくる展開、楽しいし修羅場だし、「愛されてる」って感じだった!

 裕美音ェ成分が足りない!

 次回、第11話「お困りですかお嬢さん」

ステラのまほう 第10話「精密機械」、公式あらすじ&スタッフ

00147
 振り回しまくる照・元部長がいい! 

あらすじ
 7月に入りみんな夏服に衣替え。ある朝、元気いっぱい上機嫌の珠輝はテルさんと再会して、彼女がSNS部を作った「照先輩」だと知る。照先輩はこれから学校に忍び込むと言いだし、珠輝の髪のリボンをほどいて持って行ってしまう!

スタッフ
 脚本:志茂文彦
 演出:小柴純弥
 絵コンテ:黒澤雅之
 作画監督:井嶋けい子、橋本真希、木下ゆうき、重松佐和子、山本亮友

ステラのまほう 感想 2016年秋アニメ 10月~12月

 ステラのまほう 第1話「スタート地点」
 ステラのまほう 第2話「たのしい創作」
 ステラのまほう 第3話「伝導アイテム」
 ステラのまほう 第4話「スキルアップ」
 ステラのまほう 第5話「カウントダウン」
 ステラのまほう 第6話「そくばいかい」
 ステラのまほう 第7話「はじめての思い出」
 ステラのまほう 第8話「デバックをなめたらダメだよ?」
 ステラのまほう 第9話「スキルアップ その2」
 ステラのまほう 第10話「精密機械」
 ステラのまほう 第11話「お困りですかお嬢さん」

PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
アニメランキング