装神少女まとい 第6話 感想 ごめんなさい アニメ画像つき感想
“仲間になったらポンコツ化”、クラルスさん可愛い!! サブタイ回収は、親子の絆に…?

00485
00496
 別に悪い事してなかったし、そもそも、「ナイツ」なのかも良く分からなかった巨大敵バトル回!!
 スペックは高かったし、後々への伏線なんでしょうか?
 ゆまちんが好き放題だった!

 仇を討って気が緩んだのか、すっかり警戒が薄れたクラルスさん可愛い!

次回、サービス回!
 二人とクラルス、まといと伸吾君の距離が「ごめん」で縮まる回だった、って感じですね。
 ゆまちんの神さまも、個性が微笑ましい

 二柱の神さま、二段変身したゆまちんさんカッコ良かった!

ゆま『全国のゆまちんファンの皆さん、お待たせしましたー!』

00000
 いきなり「視聴者向け」サービスだと!?

ごめんなさい
 待望の「退魔少女」になったと、退魔案件を募集するゆまだが、実は“ナイツ事件”は滅多にない!
 だが、前々から町にいた、という小さなナイツを発見して戦闘になり
 可愛さのあまりクラルスが失敗する

 窮地に陥った時、怯えていた「カイ君」が手を貸し、ゆまは神装少女に初変身!

 巨大化したナイツを打倒
 しかし帰り際に、まといの父「皇伸吾」に見つかってしまう

 心底自分を心配する父に、まといは、泣きながら「ごめんなさい」と返すのだった。

 次回、第7話「海と温泉、ときどき悪霊」

ゆま『いつになったら変身するんだ? ただのコスプレか? オープニング詐欺かー!? …なんて言われた日々も、もうお終いっ! …思い切って、タ イ ト ル も 変えちゃいましょう!』

00001
00002
00006
00007
00012
00015
00018
00019
00022
00023
00024
00025
00028
00030
00032
00034
00036
00038
00039
00040
00041
00042
00043
00044
 緑がカイくん、赤がクーちゃんなんだそーな。

装神少女ゆまちん!
 ようやく、「高次元体」と友達になれた喜びのあまり、視聴者にアピールしだした上に
 オープニングまで乗っ取った!

 ものすごく…、調子のってるんですけど……。

 思った以上にな!
 まったくもって、メタメタしいわっ!!

 彼女達には、分からないはずの「視聴者」を意識する、こういう発言を、「メタ発言」というッ!!

 まったくもって、雑な乗っ取りだったわ!(歓喜)

ルシエラ『ゆまさんが、高次元体と同調している?!』

00046
 さっそく話す二人、あっさり信じてくれるルシエラさん、…「見えない」けれど信じてくれる!
 今回、全編に“周りのみんなに見えない”展開が多くて
 気になる回でした

ルシエラ『二体同時に同調? それとも二つで一つの高次元体…?』

00047
00051
00052
00057
00060
00062
00065
00068
00070
 しかしルシエラさん、結局「国連系の組織」なんでしょうか?

ゆまちん大注目!
 第一話勾玉も「神器<レガリア>」だったが、召喚の触媒として、役目を終えた後だったそうな
 教会、“ファティマ”陣営も監視を開始
 が

 よーし! 退魔少女、出動! 待っててください、森田さんっ!!

 当人はやっぱアホだ!
 凝りもせず、「自分用の退魔サイト」を作ったそうな

 さっそく安請け合いして出動しますが、悪いヒトに、ガンガン騙されそうで不安だよコレ!!

 なんて優しい世界なんだ!

カリオテ『対象に、草薙ゆまも加えて監視を続行しろ』
クラルス『分かりました』

00074
00078
 しかしクラルスさんデカいな…。

思惑
 ここしばらく「ナイツ」襲来はなし、凄腕のクリード・キラーまで送り込んできた割に、動きが鈍い
 と、カリオテさんはいぶかしんでいますが
 さて目的とは?

 とりあえず所在は確定、強力だとも分かり、「準備が整うまで」監視中ってところでしょうか。

 或いは「他の目的」、ゆまちんの覚醒を待っていた、とか…?

