響け!ユーフォニアム2 第9話 感想 ひびけ!ユーフォニアム アニメ画像 ネタバレ 前回はこちら
万感のユーフォニアム。あすか、家庭問題の全てが明らかに。一方、麗奈も起爆寸前…?

00352
00264
 久美子に「ユーフォっぽい」と謎の賞賛をするあすか、でもユーフォは、あすかと父を繋ぐもので
 自身を、“ユーフォっぽくない”と感じているあすかにとっては
 羨望が混じってたのかな、と

 あすかの幸せには、間違いなく「吹奏楽」が入っている。彼女の行方は…?

OPとEDと笑顔と
 あすかが初めて見せた新しい笑顔、OPやEDに伏線、2期冒頭での「ノート」の多くが回収に
 また、“父の手紙”の破れ方も意味深

 本当に素敵な演奏で、一方で“滝先生の過去”を知り始める麗奈、起爆の時は近い…!

夏紀『黄前ちゃん! …やっぱ、私だと……、不安?』

00000
 あすか復帰が無理なら、夏紀が代役に。しかし…

あらすじ
 あすかの家に呼ばれた久美子に、あすかを思う夏紀ら、多くの部員が「復帰」へ期待をかける
 麗奈は、“自分が久美子を好きである理由”から確信を持つが
 滝の昔の写真に動揺

 久美子は、あすかを訪ね、離婚した父に聴いて欲しい為に頑張っていたと知った

 自虐するあすか
 だが、久美子はあすかの演奏が好きだと叫ぶ

 あすかは、「ユーフォっぽい」久美子だから打ち明けたんだよ、と彼女を「褒める」のだった

夏紀『“私は”不安…』
黄前久美子『いつから…、知ってたんですか?』

00001
00004
00009
00012
00013
00014
00016
00018
 どうして…、久美子がそんな顔してるの?

座り方に性格が出る
 母襲来事件直後、あすかは夏紀にだけは「後」を託していた、それを聞いた久美子さん
 帰り際も、どこかぼんやりしています
 で 

 悔しくて…。

 心配げな麗奈
 基本、「滝先生は正しい」という麗奈

 それに麗奈は「あすか」を知らない、久美子が妙に凹んでいるのが不思議そうというか

 困ったような顔が、ホント、“麗奈らしい”って感じがします

第1期ラスト、京都大会での久美子『今日が最後じゃないですよ? 私達は、全国に行くんですからっ』

00015
 たぶん久美子は、「気付く材料」を、たくさん自分が持っていた事を思い返して
 気づけなかった事が、悔しかったんじゃないでしょうか
 近くにいたのに気付けない

久美子『ただいまー……』

00022
00023
 久美子の「ただいまー」が毎度ながら久美子すぎる

姉はどこ行った?
 それは「姉」も同様で、姉が、進学の為に“吹奏楽を”進んで辞めた、と信じていた
 けど、そうじゃなかった

 他人の心変わりを嫌がり、亡き妻へ“不変”の愛を持つ滝先生に感じ入ってた久美子

 けど、他人の心ってのは本当に分からない

新山先生『はいっ、ではもう一回! さんしっ』

00024
00025
00026
00030
00031
 夏紀先輩の譜面には、あすか先輩の字で、たくさんのアドバイスが書かれていた…。

遺言Music
 ハッシー同様、今回も来てくれた「滝先生の大学時代の友人」新山先生、しかしあすかは来ない
 夏紀の譜面に、びっしり書かれたアドバイス
 それは

 まるで…、遺言みたい。そう思った。

 思っちゃったか…
 もう来れない、だから託すよ、と

 そして託された夏紀は、実は、とある作戦を考えていたのである!

 気遣いの夏紀!

久美子『“あすか先輩を、連れ戻すぞ大作戦”…?』

00033
 なお、マドンナ香織の命名だそうな
 かわいい!

 ホント、彼女の67%は可愛さで出来ている!

久美子『…無理ですっ!』

00036
00037
00038
00041
00044
00047
00048
00051
00052
 無理です(迫真)。

香織プレゼンツ
 久美子の「あすかハウス行き」は、退部した葵からなのか、既に広く伝わっているようでした
 それなら、“あすか母説得”を頼みたい
 と

 お母さんの好物なんだって…、これさえ持っていけば、全ておっけーっ!

 おっけー!(目は見ない)
 香織先輩、ことごとく何もかもが可愛い!?

