公式サイト かつて神だった獣たちへ 第1話 感想 レビュー 考察 画像 あらすじ 内容 ネタバレあり 原作未読 21時感想追記 これまでの感想はこちら
バッドスタート、1860年代米国風ファンタジー

00779
00617
00277
真っ先に、恋人より先に気にかけた仲間達を殺す
 楽しげだった風景が、そのまま戦う辛さになる
 人間性を失った仲間を殺す旅
 戦争帰還兵の旅か
 
 仲間も名誉も失い、救いはゴツい銃のヒロイン…?

第0話回
 妙に強調…、と思ったらメインキャラだったのね!
 MAPPA社制作アクション、ラストが迫力!
 めいびい先生の女の子は可愛い!

 気のいいオッサンも怪物に、皆はどう変わったのかしら

かつ神 1話 感想

 かつて神だった獣たちへ 第1話「かつて神だった獣たちへ」
 冒頭「南北パトリア戦争」    
 Aパート「幼馴染3人組」
 孤児院に残してきた娘
 擬神兵部隊、快進撃
 擬神兵、終わりの始まり  
 Bパート「博士が気付いていた前兆」
 ハンク、部隊の誓い
 ハンク、生きて帰る誓い
 エレインの責任の取り方
 それから二ヶ月     
 感想追記
 公式ツイッターより
 制作スタッフ
 同作者連載中「結婚指輪物語」
 これまでの感想

かつて神だった獣たちへ。初回にしてタイトル回収

00158
 てっきりキリスト教と悪魔的(元は土着神)なストーリーかと。それとも?

擬神兵(ぎしんへい)
 1800年代の米国に似た世界で、劣勢な北軍が開発
 怪物化し、戦局を覆す英雄となった彼らは
 国民達に「神」と絶賛

 戦中は「神」。戦後、平和が訪れ「獣」と蔑まれる事に

 世界観はまんま米国ですが
 神扱い、死体を焼くなど、キリスト教はないらしい様子も。

 気のいい男やもめだった彼が、己を神だの叫ぶラストは悲しかった

最後に見た恋人の姿は。果たして…?

00664
 どう見ても死んでます。が、「死体がない」のね。

あらすじ
 エネルギー鉱石ソムニウムを巡り、パトリアは南北で内戦に突入した
 人口に劣る北軍は、戦局打開へ「擬神兵」を実用化するが
 擬神兵は暴走の危険を孕んでいた

 隊長ハンクは、“暴走時は仲間内でカタをつける”と約束

 だが終戦時、エレイン博士は暴走を避けえないと結論
 隊自決を図って行動を起こす

 だがケイン副隊長に裏切られ、返り討ちに遭って消息を絶った

 終戦二ヶ月目、ハンクは暴走する仲間を狩るべく動き出す
 
 次回、かつて神だった獣たちへ 第2話「竜の娘」

舞台は、内戦真っ最中の「新大陸パトリア」

00000
 旧大陸から移民し、独立し、民主主義国家を築いて百年目
 石炭ならぬ、エネルギー鉱石「ソムニウム」が発見され
 巡って内戦に突入

 北部工業都市群・パトリアユニオン

 南部鉱山都市群・パトリア連合の対立。

内戦は人口差により、南部優勢が続いた

00001
00009
00027
00034
00039
00045
00049
 ようやく遮蔽物に逃げ込む「北軍兵」、でも仲間は全滅済みだった…。

南北戦争
 突撃前に怯える兵隊、ヤバいとはと思いましたが想像以上
 描写の通り、まだ弾込めに苦労する時代ですから
 敵味方、共に連射が出来ない上
 命中精度も低い

 大砲もありますが、数が足りてないのか一方的に破壊!

 結局、突っ込んで何とかするしかない
 完全に詰んでおる…

 機関銃がなく、まだ「突っ込める」時代とはいえ完全に詰んでおる!

 見たまえ、人がゴミのようだ!!

『……攻撃開始!

00069
00087
00091
00096
00106
00113
00118
00125
00135
00146
 どちらにしても、人がゴミのような状況なのだった!
 
