1日15時間、7日間塗り続けた力作! 最大級のガンプラを細密に“汚す”!

018-025_0011
 電撃ホビーwebより http://hobby.dengeki.com/reviews/256120/

機動戦士ガンダムUC RE:0096
 9月11日放送を以って、感動、或いは難解なラストを迎えた本作「作例」の再掲載も最終回
 最終回に相応しく、ガンダム・プラモデルの最高峰と称される
 パーフェクト・グレード作例が掲載

 前回のネオ・ジオングは、設定上の巨大、対しこちらは通常MSを大型、細密に再現したガンプラ

 細かさは“HGUC”ネオングの比ではなく
 かつ、ガンプラ屈指の「箱のフタを閉めたくなる」機体、フルコーン版での作例!

 しかもしかも面白いのは、「チッピング」「タッチアップ」という手法で、徹底的に汚していること!

 考えてみりゃ当然なんですよね!

宇宙空間での実働テストの後、実戦を繰り返し、フル・メンテナンスの暇もなく宇宙から地上へ、地上から宇宙へ、時の果てまでも駆け抜けた一角獣

a2d538b8
e4568f9f
 一度なんか大気圏から落っこちてますし、いかに、巨大母艦ネェル・アーガマだったとはいえ
 全身、ボロボロになっていて当然なんですよね
 正規のメカニックもいませんし

 何ぶん本機は、「複製」できないよう、部署同士の連携すら絶って開発させたという機体

 救助したスタッフが乗り込んでたとはいえ
 全貌がわからず、その為、劇中でも持て余す描写が幾度か見られます

 汚れていて当然!

チッピングって何?

018-025_0221
 自動車が走行中に小石などをはね、塗装に傷がつく現象、アレを再現するチッピング塗装
 塗装し、それを意図的に剥がすというもので
 現代定番だとかどうとか

 そうした汚れを、左腕側シールドを重点的に施すなど、しっかりした思想を持って塗装

 本当に「くたびれた」風に塗装されているんですね。 
タッチアップ塗装って?

018-025_023
 塗装の剥がれてしまった部分だけを、スプレーで補修、結果“汚く”なってしまった状態の再現
 なので「タッチアップ」ってワケね

 兵器の塗装とは、地金が錆びないように「守る」事が最優先で、美しさは基本二の次。

 兵器らしさを加味する塗装なんですね。

サイコ・フレームは蛍光塗装し、“発光”を再現!

018-025_002
018-025_003
018-025_0071
018-025_008
018-025_009
018-025_010
018-025_011
018-025_012
018-025_013
pg_unicorn_gundam_PAC_
sakurai_cover-440x601
 PG「ユニコーンガンダム」を徹底フィーチャー。本体発売と同時に受注が開始された「PG 1/60 RX-0 ユニコーンガンダム用FA拡張セット」を使い、「フルアーマー・ユニコーンガンダム」を製作。本体は、サイコフレームがエメラルド色に発光した覚醒版とし、激戦を繰り広げた末のバトルダメージを想定したウェザリング仕上げでの完成となった。

 基本塗装後、エッジやパネルラインなどハゲチョロが起きる部分に「マスキングゾル」をランダムに塗布。乾燥後グレートーンでマスキングの周辺にシャドーを入れます。塗料が乾燥後、マスキングゾルを剥がすとこのような状態になります。
 ■PG ユニコーンガンダム
 今回はカラーレシピの掲載もなく、どういった風に汚したかの技術、発想的な部分の解説
 また、その詳細を学ぶ為に参考になる書籍の紹介など
 技術的なお話

 白一色、超常的な存在である事からも、光沢塗装される事が多く感じるユニコーン

 でも劇中ひたすら転戦し
 しかも、決して真っ当な整備とはいえなかった事を鑑みた塗装、説得力を感じますね

 後付した、フルアーマーパーツだけピッカピカなのもリアルで、対比になってるのも面白いです

 1日15時間、7日間塗装ってすげえどすばい…。

「ユニコーンガンダム」とは、何だったのか?

