響け!ユーフォニアム2 1話 感想 まなつのファンファーレ 1時間SP
大好きは毒? “大量退部事件”の中核、元・実力派中学メンバーが新たな火種に!

00880
00818
 全てが終わってしまった後…、みたいな意味深な冒頭、奇麗に勇ましく再開! 京アニすごい!!
 姉とか、一期の先輩とか、“人の気持ちは変わる”と知ってる久美子と
 麗奈のギャップが印象的です

 逃げた結果を論じる麗奈、確かに、衝突を繰り返した彼女には、言う権利があるでしょうけれど

先輩の「大好き!」
 前期、ユーフォが好きだから悔しくて泣いた久美子、ED的にも「大好き」が鍵になりそう
 耳まで真っ赤とか電車とか、麗奈かわいかった!

 秀一に久美子の争奪戦を仕掛けたり、ホント、イキイキして可愛い!
 
第二期の物語は、「冬」の校門からスタート

00003
 久美子が「部」に出会った階段、ノートの何かに微笑むが…?

まなつのファンファーレ
 京都府大会優勝、関西大会へ駒を進めた北宇治高に、滝は「プロ音楽家」の友人・橋本を呼ぶ
 彼は、技術指導と共に「部内の遠慮」を見抜き
 本音を言い合えと勧める

 そこに「ギスギス」最大の原因、一年前の大量退部事件の一人、二年・傘木が復帰を申し出た

 あすかは却下
 姉や先輩、「去った人」を知る久美子は、復帰を願う

 彼女は「逃げた」と結果を論じる麗奈、人の心は移ろうと知る久美子、気持ちは少しすれ違う

 8月10日、宇治川花火大会を経て、北宇治は新たな問題へ…!

麗奈『久美子ー! やっと見つけた……、昼から、合奏練習っ!!』

00004
00006
00008
00009
00010
00014
 いきなり「本編終了後(?)」から描写するスタイル、麗奈が出てきてホッとします

あれから…?
 冒頭、二人に特に変化はありませんが、二期開始時点からどれくらい経ったんでしょうね?
 なぜ寂しそうで、なぜノートに微笑んだのか
 そんな物語に?

 第一期は、やる気のない吹奏楽部に入部した久美子たちが、滝顧問の赴任から変化した物語

 目指すは全国優勝!
 雲の上の目標に、本気で取り組んでいく変化が描かれましたが…?

新オープニング「サウンドスケープ」、アーティスト、TRUEさんが続投!

00016
00017
00020
00024
00025
00026
00031
00032
00035
00037
00038
00039
00040
00042
00044
00045
00047
00048
00049
00050
 冒頭の勢いから引っ張り込まれるね!

モノクロニズム
 いやー、二期主題歌かっこいい! ホント「カッコイイ!」って感じのオープニング曲!
 映像的には、モノクロ演出からスタート

 冒頭と同様、全てが思い出に変わった後、って印象。本編ラストも、そんなこと言ってましたし

 全てが楽しい思い出!
 滝先生、「彼の大学時代」も映像化

 久美子と秀一に教えている姉、姉が“大好きだったころの姿”も、意味深ですね。

 あとSD久美子かわいい

『久美子ちゃーん!』『なにやってんのー!』『こっちですよー!』

00055
00056
00058
00061
00065
00066
00068
00071
00072
00076
00077
00078
00083
00084
00087
00089
00091
00092
00093
 ばんざいで撮ろう! この嬉しさを、全身で表すんだよっ!!

北宇治ファイト!
 前期の締めとなった記念撮影、吹奏楽部コンクール、京都府大会優勝の瞬間から本編スタート
 高い空、前期直後から再開!
 関西大会へ!

 私達は、今日、たった今から代表です…、それに恥じないように…、その覚悟を持ってください!

 更なる努力を!
 滝先生、相変らず笑顔でシビア!

 とにかく「音楽バカ」な先生と、わちゃわちゃやってる面々が、もう懐かしい!

髪を解く久美子

00095
 こういう細やかさが、やっぱり一つ一つ、奇麗ですよね

久美子『……ん?』

00097
 そして初認識する「誰かさん」。台風の目!

滝先生『……ありがとうございました』

00099
 トラックで搬入される楽器に、前期を思い出して懐かしくなる中、写真に感謝を告げる先生。
 写真の女性は、結婚指輪をしているようで…?

 この女性って、オープニングで滝先生と一緒に居る人…?

