アクティヴレイド 2期 12話 最終話 感想 素晴らしき日常
“現場”奮戦! 黒騎、不帰の弾丸超特急! もうホント最高の最終回だった!!

00567
00694
 見る人によって、「ココが良かった!」が分かれそうな、皆の見せ場だらけの素ン晴らしい最終回!
 瀬名さんは良い男だ! 颯一郎はいっぺん馬に蹴られてくると良いと思うよ!!
 逆襲の陽ちゃんスカッとした!

 最後の台詞が、あ、おつかれさまでしたー。って、瀬名さんの扱いが酷すぎて最高だったわ!!

安心の日本政府
 また、あまりの酷さに、「こういう政治状況を変えたかったんだな」って伝わってきて
 稲城さんの男も上がった気がします
 どうでしょ?

 原画班で「すごい気合だ!」って感動して、キャスト欄で笑わされる! EDまで楽しめましたのだわ!

稲城『私はただ、急ぎすぎただけだ……』

00001
 ちゃんと、死んだ彼の養女の命は守っていた。やりたい事自体は、確かに正しかった……。

素晴らしき日常
 バードによる人工衛星落下は、前政権が「軍事用」を企図していた事から、関東壊滅の危機を招く
 落下まで五日、官民合同の対策チームは黒騎とみほを打ち上げ
 緊急停止を図る

 しかしみほは脱落、バードは、「緊急停止装置」に代わって無人ウェア3機を配備していた

 協会秘蔵の、「独自改造」でこれを破った黒騎
 ミュトスの助言で生還。

 バードも陽の気付きで逮捕されるが、彼の協力者、「APE」ことA子を取り逃がすのだった

 なお瀬名颯一郎,全てを事後に聞かされた模様(完)。

黒騎『俺は、アンタが目指していた未来を、守ってくるよ…、稲城さん』

00004
00007
00009
00020
00021
00025
00026
00028
00029
00033
00035
00042
 呼び方が「稲城さん」に戻る黒騎、男だねえ…。

ただの衛星に興味はありません!
 稲城は確かに悪人です、でも、理想を貫ける若さで“権力”を得るには、他に手段が無かった
 一刻も早く、“ルールを変える”側に立ちたかったと
 で

 東京に落ちてくる、被害は埼玉…、静岡まで及ぶだろう

 関東壊滅!?
 情報統制で、「衛星落下」は秘匿された

 そして衛星は、前政権が「軍事化」を目論み、“6話の超爆弾”を大量積載してたと判明!

 過去最高にアカンやん!

協会様『諸君! 衛星が加速させられている…、宇宙飛行士を送り込む時間はない!』

00044
 対し、「民間」である協会は解析を任され、出した結論は“ウィルウェア”での作戦遂行!
 知ってた!!

 今ここに! 官民合同の、特別チーム、その結成を提案する!!

 やだ、協会さまってばカッコイイ!
 別の番組だコレ!

総理『ひとまず…、その案を持ち帰って……、あ…、うん……、それなら』

00055
00057
00064
00071
00078
00084
00086
 しどろもどろな総理を、警察、自衛隊トップがテッキパキ押しきってもう笑うわ!!

官民合同突貫作戦!
 かくて、五日以内に「衛星に到達し緊急ユニットを制御」、ウェアを送り込む作戦が始まった!
 が、口でいう程カンタンじゃあない!

 鳥越…、だからあなたは人間が浅いのよ…!

 最終回でも浅かった!
 何せ、「衛星側も加速している」のだ

 何より未体験の宇宙へ送り込み、そして作業する、それも実際には一日二日の短時間でだ!

 カンタンだと思ったら、それは人間が浅いのですね…!

協会さん『残念ながらお二人も失格です』

00090
 そして、「死地へ行く」となれば、真っ先に手を上げるのがボス、そして舩坂さんなんですよね
 上の人間として、そして多分、年長者として…
 何よりヒーローとして!

