ろんぐらいだぁす! 第6話 感想 フォルトゥーナ アニメ画像付き ネタバレ これまでの感想はこちら 前回
“チーム・フォルトゥーナ”結成! ヤビツ克服、更なる難所を要求する先輩sが腹黒可愛い!!

00148
00432
 以前、「ヤビツを越えられるようなら、行ける場所が増える」と言ってましたが、紗希さん参加で
 ますます黒さが加速する、“悪い先輩”っぷりがホント好き!
 初心者を引っ張り込む楽しさ!

 しかし、「フレッシュ」断られた時はどうなるかと思いましたが、20歳制限だったのね

だから“大学生”か!
 もちろん、ロードが高額な事も一因でしょうけど、なーるほどって感じでした。
 実は画伯! 亜美ちゃんデザインも良し!

 挫折へ再挑戦、乗り越えた喜び! こういうの好きです

『わぁ~、懐かしい! ポン太くんと初めてサイクリングした時のだ~♪』

00001
 アホみたいに写真撮ってましたもんねえ

フォルトゥーナ
 最近、毎日境川ロードを走るなど鍛錬に余念ない亜美は、一年発起し「ヤビツ峠」に再び挑んだ
 登竜門とも言われる難所は、やっぱり厳しかったが完走に成功
 走れる場所が、格段に広がる事を意味していた

 また、その際「チームジャージ」を着た一団を目にし、亜美は自分達も揃えたいと提案

 20歳以上で参加できる“フレッシュ”を目指し
 亜美たち5人、女子サイクリニストチーム、「フォルトゥーナ」が結成となった。

 そのチームジャージとマークは、意外な特技を見せた亜美の手で、デザインされる事となる。

 次回、第7話「チームの絆」

亜美『飯田牧場のジェラート、初めて食べた時の…♪ 今はもう、常連だもんねー♪』

00002
00003
00007
00008
00009
00012
00014
 牧場での乳製品って、ホントなんで!? ってくらい旨いから困る。

Re:トライ
 今はスマホがあるから、「写真」で振り返るのも容易! 飯田牧場に三浦半島、そして富士山と
 亜美ちゃんも、色々走ってまいりました
 が

 ヤビツ峠に行った時の…、途中で足が攣って、リタイアしちゃったんだよね…。

 リタイア(再起「可」能)
 挫折の思い出、新しいロード、となると想いは一つ!

 なんて分かりやすいリ・スタート! 復讐するは我にありって奴ですね!!!

 作画的にも、ついに「並行制作作品」が今週で終わりました!

『おつかれー?』

00018
 めっちゃ汗を流し、ドリンクを飲む亜美ちゃん、手馴れてきた感じですね
 と、思ったら…

雛子『おお~、亜美もだいぶロードに慣れてきたよな~、ふふ~ん♪』

00016
00017
00019
00021
00023
00025
00027
00030
00031
 毎日、境川(第1話のコース)を走って、練習してましたからっ♪

日々之精進
 意外に努力してた亜美ちゃん、そりゃ伸びますし、チーム的にも「近場を行き尽くした」そうで
 けっこう、前回から時間が経っていた模様
 で

 来週のツーリングはどうする~?

 ハイ出た!
 でも、「努力」もしてたのね

 ロードに乗り換えたから「いざ!」ではなく、皆について行ける、自信がつくまで待ってたようで

 あと今週、顔がちょい崩れ気味ですね

『だから…、その、次はヤビツ峠でどうでしょうかっ!』

00038
 知ってた! けど、いち早く察する葵ちゃんがさすがの貫禄でしたね。
 お前はカレシか!