※前期最終話でも、この写真は登場

松本先生『学校の吹奏楽は、顧問一人で、演奏が大きく変わると言いますが…、まさか関西大会とは』

00101
00104
00106
00110
 先生の語る「中核」に、新キャラ・鎧塚さんは含まれて居なかった模様

言葉
 振り返る滝顧問、元々、それだけの潜在能力があったと感じた事や、手本となるべきメンバーが
 幸いにも、部内に居てくれた事を述懐する

 強豪にも劣らないあすか副部長達、そこに高坂麗奈、川島さふぁいあらが加入し…

 強くなれる力も
 強くなる為の、意識改革要素も揃っていた

 まだまだカイゼン山積みですが、全国宣言は、ハッタリではなかったと

夏紀『あのー! …相談があるんですが』


00113
 そして前期を通して、大きく変わった二年先輩、「技術不足組」から相談が……。

黄前 久美子『何も書いていなくても、練習するのが当たり前…、空白の目立つ予定表は、この後も、“夏休み”とは程遠い生活が待つ事を意味していた。……それだけ皆、大会に懸けていた
関西にいけた、という事実が、“全国”を夢から現実のものにしていた…』

00117
00118
00120
00125
00128
00133
00134
00137
00138
00140
00142
00143
00146
00149
 完全休校の15、16日も、校外で自主練しようと囁きあう部員、当初と全然違いますね

チームもなか
 意識の違いを全力表現、一年や二年も「これが最後かもしれない」、という気迫を求める滝顧問
 来年も、“府大会を突破できる”保証はない!
 で

 皆を支え、この部を、一緒に盛り上げて行きたいと思っていますっ!

 さっきの「相談」
 大会に際し、落選した部員達の合奏!

 落選にも腐らなかった、演奏がまた元気いっぱいで、素人には素晴らしく感じました!

合奏、「学園天国」!

00150
 1970年代の名歌謡曲! メインキャラ中、唯一「素人」で入部した葉月、一生懸命!
 彼女も、すっごく成長してた!

 みんな火を噴きそうな真剣さで、久美子は、自分が姉に習った頃を連想した模様

『『『『コングラッチレーションーーーーーっ♪』』』』

00153
00154
00156
00157
00161
00164
00165
00167
00168
00170
00171
00173
00175
00182
00188
00190
00192
00195
00197
00200
00205
00206
00212
00221
00223
00225
00227
 北宇治ファイトーーーーーーっ! 思わず釣られた、松本先生かわいい!

3人と2人
 思わず感涙する部長、その帰り道、いつもの黄前トリオは偶然に麗奈と遭遇。
 曰く、自転車を母が使う事になってしまって…

 麗奈って…、みんなで一緒に帰ったりするの…、あんまり好きじゃないのかと思ってた

 久美子と麗奈
 そして、久美子と葉月&さふぁいあ。

 別々だった二組が、一つにまとまり始めた事に、久美子でなくてもホッとしますね

『(その時、私は、麗奈がほんの少しだけ変わった気がした……)』

00228
 でもこの表現だと、「やっぱり変わってなかった(悪い意味で)」フラグじゃないですかー!
 動機は「特別になりたい!」

オーディションを通して、香織先輩や、優子先輩の想いを知り、それでも“強く特別であろうとする事”がどういう事であるのか、麗奈なりに考えているのかもしれない…

00230
00231
00233
00237
00239
 今期もまた、麗奈にとって「知っていく物語」となるのでしょうか

高く遠く
 久美子もまた、前期あれだけ「悔しい」、自分がそれだけ吹奏楽を好きなんだと思い知って
 すっかり変わった事を感じます

 久美子…、全国行こうね、必ず!

 変わったというか
 久美子の場合、“中にあったものが出てきた”感じか。

 しかし家に帰るや、ダラッとした声になる辺り、やっぱり久美子だなあって笑えるわこんなん!

 オンオフ、切り替えハッキリガール!

『たぶんー…、もう、興味ないよーー………』

00240
 着替えがてら、さっさと吹奏楽を辞めてしまった「元・あこがれの姉」に言及する場面も
 
母『この高校、スゴいんでしょう? …こんな学校と勝負するのねえ』
久美子『うん…、全国・金の常連』

00244
00248
00250
00252
00254
00257
00260
00261
00262
00265
00266
00270
00273
00287
00293
00296
 今期のアイキャッチは、キャラ+楽器の単独なのね

清良女子高等学校
 またTV中継で、「常勝校」が描写、この映像は早朝のシーンで滝先生も分析していた様子
 今後、出てくるのかもしれませんね。

 もしかして、早く来てるのって、滝先生と話すため?