 しかし、「宇宙への打ち上げ」「活動用」に最短改修できるのは、2機しかなかった

 防御用に推力の低い“七竈”は論外
 逆に、機動力が最優先の“プリマベーラ”では、生存能力が低いんでしょうね。

 では誰かというと… 

協会様『適合するのは2つだけ、オスカー2“ストライク インターセプター”と、オスカー6“ファインファミリア”です』

00097
00103
00108
00113
00116
00122
00128
00132
 アイツの不始末が原因です…、だから、なんとしてでも俺が…!

イエス! シャチョー!!
 この事態、買って出たのは黒騎警部! “兄”の不始末は弟が果たすとばかりに燃えている!!
 また、瀬名の会社が何かを運びこみ…?

 ヘイ! シャチーーーーーーーーーーーーーーク!!

 皆…、ありがとう!
 瀬名さん、専務と違和感ゼロで喋ってる!

 ある意味もう、フツーの人に戻れなくなってる瀬名はさておき、円さんも熱血参加希望!

 この事態、やっぱ“フルメンバー”じゃなきゃいけないよね!

ミュトス二郎『なるほど…、確かに、バードならギリギリまで待つかも……』

00134
00136
 また、この土壇場で燃え始めたのが山吹陽! 元“八条に恋してた”ってのはダテじゃない!!
 彼の性質を、ミュトス以上に知悉していた彼女は
 二つのポイントに気付く

 すなわち、ギリギリまで「観戦」の為に待つこと、そして「もう一人」協力者がいる事…!

 あの二郎が認めるとは…、陽さんカッケエ!

まりも『出向だから、外れてもいいって……』
エミリア・エデルマン『私は、黒騎さんに恩があります。だから、彼が帰ってくるまでは…、絶対に逃げません!』

00140
00145
00150
00157
00159
 エミリアの中の人がベテラン田村ゆかりさん、まりもが若手、cv田中あいみさんなのも面白い

粋だねえ!
 実は、さっきセナーズインクが持ち込んだのは、2期2話の「ケンタウロス」ユニットであった。
 同機は、誰より習熟するエミリアが扱う事に

 日本文化に通じた、彼女らしい「恩」という動機。熱いし少し恥ずかしい。

 恩知らずが横行する中
 外人である彼女が、“恩”を動機にしてくれたんですから

 外人である彼女の方が、日本人らしいってのも、日本通の彼女らしいし皮肉な感じですね。

 まりもちゃん可愛い!

星宮はるか『円ちゃん、久しぶりだけど大丈夫?』

00165
00167
00172
 円ちゃんの操作画面、大丈夫過ぎて笑う。

同僚二人
 また、同じオペレーターとして、ある意味「相棒」だった二人の会話も彼女達らしいですね
 はるかさん、職務中にオークションに!
 この趣味人!

 そんな彼女が、「不安なのかな」と円が見抜いてしまう辺り、付き合いを感じて微笑ましいです

 円さんって、かなり人付き合い苦手そうですし。
 振り向いた姿が可愛い!

アビゲイル『Heyシャチョー無問題! アシタには、スペース黒騎ゴー・アヘッド!』
瀬名『ありがとう専務! 君は立派な人だ!』
アビゲイル『シャチョーも、立派なクソになったNE~♪』
瀬名『違います!(困惑)』

00178
00183
00185
00187
00188
00192
00196
00197
  瀬名と専務の会話に、完全に「瀬名さん、普通に戻れない」感があるのにようやく気付いた!

どこまでも
 また花咲里あさみは、さっき「宇宙行き」候補にされかけた時、心底怯えてしまった事を吐露する。
 なまじ、賢いからでしょうね…

 私、バカです! エリートだからって皆に威張り散らして……!!

 賢いから非合理に恐怖する
 そして、素直で善人だからこそ「そんな自分」を嫌悪する

 二期で立派な大馬鹿者になったけど、やっぱり、あさみちゃんはあさみちゃんだった……!

 対する、舩坂さんがまた良いんだ!

