これまでの感想はこちら
有馬とエト、“隻眼の王”とは二人の共犯作品であった…! 事態、急変…ッ!?

Aaa_002
Aaa_004
IMG_1294
IMG_1293
 急展開が続き過ぎ、理解が追いつかない! ジューゾーも丸手も生死不明、生死不明だらけ!
 でも、目まぐるしい種明かしが楽しい巻だった
 それは確かだ!

 若くしてエトと出会い、「最強の捜査官」として“殺される”為に、戦い続けてきた

“王”への共犯者
 有馬さんの、異常な強さも納得できましたし、ソレが動機となったんですね
 この世界は「良く出来ている」

 あるべき「滅茶苦茶」に直す為に、喰種に希望を生む為に生きた、それが有馬貴将だったと。

 さて、王となったカネキを待つ運命は…?

死屍累々、生死不明、王誕生! “亜門の父”も再び表舞台へ…!

IMG_1302
 ジューゾー、状況的に死んでいてもおかしくなく、ホント気になります。

reは「王」を意味する
 生きたい、強く願ったカネキは有馬を倒し、彼は“お前が殺した事にしろ”と言い残して自害した。
 彼は、喰種の一族・和修が生み育てた「半人間」の一人であり
 余命が間近だったのだ

 若い頃にエトと出会った有馬は、彼女と共犯者になり、「最強の捜査官」となった

 最強の捜査官・有馬が喰種に殺される
 その事が、喰種に希望を与え、「和修の支配」に混乱を与えると考えたのだ

 瀕死のエトもまた真相を伝え、自分と有馬が作った玉座こそ、「隻眼の王」だとカネキに伝えた

 かくて、「隻眼の王カネキケン」は、世に生まれ落ちる事となる

『…はたまた、単純な女だからか』

IMG_1308
 やられた部下が「ミツシタ」、つまり“三下“とか酷いネーミングだった!

三十路の恋
 思えば、割と平穏なパートだった序盤戦、あの半兵衛の実力を見る事に。
 ジューゾー班なのは、ホント伊達じゃなかったんですね
 強者半兵衛……。

 しかし、彼が戦った「ミザ」の心情が直前に描かれ、「どっちも死んで欲しくない」戦いに

 ナキの兄貴、心底慕われてたんですね…。

うりえさん こわれかける

IMG_1307
 トルソーの寝床で、六月の匂いがする、胴体を、はっけん……。

こんな匂いだったか?
 本来、理知的で独善的だった瓜江が、心配のあまり壊れていく様が見ていられなかった邂逅回
 幸い六月は生存、しかし、“より酷い有り様”に突入した事で
 瓜江もますます心配に

 彼女の死体(仮)に深く動揺した瓜江、今後、彼女が敵に回った時彼は…!?

 彼、手術のせいでとっくにギリギリですしね…。 

六月の真実、彼女の行方は…?

IMG_1306
 手足の「感覚がある」と言ってましたが、再生したんでしょうか? それとも?

六月透
 思えば「佐々木班」もガチ壊滅状態、元気なのは米林才子だけって、さすが脂肪分は格が違った
 両親を喰種に殺された、と“自分を騙して”生きてきただけで
 両親を殺したのは六月自身

 自身の性別を偽り、過去を偽り、“人を喰った自分”を偽り、姿を消した彼女の行方は…?

 死んだと思ったら殺してた。

狂った喰種“トルソー”、遂に死亡

IMG_1305
 単に、“花畑に連れて行こうとしただけ”だったのね

胴体魔
 彼も、最後の最後で過去回が挿入されましたが、さすがにヘビーすぎて辛い。
 もちろん、ちょっと頭が回れば回避できた事なんですが…
 でも「回らない」のが彼

 最期、彼を殺したのは六月なんでしょうか?

 手足は生えた?
 それとも、最初から無事だった?

 六月の視点は、彼女自身にとっても嘘ですし…?

月山さん『うるさい、という理由で解雇されたよ』

IMG_1304
 オマケページは月山バイト生活編、どうすんだこの人。
 いやホント


シロ『ば、っぶう~』

IMG_1303
 なんか喋ってるって事は、意思があるのか…?

シロクロ再び
 以前、ジューゾーと同じ訓練生で、カネキ同様に改造されたとして登場したシロクロ。
 クロエは、致命傷を負ったシロを体内に取り込んだ事で
 すっかり狂っており…?

 シロは大丈夫、ジューゾーは殺す、二つの思い込みだけで生きてる有り様

 状況的に、ジューゾーが死んでてもおかしくなく心配…。

旧多、「ラスボス」なのか…?

IMG_1301
 その目的は“平和”。

エト戦死?
 まさか簡単に死ぬとは思ってませんでしたが、エトを返り討ちにする大金星に……。
 支配者、“和修”すら欺いているらしく
 ラスボス感が

 何せ、その動機「超平和」が、エトにも理解できなかったってんですから

 カネキと対になるキャラになるってことなんでしょうか

人を影から支配する「喰種」、その正体は和修一族

IMG_1300
 彼の正体に気付いた丸手、生死不明に。

「支配者」の一族
 CCG、喰種を駆逐し人類を守る側のトップが、実は喰種であり、世界は彼らが作った秩序の中
 世界は、彼らを中心に「上手く回っている」んでしょうね
 大多数が幸福になる仕組み

 対しエトと有馬は、その秩序を壊し、本来あるべき「滅茶苦茶な世界」に変えたい

 それこそが自然
 あるべき世界に「直す」のが、エトたちの動機だった、と。

 吉時は戦死、さて誰に殺されたのか…?