 麗奈ちゃん可愛い!
 表情そのまま、耳が真っ赤だよ!!

 翌日から、久美子も麗奈と一緒に練習を始め、朝六時の早朝から挑んでいく事に

 毎朝、鍵を口実に会いに行ってたのね!

久美子『ん……』

00265
 早朝の電車、よりかかってきた久美子に、軽く辺りを見回してから
 自身も、寄っていく麗奈

 こういう細かい描写、本当にかわいい。

久美子『良い音…、だ…、け…、ど……? なんか淡白? あっ』

00297
00299
00300
00304
00307
00310
00314
00317
00318
00320
00321
 しれっと毒舌が久美子の持ち味、目で咎める麗奈も細かい

「美しい女性の声」の楽器
 実は早朝一番乗りは、二年「鎧塚みぞれ」の定位置、彼女にとって“乱入者”の久美子さんってば
 いきなり、なんだか居心地が悪い…!

 息の調整に技術を要する…、“最も難しい木管楽器”と言われる所以だ……。

 担当はオーボエ
 久美子には、「とっつきにくい」のが第一印象。

 とにかくクールというか、他人の存在に頓着しない、“初期型麗奈”みたいな楽器一直線タイプ。

 ただ麗奈と違い、ガチで「他人」を意識しないタイプ。

『私は平気だけど』
久美子『あー…、確かにちょっと、麗奈に似てるところがあるかも……』

00323
 麗奈の場合、内心で「他人の存在」にグツグツ煮えたぎっていて、大爆発するタイプ
 前期、久美子の前でぶっちゃけたシーンなんか
 見物でしたよね

 対し、鎧塚さんは本当に「気にしてない」ってタイプ、これほどの逸材だったのか……。

麗奈『そういえば、鎧塚先輩って、優子先輩と仲が良かった気がする…、よく話をしてる』

00326
00333
00338
00339
00342
00343
00348
00352
00353
 後から思うと、この仲の良さは、「香織先輩を慕う理由」と直結してたのね

第三のリボン
 実はビッグリボン優子先輩と、「彼女なりに」仲が良いと判明する鎧塚、リボン先輩の別の一面
 敬意でも、敵意でもない「友達」の面

 よっ! …なに見てんだよ?

 そして秀一くん!
 良かった、ようやく台詞が!!

 今期も久美子をビックリさせる役どころは、やっぱり貴様なのね!

 そして「彼女」が、同じ学校だったと判明…!

夏紀『黄前ちゃん…、悪いけど、今見たこと、あすか先輩には内緒にしておいて貰えない? お願い…!』

00355
00357
00360
 さっき大会会場で見た少女、彼女は、“あすか先輩”の事を尋ねてきて夏紀に叱られる
 こういう事すると、「困るのはアンタだ」と
 で、引っ込んでしまう。

 実は、案外世話焼きだった夏紀先輩、ホントかわいい。

久美子『“それ”が、気にならないわけが無かった……、確か、府大会身に来てた人だよね~、あすか先輩に用がある…? ……あすか先輩が話してくれるワケないし…』

00363
00366
00367
00369
00372
00377
00380
00381
00383
00385
00388
00389
00393
00398
00402
00403
00404
00407
 cv中村悠一氏、前期「おとさん」だったとは思えませんね、カラ松兄さん!

その名はハッシー!
 また、滝先生の大学時代からの友人、“プロ”のパーカッション奏者・橋本真博氏登場!
 性格は真反対、性格がラテン系!
 見た目にガテン系!

 アッハッハッハ♪ 吹部女子には人気ないかぁ♪ ごめんなぁ、滝君が口が悪いのは昔からでねェ~♪

 滝君の昔の話、ドンドン聞きに来てね!
 と、切り込んで不発!

 改めて、滝先生は「慕われてる」けれど、性格的に「(恋愛対象に)ない」んですねえ

 まっかっか!! 久美子かわいい!

長瀬 梨子『ここ、息継ぎが殆どなくて、つい駆け足になっちゃうんですよねえ~…』

00408
00410
 そして懐かしのパート練習、困る梨子の為に、あすか先輩が配分を見直すワンシーン
 改めて、ズバ抜けた人なんですね

 前期で妙に物憂げというか、府大会優勝にも、冷めた印象だったあすか先輩。

 さて、その理由は…?