舩坂さん『行き着けのね? お蕎麦屋さんがあるんですよ。深大寺に…、黒騎君が戻ったら、皆で行きましょう。良いもんですよ…、お昼から御蕎麦屋さんで一杯やるのは』

00199
 何が良いって、思い悩む彼女に、「悪い楽しみ」を教えるのが本当に彼らしくて。
 悩むのは、あさみちゃんが真面目だから
 だから悪い事を。

 もうちょっと、世の中、気楽に楽しみませんか?って言ってるみたいで。

 稲城さんには、“こういう人”がいなかったんでしょうね…。

Liko『世界一素晴らしい、私の大事な大事な叔父様? このお店ならどうかなっ♪』

00203
00204
00206
00209
00211
00225
00227
 協会様仕様のLlko、あざとかわいすぎてもう堪りませんね!

黒騎さん、出張へ
 一方、協会様の「Liko設定」が行き着くところまでいってて、協会さんに尊敬される(?)場面も
 あ、このホテルって…

 稲城都知事との関係で、今、叩かれてるのよ。黒騎くん。

 そして小湊アナ。
 正直、裏がある人だと思ってました

 前期同様、ダイハチを問題視し、でも「英雄だから」と誉めそやしてるだけ…、みたいなキャラかと

 でも先週から、なんかすごいヒロインしてた!

凡河内みほ『…なあに、今更?』

00231
 そして、本作最強のヒロインが遂に……!

颯一郎『だが、もっと心配なのがいる…、君と違ってあいつは、ガサツな粗忽者でも、一応、仕事仲間なんだ…、何かあったら…』

00234
00236
00240
 けっきょく、颯一郎さんは「別れのメール」を送ったの…? いや無理っぽいね!

唐突に切れるスマホ(物理)
 基本的に、「凡河内みほ」を尊敬する瀬名颯一郎だけに、彼女への心配など微塵も無かった…!
 えらい顔に……!

 みほさん、ホントは「心配なんだ愛してる!」って、言って欲しいんだろうに!!

 瀬名氏気付けず!
 どころか、“何度も電話するなんてヤだなぁ”だと…!?

 颯一郎、いっぺんケンタウロスユニットに蹴られるべきだよ颯一郎!!

黒騎『すぐ帰るよ…、解決したら、“みんなでお前の妹を探す”って事になってっから♪』

00248
 一方ミュトス、「ある腹案」を黒騎に伝えようとして、意表を突かれてしまう場面も。 
 何か、めっちゃ愛されてるよ…!

 もう彼を心配してるのは、黒騎だけじゃないんですね。

 良かったな二郎…!

黒騎『円や、(公安の)林田さんも手伝ってさ?』

00253
00255
 そして今回、何げに感動したのがこのやり取り。公安、“他人を疑う”のが仕事である林田さん
 実際、見た目も職務に忠実そうで
 だから嬉しい

 前回だか、ミュトスを監視する役割を、「子供のお守り」とか言ってた気がします

 林田さんの中で
 もう、ミュトスは「犯罪者」じゃなくて「手のかかる子供」なんだなー、って。

『では…、これより任務に入る! ウィルウェア班は総員着装! 各員、配置に就け!』
『オスカー・シリーズ、ユニットセット!』

00262
00266
00268
00271
00273
00275
00278
00281
00284
00286
00288
00290
00294
00297
00301
00302
00304
00306
00307
00311
00314
00318
00320
00321
00328
00332
00333
00342
00345
00347
00356
00359
00360
00364
00365
 オイオイBGMに「Golden Life」とか、人を感動させすぎッショ!!

頼むぞ相棒!
 当日、なんと新都庁舎に「東京カタパルト」を急造した強襲科、次々と、総力戦で黒騎を加速!
 ムッチャクチャだコレ!?

 ああ…、後は任せた……、じゃあな!

 3話の大阪カタパルト!
 まさか、この局面への前振りだっただと!?

 射出ゥ!の迫力ありすぎる舩坂さんといい、繰り出される連携といい、もう最高だった!

 最ッ高にカオスの極みだった!

『何かがこちらの軌道上に!?』

00375
 親方! またも「無人ウェア」が!?

