灼熱の卓球娘 1話 感想 ・・・ドキドキするっ!
卓球自体を楽しむ こより、結果を欲するあがり! 明暗二人とおっぱい先輩かわいい!

00488
00492
 初回から心をへし折る天才型! いきなり妄想始まったときはどうなるかと思いましたけれど
 力任せでなく、相手に合わせて即座に戦法を変えてみたりと
 案外真面目に卓球アニメ

 ドキドキする!の明暗がハッキリ分かれた初回だった!

また作画力の要る作品だこと!
 多少は、同じ動きや止め絵を入れられるにしても、あれだけ動き回っていた上に
 汗の張り付きまで表現とか、すごい手間!

 冒頭作画で、ちょっとアレって思ったけど、vsムネムネ先輩すごかった!

※ピンクの子は主人公ではありません

00027
 いかにも主人公勢っぽいキャラデザだけど!

・・・ドキドキするっ!
 中学女子卓球界、常勝無敗の9連覇校が敗れ、次の王者は私だと各校が色めきだした
 都内八位、市立雀が原中学校・卓球部に転校生が現れ
 部内の空気が塗り変わった

 同部は、二年の上矢あがりがエースを務めていたが、転校生・旋風こよりに立場を脅かされる

 こよりは部内4位の三年ムネムネ先輩を撃破
 エースとして、「もてはやされる事」が生きがいのあがりは、危機感に震える

 次回、第2話
モブ『9年連続全国大会優勝校の…、あの王者が…負けた!?』『まだ予選リーグだよ!?』

00000
00003
00005
00013
00014
00016
00017
00018
00019
00020
00022
00024
00027
00030
00032
00033
00034
 オイオイ、そらOBに焼き土下座させられる案件ですわ!

徹底的にナメくさるスタイル
 いきなり完敗! “九年連続全国優勝”って事は、それを目当てに新入部員も増強されるワケで
 フツー、ここまでは負けない!
 完全に魔王!

 ありがという…、ございました。またいつか、胸躍る素敵な試合を致しましょう……、くフっ♪

 土下座からの笑み
 言葉通りなのか、本気で侮辱しただけなのか?

 ともあれ、王者陥落に、「次は自分達が」と各校が盛り上がる事態となった

 なんかもう王者さんマジ気の毒!

『一強の時代は、終わった…!』『次はあたし達が…!』

00031
 しかし、この試合を(結果ではなく)を見て、そう思えるメンタルってすげえな!
 女子中学生つよい!

一年生『…おおっ、決まった! この試合も、あがり先輩の勝ちだぁっ!』

00036
00038
00039
00040
00041
00042
00046
00048
00049
00050
00053
00054
00056
00060
00061
00063
00068
00070
00075
00083
00085
00087
00089
00093
00095
00098
00100
00102
00103
00104
00106
00107
00108
00109
00110
00111
00114
00118
00121
00122
00124
00125
00128
00130
 明らかに天候操作系が混ざってる!?

灼熱スイッチ
 冒頭を終え、主演声優陣によるオープニング! この時の「番付け」で、部長さん3位なのも判明
 汗にまみれて、笑うこよりの笑顔すごい!
 あのカットすごい!

 声優ソングならではの可愛い声と、テンポ良い動画のOPですね!

 そして本編、軽快に地味なピンポン音に。
 卓球部の音ですね

 ツインテールのヒロインは、二年生ながら部内最強! 名前テロップが出るのもありがたい!

 ってか、ムネムネ先輩って本名なの!?

今現在の、部内ランキング


00132
 オープニングとキャラ名テロップから、部長の名前が「後手キルカ」だと分かります
 三年のネーミング、二人揃って人名じゃない!?

ハナビ『ムネムネ先輩は、やわらかおっぱいしか取り得ないですからねー♪』
ムネムネ『ひどい! あるよ、他にもー!?』

00135
00139
00143
00145
00148
00151
00153
00155
00157
00158
00164
 黄色はパワーキャラで、アホで、カレーという王道属性(偏見)。

ドキドキする~♪
 一位、ツインテールの二年生・あがりは、ニュートラルな性格のようで一番の核弾頭とも判明
 サブタイ、ここの台詞だったの!?

 私を持てはやしてくれる…、嬉しい…、嬉しい……♪

 部内一位で「都内」八位!
 人口、1300万人を誇る東京都の中学で八位…!?

 だからって武道館コンサートにたとえるとか、まあアレだ、リアル中学二年生だからね!

 エースさんは思春期!

あがり『(部内エース)この場所だけは、誰にも渡さないんだから…!』

00165
 でも今時、ブルマはどうかと思いますよ?(真顔)。

 他の子はマトモなので
 機能性優先か、自分の趣味でブルマを穿いているらしい。

 ツインテールはネタ要員の法則

ハナビ『あがり~、今週の“卓球SQ”見た~? 今年の全中選抜は、なんと王者が初出場のハヤブサ学園に敗退! その勢いで、全国初優勝だって♪』

00166
00170
00175
00177
 ちなみに原作は「ジャンプSQ.19」で開始、休刊に伴い、ネット雑誌“となりのヤングジャンプ”

モチベーション
 冒頭は「選抜」の様子で、本校は三年(部長?)のキルカ欠場で、選外だったらしい。
 エース然とした言動のあがりだが…?