戦争の一変
 砲弾が飛び交う中、悠然と歩く北部軍一団は次々と怪物化
 ケンタウロス、セイレーンといった異なる姿と化し
 あっというまに要塞を攻略
 北部の秘密兵器!

 銃の普及で、人口差が戦争の優劣を決めていた中へ

 人口に劣る北部、工業都市ユニオンが「怪物」を作り
 鉱山都市連合に逆風!

 人口も資源も劣る中、逆転をかけた「兵器」なのね

『敗戦の危機に瀕した北部政府は、禁忌の技術を用いて特異な兵士を作り出した』

00151
00156
00158
その姿を人々は神に喩え、彼らを“擬神兵”と呼んだ

北部軍「擬神兵」
 タイトルの「かつて神」とは、ここに関わるものだったと
 てっきり、本当に神だったものが…
 と思いきや人造か

 光さす中、集合した一団は確かに神々しくある!

 また「神」にたとえるというなら
 キリスト教、一神教による世界観じゃないのかしら

 全体にメジャー怪物な中、ピンク肉玉が異形すぎて誰だお前感…ッ!

『光栄です少佐。しかし到着が遅れ、遅れ、多くの犠牲を出してしまいました…』

00162
 主人公にあたるのが、癖毛短髪の「ハンク・ヘンリエット」隊長
 階級は、「特技曹長」だそうですから
 軍での権限は最低ランク

 口を開けば、意外に人情的な人なのね 
 
少佐『なぁに気にするな、我が北軍勝利の為の名誉の戦死だ…♪』

00165
00168
 彼らも本望だろう、と言われ怒りをにじませる「左側の人」。

ケイン副隊長
 黒髪直毛の左側、ケイン・マッドハウス副隊長の性格が示唆
 彼は、「国の為だ」的な思想が嫌い
 と

奴らはただの“兵器”だぞ大尉。うまく使ってやればいいのだ(少佐」

 副隊長は、後で資産家のぼっちゃんと解ります
 本来、「少佐」に近い側のハズ

 終盤の行動も、こうした性格(嫌悪感)が原動力なのか?

 性格も髪質も、正反対っぽいのね

“エレイン”『良かった、無事で。ハンク、ケインも!』

00176
00186
00190
00198
00203
何とかしてみせる、擬神兵の産みの親として、必ず…!
 
エレイン・ブルーレーク
 擬神兵の“開発者”エレインは、少佐と真逆に隊員達を心配し
 彼らに、「症状の進行」が起きないよう
 力を尽くしていました

大丈夫だ。皆、お前を信じてる。もちろんオレもだ(ハンク」

 冒頭のように、あまりに絶望的だから「開発」されるも
 まだ万全な技術じゃないのね

 それでも犬コロみたいに死に、負けるよりマシという判断か

 cv能登麻美子さんなら、生き残りそう!(迫真)

エレイン『ありがとう…、ハンク』

00207
 後ろにケイン副隊長がいるのに、めっちゃラブり始める二人
 主人公とヒロイン、それに野郎が一人!
 構図が鉄板過ぎる…!

 が、果たして「ケイン」の本音はどうなのやら

ケイン副隊長『えーっと……』

00211
00213
00215
00218
00220
00221
まったく…、鼻をすすってた頃のままだ(ケイン副隊長」

かわいい
 見た感じでは、まったくケイン副隊長に悪意らしいものはなく
 奥手な二人を、心から応援してるパターン
 貴様さては善人だな!

 三人は子供の頃からの付き合い、幼馴染ヒロインか

 世界観と構図はるろ剣の和月先生
 ゾンビ作品、「エンバーミング」を思い出しますね

 あっちだと「相棒(男)」が、主人公側にヤンデレするパターンでしたが…?

『じゃあ今は、そのシャールちゃんが一人で孤児院を切り盛りしてるって事かい?』

00222
 ポイント「シャール」。さっき、ドラゴンに変形した眼鏡ウィルの娘
 ウィルの娘は、孤児院を経営し父を待ってるとの事
 右側の前髪ぱっつんさん!