紗希『ヤビツ? まあ、蓑毛の辺りはちょっとキツいかもね~』
葵『その辺は越えたんですが…』

00042
 ちなみに「最大の難所」という蓑毛の坂は、12%ほどの坂が、1キロ弱くらい続くのだそうで
 この、神奈川県秦野市にある“ヤビツ峠”という場所は
 一種の登竜門なんだそうな

 ここを越えられるようなら、大概の場所は行けるレベル、って場所なのね。

雛子『…良いんじゃないか?』
紗希『ヤビツなら、峠の先の喫茶店も外せないわね~♪』

00043
00048
00050
00053
00054
00059
00062
00063
00066
 ガリガリ…、と負荷の大きそうな音が、いかにもキツそう!

ヤビツ・リベンジャー
 かくて、再び始まったヤビツ峠、見るだけで「Oh…!」となっちゃうような道が続いてる…!
 マゾや! 自転車乗りはマゾばっかりや!!
 或いはSや!

 ロードでもここはキツいな~、さすが、ヤビツ一キツいとこ…!

 でも力尽きたとはいえ
 あの時も、「折りたたみ」で越えられたんですものね

 弱虫ペダルでは、ママチャリでロードとレースしてましたし、「乗り換えイベント」は過酷すぎる!

 が

『でも…、あれから一杯走ってきたし、失敗を繰り返さないよう、準備もしてきた…! 今日の私は、前の時と違うんだっ!! 』

00067
 最初はハンガーノック、はたまた塩分不足による足の攣り、それからパンク
 一通りの失敗、そこからの克服
 ホント、色々ありました

 が

葵『亜美ー! リラックスだっ! せっかく来たんだから…、楽しもうっ!』

00068
00072
00073
00074
00075
00077
00080
00083
00085
00089
00092
00094
 もう過ぎたな…、前回リタイアした場所♪

あの坂を越えて
 ここで頼もしかったのが経験者の葵ちゃん! いつも敢えて最後尾から、亜美を見守ってますが
 そもそも、“楽しむ為だろう”と思い出させてくれる
 また

 ここまで来れば、頂上まで後ちょっとだっ!

 昨日の自分を乗り越えた!
 こういう達成感って、ホント「気持ち良い!!」って思う奴だ!

 一方、頂上でも、雛子先輩が一番心配げに見守っててちょっと笑えます。

 付き添えない性格!

『あっ! おーい、きたぞーっ!!』

00095
 こうやって、どんどん上体が見えてくる感じ、「上って来てる」って感じがして
 すごく好きです。

『がんばれー!』『後すこしーーーーーーっ!』

00096
00098
00100
00105
00106
00110
00112
00113
00115
00117
00118
00120
00125
00129
00133
00134
00137
 ロードだけでは、ヤビツは登れないぞ? 登れたのは、亜美の実力がついてきたからだっ

リベンジ達成!
 ロードだけでも体力だけでも! くたくたになりながら達成した亜美に、全員「補給食」のプレゼント
 手書きの一言が、プレゼント感で微笑ましい
 で

 私からは…、これな?

 雛子さんは「一話」のアレ!
 葵の羊羹、スポーツ羊羹って奴ですかね!!

 ちゃっかり似顔絵も書き添えたり、一番、ノリノリな雛子先輩が可愛い!

 もちろん、激甘のアレですが

『頂きます~、…甘い…! でも、幸せ~~~~!』

00139
 亜美の声、cv東山さんガチで苦しそうでちょっと笑います。
 どんだけだよ甘さ!

 即効性!

亜美『なんか…、どこまでも走れるような気がします♪』
雛子『お、そうか?』

00141
00144
00146
00148
00149
00150
 という事は…? ヤビツがいけたって事は、“椿ライン”とか行っちゃう…?

大丈夫♪
 ダメだこの先輩コンビ! 早くも、「なら次は20キロの上り坂」とかスパルタすぎてひどくない!?
 神奈川県道75号湯河原箱根仙石原線!!

 大丈夫大丈夫♪ 距離はあっても、坂はキツくないから♪

 笑顔www
 声があからさま過ぎィ!