 無茶振りなのは承知の上、目を逸らす夏紀先輩、ホント登場初期とは別キャラだわ!

 けど、一つの期待があるんですね

『けど、本当に今まで上手くやってきたよ…、高坂(麗奈)さんの時も…、みぞれの時も』

00054
 久美子は即否定しますが、彼女の存在が、事態を動かしてきた事を夏紀は知っている
 夏紀も、希美もすっかり手詰まっていたところに
 久美子が来てくれた

 最後に動かしたのは希美たち自身、でも、久美子大きな要素となった。

夏紀『あすか先輩が、どうして黄前ちゃんを呼んだと思う? …私は、黄前ちゃんなら、何とかしてくれる、って期待してるからだと思う』

00055
00057
00058
00062
00065
 もし、あすか先輩が戻ってきたら…、夏紀先輩、吹けなくなります。

私はいいの
 また、「レギュラーで吹きたい」という事は、これまでも度々語られたこと、しかし夏紀は「いい」と
 来年があるし、部の為の最善はあすかが吹く事だ
 と

 黄前ちゃんらしいね? …うん、本心だよ。

 念を押す久美子
 ぎゅっと、カーテンを握った緊張

 緊張して「本心ですか?」と重ねた久美子に、「らしい」と、まっすぐに応えてくれる夏紀先輩

 この人って、本当に優しい…。

久美子が「緊張」していた理由?

img_1
 第1期の第10話「まっすぐトランペット」より

 第一期で香織と麗奈がもめた際、久美子自身、過去に「先輩を押しのけて」レギュラーとなり
 激しく罵倒された過去が描かれています

 トラウマなのでしょうね。
 
希美『夏紀ー? 終わったー?』

00067
00068
00069
00070
00071
00072
 相変らず、久美子の力尽きっぷりがホント久美子。

伝えて欲しい
 夏紀や香織だけでなく、あすかに恩を感じている二人、希美達にも頼み込まれる久美子
 増える重荷、心配する麗奈

 伝えて欲しい、あすか先輩に…、「待ってます」って。

 重い想い
 対し、「パートも違うから」と麗奈

 彼女は、あすかに対し冷徹にも感じますが、そういや、そもそも誰に対してもそうかも

 文字通り「吹きたいから吹く」、を地で行ってるんですよね

麗奈『でも…、なんとなく分かる部分もある』

00073
 しかし麗奈は、麗奈さん一流の視点から「久美子」を分析する
 久美子さんが潰れそう!

麗奈『久美子って…、何かひっかかるの。
普通のフリして、どっか見透かされているような、気付いてなさそうで…気付いてるような』

00074
00075
00077
00079
00081
00082
00084
00086
00087
00091
 そして…、一番イタいところで、ポロッと言葉になって出てくる

「本気で全国いけると思ってたの?」
 麗奈の視点、感覚的に、考えながら語る麗奈の動きが可愛い! そして久美子にストライク!!
 いつも久美子は、“普通のフリして”気付いてる
 だから

 ぎゅっと捕まえて、その皮、剥がしてやるってっ!

 他人を見透かしてて
 その泣き所を、一番イタいところで口にする

 そんな久美子に泣かされたから、その「普通のフリ」を、剝がしてやろうって決めていると

 ああ、なんか思い出しますね

“夏祭り”『やっぱり久美子は性格悪い♪』

img_31
 第1期第8話「おまつりトライアングル」より

「良い子」の皮
 当時、フツーに「良い子」ぶってるけど、本当は冷めた性格の悪い子だと褒めた麗奈。
 その気持ちは、ますます強まっているようで

 ぎゅっと捕まえて!

久美子『失礼しまーす、先生ー…、ぁ?』
麗奈『しっ!』

00093
00095
00096
00099
00102
00104
00105
00107
00109
00110
00112
00113
00114
00115
00118
00120
00123
 あれ…、高坂さん…? すいません、不味いところを見られてしまいましたね?

私の想い人
 職員室、いつか「強豪校の分析」をしていたように、滝は、部員よりも早く学校に来て備えており
 そしていつも、彼女達が“帰り終える”まで待っている
 だから

 あ、え…、い、いつもご指導ありがとうございますっ! 鍵、もって来ましたっ!!

 麗奈ホンット可愛い…
 疲れを理解し、見守る優しい瞳の麗奈

 冷めているようで、好きなものには一直線、手が触れ合っただけで真っ赤になる麗奈!

 ただココ、本当にヒヤヒヤした!