あすか『さふぁいあ川島はパーフェクツ!』
緑輝『“みどり”です~(自称)』

00411
00414
00416
00418
00420
00422
00427
00428
00431
00432
00434
00437
00442
00444
00447
00448
00449
00450
 このコント、懐かしい!

事件再び
 察しの良い所も相変らずで、久美子をからかいつつ、「傘木希美」の登場も予期していたらしい
 さっ、と雰囲気が重くなるのも相変らず…!

 私、部活に戻りたいんです!

 二年前の退部事件
 今も、先輩たちを苦しめる事件がハッキリ姿を現す事に…!!

 悪いようにはしないからぁ♪ってな、あすか先輩、ホント油断ならない可愛い!

“回想”鎧塚『コンクールなんて、だいきらい』

00453
00454
 沈痛なバスの中、ぽそり呟く鎧塚、彼女と、リボン優子先輩は同じ中学だったのね
 そして、問題の“傘木”嬢に至っては
 鎧塚の親友(?)

 制服が、同監督作「中二病でも恋がしたい!」っぽいのはご愛嬌?
 
傘木 希美『みぞれ…、高校に入ったら、“金”取ろうね!』
鎧塚 みぞれ『うん…』

00456
00457
00458
00462
00465
00473
00475
00477
00481
 強豪中学が府大会で敗れた、当時は大きなニュースだったらしい

破られた約束
 三人は強豪校の一員として、中学三年の大会に参加し、部の実績に反して敗れ去った
 その後、揃って北宇治に進学する。

 希美…、ホント? さっき言った事って…。…高校で、金とろうって……。

 約束をした
 そして、“一年の時点で”傘木は自主退部

 久美子と麗奈に似てますが、当時の上級生に、退部に追い込まれた一人だったんですね

あすか『いやいやいや…、私に言ってもしょうがないでしょう? 私はしがない副部長だよ?』

00484
00486
 そして再び現代、傘木が頭を下げる理由は、「あすかに許可して貰いたい」為だという。
 退部に際し、彼女に暴言でも吐いたのでしょうか?
 あすかは中立でした

 案外、中立を気取るあすかの、図星を突いちゃったのもしれませんね。

 こだわる傘木、冷淡なあすか、その理由は…?

傘木『決めてるんです、あすか先輩の許可を貰わない限り、戻らないって!』
あすか『迷惑なんだけどなぁ、そんなこと言われても…』

00489
00491
00493
00494
00500
00502
00503
00504
00505
00510
00513
 無言で背を向ける後藤、何か言いたげでかっこいい。

日々之謝罪
 ここからは傘木行脚の日々、毎日毎日、貴重な練習をストップさせてしまう事態に
 完全に妨害…!

 じゃ、はっきり言うよ? 私は希美ちゃんの復帰に賛成しない…、部のプラスにならないからね

 言い切った!
 実際、周りが見えてない迷惑なヒト

 しかし夏紀先輩まで、揃ってこうも周りが見えなくなる程の人なら…?

葉月『どういう事なんですか!』

00515
 そして川島さふぁいあ、いつまで抱きついてるんですか!?

部長『ん…、まあ、色々ね? とにかく一年は、気にしないで練習に集中して?』

00516
 で、離れたと思ったら、そのまま手を握ってるさふぁいあ川島!

さふぁいあ『そんな風に言われたら、気になって、練習にならないです~』

00518
00523
00528
00534
00536
00537
00540
00541
 リボン優子と無口鎧塚、傘木、そして夏紀も同じ中学だった

温度差って知ってるかい?
 実は去年の「大量退部」の殆どが、元南中、強豪校の一年生達だったと判明
 傘木もその一人

 後藤先輩や梨子先輩を見ていると、やっぱり、去年の事って大きいんだなって思います…

 高校こそは金を取ろう!
 熱意に燃えるも、上級生にやる気がなかった

 しかも上級生にハブられ、イビられて、追い出されてしまったんですね

 でも、なんで“無名校”の北宇治に?

葉月『三秒ルール♪』
久美子『やめたほうが、良いと思う…』

00545
 なんか割と繰り返すボケですが、「なくしたからと、すぐ拾っても無駄」みたいな暗喩だったり?
 さふぁいあ可愛い!