 どんだけキツいのかと思ったら、直線なら3km程度を、13kmかけてくねくね進む道があるとか

 でもここ、温泉地ですよね?(真顔)。

亜美『おお…、壮観だね』

00154
 そんなダベってると、男女混合「チーム」が快速で! 顔が一緒なのでもしや前回の?
 と思ったら、モブ共通顔だったらしい
 男子への作画差別!

 続くカットだと、女子がちゃんと可愛かったです。

『ああいうのは、チームのユニフォームなんですか? …あ、そういえば雛子さんのジャージ』

00156
00158
00159
00163
00167
00169
00171
00172
00174
00175
00177
 おー、チームのメンバーに会ったのか?

作れるんですか!?
 前回に続き、「ジャージ」に注目した亜美ちゃん、実は雛子と弥生、前回のチームが着ていたのは
 自転車コミュニティ、“巫女サイクル”のジャージなのだった
 なぜ巫女?

 仲間の目印、って感じで作ったジャージだけどなー?

 原作者のデビュー作ネタ?
 ともあれ、チームというか「寄り合い」って感じなのね

 思った以上に「作れるんですか!?」と、食いついた亜美ちゃん、次の物欲が始まった!

 他所チームさんのも、猫さんマークで可愛らしい

『良いなぁ…、…チームジャージ』

00180
 そろそろ行くか、と切り上げたものの、ジャージが気になって仕方ない亜美ちゃん
 しかし、レースパンツ買ったばっかでしょうに…
 物欲に果てはない!

 と思ったけれど、「時間が経った」ならバイト代も相応に?

『仲間の…、目印……、仲間の…』

00184
00188
00189
00191
00193
00194
00195
00201
00203
 なら! いつも一緒に走ってる皆と、そういうの作っても良いのかも?

オーダーメイド!
 すぐさま調べ始める亜美ちゃん、「イタリア製」とか、お高価そうな文句が踊っています
 いわく、思ったほどじゃないとのこと
 で

 5着から注文可能…? …すごーいっ、ちょーどぴったりっ!

 実際、上下で2万5千円くらい
 Tシャツは更に安い、けどジャージですものね。

 オーダーメイドというとお高いイメージですが、普及で、こういうのも安くなってるんですかね

 或いは、亜美ちゃん「高くない」って毒されてる…!

『お揃いのジャージを着て…、いつか、皆と“フレッシュ”に参加を…♪』

00206
 夢がひろがりんぐ! フレッシュとは、第2話で語られた「チームで走る」ブルベ。
 ロングライド競技の一種

 24時間で、360キロ以上走るというもの(東京⇒名古屋間くらい)。

亜美『えへへへへ! いいなー! いいなーそれーーー!!』

00208
00213
00215
00216
00217
00219
00220
00221
 お姉ちゃん…、なんか怖いよ? 大丈夫?

妹さんが見てる
 実際、休憩も含めて(?)24時間なら、視聴者側としてもかなり面白そうな感じですが
 それより先に、妹さんが見てる!
 見すぎ!

 大丈夫だよ! そんなアブない人を見るような目で見ないでーーーーーー!

 実際アブないからね!
 しかし亜美ちゃん、やっぱ二階だったんですよね

 毎回、特に苦労の様子なく「ポンタ君」を持って上がってるなら、けっこう軽い奴なのか

 ただ亜美ちゃん、気付く!

『皆に、余計なジャージを買ってもらうって事だよね…』

00224
 そこに気付くとは…! 出費のたびに泣いてた亜美ちゃんが、仲間に出費を強いる側に!
 成長した!

亜美『あー! どうしよう!? 止めた方がいい!? でもでもー!!』

00225
00230
00233
00239
00241
00244
00247
00248
00252
00255
 目の下にすごいクマ…、でもすごい笑顔…?

画伯大爆発
 ともかく多大な迷惑と、多大な目のクマと共に、亜美の「ジャージを作ろう」計画が発表!
 当初、みんな面食らったようですが

 皆がすごく大事な仲間だと思って…、絆みたいなものを、形にしたいんですっ!