 奥さんは早くに亡くされたのだとか

 主人公達に続く「写真」。

ロイ『あ~あ、オレもいつか、そういう女性と家庭を持ちたいようっ!』

00224
00229
00236
00246
00256
 結婚したがったのがロイで、奥さんと離婚してるのがエディ

平和を求めて
 またエディ曰く、「理想が高いヤツは相手のせいにする」ですが
 コレって、作中全体のキーワードなのかもですね
 理想高い奴って誰になるやら

戦争が終わったら、みんなで遊びにきてくれ♪(ウィル」

 皆、戦争を終わらせて帰りたい
 帰れると信じてる

 エレインが当時、進めてたのは「擬神兵から戻す」研究だったのか?

 この頃は、まだ「(  )」は起きてなかったようですし

『あれえ~? 隊長はエレイン博士一筋でしょ~?』

00263
00265
00274
00276
00277
戦争が終わったら(結婚について)考える…(ハンク隊長」

愛ある認識
 うっかり、写真のシャール嬢を可愛いと褒め、ご覧の有り様!
 隊内、隊長と博士が出来てると共通認識で
 めちゃくちゃ責められてる!

一体、何の話だ?/なんでもない!

 隊長、愛されすぎてて今週一番笑った!
 どんだけ知られてんだよ!

 表情の落差だけで笑えるわ!

 ラブコメじゃ! ラブコメの波動の仕業じゃ!!

擬神兵隊は、以降も快進撃を続ける。が。

00295
00298
00301
00318
00319
00325
00331
00340
00342
00350
 金髪貧乳セイレーンさんいいよね(音波兵器)。

セイウチン大活躍
 擬神兵はバリエーション豊富で、いかなる戦況にも対応
 ただし、ケイン副隊長は「発光する手刀」のみ
 異形形態をボカします

 ハンク隊長も同様で、変身せずに敵部隊を一蹴

 他も同様なら、人型でも怪物めいた力があるのでしょうか
 好天、雪山、海でも圧倒!

 既に完全装甲の艦が実用化、それでも擬神兵のが強い!

 海戦の遠景は、作画力が途切れてて若干シュール
 
ケイン副隊長『思いのほか、早くカタがついたな?』

00353
00358
00375
00378
00392
00398
00400
アビー! 何故、こんな事を!?(ハンク隊長」

暴走事件
 ある雨の日、アビー隊員の三頭蛇“ヒドラ”が暴走
 意識を乗っ取られて敵味方を惨殺へ
 と

違う…、オレ…、じゃない! 止めて…、ください……!!

 タイトルにありますが、「神」とは単なるたとえでなく
 怪物のよりしろになってるのか?

 それとも単なる暴走か、ともかく最初の暴走事件発生

 片目だけ、人の目なのが見てて辛い

自軍をも殺害したアビーは、味方の野戦砲によって「処分」に

00403
 通常兵器で倒すには、これだけ「有利」な状況が揃ってやっと
 アビーは、ヒドラ特有の回復力はなかったようです
 硬い奴ならどうなってたか!

 ハンク隊長は、必死に両方に呼びかけるも

アビー『オレは…、すみま、せん……』

00410
00424
00429
00430
00432
 自分で自分の頭部を砕き、自害するアビー

転落人生
 隊長は衛生兵をと呼ぶも、完全にバケモノ扱いされており
 むしろ、諸共に撃たれないだけマシという状況
 転落の始まり

 アビーは「人間のままの手」をくわえ、口内で「変形」させて自害

 暴走はハンク達の「想定外」
 冒頭で、博士が「進行が…」と言ってたのとは別か

 体に浮き出た斑点、擬神兵細胞の進行を鈍らせようとしてたのか?

 研究が進むより先に、大惨事に!