滝『黄前さん、中川さんの演奏で、気付いた事があったら教えてあげてください』

00124
 そしてやっぱり…、滝先生、先日から「机の上に写真を置く」ようになったんですよね
 ああ、やっぱり見ちゃった!

※台風回が転機?

滝『中川(夏紀)さんも、それを待っているはずです』

00126
00128
00129
00133
00134
00135
 最悪、一人で、か……。

「爆弾」二つ目
 久美子は、“写真”や奥さんの事を知っていますが、このままだと「高難度パート」を一人で担当
 多分、本来はあすか一人で吹くはずだったパートですね
 ヘヴィすぎる…

 かくて、上の空の麗奈にも気付けず、上の空コンビで帰る事に

 久美子は“知っている”
 この忙しい時に、また爆弾が一つ増えてしまった!!

 麗奈、結んだ唇がすごく心配だ…。

アイキャッチは、今週可愛さの塊だった香織先輩

00136
 花形のトランペットが、本当によくお似合いなのですわ。
 優しく気遣う部の柱

久美子『遂に、あすか先輩の家に行く日がきた…!』

00137
00139
00144
00145
00147
 あすかの「本」に興味津々、ふんふん頷く久美子かわいい!

「いる…ッ!」
 あすか先輩、存在感ハンパない! こんな時間に帰るなんて久しぶり、でも久美子は「風邪」で…
 先輩、自分が部から離れてしまったと実感

 そっかー…、そういう事も、分からなくなっちゃったんだねー…、私。

 スニーカー♪
 家まで10分、他愛ない事を話して歩く二人

 というか他愛のない話でもしないと、会話が続かない! と久美子さんビビりまくり!!

 ヘイヘイ久美子ビビってる!

??『あすかーーーーーーーーーーっ!』

00149
 そこで場を動かしたのは、かけてきた香織先輩、ホント気遣い大魔神である。
 この時間は「特別」

 そんな話をした直後、偶然のように駆けてくる!

香織『黄前さん…、一緒に帰って…、いいかな…?』

00150
00151
00152
00153
00154
00155
00156
00161
00162
00163
00165
00166
00167
00169
00170
00173
00174
00176
00177
 爆裂気遣い香織大明神! しかし…!!

まっくろ三年生
 しばらく話を繋いでくれた香織先輩、別れ際に、例の「あすか母の好物」まで!
 でも、色々と意味深でしたね。

 可愛いでしょ? 香織って。

 ですよね。
 偶然だ、と「装って」現れたこと

 香織の気遣い、「あれで、バレてないとでも思ってるのかな? 可愛いな」って意味でしょうか?

 バレバレなのに、可愛いなぁと(褒めてない)。

あすか『ここが私の家っ! 誰も居ないから、気のせず上がって?』

00179
 そして遂に描かれた「あすかハウス」! 意外に豪邸、というか旧家風だった…?!
 ああ、“束縛の強い性格”の原因なのか?
 しきたりが多そう!

 母の「束縛の強い性格」は、束縛の強い“京都の旧家育ち”だから?

久美子『ユーフォ…、もって帰ってるんですね?』

00180
00181
00185
00186
00188
00189
00190
00193
00195
00196
00197
00198
00199
00202
00205
00207
 いひひ…、「あの人」にはナイショだけどね?

あすか様はお見通し
 マンション暮らしの久美子は落ち着かず、というか、この規模の家なのに「祖父母」もいない。
 先制ジャブで、“香織のプレゼント”のグラスも
 で

 お嬢さん…、これは重症ですぞ?

 壊滅的成績…!
 入学以来、吹部一直線だしねェ。

 幸い、理解は早く、そしてあすか先輩も「母を説得しろと吹き込まれた」と気付いている

 ホント「香織は可愛い」。
 
『よろしくお願いします…』

00210
 前も言いましたが、「母の帰りは遅い」ので、手渡し不可だと諦める久美子
 圧倒的敗北…!

 そして痺れる! (お茶を)運ばれるゥ!!

久美子『あの…、一つ聞いていいですか? どうして急に…、勉強見てくれる…、って?』

00212
00217
00219
00222
00223
00225
00228
00229
00232
00234
00235
00236
00238
 成績悪いってどこ情報ですか!? 慌てる久美子かわいい!