 勢い込む亜美
 迷った姿が微笑ましい

 仲間との絆、青春してますねえ、お揃いのジャージってEDでも言ってますし

 何より

『そして…、次の“フレッシュ”に参加できたらなって…!』

00257
 友達から「チーム」へ、当初は、距離を聞いただけで絶望してた「フレッシュ」ですが
 立派に、亜美ちゃんの中で目標になっていた
 今回でも特にかわいい!

 が

雛子『そっか…、亜美……、それは無理♪』

00259
00260
00261
00263
00264
00266
00268
00274
00277
00279
00280
00282
00284
 頑張っても無理なものは無理!

20歳になってから!
 めちゃくちゃ気持ちよく断った! と思ったら、なるほど「フレッシュは20歳から」だったのね!
 本作、舞台が“大学”なのはそれでか!
 で

 20歳になったら、皆で走ろう! もちろん、チームジャージも大歓迎だっ♪

 めっちゃ快諾だった!
 亜美の表明に、めっちゃ和んでて微笑ましいです

 特に雛子先輩。でもそうですよね、24時間とか負担が大きいし成人限定なのね

 なんか、色々納得しました。

『実は昨日の夜…、色々デザインを考えて…、ちょっと描いてみましたっ』

00289
 ちょっとってレベルじゃねえよ!? なに亜美ちゃん服飾専門コースなの?!
 一晩でやってくれました!

 ああ、オープニングのって「亜美ちゃんデザイン」だったのか!

雛子『やる気があるってもんじゃないな…、おお、イラストとかこなれてるし、亜美にこんな特技があったとは…』

00291
00292
00294
00295
00296
00298
00302
00308
 どの案にも、この翼みたいなマークがあるけど…、これは?

翼が生えたみたいに
 目のクマの時点で薄々思いましたが、けっこう、本格的にデザイン出してて笑えます。
 また、「チームマーク」も既にデザイン
 で

 翼と、風をモチーフにして考えたんですっ

 ああ前回の!
 翼が生えた、アレをここに繋ぐのね

 ちょっとファンタジーっぽくて奇麗なマークは、面々にも好評、しかしもう一つ必要な事が

 いやあインドア派だと思いましたが、意外な特技が…。

雛子『チーム名はどうする?』

00311
 フレッシュに参加するなら、チーム名が必須になる、という事でそっちも考えることに
 考える、もっと考える…
 これは難しい

 紗希さんの「じゃあ皆で考えよーっ」、発音が昔のクイズ番組だった!

『ごめんね…、私、お揃いのジャージを作りたい、って気持ちだけで突っ走っちゃって…、そのせいで、また皆に迷惑を…』

00312
00314
00316
00318
 良かった…、日常用はちゃんとポン太くんで本当に良かった…!

私は嬉しいぞ?
 また、つい反省する亜美ですが、対する葵ちゃんの言葉が、なんていうかイケメンでしたね
 ハンサムな彼女だ!

 亜美のおかげで、私も世界が広がったよ? 仲間で走るって楽しいなっ

 元々一人で走ってた
 だけど、亜美のおかげで「一緒に走る」楽しさを知れた

 初心者に付き合い、経験者も新しい楽しみを見つけられる、これも趣味の醍醐味ですね

 葵ちゃん、マジ彼氏!

亜美『チーム・ペダルンルン』

00325
 で、完成したのがこちらです。残念、言語センスはなかったか…。
 天は二物を与えず!

 即却下!

『え゛!? これ、自転車って楽しいって感じが出てて可愛くないですか!?』
雛子『可愛い、なら…』

00329
00331
00336
00338
 スイートエンジェル、はどうだ! ふ、フェアリープリンセスとか?!

何で繰り返すんだよ!?
 亜美のセンス壊滅はお約束ですが、雛子先輩、ドヤ顔ダブル却下って何これ恥ずかしい!
 少女趣味! 少女趣味の子がいますわ!!
 で

 大事なのは…、インパクト!