『で…、いかないの? 花火。…じゃあ私といかない?』

00546
00547
00551
00555
00560
00562
00567
00570
 やたら迫力のあるお誘い! でも麗奈当人、めっちゃ照れてた模様

宇治川花火大会
 帰り道、葉月の「花火大会」発言をスルーしつつ、二人きりになってから食いつく麗奈!
 緊張すると怖い顔系ヒロイン!

 あんまり慣れてないの…、人、誘うのとか。

 でも誘ってくれたんだ?
 こんだけからかっても、本気で怒らない麗奈!

 入学時から、すっかり変わった麗奈に、そりゃ久美子さんニヤニヤが止まりませんね!

久美子『げ』

00571
00577
00579
 麗奈に母に、そして姉に、「久美子」の声が演じ分けされてて面白いです

おめっとさん
 そんな8月9日、普段は独り暮らししてるらしい姉に、「げっ!」とか言っちゃう久美子さん
 元吹奏楽部の姉さん、思うところあるらしく

 アンタさ、関西行くんだ。

 思い入れたっぷりの台詞
 姉さんも、麗奈に言わせれば「逃げた人」なんでしょうか?

 OPといい思わせぶりな姉との関係、普段は家に居ない人ですが、どう深められるのでしょうね

麗奈『ホント、寝起きダメなんだね…、まだ慣れない?』

00580
00582
 すっかり仲良くなった二人ですが、久美子の、今まで知らなかった一面を知る麗奈
 なんだか、ちょっと微笑ましいですね

 合宿もある模様

久美子『……滝先生、全然気付かなかったね?』
麗奈『多分、私達に足りてないところとか、すごい考えてるんだと思う…、ひけをとらない演奏をしなきゃならないんだから』

00583
00585
00589
00590
00592
00595
00598
00602
00603
00605
00608
 ホント、麗奈さんの愛と上昇志向は熱い。

ビッグリボン驚愕事件
 そんな8月10日、今までは「雲の上」だと思っていた相手に、勝たなきゃならないという状況…!
 今日は、リボン優子も来ていた
 で

 仲、悪いの? その二人と。

 核弾頭!?
 鎧塚、空気読めない!?

 空気を読めないので、「元親友(?)」傘木が来ている事も、まるで気付いてなかったらしい

 で、優子はその相談をしたかったらしいが…

麗奈『そうなんですか、先輩?』

00613
 前期、優子の尊敬する先輩から、パートを実力で奪い取って大喧嘩した子が何か言ってる!

優子『さ、さあ~…、どうなんだろうね……、後輩? フッフッフッフ…!』

00615
00618
00621
00622
00625
00627
00631
00632
00633
00637
00639
00641
00643
 アイキャッチ葉月! 正統派の可愛さがあるよね!!

ドンドン言い合え!
 そのくらい「部内関係」に興味がない鎧塚が、傘木が来たと知り、思わず表情を変えてしまった
 久美子は、すっかりのめり込む事に
 また

 そうだねェ…、全体的に、ちょっと遠慮がちでおとなしいところがある……。

 ハッシー先生敏腕!
 流石プロ、専門分野で滝先生以上の指導を

 また、滝以上に感情豊かな彼は、部内で「もっと本音をさらけ出しあうべき」と提案

橋本『もう少しお互い、図々しくなったほうがいい!』

00651
 さっきのパート練習時、梨子の悩みを、後藤と分け合う指示によって解決して見せたように
 少し相談すれば、きっと互いに融通しあえる面がある
 もっと図々しくなれ!

 互いに、互いの不満を指摘する、北宇治には確かに強くなれる部分があった!

梨子『去年の事もあって、そこらへん、みんな敏感でしたし……』

00653
00654
00655
00659
00661
00665
00668
00674
00676
 そんなの何時まで引きずっても、しょうがないでしょ? 切り替えてやるっ!

吐きそう
 この時の会話から、あすかが「去年の事件を引きずるな」、という持論を持っている事も提示
 なら、なぜ傘木さんを拒絶するのか?
 引きずってるから?

 気持ち悪い…、吐きそう……。

 体調を崩した鎧塚とも遭遇
 当初、「屋上に何かあるのか?」と思いましたが、続く“音”が原因か。
 
久美子『この音…、南中のフルートの音……?』

00677
 覚えている久美子も大概ですが、噂の「傘木」の音に体調を崩したらしい
 ホント何をやったんだ!?