ロイ『いつか…、俺もアビーみたいに……』

00436
 シャールと結婚する、と、はしゃいでたロイ(ガルム)
 大斧を抱えた金髪の青年「セオ(セオドア)」など
 怯えが広がる…

 も、今はまだ「大丈夫さ」と言いあってましたが…。

エレイン博士『彼、言ってたの……』

00445
00447
00451
00453
00455
彼の身に何かが起こってた、私、気付いてたのに……

暴走の前兆
 彼は「変身前後、どっちが本当の自分だ?」と考える事があり
 変身後の目だけが、別の意思を持つかのように動き
 暴走を示唆していました
 が 

わからない…、わからないの…、ごめんなさい…

 気のせいだと思おうとした
 現時点、「全員に起こる事か?」含めてまるで分からない

 この時点で、皆がどう反応するか?

 同士討ちを起こすのか…?

雨の中、破壊跡を見つめていたハンク

00462
 自分たちは、改めて「怪物だ」「止めるのが難しい」って事ね
 暴走、エレインの苦悩、破壊跡から決意
 ハンクは決意するのでした

 また翌日、アビーの死体は荼毘に。技術秘匿的に妥当。

 全員冷静な辺り、やはりキリスト教じゃないのか

ハンク隊長『俺たちにも、アビーと同じ事が起こる可能性がある!』

00470
00480
00481
00484
00485
00491
00493
だが俺たちは獣じゃない! 意思と誇りを持った、擬神兵部隊だ!

ハンクの誓い
 冒頭で仲よさげだった通り、誰もエレイン博士を責めませんでした
 ハンクは、「止めるのは自分達であるべきだ」と宣言
 暴走すれば仲間内で殺す
 と
 
全員でこの状況に立ち向かおう! オレ達は決して独りじゃない!!

 同じ境遇、仲間だからこそ殺す!
 皆を一つにする為、孤独感を与えない為の宣言

 しかし結果的に、“恋人をこそ孤独にしてしまった”のが皮肉

 誰も責めない事に、かえって苦しんだのかしら

心をなくした者は、仲間の手で葬る! ハンクの誓いは実践されてゆく

00499
00502
00503
00506
00509
00512
ここまで、厳しい任務によく耐えてくれた!(ハンク」

言うべきことは
 戦争に勝つ為に怪物化した、暴走は“怪物になった意味”がなくなる
 意思を無駄にしない、その為に仲間同士で殺しながら
 遂に首都攻略戦にこぎつけます
 が

だが、これを凌げば……!(ハンク」

 その先はどうなる?
 沈黙する仲間、「自分達には未来がない」と思ったのか

 今やきっと彼らは、戦争が終わってしまう事こそが怖い

 だから、「勝とう!」と言うのは違うのね

ハンク隊長『……この戦争が終わったら、俺は……』

00517
00519
00522
00523
00525
俺はエレインと一緒になる。そしてここにいるお前達全員にそれを祝って欲しい

ハンクの誓い再び
 誰もが、「戦争が終わっても、良い未来なんてない」と消沈した
 だから隊長は、敢えて明るい約束をし
 共に帰ろうと誓うのでした
 と

これは隊長命令だ。…皆で生きて帰ろうっ!

 傍目にはベタな死亡フラグです
 でも未来が不安な仲間へ、希望を贈りたかった

 いい隊長だし、仲間は「解りやすい性格」をきっと解っている

 いいチームじゃないですの!

副隊長『ハンクっ! あまり根詰めすぎんな?』

00526
00534
00539
00545
いくら擬神兵といえども、生き残るのは決して簡単じゃあなかった…

実験部隊
 アビーが砲弾で死んだように、擬神兵とて不死身ではありません
 生き残れたのは、ハンクがいたからだと励ますケイン
 また

名門のおぼっちゃんだったお前が親友になるなんて…(ハンク」

 ケインだけが名門
 ハンクとエレイン、二人は戦災孤児なんだそうな

 さて名門出身が、怪物化する道を選んだ理由とは何なのか

 被験者が現れず、ハンクに付き合ったんでしょうか?

ケイン『ハンク、エレインを頼む』

00551
 見たところ、ハンクはここまで「隊のこと」で精一杯で
 エレインが、責任を抱え込んでると気付かず
 今、ようやく諭されます

 さてケイン、ここでハンクに諭したのは悪意

 ここまでの態度通り、根底は善意なのか?