 次は…、あたし達が全国で暴れる番なんだからっ!

 密かなニヤリ顔!
 新聞部さん、ちゃんと違和感に気付いた模様

 この子、ただのモブじゃないのね

『全国かぁ…、行きたいなぁ、部で一位ってだけでドキドキするんだもん。全国に行けたら、きっと…! もっと…、もっと……!』

00179
 ちょっとモチベーションがアレですが、誰より早く登校するなど、実際に努力してるのが好感
 動機はどうあれ、ちゃんと向上心が強い!
 どうあれ!

不審者『どきどきする~~~~~~~~~~~~~~!』

00181
00185
00187
00189
00193
00194
00196
00200
00203
00204
00205
00208
00209
00213
00223
00227
00230
00238
00247
00248
 まさかのサブタイ再回収!?

共通言語に齟齬がある
 そんな軽い歪みをはらんだ少女が、ド・純粋タイプの、“卓球好き”と出会って変わってゆく物語か
 親方! 頭上に悪魔が!!

 卓球! 卓球部なんですか!?

 カメラのアングル
 なんとなく、フェチを感じる…!

 当初、「卓球好き同士」軽く揉んでやるつもりでかかったあがりは、予想を覆される事に

 軽く、って言葉が通じないタイプだコレ!

あがり『ちょっと…!?』

00252
 予想外の反射のよさ、だべりついでのはずが、伯仲しだして焦るあがり
 王道ですね!

あがり『軽くって言ったでしょ! これじゃまるで……! そっちがその気なら…!』

00254
00258
00261
00262
00268
00272
00276
00278
00280
00281
00283
00284
00286
00289
00291
00294
00299
00305
 よろしくな? マゲマゲ~♪ 素敵なちょんまげを、二つも持っているからな!

おっぱいは友達
 しかし、白熱するうちに他の部員がドッと押し寄せてきて、人見知りなこよりは子犬モードに。
 保護欲を発揮する事に

 さらっと無茶言わないで!? おっぱい怖くないよ!

 初対面の子にマゲマゲしない!
 ムネムネ先輩、おっぱい怖い! もっとしぼませて!!

 なかなか鋭いツッコミ入れてますが、基本、面倒見の良くて仕切りが上手い子なのね

 確かにエース体質なのだわ

ムネムネ『でも、あがりちゃんは……』

00307
 ともかく部活再開、しかし、「各部で一番活躍している人」という取材にかかってしまい
 あがりは、一旦席を外してしまう事に
 致命的欠席!

 彼女も「都内八位」に甘んじる事はなく、上に行く為に、何かが必要だ感じていた模様

 来たよ、“何か”が!

ほくと『あのピンク…、ラケット持ったら、震えが止まったね』

00313
00316
00322
00325
00326
00332
00334
00336
00340
00343
00344
00345
00348
00353
00358
00363
00365
00366
00368
00369
 ほくと選手、そこに気付くとは…!

最初っから歪んでた?
 しかし、「他人にちやほやされた」快感から、卓球が強くなっていったあがりにとっては
 こよりは天敵!

 あなたはどうして卓球をしているの? …まあ、きっかけとか?

 ごくありきたりな質問
 しかし、状況とピシャリ嵌ってましたね!

 こよりは、あっと言う間に一年生をノーダメージ十人抜きし、部内の羨望をゲット!

 汗濡れ姿に色気!

『同じクラスかー? これで、いつでもどこでもマゲマゲできるな! ハナちゃんと呼べって言ったろー?』

00374
 黄色は空気を読まない色! 中の人は、昨年“それが声優! (小花鈴)”以来のレギュラー!
 モブ役で奮戦中の、cv高野麻里佳さん

 2013年よりTV出演、22歳と、ちょっと“SIROBAKO”を連想させる感じの方(偏見)。

あがり『寝てる!? 早く着すぎたって言ってたから?! つ、旋風さん!?』
こより『はいっ! たっきゅうが、だいすきだからっ!』

00375
00382
00389
00391
00392
00393
00394
00396
00398
00401
00407
00409
00410
00411
 なんというキラキラ伝染事件、これは慕われる…!

したわれるもの
 こよりは、卓球にかけては非常に純粋で、卓球好き揃いの部内にあっと言う間に溶け込む
 嫉妬! ツインテールは嫉妬深い!!
 が

 珍しいからって、ちやほやしすぎじゃない…! 目の前にエースがいるのに…!!

 一方で「それ以外」からっきし
 あがりにとっては、同時に“保護すべき相手”とも感じる

 これが計算でやってたら、とんでもねぇ悪女! なお幸い、こよりは天然キャラであった模様。

 良かった、養殖じゃなくて!