ユーフォ奏者「進藤正和」
 遂に、直接切り込んだ久美子は、当初「成績が悪いと聞いたので」と返されて慌てますが
 明かされたのは、あすかの過去
 そう

 私の元父親なの。

 質問タイムですっ
 あすかは、「話を聞いて貰いたかった」と

 久美子の原点であり、前回の「有名奏者」はあすかの父、だが記憶は全くないという

 一度も、会った事がないという。

『母親がねー…、ぜったい関わらせたくないみたい。…職員室で見たでしょう? あの人、チョットおかしいから?』

00244
 思わず久美子も「おかしいって」と返すほど、ざっくり評するあすかさん。
 彼女の母評。

 母は、とにかく「束縛が強い人」。

『嫌いじゃないっていいましたけど…、嫌いなんですよね…、おかあさんの事』

00246
00248
00251
00252
 クッキーをつまむ動作まで、一つ一つの丁寧さが京アニ。

幸せの理想像
 一般論で語るあすかだったが、「久美子らしく」ざっくり切り込まれ、正直に吐露した
 でも「母」なのは事実、枷だと
 そして

 あの人に中には、明確な幸せの理想像があって、そこに吹奏楽は入っていない

 束縛の強さ
 母は、明確な「理想像」があるのだ

 そこから外れる事を許さない、外れると、途端にヒステリックになってあんな風になる

 あすかは、“諦めて”生きてきたのでしょうか

久美子『じゃあ…、どうしてユーフォを…?』

00253
 それだけ「母の考えは変わらない」と知って、何故なのか。
 原点は、小一の時

 いきなり、父からユーフォが届いたのだという。

あすか『ボロいノートと手紙…、それと…、ユーフォニアムが』

00254
00256
00258
00263
00264
00267
00272
00274
00277
 漫画みたいな話ですね、久美子は「現実的」でしたからね!

わたしのユーフォニアム
 近所に経験者がいると聞き、教えてもらったら存外上手く吹けた、のめりこんでいったあすか。
 母は、あすかが本気だと分かると厳しくなり…
 で

 周りをみて、いつも思ってた。“私は遊びでやっているんじゃない”。

 一人で吹ければいい
 なるほど、「麗奈評価」は正鵠を射ていた

 成績が悪くなれば辞めさせられる、だから本気だった

 本気さが違った。

あすか『…バチがあたったんだろうねえ』

00279
 あすかは退部騒動にも、葉月と秀一の悲しい恋も、麗奈と香織のソロ争いにも距離を置いた
 時間がもったいない、吹ければいいと思った
 でも…

 中でも、恋愛なんてどうでもいい、と言いきったのは父母の離婚もあってでしょうか 

あすか『見て? 全国大会のホームページ…、ここ。“これ”で欲が出た。だから…』

00280
00281
00283
00288
00289
00290
 全国に行けば、演奏を聞いてもらえる…、だから。

私利私欲の為
 第2期では、「北宇治の音を」「部の為」と言っていたあすか、その根源は“父に”聴いて貰いたい
 私利私欲を、かっこよく“部の為”だと摩り替えた
 だから

 まあ…、神さまは見てるって事だよね? うふふ……。

 バチがあたった
 いつもいつも、「自分の為」にやってきた

 部の為だと奔走した晴香、香織、それに希美たち、彼女達への引け目もあったのでしょうか。

 開催大会直前、食い入るようにパソコン見てた理由はコレか…。

久美子『私…、あすか先輩のユーフォが好きです!』

00292
 しかし、自虐で諦めようとしたあすかを救ったのは、やっぱり久美子
 根源は「好きだから」

 これまで、あすかを追いかけてきた久美子だから

久美子『合宿の朝、先輩、一人で吹いてましたよね…、あの曲聴いて、思ったんです…、私、この音が好きだって…』

00293
00300
00303
00305
00307
00309
 もしかしたら私…、あの曲を、黄前ちゃんに否定して欲しいのかもしれないな…。

どうしてですか
 あの曲こそ、“小一の時”に送られてきたノートの曲で、しかしあすかは「否定して欲しい」という
 理由は、けっきょく分からない
 だが

 ずっと聴いていたいです! 今、吹いて欲しいくらい!!

 温かくて
 なんか、優しくて。

 とは久美子評、あすかが否定して欲しいのは、「作曲意図」を否定して欲しいから?

 あの曲は、果たして誰の為の曲…?

あすか『黄前ちゃん…、今日は珍しく積極的だね?』

00314
 熱血漢久美子、いつものように茶化そうとするあすか
 が

久美子『あすか先輩が…、いつもと違うんですよ?』

00316
00319
00322
00323
00325
00327
00330
00333
00336
00338
 黄前ちゃんはホント…、ユーフォっぽいね?