エレイン『…ハンク、この戦争はもうすぐ終わるわ』

00552
00561
00572
やっと…、平和な時代がくるんだな…

停戦交渉
 エレイン曰く、既に上層部同士で、密かな停戦協定がほぼ完成
 明日の攻略戦も、開始前に中止命令が出る
 戦う必要はないのだと

 この国は再び一つに戻り、平和な時代が訪れる

 優勢なのは北軍です
 いうなれば、江戸城無血開城と同じか

 戦後、特に外国と渡りあう事も考える時期がきている

 わざわざ犠牲を出す必要はない、って判断か

エレイン『…だけど、そこに私達の居場所はない』

00580
00587
00593
00614
00617
00619
いずれ人の姿だけでなく、心も失くしてしまうの。誰もが皆必ず、ハンク。あなたもよ

生み出した責任
 研究を続け、精神崩壊が必ず起こると突き止めてしまった
 エレインは、「皆を獣にしない為」責任を取ると。
 純粋に善意なのね
 責任感
 
安心して…、私もすぐ行くわ……!(エレイン」

 副産物なのか、擬神兵殺しの弾丸は開発できた
 まずは愛するハンクから

 彼は「止めようとする」、決意を鈍らせるから最初に

 これもまた、ハンクの「わかりやすい性格」が読めてしまったた為か

エレイン『最後に私とあなたが死ねば、擬神兵に関わる者はこの世界から消える』

00634
 エレインは、既にケインに話を通していたんですね
 だから、「彼女は抱えこんでる」と理解し
 ハンクに忠告した

 単にハンクを「殺す」にあたり、手っ取り早いからなんでしょうか

 ケイン、ここまでの台詞に偽りはなさそうでしたが…?

ケイン『……いいや』

00640
00642
00658
00664
00665
 ケイン、「擬神兵をこの世から消す」事に「いいや」だったらしい

ケインは笑う
 彼はエレインを手にかけ、右胸から左胸(心臓)を狙うよう発砲
 出血は右ですが、角度的に心臓に達したのか
 見た目は完全に死亡

 ケインは人が変わったように笑い、真意不明の決着

 冒頭ケインは、「戦争の犠牲になる」事を嫌悪
 従って行動は一貫しています

 皆の為に自殺するなら、「戦争の犠牲になる」のと同じことですから

 それともケイン、「心が別人になってしまった」のか…?

すごいわね、擬神兵の生命力って?!

00672
00680
00688
 彼女は“ユニオン(北部)”側の情報部員。まあぃやらしい!

ライザ・ルネキャッスル少尉
 既に終戦から二ヶ月、ハンクは“擬神兵殺し”に耐え抜いたらしい
 偶然か、或いは仕込がされていたのか
 牛乳を飲んでいた為か?

オレの部隊はどうなった!? エレインは!?

 真っ先に出たのは「仲間」
 ハンクの中で、優先度(責任感)がどちらか感じる台詞です

 隊は解散、そして「ケインにより」元の生活へ

 ケイン、その真意は…?

『多くは次第に理性を失い、各地で各地で様々被害を出しはじめた』

00697
00717
00720
00722
かつて神とまで呼ばれた擬神兵は、もはや人たちに忌避される存在になっている

三人の目指す先
 こうしてタイトルは回収、彼らは「獣」になってしまった
 ケインは消息不明、エレインも消えており
 後者は生存フラグか

 ハンクとエレインは、「皆を獣にしたくない」と行動してきた

 ケインは、「獣でもいいじゃない にんげんだもの」
 と考えたのか…?

 もっと言えば、「ケインはハンクとエレインを生かしたい」のか?

 エレインの決断通りなら、ハンク達は死んでたのですから

ハンク『エドガー・ベックフォード…!

00737
 作中、最初の標的となったのは「嫁さんに逃げられた」エディ
 既に、ハンクは複数の隊員を狩った後で
 噂になっているそうな

 またエディは離婚済み、「帰る場所が無い男」だったのね

 離婚代表エディ、野性味あふれるパワーが持ち味!

エディ『俺たちはこの力で救国の英雄に…、いや「神」になった!

