この美 この美術部には問題がある! 12話 感想 これからさきも
まさかの“みずき呼び”キャンセル!? 誤解とめんどい、二人らしい最終回だった!

00373
00295
 最終回だけど、呼び名が変わったりする事もなく、けど距離は確かに近付いてる二人らしい結末!
 有能かおりん、誤解不可避な誤解にスペシャルED
 落ち着くオチの最終回

 恋する男女はめんどうで、宇佐美さんはツッコミで、歩道橋に風呂と初回連想の最終回だった!

宇佐美さんは宇佐美さん
 PVから、本編の最後まで、「宇佐美さん可愛い!」がハンパないアニメでしたね
 前回はオールスターでお祭り回

 対し、二人がガッチリ中心の原点回帰!って感じで、良い最終回でした

宇佐美さん『降るんなら…、朝から降ってて欲しかったな……っ』

00001
 よいしょよいしょと、プリントを運ぶ声がなんかイイ…。

これからさきも
 中学二年も終わりにさしかかった雨の日、宇佐美みずきは、仕事を押し付けられて残る事に。
 散々だったが、しかし、親友・綾瀬かおりの機転で
 内巻くんと相合傘になれた

 その翌日、内巻くんが「うさみさんを好きになった」と、伊万莉さんに相談する場面を目撃

 安心の挙動不審、宇佐美みずきだったが
 結局、「ウサミ」というキャラに惚れ、紛らわしいので「みずき」と呼ばせて欲しいとお願いされる

 キレつつ悩むが、結局、無理ある進展ではなく、いつも通りの二人のまま進む事を選ぶのだった

 今日も、この美術部には問題がある!(終)

オープニングも見納め! 色々あったけど、疾走する宇佐美さんが可愛かった!

00004
00006
00007
00009
 思ったより伊万莉さんの出番が遅く、コレットさんも、3話まで「顔見せ」がなかったなど
 キャラ登場が、ちょっと遅かったのも面白かったですね
 疾走感のあるOP!

動きがビミョーにズレてたり、

00000
 ホント、毎回飛ばせないオープニングでしたが、今回で最終回!
 萌香ちゃん、意外に出番多かった!

 彼女と部長の散歩回、ちょっと異質で、部長の魅力全開の回だった!

宇佐美さん『(傘)私の使う?』
伊万莉さん『もしや二刀流?』

00003
00012
00014
00015
00018
00019
00020
00021
00022
 いや一本だけど。最終話も、ツッコミがキレキレだった!!

これからさきも
 大雨、朝が晴れていた事に多くの生徒は油断、「見た目は火属性」の伊万莉もその一人だった
 別に見た目は関係ないから!

 あ、コレちゃんが一緒に帰ろうって♪

 仕事があるから
 と、傘を貸そうとする宇佐美さん

 これからガンガン雨が降るらしいってのに、ホント、宇佐美さんは最終回まで良い子だった!

 伊万莉さんの「ほよ?」が可愛い!!

コレットさん『あーっ! 宇佐美せんぱいっ! カッパ買ったーっ♪』

00024
 コレットさんを頼る伊万莉さんだったが、なお、コレちゃんはカッパだった模様。
 カッパ可愛い!

 相変らず小学生系女子である。

宇佐美さん『ん……、カッパ?』

00026
 宇佐美さん、気付くの遅いよ!

内巻くん『日直ですか? …手伝いましょうか』

00027
00031
00032
00035
00041
00047
 おや、前回もちらちら出てた、内巻くんに告白した子…?

気遣われない人
 生真面目な宇佐美さんは、敢えて彼の助けを断り、むしろ伊万莉との相合傘を誘う場面も
 ホント、損な性分の子である

 じゃあ、伊万莉ちゃん入れてあげてよ? 傘忘れて、困ってたから。

 コーヒーどうだ?と誘ってくれる担任
 武田先生、良いトコもあるんだ、なんて思ったのも束の間

 ただでさえ遅くなっているのに、倉庫からチョークを出しておいてくれという……

 いるよね、ナチュラルに人使いが荒い人!