『丸手ー! あたし、許さないからぁぁぁぁぁぁぁぁぁあ!』

IMG_1299
IMG_1298
 実は父さん大好きっ子だった「和修政」。

丸さん死んだ!?
 場面転換し、カグネ直撃で死んだ和修局長、という結果だけが判明。
 これまで、冷酷キャラと思われていた政が号泣し
 オネエみたいに泣く事に

 彼もまた喰種、という事になりますが、彼は瓜江を「直属の部下に」と誘ってたはずで……?

 なんてこった! 瓜江っちに、また不幸ルートが!!
 いっそ米林と幸せになろう!

「最強の捜査官」有馬貴将、死す

IMG_1297
 カネキを試す為の戦いだった、と

隻眼の王
 彼は、「人間になりたい(?)」というV、和修家の実験で生まれた「喰種と人間の子供」の一人
 エトいわく、彼こそが“隻眼の王(老化で片目が見えない)”。
 強さの理由も納得

 反面、和修が陰から支配し、上手く回っている世界の「犠牲者」だったと。

 寿命が30年程度しかないと知っており
 エトに協力、「最強の捜査官である自分が、喰種に倒される」、喰種への希望を生むべく生きた

 そしてエトは喰種の結束を図り、隻眼の王が座る組織的土台を作った

 隻眼の王は、二人の合作だったんですね

最強を誇った「物知りキャラ」、エト、逝く…?

IMG_1296
 出来れば生還し、芳村店長と和解して欲しいですが…。

王と梟
 当初、「隻眼の王」その人と思われていましたが、演説で否定、王とは「共犯者」有馬の事でした
 老化で片目が見えない、そして圧倒的な強さゆえでしょうか
 でもそれは、あくまで裏の話

 表向きには、「最強の捜査官・有馬」を倒した喰種に名乗らせる、英雄としての名前だと

 喰種に希望を持たせ
 喰種が、一方的に虐げられる「上手く回っている社会」の破壊

 若い頃に有馬に殺されかけ、以来、彼と「社会をめちゃくちゃにする」為の共犯者となった

 目的を果たしたとはいえ、父との和解は出来てないまま…?

が、ガスマスクの人ーーーーーーーーーーーー!?

IMG_1310
 バンジョーの部下が、次々と…!?

特等二人
 お馴染みモーガンと共に、二刀流、かつ「遠距離戦を主にしつつ、近距離でも無敵」という
 とんでもない技巧でヨモさんを驚かせた捜査官
 安浦清子特等

 折り返し解説によれば、なんと「二刀流」に関し、亡き真戸呉緒、有馬貴将の師匠筋だという

 割と、ボロボロ倒されてる特等ですが
 凄まじい強者だった!

 こう見えて、真戸氏の亡き奥さん、つまり暁さんの亡き母と同期なんだそうな。
 
「モブっぽいが実力者」、平子さん。ダイナミック辞職…!

IMG_1295
 カネキ達を逃がす為に辞職…!

真実の平子
 彼は、有馬の生まれを知っており、「彼と同じ境遇の子供たち」の0番隊を指揮。
 では平子自身は?

 有馬の意思を継いで0番隊と共に離反、CCGが和修の為の組織と分かった今、納得の行動

 しかしダイナミックな辞表であった。

収録

IMG_1309
 特等二人を凌ぎきった董香、彼女に感じた「違和感」の正体って…? 

 ヤングジャンプ・コミックス「東京喰種:re 8巻」。石田スイ
 週刊ヤングジャンプ連載、集英社発行。
 2016年9月(前巻2016年6月)

収録
 76:情疎
 77:死痴
 78:100q
 79:喰らい
 80:歯を
 81:琲
 82:心臓を
 83:門のとじる音をきいた
 84:羽 与えられ
 85:しろい箱
 86:白虹

 巻末「まちがいさがし」収録

漫画 東京喰種:re 感想 ※旧作未読 アニメ 1期 2期視聴 公式ツイッター

 東京喰種:re 1巻
 東京喰種:re 2巻
 東京喰種:re 3巻
 東京喰種:re 4巻
 東京喰種:re 5巻
 東京喰種:re 6巻
 東京喰種:re 7巻
 東京喰種:re 8巻“殺しただろう? 隻眼の王は”
 東京喰種:re 9巻“俺は かつての仲間を救いにきた”
 東京喰種:re 10巻“黒山羊の蹄”
 東京喰種:re 11巻“アキラの選ぶ道。…アンタ童貞?”
 東京喰種:re 12巻“いいえ、もう童貞ではありません”
 東京喰種:re 13巻“むしろ竜です。さよならカネキ”
 東京喰種:re 14巻“ありがとうカネキ” 和解の成立
 東京喰種:re 15巻“再会”おはよう僕の竜
 東京喰種:re 16巻【最終回】人と喰種と東京喰種

アニメ版 東京喰種 感想 第一期

 第1話「悲劇」
 第2話「孵化」
 第3話「白鳩」
 第4話「晩餐」
 第5話「残痕」
 第6話「驟雨」
 第7話「幽囚」
 第8話「円環」
 第9話「鳥篭」
 第10話「青桐」
 第11話「衝天」
 最終話「喰種」

東京喰種 √A 感想

 √A 第1話「新洸」
 √A 第2話「舞花」
 √A 第3話「吊人」
 √A 第4話「深層」
 √A 第5話「裂目」
 √A 第6話「千路」
 √A 第7話「透過」
 √A 第8話「旧九」
 √A 第9話「街望」
 √A 第10話「終雨」
 √A 第11話「溢花」
 √A 最終話「研  」

PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
アニメランキング