00746
00753
00755
00764
00769
00772
00779
00780
00781
エディ! かつても今も、俺達が神だった事など一度も無い!!

獣狩り
 強盗に落ちていたエディ、「神のよう」と讃えられたのを曲解し
 なら、神に逆らう者は殺しても良い
 という理屈

まして心を失くしてしまえば、俺達はただの獣だ!

 ラストの全力アクション!
 使う武器は、捕鯨なんかに使うデッカイ銛みたいなモノ

 ラスト、満を持して「ハンクの獣姿」を見せるのもカッコ良かった!

 彼は人狼、解りやすく「獣っぽい」のね

ラスト、荒野を独り歩いていた少女は

00784
00787
 メインビジュアルなど、メインヒロインに相当する少女
 冒頭での、「孤児院を切り盛りする娘」
 シャールちゃん!

 一瞬しちゃ、妙にしっかりした作画だったのは前振りだったのね

 やはりめいびい先生、黒髪ヒロインはお約束なのか…!

感想追記

 面影を失い、獣に堕した仲間を狩る旅の始まり
 舞台は米国、あいさつはハロー
 倒れた仲間は「ヒドラ」のアビー
 面影を失った「バジリスク」のエドガー        
 トップに戻る

※第1話が2020年9月末まで公式無料配信中(外部サイト)

仲間を全て狩る! 戦後・仲間狩りファンタジーの始まり

00725
 それぞれの変身する怪物も書かれた、親切なキャスト欄

仲間狩り
 一応「獣になったら」の条件付ですが、必ず暴走すると聞かされた為
 現時点で、「自身を含む全てを殺す」のが目的か
 攻撃目標・全破壊!

 逆にケインは、“擬神兵たちを生かす”のが目的らしい

 基本的に元仲間を放置してるらしく
 俺の野望の為、死なせては困る! というタイプでもなさそう

 冒頭の通り、「戦争に勝つ為なら、死んで当然」を嫌っての抗議か

 エレインも殺さず…、にしては致命傷狙いっぽい…?

アメリカ内戦「南北戦争」を、まんまオマージュした世界観

00009
 でも南北戦争に、こんなスーパー要塞はないよね

南北戦争
 リンカーン大統領の、バイザピーポーな演説で知られる1860年代内戦
 本作では、エネルギー鉱石「ソムニウム」が戦争要因
 最終的に両者は停戦へ

 北部工業都市群・パトリアユニオン/擬神兵側
 南部鉱山都市群・パトリア連合/人口多

 奴隷という「労働力(エネルギー)」を巡り、対立した構造を想起させますね

 のうテリーマンとプラモマン!

南北朝しかり、南北はいつでもオールウェイズ戦争するもの

00045
 まだ銃は単発式。命中精度・連射が出来ない為か、「銃持って突撃」戦法に

北は工業
 要塞相手に小銃だけとか、クレイジーにも程がある戦争ですが
 大砲にしても、上に配置した要塞側が有利な状況ですし
 大砲を作り、前線に持っていくのも大変。
 北軍は何もかも足りないのね

 また「北が工業」というのも、南北戦争のオマージュか

 南北戦争では、北は工業化を進めていて「保護貿易」派
 何せ新興国ですから

 海外と品質競争はしても美味しくなかったのね

今回、事実上の敗戦を喫した「人口が多い南側」

00125
 南北戦争時の米国南部は、「大量の奴隷が必須」な綿花栽培でした
 この綿は、「原材料」として海外でたくさん売れるので
 逆に自由貿易派

 最終的に南部が敗れたのは、実際の南北戦争でも同様

 本戦争での死傷者50万が、米国史上・最悪の死者数とされます

暴走した三つ首蛇は、「ヒドラ」のアビー

00135
 三つ頭なので「アジ・ダハーカ」かと思いました

ヒドラ
 ご存知、ゲッターロボGに登場する敵司令官の名前…、ではなく。
 最近は「ヒュドラー」と表記される事が多い
 ギリシア神話の怪物

 胴体に9つとも、100の首を持つともされる多頭の大蛇

 再生能力が非常に高く
 これが転じたか、ホントに「ヒドラ」と名付けられた生物もいるほど

 また強烈に猛毒で、本作でもグロ画像を量産しました

 伝説で倒した英雄ヘラクレスも、最終的にはその毒で命を落としています。

もう一人は、嫁さんに逃げられたナイスガイ「バジリスク」のエドガー

00236
00753
 担当cvは先の「盾の勇者」で、武器屋など演じた実力派・安元氏。

バジリスク
 氏神さん。もといギリシア語で「小さな王」。蛇の王とされる怪物
 王冠の模様を持ち、移動する音を聞いただけで蛇が逃げ
 住まう場所を砂漠に変えてしまうとか