 当時の一年、傘木達は「被害者側」じゃなかったのか!?

傘木『……ああ! 心配しないで、自分の! ちょっと吹きたくなったから持ってきたの。……南中じゃあ、マイ楽器もってないと、フルートやらせて貰えなかったから』

00681
00685
00689
00691
00693
00695
 それだけのめりこみ、辞めてしまったって事は?

吹部クラッシャー
 部が早引けと知らずに演奏していた傘木先輩、「好きなんですね?」と久美子に問われ
 言い知れない表情に

 うん…、好き。大好きだよ♪

 いい笑顔です
 が、ホントに思わせぶり。

 何より実質的な練習妨害、鎧塚を傷つけていると気付かない事、「自分勝手」って事…?

 なんたる核弾頭…!

久美子『これじゃあ、色々食べられないよ~』

00696
 そして着付けしてくれる母、いくら京都とはいえ、なんて素敵なお母さん!
 久美子不満げ!

母『アンタ、また太ったんじゃなーい?』
久美子『なんてこと言うのよー!』

00698
00702
00705
00709
00710
00715
00717
00722
00724
 部屋から消えた姉さん、母も把握してないので、まだ居るのかも。

小走り麗奈!
 名の通り、黄色浴衣の久美子が幼くて可愛いなら、麗奈は近寄り難いタイプの超美人!
 やだ、この子って美人…!

 うわ…! すっごく奇麗…、なんか、一緒に歩くの、ちょっと気後れする……。

 とは久美子
 で、怒るのが麗奈である。

 ホント自分の魅力とか、その辺に無頓着なんですよねー。

麗奈『なんで…? 行くよっ!』

00725
 やだ麗奈さん、発音がマジイケメン。

久美子『焼きそばかー……………』

00729
00733
00734
00736
00738
00739
00742
00743
 一緒に来たいなら、付いてきてもいいけど?

このドヤ顔!
 また、「あがた祭り」の時は勇気を出した秀くん、前期の一件から自粛モードに入っている模様。
 生来のヘタレ属性も後押し!

 私、いくじのない男はダメだと思う。

 言い切られた!
 麗奈さん、完全勝利過ぎる…!!

 久美子も彼に対しては、「発音」がぜんぜん違ってて、なんか特別感あってかわいい。

麗奈『てっとう…?』

00745
 鉄塔? 何を言いかけたんでしょう。ジョジョ…!?

久美子『そういえば、小さい頃もお姉ちゃんとこうやって…、……麗奈はさー、ずっとトランペット一筋なんだよね? トランペット好き?』

00753
00759
00760
00762
00769
00778
00779
00781
 姉や先輩、身近に「辞めた」人が多い久美子は、傘木さんに思い入れる

悪いのは誰?
 傘木の復帰を許したら良いのに、そう言いたげな久美子に、麗名はあすかを指示する。
 絶対、部内の空気を乱すからだ
 何より

 そんなの、辞めたほうが悪い。だってそうなるの、分かってたんだから。

 麗奈なら言える!
 一期、自分の望みをやり通した麗奈

 でももし、傘木の置かれたという状況が、麗奈よりもずっと過酷だったならどうでしょう

 なんか、麗奈がまたも「知る」展開になりそう

麗奈『辞めるって事は、逃げるって事だと思う』

00783
 それがイヤな先輩からか、同級生からか、それとも「自分」からかは分からない。
 けど、「傘木は逃げた」から悪い
 結果を論じる

麗奈『私だったら絶対逃げない…、イヤならねじ伏せればいい…、それが出来ないのにやめたって事は、逃げた、って事でしょ』
久美子『“麗奈”だね…』

00788
00790
00791
00792
00795
00797
00799
 私達は全国に行こうと思ってる、“特別になる”って思ってるんだから…、。

そのくらい出来なきゃ
 落伍の「結果」を論じ、特別になりたいという曖昧な目標に、曖昧とわかってて全力の麗奈。
 どこか、冷めた久美子と好対照

 一緒に来ようね、来年も。

 麗奈はブレないし
 来年も、きっと自分が変わらないと信じてる。

 対する久美子、返しが意外でした

久美子『ホント?』
麗奈『どうして?』

00803
 来年も一緒に、そんな約束が、「傘木と鎧塚の約束」みたいに、儚いって知ってるからでしょうか
 きっと、姉も前期で辞めてしまった先輩だって
 昔は凄かった

 けど、人は変わってしまうって知ってる久美子は、そんな約束さえ疑う。

 対照的だなー、って思いました

この時間は永遠ではない、大好きな友達とも、いつか離れ離れになって、どんなに願っても、瞬く間に過去になっていく。今と言うこの瞬間を、容器に詰め込んで、冷凍保存できればいいのに…、そうすれば、怖がることなんて何も無いのに……

00805

00806
00809
00813
00815
00818
00819
00822
00824
00827
00828
00832
00835
00836
00840
00843
00844
 花火が本当に凄くて、もう何も言えない…!

