ろんぐらいだぁす! 第2話 感想 海沿いサイクリング アニメ画像付き これまでの感想はこちら 次回風呂回です!!
二話から早くも55キロ! 過酷だけど、食テロに富士山、“ご褒美”が素晴らしかった!!

00095
00389
 速度ではなく、完走が目的の「ロングライド」、そのイベントが面白そう! 坂の効率よい登り方など
 小さな教えと過酷な走り、待っていた“ご褒美”に嬉しくなる!
 記録更新の喜びが楽しい!

 確かな成長と、見守る一同、「初心者一本釣り」する先輩の悪い顔かわいい!

お尻いたーい!
 しかし公式で尻押しとは…、クッションや「ペダルと固定する靴」など道具面にも余地が
 何より、折りたたみ自転車でよくやるわい!

 今回も、実在店舗モデルの観光メシ! めっちゃ楽しそうだった!!

『これからよろしくね…、ポン太くん♪』

00010
 なお、まだ筋肉痛であった模様。かわいい

海沿いサイクリング
 実は、同じ大学の三年生だった、「西條 雛子」と「一之瀬弥生」とサイクルショップへ
 興味津々の亜美に、雛子は一計を案じ“ブルベ”やフレッシュ
 長距離ライドの話題を吹き込む。

 彼女達に誘われ、逗子の海辺を、一日かけて走る事になった倉田亜美。

 美しい風景
 厳しい坂、美味しい海鮮丼!!

 気付けば55キロ、大幅に記録更新した亜美は、ますます自転車へとのめりこむ…、計画通り!

 次回、第3話「新しい世界」

西條 雛子『いやぁ~、昨日はハンガーノックで、今日は筋肉痛とは大変だなぁ? …ふふっ♪』

00001
00003
00005
00007
00010
00011
00012
00021
00022
00024
00026
00028
00032
00037
 さっそく、乳比べとかいう所業…!

ショップ「アルパカ」へ!
 偶然、同じ大学だった二人と再会した倉田亜美&葵、意外や「三年生」と割りに年上だった。
 亜美ちゃん、話に付いていけてない!?
 が

 頼んでたライト、届いたのね~♪ 

 亜美は頼みこみ
 一緒に、自転車「パーツ受け取り」に行く事に

 とにかく“興味がある!”って時期の瞳が、なんだか懐かしいです。かわいい。

 後、一部作画のアゴがスゴい。

『ここは…、この前の、セレブショップ……』

00038
 って、どんだけトラウマになってたのよ!?
 こういうカオ好き!

 なお、小さいほうが「西條 雛子」で、大きいほうが「一之瀬弥生」先輩とのこと。

『これとか…』『一方で、ああいうのもあるけどな?』『55万…?!』

00041
00047
00052
00055
00056
00057
00058
00062
00065
00067
00071
00073
00076
 積極的に胸からフレームアウトしていくスタイル。l

好奇心は亜美をも殺す
 専門店は楽しい! 最初は、「何が違うんだろう?」って、特に値段面で疑問に思う事しばしば…
 っていうか、とにかく値段ですよね!
 で

 なんで覗き込んだ……。

 ホントにね!
 いちいち、好奇心の塊の亜美

 好奇心は猫をも殺す! っていうかあんなに小さいけど、やっぱ光量がスゴいんでしょうか

 値段も知りたい…。

亜美『でも自転車って、こんなにスゴいライトが必要なんですね?』
西條 雛子『これくらいの方が安心なんだよ、“ブルベ”だと、夜道を走る事もあるし』

00077
00085
00087
00092
00095
 初心者を「アレは楽しいぞー♪」で、一本釣りにする楽しさ…!

悪い顔かわいい!
 ブルベとは、タイム勝負ではなく「制限時間内の完走」を認定する、ロングライドのイベント!
 ちなみにフランス語である

 満点の星空が輝いて、本当に幻想的な世界なんだぞ♪

 やだ楽しそう…
 開催組織、ルールは様々。

 ちなみに日本は、「開催ポイント」で世界一のブルベ開催国なんだそうな。

 知らなかった!

雛子『実は、“フレッシュ”っていう、最大五人のチームで参加するブルベもあるんだっ♪
ゴールだけが決まっていて、スタート地点も含め、自分達で自由にゴールを目指す、仲間と感動を共有できる、ステキなサイクリングなんだ!』

00100
00103
00109
00113
00118
 なにそれ、すごく素敵じゃないですか!?

