ガーリッシュ ナンバー 第8話 感想 ねぼすけ千歳と湯煙旅情 アニメ画像付き ネタバレ
第1話以来、百花と万葉、二人の関係も解決へ! ちーさま何気に役得じゃないか!!

00307
00319
 エンドカード八重ちゃん可愛い! やっぱり、千歳がいないと「真っ当なアニメ」になってしまう!!
 苑生、柴崎、両家とも“形は違えど”素敵で最強のご両親。
 柴崎家の遺伝子強すぎ!
 
 娘を対等だと認めすぎた苑生家、娘に過保護すぎた柴崎家、形は違えど素敵でした!

昔は凄かったんです
 また、「音楽畑時代の九頭Pは凄かった」と、千歳のCDで触れられた件が強化
 十和田の下克上が始まる…?

 背景の取りこみ感、モブの少なさ、作画班のギリギリさも感じた!

烏丸千歳、寝過ごした件を兄に華麗に濡れ衣

00005
 開幕クズとかさすがちーさま!

ねぼすけ千歳と湯煙旅情
 九頭Pの正直すぎる「柴崎万葉」へのファンの声に、一行は、謝罪すべく山形の実家を訪れた
 だが父は怒っておらず、むしろその場で万葉とケンカを始め
 一触即発となってしまう

 そこで百花が彼女を連れ出し、やがて、「干渉してくれる親」が羨ましいと正直に吐露。

 しかし、百花の母も、彼女なりに「対等な思い」で娘を思っている事が
 万葉の父も、不器用に考えてくれていた事が分かる

 親の本音を知った二人は、自分達みたいな、おかしな連中ばかりの業界だと笑いあうのだった

柴崎『というか、アンタも別に来なくて良かったのだけど』

00006
00007
00008
00010
00016
00017
00018
 だってェ、友達でしょ?

はいさい山形!
 のっけから「沖縄ノリ」で、沖縄にも山形にも失礼なクズP! ジェットシューマイで匂いも迷惑!!
 一方、百花は“マネージャーの電話”をスルー
 で

 まだ、ここから電車とバスで二時間です。

 遠き柴崎家…!
 百花は、「ここに来たのは自分の為だ」と

 柴崎家に抱く複雑な感情、そして“自分も、母を心配させたかった”のが本音でしょうか

 提供原画の不安感!
 
『…ホントに腹切ってくれないかな…』『クビもね』

00021
 いよいよ黒さを増す苦労人コンビ、今週はホント強かった。
 もう限界だよ!

柴崎の母『…ごめんなさいねぇ、みなさんが来る事は言っておいたんですけれども』

00019
00022
00023
00024
00026
00027
00028
00029
00030
00032
00036
 速攻で、クズを連れ出す二人マジ有能。

えっ…?
 柴崎の実家へ「謝罪行脚」を敢行した、彼女の声優会社P、そして怒らせた制作会社P(代行)。
 彼女の父は、約束したの家に居ない
 が

 ウチの娘が…、お世話になっております。

 怒ってるぞ…!
 と、凍りついた謝罪も束の間。

 まったく怒っていない様子に、ダブルPは当惑であった。

 パパ上も、何を言うか迷ってた感じでしょうか

母『わざわざこんなところまで、来てくださって! ねえ?』

00040
 むしろ娘まで連れてきてくれて、嬉しいし、でも絶対ケンカになると分かっているから
 怖くて、「彼女に」顔を見せられなかったって辺りが
 当初、不在だった本音か

 感謝こそすれ、怒りなどなかった!

母『あの子、やっていけそうですか?』

00041
00042
00043
 何かと至らないバカ娘ですが、ご指導、よろしくお願いします。

終わりの始まり
 態度はともかく、言葉も本音も、「娘をよろしくお願いします」と予想と真逆の柴崎父に
 ダブルPは、ほっと胸を撫で下ろす事に
 が

 外面が良いだけよ、さっさと終わらせてくる。

 反対してないじゃん
 と、Pも視聴者も、百花ちゃんも意外。

 だが「反対されている」と、唯一思い込む柴崎万葉、殴りこみが始まった!

 声優だけに、言葉の殴りこみ!

『どうも』『挨拶の一つもできんのか!』『なにそれ!』

00045
 第一声でケンカになる柴崎親子! でも、遅れて出てきたパパ上さまについては
 そんな自分を、わかってるんじゃないかって気がします
 娘は素だけど!