『どう、こよりちゃん? これから私と打ってみない?』

00414
 てなワケで、「上位ランク」とぶつかるべき状況に、イマイチと評判のムネムネ先輩が登場
 部内四位、上位三人は二年トリオが〆ている
 ちょっと変わった状況です

 オープニングを見た感じ、ダブルスで真価を発揮する人なのか…? 

あがり『ムネムネ先輩は、ランキング4位の実力者……、印象に反して、“ドライブ”主戦の攻撃型! しかも“ボールの打ち具合<ミート>”の強さは、校内で一番!』

00415
00421
00426
00427
00435
00438
00447
00450
00451
00456
 ドライブとは、上回転をかける打法。また、回転を抑えた“速度重視”はスマッシュという。

パワー&ドライブ!
 実は先輩、恵まれた体躯から来るパワー型! 意外やいきなり切り込んできた!!
 が、こよりは逆燃え!

 ムネムネ先輩…、強い……! ようし♪

 王道の燃え方!
 状況的に、先輩の初期優勢は王道!!

 なのに意外に感じたのは、これまでのトボけた印象のせいでしょうか、パワー型だった!! 

 意外に真面目だ!

ほくと『揺さぶってきたね』

00460
 そして変化する空気、解説役となったのは、常に口元を隠してるほくと。
 クールは青。

 担当cv桑原由気さんは、2012年よりTVアニメ出演で同じくモブ中心。25歳。これまた…。

ほくと『攻撃力はあるけど、身体が重いから、フットワークが弱い…。左右に球を散らされると、“拾う”のに手一杯で、スマッシュが打てなくなるんだよ』

00462
00466
00467
00470
00471
00472
00474
00476
00478
00481
00488
00490
00491
00492
00493
00494
00495
00498
00501
00506
00511
00516
00517
 先輩の動きが、ちゃんと「重そう」でなんかすごい。

新エース誕生?
 何気にかなり酷いこと言われてますが、先輩の持ち味を殺し、全力を振り絞って逆転するこより!
 汗ベッタベタ!

 やっぱり強いねこよりちゃん♪ 前のところでは、県でベスト4だったんだってね?

 そんでやっぱりか!
 あがりちゃん、イキナリ闇堕ち…!!

 エースという自尊心を、いきなりへし折られかけるあがり、濡れ張り付いた汗の表現が熱い!

 いい引きの一話だった!

そしてエンディングである

00533
00535
00544
 この二人は別格なのね

フルメンバーED!
 ちゃんと出てくる、「その他」の生徒がちょっと可愛い! 右下から二番目の子がかわいい!
 後、ほくと二年は普段はマフラーしてるんですね
 口元を隠し抜くスタイル

 いずれ、最終回でチラッと見せるのか、“実は赤面症”とかで一話持っていくタイプ?

 アニメで描写されると良いですね!

ところで「部員軍団」のネーミング

00520
 びっくりするほど雑すぎて、こんなん笑うわ!

ネーミングといえば、三年組は「ダブルス」要員なんですかね?

00063
 緒戦で敗れた「部内四位」の先輩ですが、もう一人が、いかにも防御特化型っぽい名前
 その名も“後手キルカ”なので、どうもダブルス要員っぽい
 他校との試合で活躍するんでしょうか

 キルカ先輩が出場しなかった為、選抜に出れなかったみたいな台詞も

 なんで出なかったんでしょうね

しかし、こっちの方が「旋風」っぽくない!?

00075
 オープニングにはライバル校も登場、アニメ版は、彼女達との決戦で終わるんでしょうけれど
 描写がトンデモ過ぎて笑えます

 今週、いちばんトンデモだったのは、間違いなくアイドル妄想ですけどね!

 ここまで、「ちやほやされたい」って路線だと
 一周回って清々しい!

あと割とどうでもいいことですが

00325
 ラケットを持ったら震えが止まったこよりを、「あのピンク」と呼んだほくと
 何か、意味があるんでしょうか
 赤いですよね
 
予告『すごい…、すごいよ…、こんなに早いの……、ハジメテ…!』

00519
00524
00526
00527
00528
00530
00531
00532
00538
00541
00542
00543
00546
00547
00550
00552
00554
00556
00558
00560
00563
00564
00565
00568
00583
 制服だろうと肩がチラ見せするという謎の着こなし。

エースとリーダー
 なおEDは、アイドルアニメ「Wake Up,Girls!」で結成された、同名・声優ユニットが担当。
 いや、いきなり谷間の展開を作ってきましたね
 濡れ透けへの気合!

 でも強くなる上で、既存の自分を壊すのは必要なプロセスの一つ

 人口の少ない「県」と「都」を
 一概に捉えてしまうのも、中学生っぽいなーと思いました

 何より、あがりが「仕切り役」として優秀なのは、しっかり描かれていますし解決が楽しみ。

 次回、第2話
灼熱の卓球娘 感想

 灼熱の卓球娘 第1話「・・・ドキドキするっ!」
 灼熱の卓球娘 第2話「?」

PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
アニメランキング