公式サイト めいびい(2人組作家)著 結婚指輪物語 5巻 感想 レビュー 考察 画像 ネタバレ これまでの感想はこちら。前巻はこちら
表紙からは想定外の可愛さ! ヒメとも初体験寸前、サトウ君青春と絶望の5巻!!

Aaa_002
Aaa_004s-
IMG_4131
IMG_4096
正直、不気味なイメージで、「深淵王陣営の人?」なんて思った表紙の彼女こそ
 滅亡したドワーフ国の遺産、ロボットヒロインだったのか!
 低テンションにボケまくって可愛い!

 黒指輪の騎士を倒す事、むしろ、それこそが深淵王復活の条件だったのね

ベタだが好きな設定だコレ!
 窮地に、現代へ再転送(4姫&予算付き)された時には、現代編スタートかと思いましたが
 まさかこっち側に、姫様ロボを隠しておくとか
 ドワーフ族やりおる…。

 巻頭カラーのエロ展開、濃厚な路地裏キス、初体験寸前とかソッチ方面もギリギリじゃ!

スマートフォン用ページ内リンク

・3/3ページ目

※過去記事一覧ページ

累計58万部到達! これはアニメ化見えてきてる?

IMG_4133
 仮にその場合、端折られ気味な展開を、しっかり再構成したほうが良い気がします。そしてAV感!

あらすじ
 古代、深淵王との戦争の最前線となり、滅んだドワーフ族の廃都“イダノカン”を訪れた一行は
 ドワーフの遺産、魔導兵に憑りついた深淵の騎士を倒し
 深淵王の復活を許してしまう

 伝説同様、深遠王の軍の矢面となった一行は、大賢者により現代へ逃がされる

 彼はこの最悪の事態を見越して準備をしており
 ヒメは、自分の運命に巻き込む恐れから、サトウに現代へ留まるよう懇願

 しかし現代には、ドワーフの遺産“人造の姫アンバル”が、指輪と共に残されていた

 決意を新たにしたサトウは、彼女の手で異世界への再転移を図る

嫁が増えまくったサトウ君、ヒメが好きだと再確認する

IMG_4130
IMG_4129
IMG_4128
IMG_4127
 暗がりで押し倒してキスとか、まあサトウったらいけない人!

サトウ君デートに行く
 各家の姫、その指輪から魔力を得て戦う…、という設定なので公式イチャイチャが可能ッ!
 前の戦いで傷を負ったサトウは、癒しの魔力を得る為のハーレムに!
 まあいやらしい!

 結果、俺はヒメが一番なんだ症候群が再発、デートの時間となった!

 ここで二人のデートを黙認し
 ヤッた事実を掴めば、「次は私も」と訴える事が可能ッ! 

 というワケで、他の姫が付回す中、デートに出るという隙のない展開となった!

 完璧な理屈じゃのう、プレジデント!

賢者のお爺ちゃん、「今日はどっかに泊まってこい」と背を押すファンサービス

IMG_4126
IMG_4125
 しかしヒメ様、キスの時点でオーバーフロー、思考回路はショート寸前であった

思考崩壊いいよね…
 結局、ヒメが耐えられずお預けとなりましたが、最高に可愛かったからとにかくよし!
 仮ですが、この作品、アニメ化なんて話があったら
 サトウ君ボロクソ言われるね!

 この玉なしヘニャチン! 思いやりの塊か!!

 なお宿代は返した模様
 賢者の爺ちゃん、ヒメの育ての親なのに自由だよね…。

 まあ、サトウ君なら大丈夫、的な。

四人となった姫を連れ、水の都を出立。目指すは“土の国”

IMG_4124
IMG_4123
 ボロクソ言われてるヒキコモリ姫、ホント好き。かわいい。

水都出立
 濃厚なキスシーン回を経て、水の都を出立、元々「マルスが都に残る」と見越していた竜姫
 当初は渋るも、お役目という事で同道してくれましたが
 彼女も辛いよね…

 行動原理は、妹サフィラを護る事。その妹を置いていくのは辛い

 前巻で、サフィラ妹姫とマルス皇子は和解
 やる事ヤッたんでしたっけ。

 それでもマルス様は、愛する者を守る為、サトウの旅に同行してくれる模様

 自身、辛い境遇なのに良い人よねぇ…

彼女のドラゴン化があれば助かるというサトウ、ただし

IMG_4122
 このパーティー、バランスめちゃくちゃである

HO-HO-HO!
 もちろん巨乳から美乳、貧乳までバランスよく揃っていますが、改めて戦力的にはクソという
 ドラゴン化など、魔法を行使すると翌日は足腰にくるそうですが
 そもそも使える奴がいねえ!

 日頃、賢者のじいちゃんが戦ってくれてるけど、本当にありがたい事だったのね

 このノリの軽さ!