 ダメなパターンだ!
 惜しげもなく、ふとももを見せ付ける紗希先輩!!

 約束されたダメ命名は…

紗希『チーム・ザ・食いしん坊』

00342
 お前と一緒にすんな!

紗希『じゃあ、チーム“亜美ちゃんと愉快な仲間達”♪』
雛子『アリだな、言いだしっぺは亜美だし…!』

00344
00350
00351
00353
00358
00361
00364
00368
00372
00373
 待ってください! 亜美が困ってるじゃないですかっ!!

わたしのナイト様
 正直「食いしん坊」でも、当たらずとも遠からずだし、一周回って恥ずかしくない気もしますが
 ここで、視聴者の誰もが思ってたツッコミが
 そう

 葵ってさ~、亜美の事、ホント気に入ってるよな~~~~。

 ですよねー
 家族ぐるみだし完全に彼氏。

 誤魔化すように提出したチーム名にも、意図せず、「あみ」が入ってて更に倍率ドン!

 おまわりさんこっちです!

弥生『愛、ね♪』

00374
 完全に燃え尽きた葵ちゃん、照れ過ぎてガチに見えるという悪循環
 らしくない崩し顔が可愛かったですね!
 で

雛子『弥生は?』
弥生『カセットスプロケットはどうかしら?』

00376
00377
00379
00384
00386
00387
00392
00397
 後輪についてるこの歯車、私がこよなく愛するパーツよ♪

カセットスプロケット
 この部分、そんな名前だったのか…、総集編でネタバレさせた「パーツマニア」の本領発揮
 実際、機能美を感じますね
 で

 じゃあ…、こんなのはどう? “フォルトゥーナ”。

 ようやく本命が来た!
 エンディングで、既にネタバレしてますものね!

 ちなみにカセットスプロケットは、ギア比の変更、また単純に磨耗の改善に交換する事があるとか

 標準に対し、「自分に必要なギア」を選び直せば、ギアチェンジの疲労が低減されるそうで

紗希『フォルゥーナ、ローマ神話に伝えられる、運命の車輪を司る幸運の女神の名前よ♪』

00399
00400
00403
00406
00410
00413
00414
00415
00416
00418
00422
00427
00429
00432
 なんか、怖いくらいにハマってるなー、とは雛子の談。

亜美が頼りだ!
 ああ、「運命の車輪(フォーチュン)」⇒フォルトゥーナだったんですね! 神話ネタだったのか!
 デザイン担当は、全面的に亜美に任せられる事に
 で

 わたし…、初めて頼りにされてるっ!?

 意外な特技発覚
 仮デザイン、シンプルで可愛い!

 あいにくと「フレッシュ」は先の話ですが、それ以外にも、イベントに出たりするのでしょうか?

 次回は、ひとまず“メンテナンス”の話に?

余談:実は“20歳以上”限定競技だった「フレッシュ」

00263
 全裸っぽい。もとい、雛子たちも就職活動が近付いてますよね

ろんぐらいだぁす!
 皆と走る事、またスピードではなく、「完走」が主題のスポーツ・ロングライドがテーマの本作
 よってフレッシュですが、長時間、かつ確かコースに自由があるので
 運営側の統制が大変そう

 参加者側に体力、分別を求めるという意味で、「20歳以上」って条件に妙に納得しました

 でも先輩陣は3年生、今度は別の意味で大変そう。

余談2.実際の“ロングライド”での参加制限

00206
 本作での「フレッシュ」は360kmだそうですが…

佐渡ロングライド
 サド、もとい佐渡での競技では年齢制限はなく、佐渡一周210km、佐渡半周130kmコース
 大佐渡一周100km、観光グルメ40kmコースの4つが設定
 最長コースのみ制限あり

 過去5年間に、100km以上の完走実績が必要、なんだそうな。

 詳しくは同公式サイト様にて

予告『チーム・フォルトゥーナ、私達が女神かぁ…♪ 素敵な名前♪ でも、ペダるんるんより良かったのかなあ? 頑張って、ウェアのデザイン考えますっ!』

00449
00451
 まだ言うか! 今週のエンドカードかわいい!!

