魔法少女なんてもういいですから。セカンドシーズン 第4話 感想 一緒にゆずかを愛でませんか? アニメ画像付き
断られた!? 小賢しい策をブチ破っていく、ちやちゃんの圧倒的破壊力!!

00013
00058
 魔法少女は、頭が良くない子が多かったとかいう衝撃告白。ゆずかちゃんは希少種だったのか…
 勉強会、実は“先輩らしく振舞いたい”真冬先輩の策だったとか
 もうホントかわいい!

 結果、見事にスベって断られるとか、ホント真冬先輩かわいい!(真顔)

いやそのお誘いはおかしい
 声優欄で、「魔法少女」が3人もキャストされたときは、何事!?と思った第4話!
 今週、初めて変身がありませんでしたね

 モブ少女3人かわいかった!

そんな今週の「キャスト欄」

00000
 何事かと思ったよ!

モブ少女はじめました
 ちなみに、「魔法少女A」を演じた田中美海さんは、“だいや”ちゃんを演じてる方です
 今週、出場なかったからね!

 なお今期アニメ、「灼熱の卓球娘」で、上矢あがりも演じています。

ちや『…何が言いたいの?』
ポチ『勉強会だ!(ドヤァ)』

00003
00004
00007
00008
00009
00010
00012
00013
00014
00015
00016
00018
00019
 真冬先輩、スーツかわいい!

「あ、別にいらないです」
 珍しく先輩抜きで、彼女のマスコット「ぽち」が登場、真冬が勉強会を開こうと言っているらしい
 だが、ゆずか選手華麗に拒否

 まさか…、勉強の出来る魔法少女が居ると思うか!?

 そんなに希少なの!?
 ミトンも、妙に感慨深そうで笑えます

 彼らのデータによれば、とんだアホ揃いだったというから始末に悪い!!

 ちきしょう、かわいいな!!
 
『勉強会ですか、たすかります!』『確かに、分からないところが多いわ』

00022
 というリアクションを期待してたらしい、見事にミスってしまったポチ。
 まー、そうでなくても遊びたい盛りだものね
 わかる

 で

ぽち『真冬に、どう報告したものか…、実は』

00024
00025
00026
00027
00029
00030
00031
 真冬先輩、見事にダメっ子だぞ! この部屋!!

むしろ見習うべき
 実は、「せっかくの後輩だから何かしたい!」とはしゃぐ真冬に、応えたかったというポチ。
 いや待て、真冬先輩って勉強できるのか!?
 話がおかしいぞ!

 事情は分かった…、僕も協力しよう!

 とまれミトンが協力に
 この二匹、なんだかんだで仲が良いですね

 ホモで異種なんですね

ちや『…フツーに、“お茶しましょう”という誘いで、問題ないと思うのだけど』

00032
 ちやちゃんは賢いな…。

ミトン『う! そうだ、その通りだよ! ちやに相談して良かったよー…、うぉ!?』

00035
00036
00037
 仲良くなったと思った? ゆずかが居る時は、控えているだけよ

裏表鬼畜こけし
 しかし容赦なくむしっていくちやちゃん、ホント、変身しなくても強いな!
 何この瞬間移動!

 心に刻みます…、坂上さァん!

 声が完全に全泣き。

ゆずか『お茶会ですか?』

00040
 ともあれ、「お茶会」で話をしたらすんなり通るあたり、毎度ながら有能である。 
 伊達に前髪が切り揃ってないね!

 で、お誘いメールに

ちや『“今度の土曜日、一緒にゆずかを愛でませんか”、と』
ゆずか『ちょっと待ってください!?』

00041
 スムーズに打ってんだこのレズ!?

真冬『わぉ♪ おお~♪ なんて返そうかなぁ、なんて返したら、“先輩っぽい”かなぁ~』

00043
00045
00046
00047
00048
00049
00052
00053
00054
00055
00057
00058
 ちやちゃんも、一緒に愛でたいかなぁ♪

迷走先輩!
 が、勢いあまってドン引きされる真冬先輩、この子の向かう方向はどっちだ!
 絶妙なカラスの声だった!

 では、この話はまたの機会に

 やだ端的!

続く♪ 次回、早くも第5話ですね!!

00025
 サブタイのチョイス良すぎ!

わくわく先輩!
 前回で、喫茶店の話がひと段落、どうするのかと思ったら日常的な話に。
 ホントもう、ちやちゃんの切れ味が鋭すぎ!
 素敵!

 さりげに先輩の部屋がグッチャグチャで、明らかに、家事上手のゆずかに負けてるのも可愛い!

 先輩風を吹かそうにも、コレ絶対ダメなパターンだ!

魔法少女なんてもういいですから。感想 2016年1月

 第1話「…あんた、僕が見えてるのか?」
 第2話「はい、水着です。間違いないです」
 第3話「ねえ、ゆずかと私は友達よね?」
 第4話「魔法少女には定年があってね」
 第5話「私は水着に変身するのが嫌です」
 第6話「会社勤めとは魔法少女の戦闘よりも過酷な労働なのかい?」
 第7話「私のコレクションになるのに」
 第8話「魔法少女の…仲間……」
 第9話「魔法少女の必要性はもう無い」
 第10話「完璧超人だよね……ペッ!」
 第11話「じゃあ、何の為の魔法少女なの?」
 第12話「僕は、ゆずかの親友になる(終)」

魔法少女なんてもういいですから。セカンドシーズン 感想 2016年10月

 魔法少女なんてもういいですから。セカンドシーズン 第1話「魔法少女になってメリットはあったの?」
 魔法少女なんてもういいですから。セカンドシーズン 第2話「水着って変じゃないですか?」
 魔法少女なんてもういいですから。セカンドシーズン 第3話「魔法少女ちや、登場ちやっ!」
 魔法少女なんてもういいですから。セカンドシーズン 第4話「一緒にゆずかを愛でませんか?」
 魔法少女なんてもういいですから。セカンドシーズン 第5話「?」


PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
アニメランキング