ユーフォっぽい
 今度は他愛ない話をしながら、つまりあすかと自然に接しながら、河川敷へと向かう久美子。
 対し、あすかから飛び出した“謎評価”
 が

 私…、自分の事、ユーフォっぽくないって、ずっと思ってたんだ。

 更に謎表現
 そして、「びっくりした」と

 久美子と出会って、あすかは本当にビックリした、それが一番の“動機”なんだと

 いわく

『こんな…、こんなにユーフォっぽい子がいるんだって…、褒めてるよ? だからかなあ…』

00339
00341
00342
00345
00346
00349
00352
00357
00361
00362
00364
00366
00369
00372
00374
00376
 話、聞いて欲しい、って思ったのは。

ひびけ!ユーフォニアム
 あすかにとって、たぶん最高の賛辞である「ユーフォっぽい」があるから、話を聞いてもらった。
 そうして、二人は河川敷で吹き
 聴くのです

 その笑顔は、今までみたあすか先輩のどの笑顔とも、違う笑顔で……。

 仮面優等生あすか
 笑顔笑顔笑顔、いつでも笑顔のあすか

 見慣れた「笑顔」だからこそ、いつもと違うと、はっきりわかる。

 これを見た以上、久美子は戦わねばならないな…!

そして、次の曲が始まるのです……

00378
 そして「破れて繕った」手紙、破れ方やしわの入り方、やぶったのはあすか自身?
 母なら、もっとグッチャグチャにしそうですし
 あの性格だし

 この手紙の内容、曲にこめられた気持ちが、「否定して欲しい原因か。

タイトル回収、本当の修羅場が始まるのです……

00377
00380
00381
00382
2bd053bc
00000
 2期1話冒頭や、EDのノートは「父の楽譜」だったのね

ぼろぼろノートブック
 また、「既にぼろぼろだった」という事は、結婚していた頃に作られた曲なのかもですね。
 ともあれ、姉、あすか、他人の真意に気付けなかった事
 悔しかった、という久美子

 しかし待って欲しい、すぐ隣で、麗奈さんが爆裂リミットブレイク寸前なのだと…!

 問題は示された
 後は、それをどう解決してゆくかにありますが…?

 あすかの謎の「褒め言葉」、響くユーフォニアム、すごくグッとくる回でした

 次回、第10話

響け!ユーフォニアム2 第9話「ひびけ!ユーフォニアム」

st09_comment
 公式サイトより

あらすじ
 勉強を教えてもらいに、あすかの家へやって来た久美子。
 部員たちにも背中を押されて、あすかを復帰させようと説得を試みる久美子に、あすかはなぜ自分がユーフォを始めたのか、部活を続けて来たのかを打ち明ける……。

スタッフ
 脚本:花田十輝
 絵コンテ・演出:石立太一
 作画監督:高瀬亜貴子
 楽器作画監督:高橋博之

響け!ユーフォニアム~北宇治高校吹奏楽部へようこそ~ 感想 2015年 4月

 第1回「ようこそハイスクール」
 第2回「よろしくユーフォニアム」
 第3回「はじめてアンサンブル」
 第4回「うたうよソルフェージュ」、第4回感想追記
 第5回「ただいまフェスティバル」
 第6回「きらきらチューバ」
 第7回「なきむしサクソフォン」
 第8回「おまつりトライアングル」
 第9回「おねがいオーディション」
 第10回「まっすぐトランペット」
 第11回「おかえりオーディション」
 第12回「わたしのユーフォニアム」
 第13回「さよならコンクール(完)」

響け!ユーフォニアム2 感想 2016年10月

 響け!ユーフォニアム2 第1話「まなつのファンファーレ」
 響け!ユーフォニアム2 第2話「とまどいフルート」
 響け!ユーフォニアム2 第3話「なやめるノクターン」
 響け!ユーフォニアム2 第4話「めざめるオーボエ」
 響け!ユーフォニアム2 第5話「きせきのハーモニー」
 響け!ユーフォニアム2 第6話「あめふりコンダクター」
 響け!ユーフォニアム2 第7話「えきびるコンサート」
 響け!ユーフォニアム2 第8話「かぜひきラプソディー」
 響け!ユーフォニアム2 第9話「ひびけ!ユーフォニアム」
 響け!ユーフォニアム2 第10話「?」

PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
アニメランキング