 特に石化怪物として有名ですが、本作ではカメレオンみたいでしたね

 また、これまためちゃくちゃ猛毒を持っているとされ
 曰く「見ただけで死ぬ」

 ルネサンス期は「見て死ぬなら、伝承に残らないだろ常識的に考えて…」という意見も

 こちらも1768年、実在するトカゲに命名されました

 理由は「トサカがあるから」だそうな。

公式ツイッターより

















































































































2019年7月1日 かつて神だった獣たちへ 第1話「かつて神だった獣たちへ」

00113
 メイン脚本家・監督など主力スタッフ回

スタッフ
 脚本:村越 繁
 絵コンテ:宍戸 淳
 演出:宍戸 淳・高橋 謙仁
 作画監督:高田 陽介・鎌田 均・吉田 正幸・和田 伸一
 アニメ制作:MAPPA
 原作:漫画/めいびい(二人組作家)
 制作協力:-

あらすじ
【北部パトリアユニオン】と【南部パトリア連合】。永きに渡る内戦に終止符を打つべく、【北軍】は禁忌の力を用いる。【擬神兵】、その神にも喩えられる力により、戦局は一気に覆ることとなる。【擬神兵】は戦場に勝利をもたらし英雄として迎えられたが、人には過ぎるその力は諸刃の剣でもあり、輝かしい戦果の裏で【擬神兵】たちの運命は次第に狂っていく。そして、【擬神兵部隊】隊長【ハンク】はある誓いを立てる。

次回、「竜の娘」。メインヒロイン登場回か

00791
00801
 予告。すごい爽やかな「ただいま母さん」に、ものすごいバッド感ある

かつ神
 略すと可愛い感じですが、第1話はバッドエンド回だった…!
 原作者の前連載、黄昏乙女のファンなのが視聴動機
 気になるも原作未読だったので
 ちょうどいいなと

 制作がMAPPA社なのも、作画が良さそうで安心感

 船のシーンとか、ところどころシュールですが
 その分アクションがいい!

 自我を失う、裏切られる、予想しやすい部分は1話目で終えるのね!

 次回、かつて神だった獣たちへ 第2話「竜の娘」

トップに戻る


 結婚指輪物語 1巻
 結婚指輪物語 2巻
 結婚指輪物語 3巻“火のニーダキッタ”
 結婚指輪物語 4巻“水のマーサ”
 結婚指輪物語 5巻“土のイダノカン”
 結婚指輪物語 6巻“光のノカナティカ再び”
 結婚指輪物語 7巻“指輪王の真実”
 結婚指輪物語 8巻“帝国”















 かつて神だった獣たちへ 第1話「かつて神だった獣たちへ」
 かつて神だった獣たちへ 第2話「竜の娘」
 かつて神だった獣たちへ 第3話「ミノタウロスの要塞」
 かつて神だった獣たちへ 第4話「巨獣の猛進」
 かつて神だった獣たちへ 第5話「ガーゴイルの断罪」
 かつて神だった獣たちへ 第6話「獣の王」
 かつて神だった獣たちへ 第7話「追憶の引金」
 かつて神だった獣たちへ 第8話「眠りの歌姫」
 かつて神だった獣たちへ 第9話「冥府の番犬」
 かつて神だった獣たちへ 第10話「二つの誓い」
 かつて神だった獣たちへ 第11話「騒乱の嚆矢」
 かつて神だった獣たちへ 第12話「追う者たち【最終回】」

トップに戻る

PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
アニメランキング