 柴崎さん、一番年上で一番素直なんじゃ!!

『初めまして、苑生百花と申します♪ この作品で、柴崎さんと競演させて頂いてます♪』
『なんで“そんなの”持ってきてるのよ!?』

00047
00049
00051
00053
00055
00056
 略してクースレって、もしや「クズスレ(××はクズ、って話題の2ch書き込みの意味)」が元ネタ?

出演作
 しかしいくら事件の発端だからって、何で皆して、クースレを持ってくるんですか!?
 ほら「元凶」が来ちゃったし!

 俺を呼ぶ声がした…!

 お前じゃねえ!
 でも、こんなの見せたらますます「アニメってクズだわ」ってなるよね!?

 で

『え? あれ?』

00057
 同じ失敗を繰り返させないダブルP、マジ強くなりましたね
 だから敢えて連れてきたのか

 目の届かないところに置いとくと、カスP、何しでかすか分からないからね!

万葉『こんなの、見なくて良いから…』
父『万葉! 役者なら、作品を貶めるような事、言うな!』

00058
00061
00062
00068
 なら、その下らない作品に出ているお前は、何なんだ!

量産型
 クースレのみならず、「自分が出ている作品」全般が、量産型アニメばかりだと卑下していた柴崎
 父の言葉に、つい本音が爆発してしまう
 が

 そうよ…、どうせ私は下らない作品にお似合いの、下らない声優よ!

 自分には価値がない
 だから、水着でアイドルもやらされた!

 出られるだけでもありがたい、八重やコトとはまた違う辛さが、確かにそこにあった

 胸を張って、「これに出たんだ!」っていえるアニメ…、難しい!!

『カズちゃん!』

00070
 でも親としては、どんな形であれ、娘に「自虐」なんかして欲しくないんじゃないでしょうか
 少なくとも、万葉の母はそんな人だと感じました

 自分で自分を傷つけて欲しくない

『オメー、もう帰れ』
『帰ってこい言ったのは、そっちだべや!』

00071
00072
00074
00075
00077
00080
00081
00084
00085
00086
00087
 オメーはもう東京モンだろうが、役者しかねえからって、“山形捨てて”出て行ったんだろうが!

お母さんどこの人!?
 頭で分かってても、言葉に出すと、出されるとつらい事はある。そんな実感ある万葉たち。
 一方クズP、「勝った?」って場合じゃないッショ!
 アホなの!?

 せからしか! お金ば貰っとうけんお客さんタイ!!

 お母さんも爆発した!
 ああ柴崎、「たまに博多弁になる」のは母の影響か…、って前振りだったの!?

 父は母が抑え、万葉は百花ちゃんが抑える!!

 女は強し!

『あんまりクズさんと同じ事を言いたくないけど…、まだ観光してないし?』

00092
 ちきしょうかわいい!

柴崎『お渡し会でもそうだけど、あなた、ホント知らない人と話すの得意ね?』

00093
00094
00095
00096
00097
00098
00099
00100
00101
00102
00104
00106
00109
00110
00115
00116
00117
00118
 嫌いなの…、田舎の付き合いって奴…。いつでも何かあげたり、交換したり。

柴崎オリジン
 言葉通り、観光をする二人ですが、柴崎が「作り笑顔」が得意なのは観光地育ちだから?
 こうやって、“外面良くする事”に慣れているから
 で

 この町もあたしも、みんな同じ…、バカみたい

 学び作った百花の笑顔
 対し柴崎は、自然と身についてしまったもの。

 まあ握手会自体も嫌いだけど、と「正直か!」「お、おう」な百花ちゃんも可愛い!

 柴崎さんも良い性格してる!

柴崎『…バカみたい』

00119
 台詞に被せて、「母から電話が無いか」とスマホをチェックする百花ちゃん。
 彼女も、“バカみたい”だと自覚してる

 今回、特に、こういった演出が感じられて好きです。

百花『そうねー、全然わかんなかったわ♪』

00121
00125
00131
00132
00134
00135
00138
 柴崎…、私ね? やっぱ、アンタの言ってること全然わかんないっ。

オープン・ザ・本音
 歩きながら自分の故郷、自分の育ちを卑下する柴崎に、百花は本音をぶちまける。
 笑顔で、あくまで笑顔で

 だって私、あんたの事が羨ましいもんっ♪

 だから気になる
 気になるのに、やたら段数の多い階段を登っていく百花。

 ずっと「自分」で手一杯だった柴崎さん、ようやく、「彼女が何を思ってるのか」に疑問を。

 百花ちゃん、ホント「笑顔」が心配な子です…。

柴崎『何よそれ…、私、先に帰るからねっ!』

00139
 とか言った柴崎さんですが…。

輝く温泉、タオルと全裸と…

00140
00142
00143
00144
00145
00146
00147
 もはや、これもまたテンプレだな諸君!