怖がること
 人の心が変わってしまう事を知っている、だから怖がって、「今」を閉じ込めたくなる久美子。
 まっすぐ疑わず夢見る麗奈

 そして、次の曲が始まるのです!

 久美子らしい諦観
 麗奈らしい、無謀な気高さ。

 そして久々のナレーション、いよいよ新規クール開始ですね! 完結編となるのでしょうか?

 いや、本当に素晴らしい一話だった…!

おさらい「ピンクリボン優子が、中世古香織にほれ込むワケ」

00326
 一年前の退部騒動で、香織は、三年の軟化と一年の繋ぎ止めを奔走したそうで
 気を遣い、当時“ソロ”を放棄さえしてしまった香織
 だから好き

 そして「一年生」の多くが、リボン吉川と同じ中学、吹奏楽部出身だったと判明

 吉川優子さん、そりゃ惚れこむワケですわ

更に完全に余談ですが

00560
 だから今年は、「香織先輩にソロを譲って」と優子は打ち明け、他の部員も同じ気持ちと判明
 今年、麗奈がソロに選ばれるって事は
 悪者になる事

 迷った麗奈に、「特別になりたいんでしょ!」と背を押したのが、他ならぬ久美子。

 麗奈が久美子を信頼する理由、一期ホント良かったですね!

「ノート」の持ち主はあすか?

00868
 冒頭の意味深なノートは、エンディングでは、あすか先輩の傍らにある事も描写。
 一期の雰囲気からして、転校するのでしょうか?
 彼女の本音?

今期、改めて思ったんですが

00848
 久美子の声、「深夜アニメ」とちょっと違う感じの演じ方も、演じ分けも素晴らしかった!
 アクティヴレイドのLiko役など

変わるもの、変わらないもの

00874
 今期のテーマなのかな、って思ったのが、「人の気持ちは変わる」って事。
 一緒に全国へ、その約束を守らなかった傘木と
 裏切られた鎧塚

 なんとなく、久美子も「音楽の師匠」である姉に、似た気持ちを持ってるのかなって

 でも気持ちが変わっても、最後に残るのは…?

二期EDも声優曲! ヴィヴァーチェ!!

00846
00853
00857
00858
00859
00863
00867
00870
00871
00876
00880
00882
00883
 EDなのに、オープニングみたいに爽やかだった!!

大好き!
 全ての映像が、他のアニメ作品なら、山場レベルの作画なんだなって改めて驚かされます。
 劇場版とかやってるとはいえ、半年もTVシリーズに携わらなかった同社
 京アニの実力、応えた脚本!

 ボリュームたっぷりの一時間スペシャル、楽しかったし、どう収束するか楽しみ!

 二期もギスギス!
 でも、「本音を言い合うため」の必要なギスギス!!

 そんで映像がホント可愛くて、電車の揺れまで表現して、寄って行く麗奈とか最高でしたね!

 冒頭ノートの正体は?
 
響け!ユーフォニアム~北宇治高校吹奏楽部へようこそ~ 感想 2015年 4月

 第1回「ようこそハイスクール」
 第2回「よろしくユーフォニアム」
 第3回「はじめてアンサンブル」
 第4回「うたうよソルフェージュ」、第4回感想追記
 第5回「ただいまフェスティバル」
 第6回「きらきらチューバ」
 第7回「なきむしサクソフォン」
 第8回「おまつりトライアングル」
 第9回「おねがいオーディション」
 第10回「まっすぐトランペット」
 第11回「おかえりオーディション」
 第12回「わたしのユーフォニアム」
 第13回「さよならコンクール(完)」

響け!ユーフォニアム2 感想 2016年10月

 響け!ユーフォニアム2 第1話「まなつのファンファーレ」
 響け!ユーフォニアム2 第2話「?」