「新人」にあらじ!
 なんとも自由なルール、「競技」じゃないんだなーってのが面白いですし、何より楽しそう!
 亜美ちゃん、さっそく参加宣言!
 が

 フレッシュって、フランス語で「矢」って意味なのよ♪

 がーんだな
 亜美ちゃん、出鼻を挫かれた…。

 RPGならたまに出てきますよね、弓矢関連で「フレッシュ」って。

 アレ、おフランス語だったザマスか…。

『(フレッシュは)24時間で、360キロ以上、走るブルベだ♪』

00119
 おっとかわいく砕かれた!?

雛子『24時間で、360キロ以上、走るブルベ♪』

00122
00123
00126
00129
00131
 亜美ちゃん ヘシ折られかわいい!

週末ライダーズ
 ちなみに東京⇒名古屋駅の間が、366キロなので…、今期の最終目標となるんでしょうか?
 ま、ブルベはさておき! 

 今週末は、三浦の方を走ろうか?って話をしてたの~♪

 タイトル回収!
 週末、海沿いサイクリングという事に!!

 週末のイゼッタ!

亜美『自転車って、電車に乗せられるんだね~♪』
葵『“輪行”というんだ』

00137
00138
00147
00150
00152
00155
00161
00164
00166
00170
00174
 行動範囲が一気に広がる、そういうのもあるのね!

サイクリスト♪
 他の乗客や通行の邪魔にならないように…、葵ちゃん、いちいち物言いが進研ゼミっぽい!
 おいちゃん、自転車博士ですね!
 で

 買っちゃったぁ…♪ これで私も、サイクリストの仲間入り♪

 溢れる初心者感!
 ホント、亜美ちゃんってば可愛い!

 何が可愛いって、いちいち、小さなことにも楽しんでる姿勢かわいい!

 葵ちゃんが、見守り続けるワケだぜ!

葵『なかなか、キマってるじゃないか?』

00175
00177
 でも実際、コレって割と恥ずかしいよね…!

恥ずかしいかも…
 意外に、「普通の感覚」も持ち合わせてた亜美ちゃんですが、やっぱヘルメットは必需品
 独特の形状も、洗練の結果なんでしょうね

 また、葵の自転車も、ちゃんと組み立て式になっていた事が判明。

 組み立てはCG!
 でも、ひと頃よりは自然な感じでキレイ。

 こうしたCGの活用が、「手書き」の負担を上手く減らしてくれるんでしょうね。

亜美『それにしても…、雛子先輩たち遅いね…、さっきから何本か電車が駅についてるのに…』

00178
00184
00189
00194
00196
00198
00199
00202
00203
00205
 前回同様、スカート付きウェアがかわいい!

ピポッ♪(電子音)
 また当然のように、三年コンビは「神奈川県座間市」から、55キロ走ってきたらしい。
 雛子先輩、ホントかわいい!
 が

 これから走るのに? …すごすぎる……。

 格の違いですねぇ
 体力、「機材」の違いも大きいのでしょうけれど

 55キロ、それって(後述)。

雛子『基本的には、海沿いの道をゆっくり走る感じだな~、潮風と開けた景色は、すごく気持ち良いぞ♪ ま、詳しくは走ってのお楽しみって事で♪』

00210
 いたずらっぽい笑みが、今週トップクラスに可愛かった!
 詳しくはお楽しみ!

雛子『それと、安全には充分注意すること。車道の左側を走って、併走はしない!』
弥生(でかい)『疲れたら、自転車から降りて、休んでも良いのよ~♪』

00215
00222
00226
00228
00230
00238
00240
00247
00249
00251
00255
00259
00267
00274
00278
 ぐーっと緩いカーブを疾走するところとか、スピード感が楽しかった!

海だー! 坂だァ!?
 待望のサイクリング! 港湾クレーンやミニストップなど、どこにでもありそうで見たことない景色
 日本全国、どこからでも心躍る“海”!
 いい疾走感!

 潮風は気持ちよかったのに…、なんですか、この坂ーーーーーー!?

 ハイ死んだ!
 二週連続、また亜美ちゃんが死んだよ!!

 何も言わずとも、自然と「最後尾」を請け負ってくれる、葵ちゃんもホント良い子だ!

 気遣いの葵ちゃん!

葵『坂道は、人とペースをあわせるのが難しいんだ。だから、無理しなくても良いんだよ?』

00280
 とはおいちゃんの談、それで先輩コンビも、早々に二人を置いていってしまったらしい。
 下手に「合わせる」と、消耗が激しいからでしょうか

 葵ちゃん、ホント自転車博士。 

葵『とにかく亜美は、“ラクに登ること”だけを意識すればいいんだ…、…坂ではギアを一番軽くして、身体を起こして、目線は前に! ゆっくりでいいから、自分のペースで!』
亜美『…うん、これなら登れそう! でも…』

00282
00286
00296
00299
00302
00304
00306
00309
00312
00314
00316
00322
00325
00332
00341
00342
00348
 遅っー!?