瀬名『オスカー2はそのまま行けッ!』

00385
00386
00390
00396
00398
00399
 追加ユニットで単独飛行する瀬名さん、やだ、かっこいい…!

おめでとう雷鎚!
 まさかこの局面で、初めて「ミョルニル」が炸裂する事になるとは…! はるかさんの初撃墜!!
 無人機により、自衛隊のみほが脱落

 そ、颯一郎……!

 お姫さまだっこ、だと…!?
 いかん、凡河内さんの中でロマンティックが止まらなくなっている!

 なお瀬名、彼女に一言。

颯一郎『気にしなくてもいい…、アイツなら独りでもなんとかするだろう』

00401
 そっちじゃねえよ!

バード『“ギリギリまで待つほうが”楽しいでしょう…? それよりさ』

00405
00409
00413
00415
 通称「スリ子」、完全に趣味でやってるだけらしい

コード:APE(猿)
 遂に明かされた「A子」の正体、彼女は、バードの文字通り手足として働く実行役であった
 以前、スマホ不可でも使えてたのは伏線…!

 あたし、先に次の国に行って、戸籍用意しておくから。

 戸籍の用意や
 また、一期ラストではハッキングにも参加

 彼女は先に日本を離れてしまい、前期のバード同様、ダイハチは彼女を取り逃がす事に

『あーあ、パンドラの箱あけちゃったァ♪ 残念な事に、入れてないんだよねェ…、“希望”は♪』

00425
00433
00440
00445
00446
00452
00455
00456
00457
00466
00470
00472
 何がヒドイって、完全に他人事な政府の口調!

希望/Zero
 しかし、辿り着いた宇宙ステーションは、「緊急制御装置」がバードによって取り外されており
 代わりに3機もの無人機が!

 これアレだろ? 八条とか言う奴の仕業、なんとかならないかな?

 政府の連絡が酷すぎる!
 そもそも、「緊急制御室」自体が打ち上げられてなかった

 稲城の権限を勝手に使ったのか、代わりに、3体もの「災厄」が詰まってたとかいうオチ!

 やだかっこいい!

黒騎『おいおいウソだろ!?』

00480
 まったくだよ!

黒騎『こんなの、どうすりゃいいんだよ!?』

00485
00488
00493
00499
00501
00510
00513
00518
00527
 もう、みほさんの視線が気になって気になって!!

こんな事もあろうかと!
 親玉は、黒騎の切り札「破砕衝角震電砲」をも無効化する機能を持ち、火力に至っては桁違い!
 ドーベンウルフ、いやガンダムMk-Ⅴ!?
 ジオングだコレ!

 我々協会が勝手に作った、独自機能だよ。

 しかし切り札が!
 なんとまあ、ご都合主義な!!

 だが嫌いじゃない! と思っていると、政府により「それは困る」と止められる場面も。

 勝手に作った、って不味いですよ協会様!

総理『ダメだろ、そんなの!?』

00530
 別にいいでしょ! そんなの!!

総理『あ、うん…』
舩坂さん『ハイ、許諾頂きました!』
ダイク・ボス『許諾します!』
『モード“完全殲滅震電機能”!』『“スサノオ”、解除! …協会の叡智、喰らいやがれ!』

00531
00532
00534
00536
00538
00543
00554
00555
00559
00562
00567
00571
00582
00587
00599
00601
00606
00614
00616
00621
00622
00624
00625
00628
00633
00636
00640
 稲城さん…、得意技をお借りします……、正拳突きィ!

黒騎猛、帰還せず
 稲城が裏切った理由を思い、彼を許していた黒騎の猛攻! しかし最強モードは消費も激しく
 爆発物を人質にされ、相討ち同然に…!

 ふざけるな! 先日の飲み会のおつりはどうするんだ!? …黒騎ィィーーーー!

 黒騎と…
 普段、いつも「貴様」とか言い続けてた瀬名さんが…!

 ファルコンユニットの隠し機能、モード「スサノオ」カッコイイ! バード、最後まで性格最悪!!

 不器用な男の叫びと共に、黒騎爆散…!?

