魔法少女なんてもういいですから。セカンドシーズン 第9話 感想 私は働く!家族のために! アニメ画像付き ネタバレ 前回はこちら
労働基準法なんてもういいですから。…あれ? コレ何のアニメだっけ!?

00107
00049
 笑った笑った! 最後まで、誰の夢か手に汗握る夢オチ回だった! 普通にお父さんか!!
 元気があれば、仕事が出来る。仕事があれば元気が生まれる…
 ン~、名言だなァこれは!

 仕事を奪う悪の「労働基準法」と、今日も戦えお父さん!

撃てませぇん!
 無理だ! そこまでサービス残業したくないよ私はどういう事なのパパさん!?
 だいやちゃん、夢オチの中で初変身!

 そうだよ、このブラック労働カオス感 こそ「まほいい」だよ!!

ゆずか父:諏訪部順一

00000
 このキャストの時点で既に笑えるからズルイ。
 やったぁパパン回だ!

ゆずか父『今日は、ずいぶんと捗ったなぁ…』

00001
00003
00004
00005
 これは、ゆずかが知らない「父の朝」の物語である!

ハッカドール
 ウソみたいだろ…、今、朝の4時26分なんだぜ…。パパさんの夜は遅い。
 いわゆる午前様である(ウソです)。

 朝日か…、生きてる、って感じだなぁ……。

 死んでる!
 違うよ、絶対死んでるよ!!

 オープニング含めた開始1分足らずに、どれだけツッコミところを詰め込めるか!!

???『お父さん…、お父さん……』

00006
 しかし生の喜びを実感したのも束の間、倒れていたお父さん。
 呼び覚ますのは、もちろん彼の娘

 マイドーター、ゆずかである。

ゆずか『お父さん、私、魔法少女になりましたっ!!』
父『ええ!?』

00008
 ええ!?(視聴者)

だいや『私も魔法少女ですにゃ♪』
ちや『私も魔法少女ちやだちやっ!』
パパ『ええ!?』

00011
 ええええ!?(視聴者)

ゆずか『この世界から、キラメキが奪われていっているんです!』

00012
00013
00015
00016
00017
00018
00019
00020
00021
00022
 八時間労働遵守ー! サービス残業禁止ーーー!!

悪の帝王
 きらめき、それは「労働」! なるほど労働を奪うなんて確かに悪だ! 見た目も悪だ!!
 でも台詞がおかしい!

 悪の帝王、労働基準監督署!

 悪だった?!
 分かった、これパパの夢だ!!

 だいやちゃん、初変身がこれってそんなのぜったいおかしいよ!

『何!? 俺も戦う!』

00023
 何!? から「俺も戦う!」までなんと0.1秒足らず!!
 決断早ェ!

『徹夜の味方…! 働けンゴールド……、一本五千円ッ!!』

00024
00025
00027
00028
00029
00030
00031
00032
00033
00034
00035
00038
00043
00045
00046
00047
00049
00053
00054
00055
00056
00057
00060
00061
 黄色と黒は勇気のしるし♪ 週168時間、戦えますか!!

ナイスセクシー!
 変身アイテムも、変身する動機も、そもそも変身する事自体もすべてがおかしい!
 今、全てがおかしい!

 この世に仕事がある限り…、喜んで働き続ける…、魔法中年・父!
 
 颯爽登場、銀河魔中年!!
 ホントにもう、何が父だバカバカしい!?

 なるほど「喜んで」、って部分がポイントなんだな!! ナイスセクシー!!! 鋼鉄ジーグ!

 作画の悪ノリがすげえ!

ちや『ゴーレム! ゆずかをいじめる、悪い奴だちや!』

00063
 ちょっと待って! 今、ララァ・スンがいたよガンダム的に考えて!?
 シャアをいじめる悪い奴!

だいや『お手伝いしますにゃ! チョコクッキー・クラスター!!』

00065
00066
00067
00068
00070
00071
00073
00074
00078
00079
00081
00083
00085
00086
00087
00088
00089
00090
00091
00092
00093
00095
00097
00098
00100
00101
00102
00103
00104
00105
00107
 クラスターとは! 多数の小型弾を発射散布、使用禁止条約もある極悪兵器である!

何が監査だ!
 何気にえげつない武器を使うだいやちゃん、ちやちゃんらしい「マイナー文具」ビーム!
 知らなかったよ、中年って光るんだね!

 労働基準法…、ばんざい…ッ!!!

 倒して良かったのかなぁ!?
 総攻撃で撃破し、「これで好きなだけ仕事が出来る」と感慨深げなパパさん

 もういっそ、すべてがおかしい

 パパさんかっけー!

ゆずか父『ふわぁぁ…、良く寝た』

00109
00111
00112
00113
00114
00115
00116
00117
 元気があれば、仕事が出来る。仕事があれば、元気が生まれる…!

エンドレス労働
 結局、もちろんパパさんの夢オチでしたが、なんだか名言っぽいことでその場をまとめつつ
 お父さん、いざ!

 よし! いってきまーーーーーーーーーーすっ!!

 だからおかしいって!?

『続く?』

00118
 おわかりいただけるだろうか

永遠への回帰
 朝四時、朝が白み始める頃に帰ってきて、公園で一眠りして活力を取り戻し…
 ブーメランのように会社に戻るパパ!
 すげえよ!

 彼の労働に、終わりなんて最初からなかった!

魔法少女なんてもういいですから。感想 2016年1月

 第1話「…あんた、僕が見えてるのか?」
 第2話「はい、水着です。間違いないです」
 第3話「ねえ、ゆずかと私は友達よね?」
 第4話「魔法少女には定年があってね」
 第5話「私は水着に変身するのが嫌です」
 第6話「会社勤めとは魔法少女の戦闘よりも過酷な労働なのかい?」
 第7話「私のコレクションになるのに」
 第8話「魔法少女の…仲間……」
 第9話「魔法少女の必要性はもう無い」
 第10話「完璧超人だよね……ペッ!」
 第11話「じゃあ、何の為の魔法少女なの?」
 第12話「僕は、ゆずかの親友になる(終)」

魔法少女なんてもういいですから。セカンドシーズン 感想 2016年10月

 魔法少女なんてもういいですから。セカンドシーズン 第1話「魔法少女になってメリットはあったの?」
 魔法少女なんてもういいですから。セカンドシーズン 第2話「水着って変じゃないですか?」
 魔法少女なんてもういいですから。セカンドシーズン 第3話「魔法少女ちや、登場ちやっ!」
 魔法少女なんてもういいですから。セカンドシーズン 第4話「一緒にゆずかを愛でませんか?」
 魔法少女なんてもういいですから。セカンドシーズン 第5話「お姉さんが何でも教えてあげるね」
 魔法少女なんてもういいですから。セカンドシーズン 第6話「だって、このままの格好じゃ…」
 魔法少女なんてもういいですから。セカンドシーズン 第7話「見え過ぎなんじゃないの?」
 魔法少女なんてもういいですから。セカンドシーズン 第8話「僕の話かい?」
 魔法少女なんてもういいですから。セカンドシーズン 第9話「私は働く!家族のために!」

PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
アニメランキング