クライマーズ・ロー!
 葵の教えで、「遅いけど着実に」体力の浪費を避けられた亜美…、っていうか元気じゃね!?
 イイ動きで怒ってた!

 ちゃんと、登れたじゃん? よく頑張ったなっ♪

 ガン泣き亜美かわいい!
 なお、雛子が比べた「峠」とは、“山道の頂点(その先が下りになる)”ところ!

 比べんなアホー!

『ほら、見てみな♪』

00350
00353
00359
00361
00364
00369
00383
00388
00389
00392
00394
00397
00401
 ここまで、自分の力で登ってきたんだぞー…♪ 充実感、あるだろ♪

ご褒美のドン!
 でも「自分のやった事」を目で感じさせたり、ご褒美に、美味しいことで有名な店を押さえてたり!
 雛子先輩、ホント素敵なヒトだわ!
 特に

 なにこれなにこれっ! お魚、めちゃくちゃ美味しいーーーっ♪

 ですよねえ!
 何より、ここまで走った成果ってヤツだ!!

 空腹は最高の調味料! そりゃあ、めちゃくちゃ美味しいでしょこの海鮮丼!!!

 港町ってホント卑怯だ!

弥生『あらあら♪』

00404
 すっごい勢いでニヤリ笑いする雛子先輩、ホント好き!
 なるほど、こういう作品か!
 走る&食べる!

 ナニソレ素晴らしい!

葵『なんだか、すごい行列になってますね…、これだけ美味しいと、納得ですが』

00409
00416
00420
00422
00424
00429
00431
00432
00439
00448
00450
00455
00462
 自転車に乗らずに、同じ調子で食べたら大変だけどな…、の雛子先輩かわいい!

ご褒美終了!
 モデルは、神奈川逗子市に実在する「魚処丸正」さんらしく、さっき急いでた理由も納得。
 今回のお膳なんて、1000円らしいですよ?
 旨そう!

 しかし「まだまだ行くぞ!」と促され、新たな問題が発生!

 まだまだ続く逗子ライド!
 てっきり、“折り畳みじゃ辛い”って話かと…?

 問題はシンプル!

葵『亜美ー、もしかして、お尻が痛いのか?』

00472
 しかし口調といい、ホント「彼氏ポジション」だな葵さん!

葵『恥ずかしくって我慢しても、辛いだけだぞ?』

00480
00484
00492
00498
 さすが、おいちゃんは準備が良いな!

あるある!
 実は「通過儀礼」だと判明、これも“あるある”ですよね、自転車に限らず「誰もが味わう」道
 恥ずかしい、けれど実はみんな経験者
 そんなトラブル

 亜美、これをサドルに被せてみな? クッション入ってるから少しはラクだぞ?

 オーバーサドル?
 なるほど、こういうアイテムもあるのね……。

亜美『んっしょ…』

00499
 亜美ちゃんのお尻いいよね…(直球)。

雛子『ま、あと少しだから?』
弥生『頑張ってみて♪』

00501
00506
00508
00510
00522
00535
00541
00547
00552
00575
00581
00585
00586
00590
00594
 さっそく、さっき習い覚えた「坂走り」を活用する亜美ちゃん、良い後輩よね…。

ご褒美!
 実は、終着点が富士山、絶景になるというのが、このコース一番の魅力なのだった!!
 ダブル先輩、素敵チョイス!
 で

 へ? ごじゅうごきろーーーーーーー!?

 前回は片道24.5キロ
 でも挫折し、途中から泣きながら折り返していました。

 しかも今回は、2回も坂をはさみながら、坂に気を取られながら55キロ!

 亜美ちゃん、よう頑張った!

亜美『私でも、やれば出来るんだー……』

00595
 この「出来るんだ」って感動が、きっとすごくかけがえない!
 亜美ちゃんやりきった!

雛子『この調子なら、もっと長い距離も走れるようになるかもな?』

00600
00605
00608
00612
00616
00621
00623
00630
00634
 ヨユーヨユー♪ 雛子先輩かわいい!!

レベルアップ!
 結局、今度は立ち上がれないレベルの筋肉痛になってしまい、そのまま休講する始末。
 うーん亜美ちゃんってば、軟弱者!
 でも

 最後のご褒美は、皆で撮った集合写真、成し遂げた!って証!!

 いい最終回だった!
 次は、どんな挑戦になるのでしょうね。

 陽の沈む海も素晴らしい、「私、めっちゃ頑張った!」が溢れる第二話だった!

先週から2話連続! “そういう作品”って事なんでしょうか? 大歓迎!!