誰が呼んだか苑生百花
 やっぱり男祭りだったじゃないか! 知ってた!! 予告の時点でなんとなく察してた!!
 濃厚なホモスレはこちら!
 が

 ああ見えて、前の職場では結構スゴいヒトだったんですけどねえ…

 十和田さん愚痴る…!
 実際、クースレでは「音楽畑の人脈」をフル活用

 彼の人脈から提供された楽曲こそ、千歳の「CDバカ売れ!」って、成功の原因なんでしょう

※もちろん、クースレの作風には合ってなかった。

柴崎『…おいでー? にゃん?』

00154
00155
00158
00159
00163
 あんたは良いわよね…、媚びなくても可愛いんだから…

媚びなくても
 一方、一人で佇んでいた柴崎万葉、猫相手に「にゃん」を披露するファンサービス! 可愛い!
 垣間見える本音

 にゃんで可愛くいられるかなぁ~、ホント、困ったにゃ~。

 可愛くありたい
 柴崎さんの、意外な本音

 自分は可愛くない」って思い込みが、彼女のコンプレックスでもあるらしい

 その点も、百花への態度にあるんでしょうか

百花『…し、死ぬ! 何あの階段!?』

00166
00168
00172
00175
00177
00178
 今、誰かと話してた?

空耳じゃない?
 そして遅れて百花ちゃん到着、つまり柴崎さん、文句を言いながらも百花を追いかけ
 階段で、彼女を追い抜いてしまったらしい
 で

 ほーんと、困ったにゃ~? …猫と話すなんて、変なところで子供っぽいよね

 酒乱だった件といい
 ここ最近、隙の多さでファンを増やしてる柴崎さん!!

 百花を追いかけたり、他人に無関心なようで、面倒見の良さまで見せる柴崎万葉

 対し、元祖・気遣いの百花ちゃんは…

柴崎『宿、戻らないの?』
百花『戻りたくないでしょ?』

00179
 まんま「アンタの為だよ」的な返しを見せますが、続いて、百花自身の本音も

百花『別に? あたしもそうなの』

00182
00184
00187
00190
00191
 百花マネの心配に、悟浄さん、京たちへ「何かしらないか?」と聞いて回ったらしい

ライン
 百花を単なる物見遊山、にしては、仕事自体が忙しいはずなのに…?と思っていた柴崎さん
 しかし、片倉京からのラインで「百花失踪」と伝えられ
 考え込む事に

 ねえ…、こっちの方が景色が良いから

 百花が無理して訪れた
 それを察し、彼女を案内する柴崎

 当初、自分の事でいっぱいいっぱいだった柴崎さんが、周りを見渡し始めるのが素敵でしたね

 自覚していく柴崎さん

百花さん、スマホに着信する

00192
 これ、お母さんからだったんでしょうか。いずれにせよ、「母からかもしれない」と思いつつ
 百花は、今度はチェックしようとしなかった
 で

百花『…良いねえ…!』
柴崎『そう? あたしは東京の方が良いけれど。…あそこしかないもの、あたしには』

00193
00194
00195
00197
00198
00200
00202
00203
00205
 でも…、良い町で良い人で…、良い親じゃない。

まぼろし
 温泉街特有の夜景、宿の煌々とした輝きと、「湯煙」が排水溝含むあらゆる箇所からあがる風景
 幻想的で、素晴らしい風景が心を打つ
 が

 口やかましくて…、自分の価値観押しつけてくるところ…、かな。

 柴崎は自虐し
 そして、百花はそれを羨ましがる

 前回ラストでの「拙い芝居」は、見学に行った際、「群集(ガヤ)」で参加させてもらった時のもの

 初めての“競演”で、幻のデビュー作

『…でも、あたしがデビューしたら、何も言われなくなっちゃった…』

00209
 柴崎家の口やかましさ、心から心配する、「心配なんだよ!」って態度が自分も欲しかったと
 だから、かまって欲しくて色々やって 
 極地がコレ

 しかし、それでも「マネージャー」を通してしか連絡してくれなかった。

柴崎『あなたの言ってること、全然わからない。うらやましいくらいだわ』

00211
00214
00215
00218
00219
00220
00221
 そうね! あたしもさっき、そう思った!