宇佐美『自分で言うな!』

00049
 弱りきった宇佐美さんに、親友からの熱い救援要請が!

宇佐美さん『なんか……、踏んだり蹴ったりだ…』

00050
00053
00056
00067
00071
00073
00075
00077
00081
00089
00091
00092
00097
 かおりん、やっぱり友情の人だった!

ウンディーネ伊万莉
 弱り目に祟り目、しかし「かおり」はガサツですけど、みずきファーストで行動する子のはず…
 気を利かせて“借りていった”のだ

 アルシアン戦記第二章、モリアーナとの訣別シーン!!

 敢えて傘を借りて
 内巻くんと、相合傘になるよう仕向けるかおりん!

 かおりん有能! そして炸裂する、伊万莉さんの水属性&カッパコレットさんかわいい!!

 雨に踊る伊万莉さん可愛い!

そして堂々と残っている「傘」である

00101
 デカデカと書いてあるのが彼女らしい。ヨーヨーといい!
 かおりも小学生っぽい!

宇佐美さん『(かおり…、かおり……、ありがヒッ!?)』

00109
00110
00114
00116
00119
00120
 ゴッホ!とかいう8話を連想させる咳。

幸せの代償
 もちろん傘は「痛傘」だったが、相合傘の為なら、怯まない宇佐美さんすげえ!
 意外に良い雰囲気

 おじゃま…、します……。

 良い雰囲気過ぎて
 もはや、別のアニメのような青春感のあるパートエンド。

 オチをつけた伊万莉さん偉い!

内巻くん『えっと…、そのですね……』

00124
 帰り道、何かを言いかけたという内巻くん、てっきり一話みたいに「××見えてますよ」系か?
 と思いましたが、また別の話

本田さやか『新聞部の情報網をあなどるなかれー』

00127
00128
00133
00135
00137
00138
00139
00140
00141
00143
00146
00147
00149
00155
00158
00160
 こけしさんのcvしもがまちあきさん、クセになりますねー。

タイム・イズ・ラブ
 翌日、上機嫌な宇佐美さんですが、周囲は「もっと進展を急ぐべき」と急かします
 中学二年、来年は受験で忙しくなってしまう

 でも確かに、このままだとダメかも…!

 進展なしの11話!
 そろそろ、安住の域に入った宇佐美さん

 急かされ焦り出す中、着替えやらストレッチやら、サービス的なカットも忘れないスタイル

 潰れるかおり、良いよね…!

内巻くん『……はい、好きになってしまったんです、ウサミさんの事を…』

00168
 渡りに舟? 焦った矢先に、「うさみさんが好き」という告白を立ち聞き……。
 コレ、絶対誤解のパターンだ…

 と、思いきや

内巻くん『うさぎの髪飾りも可愛いし、怒ると暴力キャラなところも、時々パンツを見せちゃうところも…』

00170
00175
00176
00178
00180
00184
00185
00187
00188
00195
 でも、思い切って言うしかないよ…、大丈夫、だってウサちゃん良い子だもん♪

緊急スクランブル
 聞けば聞くほど、宇佐美みずき14歳を指しているとしか思えず、スカートを抑える宇佐美さん!
 最終話にして、またパンツネタか!

 諦めずに頑張れば、きっと結果が出るんですよ!

 更に背を倍プッシュ!
 実は、前回の展示が“市民美術祭”で銀賞に

 皆で頑張って良かったね! って話ですが、宇佐美さん的には「恋愛もね!」としか聞こえない!

 夢子先生、タイミング良すぎ!!

夢子先生『コレットさんはともかく!』

00198
 そして何を力強く言い切ってるの!?
 コレットさん可愛い!

宇佐美さん『先に部長、来てくれないかなー……、あいやー!?』

00200
00204
00210
00216
00220
00222
00226
00230
00232
00236
00237
00240
00244
00249
00251
 好きになってしまいました…、この子を!