00420
 今回も、実在するお店を訪ね、長距離ライドのついでに「旅先のお店」を楽しむ展開に
 この流れが、定番になるのでしょうか

 部活モノと一番違うのは、緩い「おでかけ要素」を、押し出せるとこなのかなって思いました

 小旅行アニメ?

いずれは“フレッシュ”に参加? ブルベが面白そう!

00000
 ちょっと調べただけですが、なんか楽しそうだわ!

ブルベ
 タイムではなく完走が狙い、夜間も走る非日常感や、「狙った距離を完走する」過酷さが楽しいとか
 特に、制限時間が20、24時間を越えるタイプになってくると
 上手い仮眠も技術の一つに

 中には、6年間で10000kmの距離を認定された方を特別表彰する、というのもあるらしい

 山岳ブルベとか種類様々
 また、伝統的な「BRM」を完走すると、種目対応の記念メダルが購入できるとか。

またも「折りたたみ」で完走、無茶する亜美ちゃん!


00646
 オープニングでは既に…

「道具」の更新!
 先輩陣に圧倒されっぱなしだった亜美ちゃん、でもそもそも、折りたたみ自転車が無謀!!
 コンパクトさの為に、犠牲になってしまっているフレーム
 折り曲げ機構の部品が重い!

 今回も、値段に驚いていましたが、そこもやっぱりダテじゃないワケで。

 OPのチャイナ先輩は、資金の為のバイトなんでしょうか?

てか雛子先輩、その背中?

00259
 やたら「巫女さん」を推す雛子先輩! なんで巫女さん!? くまみこ!?
 確か、原作さんの旧作に関係あるんでしたっけ
 思い入れがあるそうで

そして、今週も出番がなかったサイクルショップ・アルパカの人!

00000
 一話目でチラッと出てたので、すぐ出てくると思ったら、そうでもなかったのね!
 でも、まだ亜美ちゃんには縁が薄い店ですし
 これからでしょうか

 今週、既にちょっとした最終回テイストでしたが、次回はどんな事を…?

予告・亜美『私が55kmも走れたなんて、感動です! いつか、皆でロングライドしたーいっ! 次回、“新しい世界”!』

00642
00644
 エンドカード、なんだか少年っぽくて、これはこれでオリジナリティがあって可愛いぞ!

次回、風呂回です!
 さっそくEDを省略、気合の入ったロングライド回に! いやあ「初心者」って感じで楽しかった!!
 あと、“逃がすまい!”と自転車道に引っ張りこもうとする
 雛子先輩かわいい!

 どっちの視点も、すごく共感できて、その意味でも楽しかった!

 後、ちょいと作画が
 やっぱ、レガリアと並行制作状態なんでしょうか。

 それはそれとして、葵ちゃん、ベルトで強調されたボディラインが、とても良かったです(真顔)

 次回、第3話「新しい世界」


 ろんぐらいだぁす! 第1話「小さな奇跡」
 ろんぐらいだぁす! 第2話「海沿いサイクリング」
 ろんぐらいだぁす! 第3話「新しい世界」
 ろんぐらいだぁす! 第4話「秘密のアルバイト」
 ろんぐらいだぁす! 特別編「わたしのサイクルアルバム」
 ろんぐらいだぁす! 第5話「変わる世界」
 ろんぐらいだぁす! 第6話「フォルトゥーナ」
 ろんぐらいだぁす! 第7話「チームの絆」
 ろんぐらいだぁす! 第8話「広がる世界」
 ろんぐらいだぁす! 第9話「あづみのオータムライド! 前編」
 ろんぐらいだぁす! 第10話「あづみのオータムライド! 後編(最終回)」
 ろんぐらいだぁす! 第11話「街が動き出す瞬間」
 ろんぐらいだぁす! 第12話「ろんぐらいだぁす!【最終回】」


 ろんぐらいだぁす! 0巻“学生服の4人” 
 ろんぐらいだぁす! 1巻“初めての相棒”
 ろんぐらいだぁす! 2巻“世界が変わる!” 
 ろんぐらいだぁす! 3巻“フォルトーナ結成”
 ろんぐらいだぁす! 4巻“楽しみ方は一つじゃない”
 ろんぐらいだぁす! 5巻“しまなみ海道ライド!” 
 ろんぐらいだぁす! 6巻“国道最高地点”挑戦!
 ろんぐらいだぁす! 6.5巻“サイクルガイド”収録!
 ろんぐらいだぁす! 7巻“日本で一番高い場所”
 ろんぐらいだぁす! 8巻“太平洋から日本海へ!”
 ろんぐらいだぁす! 9巻“自転車乗りの交流” 
 ろんぐらいだぁす! 10巻“直江津集合!”

PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
アニメランキング