恵まれてるよね!
 でも、「自分って恵まれてるんだな」と思った、と、声音でしっかり主張してくれる百花ちゃん!
 ぶっちゃけっぷり、百花ちゃんの持ち味ですね
 で

 みゃ~~~ん

 子猫再び
 でも、彼女も「親猫」がいた

 百花も柴崎も猫も、独りぼっち同士…、ではなく、ちゃんと親が居たっていうか

 なんだか、そんな感じに見えました。

百花『ちょっとごめん! …河原さん? 百花です、心配かけてごめんなさい…、え? ママがいるの!?』

00222
00223
00225
00227
00228
00230
00231
00235
00236
00238
00240
00243
00250
00252
 オチで、「なら主演は私が貰うね?」とか言っちゃう桜ママすげえ!

ピュアパラ!?
 かくて、ようやく勇気を出した百花を待っていたのは、母との直接の電話であった。
 百花は、今回は「母の名前」で受けたオファーだから
 受けたくない、と

 二回目の競演はお預けね…、待ってるわ? 私のライバル♪

 覚えてた!
 百花の、「最初のガヤ」の事!!

 放任してたのは、あなたを対等と認めているからだ、と「先輩」としてエールを送る母。

 対し百花も、ようやく素直に「後輩」になれた

百花『母親が中学生役って、すごいなぁ~♪』

00254
 毎度お約束、「この業界はおかしい!」って話ですが、だから凄いよねって話!
 ホント、この二人だと“真っ当な声優アニメ”になるよね!
 マジな話!

十和田『ホンッと、俺の上司ってどうようもなくて…』
どうしようもない上司『分かる! 分かるな~、一度枯渇しちゃうとダメなのよね~』

00256
00257
00260
00262
00266
00268
 九頭P、「枯渇して」音楽畑を左遷させられたんでしょうか

自覚のないヒトは困る
 一方十和田、万葉マネと、「クズP」を肴に酔って下克上を決意するが、当の九頭Pが煽る始末!
 やっちゃえ十和田! 視聴者も望んでいるぞ!!
 で

 ひっど…、あたしはあんな酔い方しないわよ!

 え!?
 やだ柴崎さん自覚/Zero!?

 百花ちゃん、「え!?」がマジ過ぎて、これからもお世話が大変そうですねガハハ!

 柴崎万葉さん、ホント無自覚かわいい!

万葉母『百花ちゃん、この町はどうだった?』

00270
00273
00275
00276
00279
00280
00282
 楽しかったです♪

人の親だもの
 実は、百花の事も気にかけていた母、そして「母だけが上京してきた」事にさえ理由があった
 本当は、父は“万葉の仕事”を理解していたのだ
 と

 仕事だもの…、…でもそれが“アンタの仕事なんだ”って。

 水着の笑顔がおかしい
 母は、心配して東京へと飛んでいった。

 対し父は、「こういう事もやらされるのが声優なんだ」と、敢えて動かなかったらしい

 父は、必死になって“声優という仕事”に詳しくなっていたと

『不器用なのよ、あなたと同じ、“この町の人”だからねえ…』

00283
 博多から嫁入りした母は、“この町の人”が、夫も娘も不器用だと知っていたから心配した
 そうやって「声をかける」のも親

 信じて待つのも親だよ、きっと「あなたのご両親もそうだよ」と、言いたげな笑顔。

 ホント、思った以上に素敵な親御さんでした。

『声をかけてひっぱるのも親、信じて待つのも親、なのよ?』

00284
00287
00288
00289
00290
00294
00295
00298
00299
00301
00305
00306
00307
 愛されてんじゃん♪

あなたもね?
 かくて、「良い親じゃん」と、お互いの両親を羨ましがり、そして自分の両親を好きになる二人
 そっくり! 若いころのお母さん博多美人だよ!!
 で

 へへ…、あいつの声は、昔からよく通るからなぁ……。

 キャッキャウフフ!
 からの、「声が響く」事に嬉しがる父

 娘が「声で働く」と言った事に、誰より納得していたのも、お父さんだったと言う話。

 仏頂面の自覚のない柴崎さん、ホントかわいい!