『黒騎の奴、殉職で二階級特進の警視正になるのか…、しかし、死んだら何も残らんだろうに』

00649
 後日談、葬式のつもりで出席した瀬名は、カーニバル姿専務と遭遇…!
 カーニバルダヨ!

黒騎『ああ、やっぱお前にだけ伝わってなかったかー♪』

00652
00654
00656
00658
00666
00669
00673
00675
00677
00678
00679
00685
00688
00690
00694
00695
00696
00000
00699
00703
00705
00709
00712
00714
00716
00717
 何言ってるんだい…、替えの利かないパーツだよ♪

正直者は拳を喰らう
 いやいや! 明らかにワザとハブってたよね!? バードは飛行機の自動操縦をミュトスに奪われ
 陽に、あっけらかんと応えた結果
 
 そうですか…、返答、ありがとうございますっ!

 ミュトスの助言で黒騎は生還
 ただ、「お前にも仲間が居た」という返答に、バードは顔を曇らせました

 二人の表情からして、“A子”=エイプ(猿)は、思った以上に複雑な関係であるようです

 陽ちゃん、最強に可愛かった!

瀬名颯一郎『おつかれさまでしたー』

00719
 おつかれさまっしたー!

完全に余談ですが

img_12
 A子のcvは、2014年10月~翌3月放送の人気オリジナルアニメ「SIROBAKOで主演
 木村珠莉さんが担当

 彼女、同作ですごい好演だったんですが、以降はモブ役中心でメイン級が……。

 モブ役は本当に多いんです
 特にジョジョ3部とか、モブ女性ならほぼ彼女!って感じでした。

大団円! “A子”は前期のバード同様に、海外逃亡エンドに。

00722
00724
00726
00727
00729
00730
00733
00735
00743
00747
00748
 黒騎・ミュトス・しまじろう信次桜……、じゅげむじゅげむになってんぞオイ!

素晴らしき日常!
 ああ、楽しかったとしか言いようのない最終回! 一期での伏線も今期でサクサク回収し
 バード、ドッグ、エイプ、すなわち「桃太郎」だったというオチで(?)
 ロゴス関係も一応落着に

 妹さんは、都合よく現れるのではなく、「彼がダイハチに受け容れられた」と表現する役割に。

 これちょっと感動です
 二期はとにかく、キャラのブッ飛び具合が加速して面白かった!!

 特に脚本面、3話あさみ回、7話水着回の「玉井☆豪」氏が加わったのが素晴らしかったですね!

 はいふりを挟み、二期に渡ってのオリジナルアニメ放映、お疲れさまでした!

アクティヴレイド -機動強襲室第八係- 第一期 2016年1月~3月

 File_1「コードNo.538」
 File_2「学園崩壊」
 File_3「アリーナからの挑戦」
 File_4「旋回空域」
 File_5「消失のポーカーフェイス」
 File_6「夢は、彼方の黄昏」
 File_7「ロングレールライフ」
 File_8「アルティメイトロンド」
 File_9「ロゴスの名の下に」
 File_10「姿なき征服者」
 File_11「ジャパン スタイル」
 File_12「誰がための秩序(第一期最終回)」

アクティヴレイド -機動強襲室第八係- 2nd 感想 2016年7月~9月


 アクティヴレイド 2期 第1話「西から来た男」
 アクティヴレイド 2期 第2話「果てなき復讐者」
 アクティヴレイド 2期 第3話「天使と破壊神」
 アクティヴレイド 2期 第4話「再びのミュトス」
 アクティヴレイド 2期 第5話「利するは誰か」
 アクティヴレイド 2期 第6話「逆襲のルドラ」
 アクティヴレイド 2期 第7話「絶対ピーピング宣言」
 アクティヴレイド 2期 第8話「異邦人は風のなか」
 アクティヴレイド 2期 第9話「第八係 出撃せず」
 アクティヴレイド 2期 第10話「訣別の宴」
 アクティヴレイド 2期 第11話「偶像の夢」
 アクティヴレイド 2期 第12話 最終話「素晴らしき日常」
PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
アニメランキング