ドワーフの王国“土の国イダノカン”は、聖戦にて滅びて久しい

IMG_4121
IMG_4119
IMG_4118
 そういや、猫姫様のニーダなんとかも、国土を滅ぼされ遊牧国家になったんでしたっけ

日本との繋がりを示唆
 神が丘、が由来らしい「大山壁カオガミカ」、誰も山頂に到達した事が無いという険しい山の中腹
 また、その地下が大坑道と化しているというドワーフ国
 亡国“イダノカン”

 今巻、改めてスゴい人と分かった大賢者も、まったくアテがないという

 ドワーフ国は滅亡
 これは、「指輪物語」などファンタジーでは定番ですね

 なんかメキシコのピラミッドっぽい

森の種であるエルフだが、それ以前にヒキコモリなのだ!

IMG_4120
IMG_4117
 誰も居ない亡国の探索に、めっちゃウキウキしてたネフリティスが最高に可愛い!

と、ネフリティス派は思う
 ドワーフの国は、古の大戦では最前線にあった上に滅びた為、今も当時の遺物や遺骸が多数
 その為、好奇心旺盛で、ヒキコモリのネフ姫さまは
 そりゃもうウッキウキであった

 誰も居ないって、ステキ…、住みたい(ネフリティス)

 お前、兄上が泣くぞ!
 いや実際、今ごろ恋しくて泣いてるかもしれんけど!!

 またドワーフは“魔導機械”の匠だそうで

魔導兵『“何故、我らだけが滅びねばならぬ…”』

IMG_4116
 黒い指輪に捻じ曲げられた為だが、これは同意するしかない

亡国の騎士
 今回、指輪の幽鬼もとい「深淵の騎士」は、ドワーフが使役した魔導兵士に憑依
 尺の都合上、あっさりと倒すことが出来ましたが
 残した伏線は大きい

 土の姫君の正体への前振りだし、ドワーフ族が、呪っていても不思議ない事も

 ある意味で現代文明以上の技術
 しかし大戦で大きく数を減じ、以来ドワーフは誰も見たことが無いそうな

 ドワーフ、どうなっちゃったんでしょうねえ。現代?

五体の深淵の騎士を倒した事で、深遠王は復活を遂げる

IMG_4115
IMG_4113
 一行を現代に逃がしてくれた爺ちゃん、最後に「姫乃」と呼んでくれたのが切ない

先代の指輪王?
 深淵王の復活に伴い、彼の領土に隣接する土の国には、大量の怪物が押し寄せ絶望的事態に
 結果、元々「姫乃たちを運命から解放したい」と思っていた爺ちゃんは
 彼らを現代に逃がす事に

 金も家も、根回しもしておいた、「こちら」は忘れて元気に生きろと

 だからサトウは希望
 彼と仲良くなり、幸せなヒメに何を思っていたのでしょうか

 爺ちゃんホント、時々クソ熱い人だ…。

店員『やっぱりエルフだ! エルフ…、え!? 猫耳? 角?』

IMG_4112
IMG_4111
IMG_4110
IMG_4109
IMG_4108
 店員さんの精神力を著しく削り、3人娘も現代モード! かわいい!!

愛は時を越え夢は遥か彼方へ
 表向きは、3人とも明るく気丈に振舞っていますが、特に水のサフィール姫の心痛は激しい
 それでいて、現代スウィーツをいたく気に入った様子で
 ある意味、一番楽しんでる…!

 元々、ネフとグラナートは、故郷を任せて出てきた身

 現代文明を楽しんでますが
 特にネフリティス、「究極のお外」ってそれでいいの!?

 異界って、ヒキコモリ的な問題なの!?

まずはこの地で猫人を増やさねばな! 子作りをするんだ!!

IMG_4107
IMG_4106
IMG_4103
 一番ノリノリな人ほど、内面は…、もお約束ですが…?

現代と風呂と彼女ら
 現代への転移、深刻な状況ですが、耳なんかを「コスプレ」と勢いで乗り切って
 やれ着替えだ風呂だ、現代に戻ったから子作りしろだの
 もーめちゃくちゃだよ!

 下手に湿っぽくなるより前向きですが、果たして本心はどうなのか

 とりあえずネフリティスは全力で楽しんでる模様

『夏休みはもう終わり、学校に行こう!』

IMG_4105
IMG_4104
 気丈におっぱいな幼な妻、ヒメさん頑張る!

学校に行こう!
 爺ちゃんは、「異界の事は忘れて達者に暮らせ」と、書置きや根回しを残していた
 ヒメは、サトウにあちらの事を忘れようと訴えますが
 辛い天秤ですよね

 転移寸前、無限に湧き出る深淵軍を体験、サトウが彼らと戦わなきゃならない

 そりゃ、爺ちゃんは心配ですし
 泣きもしています

 それでも自分の故郷の為に、死にに行ってくれとは言えないヒメ

 幼な妻、必死の懇願…! おっぱい…!!