恋敵は地獄の断頭台
 しかしフタを開けてみると、「ウサミさん」という、アニメキャラだったというオチ!
 まさかのネタ被り!

 何ていうか…、久しぶりに言わせてもらっていい…? 絵じゃん!?

 そこは重要ではない!
 むしろ、パンツが「ときどき」じゃないのが問題だ!!

 まさかまさか、さっきの痛傘が、こんな伏線になっているなんぞ宇佐美さん不憫!

 あーん! また二次元に負けた!

『ウサミさんの可愛さに、心奪われた僕ですが! …こっちのウサミさんですよっ!!』

00257
 ややっこしい! いちいち訂正するスタイル。

 誤解は想定内ですが
 あれだけ、丁寧にネタ振りしておいて「全部偶然丸被りでした」って、宇佐美さんすげえ!

 暴力的っていうか、既にレスラーの領域だよ!

内巻くん『…いや僕が呼び方を変えれば良いだけですから…、“みずきさん”、今日から、“みずきさん”って呼んじゃダメですか?』

00263
00268
00272
00274
00277
 本作では有効活用されすぎな場所、それがソファーの裏である!

「みずきさん」の悩み
 つまり伊万莉さんは、「名前の呼び方を変える」事も、宇佐美さんなら許してくれると言っていた
 意外な場面で、発展チャンス到来!
 それに
 
 部活に出られる日は減っていくだろうし…、のんびりしてると、あっという間だぞ?

 もちろん部長も聞いていた
 昼寝好きながら、空気を察しての行動力がハンパない!!

 受けるべき理由は幾らでもある、「のんびりしてる」部長に言われたくないですが正論。

 来年は、もう煽ってくれる部長はいないのだ…!

萌香『? おねえちゃーんっ!』

00284
00288
00292
 しっかり最終回にも登場した、小山先生の孫の萌香ちゃん、教訓が生きてて可愛い!
 実際、子供をリードで繋ぐ親もいるそうですし

 行方不明になってますものねえ

かおり『<好きなオトコに名前で呼ばれるなんて、良いコトじゃん?>』

00293
00295
00296
00300
00302
00303
00305
00306
00307
00308
00312
00313
00315
00317
00319
00320
 悩んだら風呂、第一話みたいですね

名言いただきましたー!
 そりゃ、「好きなキャラの為に」呼び名を変えたい、だなんて、ホントに二の次扱いってコトで…
 とにかく理由が気に入らない!

 恋する乙女はめんどくさいの! ……ほーんと、めんどくさいんだからなー……。

 名前呼びの方がいい
 損得で考えれば、受け容れた方がいい

 そもそも、告白もせずに足踏みを続けている事も含め、宇佐美さんの発想は「めんどくさい」!

 宇佐美さんのパジャマも見納め…!

翌朝、うさぎ型目覚ましで目を覚ます宇佐美さん

00321
 一連のシーン、改めて、どんだけうさぎグッズ集めてんだよ宇佐美さん!?

宇佐美さん『昨日のお願いだけど…、いやだから! NO! 拒否! ダメ! いや!!』

00323
00324
00325
00327
00329
00336
00338
00339
00344
00348
00353
00356
00360
00365
00366
00369
00373
00375
00379
00381
00382
00383
00387
 ……そんな簡単には、呼ばせてあげないんだからっ♪

彼氏彼女の問題
 翌朝、輝かんばかりに拒否した宇佐美さん、内巻くんでも恋に落ちそうなキラキラだった…!
 が、実は“事態”も解決済み

 それはちょうど良かったです~♪ やっぱり宇佐美さんは、宇佐美さんですからね~♪

 いい話みたいに言った!
 実は、「ウサミさん」には彼氏がいたと判明したのである

 もっとも設定画の時点で、「お兄ちゃんが好き」と書いてあったんですけどね!

 内巻くん、痛恨の読み込み不足!