ゆまちん『あはーっ♪ 新たなる依頼がー!! 今度こそーーー!』

00080
00084
00085
00091
00095
00097
00101
00103
00106
 何か飛んでるー…、って投げたサングラスか!

依頼を探して西東
 しかし、「退魔の依頼」とはざっくりし過ぎていて、ゆまちんは片っ端から断って回る事に。
 要は、“ナイツ絡み”がまったくない! 
 が

 はあ? 商店街に居るきぐるみに、幽霊が取り付いてるぅ?

 警察には届いてた!
 一笑に付しますが、どんな「害」があったんでしょ

 前回の件も新聞記事になってますが、幸い、クラルスさんは後姿だった模様

 素顔バレしたら、もう街を歩けませんよね!

『…あの時の!』

00109
 今日も「退魔少女」を調べる伸吾君、消えた妻に似た、正体不明の子だから気になりますわな
 ストーリーも折り返しですが、はたして奥さんの正体とは一体…。
 オープニングの巫女さんは違うし?

 神さまが喋ってくれれば一発ですし、クリードキラーの例から、喋らせる事は出来そうですが…?

 あの神さまこそ、母当人だったー、って展開もありえるんでしょうか

まとい『見事に、落ち込んじゃってる…』
クラルス『仕方ないわ、ナイツ絡みの事件なんて、そうそう起こるものじゃないもの』

00110
00114
00116
00117
00119
00121
00123
00124
00125
 だから、そのコスプレ神官服やめなさいってば目立つから!

普通が良いのにー!
 まといが、第1~4話にかけて3度襲われた例は特殊で、ナイツ事件は決して多くないらしい。
 でも、クラルスさんの回想だと結構アレでしたよね
 とまれ

 ここ数日、“カエルムの門”が開いた形跡はないわ…。

 例の「商店街」から依頼
 でもナイツ事案なら、“数日間、特に悪事を働いてない”って事になりますが…?

 意気揚々と出陣するゆまちん! ていうか「変身出来るか」、試さなくて良いの!?

 遊具で遊ぶ、二匹が可愛い!

ゆま『といちゃん! クラルスさん!! 私達、“退魔ガールズ”の出番ですよ!』

00127
 しかし勝手にサイト作るわ、勝手にガールズ結成するわ、ゆまちん誰か止めてやれ!
 そのうち、悪い大人に騙されるよ!?

ゆま『退魔ガールズとしての、自覚はないんですか!』
仲良し二人『ない』『私も』

00128
00129
00133
00135
00138
00139
00140
00145
00149
00152
 ふくれっ面になるゆまちん、可愛いなぁオイ!

カイ君がんばれ!
 結局、ゆまを放っておけずに同行する事になりますが、そもそも「カイくん」がビビりと判明。
 彼を引っ張り、抱き上げて歩く事に

 彼が見えない傍目には、ゆまちん、かなりの謎ポーズですよ!?

 商店街のBGM
 何気に、OP主題歌が流れてて笑えます。

 昔は当たり前でしたが、今はジャスラックが料金を取るので、「歌」も迂闊に流せないんですよね

 ゆまちん、歩く動物園状態に

『可愛い…っ!』

00154
 しかしクラルスさん、てっきり、ぬいぐるみにでも心奪われたと思いきや

ゆま『すごいですといちゃん! カマ吉の百倍は可愛いですよ!!』

00155
00156
00159
00168
00170
00176
 無理です。モキュー、としか言いません。はい、モキューです。

君がモキューと喋ったら
 まさかの「ナイツ(?)」、敵の動向を探りたい今、願ってもない相手と言えますが
 駄目です、モキューとしか言いません!
 で

 殲滅しろ。

 命令が雑だなオイ!
 ファティマ、思った以上に脳ミソ筋肉の組織だぞ!!

 しかしこの光景、一般人には“ナイツは見えない”はずだから、相当アレな光景ですよ!

 といちゃん、またも大恥だよコレ!