古代大戦に際し、滅亡寸前に陥ったドワーフがとった手段は

IMG_4100
IMG_4102
 最後の姫“アンバル・イダノカン”は、実はこの世界にいた。そしてお邪魔虫だった

「イダノカン」の遺産
 いわく、種の滅亡を受け容れたドワーフは、指輪を受け継ぎ護る器として彼女を製造
 先に登場した魔導兵、ロボットヒロインだったと判明
 やだ、空気が読める子…!

 ドワーフの姫に代わる形代として作られ、こちらの世界で待ち続けていたらしい

 何せこの地
 ヒメや、賢者のじいちゃんがいたくらい「あちら」と近い

 同じく彼女も転移していたらしい

なおアンバルさん、めっちゃ苦労したらしい

IMG_4101
 スリープモードとかなかったらしく、延々と起きてたらしい。やだ大変…!

アンバルの使命
 故に、「指輪王出現」への焦がれっぷりは、他の姫の比ではないようですが
 諦観も強く、サトウを戦わせたくないヒメに拒絶され
 なら仕方ないと去る事に

 表紙、正直不気味だったけど、すごい不憫な子だ…

アンバルは知りたい、造られた意味を、待ち続けた時間の価値を

IMG_4099
 ときどき、雑い顔になるのが正直めっちゃ可愛い

意味と使命
 彼女は他の姫たちと違い、深淵王が現実の脅威だった時代の直後に作られ、残された 
 指輪の姫、深遠王を倒すという自覚に対し
 誰より真面目

 彼女と知り合った事で、サトウも再び立ち向かう決意を得る事に

 なおアンバル、重さは生身と変わらないそうな。

サトウ『この使命はもう、ヒメだけのものじゃないんだ

IMG_4098
IMG_4097
IMG_4096
IMG_4095
 なおアンバルさん、今度は初夜寸前に乱入という残虐プレイ

熱い初体験阻止
 ヒメが、爺ちゃんを見捨ててまで残ろうとしたのは、“自分の運命”に彼を巻き込みたくないから
 それを察したサトウの説得で、彼女も立ち向かう決意を固め
 ついでに初体験の覚悟も固め…

 アンバルさん惜しい! あと数分もあれば、挿入までイッてたろうに!

 思ったより揉んでて笑いますが、とにかく冒険再開エンド!
 めいびい先生、彼女の扱い酷くない!?

 ロボヒロインってイイよね!

収録

IMG_4094
 オマケ漫画でアンバル、熱い主張! めいびい先生ひでえ!!

 ビッグガンガンコミックス「結婚指輪物語 5巻」。
 めいびい(2人組作家)。月刊ビッグガンガン連載、スクウェア・エニックス発行。
 2017年6月発売(前巻2016年10月)

 第22~28話『土の国イダノカン』編、収録。
 巻末イラスト(25話表紙)

 あとがき、カバー下とページ間のおまけと、巻末「アーヌルス博物誌」収録。

 ドワーフって、ホントどんな種族だったの!? 博物誌おもしろすぎ!!

※トップに戻る





 かつて神だった獣たちへ 第1話「かつて神だった獣たちへ」
 かつて神だった獣たちへ 第2話「竜の娘」
 かつて神だった獣たちへ 第3話「ミノタウロスの要塞」
 かつて神だった獣たちへ 第4話「巨獣の猛進」
 かつて神だった獣たちへ 第5話「ガーゴイルの断罪」
 かつて神だった獣たちへ 第6話「獣の王」
 かつて神だった獣たちへ 第7話「追憶の引金」
 かつて神だった獣たちへ 第8話「眠りの歌姫」
 かつて神だった獣たちへ 第9話「冥府の番犬」
 かつて神だった獣たちへ 第10話「二つの誓い」
 かつて神だった獣たちへ 第11話「騒乱の嚆矢」
 かつて神だった獣たちへ 第12話「追う者たち【最終回】」























 結婚指輪物語 1巻
 結婚指輪物語 2巻
 結婚指輪物語 3巻“火のニーダキッタ”
 結婚指輪物語 4巻“水のマーサ”
 結婚指輪物語 5巻“土のイダノカン”
 結婚指輪物語 6巻“光のノカナティカ再び” 深淵王、決戦!
 結婚指輪物語 7巻“ロムカの大書庫” 指輪王の真実
 結婚指輪物語 8巻“帝国” 皆がお嫁さんだから
 結婚指輪物語 9巻“皇帝”と神話遺物庫
 結婚指輪物語 10巻“その時がついに来た”

※過去記事一覧ページ

※トップに戻る

PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
アニメランキング