宇佐美さん『うわあ面倒くさ~~~~~~~』

00389
 まさか、その話のうちに「めんどくさい」と他人に思う事になろうとは…。
 恋する男子もめんどくさい…!

『宇佐美さんには分からないでしょうね~、好きになった人に、好きな人がいるこの気持ちを!』

00392
00393
00397
00399
00403
00407
 そうですよね! やっぱり嫁は、自分で描かなくちゃですよね!!

わかっとるわ!
 畳み掛けるように原点回帰する内巻くん! ホント、こんなのに惚れたのが不幸の始まり
 この結果もまた、、損得の話じゃない

 ね? ……宇佐美さん?

 関係は進まなかった
 けど、この呼び方こそプライスレスだったという話

 内巻くんは内巻くんで、宇佐美さんは宇佐美さん、やっぱりこの方がしっくりきますね。

 最後はやっぱり歩道橋だった!

第一話は夕陽の歩道橋、最終回は朝日の歩道橋。二人の恋はこれからだってね!

00449
 理想の嫁は描けたから、引退すると言い放つも、コロっと態度を変えるに至った一話
 今回も、内巻くんがコロっと変わったのが笑えましたね
 彼氏はダメなのか!

来期作品『いやいや~、ぶっちゃけ、“この美”ちょー良かったじゃないですか~?』

00429
00430
00435
 来期の放送枠では、「アニメ制作現場」が舞台、新人声優を描くガーリッシュナンバーが開始
 てなワケで、それをネタにした新規録音予告が収録
 いい遊び心だった!

 予告では、オッサンがうさんくさい事をいい、イケメンが眉を曇らせてましたが…

 来期の“女子”声優アニメ!
 ガーリッシュナンバーは、「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている」原作者の新作となっています

 ガハハハハハ!

特殊エンディング、色々なキャラが出てきましたが

00415
 結局、最後まで名前が語られなかった彼が不憫ですが、喋りすらしなかった面々よりは…!
 部長といい、徹底的に名前が語られないスタイル
 不憫な子だった!
 
最後は特殊ED,「ココロパレット」合唱ver!

00409
00411
00413
00416
00417
00418
00419
00420
00421
00424
00425
00426
00427
00423
00436
 結局、部長サイドのヒロインっぽい子は顔見せに留まった模様。

原点回帰の最終回!
 周囲が、関係を進ませるよう焦らせる中、今度は「今のままで良い」と落ち着く最終回
 第一話では、焦って焦って挙動不審だったと思うと
 変わったなって感じます

 何も変わってないようで、関係を進ませなくても、大丈夫だと思える関係になったって事ですから

 相変らず「ギリ」ですけどね!
 宇佐美さん、最終話でもツッコミが冴えに冴えてた!!

 中のヒトのcv小澤 亜李さんは、とにかく「演じるキャラに合わせる」のが上手いって印象なんです

 でも私は、こういうツッコミキャラ演じるのが一番好きだなー、とも思いました。

この美 この美術部には問題がある! 感想 2016年7月 夏アニメ

 この美術部には問題がある! 第1話「問題がある人たち/さよなら内巻くん」
 この美術部には問題がある! 第2話「迷子のラブレター殺人事件」
 この美術部には問題がある! 第3話「さがしものはボブキッス」
 この美術部には問題がある! 第4話「ちょっとさんぽへ」
 この美術部には問題がある! 第5話「ハトトレイン」
 この美術部には問題がある! 第6話「気になる美少女転校生」
 この美術部には問題がある! 第7話「はじめての伊万莉」
 この美術部には問題がある! 第8話「秘密のとれじゃーはんと!」
 この美術部には問題がある! 第9話「魔導書さんぽふたたび」
 この美術部には問題がある! 第10話「思い出のかおり塾」
 この美術部には問題がある! 第11話「団結!空き缶!文化祭!」
 この美術部には問題がある! 第12話 最終回「これからさきも」
PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
アニメランキング