『こんな事もあろうかと、ゆまちんと、といちゃんの着替えは用意してありますから♪』

00180
 やっぱり「変身後は全裸になる」が共通認識らしく、勝手にまといの家から着替えを。
 服が消える、って予算的に大変なのに
 そこは動じない二人

 前回のおごりといい、どんだけ財布に余裕があるんだ中学生!

『素人のあなた達は手を出さないで…、私がやるわ』

00183
00195
00196
00200
00204
00206
00212
 ゆまちん、ちゃっかり「神器」も持ち出してた!

ご乱心系聖女
 またも衆人環視を気にせず変身するクラルス、一方ゆまちん、変身すら出来なかった!!
 せっかく、第一話のポーズなのに!
 が

 ナイツを、高次元に連れ出して倒すわ! あなた達は、ここに居て!!

 高次元転送
 良かった、ただのコスプレで終わらなかった!!

 ナイツは一般人には見えず、傍から見ると、かなり痛々しい光景となるもなんとか体裁が!

 カイ君たち、二人揃わないとダメなのね

『映画! 映画の撮影ですよ! ね、ゆまちゃん! …ゆまちゃん?』

00217
 毎度ながら、ゆまちゃん、機動力ありすぎィ!

クラルス『あなた!?』
ゆまちん『そろそろ、ゆまちんと呼んでもらえませんかー!』

00222
00224
00227
00230
00237
00242
00243
00246
00249
 カイくん、高次元でもやる気なーし!

可愛いは罪
 しかし「ナイツ」は襲ってくるどころか、反撃もせず、怯えて戸惑い逃げ惑うばかり。
 クラルスさん、コレ本当に敵なの!?

 か…、可愛く振舞っても!

 可愛いのはお前だよ!
 が、彼女の一撃にも「手ごたえがない」と

 見た目、弱いものいじめとなってますが、ナイツと、神さまの見分け方ってなんなんでしょうね?

 クリードキラーも、本体はこんな感じでしたが…?

『むきゅー!』

00256
 おや、ナイツのようすが…?

まとい『小さかったから、大丈夫だよね? まさか、あの子からいっぱい仲間が出てきて、引っ付いて、大きくなったり…、なんて事は無いよね?』

00260
00262
00266
00267
00276
00279
00282
00287
00289
00292
00295
00301
 おや、ナイツたちのようすが…、ナイツはがったいして、キングナイツ(仮)となった!

見えない怪物
 中途半端に怒らせてしまった結果、ナイツは合体し巨大化、現実に現れて大騒動に!
 拠り代なし、単独で実体化って凄くない!?

 撮らないでくださいー!?

 といちゃん大人気!
 見事、言い当てるわ撮られるはボケ倒すといちゃん!!

 しかしこの「ナイツ」、悪意の有無はともかく、現実世界で暴れ始めると完全に怪奇現象ですね

 が、といちゃん早くも…!

まとい『間に合って!』

00309
 またも無意識に「八百万の神々」を使役し、使いこなして、被害を防いでしまうといちゃん
 この魔法陣、傍には見えているんでしょうか?

まとい『早く逃げてください…、早く!』

00311
00312
00317
00319
00322
00324
00327
00330
00332
00334
00336
00338
00344
00347
 ちゃっかり、お姫さま抱っこしてる二人が可愛い!

大惨事スーパーナイツ大戦
 べっとべとになった二人も戻ってきますが、再び、クラルスが「可愛さ」に気を取られてしまい
 敵に捕らわれる事に

 しまった!?

 雷をも防ぐ防御幕!
 見た目はともかく、やっぱり相当強いナイツらしい

 そして傍目には、ビルが勝手に壊れているようにしか見えず、完全に怪奇現象

 カイくん、クーちゃん可愛い!

『…それならッ!』

00351
 かといって次元転送しても、それすら阻むという鉄壁の守り
 とんでもなくスペックが高い!

伸吾君『同じだ…、規模は違うが、昨日の原宿で起こった事件と同じ…!』

00352
00358
00362
00363
00367
00368
00371
00377
00378
00386
00388
00391
00404
00405
00406
 伸吾君、今までありがとう!…ってお父さん好きすぎ!!