次のステージへ!
 ぶっちゃけEDでネタバレしてましたが、物語的に、女神ネームというそれっぽい命名に
 リアルには、「食いしん坊!」とかお笑いに走ったほうが
 なんか無難な気もします

 そんな今回で、「レガリア」と並行制作の週は終わり、次回からスタッフ増員?

 葵ちゃんへの真っ当なツッコミ!
 真っ赤になって否定した挙句、「アミ」-ゴとかズルい子だわ!!

 先輩は悪巧みして、後輩を盛りあげるのも役目の一つ! 先輩コンビのノリが本当好きです

 次回、第7話「チームの絆」

ろんぐらいだぁす! 第6話「フォルトゥーナ」

00436
00440
 今週も「制作協力」付きでの制作に 

あらすじ
 ロードバイクに慣れてきた亜美は、ヤビツ峠のリベンジを決意。亜美の成長を実感している雛子たちも賛成し、揃って走り出すことに。前回のリタイヤで味わった悔しさを胸に、力強く坂を登る亜美。やがて峠に達し、大きな達成感と仲間への感謝の気持ちに包まれる……。そんな時、チームジャージを着たサイクリストたちを見かける。「仲間の目印」であるお揃いのジャージを作って、5人でフレッシュに参加できたら……
 新たな夢が生まれた亜美は、実現のために動き出す

スタッフ
 脚本:成田良美
 絵コンテ:大平直樹、吉原達矢
 演出:前園文夫
 総作画監督補佐:大高雄太
 作画監督:小林一三
 自転車監修アニメーター:北島信幸
 自転車作画監督:伊集院いづろ(st.シルバー)

 自転車作画って、大変なのね…。


 ろんぐらいだぁす! 第1話「小さな奇跡」
 ろんぐらいだぁす! 第2話「海沿いサイクリング」
 ろんぐらいだぁす! 第3話「新しい世界」
 ろんぐらいだぁす! 第4話「秘密のアルバイト」
 ろんぐらいだぁす! 特別編「わたしのサイクルアルバム」
 ろんぐらいだぁす! 第5話「変わる世界」
 ろんぐらいだぁす! 第6話「フォルトゥーナ」
 ろんぐらいだぁす! 第7話「チームの絆」
 ろんぐらいだぁす! 第8話「広がる世界」
 ろんぐらいだぁす! 第9話「あづみのオータムライド! 前編」
 ろんぐらいだぁす! 第10話「あづみのオータムライド! 後編(最終回)」
 ろんぐらいだぁす! 第11話「街が動き出す瞬間」
 ろんぐらいだぁす! 第12話「ろんぐらいだぁす!【最終回】」


 ろんぐらいだぁす! 0巻“学生服の4人” 
 ろんぐらいだぁす! 1巻“初めての相棒”
 ろんぐらいだぁす! 2巻“世界が変わる!” 
 ろんぐらいだぁす! 3巻“フォルトーナ結成”
 ろんぐらいだぁす! 4巻“楽しみ方は一つじゃない”
 ろんぐらいだぁす! 5巻“しまなみ海道ライド!” 
 ろんぐらいだぁす! 6巻“国道最高地点”挑戦!
 ろんぐらいだぁす! 6.5巻“サイクルガイド”収録!
 ろんぐらいだぁす! 7巻“日本で一番高い場所”
 ろんぐらいだぁす! 8巻“太平洋から日本海へ!”
 ろんぐらいだぁす! 9巻“自転車乗りの交流” 
 ろんぐらいだぁす! 10巻“直江津集合!”

PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
アニメランキング