十和田『辛いなら、一生ここに居たらどうですか?』
九頭『冷たくない? なんか冷たくない! 冷たい!?』

00308
00310
00311
00312
00314
00315
00316
00319
00324
00325
00329
00333
00334
00336
00339
00340
00345
 風邪、ひくなよ

こんなのばっかり!
 下克上を決意したらしい十和田、「行ってきます(また帰ってくるよの意)」と言う万葉、そして父!
 山形旅行が、本当に実りのあるものになって良かった!
 十和田的にも!

 あんなので…、こんなのばっかりよ? この業界♪

 そして千歳
 何気に、万葉の「千歳呼び」を得る事に

 いつもの「こんな業界」が、今週ばかりは、「だから楽しいね」って響いた温泉回!

 千歳さん、変なところで役得!

『うーん…、既読スルー…、フロム山形……、あ』

00346
00347
00349
 もしかして…、時差?

これはひどい!
 ラスト、たった一言で全てを持っていったちーさまはズルいな! アホだったよ思った以上に!
 お土産はなかったが、知らないところで親近感!
 万葉と、前より距離が近付く事に

 しかしちーさま、そんな事を気にしている場合か! なんて思ってたら…。

予告・烏丸兄妹『時差かー、山形遠いもんなー』『お前、時差がなにか分かってんのか』『分かってるよ、あたしが朝起きられなかったのも、時差ボケのせいだし』『お前はただのボケなんだよなぁ…、山形行かなかったんだから、もっと練習しろよ』『練習? いやいや、こう見えてけっこうしてるよ?』『足りねー、っつてんの。お前、このままだと現場に居場所なくなるぞ』『何それウケる』『ちっとも、ウケる話はしてないんだよなぁ…』『アハハないでしょ、ないない、メインヒロインだよあたし?』
『果たして…、ホントにそうかな?』『え? 違うの?』

00355
00359
CyC9fRKUoAAsdff
 文字あり版は公式ツイッターより

八重ちゃんやっぱり!
 ぶっちゃけ予告に笑った後、エンドカード、公式ツイッターカードで多段回のトドメとなった解決編
 第1話以来の、百花と万葉の微妙な空気がようやく解消に
 次回、悟浄くんに新たな声優が?

 現状、残るは「アイドル声優オーディション」「クースレ二期」が大きなイベントに

 しかしクースレ側からの挽回は困難
 となると、アイドル声優として、千歳が大きな成長を果たす流れに……

 なるんでしょうか?(哲学)

ガーリッシュナンバー 第8話 ねぼすけ千歳と湯煙旅情

00353
00298
 公式ストーリーページより

あらすじ
 配信番組の収録後に起こったトラブルを万葉の父に会って直接謝罪するため、万葉とスタッフ一同は、彼女の実家がある山形県の温泉街へと向かう。その一行の中には、なぜか百花の姿もあった。万葉の実家である旅館にたどり着き、無事、万葉の父と対面する一同。つつがなく事態は収拾されるかと思いきや、ささいなきっかけで万葉と父が衝突してしまう。不器用な父娘と、それを優しく見守る母親。そんな家族の姿を見て、百花の胸には複雑な感情が去来する。

スタッフ
 脚本:菅原雪絵、さがら総 
 絵コンテ:井畑翔太 
 演出:飛田剛 
 LO監修:益田賢治

 総作画監督:木野下澄江 
 作画監督:木野下澄江、石川雅一、加藤弘将、徳永さやか、小川 茜、大村将司、上野卓司、是本晶、陣内美帆、石田啓一、YuMinZi
 作画監督補:望月俊平

ガーリッシュ ナンバー 感想 2016年10月

 ガーリッシュ ナンバー 第1話「やさぐれ千歳と腐った業界」
 ガーリッシュ ナンバー 第2話「天狗な千歳と声なき悲鳴」
 ガーリッシュ ナンバー 第3話「邪道な千歳と王道展開」
 ガーリッシュ ナンバー 第4話「イケイケ千歳とゆかいな仲間たち」
 ガーリッシュ ナンバー 第5話「ちょけった千歳とぼこぼこ評価」
 ガーリッシュ ナンバー 第6話「浜辺の千歳と通らぬ予算」
 ガーリッシュ ナンバー 第7話「やじうま千歳と授業参観」
 ガーリッシュ ナンバー 第8話「ねぼすけ千歳と湯煙旅情」
 ガーリッシュ ナンバー 第9話「?」

PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
アニメランキング