退魔少女
 前回、カイ君とクーちゃん「見えない何か疾走事件」と、同じ現象と気付く伸吾
 まといも「幕」に捕らわれてしまう

 出来ない…、ここで逃げたら退魔少女になれない! みんなを守れない!!…だから!

 ささえるゆま!
 単独では、変身こそ出来ないが力は使えるらしい

 しかし、出力が足りるはずもなく、まといも捕らわれた今絶体絶命に

 絶体絶命なら…!

まとい『ゆまちゃん!』

00408
 しかし土壇場で、ようやくカイくんも勇気を出す事に…!

ゆま『…行きますよ!』

00411
00415
00420
00425
00428
00431
00432
00436
00440
00444
00446
00450
00452
00454
00458
00461
 ありがとう…!

装神少女ゆま
 待望のゆまちゃん初変身! BGMも和風! 最初の形態は、大正の男子学生風少女!!
 カイ君による、“ぶんぶく茶釜”で鉄壁の守りに
 で

 うはぁ! これはー! 行っきまーす! どりゃーーーーーーーーーー!

 シュールな変身!
 と思ったら、「攻撃時」は姿が変わる!!

 お狐の化身、クーちゃんの形態にスイッチすると、巨体をも蹴散らす攻撃力に!

 待望の変身、二段変身だった!

『今です! クラルスさん、やっちゃってくださいっ!』

00465
00468
00478
00479
00480
00485
00487
00491
00492
00496
00500
00501
 カイくん! クーちゃん!! ゆまちん、初勝利です!

ごめんなさい
 ゆまちん超パワーでしたが、攻撃力自体は、クラルスさんに譲るのかトドメは彼女に。
 面目躍如で、一気に焼き払うクラルス
 また

 私の油断が、こんな結果を招いてしまった事…、反省しているわ。だから…。

 ごめんなさい
 と、言いたげな顔だけして去ってしまうクラルス

 自分はプロである、そうした自負が、ちょっとだけ緩む結末に。

 ゆまちんと、多少は近付いたでしょうか

『あー! ゆまちゃん、着替えはー!?』

00503
 ていうか、高次元ワープするなら、二人も連れてってよ!?
 脱げるから!

伸吾『…何故、ここにいる!』

00506
00513
00514
00516
00520
00523
00526
00531
00533
00540
00542
 良かった、ちゃんと服を着た後だった!

怒りの心配
 帰り際の二人は、父に目撃され追及を受けるが、別に正体に気付かれたワケではなく
 単に、“野次馬をしてた”と誤解されたらしい

 伸吾くん…、ごめんなさい…!

 散々に叱り付ける父
 それは、「二度と家族をなくしたくない気持ち」からか

 抱かれ抱きしめ、皇まとい親子は、ちょっとだけ距離を縮める事に。

 サブタイ、ここだったのか…。

予告『夏休み! 皆で旅行に出かけた海は、伸吾君と、お母さんの思い出の場所だったの! 次回、…わかった! これはサービス回ねっ!!』

00549
00556
 次回、潮干狩りしてるクラルスかわいい!

メタメタしい!
 待望のラスト退魔少女登場で、物語がまたも次の段階へ、次回では「母」絡みに?
 ナイツが、謎の静観を決め込んでいる理由とは?
 今回のは何だったのか?

 冒頭も予告もメタメタしいゆまちん回、好き勝手OP楽しかった!

 でも「サービス回ね!」
 と言い切って、実はシリアス回って可能性も…?

 今回はめちゃくちゃ能天気で、タッチで二段変身するゆまちん、カッコ良くて可愛い!

 次回、第7話「海と温泉、ときどき悪霊」

装神少女まとい 感想 2016年10月

 装神少女まとい 第1話「私、神懸かってます」
 装神少女まとい 第2話「神様、纏いました」
 装神少女まとい 第3話「神様は知らんぷり」
 装神少女まとい 第4話「彼女の覚悟と私の理由」
 装神少女まとい 第5話「特別な普通」
 装神少女まとい 第6話「ごめんなさい」
 装神少女まとい 第7話「海と温泉、ときどき悪霊」

PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
アニメランキング