9c905fbd
 バナージの1号機は、本来の開発意図から外れた機体。

RX-0 ユニコーン
 連邦政府が「ニュータイプ」を恐れ、科学技術によって狩りとる、ハンティングマシーンとして建造
 しかし、開発を依頼されたアナハイム社を「裏で操る」ビスト財団
 当主カーディアスが意図を捻じ曲げた

 機体にラプラス・プログラムを埋め込み、「宇宙世紀」の歴史を学ぶ旅をさせる機体としたのだ

 その「旅」がパイロットを試し
 やがて、真のニュータイプである、と判断したら箱を渡す。

 その判断装置となっていたのだ。

「ニュータイプに箱を渡したい」、サイアムとカーディアスの望みをかなえる機体

35b67e8b
 機体はバナージを窓口に、“全体”、時空を越えた膨大な集合意識と直結。

「結果」なんて求めちゃいない
 しかし最終的には、そんなサイアム達の願いすら飛び越え、“新たな生命”に変じる事に。
 この時、機体は既に“生命体”となっていたのです
 完成されたニュータイプに

 しかし、宇宙を平和に出来る神様になっても、バナージという個人は報われません。

 人は神様みたいになれる
 その「結果」を、バナージは現実のものにしてしまいました

 しかしリディは、「いつか人は進化できる」って可能性だけあればいい、結果なんて求めてないと

 彼とミネバの呼び声で、バナージは人に戻ったのでした。

「より良い明日がある」、そう思える事が大切

1cdb6742
 大事なのは、人はいつか進化できるって希望、可能性がそこにあってくれることなんでしょう
 明日、きっともっと良い日が来ると思えること
 可能性を感じること

 実際に「結果」を得て、現実化したら、「次」を求めなくちゃいけませんし。

 そこまで思い悩むより
 今は、ただ「可能性はありまぁす!」って思わせて欲しい

 可能性を明日に残す

 そういう今日を選択したって終わり方だったんだ、って私は思います。

機動戦士ガンダムUC RE:0096

 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第1話「96年目の出発」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第2話「最初の血」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第3話「それはガンダムと呼ばれた」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第4話「フル・フロンタル追撃」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第5話「激突・赤い彗星」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第6話「その仮面の下に」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第7話「パラオ攻略戦」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第8話「ラプラス、始まりの地」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第9話「リトリビューション」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第10話「灼熱の大地から」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第11話「トリントン攻防」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第12話「個人の戦争」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第13話「戦士、バナージ・リンクス」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第14話「死闘、二機のユニコーン」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第15話「宇宙で待つもの」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第16話「サイド共栄圏」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第17話「奪還!ネェル・アーガマ」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第18話「宿命の戦い」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第19話「再び光る宇宙」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第20話「ラプラスの箱」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 第21話「この世の果てへ」
 機動戦士ガンダムUC RE:0096 最終話「帰還」

ガンプラで見るユニコーン 電撃ホビーwebより

 ガンプラで見るユニコーン その1
 ガンプラで見るユニコーン その2「MG 1/100 ユニコーンガンダム」
 ガンプラで見るユニコーン その3「HGUC 1/144 クシャトリヤ」
 ガンプラで見るユニコーン その4「HGUC 1/144 シナンジュ」
 ガンプラで見るユニコーン その5「HGUC 1/144 リゼル(隊長機)」
 ガンプラで見るユニコーン その6「HGUC 1/144 ロト ツインセット」
 ガンプラで見るユニコーン その7「HGUC 1/144 ドライセンuc.ver」
 ガンプラで見るユニコーン その8「HGUC 1/144 ギラ・ズール アンジェロ・ザウパー専用機」
 ガンプラで見るユニコーン その9「HGUC 1/144 ジェガン(エコーズ仕様)」
 ガンプラで見るユニコーン その10「HGUC 1/144 ジェスタ」
 ガンプラで見るユニコーン その11「HGUC 1/144 バイアラン・カスタム」
 ガンプラで見るユニコーン その12「MG 1/100 リゼルC型リゼルC型 (ディフェンサーa+bユニット/ ゼネラル・レビル配備機)」
 ガンプラで見るユニコーン その13「HGUC 1/144 ローゼン・ズール」
 ガンプラで見るユニコーン その14「HGUC 1/144 クシャトリヤ・リペアード」
 ガンプラで見るユニコーン その15「HGUC 1/144 バンシィ・ノルン(デストロイモード)」
 ガンプラで見るユニコーン その16「HGUC フルアーマー・ユニコーンガンダム(ユニコーンモード)」
 ガンプラで見るユニコーン その17「HGUC改造 1/144 ジェガン(エコーズ仕様/コンロイ専用機)」
 ガンプラで見るユニコーン その18「HGUC 1/144 ネオ・ジオング」
 ガンプラで見るユニコーン その19「PG 1/60 ユニコーンガンダム/FA拡張ユニット」
PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
アニメランキング